前世の記憶 実話。 前世は「バイク事故で亡くなった高校生」! 転生前の記憶を持つ少年/インベカヲリ・スピリチュアルレポート|ムーPLUS

前世の記憶を語る勝五郎の転生事件。江戸時代にあった生まれ変わりの実話

前世の記憶 実話

前世の記憶が話題となったボリスカ少年 image: 彼は1996年1月11日午前8時30分、ロシアのヴォルゴグラード州で出生。 彼は生後わずか8ヶ月で完璧なおしゃべりができたのだという。 さらに火星について話をはじめ、太陽系の惑星や遠い銀河系についての知識も披露。 この時点でボリスカ少年がごく一般的な子供でないことがわかる。 ボリスカ少年は地球外の惑星の様子をはじめ、背の高さが3mにもおよんだ古代の人種が存在したこと、また将来の地球の気候変動についても語っている。 もはやこれだけでも驚きなのだが、人々はまたもボリスカ少年に驚愕した。 なぜなら、彼は火星人としての前世の記憶があると語り始めたのだから。 スポンサードリンク ボリスカが語った「火星人としての前世の記憶」 ボリスカ少年が火星人の前世の記憶があると語ったのは8歳のころだった。 ロシア人ジャーナリストのインタビューに次のように答えている。 「火星で14歳から15歳のときだった。 火星人は戦争ばかりしていて、友人と空襲に参加したこともある。 丸い宇宙船に乗って時間と空間を旅することができた。 地球の様子は三角形の宇宙船から観察していた」 「火星は何年も前に惑星規模の災害で大気を失ってしまった。 でも、火星人は地下に住んでいて二酸化炭素を呼吸しているんだ」 「火星人はとても背が高い。 7m以上でとてつもない能力をもっている」 驚きなのはこれらを外国語や特殊な専門用語を交えて訴えたことだ。 もちろん、このような話はいくらでも作り用があるわけだが、はたしてそれを完璧に8歳の少年が語れるものだろうか。 ボリスカ少年の前世の記憶についてUFO研究家や天文学者、歴史家などは揃って実話と見ているようだが、彼の前世の記憶や能力の由来についてはいまだ解明されていない。 ロシアアカデミーの科学者ヴラヂスァブ・ルゴヴェンコ教授はボリスカ少年を含む彼らについて以下のようなコメントをしている。 「人間とは異なるDNAの螺旋をもち、エイズなどものともしない強力な免疫システムをもっている。 彼らこそ我々の文明の未来を変えるということを確信している」 はたしてボリスカ少年が語った前世の記憶は本物なのだろうか。 仮にそれが実話だとするなら、今も火星の地下には火星人たちが暮らしていると思われるのだが・・・。

次の

前世は「バイク事故で亡くなった高校生」! 転生前の記憶を持つ少年/インベカヲリ・スピリチュアルレポート|ムーPLUS

前世の記憶 実話

福岡に「前世の記憶をもつ」男の子がいる。 前世の自分がバイク事故で死んだことや生まれ変わる瞬間など、その記憶は詳細でブレがないという。 そして驚くべきことに、この男の子は転生先を「自ら選んだ」というのだ! 文=インベカヲリ 「今のお母さんの声かわいくないよね」 「インベさんは声がかわいくていいですね。 私なんて息子から『前のお母さんはもっと声がかわいかった』とかいわれちゃって……」 それは、ほんの雑談から始まった驚くべき話だった。 私は写真家で、一般の女性を被写体にポートレート撮影をしている。 この日は都内某所で、福岡からやってきた野村知恵さんを撮影した帰りだった。 駅へと向かう道すがら、彼女はふと自分の息子、咲太郎君(現在7歳)の話を始めたのだった。 「うちの息子、自分のことを『咲ちゃん』って呼ぶんですけど、『前の咲ちゃんは、バイクに乗っとって死んだんよ』とかいうんですよね」 びっくりしてしまった。 それはつまり前世記憶ではないか。 この世に輪廻転生があることを示す重大証言である。 しかも知恵さんは、まるで世間話のように話している。 私が前のめりになって聞いていると、「そんなにおもしろいですか?」と意外そうだ。 私はより詳しく話を聞くため、後日改めて知恵さんに取材を申し込んだ。 咲太郎君が最初に前世の話を始めたのは3〜4歳のころ。 寝かしつけるため布団に入り、部屋を暗くしながら知恵さんが話しかけていると、「今のお母さんの声、あんまりかわいくないよね」と、唐突に話しはじめたという。 前世の記憶をもつ息子の野村咲太郎君と母の知恵さん。 自分のことをいわれたと思った知恵さんは「私ふけた?」と聞いたが、「ちがうちがう。 咲ちゃんが前の咲ちゃんだったときのお母さん」という。 さらに、「今度の咲ちゃんはバイクに乗らん」と続けた。 最初はの話かわからなかった知恵さんだが、その後も、必ず夜の寝入りそうなときに同じ話をするようになり、知恵さんは聞き役に徹した。 「もう寝ようかっていうときに、そういうモードに入っちゃうようで、ふっと思い出したように話すんです」 おもしろいのは、前世のことを話すには体力を使うらしいということだ。 知恵さんが続きを聞きたくても、「このお話はもうおしまい」といって、コトンと眠りに落ちてしまうという。 「バイクが怖い!」共通する奇妙な因縁.

