鼻 の 毛穴 美容 皮膚 科。 毛穴に詰まってる角栓は皮膚科・美容皮膚科でも治らない?現実を話します

毛穴に効く美容レーザー機器 比較一覧|医療レーザー外来なら湘南美容クリニック【公式】

鼻 の 毛穴 美容 皮膚 科

先日のに引き続き、悩んでいる方が多いのが イチゴ鼻ではないでしょうか? イチゴ鼻とは、鼻の毛穴に皮脂や角質が詰まることで毛穴が開いてしまった鼻のことを指す俗称です。 毛穴が開き、そこにつまった皮脂や角質が参加して黒く見えることでブツブツしているような印象をうけます。 その様子がイチゴに似ていることから「イチゴ鼻」と呼ばれているようです。 イチゴ鼻になると毛穴が開いてしまうため化粧ノリが悪くなります。 また、黒く変色した皮脂が目立ち、メイクだけでは上手に隠すことが難しいです。 隠すのが難しいとなると、根本的に治すしかありません。 そこで、今回はイチゴ鼻の治し方について、皮膚科系の医師200人にアンケート調査を行いました。 世間でよく言われる解決法はほとんどNG!? イチゴ鼻で悩まれている方はとても多く、世の中にはイチゴ鼻の解決法に関する情報が多数溢れています。 しかし、それらの情報は、本当に効果があるものなのでしょうか。 そこで、一般的なサイトでイチゴ鼻の解決法として紹介されることの多い、• 毎日、正しい洗顔を行う• ピーリング• 食生活の改善• 生活リズムを整える• 蒸しタオル+洗顔を定期的に行う• 毛穴パック• クレンジングシートで拭き取る• ディープクレンジング• サプリなどの栄養補助食品• 日常的な運動• 指や手で押し出して角栓除去• ワセリンパック• 毛抜きで角栓除去• 綿棒でこそげ落とす これらの方法がイチゴ鼻の改善に効果があるかどうか、医師に質問しました。 結果によると、医師の半分以上が「イチゴ鼻の改善が期待できる」と答える解決法は「毎日の正しい洗顔」と「ピーリング」でした。 イチゴ鼻解決法のほとんどは効果が期待できないようです。 自分でできる対応でイチゴ鼻を治すのは難しいのかもしれません。 イチゴ鼻を治したければ、病院に行くしかないっぽい では、どうすればイチゴ鼻は治るんでしょうか。 医師から寄せられたコメントを紹介します。 50代男性 皮膚科医 10回前後のレーザー脱毛を行うことで、毛根を処理してしまえばいいと思います。 50代女性 皮膚科医 角質が毛穴に詰まる(毛孔性角化、もうこうかくか)を抑える効果のあるディフェリンゲル等の外用薬を処方します。 40代女性 美容・アンチエイジング医 カーボンピーリングや脱毛レーザー、フラクショナルレーザーなどの治療に併せて、ビタミンCローションやトレチノインなどをホームケアとして使うように指示します。 ただ毛穴の詰まりを取り除くだけでは、また同じようにたまってしまいます。 家でできるようなことだけでは変化に乏しいでしょう。 レーザーでの熱変性や部分焼灼で毛穴自体を目立ちにくくしたり、コラーゲン再生能力を高めたり皮脂の分泌を抑える必要があります。 トレチノインで角栓を取れやすくし、ビタミンCでコラーゲンを増やして皮脂の分泌を抑えます。 ただし、これだけやっても、毛穴は引き締まる程度です。 これらのコメントを見ると、イチゴ鼻を治すためには、病院に行くしかないようですね。 皮膚科に行ったらどんな治療をしてもらえるの? 上記でも少し触れましたが、イチゴ鼻の相談で病院に行ったらどんな治療をしてくれるのでしょうか?• 50代女性 皮膚科医 保険診療であれば、ディフェリンという外用薬を処方します。 自費診療なら、トレチノインという薬の処方、ケミカルピーリング、レーザーピーリング、ダーマローラー、フラクショナルレーザーなどの選択肢が生まれます。 50代男性 皮膚科医 洗顔、保湿治療の指導をします。 さらにトラネキサム酸、抗菌剤を処方します。 加えて漢方治療をすすめることも。 自費であれば、ピーリングやレーザーアブレージョンを行うでしょう。 