かゆみ肌原因。 皮膚科医に聞いた肌のかゆみトラブル原因と対策法|キュアレア|小林製薬

皮膚のかゆみも更年期の女性に多い症状、原因や役立つ対策は?

かゆみ肌原因

中でも、 心を乱される「かゆみ」の相談が増えるそうです。 秋から冬にかけては乾燥しやすい季節。 空気が乾燥していると、肌の水分が蒸発してカサカサになり、肌のバリア機能が低下。 かゆみが起こりやすくなります。 そのため、ちょっとした「外的刺激」もかゆみの原因に。 「肌が外的な刺激を受けると、免疫細胞が反応して ヒスタミンなどの神経伝達物質が分泌されます。 空気が乾燥しているこの時期は、「一年でもっともかゆみを引き起こす要因にさらされる」と言えるかもしれません。 振り回されたくない、心を乱す「顔のかゆみ」 肌トラブルのなかでも、我慢するのがつらい「かゆみ」は、イライラやモヤモヤといったネガティブな感情につながりがち。 ケース1:かゆくて仕事や人の話に集中できない 「原因もわからないかゆみをがまんするのは大変です。 かゆみばかり意識してしまい、日常生活に支障が出るのは困りますよね。 そんなイライラが募って、さらにかゆみが倍増。 イライラはかゆみを助長するのだそうです。 仕事はもちろん、プライベートでも上の空になってしまい、「ねえ、聞いてる?」なんて相手につっこまれないように気をつけなければいけません。 かゆみを早く治すためには、 「かかないこと」が一番。 かくと余計にかゆくなるだけでなく、 炎症の広がりや色素沈着につながってしまいます。 できるだけ刺激を与えないように努め、どうしても がまんできなかったら冷やすとかゆみは落ち着きます。 かゆみなどの炎症があるときは、スキンケアをシンプルにするのが正解。 ただし、よかれと思ったケアが落とし穴になることも。 「夏の肌は、強い 紫外線ダメージから肌を守るために、角質が厚くなっています。 厚くなった角質は水分量を含みやすいため、汗をかくことで平常時の角質以上に水分を含み細胞が膨張しやすくなります。 一方、エアコンなどで肌が乾くと角質の細胞は縮まります。 保湿と紫外線対策をすることで肌のバリア機能も高まりますし、乾燥によるかゆみが生じた肌は、保湿することでかゆみの軽減につながります。 かゆみの鎮静とともに、心のささくれもおさまり、気持ちが前向きになるのを感じたいですね。

次の

皮膚のかゆみは原因不明のことも?内臓疾患やストレスも考えられる?

