ドラえもん 挿入歌。 「ドラえもん」主題歌まとめ ~テレビアニメ放送40周年!~

『映画ドラえもん』シリーズ、主題歌・挿入歌82曲入りCD発売決定

ドラえもん 挿入歌

1億円 前作 次作 『 ドラえもん のび太とロボット王国』(ドラえもん のびたとロボットキングダム)は、に公開された。 および、岡田康則()によってされ、『』2002年2月号から3月号にかけて連載されたシリーズの1作品。 特集記事が『月刊コロコロコミック』号から2002年4月号まで掲載された。 同時上映は『』と『』。 概要 [ ] 人とロボットの関係をテーマにした劇場版作品は、『』、『』に続き3作目である。 しかし、前2作はロボットが人類の敵として登場しているのに対して、今作はロボットと人との共存がテーマであり、ロボットの視点から描かれている。 したがって、主人公であるドラえもんがロボットである点にもスポットを当てており、終始ドラえもんがストーリーの主役となっている。 『』から長年作画監督を担当し続けてきたが参加した最後の映画であり、映画シリーズにおける最後の制作作品であり、翌年の『』以降はへ移行している。 また、本作はドラえもん映画作品で初めて、広報用の公式が開設された作品となった(現在は閉鎖)。 2001年秋のアニメスペシャルで放送した告知映像のみ、タイトルが『のび太とロボット 帝国』(「帝国」の読みは「キングダム」)となっていた。 創刊25周年記念作品。 あらすじ [ ] スネ夫に新型のを自慢されたのび太は、「ペットロボットが欲しい」とドラえもんに懇願する。 ところがドラえもんは「君には僕と言うネコ型ロボットがいるじゃないか」とのび太を叱りつける。 怒ったのび太は、腹いせに未来デパートにペットロボットを大量注文するが、送られてきたロボット達はのび太の言うことを聞かず暴れ出してしまう。 町中で騒動を巻き起こしたロボットたちは、ドラえもんによって全て返品されたものの、最後に少年型のロボット『ポコ』が残った。 どうやら、そのロボットは地球の技術で作られたものではなく、現代に送られてくる途中で超空間内で紛れ込んでしまったものだという。 ポコを元の世界に返してあげるため、ドラえもん達の冒険が再び始まった。 タイムマシンで時空の迷宮へと旅立ち、何とか目的の場所…『王国(キングダム)』に辿り着くドラえもん一行。 その世界では、ロボットから感情を抜き取り人間の忠実な下僕へと変えてしまう「ロボット改造命令」が下されていた。 少年ロボットであるポコは、ちょうど母親と共に追っ手のドロイド兵から逃げる途中だったのだ。 捕まった母親を助けようと飛び出して行ったポコをドラえもんたちは追いかけるが、ドロイド兵達に見つかり、ドラえもんが拉致されてしまうのだった。 舞台 [ ] 王国(キングダム) 地球より遠く離れた星にある王国。 無人の星を開拓するために別の星から人間とロボットが移住、国体は王家によるを採用している。 本星との交流は不明。 服装は中世ヨーロッパ風だが、ロボット関連のテクノロジーは非常に発達しており、移民時からロボットは現在と同様の姿で今に至る。 その過程で、開拓の中心だった人間がロボットを友人として心を通わす内に、ロボット達の感情回路が発達。 人間と大差ない心を持つに至り、同じ星の住民として認め合いながら対等の存在として共に暮らすこととなる。 しかしジャンヌ女王の代より、ロボットの感情を抜き取る「ロボット改造計画」が進められ、国民達は表面上、その政策を受け入れているが、反発する人々も少なくはなく、ある場所に「虹の谷」というロボットの隠れ里を築いている。 公的機関としては軍隊と議会が存在する。 しかし、後述する「ロボット改造計画」が国民からの反発必至にも関わらずにまかり通るあたり、議会が有する国王への抵抗力は弱いものらしい。 また軍隊の力も強いらしく、軍の司令官であるデスターが王位継承権を持っている。 声の出演 [ ]• - ゲストキャラクター [ ] ロボット王国 [ ] ポコ - 少年のロボット。 ドロイド兵に追われていた際、チャペックの電送マシンで地球へと送られた。 ジャンヌとは遊び相手として共に育っており、弟同然の存在である。 ジャンヌ 声 - ロボット王国の女王。 ロボットから感情回路を抜き取る「ロボット改造命令」を下している。 過去の事故で父親(前国王)を亡くしており、その原因が「感情を持つロボットによるミスだ」とデスターに吹き込まれ、ロボットから感情を抜き取る命令を下す。 だがポコとの交流によって非情に徹しきれずにおり、的な精神状態にある。 ドラえもん一行追跡に同行した際、デスターに裏切られて崖から落とされる。 そこから「虹の谷」に匿われ、ポコと向き合うことで己の非を理解する。 