とり むね 下味。 【鶏胸肉の下味冷凍】コストコ・業務スーパーの大容量パックを使い切るレシピ8選

下味冷凍の人気鶏もも肉レシピ4選を紹介!お弁当や夕ご飯に大活躍

とり むね 下味

ついに今年も残すところ1ヶ月。 忘年会やクリスマスパーティーのシーズンに突入しましたね。 みんなが集まるときの定番メニューといえ... ところが、水よりも 「塩水」につけたほうが、さらにジューシーになるという情報が。 そこで、鶏もも肉よりも安くて家計にやさしいのに、パサつきがちな鶏むね肉を使い、水や塩水に漬けた鶏肉にどんな変化が起きるか実験していきたいと思います。 まず、鶏むね肉にフォークをさして水分が入りやすいようにします。 そのまま 2. 水に2時間つけたもの 3. それぞれをフライパンでソテーして、食感の違いを比較します。 見た目にはそれほど差がでませんが、食べてみると差は歴然。 塩水につけた鶏肉が最もジューシーで美味しくなりました! 1. そのまま そのまま焼いたものは、むね肉らしい肉の質感をかみしめる味わい 2. 水に2時間つけたもの 水に漬けたものは、1に比べてしっとり、パサつきが抑えられています 3. —塩水に漬けると、どうしてこんなにしっとり感が増すのでしょうか? 「まず、ジューシーさの要因は、肉の内部の 「保水力」がアップしたことが要因と考えられます。 ちなみに、 保水力とは水分を内側に蓄えて保つ力のことです」 —ただの水と、塩水では大きな差があるように感じたのですが、理由はどこにあるのでしょうか? 「塩が筋肉線維の構造を破壊して内部に入り込み、肉のタンパク質と作用しあって細胞に水が保持されやすくなります。 よって、普通の水よりも塩水に漬けたほうが、保水力が上がります」 —塩の作用で、肉の内部に水分が入りやすくなるということなんですね!では、保水力が上がると肉がジューシーになるメカニズムを詳しく説明していただけますか? 「肉を塩水に漬けると、水分を含んで10%以上も重くなります。 通常、肉を焼くと加熱によって20%程度の水分が失われますが、塩水に漬けた肉は事前に吸収した水分があるぶん、水分を多く保ったまま焼き上がります。 」 —なんと、塩水にそんなにすごい効果があったとは! それでは固くなりがち肉は、何でも塩水に漬けてしまえばジューシーで柔らかくなりますね! 「そうですね。 ただ、塩水漬けのデメリットは、肉が塩辛くなってしまうことです。 そのため、漬け汁に砂糖や果汁などを入れて甘さと酸味を加えると、塩辛さを抑えることができると思います」 パサつきがちなお肉は「塩水」でしっとりさせよう! この裏ワザは、鶏むね肉以外にも、ささみ、豚や牛のもも肉など、脂肪分が少なく、硬くなりがちな他の肉にも応用可能。 生姜焼きを焼きたいけれど、豚ロース肉は値が張る…というときは、比較的安価な豚もも肉を塩水に漬け込んで、しっとり柔らかく仕上げることもできますね。 今まで「ぱさぱさする」と家族に不評だった肉も、塩水に漬けてしっとりジューシーな食感に仕上がれば、喜ばれること間違いなしです! 塩水漬け! 柔らかいんです アレンジ自在で重宝ですよ 取材協力 石川 伸一(いしかわ しんいち) 福島県生まれ、博士(農学)。 宮城大学食産業学部准教授、クックパッド食みらい研究所 特任研究員。 専門は分子食品学、分子調理学、分子栄養学。 主な研究テーマは、鶏卵の機能性に関する研究。 『料理と科学のおいしい出会い 分子調理が食の常識を変える』(化学同人)、『必ず来る! 大震災を生き抜くための食事学』(主婦の友社)ほか著書多数。 執筆:料理研究家 関岡弘美 出版社にて食育雑誌の編集に携わった後、渡仏。 料理、製菓等を学び、レストラン、パティスリーで研修後、帰国。 雑誌、広告等を中心に活動するほか、都内でおもてなし料理とワインの教室を主宰。 ブログは 今話題の注目記事はコチラ! ・ ・ ・.

