こめかみ の 上 痛い。 右側の頭痛の原因は?右前・こめかみ・右後ろで考えられる症状

右側の頭痛の原因は?右前・こめかみ・右後ろで考えられる症状

こめかみ の 上 痛い

左のこめかみが痛い4つの原因 左のこめかみが痛い場合に考えられる病気は• 偏頭痛• 群発頭痛• 脳梗塞、脳出血などの脳の病気• 上部頸椎からくる痛み を挙げることができます。 4つの病気の可能性を指摘しましたが、自分がどれにあたるのかどうしたらわかるのでしょうか?どんな判断材料があるのでしょうか?それぞれについて詳しく見ていきましょう! 偏頭痛 もしその頭痛に吐き気を伴うようであれば、また、ズキズキと脈打つような痛みであれば「偏頭痛」と考えられます。 偏頭痛は片頭痛とも呼ばれていて、左右のどちらかに偏った頭痛が起こります。 偏頭痛により頭のどの位置に痛みを生じるかは、人それぞれですが、こめかみのあたりに痛みを感じてしまう方も多いようです。 ストレス、疲労、睡眠不足、食生活の乱れが原因で起こります。 頻度は月に1回とか週に1回など人によってさまざまですが、このタイプの頭痛が起こります。 対処法としては、これらの原因を改善できるように努力することが一番です。 特に ストレスを解消するように意識するといいでしょう。 ストレスを解消するためには、ひとりの時間をつくり休息をとったり、日々の睡眠時間をしっかり確保するのが効果的です。 群発頭痛 次の可能性ですが「群発頭痛」です。 患者数が少ないタイプの頭痛です。 特徴としてはこめかみの痛みに加えて、目の奥がズキズキするような痛みを伴います。 季節の変わり目に多く、20代~40代の男性に多く見られます。 飲酒や喫煙、気圧の変化によって引き起こされることが多いです。 偏頭痛では主に「ストレス」が原因だったのに対し、群発頭痛の場合は、個々人の 「体質」によるところが大きいです。 生活習慣が悪いと、このような群発頭痛を引き起こす体質になりやすいので、日々の習慣を見直さなければなりません。 特に、喫煙や飲酒を控えることが群発頭痛改善への大きな一歩となるでしょう! 脳梗塞や脳出血などの脳の病気 「脳梗塞や脳出血などの脳の病気」に関しては、激しい痛み、締め付けられるような痛み、手足などのしびれ、けいれんが伴います。 高血圧の方、糖尿病の方は特に注意してください。 脳で起こる病気のうち、くも膜下出血という重大な病気に特に注意しなければなりません。 上部頸椎の歪みに由来していますので整体院に行って専門家の力を借りるといいでしょう。 興味深いのは、こうした上部頸椎の歪みは、歪みを矯正してしまうと、すぐに痛みが消えることがあるということです。 まとめ 最初の3つの病気、偏頭痛、群発頭痛、脳梗塞、脳出血などの脳の病気は、生活習慣がある程度関係しています。 偏頭痛は規則正しい生活をして、睡眠時間を確保して疲れをため込まないようにしたり、趣味に興じる時間をつくってストレスに負けない精神力を身に着けることで予防できます。 群発頭痛に関しては、飲酒や喫煙が主な原因ですから、禁酒、禁煙を始めてみるのはいかがでしょうか? 脳梗塞や脳出血は恐ろしい病気です。 すでに高血圧とか糖尿病と診断されている方は真剣に取り組む必要があります。 規則正しい生活を送り、食生活も健全なものにする必要があります。 運動も欠かせません。 上部頸椎の歪みは、なってしまったら仕方ありません。 整体院に行きましょう。 整体師さんの指導に従いましょう。 普段から、正しい姿勢を保つことも大切です。 前頭葉のあたりでの頭痛もする方はこちらも参考にするといいでしょう。

次の

こめかみのツボを押すと痛い?!どんなツボでどんな効果があるのか!