デスター捕縛後は国民に対し「ロボット改造計画」の廃止を宣言し、没収していた感情回路をロボット達に返還する。 漫画版では「非情に徹する決意の現われ」として父の死後、髪を短く切っていた。 映画版ではセミロングヘアーのままで、頭身も低く改められている。 モチーフは。 マリア 声 - ポコの母親ロボット。 幼くして母親を亡くしたジャンヌの養育係も務めていた。 チャペック 声 - ロボット専門の医者。 ロボットの修理の他、物体を瞬間移動させることのできる電送マシンなども発明している。 実はデスターの双子の兄であり、浅からぬ因縁があった。 原作では頭がやや薄く、太めの体系である。 映画ではふさふさで痩せ形のがっちりした体形になってる。 名前の由来は、初めて「ロボット」という言葉が用いられた 『 』の作者 [ ]。 クルリンパ 声 - チャペック先生と共に住んでいる型のロボットの助手。 身体を丸めながら跳ねて移動することもできる。 語尾に「ッパ」をつけて話す。 オナベ 声 - チャペック先生の家のお手伝いロボット。 食材を口から入れ、腹から完成した料理を出す(漫画版のみ)。 元は『』のキャラクター。 ロビー 声 - アリスの家で働く農作業ロボット。 型番号はX-01。 「ロボット改造計画」により感情を抜き取られてしまうが、デスター捕縛後に感情を返還された。 アリス 声 - ロビーが働く家の少女。 感情を抜き取られ、アリスのボールを踏みつけた後(漫画版のみ)に「何でもお申し付けください」としか喋れなくなった(映画のみで漫画では「遊ぼう」との言葉に「そんなデータはない」と答えている)ロビーを見て、泣き出してしまう。 トロイ 声 - 「ロボット改造命令」に反対し、「虹の谷」でコニックたちと共に村を開拓し暮らしている。 コニック 声 - トロイのパートナーであるロボット。 エイトム王 ジャンヌの父親。 前ロボット王国国王。 人間とロボットが共に暮らせる豊かな国を目指しており自ら開拓工事の指揮を執っていた。 しかし、工事の最中に重機のロボット 漫画版ではダンプロボ、映画版ではパワーショベルロボ が横転した際、逃げ遅れたロボットを救ったが横転に巻き込まれジャンヌの眼前で死亡した。 デスター 声 - ロボット王国の軍司令官。 厳つい容貌をしており、常にジャンヌに付き従っている。 エイトム王の死を「感情を持ったロボットのミス」だとジャンヌに吹き込み、ロボット改造命令を推し進めた黒幕。 実はジャンヌを利用し王国の実権を握ろうと画策する野心家で、ドラえもん一行追跡の際に、ドロイド兵をわざとけしかけてジャンヌを谷底に落としてしまう。 その後、軍司令官が王位継承権を持つという法律に基づいて王宮を掌握、国王となる。 だが、改造命令に反対するロボット達の協力を得たドラえもん一行により野望は阻止される。 その正体は金属製の強化服に身を包んだチャペックの双子の弟(仮面の下の素顔は、チャペックと瓜二つ)。 かつては兄と同じ科学者だったが、自身の進む道を間違っていた。 ドロイド兵 声 - 、 デスターが尖兵として用いる、感情を持たないロボット兵士。 屈強で、他のロボット達を圧倒する戦闘力を持つが、人間には危害を加えられないという弱点を持っており、これを利用したドラえもん一行に無力化された。 銅鉄バトル(闘技場) [ ] コングファイター 声 - 鋼鉄バトルに出場しているゴリラ型の大きい格闘ロボット。 斧や鉄球を使用する豪傑で、300戦無敗という経歴を持つ。 ドラえもんと戦うが、使い物にならないひみつ道具で敗北した。 敗北後はドラえもん一行の脱出を手助けした。 鉄鎧ロボット 見た目は、背の低い鎧ロボット。 武器はソードと斤を使用して闘う。 銅鉄バトルに出場者し、ファックスフォースに破れる。 敗者となった鉄鎧ロボットは廃棄処分。 ファックスフォース 武器はハンマーとシールドを使用する。 銅鉄バトルに出場している馬型のロボット。 試合開始数分で鉄鎧ロボットに勝利を収める。 未来世界 [ ] タイムマシンナビ 声 - ゴンスケ 声 - 芋掘りロボット。 のび太が未来デパートから間違えて購入したロボットのうちの1体。 一人称は「オラ」。 空き地を勝手に芋畑にしていた。 元は『』のキャラクター。 未来デパート店員 声 - のび太が勝手に注文したロボット(ころばし屋、評論ロボット、ムード盛り上げ楽団、ばっきん箱、芋掘りロボットゴンスケ、もちつきロボット、お掃除ロボット、注射器ロボット、オバQロボット)。 ドラえもんはとても払えない金額から相当高い額と言える。 取り寄せバッグで未来デパート通信マシンを取り寄せ赤い停止ボタンを押し返品した。 アソボ(犬ロボット) スネ夫が飼っていたペットロボット。 注射器ロボットに注射され、コンピュータウイルスが体内に送られてしまい、犬の鳴き声から猫の鳴き声に変わる。 