新しい 地図 記号。 日本の地図記号の一覧

新しい地図記号 [Link]国土地理院初の公募。小学生の案が採用

新しい 地図 記号

ピクトグラムはどう変わる? ピクトグラムはほとんどの方が、どこかで見かけたことがある案内記号。 例えば生活圏内では… とか、普段目にすることがありますね。 それ以外にリオ五輪では各競技を表すのにも使われました。 そもそも、ピクトグラムが広まるきっかけになったのは、1964年の東京五輪だったんです。 来日する選手や観客のために競技種目やトイレなどがひと目でわかるように、当時の人が脳汁を絞り出して考案し、広まっていったそうです。 その後、日本工業規格 JIS規格 で定められたピクトグラムは約140種類と増えましたが、その約70種が、国際標準 ISO と異なり外国人には伝わらないそうです。 ご存じのとおり、2020年は東京五輪が開催されます。 それまでに、混乱をさけるための改定をしようというわけです。 <検討される新しい案内用図記号の例> さて、2020年に向けて、経済産業省はピクトグラムのJISを改め、国際標準に揃える検討会を2016年7月に発足させました。 2016年度中に改定する図案を決め、2017年度度には改正を行う予定です。 また、現状のピクトグラムでは対応しきれないということもあり、無線LANが利用できる場所やイスラム教徒がお祈りできる祈祷室など旅行者に必要な図記号も約40種類追加するそうです。 ちなみに、高島屋新宿店では、外国人観光客の増加に伴い早くから百貨店初の祈祷室を設置し、独自のピクトグラムを使用しています。 なお、変更が検討されているピクトグラムの例は次のようなものです。 さらに、追加されるものは以下のものです。 他に追加されるピクトグラムがどんなものか気になりますね。 <2017. スポンサーリンク 地図記号も新しくなる! 日本の基本となる地図を作成している国土交通省の付属機関・国土地理院は2016年3月、外国人向けの地図記号15種類を発表しました。 ちなみに、我々日本人が使う地図記号は今まで通り変わることはないです。 でも、両方知っているといざ外国人旅行者に道を聞かれても対処できるので頭の片隅に置いておくといいかもしれませんね。 新しい駅名標はこうなる JR東日本は、各駅に固有ナンバーを割り当てる「駅ナンバリング」を首都圏エリアでスタートさせました。 駅ナンバリングは、首都圏の地下鉄や私鉄ですでに導入されています。 JR東日本もオリンピック・パラリンピックなどで増加する外国人観光客に対し、分かりやすく案内できるよう導入することとなりました。 例 東京=TYO、新宿=SJK まとめ いかがでしたでしょうか? 2020年に向けて案内サインをはじめ、東京の街の様子も少しずつ変わっていくことだと思います。 また、久しく東京に行ってない方も、その変わりように驚くでしょうね。 さて、ピクトグラムの改定に対して、反対の声も上がっているそうです。 例えば、群馬県安中市の「磯部温泉」が、温泉マークを変更しないように経済産業省に要望を提出。 磯部温泉では「温泉記号発祥の地」を謳いPRをしています。 さらに、2月22日を「温泉マークの日」に制定し、最大の売り物にしているほどです。 安中市では現在使用している温泉マークが、JISにより別のマークに制定されると、今までのイメージが薄まり忘れ去られると懸念しています。 また、安中市以外に大分県からも同じような要望が経産省に来ており、検討会も頭を悩ませているのではないでしょうか? 歴史あるピクトグラムを外国人観光客のために変更する…おもてなしする側の日本としては、難しい問題ですね。 ただ、温泉マークは歴史があるものなので、現状のものを海外の人に覚えてもらえばいいのではないでしょうか? 何でもそうですが、行き過ぎた親切は過保護になる得るので、おもてなしと過保護をはき違えないよう物事が進めばいいのですが…。 でも、検討会の関係者はどっちつかずの事柄を決めるのは大変です。 なんとか、いい落としどころを見つけてください。 あわせてこちらもどうぞ.

