インスタ ストーリー ハッシュ タグ。 【いいね!がくるハッシュタグ】インスタ映えよりも『タグ映え』を狙え!

【SNSマーケティング】インスタのストーリーが見られない?!見てもらう方法

インスタ ストーリー ハッシュ タグ

(ハッシュタグ)とは ハッシュ タグとは、Instagramで投稿する時に、 テキスト部分に入力する「 」のことを指します。 ハッシュ タグはInstagramだけで利用されているものではなく、 TwitterやFacebookなどの他のSNSでも利用されているものです。 ハッシュ タグの役割は投稿内容を表したり、 ユーザー自身の好きなものや趣味を表現したりと個人により異なります。 Instagramでは、共通の趣味・話題をもつ人を探したり、新作商品やサービスのレビューを探すための検索ツールとしても、ハッシュ タグが活用されています。 Instagram(インスタグラム )はハッシュタグが決め手 広告メディア事業を展開する株式会社サイバー・バズが2016年に発表した「ハッシュ タグ検索と購買行動の関係性」の調査によると、Instagramを利用している女性 ユーザーの約6割がハッシュ タグ検索を利用していると回答しています。 さらに、ハッシュ タグ検索を使用している女性 ユーザーの4割がハッシュ タグ検索から商品・サービス購入をしたことがあると回答しています。 ハッシュ タグ検索は ユーザーの購買行動に影響していると言えそうです。 参考: ハッシュタグをフォローする機能もある Instagramには、ハッシュ タグ自体をフォローする機能もあります。 アカウントをフォローするのではなく、ハッシュ タグをフォローして関連情報を集めている ユーザーもいるのです。 つまり、ハッシュ タグを利用すれば、企業 アカウントがフォローされていなくても、 ユーザーにリーチできる可能性があります。 企業のInstagram運用において、ハッシュ タグが重要な役割を担っていると言えるでしょう。 ハッシュタグの付け方 ハッシュ タグの利用方法は、とても簡単です。 Instagramで テキストを入力する際に、「 〇〇」と入力し、通常通り投稿するだけで完了します。 複数のハッシュ タグを入力したい場合は、ハッシュ タグとハッシュ タグの間に半角スペースを開ける、もしくは改行するようにしてください。 また、ハッシュ タグの記号( )は全角ではなく、半角である点にも注意してください。 効果的なハッシュタグの活用方法 Instagramをビジネスに活用する際、ハッシュ タグを利用しない手はありません。 とはいえ、Instagram マーケティングを始めたばかりの担当者は、どのようにハッシュ タグをつけるべきか悩んでしまうのではないのでしょうか。 ここでは、Instagramをビジネス活用する際に、効果的なハッシュ タグの付け方と、ハッシュ タグを活用している企業 アカウントを紹介します。 Instagram運用の参考にしてみましょう。 ハッシュタグは10個以上つける Instagramでは、1回の投稿で最大30個までのハッシュ タグをつけられます。 多くの ユーザーへリーチするためには、できるだけ多くのハッシュ タグをつけたほうが良いでしょう。 とはいえ、闇雲に無関係なハッシュ タグを付けても効果はありません。 自社商品と関連のあるハッシュ タグを探して付けるようにしてください。 人気のあるハッシュ タグを調査できるツールもあるので、活用してみましょう。 参考: 2. ミドルワード・スモールワードのハッシュタグも抑える ハッシュ タグには、多くの ユーザーに投稿されている ビッグワード、そこそこ投稿されている ミドルワード、投稿数の少ないスモールワードがあります。 例えば、カフェ関連のハッシュ タグがあれば、ハッシュ タグの投稿件数は以下の順になるでしょう。 ビッグワードは多くの ユーザーに利用されているハッシュ タグです。 しかし、業界全体を表すようなハッシュ タグが多く具体性に欠けています。 上記の場合だと、「カフェ好き ユーザー」にリーチはできても、「新宿でカフェを探している ユーザー」や「そのカフェが気になっている ユーザー」にはリーチできません。 一方、 ミドルワード・スモールワードは、より具体的なハッシュ タグとなるため、その情報に関心のある ユーザーが検索している可能性が高いハッシュ タグと考えられます。 ビッグワードのハッシュ タグより投稿数は少なくても、ブランド名や商品名、店名などの ミドルワード・スモールワードのハッシュ タグも忘れずに押さえておくようにしましょう。 ビッグワードのハッシュタグで「人気投稿」掲載は難しい? Instagramで投稿されたハッシュ タグをタップ、もしくは タグ検索からハッシュ タグを検索すると、そのハッシュ タグに投稿されている画像や動画が確認できます。 投稿一覧には、まず「人気投稿」が表示され、右側のタブに切り替えると最近の投稿一覧が表示される仕組みです。 人気投稿は ユーザーが1番始めに目にする投稿なので、ここに表示されれば投稿を閲覧してもらえる可能性が高くなります。 Instagramでは、人気投稿の掲載基準を公開していません。 しかし、 エンゲージメント率が高い投稿やフォロワー数の多い アカウントが人気投稿に掲載されやすいのではと言われています。 投稿数の多い ビッグワードのハッシュ タグでは、人気投稿に掲載されるのが難しいと言えるでしょう。 また、投稿が多いためにすぐに投稿が流れてしまいます。 人気投稿への掲載を狙う意味でも、 ミドルワード・スモールワードのハッシュ タグを付けることが重要です。 