浅野温子 ソジヘ。 101回目のプロポーズ

愛の不時着 13話 別れの時迫る セリとジョンヒョク達 大物女優約束

浅野温子 ソジヘ

ベスト10内にいるべき女優さんだと思います。 最近ジヘさんのファンになり母と彼女のドラマ観てます。 清楚な女優さんが好きだからハン・ヒョジュさんと同じくらい好きになりました。 これから応援していきます。 やっぱり、ソ・ジへさんの 涙は韓国一、 綺麗です。 ソジヘさんがすごく素敵、特に白いスーツで同級生3人のいる喫茶店へ現れる時は靴からすべてパーフェクトでした!日本の女優の浅野温子さんの若い頃に似てると思いました。 正統派の美人です。 《黒騎士》ではヒロインよりも輝いて見えました。 演技力も抜群。 顔もとっても綺麗でした。 涙が、輝いてます。 ソ・ジヘさん綺麗です。 もっと、いろんな人に 魅力を知ってもらいたいなぁ。 ソ・ジヘさん 可愛い。 とにかく、ドラマ自体が面白いです。 オーバーザレインボーの ソ・ジヘさんが良すぎて DVD買ってしまいました。 ソ・ジヘさんの涙が 綺麗です。 ソ・ジヘさんの 韓服姿、良かったですよ。 ソ・ジヘさんが泣くと、 自分も何故か涙が出てしまいます。 何度も、涙が出ました。 ファンにならざるを得ない美しさです。 ヒロインも敵役も演じられるし、どんな役も人間味を感じられて、共感出来るんです。 不快通報が一定数を超えたコメントは削除致します。 不快通報により削除されたコメントが一定数を超えたユーザーはしばらくの間コメント投稿ができなくなります。