40代男性 皮膚科医 まず洗顔の仕方から指導と内服でビタミンB群内服、あと散剤で抵抗なければ漢方を試してみます。 医師からのコメントに共通していたのは• まずは皮膚科に相談しに来たほうがいい• 保険診療だけでは限界がある• 自由診療であれば選択肢があるので、担当医とよく相談するのが重要 という点です。 やはり、イチゴ鼻は病気ではないので保険がきかず、数万円以上の治療費が必要になることが多いようです。 感染を起こしているなどすれば保険の適用が可能な場合もあるそうなので、やはりまずは皮膚科に行って相談してみるといいでしょう。 化粧品を選ぶ時は配合成分に気をつける• 40代女性 美容・アンチエイジング医 グリコール酸、サリチル酸、ビタミンC,レチノールなどの入っている化粧品を選ぶ• 50代男性 皮膚科医 ピ-リング作用のあるもの• 50代女性 皮膚科医 AHA、レチノール、ビタミンCが配合されたものを選んでください。 40代男性 皮膚科医 ノンコメド化粧品を選んだほうが無難です。 40代男性 皮膚科医 油症の方はビタミンB群内服をおすすめします。 50代男性 皮膚科医 サリチル酸やメトロニダゾールが入ったものを選んでもいいかもしれません。 病院に行かないと治療できないとはいえ、これ以上の悪化を防ぐため、自分で出来ることはやっておきたいですよね。 医師のコメントによると、日常的なスキンケアとしてできることは、基礎化粧品の配合成分に気を付けることだそうです。 しかし、自分の肌に合う化粧品を自分だけで探すのは難しいかもしれません。 医師や専門員に相談して自分にあったものを選ぶようにしましょう。 無理に自分で治そうとしないこと 今回のアンケート調査からも分かる通り、基本的に イチゴ鼻を根本的に治すためには医療機関での治療がほぼ必須になります。 無理に自分で治そうとすると、誤った対応をした際に感染症になるリスクなんかも有りますので、ご注意ください。 もしイチゴ鼻が気になるのであれば、まずは一度皮膚科に行って医師に相談することをおすすめします。

次の

鼻の毛穴は美容皮膚科で治療できる?!効果的な6つの治療法を紹介

鼻 の 毛穴 美容 皮膚 科

毛穴の開きや毛穴の黒ずみといった鼻の毛穴トラブル。 多くの女性がお悩みなのではないでしょうか。 毛穴パックや泥パックや洗顔など、毛穴対策グッズは多く販売されていますが、市販のグッズやエステサロンではなかなか解消せず、いよいよ治療に踏み切ろうという方も多いと思います。 実際に、市販のグッズやエステサロンの毛穴ケアで改善できなかった方が、 美容皮膚科の毛穴治療で鼻の毛穴の開きや毛穴の黒ずみといったトラブルを改善されています。 美容皮膚科というと漠然と 敷居の高そうな、また 高額な治療といったイメージをもたれる方も多いと思いますが、鼻の毛穴のように『健康に害は与えないけれどコンプレックスを解消するために治したい』といった場合は、 美容皮膚科が最適な医療機関となるのです。 しかし、鼻の毛穴治療とひと口にいっても治療法は数種類あり、毛穴の開きなのか?毛穴の黒ずみなのか?あるいは両方なのか?といった毛穴の症状によって治療法も異なるため、どれか一つの施術を行うというよりも 数種類の施術を組み合わせて治療をする場合がほとんどです。 今回は美容皮膚科スタッフが、鼻の毛穴治療について、症状別に最適な治療法を解説していきます。 鼻の毛穴治療を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。 1 毛穴トラブルの原因と治療法 鼻の毛穴トラブルは大きく分けて毛穴の開きと毛穴の黒ずみの 2つに分けられ、この症状の違いはそれぞれ治療法に違いにつながるため、まずは自分の毛穴トラブルがどういった症状なのかを知ることが大切です。 下記の写真は 毛穴の開きと 毛穴の黒ずみ、それぞれの症状が現れている状態の写真です。 この 2つの症状は、下記のように原因が異なるため、治療法も異なるのです。 