次の

一度の仕込みで二度おいしい♪「やみつきチキンソテー」「鶏の唐揚げ」 鶏もも肉の下味冷凍法と活用レシピ二選!|OMUMOG

とり むね 下味

鶏胸肉の主な特徴 1. 安い 2. 低脂肪 3. 低カロリー 4. 高タンパク質 5. 旨味たっぷり 6. 疲労回復に最適 一見、良いことだらけの鶏胸肉ですが、問題のパサつく原因のひとつが、2 の 低脂肪にあるのです。 低脂肪、つまり脂肪が少ないと、なぜパサつくのでしょう。 鶏もも肉は加熱しても、それほどかたくなりませんよね。 その違いは、鶏もも肉と鶏胸肉の脂肪の量の違いにあります。 肉のタンパク質は加熱すると縮む性質がありますが、脂肪は加熱して縮んでもかたくはなりません。 ホルモン焼きを考えればわかると思います。 脂身を加熱すると、ジュワーッと溶けていきますが、かたく縮まることはありません。 脂肪の多い鶏もも肉も同様で、脂肪が含まれている分、かたくなりにくいんですね。 また、ももと違って、胸の部分というのはあまり動かす部位ではないため、筋肉の膜が薄くなっています。 鶏胸肉は鶏もも肉と比べると水分が多く含まれているのですが、加熱されると、脂肪量が少ない鶏胸肉はギュッと縮みやすく、薄い筋肉の膜を通して水分が押し出されやすいのです。 鶏胸肉は脂肪量が少ないこと、水分を失いやすいこと、その特徴から結果として、調理しているうちに、水分が抜けて旨味の少ない、パサパサとした食感になってしまうわけです。 一方で、鶏もも肉は鶏胸肉よりも脂肪分が多い上に筋肉の膜も厚い部位です。 そのため、熱を加えても縮みにくく水分を逃がしにくいので、加熱調理してもジューシーさを保つことができるのです。 胸肉から出る水分には前述の抗疲労物質や旨味成分が含まれています。 なので、 鶏胸肉の水分をいかに調理中にキープするかがポイントになりますね。 スポンサードリンク 鶏胸肉を時短で柔らかくする方法は? 料理本やネットのレシピを見ていると、鶏胸肉を柔らかくする方法はとてもたくさんありますよね。 鶏胸肉をパサパサにしない方法として主な対処法としては、おおむね以下の4つに分けられます。 水分を足してやる• オイルや片栗粉などのコーティングで水分の流出を少なくする• 保温調理をする• 繊維を断ち切る 流れ出てしまう水分が鶏肉のパサつきの原因になるので、水分を足したり、コーティングするのはとても効果的です。 わたしもいろいろ試してきて、活用している有効な方法がありますが、いずれもつけ置きなどで、鶏肉の下ごしらえに ある程度の時間が必要になります。 じっくりと熱を加える保温調理も、しっとり柔らかに仕上がりますが、これも調理にある程度の時間がかかります。 余裕のある時なら良いですが、忙しい時には即、調理といきたいもの。 家にあるもので、鶏胸肉を簡単に時短ですぐ調理するとなると、繊維を断ち切る方法がおすすめです。 鶏胸肉の繊維を断ち切るには? 鶏胸肉の繊維を断ち切ることで、かたく感じる繊維の食感がなくなるので、とてもソフトな味わいになります。 やり方は、 1. 観音開きにしてから麺棒などで肉をたたく 2. 繊維を短く分断するように包丁でカットする といった方法があります。 鶏胸肉をたたいて繊維を断ち切る方法 鶏胸肉の繊維を破壊し、食感を柔らかくする方法です。 もしくは、好みの大きさにカットしてからでもOKです。 鶏胸肉は厚いので、表面をたたいただけでは中心の方には届かないことがあるからです。 道具は肉たたきや麺棒、ワインの瓶やビール瓶といった表面積のあるものがおすすめです。 