次の

101回目のプロポーズを無料動画で見る裏ワザ(1話~11話 最終話) 浅野温子/武田鉄矢 再放送・見逃し配信【ドラマフル視聴】│動画インフォ

浅野温子 ソジヘ

概要 いわゆる「」の一つであるが、トレンディ女優の代表であった浅野の相手役としてトレンディとはかけ離れたイメージであった武田が抜擢された。 当初は否定的な意見が多かったが、恋愛に不器用な中年男を熱演した武田が大きな評判となった。 このドラマの名台詞は、再び恋人を失うことを怖いと告白する浅野が演じる薫の前で、武田が演じる達郎がの前に突如飛び出し、間一髪の所でダンプカーが止まった後に、達郎が絶叫した「僕は死にましぇん。 僕は死にましぇん! あなたが好きだから、僕は死にましぇん。 僕が、幸せにしますからぁ! 」(第6話のラストシーン)という台詞であった。 武田は熱演の余り「僕は死にません」をで「僕は死にましぇん」 と発音しており、それはその表記のまま同年の(大衆部門・金賞)となった。 また、ダンプカーのスタントシーンはを使わずに武田自らが演じた。 ドラマのBGMに連続ドラマ初担当となるを起用、ピアノやを重点的に使用するなど、音楽面を重視しており、本作から月9枠のドラマはとなった。 主題歌はの「」で(オリコンシングルチャートで13週連続1位)、フジテレビは同枠で放送された10月期の『』、1月期の『』、そしてこの作品を『純愛三部作』と名付けた [ ]。 にポニーキャニオンからVHSでソフト化され、にフジテレビからDVDが発売された。 系列外の青森テレビでは、15日遅れの火曜日19:00から放送していた。 1月9日からの『名作ドラマアワー』枠(月曜22:00)、同年2月6日からはフジテレビTWO(月曜23:00)にて再放送。 また、同年6月13日からはBSフジで水曜18:00の枠で改めて再放送された。 登場人物 矢吹家 矢吹 薫〈30〉 演 - オーケストラの。 3年前、結婚式の当日に事故死した元婚約者・真壁のことが忘れられない。 母親の強引な仕切で不本意ながらお見合いをし、達郎と出会う。 断りを入れてもなんだかんだと食い下がってくる達郎を疎ましく思っていたが、達郎のひたむきさ、一途さに徐々に惹かれていくようになる。 矢吹 千恵〈20〉 演 - 薫の妹。 純平と同じ大学、サークル。 純平とはお互いに言いたいことを言い合い、時には口喧嘩もする気楽な仲。 尚人に好意を寄せ、告白するも薫にプロポーズしていることを理由に断られる。 そのために薫とは一時、口を利かなかったことがある。 純平の事は好きでもないが嫌いでもない、といったスタンスだったが、兄思いの純平を見ているうちに気になる存在になっていったようである。 矢吹 孝夫 演 - 薫と千恵の父。 はじめは達郎のことを受け入れなかったが、婚約を決めてからは「娘をよろしく」と達郎に頭を下げた。 印刷業を営む中小企業の社長で浜松に住む。 娘の薫について、トンビがタカを産んだと親戚中からもてはやされたと達郎に自慢し、一緒に酒を飲むシーンがある。 娘の薫は父のインクの臭いが大好きで、達郎という土木管理事務所勤務でルックスも良くない中年男性からの求愛に、薫が結婚を決意する潜在的背景をストーリーに提供している。 星野家 星野 達郎〈42〉 演 - 建設管理会社の万年係長。 今まで99回もお見合いをしたが、すべて失敗してきた。 弟の純平とともに弁護士の息子であったが、若くして母を、2年前に父を亡くし、20歳年下の弟を養いつつ働く。 自身も法学部を卒業したものの、弟に父の家業としての弁護士を継いでもらうことを期待しサラリーマンの道へ進む。 のちに会社を辞職してからは、自ら司法試験に取り組む。 星野 純平〈22〉 演 - 達郎の弟で、法学部に所属する大学生。 の会長で、新入生歓迎シーズンに千恵が入会しようとしてきて懇意となる。 兄の達郎と千恵の姉である薫とのお見合いが実るように奔走したり、達郎が侮辱されたりすると本気で怒る兄思いの一面がある。 兄とはルックス、女性からの人気など対照的に思われがちではあるが、一方で好きな涼子に対しては途端にぎこちなくなり、チャンスを逃すといった「似てないようで似てる」(千恵談)面がある。 少年野球の監督もしており、涼子への純平の片思いを相談することで、徐々に千恵との間が親密になる。 薫の関係者 沢村 尚人〈28〉 演 - オーケストラの。 薫にプロポーズするも、元婚約者を忘れられない薫に断られる。 初期の達郎の「ライバル」とも言うべき存在。 しかし、達郎が薫との婚約を果たすと潔く負けを認め、薫と達郎の幸せを願う男らしさがある。 後にドイツの楽団に誘われ、日本を出るが、その翌日が達郎の司法試験発表の日であった。 石毛 桃子〈34〉 演 - 薫の親友。 楽器店を経営しながらピアノ教室も主宰し、薫の内面を聞き出しつつ、アドバイスをする。 達郎へは母性愛から、薫のことをあきらめるなと励ます役目。 真壁 芳之〈35〉 演 - 薫の婚約者。 結婚式の直前に交通事故で病院に担ぎ込まれ、手術のかいもなく死亡。 ピアニストでのを好む。 東京近郊の真壁家の墓所に葬られる。 建設管理会社 岡村 涼子〈23〉 演 - 達郎と同じ会社の受付嬢。 偶然、合コンの流れで純平の家(つまり達郎の家でもある)に他の仲間と遊びに来る。 料理や洗濯の世話でしばしば家に来るが、ベスというだめな犬のペットに達郎が似ていることから好意を寄せていた。 達郎にピアノを教えるが、実際は弟の純平と過ごす時間が多く、片思いをされるが気づかない。 後に尚人を好きになりその理由を「レポート」にまとめてひたむきな思いをぶつける。 最後には文通の約束をした。 渋谷 悟〈25〉 演 - 達郎の部下で、達郎が会社を辞任してからも友人として付き合う。 関谷 祐子 演 - 涼子の友人で、達郎と部下の渋谷と共に会社の仲間。 