なぜ皮脂を抑制する治療が必要なのかというと、毛穴の開きは 皮脂が過剰に分泌されることにより、出口である毛穴がどんどん大きくなっていくことが主な原因だからです。 本来、皮脂は肌を外敵や雑菌から保護したり、皮膚を乾燥から守ったりする重要な役割を果たしていますが、食生活や生活習慣の乱れにより、皮脂が過剰に分泌されることで、皮脂が通常より多く分泌される状態となり、毛穴につまって開いてしまいます。 そのため、 皮脂を抑制する治療や開いてしまった 毛穴を引き締める治療が必要となります。 毛穴の黒ずみの原因が 黒い毛である場合と古い角質が毛穴を塞いでしまうことで、毛穴に皮脂が詰まり、つまった皮脂が空気に触れることで 酸化してしまい、黒くなってしまう場合です。 黒い毛である場合は、 医療脱毛が主な治療法です。 また、古い角質の酸化が原因の場合は、 古い角質を除去する治療とビタミンCを塗布や内服薬等で 抗酸化する治療を行います。 通常、古い角質は、ターンオーバー(肌の新陳代謝)により通常 28日掛けて新しい細胞へ生まれ変わり、古い角質は垢となって剥がれ落ちていきます。 しかし、睡眠不足や食生活の偏り等が原因でターンオーバーが滞り、上手く古い角質が剥がれ落ちず、毛穴を塞いでしまうことで皮脂を詰まらせてしまいます。 そのため、余分な皮脂の抑制に加え、 古い角質を除去する治療、さらに酸化してしまった黒ずみを除去するために抗酸化作用のある ビタミンCを塗布や内服薬等で摂取することが必要となります。 また、この毛穴の開きや黒ずみが混合している症状もありえるため、全ての治療を組み合わせることが必要となる場合があります。 次の章からは、それぞれの治療法について詳しく説明していきます。 2 毛穴の開きに効果的な3つの治療法 前章で説明した通り、毛穴の開きの原因は 皮脂の過剰分泌、毛穴の開きが挙げられます。 そのため、皮脂を抑制する治療と毛穴を引き締める治療を行います。 皮脂を抑制する治療 皮脂を抑制するために 『アグネス』と呼ばれる RF治療機器で皮脂腺を破壊します。 アグネスでは、絶縁針(皮脂腺以外の部分に影響を与えないよう周りが絶縁されている針)を皮脂腺に直接刺し、電流を流すことで皮脂腺を熱で破壊することができる医療機器です。 そのため、周りの皮膚に影響を与えず、ターゲットである皮脂腺だけを破壊することができます。 皮脂は真皮層にある皮脂腺というところから分泌されるため、開いている毛穴の皮脂腺を破壊することで、皮脂の分泌が抑制されます。 皮脂腺は顔に約 20万個あると言われており、数個破壊した程度では乾燥などの原因になることはありません。 毛穴を引き締める治療 毛穴を引き締めるためには、真皮層から表皮層までにアプローチでき、コラーゲンやエラスチンの産生、またターンオーバーを促す治療ができる医療用レーザーの 『ジェネシス』を使用します。 ジェネシスは YAGレーザーの一種で表皮層から真皮層に掛かる部分に熱を加え、コラーゲン繊維の生成やエラスチンの生産を促進させることができます。 また、 レーザーピーリング効果といって、古い角質を除去する効果も期待できるため、同時にターンオーバーを促すこともできるレーザー機器です。 皮脂の過剰分泌が抑制されても、開いてしまった毛穴が元の状態に戻らない場合があります。 余分な皮脂のつまりにより、長い間開いていた状態の毛穴が形状記憶されており、戻りにくい状態になってしまっているからです。 この形状記憶され、なかなか元に戻りにくい状は、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの減少、また表皮層の乱れたターンオーバーに原因があります。 コラーゲンやエラスチンは年齢と共に減少していくため、外部から補っていく必要があります。 また、表皮の乱れは、ターンオーバーが滞っていることが原因の一つでもあるため、ターンオーバーを促す治療が必要となります。 そのため 『ジェネシス』が効果的な治療器といえるのです。 