リセマラ スマホゲーム。 【デジモンカードゲームティーチングアプリ】最新情報で攻略して遊びまくろう!【iOS・Android・リリース・攻略・リセマラ】新作スマホゲームが配信開始!

リセマラおすすめゲームアプリランキング(リセマラ不要もあり)

リセマラ スマホゲーム

リセマラはスマホに負担がかかる しかしリセマラをすると何回もゲームをインストールして消してダウンロードしてまた消してっていうのを永遠と繰り返します。 スマホが大容量の通信をする時に、WiFi通信でバッテリーを消耗しますので、スマホに負担がかかります。 充電しながらリセマラをするというはバッテリーに大きな負担がかかりますし、バッテリーが膨張とか爆発とかしないか不安ですので充電しながらリセマラはまずいですね。 リセマラ中は充電しないほうがよいのですが、大量の通信をするとバッテリーを消費するので、ダウンロードしては充電の繰り返しになり、スマホに負担がかかるのです。 リセマラ時のスマホの負荷を避けるには? この負荷を避けるには、リセマラ用のスマホを手に入れるのがおすすめです。 リセマラをずっとやってると、バッテリーが劣化してしまうことがありますので、中古スマホをリセマラ専用で用意するのがおすすめというわけです。 iPhoneやギャラクシー、Pixelのような高級スマホでリセマラをするのはオススメできません。 なんといってもマラソンですからね。。 マラソンで走ることになるのはスマホなわけです。 毎日リセマラしてると、数カ月後に「なんだか電池の減りが早い気がする」なんてことになりかねませんので、高級スマホでリセマラはしないようにしましょう。 リセマラ用スマホの入手方法 リセマラ用のスマホを手に入れるためには、ヤフオクやメルカリで落札するのがおすすめです。 いくら安いモデルでも現行モデルの新品のスマホでリセマラをするのはよろしくないですよね。 ということで、お値段重視で古い中古スマホを入手して、リセマラ用に使うのです。 単にリセマラするだけならかなり古いスマホでも問題なくできるでしょう。 リセマラ用スマホを選ぶときの注意点 リセマラ用のスマホを選ぶときは、中古のスマホをできるだけ安く買おうと思うはずです。 しかしお値段重視になると古いスマホを検討することになりますので、OSバージョンとストレージ容量に注意が必要です。 OSバージョン ゲームのアプリにはそれぞれ動作環境が決まっていて、OSバージョンが古すぎるとインストールできないことがあります。 たとえば2019年10月現在では、 モンストは最低 Android4. 0以上が必須環境なので、Android4. 4ならプレイできます。 パズドラの場合は最低Android4. 4以上となるようで、Android4. 4の端末は結構多いのですが、今後大きなアップデートがあると推奨端末から外れてしまうかもしれません。 そのほか人気アプリのシャドウバースやプリコネもAndroid4. 4以上が必須環境です。 現状はAndroid4. 4があればいろんなアプリがインストールできますが、最低ラインなので今後のアップデートでプレイできなくなる可能性があります。 