オム ジョンファ。 オムジョンファ整形しすぎて顔面崩壊?結婚観と過去の熱愛彼氏紹介!

魔女の恋愛に出演したオム・ジョンファはおばさんなの?賛否両論

オム ジョンファ

パン・ジヨン() 39歳、スキャンダル専門誌「トラブルメーカー」のチーフ。 正義感が強く負けず嫌い、編集部内では「魔女」と呼ばれている。 結婚式当日に婚約者が現れず失踪してしまったことで、深く傷ついた過去を持つ。 ユン・ドンハ(パク・ソジュン) 25歳、お金持ちの親友と「バイトの達人」を運営、便利屋として働いている。 優しくて弱い者いじめが大嫌い。 実は医大生で病院経営の父と確執があり、休学中。 ノ・シフン(ハン・ジェソク) 失踪したジヨンの元婚約者、世界的な戦場カメラマン。 結婚式を目前に海外へ旅立ったまま、6年間消息を絶つ。 ヨン・スチョル(ユン・ヒョンミン) ドンハの親友、裕福でプレイボーイだが純情で性格は良い。 ジヨンと同じマンションの向かいに住んでいる。 魔女の恋愛・あらすじ パン・ジヨン(オムジョンファ)39歳、独身。 スクープに命を懸ける敏腕雑誌記者で、編集部内では 魔女と呼ばれる嫌われ者。 ある日、国民的俳優の不倫疑惑を追う最中、アルバイト中の若者、 ユン・ドンハ(パクソジュン)と出会う。 仕事のためなら手段を選ばないジヨンの身勝手な行動により、バイト代がもらえず家賃が払えなくなくなったドンハは部屋を追い出されてしまい、親友 スチョルの部屋に身を寄せる。 最悪の出会いから始まった二人は偶然隣人となり、またあることから編集部で一緒に働くことに。 そして、さらにはまさかの同居へと発展する。 amazon. そこへジヨンの元婚約者 ノ・シフンが現れる。 結婚式当日に姿を現さず、6年間音信不通だったシフン。 復縁を迫るシフンに心揺れるジヨン… 魔女の恋愛・みどころ 元カレvs年下のカレ、14歳差に悩む魔女 序盤、スクープのためなら手段を選ばないパン・ジヨンの魔女っぷりが目立ちますが、中盤からは元カレと年下のカレの間で揺れるジヨンに深く共感! 年下のカレ、ドンハは、見た目も性格も完璧な上に、実は病院経営の父を持つ医大生。 方や、元カレのシフンは、学生時代の同期がこぞって憧れた先輩で、世界的に有名なカメラマン。 どちらもタイプは違えどイケメンでハイスペック、欠点が見当たらない… この二人の間で揺れないわけがありません!どっちも素敵!選べないw しかし、訳も分からず6年もひとり取り残されたジヨンは、戻ってきた元カレと一旦は寄りを戻します。 納得して終わっていないのでね、とても分かります。 共感ポイントですね。 naver. amazon. オムジョンファのメイクやファッションがイタイ、パクソジュンとは親子にしか見えない。 など、酷評も多い韓国版のこの作品ですが、個人的にはオムジョンファが好きなので、結構楽しく観ることができました。 お直しされているとはいえ、やはり美人ですし、スタイルも相変わらずいいですよね。 amazon. しかしとにかく声が大きくて押し出しが強いので、やっぱり私にはちょっとしんどいオンマですw(ヤン・ヒギョンさんは嫌いじゃありません!) ジヨンの親友 ナレ(ラ ミラン)、ドンハの親友 スチョル(ユンヒョンミン)の存在もそれぞれ重要で、この二人が本当にいい仕事してます! スチョルは嫌な奴かと思いきや、めちゃくちゃ好青年なんですよね。 軽いですがw ジヨンとソフン先輩との仲を裂いた美人アシスタント、ドンハに憧れるジヨンの後輩ウンチェや、ドンハの亡くなった元カノの存在も、意外とさらりとフェードアウトしてくれて、 ジヨンとドンハ、ソフン先輩の3人の関係だけに集中できたのもストーリー的によかったです。 naver.