ジャイアンが「犬の癖にミャーミャーうるさい」と拳骨を与えてしまった為、動作不能を起こし暴走する。 ポコに向かって突進してくるが、ポコは過去にロボットドッグに襲われた事を思い出して反撃し、芋掘りロボットのゴンスケが掘っていた落とし穴にアソボを落とした。 このほか、漫画版では『』のコロ助や、『』のPマン(のお手伝いロボット)、『』のQ太郎とO次郎に似たロボットが登場している。 用語 [ ] タイムスペースラビリンス 時空間の迷宮。 ポコはここを通ってやってきた。 障害物が多数ある。 タイムホール 時空間で発生した小型の台風。 「これらに衝突するとおわり」とドラえもんは発言したが運良く王国 キングダム に着くことができた。 ロボット改造命令 感情を持つロボットに反し、ロボットから感情を抜き取り人間の忠実な下僕とさせる計画。 登場するひみつ道具 [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2019年12月)• スペアポケット• 未来デパート通販マシン• ころばし屋• モグラロボ(漫画版のみ)• ロボポリス(漫画版のみ)• 評論ロボット• ムード盛り上げ楽団• ばっきん箱• 取り寄せバッグ(映画のみ)• 壁紙ハウス• レントゲンスコープ(映画ではCTスキャンのようなマシンになってる)• タイムテレビ(漫画版のみ)• タイムマシン• タイムスペースナビ• ペタンコアイロン(漫画版のみ)• 着せ替えカメラ• タケコプター• ナゲーなげなわ(漫画版のみ)• ノビールハンド(映画のみ)• 時限バカ弾• 竜巻ストロー(漫画版のみ)• ほんものコピー機(映画のみ)• くすぐりノミ• 何でも操縦機• 空気ピストル(漫画版のみ)• チータローション(漫画版のみ) 以下の道具は、超空間で落としてしまった道具。 スーパー手袋• スモールライト• ショックガン• 空気砲• 原作 -• 脚本 -• 作画監督 -• 美術設定 - 沼井信朗• 美術監督 - 川口正明• 撮影監督 -• 編集 -• 音楽 -• 録音監督 -• チーフプロデューサー - 、• 監督 -• 絵コンテ - 芝山努、• 演出 -• 作画監督補 - 若松孝思• 動画検査 - 原鐵夫、江野沢柚美、中峰ちとせ• 色彩設計 - 松谷早苗、稲村智子• 仕上検査 - 下浦亜弓、中島淑子• 仕上担当 - 野中幸子• 特殊効果 - 橋爪朋二• 基本設定 -• オープニングコンテ・演出 -• オープニング作画監督 - 米田光良• デジタル合成 - 、• デジタル撮影 - 中上竜太、田村和広、山本裕司、佐々木和宏、中村紀• デジタル光学録音 -• 文芸 - 滝原弥生• 制作事務 - 杉野友紀• 制作進行 - 吉田成彦、、吉田有希、澁谷いずみ、大橋永晴、村元克彦、上野弘泰、矢尾板克之• 制作デスク - 馬渕吉喜、大金修一• プロデューサー - 小倉久美、大澤正享、岩本太郎、• 制作協力 - 、• 主題歌が2曲制作されたのは、『』に次いで2度目。 新曲が主題歌に起用されるのは、テレビアニメ第2作第1期では今作が最後となっている(4年後の『』で再び起用されている)。 脚注 [ ] [] 通番 公開年 題名 主題歌 同時上映 第1作 1980年 (リバイバル) 第2作 1981年 番外 1981年 (メイン) 第3作 1982年 岩渕まこと 第4作 1983年 海はぼくらと 岩渕まこと 第5作 1984年 第6作 1985年 第7作 1986年 大杉久美子 第8作 1987年 友達だから 大山のぶ代 森の木児童合唱団 第9作 1988年 君がいるから 第10作 1989年 時の旅人 第11作 1990年 天までとどけ 武田鉄矢 第12作 1991年 夢のゆくえ 第13作 1992年 雲がゆくのは… 武田鉄矢 第14作 1993年 何かいい事きっとある 第15作 1994年 武田鉄矢一座 第16作 1995年 さよならにさよなら 第17作 1996年 私のなかの銀河 海援隊 第18作 1997年 Love is you 第19作 1998年 第20作 1999年 第21作 2000年 この星のどこかで 第22作 2001年 第23作 2002年 いっしょに歩こう 〜Walking Into Sunshine〜 第24作 2003年 第25作 2004年 通番 公開年 題名 主題歌 第26作 2006年 第27作 2007年 第28作 2008年 第29作 2009年 第30作 2010年 第31作 2011年 第32作 2012年 第33作 2013年 第34作 2014年 番外 2014年 第35作 2015年 第36作 2016年 第37作 2017年 第38作 2018年 第39作 2019年 第40作 2020年 番外 2020年.