最後は渋谷と交際する。 藤井 克巳〈35〉 演 - 達郎の上司。 本来は達郎が課長に就く予定であったが、涼子から上役にセクハラを受けていることを相談され、腰が引けながらも意見をしたところ逆鱗に触れてその座をフイにし、代わりに藤井が課長に就いた。 真壁に顔も声も生き写しで、大阪の支店から東京本社に転勤してきた後、街頭で達郎とデートして別れたばかりの薫と偶然出会う。 達郎の行きつけのピアノバーを紹介され、そこで再び薫と出会い、薫と尚人の音楽演奏会に娘と共に参加することで正式な面識を得る。 娘はミカといい(離婚後にも、自身で養育を続けている設定であったが、離婚理由である仕事への情熱優先とは、齟齬をきたしている)、桃子のピアノ教室に通うことで、薫との交際を深める。 都心の管理人のいるマンションに住み、娘用の家政婦を雇う。 離婚した妻はミカを取り戻そうとしている。 婚約をした達郎から薫を一時、奪う。 その他• 立花 -• ピアノバーのバーテンダー -• 美加(藤井克巳の娘) -• 達郎の元婚約者 -• 達郎の元婚約者の現在の夫 -• 裕太(薫のピアノ教室の生徒) -• 裕太の母 -• 藤井の元嫁 -• 放送日程 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1楽章 1991年7月 01日 運命のお見合い 光野道夫 20. 光野道夫 21. 光野道夫 30. この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年2月)• 「僕は死にましぇん」に関して、武田は当初この場面の撮影には乗り気でなかった。 危険だからという以前に、すでに武田本人に「」という役のイメージが定着していたため、先生が交通マナーを守らないようなことをしていいのだろうか、というのを気にしてのことである。 「僕は死にましぇん」のシーンでは、ダンプカーが予定した停止位置では止まらず武田は思いっきりのけ反って車をかわしているが、武田がのけ反っていなければ交通事故になっていたと、武田や共演した浅野は裏話として語っている。 当初は武田が振られる予定だったが、視聴者から「主題歌のようなハッピーエンドを」という要望が殺到したため、急遽ハッピーエンドになった。 ドラマが非常に好評を得ていたことから当時、フジテレビ系列の番組で様々なパロディが作られた。 中でもアニメ『』において「男だねェ…クリリン101回目のプロポーズ」というオリジナルストーリーが放送されがアニメのオリジナルキャラクターに恋して振られるエピソードが放送された。 映画『』において浅野演じる真山薫にチェロの特技があることが判明しているが、これは同映画の監督であるがこの作品のオマージュとして入れたものである。 2010年7月12日放送分の「2時間越えスペシャル」のにおいて、1991年の連続ドラマの打ち上げ以来という、浅野と武田の約20年振りの共演が実現して撮影当時の裏話をSMAPとトークし、ファンが選ぶ名シーンベスト3も選出された。 原題は『第101次求婚』。 全20話。 日本でもやなどで放送された。 ヒロインのチェリストを韓国の女優、チェリストに求婚する男(武田鉄矢の役)を香港の俳優(孫興)が演じる。 日本での名場面(第6話のラストシーン)も翻案されている。 キャスト• リー・シャオロン役 - ()• ジェン・ジンタイ役 - ()• チェン・ズージュン役 - ()• リー・イーシュエン役 - ()• ジェン・ジンユエン役 - ()• ジャオ・ユンナア役 - ()• シー・ジン役 - ()• スー・ジン役 - () スタッフ• 原作 -• 監督 -• 脚本 -• 音楽 - 主題歌「Just Be My Love」(シンファ)• 全15話。 同曜日・同時間帯にで放送されていた『』の存在故、視聴率面では1桁台に留まり 、また別番組の放送予定があったため放送が15話に短縮された。 主人公をが、ヒロインをが演じた。 キャスト• パク・タルチェ役 -• ハン・スジョン役 -• ソ・ヒョンジュン役 -• チョン・ウソク役 -• ハン・グムジョン役 -• パク・ミンジェ役 -• パク・チャンマン役 -• チャン・ウニム役 -• ヨム・ソンジャ役 -• ナ・チェヨン役 -• オ・ヨンピル役 -• イ・ソンチョル役 - ()• ユン・ウニョン役 - スタッフ• 企画 - キム・ヨンソプ• 製作 - イ・ジンソク、キム・ヘソン• 製作総指揮 - イ・ヒョジョン、ナ・ジョンギュ• 監督 -• 脚本 - 映画版 101回目のプロポーズ 〜SAY YES〜 101次求婚 監督 脚本 ジャン・ウェイ 原案 (オリジナル脚本) 製作 張文伯 出演者 音楽 ベンソン・チェン 主題歌 「」() 撮影 ジャン・ミンチュアン 編集 リー・タン=チュエン 製作会社 新麗傳媒股份有限公司 亞細亞時代文化傳媒有限公司 威秀電影亞洲公司 中国電影股份有限公司 配給 新麗傳媒股份有限公司 中國電影股份有限公司 聯瑞(北京)文化傳媒有限公司 山水國際娛樂股份有限公司 公開 2013年2月12日 2013年3月21日 2013年3月22日 2013年10月19日 上映時間 106分 製作国 言語 中国語 『 101回目のプロポーズ 〜SAY YES〜』は2013年のにあわせて公開された中国・日本合作映画。 日本では同年10月19日に公開された。 キャスト• イエ・シュン:• ホアン・ダー:• タオズ:• シュー・ジュオ:• 星野達郎:(特別出演) スタッフ• 監督:• 脚本:ジャン・ウェイ• オリジナル脚本:• 撮影:ジャン・ミンチュアン• 音楽:ベンソン・チェン• 美術:ロー・シュン=フー• 録音:チャオ・ナン、ヤン・ジャン• 編集:リー・タン=チュエン.