かゆみ肌原因

どんなかゆみも爪を立ててかかない かゆみは何かの異常を知らせています。 ここでいきなりですが、最初に重要なのは、「かゆい場所を思いきり強くかかない」ということです。 かゆみをかきむしると肌を傷つけます。 その結果、傷口からなんらかの細菌が入りこみ感染症をひきおこしたり、肌の機能を破壊したりする可能性があります。 そうなるとかゆみだけでは済まなくなります。 また、傷のあとがのこってしまうこともあります。 それだけではありません。 ひっかくと最初は気持ちよく感じますが、かき続けることでわずかな刺激に対してかゆみを感じたり、かゆい場所が広がったりするようになります。 かゆみはなんらかの異常を知らせるサインですが、皮膚はそのサインを脳から受け取っているに過ぎません。 ただし、もし皮膚に何かついているものがあれば、すぐに取りのぞき洗い流しましょう。 体に有害なものに反応してかゆみをおこしているのかもしれません。 また、肌が乾燥していると、そうした刺激を簡単に受けやすくなります。 その結果、汗や温度差などのちょっとした刺激でもかゆみを感じるようになるかもしれません。 ヒスタミンはかゆみをおこす かゆみのメカニズムは完全に解明されているわけではありません。 しかし、多くの原因はかゆみをおこす物質が皮膚の組織に放出されることでおこります。 その物質の代表がヒスタミンです。 ヒスタミンはさまざまな働きに関係している物質ですが、かゆみをおこす原因にもなります。 皮膚は外側から、表皮、真皮、皮下組織の3つにわけられます。 表皮と真皮の境目には、かゆみを伝える神経があります。 なんらかの刺激を受けるとヒスタミンが細胞から放出されて、かゆみを伝える神経を刺激します。 それを脳が受け取ることでかゆみを感じるようになります。 顔にできた赤い腫れとかゆみ 顔に腫れや赤くなる発赤などがあると、目立つので気になります。 ときにはマスクなどで顔を隠したくもなります。 蚊などの虫刺されは、赤くはれ上がることが多くあります。 多くはかゆみや痛みがともないます。 夏場になると増えてきます。 森や草むらなどには、蚊だけでなく、ブヨやアブ、ダニなど人を刺す虫も多くいます。 また、もし、決まった場所に出ているなら、そこに何かが触れたりしたことがないか思い返してみましょう。 もし心当たりがあるなら、接触性皮膚炎によるものかもしれません。 思春期に悩まされるニキビは、あまりかゆみをおこすことはありません。 しかし、なかには赤くなり、かゆみを感じるようになることがあります。 皮脂の分泌が増えてアクネ菌という細菌が増えやすくなる環境になり、炎症がおこります。 乳幼児と大人におこりやすいのは脂漏性湿疹です。 皮脂の多い場所や、関節など皮膚がこすれやすい部分によくおこります。 この場合、かゆみだけでなくフケが多くなるのが特徴です。 アレルギーやつよい刺激で接触性皮膚炎はおこる 一般的に使われる「かぶれる」という状態が接触性皮膚炎です。 接触性皮膚炎は、皮膚の外側からの刺激でおこる刺激性皮膚炎や、アレルギー性接触性皮膚炎があります。 化粧品やシャンプー、ゴム製品、金属、植物などさまざまな物質が原因になります。 接触性皮膚炎では最初は触れた部分が赤くなる程度ですが、ふくれて水疱(すいほう)になり、ただれ、かさぶたなどの症状へと進んでいきます。 早い段階で原因になっているものを取りのぞくことができれば、もとに戻ります。 また、かゆみが強いのも特徴です。 顔は露出しているので、ものが皮膚に直接触れやすい場所でもあります。 そのため、洗剤などが跳ね飛んで付着するなどのトラブルはおこりやすい部位です。 また、化粧品などが原因になることもあります。 汗腺の多い顔は汗疹ができやすく、かゆみをおこします。 汗腺が皮膚のどの層でふさがるかでかゆみの強さなどは変わります。 皮膚の表面でおこっている水晶様汗疹は、かゆみもほとんどありません。 汗を拭きとり、清潔に保つことで自然になおっていきます。 紅色汗疹という表皮内で汗腺が詰まっておこる汗疹は、水晶様汗疹と比べて、かゆみが強くなります。 またかきむしることで、傷口に細菌が感染すると伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)をおこすことがあります。 この病気は「とびひ」ともよばれ、まわりに炎症が広がります。 こんな病気が顔のかゆみの原因かも 顔の皮膚にかゆみをおこす病気のなかには治療の難しいものもあります。 たとえばアレルギーでおこるアトピー性皮膚炎です。 アトピー性皮膚炎は完全になおすのが難しい病気ですが、症状をおさえるための治療法があります。 また、帯状疱疹なども最初にピリピリとしたかゆみを感じることがあります。 なかには皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)というあきらかな原因もなく皮膚がかゆくなる病気もあります。 肝臓の病気が原因で顔がかゆくなることがあります。 肝硬変になり、皮膚や白目が黄色くなる黄疸(おうだん)がおこると一緒に皮膚がかゆくなることがあります。 黄疸は肝臓の機能が低下すると、胆汁という黄色い消化液が分解できずに血液に入りこんで皮膚が黄色くなる症状のことです。 顔だけにおこるわけではありませんが、顔は皮膚の色の変化もあわせてわかりやすい場所です。 また腎臓がうまく働かない腎不全になって、透析治療を受けている患者さんや、なんらかの薬の副作用でかゆみがあらわれることもあります。 このように顔のかゆみといっても、重大な原因が隠されていることもあります。 何かの病気を治療しているのであれば、かかっている病院で相談してください。 もし、すぐにかゆみの原因がわからないような場合は、しっかりと医療機関で調べましょう。 かゆみの予防には洗顔と保湿 乾燥などの顔の皮膚によるトラブルが原因のものであれば、日頃からケアすることで、かゆみをおこりにくくすることは可能です。 皮膚のコンディションを保てば汗疹なども少なくなります。 紫外線は皮膚に負担になりますし、気温差や湿度は皮膚の乾燥に影響します。 冬は乾燥し、夏は日差しを強く受け、汗もかくので、年中とおしてケアをしましょう。 日頃から清潔にして、保湿を意識すること、日光などの刺激をさけることが重要です。 洗顔でゴシゴシと洗うのはよくありません。 肌の角質が傷つき、肌の防御力が低下する原因になります。 洗顔フォームなどをしっかりと泡立てて、やさしく洗ってください。 洗顔後は保湿クリームで乾燥をおさえます。 日光には日焼け止めクリームなども効果的です。 もちろん肌にあわないものはすぐに使用するのをやめましょう。 皮膚科を受診 もし顔にかゆみがあるなら、まずは皮膚科を受診しましょう。 確かにすべてのかゆみについて必ず病院にいけばよいというものでもありません。 蚊による虫刺されなら、市販の薬で十分です。 しかし、虫刺されでも原因になる虫が蚊でなければ、市販の薬では効果がないこともあります。 また、ニキビなど皮膚科で薬を処方することで治療することができるものもあります。 接触性皮膚炎を疑えば、どんな物質が原因になっているのかパッチテストなどで調べることもできます。 かゆみという症状は同じでも、それぞれの原因にあわせた治療法を選択することができます。 自己判断で市販の塗り薬を使用し、かゆみがおさまらないだけでなく、かえって症状を悪化させることもあります。 ちょっとしたかゆみとがまんせず「頻繁にくりかえす」「長引く」「かゆみが強い」と思ったら、皮膚科の医師に相談しましょう。