参考: ハッシュタグの選び方 ユーザーにリーチできるハッシュ タグはどのように探したら良いのでしょうか。 効果的なハッシュ タグの選び方を紹介します。 タグ検索を利用する Instagramの タグ検索機能を利用して、ハッシュ タグを探してみましょう。 タグ検索窓の「上位 検索結果」からキーワードを検索すると、関連のあるハッシュ タグとその投稿件数が表示されます。 これらの情報を参考に、ハッシュ タグを選んでみると良いでしょう。 また、アルファベットの商品やブランドの場合は、スペルミスの単語も投稿数が多いこともあります。 投稿件数が多い場合は、正式名称ではないハッシュ タグを入れておくのもひとつの手段です。 コミュニティに強いハッシュタグを利用する 「 〇〇部」「 〇〇好きと繋がりたい」「 〇〇女 ジョ 」など、特定のテーマに関心がある ユーザーに使われている人気ハッシュ タグを探してみましょう。 これらのハッシュ タグは共通の趣味・商品・サービスに対して関心が強く、積極的にコミュニケーションを取りたいと考える ユーザーが使用しているハッシュ タグです。 旅行、ファッション、美容、フードなど、自社と相性の良いコミュニティのハッシュ タグを探してみましょう。 インフルエンサーと同じハッシュタグを使う 自社がターゲットとする ユーザーに支持されているインフルエンサーと同じハッシュ タグを使ってみましょう。 Instagramでは、投稿されたハッシュ タグをタップすると、そのハッシュ タグの投稿一覧が確認できます。 インフルエンサーと同じハッシュ タグを使用すれば、インフルエンサーの投稿から自社の投稿へ ユーザーが流れてくることを期待できます。 フォロワー数が多いだけではなく、自社ターゲットと同じファン層を持つインフルエンサーを探してハッシュ タグを真似てみると良いでしょう。 ハッシュタグを利用したハッシュタグキャンペーン戦略 ハッシュタグキャンペーンとは ハッシュ タグは検索流入を増やす効果があるだけでなく、ハッシュ タグを利用した キャンペーン戦略にも利用できます。 ハッシュ タグ キャンペーンとは、SNS キャンペーンの1つで、インス タグラムや Twitter内で「 ハッシュ タグ」を利用した キャンペーンを開催することです。 従来の キャンペーンの場合、応募側はハガキなどで応募するため、閉鎖的な仕組みとなっていました。 キャンペーン応募者は、企業が指定したハッシュ タグを添えて画像を投稿することで キャンペーンへの応募が完了。 企業側は、 キャンペーンにあった「 ハッシュ タグ」と投稿画像内容を指定することで、 ユーザーを活用した「宣伝」、「ブランディング」が期待できます。 応募者の中から抽選で、ギフト券が当たる キャンペーンです。 フォローを必須にすることで今後も応募 ユーザーへ自社の宣伝がリーチしやすくなります。 また、今回のモスバーガーの キャンペーンは、購入した商品写真を載せる必要があるため、商品の購入にもつながる キャンペーンです。 「ハッシュタグキャンペーン」戦略成功のコツ 企業は キャンペーンを開催するだけでなく、この キャンペーンを通して認知度や、ファンの増加を狙う必要があるのです。 以下では、ハッシュ タグ キャンペーンを成功させるためのコツを紹介します。 応募者が投稿したくなる内容にする キャンペーンはそもそも応募したくなる仕組みを作る必要があります。 インス タグラムは、他のSNSと比べて写真映えする見た目でないと、 ユーザーは投稿したいと思いません。 また、SNSの強みは気軽に投稿できる点です。 応募方法が複雑だったり、写真を撮影するのに手間がかかるような内容だと、 ユーザーの投稿意欲は下がり、必然的に応募率も下がってしまう恐れがあります。 キャンペーンの認知度を上げる ハッシュ タグ キャンペーンだけに当てはまることではないですが、 キャンペーンを開催したとしても、 ユーザーに気づいてもらえないと応募率も下がってしまいます。 そのため、プレスリリースや、オウンドメディアなどの様々な告知方法を利用することで、少しでも多くの ユーザーに認知してもらう必要があります。 賞品内容を工夫する ハッシュ タグ キャンペーンをより効果的にするには、当選者への賞品内容を工夫する必要があります。 プレゼント内容は自社の製品など、単発的に終わらない内容にすることで、応募者やファンが キャンペーンを通して自社の コンテンツと関わったり、当選賞品をきっかけに、自社の魅力を再認識してもらうことが期待できます。 ハッシュタグを利用して流入を増やそう Instagramでは、 アカウントがフォローされていなくてもハッシュ タグ経由の流入が見込めます。 Instagramを マーケティング活用する鍵はハッシュ タグであると言っても過言ではありません。 企業でInstagramを運用するときは、 タグ検索を活用して効果的なハッシュ タグを探すように心がけましょう。 また、投稿件数の多い ビッグワードのハッシュ タグのみならず、 ミドルワード、スモールワードのハッシュ タグもつけるように意識してみてください。 また、ferretでは企業のInstagram運用について学べる、無料のWeb マーケティング講座を用意しています。 Instagramの運用担当者の方は、ぜひご確認ください。 おすすめ: もっとInstagram(インスタグラム )を活用しよう タグ タグとは、原義では「モノを分類するために付ける小さな札」のことです。 英語の「tag」を意味するものであり、荷札、付箋といった意味を持っています。 特にインターネットに関する用語としてのタグは、本文以外の情報を付与するときに用いられます。

