リモート デスクトップ 固まる。 VPN経由でリモートデスクトップ頻繁に切れる問題を解決する

リモートデスクトップサービスにてExcelがハングアップする

リモート デスクトップ 固まる

「Windowsマーク」をクリックします。 「リモートデスクトップ接続」が起動したら「オプションの表示」をクリックします。 「エクスペリエンス」タブをクリックします。 下部にある「ビットマップのキャッシュを保持する」のチェックを外します。 ビットマップのキャッシュが無効にできたら、リモートデスクトップ接続を開始して、画面が正常に表示されないか確認して下さい。 次のどちらかのショートカットキーを入力して、画面が正常に映らないか確認して下さい。 「オプションの表示」をクリックします。 「画面」タブをクリックします。 「画面の設定」で解像度を低解像度に設定します。 接続先のPCと一致する解像度の接続で解決するケースもあります。 リモートデスクトップ接続を試します。 対処5: Windows 10を最新にアップデートする WindowsOSの不具合で、リモートデスクトップを起動すると黒い画面が表示される不具合が報告されています。 接続元・接続先のPCでWindowsの最新のアップデートがないか確認して下さい。 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。 「更新とセキュリティ」をクリックします。 WindowsUpdateを確認してアップデートがある場合は更新します。 アップデートがあった場合は、Windowsを更新後に再度リモートデスクトップを試して下さい。 対処6: グラフィックドライバーを最新にアップデートする 古いグラフィックドライバがインストールされている場合、リモートデスクトップの画面が黒くなることがあります。 グラフィックドライバーの更新を確認して、最新のドライバーにアップデートをして下さい。 ドライバーの更新は、リモート接続元・接続先の両方のPCで行います。 メーカー公式サイトからグラフィックドライバーをダウンロードします。 次のページから適切なドライバーをダウンロードしてください。 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を開きます。 「ディスプレイアダプター」のツリーを展開します。 「ディスプレイアダプターのデバイス名」を右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択します。 「このデバイスのドライバー・ソフトウェアを削除します。 」のチェックを入れて「アンインストール」をクリックします。 PCを再起動すると、自動でドライバーがインストールされます。 ドライバーの再インストールができたら、リモートデスクトップ接続を試します。 ドライバーの再インストールで解決しない場合は、次のディスプレイアダプターの無効化を試してみて下さい。 対処8: ディスプレイアダプターを無効化する リモート先のPCに搭載しているグラフィックカードが古い場合、リモート接続時の画面が真っ暗で表示されないケースがあります。

次の

Windows 10 April 2018でChromeが固まる場合、かたまったPCにリモートデスクトップするとなおるかも。

リモート デスクトップ 固まる

つい最近 3月のWindowsUpdateを適用した後から? 、リモートデスクトップの画面やRemoteAppのウィンドウを最小化したり、他のウィンドウを前に持ってきたりすると、しばらくした後に操作不能になる問題が頻発しています。 RemoteApp: リモートデスクトップの仕組みを利用して、指定したプログラムの画面のみを別のマシンに表示し、透過的に別マシン上のプログラムを利用できる仕組み 呼び出し側、呼び出し先ともにWindows 10です。 ウィンドウを最小化しすぐに元に戻した場合には問題はおきません。 しばらくしてから利用しようとすると、以下のような問題が起きます。 タスクバーのボタンを押しても元に戻らない• 画面の内容は表示されるが操作ができない キャッシュしている画像が表示されているだけと思われます• 画面が真っ黒になる いずれの場合も操作はできません。 リモートデスクトップであれば、ウィンドウを閉じて再度接続し直せば、再度利用可能になります。 Googleでいろいろ検索したのですが、同じ現象と思われる情報は見つからず、また参考になる情報もありませんでした。 イベントビューアにも何もログは出ないので通信関係が怪しいと考え、全く根拠はないのですが、以下の設定を変更してみたところ、再現しなくなりました。 以下の設定は、リモートデスクトップの呼び出し元ではなく、呼び出し先のマシン側で設定します。 直接操作している自分のマシンではなく、ネットワークの先にあるマシンに対して設定する• msc」と入力して実行する• 右側の一覧で「RDP トランスポート プロトコルの選択」をダブルクリックし、「有効」を選択し、さらに「TCPのみを使用」を選択する• 同様に「リモート デスクトップサービス ユーザーに対してリモートデスクトップサービスセッションを1つに制限する」をダブルクリックし、「有効」を選択する• マシンを再起動する おそらく、実際に有効なのは上記の3と4のどちらか片方のみではないかと思うのですが、未検証です。 これを設定後は問題が1回も再現していないので、このまま様子を見たいと思います。

次の

リモートデスクトップ先のWindowsをシャットダウンしたり再起動する方法

リモート デスクトップ 固まる

楽天で購入 たしかに、一度はこの方保でうまくログイン出来ました。 が、再びログインするとこの方法でもうまくいかない。 焦りました。 「詰みか・・・」 もう電源を切るしかと内心。 電源切断で切ると現在の環境が壊れるかもしれない。 「Ctrl+ALT+DELETE」を送信してみよう。 リモートデスクトップで「Ctrl+ALT+DELETE」は、 「Ctrl+ALT+END」 試してみました。 結果、うまくいきました。 「Ctrl+ALT+END」 で、表示が変わったらとりあえず、 タスクマネージャーの起動(T) を選択。 後日、VPNでなく現場で、この現象が起こりました。 「Ctrl+ALT+END」を試しました。 「VPNとは環境が違うから?」と思いながら、 現場で、コンソールで「Ctrl+ALT+DELETE」 ログイン成功、リモートする側から実行した、 タスクマネージャーが起動していました。 これで、黒い画面からは開放されました。 とりあえず合わせ技で電源切断は、回避できました。 「リモートデスクトップの黒い画面」で、詰みそうになった時の 対処で覚えておくと良い小技でした。 セキュリソフトの設定も見直しました。

次の