どれも無い場合は、包丁の峰(背)を使います。 包丁の峰を使う場合は表面積が少ないので、いろいろな方向にたたき念入りに行います。 炒め物には向いています。 デメリットは、肉が薄くなってしまうので使用用途が限られてしまうこと。 繊維を断ち切るので柔らかくはなりますが、ジューシーさには欠けます。 また、火を入れすぎると当然ですが、かたくなります。 鶏胸肉の繊維を分断してカットする方法 鶏胸肉の繊維を包丁で分断して、食感を柔らかくする方法です。 この 繊維に対して、垂直に包丁をあて、繊維を断ち切るようにそぎ切りにしてカットしていきます。 ですが、火が入りすぎると、やはりかたくなってしまいます。 鶏胸肉を簡単に超時短で柔らかくするには? 薄くカットする料理は繊維を断ち切る方法で良いとして、柔らかい鶏胸肉のステーキや柔らかい鶏胸肉のローストなどの厚いお肉を食べたい時もありますよね。 そんなときに、鶏胸肉があっという間にやわらかくなる超便利な方法があります。 水分を含ませたり、コーティングしたり、保温調理をしたり、繊維を断ち切ったりする必要は、全くありません。 酵素を利用した『 魔法の粉』をふりかけて、鶏胸肉を柔らかくする方法を2つご紹介しますね。 肉を柔らかくする下味付きの魔法の粉 鶏胸肉は脂肪量が少ないこと、水分を失いやすいこと、その特徴から結果として、調理しているうちに、水分が抜けて旨味の少ない、パサパサとした食感になってしまうわけです。 粉をふりかけるだけで肉を柔らかくする酵素調味料は、とても簡単に肉を柔らかくする魔法の粉です。 ただ粉をふりかけるだけで、たったの5分で柔らかくなり、下味も不要です。 こちらは、あらかじめ塩とこしょうの味がついていますので、お肉には何も味をつけなくてもOK。 パイナップルに含まれる、肉を柔らかくする成分と同じ働きをする酵素が、肉を柔らかくするタイプです。 酵素系の調味料は鶏肉だけではなく、豚・牛肉にも使えますよ。 肉を柔らかくする下味なしの魔法の粉 我が家では、オージーのステーキや厚切り豚ロース肉のポークチャップにも使っている超お勧めの調味料があります。 牛肉・豚肉・鳥肉に粉をふりかけて置いておくだけ。 10分放置しておくだけで肉が柔らかくなり、本当に便利です。 かたい肉も酵素を利用して、肉を短時間で人工熟成させます。 粉自体に味がほとんど無いので、アミノ酸や塩などの余計な味がつかない方がよければ、断然こちらの方が使い勝手が良いですよ。 驚くほどお手軽に肉が柔らかくなります。 鶏胸肉を超簡単に超時短で柔らかくする方法がパサパサにならない理由 まとめ 鶏胸肉は脂肪量が少ないこと、水分を失いやすいこと、その特徴から結果として、調理しているうちに、水分が抜けて旨味の少ない、パサパサとした食感になってしまいます。 鶏胸肉をパサパサにしない方法としては沢山の対処法がありますが、時間がないときに簡単にできるのは、繊維を分断してカットすることです。 最も簡単に鶏胸肉を時短でやわらかくするには、酵素を利用した調味料を使います。 鶏胸肉は余計な脂が入っていないことから、肉の臭みが少なく、肉本来の風味をより楽しめる部位です。 「鶏胸肉はパサつくから調理が難しい」 といった苦手意識があるかもですが、切り方一つでも大きく変わりますので、是非チャレンジしてみてくださいね。 時間が無い時は、酵素系調味料の『魔法の粉』があれば、時間をかけずに、超簡単に鶏胸肉料理を柔らかく、おいしく作ることができますよ。

