埼玉 県 知事 選挙 ポスター。 「翔んで埼玉」再び起用 参院補選、投票率アップへ

「翔んで埼玉」再び起用 参院補選、投票率アップへ

埼玉 県 知事 選挙 ポスター

内線電話番号:2693 直通電話番号:048-830-2693 Email: 令和元年8月25日執行の埼玉県知事選挙では、埼玉県を自虐的に描くことで「埼玉」への関心を大きく喚起した「翔んで埼玉」とコラボした啓発事業を行います。 また、県内高校生による啓発標語や選挙カレッジ生のアイデアを活用した事業など下記のとおり実施します。 記 1 「翔んで埼玉」とコラボした選挙啓発 (1)キャラクターが投票を呼び掛けるポスター・動画等 「翔んで埼玉」の登場キャラクターを起用したポスターを駅や公共施設等で掲出します。 同じく登場キャラクターを使用した動画は、15秒版をテレビ埼玉、電車内・駅構内のデジタルサイネージ、映画館等で、30秒版は選挙管理委員会SNS(ツイッター・フェイスブック)などで公開します。 是非ご覧ください! (2)「翔んで埼玉」のキャラクターがつぶやく選管SNS 「翔んで埼玉」のキャラクターが登場し、選挙管理委員会SNS(ツイッター・フェイスブック)上で投票の呼び掛けや選挙に関する情報を発信します。 投稿内容は、選挙啓発に協力する大学生ボランティア「選挙カレッジ生」と協力して作成したものです。 (3)YouTube及びSNS広告の実施 「翔んで埼玉」のデザインを活用し、若年層の視聴者を対象とした「YouTube広告」や「SNS(ツイッター・インスタグラム)」広告を実施します。 2 「塩飴」で塩分とって選挙に行こう! 真夏の選挙であることを踏まえ、選挙カレッジのメンバーと協力し、デザインした選挙啓発用のオリジナル塩飴を作成しました。 デザインはカラフルに全6種、街頭啓発等で配布を行います。 なお、製造過程は選挙管理委員会SNSでも公開予定です。 3 高校生が作成した標語のさいたまスーパーアリーナへの掲揚 県内の高校生を対象に「埼玉県知事選挙啓発標語コンクール」を実施した結果、県立ふじみ野高等学校3年井上源太さんの標語を最優秀作品として決定いたしました。 作品は同校教諭に揮毫していただき、横断幕としてさいたまスーパーアリーナの電車内から見える位置に告示日から掲揚します。 4 選挙カレッジ生による街頭啓発 選挙カレッジ生による街頭啓発活動を次の日程で行います。 なお、当日は、オリジナル塩飴、ウェットティッシュ及び投票用紙をリサイクルした「翔んで埼玉」デザインのうちわなどの啓発物資を配布し、投票を呼び掛けます。 5 その他 啓発事業計画の一覧はのとおりです。

次の

「翔んで埼玉」再び起用 参院補選、投票率アップへ

埼玉 県 知事 選挙 ポスター

白岡駅に掲示されている埼玉県知事選挙のポスター(2019年8月6日、Jタウンネット撮影)• 2019年8月25日に投開票が行われる埼玉県知事選挙。 その選挙ポスターが県民に衝撃を与えている。 まずはそのポスターをご覧いただこう。 ご覧の通り、2月に映画が公開され大ヒットを飛ばした「翔んで埼玉」とコラボしたのだ。 よりによってなぜ... 「翔んで埼玉」といえば、埼玉県民がひたすら虐げられる様を面白おかしく描いた怪作。 よりにもよって虐げられる側である埼玉県のトップを選ぶ選挙ポスターに起用されるとは——。 選挙と結びつかないような派手なカラーリングと文字。 そして、作品の主要キャラ・白鵬堂百美のこちら。 「埼玉県民には... !投票に行かせておけ!!」 草でも食わせておけと言っていた狂気はどこへ行ったのか。 威勢はそのままに至極真っ当な台詞に置き換えられている。 原作の奇抜さを活かしたポスターはツイッター上で、 「埼玉県の選挙ポスターは毎回これでいいと思う」 「翔んで埼玉県知事選挙www」 「翔んで埼玉に選挙のシーンあったっけ?と思いそうですが本物の埼玉県知事選挙のポスター」 など目撃した県民からの評判は上々(?)といったところだ。 ちなみに前回15年の県知事選挙のポスターは鴻巣出身タレント・照英さんが起用されたが、インパクトと注目度においては翔んで埼玉が1枚上と言えそうだ。 しかし、これは埼玉県民がひたすら虐げられる作品——。 ブームになったとはいえ、大真面目な選挙のポスターに起用された理由が気になる。 そこで19年8月6日、Jタウンネット編集部は埼玉県選挙管理委員会の担当者に話を聞いた。 起用についてはコンペを経て選出されたという。 「どれもすばらしい作品だったのですが... 」と担当者は話したが、 「埼玉を思わせる、連想させるそして感心を高める。 若者に対するアピール」 が審査基準の1つにあり、この点に優れていたのが採用された「翔んで埼玉」のポスターだった。 大変恐縮だが、この基準に前回の照英さんは当てはまらない気がする。 知事選で翔んで埼玉は「統一キャラクター」として、ポスターだけでなくチラシなどにも登場する。 「どこに貼ってあるかといった問い合わせもあります」 と担当者。 ポスターは駅との調整などの関係で早いものでは7月30日から掲示が始まっているが、場所によってばらつきがある。 また、県の機関や市町村役場については納品ができ次第、掲示されるようだ。

次の

まさかの「翔んで埼玉」コラボ 埼玉県知事選ポスターがインパクトしかない

埼玉 県 知事 選挙 ポスター

埼玉を徹底的にこき下ろした人気漫画「翔んで埼玉」を起用した埼玉県知事選(25日投開票)の投票啓発ポスターや動画が話題を呼んでいる。 映画も大ヒットした翔んで埼玉効果にあやかったコラボ作戦で低迷する知事選投票率はアップするか-。 (黄金崎元) 県選挙管理委員会は若年層を中心に投票を呼びかける狙いで、翔んで埼玉を起用したポスター8500枚、チラシ7万6千枚を用意し、先月末から貼り出している。 翔んで埼玉のキャラクターを起用した動画もつくった。 「海はない。 空港もない。 だが、選挙権はある!」「無関心は、ださいたま!」など自虐的な内容が満載。 県内を走る電車のモニターのほか、知事選特設ページなどで啓発動画を公開している。 コラボ作戦についてツイッター上では「この案を採用した県選管に1票」「選管、攻めてるな」とのコメントが投稿されるなど好評のようだ。 県選管がここまで力を入れるのは、過去3回の知事選の投票率が20%台と低迷しているからだ。 特に平成23年は24・89%と過去最低を記録した。 統一地方選の枠組みで実施していたり、選挙構図が違っていたりして単純比較はできないが、神奈川、千葉両県の知事選に比べても埼玉は低い。 県選管の調査によると、低投票率の背景には、県政への関心の低さや転入者が多く地域への愛着の薄さなどがあると分析している。

次の