使っているスマホがインストールしたいアプリのOSバージョンの条件を満たさなくなると、Playストアでアプリを検索しても検索結果に表示されない!ということになってしまいます。 Androidの場合はその後のアップデートでAndroid5. 1を搭載したモデルが多いですが、Android5. 1ならしばらくは幅広いタイトルのアプリでリセマラができるでしょう。 ストレージ容量 もうひとつ注意したいのがストレージ容量です。 容量が小さすぎると最近のゲームがインストールできない可能性があり、非常に古いスマホだと、ストレージ8GBとかになっていることがあるのです。 リセマラをするアプリがインストールできるストレージが必要なので、最低でも16GBはあったほうが安心です。 できれば、ストレージ32GBあるスマホならより安心ですね。 2,000~3,000円で手に入るおすすめリセマラ用スマホ(Android) お値段重視で中古のリセマラ専用スマホを手に入れるなら、どんな機種がよいのでしょうか? メルカリやヤフオクで買うのを想定して、2,000~3,000円で手に入る中古スマホを紹介します。 au KYV37(京セラ)…1,500~2,000円ぐらい auの防水スマホ京セラのKYV37はヤフオクやメルカリなどでは中古品が非常に安く取引されています。 この機種は価格ドットコムのレビュー欄で非常に酷評されており、評価が5. 0満点で2. 0ぐらいでした。 動きが非常にもっさりしているということで使い勝手が最悪で、私も実際に使ったことがありますが頻繁にフリーズするのですぐに売り払いました。 本体はとても軽くて持ちやすかったし防水もあったのでその点はよかったのですが、、。 しかしとにかく中古価格が安いのでリセマラ用としてはよい選択しかもしれませんね。 au LGL22 (LG)…2,500円ぐらい かなり古いモデルですがLGのisai LGL22というモデルは中古相場がかなり安くなっており、2,500円ぐらいで買えます。 LGL22は使ってみた印象としては性能はかなりよく、動きも軽快で3Dでなければゲームアプリもサクサク動かせます。 古い機種ですが当時は高スペック機種だったのではないかと思います。 しかもジャイロスコープも入っていますのでDMMとかで購入したVR動画も見れてしまうのです。 古いモデルなのでバッテリーが劣化している可能性がありますが、そこが問題ない個体が手に入ればゲーム用に使えます。 ただしこのLGL22ですが、Androidバージョンがリリース時に4. 2で、その後メーカーのアップデートで4. 4になった機種なのでその点にも注意が必要です。 中古で入手したLGL22がアンドロイドバージョン4. 2の場合はモンストもパズドラもできません。 リセマラしたいアプリがインストールできないかもしれません。 この機種に限らずヤフオクやメルカリでゲーム用の端末を買うときは、出品者にOSバージョンを確認するようにしましょう。 リセマラしたいゲームの動作環境を確認して、使えるようならリセマラ用端末として活躍してくれるはずです。