次の

【鶏胸肉の下味冷凍】コストコ・業務スーパーの大容量パックを使い切るレシピ8選

とり むね 下味

なんとなく想像つくけど「下味冷凍」ってどんなもの? 出典:instagram. com 主婦や料理できる女子からじわじわ人気になっている「下味冷凍」とは、食材に下味をつけて冷凍する保存方法のこと。 「下味冷凍」を使った料理のタイトルや説明でこの言葉が使われることもあります。 com 美味しくて簡単!と口コミで評判になるレシピ・保存方法が載った一冊。 食材を安い日にまとめて買って一週間分・二週間分一気に作ってしまえば、忙しい日も雨の日もいつでも冷凍庫から美味しい食材が入っているというわけです。 「下味冷凍」にはジップロックフリーザーバッグが最適! 出典: 下味冷凍をする際には冷凍用保存袋「ジップロックフリーザーバッグ」が大活躍します。 2本&2種類のジッパー付きで下味をつけるための液体漏れ防止• 指の感覚で閉めた感じがわかるウルトラジッパー採用• 下味冷凍から解凍作業までジップロックのままで可能• 食材を乾燥や酸化から守る厚手素材 など、安心して冷凍できるクオリティを備えているジップロックは最強アイテムです! 【鶏肉編】おいしい「下味冷凍」の味付け方法&レシピ 基本!やわらかい鶏胸肉の下味冷凍から解凍まで 出典: 胸肉の重さの1%分の塩・砂糖、10%分の水を入れて揉み込むだけの下味処理なのでとっても簡単! 冷蔵庫で1時間寝かせてから1枚分ごとにラップして冷凍します。 解凍するは自然解凍が一番おいしいですが、夜に作るなら朝イチに冷蔵庫に移してもOK。 時間がない時など料理によってはレンジで解凍しつつ火を入れてしまうのもおすすめです。 バジル粉• レモン汁• コショウ の調味料を刷り込んだらジップロックなどで冷凍すれば完成です! まさに一石二鳥!一度に2つの味が作れる鶏もも肉の下味冷凍法 出典: 食べやすいサイズに切ったら油・塩コショウを揉み込み、そのうちの半分をジップロックに入れます。 残った半分にはクミン・ナツメグ・一味唐辛子を投入してよく揉みこんだら保存袋へ。 これでシンプルな塩コショウ味に加え、香辛料入りのスパイシー味が一度の下準備で作れます。 根強い人気!美味しい鶏もも肉塩麹漬けの下味冷凍法 出典: お肉料理が格段に美味しく仕上がる塩麹なら、鶏もも肉に混ぜて揉み込むだけの超簡単な下処理!• 一口サイズに切る• 塩麹を揉み込む• 空気を抜いたジップロックで冷凍保存 たった3ステップで唐揚げにも炒め物にも使える万能味付き鶏の完成です! お弁当に時短ディナーに!鶏胸肉のやわらか蒸し 出典: タイ料理の定番「カオマンガイ」風のやわらか~い蒸し鶏も下味冷凍で作れます。 ピリッとしたアジアンソースでいただくもよし、サラダやチキンカツにするのもおすすめです。 ごはんが進む!鶏胸肉のにんにく醤油漬けを下味冷凍 出典: にんにく醤油の味付けが食欲をそそる鶏料理はコスパの良い定番料理のひとつ。 下味冷凍で常備しておけば、忙しくて時間のない夜でも解凍して焼くだけ!酒・みりん・醤油・みりん・チューブのにんにくで作れる最強レシピです。 大きめのままでOK!鶏もも肉のソテー用下味冷凍法 出典: 大きい鶏肉を買ってきたら不要な脂をとってスジを切り、調味料を揉み込むのみです。 スジ切りも味付けも終わっているので解凍後ソテーするだけで立派なメインディッシュが作れます。 