次の

星野源『ドラえもん』

ドラえもん 挿入歌

1億円 前作 次作 『 ドラえもん のび太とロボット王国』(ドラえもん のびたとロボットキングダム)は、に公開された。 および、岡田康則()によってされ、『』2002年2月号から3月号にかけて連載されたシリーズの1作品。 特集記事が『月刊コロコロコミック』号から2002年4月号まで掲載された。 同時上映は『』と『』。 概要 [ ] 人とロボットの関係をテーマにした劇場版作品は、『』、『』に続き3作目である。 しかし、前2作はロボットが人類の敵として登場しているのに対して、今作はロボットと人との共存がテーマであり、ロボットの視点から描かれている。 したがって、主人公であるドラえもんがロボットである点にもスポットを当てており、終始ドラえもんがストーリーの主役となっている。 『』から長年作画監督を担当し続けてきたが参加した最後の映画であり、映画シリーズにおける最後の制作作品であり、翌年の『』以降はへ移行している。 また、本作はドラえもん映画作品で初めて、広報用の公式が開設された作品となった(現在は閉鎖)。 2001年秋のアニメスペシャルで放送した告知映像のみ、タイトルが『のび太とロボット 帝国』(「帝国」の読みは「キングダム」)となっていた。 創刊25周年記念作品。 あらすじ [ ] スネ夫に新型のを自慢されたのび太は、「ペットロボットが欲しい」とドラえもんに懇願する。 ところがドラえもんは「君には僕と言うネコ型ロボットがいるじゃないか」とのび太を叱りつける。 怒ったのび太は、腹いせに未来デパートにペットロボットを大量注文するが、送られてきたロボット達はのび太の言うことを聞かず暴れ出してしまう。 町中で騒動を巻き起こしたロボットたちは、ドラえもんによって全て返品されたものの、最後に少年型のロボット『ポコ』が残った。 どうやら、そのロボットは地球の技術で作られたものではなく、現代に送られてくる途中で超空間内で紛れ込んでしまったものだという。 ポコを元の世界に返してあげるため、ドラえもん達の冒険が再び始まった。 タイムマシンで時空の迷宮へと旅立ち、何とか目的の場所…『王国(キングダム)』に辿り着くドラえもん一行。 その世界では、ロボットから感情を抜き取り人間の忠実な下僕へと変えてしまう「ロボット改造命令」が下されていた。 少年ロボットであるポコは、ちょうど母親と共に追っ手のドロイド兵から逃げる途中だったのだ。 捕まった母親を助けようと飛び出して行ったポコをドラえもんたちは追いかけるが、ドロイド兵達に見つかり、ドラえもんが拉致されてしまうのだった。 舞台 [ ] 王国(キングダム) 地球より遠く離れた星にある王国。 無人の星を開拓するために別の星から人間とロボットが移住、国体は王家によるを採用している。 本星との交流は不明。 服装は中世ヨーロッパ風だが、ロボット関連のテクノロジーは非常に発達しており、移民時からロボットは現在と同様の姿で今に至る。 その過程で、開拓の中心だった人間がロボットを友人として心を通わす内に、ロボット達の感情回路が発達。 人間と大差ない心を持つに至り、同じ星の住民として認め合いながら対等の存在として共に暮らすこととなる。 しかしジャンヌ女王の代より、ロボットの感情を抜き取る「ロボット改造計画」が進められ、国民達は表面上、その政策を受け入れているが、反発する人々も少なくはなく、ある場所に「虹の谷」というロボットの隠れ里を築いている。 公的機関としては軍隊と議会が存在する。 しかし、後述する「ロボット改造計画」が国民からの反発必至にも関わらずにまかり通るあたり、議会が有する国王への抵抗力は弱いものらしい。 また軍隊の力も強いらしく、軍の司令官であるデスターが王位継承権を持っている。 声の出演 [ ]• - ゲストキャラクター [ ] ロボット王国 [ ] ポコ - 少年のロボット。 ドロイド兵に追われていた際、チャペックの電送マシンで地球へと送られた。 ジャンヌとは遊び相手として共に育っており、弟同然の存在である。 ジャンヌ 声 - ロボット王国の女王。 ロボットから感情回路を抜き取る「ロボット改造命令」を下している。 過去の事故で父親(前国王)を亡くしており、その原因が「感情を持つロボットによるミスだ」とデスターに吹き込まれ、ロボットから感情を抜き取る命令を下す。 だがポコとの交流によって非情に徹しきれずにおり、的な精神状態にある。 ドラえもん一行追跡に同行した際、デスターに裏切られて崖から落とされる。 そこから「虹の谷」に匿われ、ポコと向き合うことで己の非を理解する。 デスター捕縛後は国民に対し「ロボット改造計画」の廃止を宣言し、没収していた感情回路をロボット達に返還する。 