次の

皮膚のかゆみも更年期の女性に多い症状、原因や役立つ対策は?

かゆみ肌原因

皮膚を引っ掻きたくなるような不快な皮膚のは、ムズムズする・チクチクする・熱い感じがするなど、さまざまに感じられます。 このようなが皮膚の一部に限局する場合もあれば、全身に及ぶ場合もあります。 はによって起こることが広く知られていますが、他にもさまざまな原因があり、思わぬ病気が隠れていることもあります。 最近、皮膚がカサカサしてきて、かゆくなることが多くなった• 手の平と甲に赤いブツブツが出て、我慢できないくらいの強いがある• 急に体全体がムズムズとかゆくなることがある…でもなどは見当たらない このような症状がみられる場合、どのような原因が考えられるでしょうか。 病気による皮膚のかゆみ 病気による皮膚のの原因を大きく分けると、皮膚に原因がある場合と内臓に原因がある場合の2つがあります。 病気によって症状は異なりますが、一般的に皮膚が原因ならなど皮膚症状を伴い、内臓が原因なら皮膚以外の症状がみられます。 皮膚に原因があるかゆみ を引き起こす原因のうち、皮膚の病気には主に以下のようなものがあります。 接触皮膚炎 何らかの物質が皮膚に接触し、それが刺激となって皮膚に炎症を起こす病気です。 一般的に「」と呼ばれるもので、原因物質には化粧品や化学物質、金属、うるしなど、さまざまなものがあります。 症状は原因物質に触れた部位にが現れるのが特徴です。 多くの場合や痛みを伴い、ときに腫れあがったり、水ぶくれを作ったりすることもあります。 皮脂欠乏性皮膚炎湿疹 ひしけつぼうせいひふえんしっしん (皮膚炎) 皮膚が乾燥することでが起こる病気です。 乾燥によって角質層の水分が不足し、皮膚の柔軟性が失われ、ひび割れや皮むけが起こるようになります。 この段階を かんぴしょう といい、さらに悪化するとが現れる皮脂欠乏性()となります。 皮脂欠乏性()でみられるは、一般的に強いや赤みを伴い、水ぶくれになることもあります。 が強いために、掻きむしって血が出てしまうことも少なくありません。 アトピー性皮膚炎 全身または部分的に強いを伴うが生じ、これがよくなったり悪くなったりを繰り返す皮膚の病気です。 年齢に応じて症状が現れやすい部位に違いがみられ、乳児期では頭・顔、幼少時期では首回り・肘の内側・膝の裏、思春期以降では顔・首などに好発します。 は赤く盛り上がったものや、ジクジクした水分の多いものなどさまざまで、長年にわたって続くと皮膚が厚く硬くなることもあります。 アレルギー・ 蕁麻疹 じんましん とは、皮膚の一部に赤く盛り上がった (膨疹) ぼうしん が生じる病気です。 ウイルスなどによる感染症が原因となる場合や、卵、牛乳、小麦、蕎麦、甲殻類などの食べ物に対する反応の結果として、が起こることもあります。 を伴う膨疹が急激に発症し、ときに体全体に及ぶ場合もありますが、しばらくすると跡形もなく消えていきます。 多くは繰り返しませんが、まれに1か月以上続くこともあります。 内臓の病気によるかゆみ を引き起こす原因のうち、内臓の病気として代表的なものに以下があります。 肝障害 肝臓に炎症を起こす、肝臓全体が硬くなる、肝臓の機能が著しく低下する肝不全など、肝障害にはさまざまなものがありますが、このような病気で皮膚にが起こる場合もあります。 以外の症状としては、全身倦怠感や食欲低下、吐き気、 黄疸 おうだん (皮膚などが黄色くなる)などが代表的です。 ただし、肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、自覚症状が乏しいことが多く、以外に症状がないケースもみられます。 