次の

新しい地図記号 [Link]国土地理院初の公募。小学生の案が採用

新しい 地図 記号

国土地理院が発行している地図上に使われている、建物や土地利用の様子などをあらわす地図記号。 社会科では頻出の、地形図の読み取り問題を解くために不可欠な知識であるとともに、近年新しい地図記号が追加されたこともあり、時事問題として扱われる可能性もあります。 今回は、新しい地図記号を中心に、つくられた背景などを探っていきましょう。 クイズde基礎知識 最近追加された次の地図記号は何をあらわしている?/新しい地図記号が追加されたのはいつ?/新しい地図記号は日本のどのような社会の状況と関係している? 時事問題を学ぶきっかけになる題材をクイズ形式でご紹介します。 基本情報の整理に、親子で時事問題について話題にするきっかけに、入試・適性検査対策に、お役立てください。 Q1 最近追加された次のような地図記号は何をあらわしている? A.海水浴場や登山道などの観光施設 B.災害が起きた時の緊急避難場所・避難所 C.陸上競技場やプールなどのスポーツ施設 A1 正解は 「B.災害が起きた時の緊急避難場所・避難所」 です。 この地図記号は、以下のように数種類の記号が組み合わさってできており、施設の種類や対応している災害をあらわしています。 緊急避難場所 災害が起こった時、まず逃げ込む場所として設定されているのがこの「緊急避難場所」です。 避難所 この「避難所」は、被害を受けた人たちがしばらく滞在して生活することができる場所として設定されています。 緊急避難場所兼避難所 「緊急避難場所」と「避難所」の両方の役割をはたすことができるのが、この「緊急避難場所兼避難所」です。 また、以下のような災害の種類ごとに設定された記号を緊急避難場所や避難所の記号の横に配置することで、どのような災害の時に利用できる施設なのかがわかるようになっています。 また、対応する災害が限定される場合など注意事項がある場合や火山など特定地域の災害については赤い感嘆符で示し、ポップアップでメッセージが表示されるようになっています。 この地図記号は、国土地理院が作成する地図に使われるほか、地方公共団体が発行する、災害が起こった時の被害の範囲などを示した地図(ハザードマップ)にも使われる予定です。 Q2 Q1の地図記号が追加されたのはいつ? A.太平洋戦争終結後の1946年 B.東京オリンピック実施後の1965年 C.東日本大震災後の2014年 A2 正解は 「C.東日本大震災後の2014年」 です。 2011年に発生した東日本大震災の経験から、2014年4月に災害対策基本法が改正され、市町村に災害に備えた避難所を指定するように定められました。 この新しい地図記号は、そうして指定された避難所が地図上ですぐにわかるよう、有識者や一般の人々の意見も取り入れ、改正と同時に作成されました。 この地図記号は、市町村が定めた避難所等の位置に基づいて「地理院地図」や内閣府の総合防災情報システムなどで利用されることになります。 災害対策基本法は、1959年に発生した伊勢湾台風による大きな被害を教訓に、防災対策をすすめるため、国や地方公共団体が防災対策のためにしなければならないことなどを定めた法律です。 東日本大震災では、地震に加えて津波による被害が非常に大きかったことから、災害が起きた時に逃げ込める安全な場所である避難場所や避難所の重要性がよりさけばれるようになり、そういった場所をより充実させるため、法律が改正されました。 新しい地図記号もそのような背景を受けて作成され、防災対策に一役買っているのです。 Q3 次の地図記号は日本のどのような社会の状況と関係している? A.高齢社会 B.情報社会 C.グローバル化 A3 正解は 「A.高齢社会」 です。 建物の中に杖が描かれているこの地図記号は老人ホームで、2006年に新しく追加されました。 人口に占める高齢者の割合が高くなる高齢社会になると、高齢者の介護などを行う老人ホームの数も多くなってきます。 それを受けて、この地図記号は作成されました。 2006年には、老人ホームに加えて、以下のような地図記号も追加されました。 大きな風車の形をしたこの地図記号、何をあらわしているでしょうか。 答えは「風力発電用風車」です。 近年、石油や石炭などの燃料を使った火力発電は燃料不足になる心配があり、また原子力発電はその安全性を心配する声があがっていることから、風や水、太陽光などの自然の力を使った発電が注目されるようになってきました。 この地図記号も、そういった社会の状況を背景にしてつくられたのです。 < 前へ• プロフィール.