漫画版では「非情に徹する決意の現われ」として父の死後、髪を短く切っていた。 映画版ではセミロングヘアーのままで、頭身も低く改められている。 モチーフは。 マリア 声 - ポコの母親ロボット。 幼くして母親を亡くしたジャンヌの養育係も務めていた。 チャペック 声 - ロボット専門の医者。 ロボットの修理の他、物体を瞬間移動させることのできる電送マシンなども発明している。 実はデスターの双子の兄であり、浅からぬ因縁があった。 原作では頭がやや薄く、太めの体系である。 映画ではふさふさで痩せ形のがっちりした体形になってる。 名前の由来は、初めて「ロボット」という言葉が用いられた 『 』の作者 [ ]。 クルリンパ 声 - チャペック先生と共に住んでいる型のロボットの助手。 身体を丸めながら跳ねて移動することもできる。 語尾に「ッパ」をつけて話す。 オナベ 声 - チャペック先生の家のお手伝いロボット。 食材を口から入れ、腹から完成した料理を出す(漫画版のみ)。 元は『』のキャラクター。 ロビー 声 - アリスの家で働く農作業ロボット。 型番号はX-01。 「ロボット改造計画」により感情を抜き取られてしまうが、デスター捕縛後に感情を返還された。 アリス 声 - ロビーが働く家の少女。 感情を抜き取られ、アリスのボールを踏みつけた後(漫画版のみ)に「何でもお申し付けください」としか喋れなくなった(映画のみで漫画では「遊ぼう」との言葉に「そんなデータはない」と答えている)ロビーを見て、泣き出してしまう。 トロイ 声 - 「ロボット改造命令」に反対し、「虹の谷」でコニックたちと共に村を開拓し暮らしている。 コニック 声 - トロイのパートナーであるロボット。 エイトム王 ジャンヌの父親。 前ロボット王国国王。 人間とロボットが共に暮らせる豊かな国を目指しており自ら開拓工事の指揮を執っていた。 しかし、工事の最中に重機のロボット 漫画版ではダンプロボ、映画版ではパワーショベルロボ が横転した際、逃げ遅れたロボットを救ったが横転に巻き込まれジャンヌの眼前で死亡した。 デスター 声 - ロボット王国の軍司令官。 厳つい容貌をしており、常にジャンヌに付き従っている。 エイトム王の死を「感情を持ったロボットのミス」だとジャンヌに吹き込み、ロボット改造命令を推し進めた黒幕。 実はジャンヌを利用し王国の実権を握ろうと画策する野心家で、ドラえもん一行追跡の際に、ドロイド兵をわざとけしかけてジャンヌを谷底に落としてしまう。 その後、軍司令官が王位継承権を持つという法律に基づいて王宮を掌握、国王となる。 だが、改造命令に反対するロボット達の協力を得たドラえもん一行により野望は阻止される。 その正体は金属製の強化服に身を包んだチャペックの双子の弟(仮面の下の素顔は、チャペックと瓜二つ)。 かつては兄と同じ科学者だったが、自身の進む道を間違っていた。 ドロイド兵 声 - 、 デスターが尖兵として用いる、感情を持たないロボット兵士。 屈強で、他のロボット達を圧倒する戦闘力を持つが、人間には危害を加えられないという弱点を持っており、これを利用したドラえもん一行に無力化された。 銅鉄バトル(闘技場) [ ] コングファイター 声 - 鋼鉄バトルに出場しているゴリラ型の大きい格闘ロボット。 斧や鉄球を使用する豪傑で、300戦無敗という経歴を持つ。 ドラえもんと戦うが、使い物にならないひみつ道具で敗北した。 敗北後はドラえもん一行の脱出を手助けした。 鉄鎧ロボット 見た目は、背の低い鎧ロボット。 武器はソードと斤を使用して闘う。 銅鉄バトルに出場者し、ファックスフォースに破れる。 敗者となった鉄鎧ロボットは廃棄処分。 ファックスフォース 武器はハンマーとシールドを使用する。 銅鉄バトルに出場している馬型のロボット。 試合開始数分で鉄鎧ロボットに勝利を収める。 未来世界 [ ] タイムマシンナビ 声 - ゴンスケ 声 - 芋掘りロボット。 のび太が未来デパートから間違えて購入したロボットのうちの1体。 一人称は「オラ」。 空き地を勝手に芋畑にしていた。 元は『』のキャラクター。 未来デパート店員 声 - のび太が勝手に注文したロボット(ころばし屋、評論ロボット、ムード盛り上げ楽団、ばっきん箱、芋掘りロボットゴンスケ、もちつきロボット、お掃除ロボット、注射器ロボット、オバQロボット)。 ドラえもんはとても払えない金額から相当高い額と言える。 取り寄せバッグで未来デパート通信マシンを取り寄せ赤い停止ボタンを押し返品した。 アソボ(犬ロボット) スネ夫が飼っていたペットロボット。 注射器ロボットに注射され、コンピュータウイルスが体内に送られてしまい、犬の鳴き声から猫の鳴き声に変わる。 ジャイアンが「犬の癖にミャーミャーうるさい」と拳骨を与えてしまった為、動作不能を起こし暴走する。 