腎障害 腎臓の機能が著しく低下するや、血液中のタンパク質が減少するなども皮膚のの原因になりえます。 腎障害では体内に水分が溜まることでむくみが起こることが多く、大抵は顔や足に限局した後、全身性のむくみへと進行していきます。 他の症状として、息苦しさや疲労感、尿の泡立ちなどもあります。 糖尿病 血液中のブドウ糖の濃度()が高くなる病気です。 ほとんどの場合、発症初期には自覚症状がありません。 悪化した場合に、多尿や口の乾き、多飲、食欲増進、疲れやすい、体重減少、皮膚のなどの症状が現れるようになります。 は全身に起こる場合もありますが、陰部のが特徴とされています。 受診の目安とポイント が激しく掻きむしってしまう場合、がひどくなっている場合、など皮膚の病変が広がっている場合、発熱や体のだるさなどの全身症状がある場合には、早めに病院を受診したほうがよいでしょう。 呼吸困難感や 喘鳴 ぜんめい (ぜいぜいすること)、意識がもうろうとするなどの症状を伴う場合には、救急車を呼んだり救急外来を受診したりするなどの対応が求められます。 原因の中には内臓の病気もありますが、診療時間内に受診する場合、まずは皮膚科への受診でよいと思われます。 診察の際、など皮膚症状が現れ始めた時期、の程度や場所、きっかけ(何かに触れた後・食べた後に症状が出たなど)、他に気になる症状があればその旨を医師に伝えましょう。 日常生活上の原因と対処法 皮膚のは、日常生活上の原因でもよく起こります。 主な原因と対処法は以下の通りです。 乾燥 加齢やホルモンバランスの変化、化学物質(洗剤・シャンプー・化粧品など)の刺激、冷暖房の長時間使用など、さまざまな原因によって乾燥が引き起こされます。 皮膚が乾燥すると外的刺激に対して敏感になるため、ちょっとした刺激で炎症を起こしたり、が誘発されたりするようになります。 乾燥を防ぐには 乾燥を防ぐには、まず原因を排除することが大切です。 洗剤による手の乾燥なら食器を洗う際にビニール手袋をする、冷暖房が原因と思われる場合は使用時間を短くする・加湿するなど、それぞれの原因に対して対策をとりましょう。 また、しっかりと保湿することも非常に大切です。 手洗いや洗顔、入浴後のほか、乾燥が気になるときにはボディークリームなどで保湿するようにしましょう。 衣類の素材 衣類が皮膚への刺激になって、を誘発する場合があります。 刺激になりやすい素材には、ウールやナイロンなどが挙げられます。 かゆくなりにくい衣類を選択 綿や絹などの肌に優しい素材であれば、が起こりにくくなります。 衣類によるを防ぐために、このような素材のものを着るようにしましょう。 ペットの毛 自宅で飼っているペットの毛が衣類に付くなどして皮膚に触れると、それが刺激になってが起こる場合があります。 また、ペットの毛に対して反応を起こすことも珍しくありません。 この場合、皮膚にやなどの症状が出るようになりますが、皮膚だけでなく目や鼻、喉といった他の部位の症状が出現することもあります。 ペットの毛を取り除くには 衣類にペットの毛がついている場合には、粘着式のクリーナーなどを使用するとある程度除去できます。 除去したとしても、室内に衣類を干していたり床置きしたりしているとペットの毛がつく可能性があるため、衣類はクローゼットなどに入れておくようにしましょう。 また、こまめに掃除をして、室内からできる限りペットの毛を取り除くようにしましょう。 明らかにの原因がペットの毛で、入念に掃除しても症状がおさまらない場合には、飼わないか、屋外で飼育して毛を室内に持ち込まないなどの対策が必要になってきます。 よくならないときには 日常生活上の原因に対して対策を行っても症状がおさまらない場合には、一度病院を受診することを考えましょう。

次の