地 縛 少年 花子 くん さくら。 【地縛少年花子くん】最終回ネタバレ!結末が気になる|女性まんがbibibi

地縛少年花子くん(アニメ)七峰桜の正体と目的は?つかさとの関係について!七峰桜は既に死んでいる?

地 縛 少年 花子 くん さくら

どのくらいの間走ったのだろうか 書斎服を着た男の子、つかさくんにキスされて、体の力が抜けて気が付くと見知らぬ部屋にいた つかさくんの部屋だと思うと怖くなって 鍵のかかってない部屋から出てきたのだ 「はっ、はっ、はっ、はっ」 胸が痛い、息ができない、血の味がする これ以上はむり.... ! 私はスピードを落として座り込んだ その時だった 「あれぇ?もう終わり??」 「っ!?」 つかさくんの声が聞こてた 寧々ちゃんに暴力を振ろうとした男の子の声が まさか私も寧々ちゃんみたいになっちゃうの... ? やだ!そんなの..... ! 「絶対に.... いやっ!!!」 震える足で必死に走った 足がもたついて転びそうになっても走った そしてぱっと見るとそこには理科室と書いてあった、後ろを見てもつかさくんはいない 隠れられるかもしれない 私は急いで理科室に入ると一番奥の机にしたに隠れた ガラガラ きた.... ! 「あっれ〜?ここに入ったと思ったんだけどなぁ、」 可笑しいなぁと言いながら理科室を徘徊するつかさくん 来ないでっ!と心の中で叫んだ 「隣かな?」 そう言うとつかさくんは理科室を出てった 今のうちにここを出よう そう思い立ち上がろうとした時だった 「みーつけた」 「あっ............ 」 後ろの方から声が聞こえた なんで?さっき出てったはず..... 「んもーかくれんぼ好きなの??」 俺と一緒だね!とくすくすと笑っていた 「なんで、、?どうして追いかけて来るの!?」 思わず叫んでしまった はっと気づいて口元に手を置く 怒られると思いぱっとつかさくんの方を向いた 「..... ?」 気が付くと目の前につかさくんの顔があった 唇に何かが重なる感触 キス.... されたんだつかさくんに 「んむぅ....... ぃやっ..... !」 くちゅくちゅと水音がする 腰がかくんとなって体を支えきれなくなった つかさくんは力の入らなくなった私を膝の上に乗せてしゃがみ込んだ それでもキスは止まらない 「ぷはぁ...... !」 「はぁはぁはぁはぁ.... げほげほっ!!」 つかさくんが満足した時、私の息はたえたえだった 「ふふ、やらしーかおしてるね!」 「俺のキスでこんなになっちゃうなんて、そんなに気持ちよかったの??」 きもちいい、顔がかぁーと熱くなった つかさくんの胸板を押そうと思ったが 力が上手く入らず押せなかった 「その顔すっごいそそられるなぁ」 つかさくんは私の頬を撫でてきた 背筋がゾクゾクする なに、この感覚 「これ.... 以上はだめ、!おかひくなっちゃうから..... 」 「ふふ、いいよ?おかしくなっても受け止めてあげるよ」 そして今度は私の右目にキスを落とすと 唇に手を当てて撫でてきた 「じゃあもう1ラウンド開始... ね?」 そしてまた唇が重なった 少女 気が付くと放送室にいた、このまま居ると殺されてしまうかも知れない そう思い逃げようとしたが結局あと一歩の所で捕まってしまった 少年 放送室の鍵を開けていたのはわざと あとちょっとだった所を捕まえて絶望する顔が見たかったらしい いい趣味してんなこのやろう.

次の

【地縛少年花子くん】花子くん(あまね)がかっこいい・かわいい!ヤシロとの恋愛・キスシーンやつかさとの関係は?