次の

【犬夜叉】リセマラ当たりランキング!引き直しガチャ・最強キャラ一覧

リセマラ スマホゲーム

このページの目次• リセマラの意味 まずはリセマラの意味を解説していくと、 リセマラは「リセットマラソン」の略語でリセマラはゲームアプリで引ける最初のガチャで強いキャラクターを手に入れいるための方法です。 最初のガチャを引いて出なければアプリをアンインストール(リセット)し、再度インストールしてガチャを引くのを繰り返すのがマラソンのようなのでこの名前がつけられたそうです。 すべてのゲームでリセマラができるわけではない リセマラに関してですが、すべてのゲームで必ずリセマラできるわけではありませんし、かかる時間も様々です。 リセマラができない理由としてはアプリ内の情報が他のアカウント管理サービスと連携している場合でアンインストールしてもアカウントが消せないゲームアプリは基本的にリセマラができません。 リセマラができるかどうかは「ゲーム名 リセマラ」で調べると出てくるので新しいゲームを始めようと思っている方は事前に検索しておくことをお勧めします! リセマラの注意点 リセマラを行う上で注意点があります。 それは• リセマラ時にイベントが来ているか• Wi-Fiに接続しているか• 主人公の名前が後から変更可能か リセマラ時にイベントが来ているか リセマラを行う際に最強のキャラクターを手に入れたい場合はイベントが行われている期間にリセマラを行いましょう。 ゲームによって異なりますが、基本的にはイベント限定で排出されるキャラクターは通常キャラクターよりも強いキャラクターが多く、イベント期間中は最高レアキャラクターが引ける確率が2倍になるゲームもあります。 なのでイベント期間があと数日でくる場合はイベント開催まで待ってリセマラを行ったほうがお得になります! Wi-Fiに接続しているか リセマラを行っている時はひたすらゲームのインストールとアンインストールを繰り返します。 なので4Gで通信していると1日で速度制限になることも珍しくないです。 Wi-Fiにつながっても電波が悪い場合、4Gにちょくちょく切り替わることもあるので電波が悪い場合、機内モードにしながらWi-Fiにつなげれば4Gで通信されることはないので安心してリセマラができます。 主人公の名前が後から変更可能か リセマラを行っていると名前を「あ」とか一文字にしてしまいがちですが、ゲームによっては後から変更するのに石が必要だったり、変更自体不可能な場合もありますのでこちらも事前に調べておいたほうがいいです! リセマラの流れ ここでは簡単に一般的なリセマラの流れをご紹介します。 ゲームを立ち上げる(2回目以降はアンインストール後)• 会話や戦闘をスキップしてチュートリアルを終わらせる• ログインボーナス、メッセージなどで報酬を受け取る• 報酬でガチャを引く これの繰り返しでゲームを進めていきます。 また利用規約やプライバシーポリシーなどは課金に関わる内容も記載があるので初回時だけ必ず確認するようにしましょう。 会話や戦闘をスキップしてチュートリアルを終わらせる リセマラを行っている時は少しでも早く終わらせるため、会話や戦闘などスキップできるものは全てスキップしましょう。 会話に関しては後から再生できることがほとんどです。 スキップ方法に関してはゲームによって異なりますが• メニューアイコンをタッチしてスキップ• 画面をタッチしてスキップ• 画面を長押しで早送り のいずれかでスキップできる場合がほとんどです。 ただしチュートリアルに関してはリセマラ後再生できないことが多く、ゲームのやり方が分からないままリセマラが終わってしまうのでゲーム内容が複雑な場合は初回だけチュートリアルを見るようにしましょう。 ログインボーナス、メッセージなどで報酬を受け取る ガチャを回せる石はログインボーナスやメッセージなどの報酬に含まれています。 正月や、バレンタイン、夏休みなどイベントが行われている期間はログインボーナスが豪華になることが多くガチャで引けるキャラクターも限定のキャラクターが排出されるのでおすすめです! 報酬でガチャを引く リセマラで目指すキャラクターは基本的に最高レアのキャラクターを狙います。 ただし、最高レアでも下位のレアよりも弱いキャラクターがいるので事前にどのキャラクターが強いのかを確認しておきましょう。 その場合はいったん引継ぎコードを発行し、スクリーンショットを撮っておけばアンインストール後いつでも復活できるので少しでも迷ったら引継ぎコードを発行しておきましょう。 リセマラが楽なゲーム ここからは僕が実際にやっているゲームでリセマラが不要なゲームと楽だったゲームを合わせてご紹介していきます。 放置少女 〜百花繚乱の萌姫たち.