次の

オム・ジョンファのプロフィール

オム ジョンファ

来歴 [ ] 原州北原女子高卒業後、へ上京し、11月に合唱団へ入団。 、映画『風の吹く日はアックジョンへ行かなくちゃ』でデビュー。 同年、第1集アルバムをリリースし、本格的に芸能活動を開始。 リリースの2集では『天だけが許した愛』がヒット。 の4集では ジョンファ頭と呼ばれるおかっぱ風のヘアスタイルが女性の間で広まるなど、音楽だけでなくファッションリーダーとしても注目を浴びるようになった。 以降は毎年映画やドラマに出演している。 は出演した2本の映画がほぼ同時期に公開された。 2013年の映画『』では誘拐事件で子供を失った女性を演じ、の主演女優賞を受賞した。 にはランジェリー・ブランド「ZUHM in New York」を立ち上げるなど、事業家としても活動している。 なお、で活動はしていないものの、本人公認のファンクラブ『Temptation Japan』がある。 人物 [ ]• コンサートや歌謡番組出演の際、激しいダンスを伴う曲では殆どがであるが、これは本人も認めている。 また、視聴者や観客も、そういった曲の場合は歌よりダンスが目的であることから、特に批判は起こっていない。 8集「SELF CONTROL」以降は他の歌手と同様、実際にスタジオで歌唱を披露している。 韓国では 化粧をしていないと誰だか分からない芸能人1位に選ばれたこともあるが、の経験を包み隠さず公言するなど、基本的に開けっ広げな性格である。 芸能活動が10数年以上に及び、活動範囲も多岐に渡ることから、年代によって彼女に対する見方に差異があると言われている。 それを示す表現として、 「10代のファンはオム・テウンの姉さんとして、20〜30代のファンは女優オムジョンファとして、40代のファンは歌手オムジョンファとして彼女を認識している」という言葉がある。 ファンを大事にするという彼女の姿勢を受け、日韓のでは入会費・年会費の類を徴収していない。 また、ファンクラブが主催するを兼ねたバースデーパーティについても、一人一人とより身近に接したいとする本人の考えから、参加者を100名程度(抽選)に限定。 加えて、参加費も日本円で約1000円程度にするなど、半ば的な形で行われている。 韓国のファンクラブが管理運営する公式サイト『ilovejunghwa. com』(下記外部リンク参照)は、Profile以外のコンテンツは全てIDとパスワードによるログインをしないと閲覧出来ない仕組みになっているが、そのIDを取得するためにはが必要となるため、原則として韓国人以外は閲覧不可である。 ファンクラブ『Temptation』のことを「 テンプテーション」ではなく、なぜか「 テムテイション」と発音しており、CDなどにもハングルで「 テムテイション」と記載している。 かつて、短期間ながらに住んでいたことから、が堪能である。 面識のある親しいファンには、実名で呼びかけるなど、親しみの持てるキャラクターの持ち主でもある。 作品 [ ] オリジナルアルバム [ ]• 1集: 1993年)• 2集: 1996年)• 3集: 1997年)• 4集: 1998年)• 5集: 1999年)• 6集: 2000年)• 7集: 2001年)• 8集: 2004年)• 9集: 2006年)• 10集: 2017年) ミニアルバム [ ]• 2008年)• 2016年) ベストアルバム [ ]• 1998年)• 1999年) デジタルシングル [ ]• 2006年• 2006年• 2008年 DVD [ ]• Live Concert 2002年• Uhmjunghwa '93-04' BEST Music Video 2005年 VCD [ ]• 千年の誘惑 LIVE CONCERT MUSICVIDEO CD 1999年• Cyber Eroticus Live Concert 1 2000年• Cyber Eroticus Live Concert 2 2000年 著書 [ ]• オム・ジョンファのニューヨーク日記-ISBN 13 :9788915057340 2007年 出演 [ ] ドラマ [ ]• 姉妹 1993年• グッドモーニング、ヨンドン 1993年• ポリス 〜愛と追憶の果てに〜 1994年• 片目を閉じて• オムジョンファの残酷な涙 1994年• 鯖とクレヨン 1995年• 仮面の中の天使 1995年• 愛を忘れないでください 1995年• 父子有親 1996年• 美しい罪 1997年• スター誕生 1997年• 2001年 本人役で出演。 メディカルセンター 2001年• 女子高時代 2001年• 2003年• 12月の熱帯夜 2004年• 2007年• 2009年• 魔女の恋愛 tvN 2014年• 2017年 映画 [ ]• どこかで誰かに何かあれば間違いなく現れるMr. ヴィーナス・トーク 官能の法則(2014年)• Superstar from SEOUL 99(赤坂BLITZ)• KOREA SUPER EXPO 2000()• POP ASIA 2004(大阪厚生年金会館)• 「12月の熱帯夜」ファンミーティング(東京・So-net Channel主催、ニッポン放送イマジンスタジオ) エピソード [ ]• にはゲスト出演したが、ドラマの中でも オム・ジョンファとして登場している。 には2番手で参加。 外部リンク [ ]• - ファンクラブによる公式サイト (韓国語)• - 公認ファンクラブサイト.