下味冷凍で簡単!塩麹の効いた鶏の唐揚げ 出典: 塩麹を揉みこんで下味冷凍した鶏肉を使えば揚げる作業のみでアツアツの本格唐揚げが楽しめちゃいます。 焦げることがあるのでやや低めの温度で揚げるのがポイントです。 トマト缶で作る!鶏胸肉のトマト煮込み 出典: 和風の味付けや唐揚げに飽きたらイタリアンなトマト煮込みもおすすめです。 片栗粉のとろみを野菜のうまみたっぷりのメインレシピも下味冷凍のチキンを使えば時短調理OK! 【豚肉編】おいしい「下味冷凍」の味付け方法&レシピ 安い豚肉でもやわらか!旨味もアップの豚こまケチャップ 出典: 「下味冷凍」ジャンルの中でもケチャップ味はおいしくできるので定番中の定番。 しかもケチャップ効果でお肉が柔らかくなって旨味もアップできるという下味冷凍にとって心強い味付けです。 酸味があとひく酢豚風豚こまバーグ 出典: ケチャップで下味冷凍した豚こまを使った酢豚風の調理アレンジは食べやすく小さいお子さんから大人まで楽しめるレシピ。 解凍したお肉の形を整えながらとろみをつけるのがポイントです。 野菜と卵も入りつつ、マヨネーズを加えれば食欲そそる一品が時短で作れます。 時短煮込みでおいしい肉じゃが!豚こま玉ねぎを使った定番レシピ 出典: 麺つゆで下味冷凍した豚こまを使っているので、順番に食材を煮込んでいくだけで作れる肉じゃがは女性の強い味方。 味付けが麺つゆでできちゃうところも時短レシピならではです。 フライパンで揚げ焼きにするので油っこすぎず、旨味たっぷりの下味冷凍レシピです。 中華調味料を効かせた下味冷凍タラのパン粉焼き 出典: タラの骨を取って下処理、味付けをして一晩以上冷凍します。 レンジで作れて栄養価も高いのでダイエット中の女性にもおすすめの下味冷凍レシピです。 家族で食べれるボリューム感!味噌ヨーグルトで下味をつけた鮭のちゃんちゃん焼き 出典: 鮭に玉ねぎ・キャベツ・しめじといえば、ちゃんちゃん焼き。 味噌とヨーグルトで鮭に下味がしっかりついているのでお店に負けない味が楽しめます。 下味冷凍で差がつく!あっさりで美味しいタラの唐揚げ 出典: タラの下味冷凍を作っておけば揚げ物も簡単にできちゃいます。 タラを入れていた袋に薄力粉を入れて揉み込み、片栗粉も同じ袋の中に入れて粉作業が完結できます。 フライパンで揚げられるのでとってもお手軽レシピ! 鶏肉よりもさっぱりいただけるので女性のお酒のお供にもおすすめです。 まとめ 出典:instagram. com さてさて、「下味冷凍」の味付けやレシピを食材別にたくさんご紹介してきました。 お肉から魚まで味付け次第で本当に様々な味付けを楽しめて、調理時間を短縮できるのが何よりのメリット。 週に一度でもしっかり料理の時間が取れる人にはかなりおすすめです! 忙しい日でも30分とかからずにしっかり手作り料理を食卓に並べることができるので、健康的にも自己充実感的にも最強の調理法。 たとえば時間のかかるメイン料理にしぼって1週間分作るのもいいですし、平日のお弁当分だけなんて作り方もありです。 「下味冷凍」テクを身につけると女子力もかなり上がります。 男性から見てもこういう下ごしらえ的保存がサクッとできる女性はしっかり者にうつるもの。 あなたもぜひ「下味冷凍」で時短スマート調理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?.

次の