また、古い角質を除去する治療法として ピーリングも効果的です。 ピーリングとは薬品を塗布することで古い角質を溶かし、除去する方法です。 わずかながら人の皮膚にも含まれている成分であるため、刺激なくポピュラーに使われているピーリング剤です。 強い角質融解作用があり、痛みや炎症などの副作用が伴いますが、効果が高いピーリング剤です。 このアグネスとジェネシス、ピーリングを併用して毛穴の開きに対する治療を行っていきます。 3 毛穴の黒ずみに効果的な3つの治療法 毛穴の開きの原因は、 黒い毛、 過剰皮脂、 古い角質、 皮脂の酸化です。 過剰皮脂は毛穴の開き同様に 『アグネス』で治療を行い、 古い角質を除去する効果のある 『ジェネシス』を使用します。 黒い毛に対しては、鼻の 脱毛 が効果的であるため、脱毛を行っていきます。 皮脂の酸化に対しては、抗酸化作用のあるビタミンC を皮膚の表面から取り入れる イオン導入や 内服薬や 外用薬 で摂取する治療を行います。 黒い毛 毛をなくすためには医療脱毛が効果的な方法です。 医療機関では、皮膚の内部にある 毛を生成する組織をレ ーザーで破壊することが可能です。 繰り返し照射して行くことで毛の生成する組織が破壊され毛は生えなくなり、黒ずみも解消されます。 個人差はありますが、鼻にも毛は存在します。 毛は黒色なので、毛穴の黒ずみと思っている人も多いかもしれません。 よく見てみないと分からないかもしれませんが、拡大鏡で見ると短い毛が生えているため、この場合は鼻の毛を脱毛することで黒ずみが改善されます。 皮脂の酸化 皮脂の酸化を治療するためにはイオン導入と内服薬の服用が効果的です。 イオン導入とは、別名エレクトロポーションといい、有効成分(黒ずみ治療においてはビタミンC)を塗布し、微弱な電流を流すことによって肌の深層部に浸透させる方法です。 なぜイオン導入が必要かというと、肌の表皮には 角質層と 有棘層の間に 顆粒層といって、紫外線などの外敵刺激から皮膚を守るためのバリアゾーンがあります。 このバリアゾーンによりビタミン Cなど黒ずみ治療に有効な成分も弾かれてしまうので、ビタミン Cをそのまま皮膚に塗布したとしても黒ずみを除去するといった働きを行ってくれません。 そこでビタミン Cを浸透させるために有効な働きをしてくれるのがイオン導入です。 表皮の一番上に位置している 角質層は酸性であり、陽イオンという形で存在しています。 ですが、 顆粒層は逆にアルカリ性であり陰イオンです。 つまり、角質層と顆粒層で反発し合っているため、外的刺激を弾くという仕組みを作っています。 イオン導入では、この角質層と顆粒層に微弱な電流を流し、 中性に傾かせることで反発を弱め、ビタミン Cを浸透させるといった方法を取っています。 抗酸化作用のあるビタミン Cを効率的に肌に浸透させることにより、酸化によって現れた黒ずみを除去していくことができます。 また、 ビタミン Cは内服薬で摂取する方法もあります。 主に用いられる内服薬はシナールとハイチオールで、共に黒ずみ治療の効果としては非常に穏やかとなり、クリニックでの施術と併用することが多く、 1ヶ月ほど服用し続け効果をみていきます。 シナール:ビタミンCが主成分となります。 1日1~3回、1回1~3錠を目安として服用します。 (症状や年齢によりことなるためクリニックの指示に従ってください) ハイチオール: L-システインが有効成分となります。 L-システインとは、抗酸化作用があるアミノ酸のひとつです。 1日2~3回、1回1錠を目安として服用します。 (症状や年齢によりことなるためクリニックの指示に従ってください) 上記で挙げた『脱毛』、『ビタミン Cイオン導入』、『内服薬(シナール・ハイチオール)』を併用し、鼻の毛穴の黒ずみに対する治療を行っていきます。 また、開きと黒ずみの両方の症状があらわれている場合は、上記で挙げた5つの治療法を併用していきます。 4 鼻の毛穴治療の注意点 鼻の毛穴治療には2つの注意点があります。 