ローザンヌ バレエ 2020。 第48回 ローザンヌ国際バレエコンクール 2020 日本人参加者の予選動画を紹介

2020年ローザンヌ国際バレエコンクールはモントルーにて開催、夏季ヨーロッパ選抜も行われる|チャコット

ローザンヌ バレエ 2020

2020年2月2日〜9日スイスのモントルーで開催される第48回ローザンヌ国際バレエコンクール出場者が発表された。 44カ国から応募した377名(女子301名、男子76名)について、10月24日から27日の4日間に渡ってパリ・オペラ座バレエ学校長エリザベット・プラテルほか9名のバレエ識者が映像審査を行い、76名(女子51名、男子33名)が通過した。 国別内訳では、日本からの応募者が78名(女子65名、男子13名)と最も多く、次いでオーストラリア62名(女子48名、男子14名)、アメリカ60名(女子49名、男子11名)と続く。 ビデオ選考後も日本国籍保有者が最多で13名(女子8名、男子5名)、次いでオーストラリア12名(女子8名、男子4名)、アメリカ9名(女子6名、男子3名)だった。 ビデオ審査通過者76名に加えてヨーロッパ、中国、ブラジルでの予選通過者のうち8名が本戦に出場するため、現時点では合計84名が出場予定となっている。 日本人応募者のうち映像審査通過者は以下のとおりで、15、16歳のAグループは全て国内バレエスクールで学ぶ生徒が選ばれ、17、18歳のBグループでは男女とも海外で学ぶ留学生が多数を占めている。 世界最高峰のバレエスクール関係者は審査員を務めると同時にワークショップでコンクール出場者のクラスレッスンを行う。 子どもたちの技術や表現力が日毎に磨かれていく様子は、みどころのひとつとなっている。 審査結果は以下のとおり。 ワールドレポート• 過去の記事• 2020• 2019• 2018• 2017• 2016• 2015• 2014• 2013• 2012• 2011• 2010• 2009• 2008• 2007• 2006• 2005• 2004• ジャンル別に見る•

次の

2020年ローザンヌ国際バレエコンクールはモントルーにて開催、夏季ヨーロッパ選抜も行われる|チャコット

ローザンヌ バレエ 2020

Haruka Tonooka, 313 — Prix de Lausanne 2020 — Contemporary Chroma 山田ことみ(やまだ・ことみ)【317】 女子B(17歳) 残念ながら、山田ことみさんの予選の動画はありません。 その理由は、コンテンポラリーのレッスン中に左足の小指を骨折し、棄権を余儀なくされたからです。 山田さんと決戦で1位になった Marco MASCIARI(マルコ・マシャーリ)さんとは、モナコ・プリンセス・グレース・バレエ・アカデミーでのクラスメートの間柄です。 マルコ・マシャーリさんは、受賞直後のステージ上のインタビューで、一緒に切磋琢磨してきた山田さんに「ことみ、これは僕たち2人のメダルだよ」と語ったそうです。 (詳しくは参考リンクをご参照ください) 【参考リンク】 ・(山田ことみさんの出身スクール) ・ 最後に 今回は、第48回 ローザンヌ国際バレエコンクール 2020 の日本人参加者(出場者)のクラシックおよびコンテンポラリーの動画を紹介しました。 入賞はなりませんでしたが、皆さん、とてもレベルが高いと思いませんか? ローザンヌ国際バレエコンクールでの経験をこれからのダンサー人生の糧にして道を切り開いていって欲しいですね! 山田ことみさんの予選(準決勝)の動画がありませんが、それはコンテンポラリーのレッスン中に足を骨折してしまったために棄権せざるを得なかったためでした。 同じモナコ・プリンセス・グレース・バレエ・アカデミーで学ぶマルコ・マシャーリさんは、決戦(決勝)で1位となり、 一緒に切磋琢磨してきた山田さんに対して「ことみ、これは僕たち2人のメダルだよ」と語ったということには胸が熱くなりました。 そんなことを言えるマルコ・マシャーリさんはとてもステキですね! それを客席で聴いていた山田さんは、「嘘やろって、涙がぶわーっと流れ」てきたそうです。 これは、もしかしたら1位になる以上の感情を揺さぶられた体験だったのではないでしょうか?! 今まで一所懸命に努力してきて、予選直前に怪我をし、予選の舞台に上がれなかったことの悔しさは言葉にできないほどつらいことだったと思います。 しかし、一緒に頑張ってきた仲間が1位になり、その仲間からこんな言葉をもらえるなんて、こんな展開を誰が想像できるでしょうか?! まるで映画を見ているようではありませんか! このように書いているだけでも「うるうる」してきます。 山田さんが予選に出場できてもできなくても、入賞してもしなくても、バレエ人生は続いていきます。 そして、バレエ人生において、これほどの辛さ、嬉しさといった感情を深く体験する機会なんて、そうそうあるものではありません。 この貴重な経験が、これからの山田さんのバレエ人生にとってかけがえのない宝物となり、大きな力を与えてくれるはずです。 1位になる以上に大きな影響を与える経験にも成り得ます。 怪我による棄権はとても残念ですが、このような経験をしたからこそ見えた景色もあるはずです。 まずは、怪我の治療とリハビリに専念し、表現者として一回りも二回りも成長した姿を見せてくれることを期待したいと思います。 なお、上位入賞者、その他賞受賞者の動画は次の記事にまとめています。 マルコ・マシャーリさんが決戦後のステージでスピーチする動画は次の記事の一番最後に紹介しています。 (第6日 決戦/結果発表・表彰).

次の

【結果発表!】ローザンヌ国際バレエコンクール2020

ローザンヌ バレエ 2020

2020年2月2日〜9日スイスのモントルーで開催される第48回ローザンヌ国際バレエコンクール出場者が発表された。 44カ国から応募した377名(女子301名、男子76名)について、10月24日から27日の4日間に渡ってパリ・オペラ座バレエ学校長エリザベット・プラテルほか9名のバレエ識者が映像審査を行い、76名(女子51名、男子33名)が通過した。 国別内訳では、日本からの応募者が78名(女子65名、男子13名)と最も多く、次いでオーストラリア62名(女子48名、男子14名)、アメリカ60名(女子49名、男子11名)と続く。 ビデオ選考後も日本国籍保有者が最多で13名(女子8名、男子5名)、次いでオーストラリア12名(女子8名、男子4名)、アメリカ9名(女子6名、男子3名)だった。 ビデオ審査通過者76名に加えてヨーロッパ、中国、ブラジルでの予選通過者のうち8名が本戦に出場するため、現時点では合計84名が出場予定となっている。 日本人応募者のうち映像審査通過者は以下のとおりで、15、16歳のAグループは全て国内バレエスクールで学ぶ生徒が選ばれ、17、18歳のBグループでは男女とも海外で学ぶ留学生が多数を占めている。 世界最高峰のバレエスクール関係者は審査員を務めると同時にワークショップでコンクール出場者のクラスレッスンを行う。 子どもたちの技術や表現力が日毎に磨かれていく様子は、みどころのひとつとなっている。 審査結果は以下のとおり。 ワールドレポート• 過去の記事• 2020• 2019• 2018• 2017• 2016• 2015• 2014• 2013• 2012• 2011• 2010• 2009• 2008• 2007• 2006• 2005• 2004• ジャンル別に見る•

次の