次の

オム・ジョンファXパク・ソンウンXイ・サンユン出演映画「オッケーマダム」、8月公開が確定│韓国映画│wowKora(ワウコリア)

オム ジョンファ

来歴 [ ] 原州北原女子高卒業後、へ上京し、11月に合唱団へ入団。 、映画『風の吹く日はアックジョンへ行かなくちゃ』でデビュー。 同年、第1集アルバムをリリースし、本格的に芸能活動を開始。 リリースの2集では『天だけが許した愛』がヒット。 の4集では ジョンファ頭と呼ばれるおかっぱ風のヘアスタイルが女性の間で広まるなど、音楽だけでなくファッションリーダーとしても注目を浴びるようになった。 以降は毎年映画やドラマに出演している。 は出演した2本の映画がほぼ同時期に公開された。 2013年の映画『』では誘拐事件で子供を失った女性を演じ、の主演女優賞を受賞した。 にはランジェリー・ブランド「ZUHM in New York」を立ち上げるなど、事業家としても活動している。 なお、で活動はしていないものの、本人公認のファンクラブ『Temptation Japan』がある。 人物 [ ]• コンサートや歌謡番組出演の際、激しいダンスを伴う曲では殆どがであるが、これは本人も認めている。 また、視聴者や観客も、そういった曲の場合は歌よりダンスが目的であることから、特に批判は起こっていない。 8集「SELF CONTROL」以降は他の歌手と同様、実際にスタジオで歌唱を披露している。 韓国では 化粧をしていないと誰だか分からない芸能人1位に選ばれたこともあるが、の経験を包み隠さず公言するなど、基本的に開けっ広げな性格である。 芸能活動が10数年以上に及び、活動範囲も多岐に渡ることから、年代によって彼女に対する見方に差異があると言われている。 それを示す表現として、 「10代のファンはオム・テウンの姉さんとして、20〜30代のファンは女優オムジョンファとして、40代のファンは歌手オムジョンファとして彼女を認識している」という言葉がある。 ファンを大事にするという彼女の姿勢を受け、日韓のでは入会費・年会費の類を徴収していない。 また、ファンクラブが主催するを兼ねたバースデーパーティについても、一人一人とより身近に接したいとする本人の考えから、参加者を100名程度(抽選)に限定。 加えて、参加費も日本円で約1000円程度にするなど、半ば的な形で行われている。 韓国のファンクラブが管理運営する公式サイト『ilovejunghwa. com』(下記外部リンク参照)は、Profile以外のコンテンツは全てIDとパスワードによるログインをしないと閲覧出来ない仕組みになっているが、そのIDを取得するためにはが必要となるため、原則として韓国人以外は閲覧不可である。 ファンクラブ『Temptation』のことを「 テンプテーション」ではなく、なぜか「 テムテイション」と発音しており、CDなどにもハングルで「 テムテイション」と記載している。 かつて、短期間ながらに住んでいたことから、が堪能である。 面識のある親しいファンには、実名で呼びかけるなど、親しみの持てるキャラクターの持ち主でもある。 作品 [ ] オリジナルアルバム [ ]• 1集: 1993年)• 2集: 1996年)• 3集: 1997年)• 4集: 1998年)• 5集: 1999年)• 6集: 2000年)• 7集: 2001年)• 8集: 2004年)• 9集: 2006年)• 10集: 2017年) ミニアルバム [ ]• 2008年)• 2016年) ベストアルバム [ ]• 1998年)• 1999年) デジタルシングル [ ]• 2006年• 2006年• 2008年 DVD [ ]• Live Concert 2002年• Uhmjunghwa '93-04' BEST Music Video 2005年 VCD [ ]• 千年の誘惑 LIVE CONCERT MUSICVIDEO CD 1999年• Cyber Eroticus Live Concert 1 2000年• Cyber Eroticus Live Concert 2 2000年 著書 [ ]• オム・ジョンファのニューヨーク日記-ISBN 13 :9788915057340 2007年 出演 [ ] ドラマ [ ]• 姉妹 1993年• グッドモーニング、ヨンドン 1993年• ポリス 〜愛と追憶の果てに〜 1994年• 片目を閉じて• オムジョンファの残酷な涙 1994年• 鯖とクレヨン 1995年• 仮面の中の天使 1995年• 愛を忘れないでください 1995年• 父子有親 1996年• 美しい罪 1997年• スター誕生 1997年• 2001年 本人役で出演。 メディカルセンター 2001年• 女子高時代 2001年• 2003年• 12月の熱帯夜 2004年• 2007年• 2009年• 魔女の恋愛 tvN 2014年• 2017年 映画 [ ]• どこかで誰かに何かあれば間違いなく現れるMr. ヴィーナス・トーク 官能の法則(2014年)• Superstar from SEOUL 99(赤坂BLITZ)• KOREA SUPER EXPO 2000()• POP ASIA 2004(大阪厚生年金会館)• 「12月の熱帯夜」ファンミーティング(東京・So-net Channel主催、ニッポン放送イマジンスタジオ) エピソード [ ]• にはゲスト出演したが、ドラマの中でも オム・ジョンファとして登場している。 には2番手で参加。 外部リンク [ ]• - ファンクラブによる公式サイト (韓国語)• - 公認ファンクラブサイト.

次の