次の

愛の不時着 13話 別れの時迫る セリとジョンヒョク達 大物女優約束

浅野温子 ソジヘ

この映画では『池上季実子』と『浅野温子』の取っ組み合いの喧嘩シーンで、結構当時に話題にもなった作品です。 ある日、大阪・ 稲宗一家 の賭場で 勝造 は、 丸子 『佳那晃子』という芸者に出会う。 やがて、 珠子 と 桃若 の間に険悪な空気が走った。 佐賀野井 から誘いをうけ約束の場所に駆けつけた 桃若 は、 珠子 との凄まじい決闘の結果、髪は乱れ、体中水びたしであった。 そんな彼女を 佐賀野井 は抱きしめ、 桃若 は初めて愛の歓びを知る。 やがて、 稲宗 の手は 珠子 にまでのび、 珠子 は高知から大阪・飛田へと鞍替えさせられた。 一命をとりとめた 勝造 は、 お袖 から 稲宗 の策略でピンチに立たされていること、 桃若 の妊娠を知らされる。 桃若 の相手は、パトロンの四国銀行協会会長・ 堀川 『曽我廼家明蝶』ではなく別の男だという。 そして、 お袖 は道後温泉に遊ぶ 山岡 、 丸子 のもとに行き、力すくで 丸子 を追い払う。 一方、 勝造 は 珠子 を取り戻し、その足で 稲宗 の代貸し、 三好 『成田三樹夫』にのところに行き、 山岡 の博打の借金をたたき返し、 稲宗一家 との縁をたち切った。 桃若 は 前田 から 佐賀野井 が三年間ヨーロッパへ行ったことを知らされショックをうけるが、子供は生もうと決心し、悩んだ末、 堀川 に子供は彼の子でないと打ち明けた。 そんなことは承知で子供は認知しようと考えていた 堀川 は、自分の気持ちを踏みにじられたことに激怒し、縁切りを言い渡す。 珠子 は 勝造 の希望通りに 秀次 『風間杜夫』と一緒になり、高知に店を出すことになった。 そして 桃若 は女の子を生み 弘子 と名付ける。 桃若 は子供のために懸命に働くが、ある日、稽古の最中、突然倒れた。 結核で身を蝕ばまれていたのだ。 病院に見舞った 珠子 は、 弘子 を治るまであずかると言うが、芸妓の世界の習いとして、すでに 弘子 は お袖 の世話で里子に出ていた。 お袖 は、 弘子 を返してくれとの 勝造 の頼みに、 桃若 の勝手な振舞をののしる。 桃若 の様態は悪化し、臨終の枕もとに 弘子 を伴って駆けつける 勝造。 その夜、 秀次 ・ 珠子 の店を 勝造 が訪れ 桃若 の死を告げた。 その時、 稲宗 の手下が店を襲い、ドスに倒れて 秀次 は死んでいった。 そして、大阪駅・三等待合室。 勝造 は切符を二枚 珠子 に渡し、用事が済むまでここで待つよう言い残し出て行く。 勝造 は床屋にいる 稲宗 ・ 三好 らを射殺するが、逃げる途中、追手に刺され絶命した。 深夜の駅では、いつまでも 勝造 を待ち続ける 珠子 の姿があった。

次の