一つは治療効果を感じるのには個人差があるという点と治療と同時に生活習慣を見直す必要があるという点です。 4-1 治療効果を感じるのに個人差がある 治療法を紹介していく中で治療期間や治療回数についても記載いたしましたが、鼻の毛穴治療は効果が出るまでにかなりの個人差があります。 その理由は、鼻の毛穴トラブルの根源は皮脂の過剰分泌だからです。 皮脂の過剰分泌の原因は 【肌の乾燥】【男性ホルモンの過剰分泌】【食生活の乱れ】によって引き起こされます。 アグネスで皮脂腺を破壊する治療を行うことで改善は見込めますが、上記の 3つが改善されなければ皮脂が過剰に分泌され続け、イタチごっこになってしまいます。 上記 3つの改善、つまり、治療の他に生活習慣の改善も行うことが重要となります。 もちろん、生活習慣の見直しを行っていても個人差があるため改善が見込めない可能性も少なからず考えられますので、鼻の毛穴治療を行うにあたり、個人差があるという認識を持ちましょう。 4-2生活習慣も見直さなければならない 前章でも説明した通り、生活習慣の改善も鼻の毛穴治療を行うにあたり欠かせません。 皮脂の過剰分泌は【肌の乾燥】【男性ホルモンの過剰分泌】【食生活の乱れ】が原因となりますので、それぞれの改善方法を紹介します。 【肌の乾燥】 皮脂の過剰分泌が原因なのに乾燥?と思うかもしれませんが、肌が乾燥していることにより、 乾燥を防ごうと毛穴から必要以上の皮脂を出すため、過剰分泌となってしまいます。 肌の乾燥は 肌内部の水分量が足りない状態、また 皮脂膜が不十分で水分が逃げてしまっている状態で起こりえます。 つまり、肌内部の水分量と充分な皮脂膜を保つことが肌の乾燥を防ぐ方法となります。 肌内部の水分量と充分な皮脂膜は年齢と共に衰え、乾燥を招いてしまいますが、この 2つを保つポイントは、 洗いすぎない洗顔とスキンケアです。 洗いすぎない洗顔とは、その名の通り必要な油分まで洗い流さない洗顔をさします。 肌表面の汚れや汗などはぬるま湯で洗い流せる場合がほとんどです。 そのためほとんどの方は、洗顔料をあまり必要としないといえます。 また、日々行う メイク落としも乳化させることで浮かせてぬるま湯で洗い流す方法が推奨されます。 スキンケアでは、衰えていく肌内部の水分量を蓄える、肌に水を溜め込む力が高い製品を使うことが大切です。 肌内部の水分は表皮の角質層の中にある 細胞間脂質や 天然保湿因子により保たれています。 そのため、これらの成分をスキンケアで補っていくことが重要となります。 肌に水を溜め込む力は下記のような成分です。 スキンケアではこのような成分が含まれている製品かどうかをチェックして使用してみてください。 スフィンゴ脂質 … セラミドやスフィンゴシン、セラミド 1-リン酸の総称。 角質間細胞間脂質となります。 【男性ホルモンの過剰分泌】 男性ホルモンは男性にはもちろん存在しますが、女性にも男性の 10分の 1程度の量で存在します。 男性ホルモンの一種である テストステロンは皮脂の分泌量を過剰にする働きを持つといわれ、この男性ホルモンが増える原因がストレスであるといわれています。 何がストレスになっているかは個人差があるため、一概に解決法を提示できませんが、 ストレスをなるべくためないような生活を心がけましょう。 【食生活の乱れ】 皮脂を過剰に分泌させる成分として、 中性脂肪になりやすい食品が挙げられます。 中性脂肪は皮脂の主な成分なので、中性脂肪になりやすい食品、 動物性脂肪や砂糖、果糖、アルコールを避けることが効果的です。 また、高 GI食品は血糖値が急上昇させ、皮脂腺を刺激し皮脂の分泌を促します。 小麦粉、白米、パン、麺類、お餅や砂糖を含む洋菓子、ジャガイモなどの過剰摂取は控えるようにしましょう。 逆に皮脂の分泌を抑えてくれる栄養素である ビタミン A、 B1、 B2、 Cを摂取することも重要です。 また、取りすぎや全く摂取をしないといった食生活も栄養が偏ってしまうため、バランスの良い食生活を心がけることが大切です。 