次の

【副業】リセマラ代行で稼ぐ方法・始める方法【スマホゲーム】

リセマラ スマホゲーム

そもそもリセマラとは何か? 「リセマラ」とは、 リセットマラソンの略称です。 リセットはゲームなどで初期状態に戻す、最初からやり直すという意味で使用されます。 マラソンは陸上競技の1つで42. 195km走りきる競技ですね。 ここでは長い距離をゴールへ走りきるという意味で使用します。 合わせると「やり直しを繰り返してゴールを目指す」ということになります。 では、いったいゴールとは何か? スマホゲームでのリセマラのゴールは、「レアキャラクター、レア装備を入手する」ことです。 つまりリセマラとは「 レアなものを入手するために何度もやり直しをする」ということです。 なぜリセマラをするの? ではなぜ多くの人はリセマラをするのでしょうか。 そんな疑問を抱く人もいるでしょう。 基本的には無料で遊べるけど、強いキャラや装備は課金して入手しましょうというシステムです。 そして課金対象の多くが「 ガチャ」です。 ゲームを始める上での敷居は低いですが、課金をしないと中々レアなものは入手できないのが現実です。 最近は無料でガチャを回せる機会を増やして、課金しなくても楽しめるゲームが非常に多くなりました。 ただし、ガチャというシステム上、同じようにプレイしても格差が生まれます。 同じ課金をしない人でも、ある人は激レアアイテムを持っているのに私は持ってない・・・ そんなことありますよね? ゲーム開始後のガチャでも同じように格差が生まれます。 リセマラは、せめて同じようなスタートラインに立つのことを目的として行います。 リセマラをすることで、 レアなものを入手した状態でスタートできるからです。 リセマラのメリットとデメリット リセマラは確かにレアなものを入手した状態からスタートすることができるので良いことでしょう。 ただし、ゲームによってはリセマラにかかる時間と得られる成果が釣り合わない物もあります。 メリット• ゲーム開始時にレアなものを入手できる• 序盤を攻略する上で余裕ができる デメリット• リセマラに時間をかけすぎてゲーム開始前に力尽きる• サービス開始直後のゲームにはアクセスが集中してサーバーに負担がかかる リセマラに時間をかけすぎて力尽きるというのは、冗談でなくありえます。 同じような説明を見て、同じ作業を繰り返すことで飽きてしまうことも・・・。 ですので リセマラを行う際は妥協点を見出すことも必要です。 リセマラってどうやるの? いろいろなやり方がありますが、代表的なものを紹介していきたいと思います。 ガチャの結果で納得がいかない場合は、以下のいずれかの方法で最初からやり直します。 アプリ内のプレイデータ消去機能• 機種変更コードを利用しての複数端末でのデータ移行• 複数のログインアカウント作成 アプリの削除・再インストール 最も代表的なやり方です。 国内メーカーの多くのゲームはこの方法でリセマラすることができます。 アプリ内のプレイデータ消去 ゲームの中には、最初からやり直しやすいように「 プレイデータ消去」機能を搭載している場合があります。 この場合は、 非常に簡単でアプリの再インストールなどが必要ありません。 機種変更コードを利用しての複数端末でのデータ移行 アプリの削除でプレイデータが消去できない場合、こちらの方法を用いる場合があります。 異なる端末にプレイデータを移行することで、元の端末のプレイデータを初期化することが目的です。 この方法では 2台のスマホが必要となるので、少々限定的なやり方となります。 複数のログインアカウントを作成 プレイする際に、ログインアカウントが必要となるゲームも存在します。 基本的には簡単に登録できるものが多いので、 新しいアカウントを作成して最初からやり直すことができます。 Facebookアカウント、Googleアカウントなどの外部アカウントが必要な場合は難しいです。 代表的なリセマラのやり方を紹介しましたが、どのやり方でできるかはアプリによって異なるため、 やり方を紹介した記事を参考にするのがいいでしょう。 当ブログでも紹介しているので、参考にして頂けると幸いです。 また、 ゲームによってはリセマラできない場合もあります。 紹介した方法ではプレイデータの消去ができない場合です。 海外産のゲームに多く見られます。 こういったゲームはリセマラすることはできませんが、ガチャの重要性が低く設定されているゲームが多いのも特徴です。 リセマラの終了はいつ? リセマラでは「レアなものを入手する」ことが目的ですが、ゲームが違えばゴールも変わってきます。 基本的にはガチャで入手できる物の中で 最高レアリティの物が対象となります。 最高レアの物が複数ある場合は、強さや使いやすさで評価が変わります。 配信開始直後のゲームなどでは評価しづらいのが実情です。 サービス期間が長いゲームなどは、攻略サイトなども充実してくるので参考にするといいでしょう。 当サイトとしては「 最低でも最高レアリティの物を1個入手しましょう」として紹介させて頂いています。 厳選する場合は、リセマラに長時間かかる可能性が高いので気をつけて下さい。 最後に リセマラは時間がかかる場合が多々あります。 本来ゲームをより楽しむために行うものなので、 できるだけ早くゲーム本編に移れるように妥協することも大切だと思っています。 できるだけ簡単な手順で時間をかけないようなやり方をご紹介できるようにしていきたいと思います。 今後も楽しんでゲームをしていきましょう!.

次の