ポコに向かって突進してくるが、ポコは過去にロボットドッグに襲われた事を思い出して反撃し、芋掘りロボットのゴンスケが掘っていた落とし穴にアソボを落とした。 このほか、漫画版では『』のコロ助や、『』のPマン(のお手伝いロボット)、『』のQ太郎とO次郎に似たロボットが登場している。 用語 [ ] タイムスペースラビリンス 時空間の迷宮。 ポコはここを通ってやってきた。 障害物が多数ある。 タイムホール 時空間で発生した小型の台風。 「これらに衝突するとおわり」とドラえもんは発言したが運良く王国 キングダム に着くことができた。 ロボット改造命令 感情を持つロボットに反し、ロボットから感情を抜き取り人間の忠実な下僕とさせる計画。 登場するひみつ道具 [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2019年12月)• スペアポケット• 未来デパート通販マシン• ころばし屋• モグラロボ(漫画版のみ)• ロボポリス(漫画版のみ)• 評論ロボット• ムード盛り上げ楽団• ばっきん箱• 取り寄せバッグ(映画のみ)• 壁紙ハウス• レントゲンスコープ(映画ではCTスキャンのようなマシンになってる)• タイムテレビ(漫画版のみ)• タイムマシン• タイムスペースナビ• ペタンコアイロン(漫画版のみ)• 着せ替えカメラ• タケコプター• ナゲーなげなわ(漫画版のみ)• ノビールハンド(映画のみ)• 時限バカ弾• 竜巻ストロー(漫画版のみ)• ほんものコピー機(映画のみ)• くすぐりノミ• 何でも操縦機• 空気ピストル(漫画版のみ)• チータローション(漫画版のみ) 以下の道具は、超空間で落としてしまった道具。 スーパー手袋• スモールライト• ショックガン• 空気砲• 原作 -• 脚本 -• 作画監督 -• 美術設定 - 沼井信朗• 美術監督 - 川口正明• 撮影監督 -• 編集 -• 音楽 -• 録音監督 -• チーフプロデューサー - 、• 監督 -• 絵コンテ - 芝山努、• 演出 -• 作画監督補 - 若松孝思• 動画検査 - 原鐵夫、江野沢柚美、中峰ちとせ• 色彩設計 - 松谷早苗、稲村智子• 仕上検査 - 下浦亜弓、中島淑子• 仕上担当 - 野中幸子• 特殊効果 - 橋爪朋二• 基本設定 -• オープニングコンテ・演出 -• オープニング作画監督 - 米田光良• デジタル合成 - 、• デジタル撮影 - 中上竜太、田村和広、山本裕司、佐々木和宏、中村紀• デジタル光学録音 -• 文芸 - 滝原弥生• 制作事務 - 杉野友紀• 制作進行 - 吉田成彦、、吉田有希、澁谷いずみ、大橋永晴、村元克彦、上野弘泰、矢尾板克之• 制作デスク - 馬渕吉喜、大金修一• プロデューサー - 小倉久美、大澤正享、岩本太郎、• 制作協力 - 、• 主題歌が2曲制作されたのは、『』に次いで2度目。 新曲が主題歌に起用されるのは、テレビアニメ第2作第1期では今作が最後となっている(4年後の『』で再び起用されている)。 脚注 [ ] [] 通番 公開年 題名 主題歌 同時上映 第1作 1980年 (リバイバル) 第2作 1981年 番外 1981年 (メイン) 第3作 1982年 岩渕まこと 第4作 1983年 海はぼくらと 岩渕まこと 第5作 1984年 第6作 1985年 第7作 1986年 大杉久美子 第8作 1987年 友達だから 大山のぶ代 森の木児童合唱団 第9作 1988年 君がいるから 第10作 1989年 時の旅人 第11作 1990年 天までとどけ 武田鉄矢 第12作 1991年 夢のゆくえ 第13作 1992年 雲がゆくのは… 武田鉄矢 第14作 1993年 何かいい事きっとある 第15作 1994年 武田鉄矢一座 第16作 1995年 さよならにさよなら 第17作 1996年 私のなかの銀河 海援隊 第18作 1997年 Love is you 第19作 1998年 第20作 1999年 第21作 2000年 この星のどこかで 第22作 2001年 第23作 2002年 いっしょに歩こう 〜Walking Into Sunshine〜 第24作 2003年 第25作 2004年 通番 公開年 題名 主題歌 第26作 2006年 第27作 2007年 第28作 2008年 第29作 2009年 第30作 2010年 第31作 2011年 第32作 2012年 第33作 2013年 第34作 2014年 番外 2014年 第35作 2015年 第36作 2016年 第37作 2017年 第38作 2018年 第39作 2019年 第40作 2020年 番外 2020年.