5 まとめ いかがでしたでしょうか? 鼻の毛穴トラブルには大きく分けて毛穴の開き・黒ずみ・両方が混在しているものの 3種類に分けられ、それぞれでは治療法が異なることがお分かりいただけたかと思います。 それぞれの治療法は下記にまとめられます。 毛穴の開きの治療はアグネス・ジェネシス・ピーリング• 毛穴の黒ずみの治療は脱毛・イオン導入・内服薬• 混在している症状は上記の 6種を併用する しかし、鼻の毛穴治療は効果が出るまでにかなりの個人差があり、その理由は生活習慣の改善が密接に関わってくるからです。 そのため、【肌の乾燥】【男性ホルモンの過剰分泌】【食生活の乱れ】を改善するような自宅でのケアも必要となってきます。 クリニックでの治療と自宅でのしっかりとしたケアを行い、毛穴トラブルに悩まない鼻を手に入れてください! イセアのメディカルスキンケア 自分で出来ることは、もうやりましたよね? 年齢、肌質の違い、生活環境の違いなど、肌の状態は一人ひとり全く異なります。 だからこそ、理想の肌を目指す施術や、悩みを解消する治療も一人ひとり違うものです。 イセアのスキンケアは、専門的な知識と経験、洗練し続ける技術で「あなたの肌」に最適な治療をご提案します。 MedicalSkinCare Selectplan メディカルスキンケアセレクトプラン 1回の施術で3種類の施術を受けて頂く贅沢なプランです。 シミ・そばかす・ハリ・小じわ・くすみ・キメ・弾力・美白・たるみ・炎症後色素沈着の10の症状を改善することができるプラン。 その他お悩みに合わせた治療プランもご用意しております。 詳しくはイセアクリニック専門サイトをご覧ください。 「あなたが、これまでよりも明るく積極的に、 幸せな人生を切り開く自信を持てるようになる」 「あなたが、これまでよりも 明るく積極的に、 幸せな人生を切り開く自信を 持てるようになる」 これこそがイセアが目指す美容医療のゴールです。 これこそがイセアが目指す 美容医療のゴールです。 「整形したいと考えているが、どう選んだらいいのかわからない」 「信頼できる美容整形や美容皮膚科の情報を知りたい」 「美容医療の最新情報を知りたい」 「本当に自分に必要な美容医療を見極めたい」 「整形したいと考えているが、 どう選んだらいいのかわからない」 「信頼できる美容整形や美容皮膚科の 情報を知りたい」 「美容医療の最新情報を知りたい」 「本当に自分に必要な美容医療を見極めたい」 美容医療は様々な不安を抱え、検討される方がほとんどです。 このような患者様のために、 安心・親切・信頼・親身を心がけ、 お悩みひとつひとつに寄り添った情報を提供していきます。 美容医療は様々な不安を抱え、 検討される方がほとんどです。 このような患者様のために、 安心・親切・信頼・親身を心がけ、 お悩みひとつひとつに寄り添った情報を 提供していきます。

次の

毛穴をキレイにするために皮膚科に行った自分がバカだった。

鼻 の 毛穴 美容 皮膚 科

毛穴治療の皮膚科で、もう一つおすすめなのが シロノクリニックです。 なぜなら15万件以上の症例で日本トップクラスの治療実績があり、その提案力が信頼できるからです。 治療例として、『フラクセルレーザー治療』の様子が、以下の動画で紹介されており参考になりますね。 鼻の毛穴の角栓や黒ずみは一般的な病院の皮膚科でも治療できる? 皮膚科での治療といえば、 「アトピーなどの皮膚炎が中心になっているのでは?」 …そう思う人も少なくないでしょう。 私自身も家族の付き合いで病院の皮膚科に顔を出す機会が多いのですが、 ご高齢の患者さんが非常に多いので、とても美容のために毛穴の治療について相談する勇気がありません。 しかし、 調べてみると皮膚科でも鼻の角栓をはじめとする毛穴トラブルは対応しているとのこと! いったいどのような治療方法を行うのでしょうか? 毛穴の種類によって治療方法が異なる 皮膚科で治せる毛穴トラブルは、 毛穴の状態によって異なります。 