次の

インスタストーリー機能9選: ストーリー作成に役立つ情報まとめ

インスタ ストーリー ハッシュ タグ

インスタでリーチ数を増やす方法とは?ハッシュタグだけじゃない重要なポイント! インスタグラムで、リーチ数を増やす方法で、 他の記事を見てみると、殆どがハッシュタグが大事だよ!! と言う記事が多く見られますね!! 確かに、リーチを増やすことで、タグる人をターゲットにして、 投稿に関連性のある、ハッシュタグをつけることは、 絶対に外せない 部分でもあります。 ですが、爆発的にリーチ数を上げる部分で、ハッシュタグ以外に 重要なポイントがもう一つあります。 それは、ブックマークボタンです。 ブックマークボタンは、お気に入り的な役割を示していて、 これが多ければ多いほど、ハッシュタグ検索した時に、 投稿が上位に上がる確率が高くなります。 上位に上がるという事は、タグッた人に、より目に触れる機会が増えるということが 言えますね!! 僕はブログをやっていることもあり、上位表示的な知識を何となく 感覚で掴んでいるんですが、今回、 その証明が出来るような結果が出た 投稿があります。 しかし、殆どの場合、ハッシュタグだけならば、勢いで リーチが10,000を超えるということはあります。 が、この投稿は、24時間近くたった時に、再度、確認してみると… スポンサーリンク 上記の様に、リーチ数は1. 更に、ブックマーク数は、+20増えているんです。 時間が経てば、タグ順位も落ちていくと考えられるので、 投稿から6時間も経てば、あまり伸びない傾向が強い中、 この投稿については、24時間以上伸びつつけた。 というのは、時間を経過しても、ブックマークを押される度に、 検索順位が上がったりしているのではないか、ということが 言えるということなのです。 殆どの場合は、インスタのリーチに関係してくるのは、ハッシュタグ。 コレも間違いありません。 インスタで、ブックマークを増やす工夫をした! この投稿に関しては、ブックマークを増やす工夫をしてみたんです。 まずは、日頃からインスタで、コメントなどもやり取りするような方々への お願い的な部分ですよね!! それを、画像で作ったのです。 と、言う様に、こうした事がインスタのリーチ数をフォロワーが たったの2,700人しかいない状態で、20,000以上のリーチ数を 稼げた、手順です。 まとめ インスタのリーチを上げる方法として、ハッシュタグは間違いなく 関係していることも理解して頂けたと思いますが、 ブックマーク数も着目してみると更に、面白い結果が出たりします。 また、この投稿で、ブックマークやプロフィールまではつながっているのに、 この投稿で、フォロワーが増えていないという事は、.