次の

ドラえもん のび太とロボット王国

ドラえもん 挿入歌

概要 [ ] 作詞、作曲による、日本を代表するの一つ。 リズムはで、三連符を主体とする。 オリジナルはだが、同じく菊池俊輔の手による劇中音楽では本曲のモチーフをで引用してアレンジした例が多い。 歌詞には、、などの名称が織り込まれているほか、が示唆されている。 歌詞は3番まであり、Bメロとサビの間にが上記のひみつ道具を紹介する短いセリフが入る。 歌詞は社内で公募され、の歌詞が採用された(しかし、歌詞そのものは楠部一家で作ったと本人が語っている)。 (ドラえもんのセリフ はすべて作)。 の渡辺美里版では、2番のドラえもんのセリフを改変している。 番組のオープニングテーマに使用されたテレビサイズ音源は、1番のBメロから3番のに繋がる形式で構成されている。 版が使用された当初(の10月から12月)は3番の歌詞を採用していた。 また、原作においても「空飛ぶうす手じゅうたん」(てんとう虫コミックス『ドラえもん』29巻収録)でしずかが口ずさんでいる(ドラえもんは「あの歌」と表現)。 ただし、そのとき出てくる歌詞は本来のものと若干異なっている。 でイベントが行われている期間中には、のとして使用されていた。 は主題歌の変更によっての「」に変更されたが、同年夏をもってドラえもん海底列車の運行は終了したため、現在は使われていない。 開業を記念して、から、最寄り駅であるの3・4番ホームにおいて、Aメロの部分を調にアレンジしたものがとして使用されている ほか、開業5周年となった9月3日からは、(JR東日本)の3番線において、サビの部分をがアレンジしたものが発車メロディとして使用されている。 に放送40周年を記念してによるアレンジ版が制作され、をはじめとするのメインキャスト5人が歌唱した。 先述の大山作のドラえもんのセリフも水田の声で新たに録音された。 歴史 [ ] 大杉久美子版 編曲はオリジナルの作曲者である菊池俊輔による。 やのサウンドが特徴的で、などの他の菊池作品に見られるようにイントロ部、各コーラス間の間奏部、部がそれぞれ大きく形を変える。 テレビシリーズでは1979年4月2日から1992年10月2日までの13年半にわたってオープニング主題歌として使用された。 (帯番組版では日曜版より前後数秒ずつがカットされている。 )映画については1980年の『』と1981年の『』で挿入歌として、また1982年の『』から1988年の『』までの7本ではオープニング主題歌として使用された。 版 スコアはオリジナルの大杉版とほぼ同一の菊池俊輔によるアレンジだが、楽器のバランスやドラムパターンに変更が加えられたために曲の印象は異なる。 ごくわずかにテンポが遅くなり、軽快なオリジナルと比較してやや落ち着いた曲調になった。 1989年の映画『』からオープニング主題歌として使用され、1992年10月9日から2002年9月20日まではテレビシリーズのオープニング主題歌としても使用された。 映画では2004年の『』までのうち、1998年と2000年をのぞいた14本にオープニング主題歌として使用された。 版 1998年に映画『』のオープニング主題歌として使用された。 編曲は。 音程をオリジナルから長2度下げ、に改めてある。 ウィーン少年合唱団版 2000年に映画『』のオープニング主題歌として使用された。 編曲は、編曲監修とピアノ演奏はによる。 による歌が話題となった。 音程をオリジナルから短3度上げ、に改めてある。 東京プリン版 発売元は。 編曲は岩戸崇、歌は。 番組がデジタル制作へ移行した2002年10月4日から2003年4月11日まで、テレビシリーズのオープニング主題歌として使用された。 菊池の手によるアレンジとは印象が全く異なり、調がに変更されていて、テンポも速くなっている。 版 発売元は。 編曲は。 2003年4月18日から2004年4月23日までテレビシリーズのオープニング主題歌として使用された。 『テレビアニメ30周年記念 ドラえもんテレビ主題歌全集』及び渡辺のベストアルバム『』に収録されている。 音程をオリジナルから半音下げ、に改めてある。 AJI版 発売元はEPICレコードジャパン。 によるアカペラ曲で、編曲はAJIのリーダーである橘哲夫。 2004年4月30日から2005年3月18日までテレビシリーズのオープニング主題歌として使用された。 着うた配信されているが、『テレビアニメ30周年記念 ドラえもんテレビ主題歌全集』に収録されている。 に改めてある。 『テレビアニメ30周年記念 ドラえもんテレビ主題歌全集』に収録されているフルサイズバージョンには大山のぶ代による台詞が収録されていない。 女子十二楽坊版 発売元は。 の演奏によるで、歌はないが歌詞テロップが表示されていた。 編曲は西脇辰弥、古楽器編曲は梁剣峰。 番組リニューアル後の2005年4月15日から2005年10月21日までオープニング主題歌として使用された。 ドラえもんのうた 40th 編曲は、歌は()・()・()・()・()。 テレビアニメ放送40周年を記念し2019年4月5日からテレビシリーズのオープニング主題歌として使用。 オープニング主題歌としての使用は、女子十二楽坊版以来約14年ぶりとなる。 ドラえもんの台詞部分は水田わさびが担当。 の台詞部分のうち、2番が、渡辺版と、それ以外とで異なっている。 テーマになっているひみつ道具が「おもちゃの」であることから、ではないかとみる向きもある [ ]。 ただし、歌詞に登場するシチュエーションに合致するのは渡辺版の台詞の方である。 本曲はテレビシリーズのオープニング主題歌として1979年4月2日から2005年10月21日までの26年半にわたって使用されてきたが、2005年10月28日に主題歌の座をの歌う「ハグしちゃお」に引き継いで役目を全うした。 映画や挿入歌などでは今後も使用の予定があることが発表された。 