一般的によく知られているのが ケミカルピーリングと言われるもので、 肌表面の古い角質を科学的に除去して、 ターンオーバーを促すことで毛穴の皮脂詰まりや老廃物を排出させる治療があります。 このほかにも レーザー治療があり、 あえて肌にダメージを与えることで、ターンオーバーにより古い角質や老廃物を排出して治す治療もあります。 治療の内容によってダウンタイムが必要となる場合があるので、 治療を受ける場合はまとまった休みが取れた時にすると良いかもしれませんね。 鼻の角栓除去に美容皮膚科を利用するべき? とはいえ、一般的な治療目的の皮膚科で受けるには勇気が出ない方もいるでしょう。 この場合、オススメしたいのが 美肌づくりを専門とした美容皮膚科です。 エステの施術では受けられない高度な医療で、鼻の角質や毛穴トラブルを根本から治すことができます。 一般的な皮膚科で受けられない治療も多く取り扱っており、 なにより美肌を引き出す専門家ですから気持ち的に安心できるのではないでしょうか。 ただし、一般的な皮膚科と違って保険が使えない場合も多いです。 また、皮膚科にしても美容皮膚科にしても、 たった1回の治療だけで完治できるものではありません。 これはエステの脱毛と同じ考え方で、繰り返し治療を受けることで初めて毛穴トラブルが起きない肌質、肌状態を手に入れることができるんですね。 そのためには、それなりの費用と時間がかかることも頭に入れておく必要がありますね。 通う・通わないは別にして、無料カウンセリングを利用して費用感などを把握しておくと、より安心です。 鼻の毛穴の角栓や黒ずみにも!美容皮膚科で受けられる毛穴ケア7つの内容 ここからは、皮膚科で受けられる毛穴トラブルの治療方法について、代表的なものをご紹介します。 名称や治療内容が各皮膚科ごとに違ってくるのでご注意ください。 1.毛穴詰まりに効果あり!話題のブラックピーリング ブラックピーリングジェルを顔に塗布し、光を照射することで毛穴の黒ずみや汚れ、ニキビを除去することができる方法。 ブラックピーリングに使うジェルは炭の成分が含まれた黒いジェルで、顔に塗ると、一見炭パックをしているような見た目になります。 この専用ジェルを塗ったあとに顔に光を当てていくことで、ジェルの色素と光が反応し、皮膚に熱を与えます。 この反応によって皮膚の内部で創傷治癒という機能が働くように。 この機能は具体的には、コラーゲンが作られ、毛穴を閉じようとするお肌に嬉しい働きです。 ブラックピーリングのメリットは他にもあるんですよ。 ブラックピーリングには殺菌作用もあることから、ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌することができ、ニキビケアや予防にも役立ちます。 また、施術を受けてから肌が元通りになるまでのダウンタイムを置く必要がないことから、すぐにメイクをして帰れるのも魅力的です。 ブラックピーリングは全国のエステサロンや美容皮膚科で徐々に導入されている話題の毛穴ケアです。 長年毛穴トラブルにお困りの方は一度試してみては? 2.角栓吸引とマッサージ 角栓吸引とは、毛穴に詰まった皮脂や古い角質が混ざってしまい、硬くなってしまった角栓を柔らかくして取り除く方法で、ニキビやニキビ跡にも効果的!。 角栓を柔らかくする溶剤を毛穴に塗布し、スチーマーをあてて角栓をゆるめます。 そしてガラス管を使って柔らかくなった角栓を吸引し、 イオン導入やフェイシャルケアで毛穴を引き締めるケアを行います。 角栓除去のみならず、開いてしまった毛穴を引き締めたり、 シワやたるみ、ニキビやニキビ跡も治せる治療法です。 また、マッサージは、 顔をほぐしたりツボ指圧することによって血行を促進し、老廃物を除去する方法。 血行を促進することで肌の代謝も良くなるため、余分な老廃物や二酸化炭素を排出します。 またマッサージの後は毛穴の気になる部分を吸引して、詰まっている角栓をすっきりと除去してくれます。 