ヨーグルトメーカー カスピ海ヨーグルト 失敗。 ヨーグルトメーカー アイリスオーヤマ 飲むヨーグルト 牛乳パック 簡単 IYM

【L

ヨーグルトメーカー カスピ海ヨーグルト 失敗

Contents• 自家製豆乳ヨーグルトの種菌は市販ヨーグルトがおすすめ 豆乳ヨーグルトを手作りする際に使う菌は、玄米からの植物性乳酸菌を使う方法もありますが、上手に扱わないと雑菌も繁殖しやすいということで上級者向けだと思います。 それで、 市販のヨーグルトを種菌として使って増やすのがおすすめ。 商品名を挙げちゃいますと、「ビヒダス」とか「恵」とか「ナチュレ」とか「ブルガリア」などなど、プレーンヨーグルトならなんでもいいです。 ただプレーンヨーグルトが売り切れの場合は、加糖のものでもできます。 液状の「R-1」や「LG-21」などでも大丈夫。 ただし、「フルーツ入り」や寒天で固めたタイプのヨーグルトではちょっと難しいです。 おすすめのヨーグルトメーカーはパックそのまま入れられるタイプ 自家製のヨーグルトの注意したい点は、やはり衛生的に作れるかどうか。 使う容器やスプーンをしっかり殺菌すること、雑菌の混入をできるだけ防げる環境をつくることがポイントになります。 それで私が気に入っているのは、牛乳パックそのままをセットできるタイプのヨーグルトメーカーです。 これだと牛乳を入れ替える必要もないし、食べ終わったあとはそのまま捨てられます。 私の持っているヨーグルトメーカーは温度調節機能などはない単純な作りなので、比較的価格が安いのも嬉しい点。 1500円前後で購入できますから、10回も使えばすっかり元をとることができます。 ヨーグルトメーカー• 無調整豆乳 1000㏄• ヨーグルト種菌 大さじ3 うちではヨーグルトメーカーの形が牛乳パックをセットするタイプなので、牛乳パック型の豆乳を選んでいます。 (もし牛乳パック型の豆乳を見つけられなかったら、飲み終わった牛乳パックをしっかり洗浄したものを容器として使うという方法もあると思いますが、私自身は試したことがありません) 1.まず、パックの口を全開にし、種菌を入れる分、あふれないように豆乳を少々カップに取り出します。 2.豆乳のパックにヨーグルト種菌を入れ、よくかき混ぜます。 かき混ぜるのには柄の長いスプーンか、菜箸が便利。 どちらも雑菌が入らないよう清潔なものを使います。 3.パックの上部をクリップなどで留め、ヨーグルトメーカーにセットします。 そのまま8時間ほどで固まります。 4.ヨーグルトメーカーから取り出し、冷やしてできあがり。 クリームチーズのように濃厚な豆乳ヨーグルトができました。 そのまま味わうと酸味はあまりなく、ゆるいお豆腐のような味わい。 豆乳だから当然ですね。 でも甘みのあるフルーツや、ハチミツなどを足して食べると、ヨーグルトそのもの。 豆乳の豆臭さが苦手という人も多いですが、豆乳もメーカーによって全然味が違いますので、好みのものを探してみるといいですね。 ちなみに、私が豆乳ヨーグルトを作るのに使っていた牛乳パック型の豆乳は、かなり豆の味がしっかりする製品です。 豆乳で牛乳パック型のものがこれしか見つけられなかったので、作るとしたらいつもこれなのですが、別の豆乳だともっと甘かったりあっさりしていたりする印象があります。 豆乳ヨーグルトは糖質オフにもなる 豆乳は牛乳に比べて糖質がとても少ないです。 牛乳の糖質がカップ1杯約10gに対し、豆乳だと約6gです。 牛乳から作るヨーグルトと比べると豆乳ヨーグルトの方が糖質を抑えられるというわけ。