こめかみ の 上 痛い

頭痛で左のこめかみが痛くなる原因 考えられる原因は以下の通りです。 心当たりのある原因をクリックしていただくと、詳細を確認できます。 慢性頭痛には、このようにいろいろな原因があります。 また、片頭痛は「片」という漢字を使っていますが、頭の両側が痛くなることもあります。 頭痛の症状以外にも、さらに特徴的な症状があらわれたら、別の病気である可能性もあります。 頭痛で左のこめかみが痛い時、頭痛以外に考えられる病気 頭痛で左のこめかみが痛い時、可能性は低いのですが、慢性頭痛以外にも以下のような病気が考えられます。 側頭動脈炎 側頭部の動脈が炎症を起こす病気です。 こめかみが痛いという症状のほか、 発熱や 食欲不振、 体重減少の症状があらわれます。 また、 高齢者に多くみられる病気です。 重症化すると、失明する危険があります。 脳内出血 何らかの原因で脳の血管が破れて、脳内で出血する病気です。 出血箇所によっては左のこめかみが痛くなることもあります。 このほか、 吐き気、嘔吐、めまい、言語障害、手足のしびれ、マヒ、意識障害、こん睡などの症状があらわれることがあります。 特に、 高血圧の人に良くみられる病気です。 脳梗塞では、脳の血流が途絶えることで、脳の一部に障害が残ります。 詰まった場所によって、左のこめかみが痛くなることがあります。 このほかにも 吐き気、嘔吐、めまい、言語障害、手足のしびれ、マヒなどが起こります。 また、頭痛持ちの人は将来脳梗塞になりやすいという研究データも発表されています。 頭痛で左のこめかみが痛い時の対処法 今発生している痛みを取り除くには、頭痛薬を飲んで安静にすることが一番効果的です。 左のこめかみを押すとどうなる? 左のこめかみを指で押すと、一瞬痛みがなくなるような感じがしますが、痛みよりも指でこめかみを押す刺激に意識が向いているだけで、頭痛がなくなったわけではありません。 指を離すと、また痛みだします。 また、指で強くこめかみを押す行為は、脳の血管を傷つけてしまう恐れがありますので、オススメできません。 頭痛の発生自体を抑えるには? 左のこめかみが痛いといった慢性頭痛は、治せる病気でもあります。 私自身、慢性頭痛でしたが食生活に気をつけることで、頭痛の解消に成功しました。

次の

こめかみが痛い:

こめかみ の 上 痛い

こめかみの痛みの原因と対策! こめかみの痛み… 痛みが出てくると結構気持ち悪いと思いますし、 つらいですよね… 中にはなかなか原因が分からない人も いるかと思いますし、 日常的にそういった痛みに悩まされている!という人も いるのではないでしょうか。 中には、上でも少し書いたように、危険な病気が 原因となっている可能性もありますから そういったことには最大限注意をしておき、 必要であれば治療を行うことが大事になります。 「原因を突き止めて」「対処する」 これが、大事なポイントになってくるわけですね。 では考えられる原因と対処法を それぞれ見て行きましょう。 ストレスが原因 まず最初に考えられる原因は、ストレスです。 ストレスは、こめかみの痛みだけではなく、 人間のあらゆる部分に影響を及ぼすものであり、 言うならば完全に「毒」のような存在です。 ストレスでこめかみの痛みや頭痛が発生することも 当然あり、場合によっては持続するような痛みや 締め付けられるような痛みに襲われてしまう ようなことも実際にあることです。 自分自身で、最近ストレスを溜めこんだりしていないかどうか、 精神的に不安定になっていないかどうかを よく考えて、もし思い当たる部分があるのであれば 取り除けるのであれば、そのストレスを取り除く、 ということが大切になります。 が、どうしても取り除くことのできないストレスも あると思いますから、そういった場合は、 症状があまりにも酷い場合、脳神経外科で相談をしたり (ストレスをためている場合でも、他の原因である可能性もあります) 精神的に不安定になってしまっているのであれば 心療内科などに相談してみることも 場合によっては必要になってくるかもしれません。 スポンサーリンク 睡眠不足・疲労 これもこめかみの痛みだけに限ったものではありませんが 睡眠不足や疲労が原因になっている可能性も 充分に考えられます。 自分の生活を見直してみて 睡眠時間が短くなっていないかどうかなどを しっかりと確認していく、ということは 大事なポイントになるのではないかと思います。 睡眠時間が短くなっている場合は、 自分の出来る範囲内で睡眠時間を長くすること、 それすらも厳しいのであれば、 なるべく自分が疲れないような生活を 送ることが大切になります。 肩こりが原因のもの 肩こりからこめかみの痛みが発生する 可能性もあります。 肩こりが原因の場合は、 まず肩こりの方をどうにかしなくてはいけませんが なかなか根本的に治す、というのが 難しいのが肩こりです。 慢性的に肩こりの症状が出ていて こめかみが痛い場合に関しては その肩こりが原因である可能性は高いと言えますね。 肩を動かしたりして血流をよくする工夫をしたり 肩こりが酷い場合は整体などを利用 してみるのも一つの方法です 目の疲れが原因のもの 目の疲れが原因となって、痛みが 出てくるようなケースもあります。 この場合は、こめかみが痛いのは確かですが 原因そのものは「目」にあるということになりますね。 パソコンやスマートフォンなどで目を酷使している場合は なるべく使用時間を減らすなどして、 目を酷使しないように、工夫していきましょう。 仕事の都合などで、どうしてもどうにもならない! という場合に関しては、 疲れ目対策の目薬を使うなりしながら なるべく目線が一点に集中しないようにしたり 瞬きを意識的にするようにしたりして、 こめかみと目への負担を少なくするようにしましょう。 スポンサーリンク 病気が原因の場合 ここまでは日常的なものが原因に なっているものをご紹介しましたが、 やはり、こめかみの痛みが病気が原因で 出ている可能性もあります。 こめかみに痛みを生じる病気はたくさんありますが、 その中でも特に緊急性の高いものについては すぐにでも病院に行かなくてはいけません。 まずは、風邪。 これは別に必要以上に心配する必要はありませんが 風邪が原因で、身体の関節の痛みや頭痛、 こめかみにも痛みが出る場合があります。 インフルエンザの場合も、これは同様ですね。 これらに関しては、その治療が優先です。 痛みが酷い場合は消炎鎮痛解熱剤などを利用 しながら風邪やインフルの治療をしていきます。 次に「帯状疱疹」 これも、こめかみに痛みが出ることがあるほか、 副鼻腔炎などでも痛みが出ることがあります。 これらもそれぞれの治療が必要になります。 そして、ここから先は、 こめかみの痛みが出ている原因としては 最も危険な部類のものになり 適切に処置しないと、最悪の結果を 招く可能性のある項目になります。 「脳」と「目」 この2つにこめかみの痛みを伴う可能性のある 怖い病気があります。 まず、目。 「急性緑内障発作」という病気があり 急激な眼圧上昇などにより発作を起こす状態です。 放置すれば、失明の可能性があり、 ただちに眼科の受診が必要です。 症状はこめかみの痛みのほか、嘔吐、吐き気、 虹色の輪が見える、霧がかかったように見える、 視力の低下、などになります。 これは大変危険な状態なので、早めに病院を受診しましょう。 命に関わることではないですが、 失明の危険があります。 次に、脳。 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳炎… それらの病気でこめかみに痛みが出ることもあります。 非常に激しい痛みである場合もありますね。 他に吐き気、嘔吐、めまい、ふらつき、言語障害、 しびれ、上手く話せない、意識障害、けいれん、 片側だけしびれているなどの症状が出る場合があります。 これらは全て、治療が遅れると命に関わります。 すぐに病院を受診して下さい。 今すぐに病院へ! こめかみの痛みで、今すぐ病院に行くべきポイントとしては ・非常に激しい痛みが出ている ・吐き気やおう吐、言語障害、ふらつき、めまいなどを伴っている ・視力の低下など、目の症状も出ている。 上で紹介したような脳の病気だった場合や、 急性緑内障発作が起きている場合、 命に関わったり、失明したりと 最悪の結果を招いてしまう可能性があるために 注意しなくてはならないのです。 ただ単にこめかみが少し痛い…ぐらいであれば しばらく様子を見てみても良いかとは思いますが 上のような場合は様子見などと言っていないで 早めに病院を受診するようにしましょう。 まとめ こめかみの痛みには上記のような 原因が考えられます。 最終的な原因については 病院で調べない限りはっきりと させることはできませんが 自分に思い当たる部分があるのであれば その部分を取り除くことができるように 色々と努力をしてみることも大切になります。 命に関わるようなケースは稀ではありますが それでも、上に書いたようなことが原因に なっている可能性も否定はできませんから、 怪しいな、と思ったら病院に行きましょう。

次の