次の

前世の記憶がある人の特徴や思い出し方

前世の記憶 実話

最近の子供たちは、胎内記憶の多い子供が多く 3歳前後になると語り出したり、聞いてみると答えるようですが 胎内よりももっと前の前世を記憶している人もいますね。 記憶していない場合でも 生きていく中で 好きな事、苦手な事、苦手な場所、心地よい場所などから想いだしていく場合もあります。 私の記憶は、 小さいころは 空に還りたいという想いがありました。 天からやって来た記憶があると言うよりも 天から来た感覚が当たり前にあったので みんな天から生まれて来たと思っていました。 そして今は、 終戦直後に 温かい場所でおかっぱ頭の女の子4歳(もうすぐ5歳という時)で 家も無くて家族も亡くなって外をさまよって餓死した記憶が出てきています。 この記憶が出て来る前までは、 プロペラ機の音と自衛隊の人が怖くて、震えて隠れるほどでした。 戦争時代に興味は無かったのですが、 アメリカ人よりも日本の兵隊さんや近所の人が怖かったんだよと 言ったことが何度かあります。 そして、 今は大好きな沖縄ですが 15年くらい前までは怖くて怖くて絶対に行きたくないと思っていました。 買い物を後回しにしてテレビを真剣に見だしたことを、 未だに子供達も、驚いたと言っています。 そして対馬丸が沖縄の疎開する子供達が乗っていたと知ったのは2年前 沖縄へ恐る恐る行ってみたのは12年ほど前で 怖いのに好きな場所なので行き続けていました。 そして昨年、久米島を知ってとても行きたくなって あ~懐かしい。 と感じました。 今まで感じたことが無いくらい懐かしいので 此処に居たんじゃないかなと思うようになりました。 久米島に付いて調べると 日本軍に虐殺され、島民同士も疑心暗鬼の中で外で過ごし 未だに、当時の事はかたりづらいという事を知りました。 この状況がとても今の自分の人生のデジャヴで 毒親が、突然シカトしだしたり態度を変えたり 自分の再婚の為に私を色んな形で私を処分しようとしたこと 常に敵味方を分けて、誰かを裏切り誰かを味方に付けることや 中学時代の順番のいじめでも周囲が全く同じで 自分を守るためには、誰かを犠牲にすることが出来てしまう人達が多く居ました。 だから、人間は 突然裏切るし突然態度が変わると言うのが当たり前だと思っていましたが、 実際には 前世の記憶から思い込んでいたもので 今となれば、そんな人のほうが変なんだと解るのですが、 まだまだ、突然裏切られるという恐れは完全には手放せないでいます。 この部分の魂の記憶や、潜在意識をクリーニングしたいのですが、 これだけは根強いです。 なので私はここのところ久米島に行き続けています。 明日からもしばらく行ってきます。 行く度に、優しすぎる島民と出会ったりして 本当に心地よく温かい場所でなので、気が済む感じがしています。 久米島は あんな怖い幽霊は見たことが無い。 二度と行かない。 という人もいるのですが 戦時中の霊はもう昇華しているのを感じるので怖くないです。 きっと見ているのは、まだ浅い浮かばれないもので その人の波動が引き寄せたものだと思います。 傍から見て居れば捏造のように感じても 実際に自分が受けて見れば 自分が記憶をたどって、自分が自分で前世を見て話しているので 無理に言わされていたりするものではない事が解ります。 ヒプノセラピスト、前世後退催眠などと検索してプロのセラピストを探して 受ける事もできます。 また、 トラウマは 現生の出来事だけでなく 魂に刻まれてしまった記憶の場合も在るので 行きたくなった場所へ行って したい格好(服装)をする 食べたくなったものを食べるようにしていくと良いです。 突然の自分の嗜好の変化も受け容れていくことで 前世の自分に近づいて記憶が蘇る事があったり 前世の記憶に触れる事で 今生の生き難さが解消していったりします。 殆どの魂は、家族を大切にしてほしい思いや平和を願っています。 なので、それぞれが自分の魂が望んでいる事に気が付いていくことは せれぞれの潜在意識の書き換えと同じく 今後創り出す世界が平穏であるために重要です。 幸せを感じる為に不幸があって 善を知るには悪が必要だ。 などは、聞けばもっともらしいけれど 本当は全部が良い方が良いに決まっていて 不幸や悪の下に幸福や善を知ったところで共存していたらいつまでも進化しないです。

次の