地 縛 少年 花子 くん さくら

地縛少年花子くんは[月刊Gファンタジー]で連載されている漫画で、ストーリーが短編で進んでいくので、新しく登場する人物やお化けを覚えやすく、次の話では前回戦ったお化けが味方になったり、また敵として登場するのでキャラクターへの愛着も湧き、読み進めやすいです。 時々出て来る、 花子くんと同じ見た目の男の子が何者なのか、 花子くんの過去が読んでいくうちにわかることも読みたい気持ちを誘います。 さっそく【地縛少年花子くん】結末ネタバレを紹介していきたいと思います。 驚いたことに花子さんは、昔の学生服を来た少年で、 適当な恋愛グッズを進めてくるのでした。 呆れていた寧々ですが、その中に縁を結ぶ「人魚の鱗」を見つけ飲み込むと、水に濡れると魚になってしまう体になってしまいます。 人魚が家来として迎えに来たことに怯えていると、花子がもう一枚の鱗を飲んで、 寧々と花子に縁が結ばれました。 人魚は退散し、ほっとした寧々ですが、花子から学校の他のお化けの暴走を止める手伝いや、トイレ掃除を命じられるのでした。 最初は、花子を倒そうとした陰陽師家系の源コウも、紆余曲折ありながらも仲間になり、学校の怪談のお化けと戦ったりと、交流していくストーリーです。 一番最初に読んだ時の印象は、昔からよくあるお化けに、片思いを成就させてほしいと願い事をしようとする女の子が呼び出した、学校に伝わる「トイレの花子さん」が、 まさかの男の子で、 女子トイレの地縛霊として登場するのに笑ってしまいました。 ヒロインの女の子は 大根足を気にする、パワフルな女の子という組み合わせも良いと思いました。 「地縛少年花子くん」を知ったのは、先に友人が読んでいて、面白いということで単行本を貸してくれたことがきっかけです。 その後、自分でも単行本を買いました。 昔からある 学校の怪談やお化け、妖怪が好きな方におすすめです。 トイレの花子さんが男の子で登場するのには驚きましたが、絵が可愛らしいながらもホラーとしてゾッとする怖い描写もあり、見応えのある面白い作品です。 【地縛少年花子くん】最終回の結末ネタバレは? 地縛少年花子くんは現在も[月刊Gファンタジー]で連載中で、2019年9月現在11巻まで発売されています。 ですので、結末がどうなるのか誰にも分かりません!! 現在のストーリーは、花子くんがクラスメートで、前に亡くなったコウの友人が生きている世界に入り込んでいます。 花子くんは偽りであっても、皆が楽しく生きている世界で良いといいますが、本心がわからず、不気味で悲しみを感じるキャラクターになっています。 いったい寧々とコウがどうするのか気になるところです。 印象に残っているシーンは、もっけという小さないたずらをするお化けが、新しい噂によって誘拐をするようになったストーリーです。 花子くんからの罰と寧々が、ポジティブな噂に変えて流布したことで、 邪気が消え、 危険のない元のいたずらお化けにもどるところが好きです。 好きな登場人物は、 源コウくんです。 まだまだ陰陽師として未熟で勝手な行動をしがちですが、友達思いの暑い少年で好感が持てて共感しやすいからです。 さらに! 時間をかけてもいいから漫画をたくさん読みたい人には、「」がおすすめ! 無料入会で100ポイント+8,18,28日に各400ポイントずつ=900ポイント 一番多くポイントがもらえる電子書籍サービスなんです。

次の

【地縛少年花子くん】花子くん(あまね)がかっこいい・かわいい!ヤシロとの恋愛・キスシーンやつかさとの関係は?

地 縛 少年 花子 くん さくら

どのくらいの間走ったのだろうか 書斎服を着た男の子、つかさくんにキスされて、体の力が抜けて気が付くと見知らぬ部屋にいた つかさくんの部屋だと思うと怖くなって 鍵のかかってない部屋から出てきたのだ 「はっ、はっ、はっ、はっ」 胸が痛い、息ができない、血の味がする これ以上はむり.... ! 私はスピードを落として座り込んだ その時だった 「あれぇ?もう終わり??」 「っ!?」 つかさくんの声が聞こてた 寧々ちゃんに暴力を振ろうとした男の子の声が まさか私も寧々ちゃんみたいになっちゃうの... ? やだ!そんなの..... ! 「絶対に.... いやっ!!!」 震える足で必死に走った 足がもたついて転びそうになっても走った そしてぱっと見るとそこには理科室と書いてあった、後ろを見てもつかさくんはいない 隠れられるかもしれない 私は急いで理科室に入ると一番奥の机にしたに隠れた ガラガラ きた.... ! 「あっれ〜?ここに入ったと思ったんだけどなぁ、」 可笑しいなぁと言いながら理科室を徘徊するつかさくん 来ないでっ!と心の中で叫んだ 「隣かな?」 そう言うとつかさくんは理科室を出てった 今のうちにここを出よう そう思い立ち上がろうとした時だった 「みーつけた」 「あっ............ 」 後ろの方から声が聞こえた なんで?さっき出てったはず..... 「んもーかくれんぼ好きなの??」 俺と一緒だね!とくすくすと笑っていた 「なんで、、?どうして追いかけて来るの!?」 思わず叫んでしまった はっと気づいて口元に手を置く 怒られると思いぱっとつかさくんの方を向いた 「..... ?」 気が付くと目の前につかさくんの顔があった 唇に何かが重なる感触 キス.... されたんだつかさくんに 「んむぅ....... ぃやっ..... !」 くちゅくちゅと水音がする 腰がかくんとなって体を支えきれなくなった つかさくんは力の入らなくなった私を膝の上に乗せてしゃがみ込んだ それでもキスは止まらない 「ぷはぁ...... !」 「はぁはぁはぁはぁ.... げほげほっ!!」 つかさくんが満足した時、私の息はたえたえだった 「ふふ、やらしーかおしてるね!」 「俺のキスでこんなになっちゃうなんて、そんなに気持ちよかったの??」 きもちいい、顔がかぁーと熱くなった つかさくんの胸板を押そうと思ったが 力が上手く入らず押せなかった 「その顔すっごいそそられるなぁ」 つかさくんは私の頬を撫でてきた 背筋がゾクゾクする なに、この感覚 「これ.... 以上はだめ、!おかひくなっちゃうから..... 」 「ふふ、いいよ?おかしくなっても受け止めてあげるよ」 そして今度は私の右目にキスを落とすと 唇に手を当てて撫でてきた 「じゃあもう1ラウンド開始... ね?」 そしてまた唇が重なった 少女 気が付くと放送室にいた、このまま居ると殺されてしまうかも知れない そう思い逃げようとしたが結局あと一歩の所で捕まってしまった 少年 放送室の鍵を開けていたのはわざと あとちょっとだった所を捕まえて絶望する顔が見たかったらしい いい趣味してんなこのやろう.

次の