次の

温泉マーク変更?東京五輪に向け変わるピクトグラムや地図記号一覧

新しい 地図 記号

地図記号をなぜ変更するの? 日本政府観光局の統計によれば、2016年2月の訪日外国人の数は189万1千人となり、2015年の138万6千人から大きく伸びています。 2020年に東京オリンピックを控えていることもあり、この動きはますます加速するでしょう。 そんな中、ニュースでよく耳にするのが「地図記号の変更」です。 地図記号は国土地理院が策定するものですが、従来の地図記号だと訪日外国人が分かりにくい、間違いやすいという理由から、ユニバーサルピクトグラムとして外国人にも分かりやすい地図記号に変更しようしようじゃないか、という考え方で変更案が検討されています。 2016年3月30日の発表によれば、「外国人にわかりやすい地図を作成するための標準として、地図に記載する地名等の英語表記ルール及び外国人向け地図記号15種類を決定し・・・」とあり、今後地方公共団体や民間の地図会社にも周知していくとのことです。 2016年3月に決定された新しい地図記号。 卍はどうなる? 今回決定された地図記号は、以下のとおりです。 gsi. pdf 郵便局は手紙の記号に、交番は警察官の記号にと、それぞれ変更になっています。 ここで注目したいのが、今回策定された中に寺院の記号である卍が入っていないことです。 当初、卍は外国人観光客に馴染みがなく、分かりにくいとのことで、三重塔の記号に変更することが検討されていました。 その他、ヨーロッパの人にとっては嫌な記憶を想起させるという理由もあったのでしょう。 しかし、パブリックコメントの意見を集めた結果、「寺院の地図記号として卍記号を尊重すべき」、「卍記号の由来等を説明し、外国人に理解してもらうべき」、「従来記号の卍と外国人向け記号の三重の塔との2つの記号が存在すると混乱する」ということから、今回は決定が見送られました。 卍の由来について そもそも、卍はヒンドゥー教や仏教で用いられる、吉祥の印として昔から用いられてきました。 最も古い卍は新石器時代のインドで見られたとか。 日本では奈良時代の薬師寺本尊である中尊の薬師如来の掌と足の裏に描かれたものが現存最古の例とされ、非常に古い歴史があります。 卍が地図記号として用いられたのは、明治13年からになりますので、日本人なら誰もが知っている記号です。 今回は、卍の地図記号を変更しないことになりました。 変更された地図記号を覚える努力を 外国人観光客が増えているからといって、すべて外国人に合わせる必要はなく、卍記号にしてもしっかりと、その由来と使っている意味を説明し、分かってもらおうとすることも大事です。 外国人観光客は日本に何を求めているか? それは、自分たちが知らない文化への好奇心じゃないでしょうか。 日本らしさをより分かってもらうためには、こうした歴史ある記号はそのまま残すべきだと思います。 とはいえ、分かりやすさとのバランスは必要なことです。 今回策定された地図記号の変更は、これから作成・発行される地図に反映されていきますし、学校の教科書や授業でも習っていきます。 我々大人も、新しい地図記号をしっかり覚えておかないと、「外国人が分かるのに、日本人は分からない」という、とても恥ずかしい事態になってしまいます。 しっかりと、新しい地図記号を覚えないといけません。

次の