次の

カスピ海ヨーグルトを種菌から作ってみた。固まらず失敗した原因は?|スーログ

ヨーグルトメーカー カスピ海ヨーグルト 失敗

カスピ海ヨーグルトとは? 黒海とカスピ海に囲まれたコーカサス地方ジョージア(旧グルジア)がカスピ海ヨーグルトのふるさとです。 ジョージア(旧グルジア)ではマツォーニと呼ばれるヨーグルトがたくさん食べられていますが、地方の手づくりヨーグルトには種々の乳酸菌が混在しています。 生乳を自然に発酵させたものを種菌として加えて、発酵させたものには強い粘りが出るものがあり、地方ではそのようなヨーグルトも食べられています。 そのため、私は食べる際にはレンジで20秒ほどあたため ホットヨーグルトにして、食べる頻度は毎日ではなく小腹がすいた時などのおやつ代わりとして食べています。 お腹がゴロゴロ「乳糖不耐症」でも安心 カルシウムや鉄分の吸収を助け整腸作用がある「乳糖」ですが、日本人の中にはこの乳糖を分解できず、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするという「乳糖不耐症」の方がいます。 しかし、ヨーグルトなら乳糖がすでに20〜30%分解されており、乳酸菌が出すラクターゼという酵素が残りの乳糖も体内で分解されますので、乳糖不耐症の人でもヨーグルトを安心して召し上がれます。 カスピ海ヨーグルトの効果 カスピ海ヨーグルトにはこんなにありがたい作用が盛りだくさん!• 整腸効果• 美肌効果• 免疫調整効果• 生活習慣病抑制効果• アレルギー発症物質低下効果 など ヨーグルトメーカーを使った「カスピ海ヨーグルト」簡単レシピ では、実際にヨーグルトメーカーを使った作り方をご紹介します。 牛乳 450ml 低温殺菌牛乳・乳飲料・加工乳以外• 使用する牛乳は、低温殺菌牛乳・乳飲料・加工乳以外の牛乳を使用する。 種類別の欄に牛乳と記載のあるもの。 冷蔵庫から取り出したばかりの牛乳を冷たい状態でそのまま作り始めるとうまく発酵が進まないので一度あたためることをおすすめします。 直火や電子レンジは使用しないでください。 熱湯消毒し、雑菌を入れないように気を付ける。 消毒後は軽く水を切って、ふきんは使わず、容器の内側や材料にふれないように。 私もこれからも楽しみながら腸活ライフを送っていこうと思います。