次の

【オシャレに決める!】インスタのストーリーでハッシュタグを付ける意味

インスタ ストーリー ハッシュ タグ

「Instagram Stories(インスタグラム ストーリー)」ってどんなもの? まずは、「Instagram Stories(インスタグラム ストーリー)」の基本的な機能について見ていきましょう。 そもそも、インスタグラム ストーリーって何? Instagram Stories(以下、インスタグラム ストーリー)は、2016年11月に発表された比較的新しい機能です。 2017年12月時点で、リリースされてわずか1年ほどですが、毎日2億5,000万人以上ものユーザーが利用していると言われています。 インスタグラムストーリーの特徴 インスタグラム ストーリーには、以下のような機能面の特徴があります。 ・動画や写真をスマートフォンの縦型全画面で投稿することができる ・動画や写真のうえに自由にテキストや絵文字を乗せて投稿できる ・投稿された動画や写真は通常投稿とは別フィードで表示される ・投稿された動画や写真は投稿後の24時間で消える ・投稿された動画や写真へのコメントができる ・動画を見たアカウントの情報が履歴で残る(閲覧者の足跡が残る) もっとも大きな特徴としては、「投稿された動画や写真が24時間で消える」という点でしょう。 そのため、ユーザー間ではインスタグラムを通じた日常のコミュニケーションの延長で利用されています。 一方、企業アカウントであれば、ユーザーとのコミュニケーションの手段として以外にも、「24時間限定キャンペーン」に利用するなど、短期間でのSNSブランディング・集客・販促にも活用することができるでしょう。 ビジネス活用に向いているインスタグラム ストーリーの使い方とは インスタグラム ストーリーには、ビジネス利用に向いている機能もあります。 企業のSNSブランディング・集客・販促でインスタグラム ストーリーを運用しているSNS担当者は、ぜひ以下の機能をハッシュタグキャンペーンなどにも応用してみてください。 ハッシュタグ機能 通常投稿と同様に、「 」と特定のキーワードを組み合わせたテキストを付けて投稿することによって、ハッシュタグ投稿としても機能します。 投稿を特定のキーワードに関連付けてSNSブランディング・集客・販促に利用することが可能です。 アンケート機能 ユーザーにたいして、2択の質問をすることができるアンケート機能もあります。 回答は「はい」「いいえ」の二つがデフォルトですが、全角8文字、半角20文字までで自由に変更が可能となっています。 商品の評判を調査したり、2択のクイズ形式でキャンペーンに応用したりする方法も考えられます。 「もっと見る」リンク機能 企業アカウントの場合、インスタグラム ストーリーの投稿画面の下部に「もっと見る」というリンクを設置することができます。 これによって、CTA(コール トゥ アクション)を手軽に設置できるため、SNS経由でのキャンペーンページなどへのユーザー誘導にも活用することができます。 インスタグラム ストーリーの企業での最新活用事例とは? それでは、インスタグラム ストーリーをSNSブランディング・集客・販促に利用している企業の最新活用事例を見ていきましょう。 DIESEL(ディーゼル)のインスタグラム ストーリー活用事例 参考: 人気ファッションブランドの「DIESEL(ディーゼル)」は、日本時間の2017年12月29日に「DID YOU SAY NO TO UNCOOL WOOL?(ダサいニットにNOと言いましたか?)」というアンケートを、インスタグラム ストーリーに投稿しました。 ユニークなのは、アンケート選択肢のどちらも「YES」となっている点です。 なお、「もっと見る」リンクからはDIESEL公式オンラインストアへ、ユーザーを誘導するような仕組みになっています。 このインスタグラム ストーリー投稿は、DIESELが2017年11月23日〜12月25日の期間中に開催した「SAY NO TO UNCOOL WOOL(ダサいニットにNOと言おう)」キャンペーンの一環で、キャンペーン期間終了後のユーザーの反響を見るために利用されています。 参考: なお、アンケートはどちらも「YES」が選択肢となっていることから、2択のアンケートというよりも、キャンペーンに参加したユーザーの母数をチェックする意味合いがあるのではないかと思われます。 まとめ 今回紹介してきたとおり、インスタグラム ストーリー機能は、企業のSNSブランディング・集客・販促でビジネス活用できる効果的な手段ですので、企業のSNS運用担当者の方は活用方法を考えてみましょう。 インスタグラム ストーリー機能をハッシュタグキャンペーンなどに応用する場合には、ハッシュタグキャンペーンツールなどを活用するとキャンペーンの分析が出来るので、効果検証が容易になるので活用を検討しても良いのでは?.

次の