肌がくすみがちな人にお勧めですね。 3.毛穴レーザー治療 毛穴にカーボンを塗布して、レーザー照射することで角栓や古い角質を除去する方法。 肌のハリをサポートする真皮に働きかけるので、 内側から肌や頬にふっくらとしたハリをもたらして毛穴の開きを改善します。 角栓や毛穴の黒ずみ、またたるみ毛穴が気になる人におすすめの治療法です。 治療後はそのまま化粧もできますし、レーザーを当てるのも5〜10分と短時間なのが嬉しいですね。 角質のキメが整うので、毛穴がキュッと引き締まって目立たなくなります。 4.ケミカルピーリング さとうきびなどのフルーツ酸を使ったピーリング剤を使って、古い角質を取り除き肌の新陳代謝を促す方法です。 ピーリング剤(グリコール酸ピーリング)によって表皮細胞の増殖をスムーズに促すため、 肌の新陳代謝が活発になり美肌づくりを作るサイクルを安定させます。 この結果、毛穴詰まりをすっきりさせたり皮脂分泌を抑える効果が期待でき、 乾燥ジワや肝斑、しみやくすみといった肌悩みも解消に導いてくれます。 施術時間はトータルで30分程度ですが、治療後は化粧をして帰宅できる手軽さも魅力です。 実際の施術の内容を以下の動画で紹介していますので、ぜひご覧になっていってくださいね。 5.リフトアップレーザー治療 レーザーの刺激で、皮膚の深部からコラーゲンを増やす方法。 痛みもあまり感じにくく、治療後も化粧をして帰宅できます。 本来は肌や頬のハリや弾力を取り戻すための治療で小じわやたるみが気になる人がメインですが、結果的に毛穴も目立ちにくくなるという効果もあり、たるみ毛穴にお悩みならお勧めです。 6.CO2フラクショナルレーザー治療 微細なレーザーを点状にあてて肌に穴を開け、コラーゲンの生成や新陳代謝を促す方法。 局部麻酔をして受けられるレーザー治療なので、痛みも感じませんし肌への負担も最小限に抑えられます。 回復も早く、新陳代謝が正常化するため鼻の角栓やいちご鼻、ニキビ跡の改善に効果があります。 ただし、ダウンタイムが必要となる治療法であり、 回復の過程でかさぶたができたり、一時的な色素沈着を受けることがあります。 方法としては非常に有効な治療法ですが、医師と良く相談してください。 7.イオン導入 さまざまな美容成分をイオン導入で皮膚に浸透させ、毛穴を引き締める治療法。 肌の悩みに合わせた成分を導入してくれるのですが、毛穴開きの場合はビタミンCやグリシルグリシンなどの収れん作用がある成分を使用します。 毛穴を引き締めることで、毛穴詰まりを抑制する効果が期待出来るので、 もともと毛穴が大きく開きがちな方にオススメです。 皮膚科で鼻の毛穴の角栓を除去治療するにはいくらかかる? さて、皮膚科での専門的な治療を受けるからにはそれなりの費用も覚悟したいところです。 実際には治療方法によってピンキリで、レーザー治療などは1回だけでも3万円前後かかります。 また上記でご紹介した「角栓吸引」の場合、青山のタカミクリニックというところで 1回で6480円、6回で34990円で受けられます。 こうしてみると、やはり金額も金額なので引け目に感じる方もいると思いますが、 これまで角栓を除去しようとしてかけてきたスキンケア代金と比べてみたらどうでしょうか? もしかすると、 熱心な角栓ケアを続けてきてウン万円とお金がかかってしまった…なんてパターンもありますよね。 私も実際、お客様の毛穴の状態を見て「もしかすると皮膚科やエステに相談された方が良いかもしれませんよ」と案内していたことがありました。 単純に角栓を取り除きたければ毛穴パックやスクラブ洗顔といったセルフケアで対応できますが、 美容皮膚科ではアフターケアをひっくるめて相談に乗ってくれるので、 キメと肌状態を整えて角栓のできにくい肌質にしてくれます。 根本的に解決したい、セルフケアでも効果が見込めない、毛穴の開きや黒ずみを改善したい、という方は、美容皮膚科を利用するのをおすすめします。 初めて知りました。

次の