その後、2006年3月24日放送の「ドラえもん1時間春の特大スペシャル!! 」の本編終了後や同年4月21日放送の「新生ドラえもん一周年記念スペシャル!! 」などで「ドラえもんのうた」が流された。 また、テレビアニメ放送40周年を記念し2019年4月5日からテレビシリーズのオープニング、エンディング主題歌として「ドラえもんのうた 40th」が使用されている。 シングル [ ]• 1979年4月25日、SCS-474、大杉久美子、500円(EP) B面は「」「」• 1980年4月1日、EK-638、インストゥルメンタル、600円(EP) の編曲により行進曲にアレンジ。 B面は「ドラえもん音頭」• 1980年6月25日、CH-202、大杉久美子、700円(EP) ピクチャー盤。 B面は「ぼくドラえもん」• 1989年3月10日、CK-831、山野さと子、600円(EP) B面は「ハロー! ドラミちゃん」• 1992年10月21日、CODC-111、山野さと子、1068円(CD 8cmシングル) 「」のカップリング• 1995年6月21日、CODC-669、山野さと子、1068円(CD 8cmシングル) カップリングは「ぼくドラえもん2112」• 1998年3月4日、PCDA-01040、吉川ひなの、971円(CD 8cmシングル) 「ホットミルク」のカップリング• 1998年10月21日、CODZ-3090、山野さと子、1200円(CD 8cmシングル) CDコロちゃん。 カセットテープも同時発売。 2000年3月18日、TOCT-4193、ウィーン少年合唱団、1200円(CD マキシシングル) カップリングは「この星のどこかで」• 2002年3月1日、CODC-2030、山野さと子、1200円(8cmシングル) 「キミに会いたくて」のカップリング• 2003年1月8日、AVCD-30412、東京プリン、1050円(CD マキシシングル) カップリングは「ぼくドラえもん2112」• 2003年6月18日、ESCL-2405、渡辺美里、840円(CD マキシシングル) カップリングは「ドラえもんのうた」のカラオケ• 2019年4月17日、COKM-42389、水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一(配信限定 ダウンロードシングル) ミニアルバム [ ]• 1980年1月1日、CH-97、大杉久美子、700円(ミニアルバム) テレビまんがアクションシリーズ。 B面1曲目に収録• 1997年11月21日、COCC-14692、山野さと子、1500円(CD ミニアルバム) ピクチャー盤。 カップリングは「青い空はポケットさ」「ぼくたち地球人」「ぼくドラえもん」• 1997年11月21日、COCC-14693、山野さと子、1500円(CD ミニアルバム) ピクチャー盤。 をフィーチャーしたCDであるが、4曲目に収録。 アルバム [ ] 1979年9月25日発売のLP『ドラえもん』に収録されたのを皮切りに、数多くのドラえもんのアルバムに収録されている。 カバー [ ] 高い知名度を誇る楽曲として、多くのアーティストによってカバーされた。 2011年発売のアルバム『そして伝説へ…THE LEGEND of ANIMETAL』に収録• (版カバーと版カバーが存在)• (版カバー。 編曲:)• 大野てる穂 の一部盤に収録の他、トーンなどのマイナーレーベルやの一部の盤に匿名表記で収録• 、台詞:(版カバー。 伊豫部節子(ケイエスクリエイト版カバー。 同社の『こどものうた』シリーズに収録)• 、(ライブ音源。 1997年4月19日発売のCD『心の歌をいつまでも 川田正子55周年記念コンサート』COCC-14107〜8収録)• (「THE ドラえもん展」にてシングルCDとして限定発売。 また、アルバム『Reborn』に収録)• ザ・マイクハナサーズ(1992年発売のシングル『ヒーロー大行進』のメドレー曲「ヒロイン大集合」の1曲としてカバー)• (香港・で放送されているアニメ「ドラえもん」のオープニングで使用。 (1996年に発売されたアニメソングのカバーアルバム『小魔女的魔法書』に収録)• 泉こなた()、柊かがみ()、柊つかさ()、高良みゆき()(『』)• マイラ・ケイ(「DORAEMON'S SONG」の曲名で、英語で歌唱。 訳詞:リサ・ウィルソン、編曲:ハウス・ティー。 1993年発売の『英語! ポ・ポンのポン!! 〜なつかしアニメをペラペラ歌おう〜』収録)• (カバーアルバム『』に収録)• (カバーアルバム『』に収録)• (シングル『』 に収録、台詞:水田わさび )• ドラえもん、野比のび太、源静香、剛田武、骨川スネ夫(アルバム『テレビアニメ放送40周年記念ドラえもん うたのコレクション』に収録)• 2019の課題曲 補足 [ ]• AJIのバージョンはドラえもん30周年主題歌全集アルバムの発売に合わせてはじめて収録された。 女子十二楽坊のバージョンはアルバム「女子十二楽坊 〜THE BEST OF COVERS〜」にのみ収録、シングル発売なし。 2005年8月、日本版の開始時に、「ドラえもんのうた」の小曽根真バージョンがトップ10にランクインしていた。 の『』や『』で同曲が使用されている。 脚注 [ ]• 『オリコン年鑑 1981年版』、45頁。 1番が「ハイ! タケコプター」、2番が「ソレ! とつげき」、3番が「ウフフフ! どこでもドア」。 - 小田急電鉄ニュースリリース 2011年8月2日• 乗りものニュース. 2020年4月7日閲覧。 株式会社スイッチオフィシャルサイト. 株式会社スイッチ. 2020年4月7日閲覧。 2019年4月4日. 2019年4月5日閲覧。 映画の主題歌• ドラえもんの台詞部分を水田が担当するのは初。 事務局, 愛踊祭. 愛踊祭2019~あいどるまつり~国民的アニメソングカバーコンテスト. 2020年2月9日閲覧。

次の