次の

カスピ海ヨーグルトを種菌から作ってみた。固まらず失敗した原因は?|スーログ

ヨーグルトメーカー カスピ海ヨーグルト 失敗

腸に届いて元気になれる カスピ海ヨーグルト ヨーグルトと言えば、ビフィズスヨーグルトやブルガリアヨーグルトが有名ですが、最近フジッコの「カスピ海ヨーグルト」をよく食べています。 とにかく粘りがすごいのです。 このヨーグルトの乳酸菌であるクレモリス菌は生きて大腸まで届くので、便秘にもよく効き、メタボ改善にも効果のあるヨーグルトです。 「カスピ海ヨーグルト」の効能() ・高い整腸作用による便通の改善 ・アトピーや花粉症などのアレルギー症状の改善 ・ウィルス性疾患の予防 ・メタボリックシンドロームの予防・改善 ・糖尿病の予防・改善 腸内に届く凄い効能 私の場合、このカスピ海ヨーグルトを食べて2時間くらいすると、お腹から乳酸菌がギュルギュルと戦ってる音がします。 もし最初に食べられる方は威力が絶大なので、最初は一回100gくらい召し上がるのが良いかと思います。 ヨーグルトメーカーでお安く量産 ただし このヨーグルトは お値段が結構するので、毎日食べるとなると経済的に痛かったりします。 ですので自分でヨーグルトを作れないかと調べていたら、 ヨーグルトメーカー を見つけました。 これは約1700円と格安で、在庫があったので、光の速さで購入してみました。 HG-Y260 箱の中には、このように本体とマニュアルと計量カップ(75ml)が入っていました。 この製品に牛乳パックをセットすれば、種菌(ふつうのヨーグルト)をいれるだけでヨーグルトを増やすことができます。 毎回新しいパックで作れるので、衛生的な所がいいです。 「カスピ海ヨーグルト 専用ボタン」がついている カスピ海ヨーグルトの乳酸菌はクレモリス菌といいます。 この菌を増やすためには通常よりもやや低い20~30度くらいの温度で温めるのが理想なのですが、このマシンには そのための専用ボタンが付いています。 パックをセットしたらこのボタンを押すだけで あとはずっと適温で保温してくれます。 発酵時間は長めで大丈夫! 最初はタイマーがついていないから不安でしたが、ヨーグルトを作る時は 推奨発酵8時間とあっても、そんなに神経質になる必要はないようです。 テストのために1日温めてみましたが、おいしく食べられました。 むしろ発酵時間が短いほうが乳酸菌が活動できず失敗する確率があがるようです。 ヨーグルトは24時間発酵させても腐らない ヨーグルトは乳酸菌の出す乳酸で牛乳が酸性になるから固まるのですが、基本的にヨーグルトができた場合、それはPH4. 6以下の酸性に傾いています。 このPH4. 6以下になると漂っている微生物は軒並み活動できなくなります。 ですので 雑菌がちょこっとぐらい降りても繁殖できないのです。 特に、カスピ海ヨーグルトの場合は、表面に共生する酢酸菌が表面に皮膜を作るので、後から混入する雑菌も少ないです。 私も最初は「長く温めると腐るのでは?」と思っていたのですが、大学の研究ではヨーグルトを36時間温めていたりしますし、発酵が完全にストップして乳清が出るまではだいぶ時間があるので 少しくらい長く温めても大丈夫なのです。 ただ 会社勤め等で帰ってこれないから電気代を節約するために指定した時間で切りたいという方もいらっしゃいますので、そんな時には低価格のを使われると良いと思います。 底面と背面にヒーターが付いており、電源を入れて触るといい感じに保温してくれます。 いよいよヨーグルトづくり 一晩で3倍になった 自家製カスピ海ヨーグルト さっそく「成分無調整牛乳」とフジッコのカスピ海ヨーグルトを使って作ってみました。 フジッコの製品には「種菌として使用するのはおすすめできない」とありますが、問題なく作れます。 セットして12時間後でこの通りです。 独特の粘りも完全に再現できています。 今日の室温は15~23度でしたが HG-Y260のお陰で保温もうまくいったようです。 レビュー得点ではトプランのヨーグルトメーカーに負けていて 少し不安でしたが、性能は負けていません。 ちなみに作っている途中で、牛乳パックがやや膨らんできたり、ヨーグルトのニオイがしてきたら良いサインなのでご安心下さい。 フジッコ 今回作ったカスピ海ヨーグルト 食べてみても ほぼ同じ品質、同じ粘りでした。 フジッコは400gで270円くらいしましたが、これがあれば、そのうち100g使ってほぼ1000mlのヨーグルトに殖やすことができます。 たった一晩で3倍になるので食べ放題です。 もちろん今回作ったヨーグルトを種菌にして、ヨーグルトを作ることもできます。 今度からは牛乳代の130円しかかからないので非常に経済的です。 ちなみにカスピ海ヨーグルトの賞味期限は大体21日なので、生まれたばかりの種菌も3週間くらいは余裕で生きているようです。 冷凍させた種菌を使って作れたという報告もありますので相当タフなのでしょう。 【到着した日から職人になれる】カスピ海ヨーグルトの作り方 作り方はいたって簡単です。 このフジッコ「カスピ海ヨーグルト」を牛乳パック(1リットル)に投入してメーカーにセットするだけでした。 マニュアルによれば1000mlに対して50~75ml程度入れれば良いとあります。 ただ、そのまま種ヨーグルトをすくって どんどん牛乳パックに入れていくと、牛乳がこぼれるので最初に100ccくらい牛乳を減らして、同じ高さになるまで種ヨーグルトを入れるようにするとうまくいきます。 お試しあれ。 製品には丁寧な作り方説明書がついてくるので これを見ながら作ると失敗しません。 最大のポイントは殺菌。 ヨーグルトを入れるスプーンに雑菌がついていると、失敗する確率が上がるので清潔なスプーンを使いましょう。 熱消毒しなくても普通に洗ったスプーンであれば大丈夫です。 ヨーグルトを入れた後はかき混ぜるか、よく振ってマシンにセットするだけです。 口はクリップか輪ゴムで閉じると雑菌が入らなくていいです。 レビューを見ていると「電源ランプが下からでないと見づらい」という意見もありましたが、この通り影がかかってる所では上からでもよく見えます。 明るい所でも手でランプの所に影を作ると見えるので全然問題ありません。 カスピ海ヨーグルトが作れるのは 「牛乳」で「乳飲料」はだめ 成分無調整の牛乳、ジャージー牛乳、濃厚牛乳は作れました。 しかし 乳飲料はだめでした。 18時間でも全く固まりませんでした。 牛乳の量が少ないと菌が増えませんね。 発酵する時間は長い方がいい マニュアルでは8~10時間程とありますが、きっかり10時間で出す必要もないです。 発酵が進んでいない状態で取り出すと酸味も薄くなるため、私はなるべく 12時間くらい放置するようにしています。 12時間設定だと 例えば午後7時にセットすると、午前7時に出来るので時間が覚えやすいメリットもあります。 まとめ 牛乳とヨーグルトさえあれば、ヨーグルトが食べ放題状態になるのでオススメです。 腸も活発になりますし、カルシウム分も補強できるしで 健康に良いことしかありません。 1800円程度で価格以上のヨーグルトを どんどん産み出してくれるので すぐ投資金額を回収してくれます。 以上 「カスピ海ヨーグルトが簡単に作れるヨーグルトメーカーHG-Y260をレビュー」でした.

次の