ライト トランク α。 【楽天市場】ダイワ ライトトランクα SU 3200 Iブルー / クーラーボックス (セール対象商品):釣人館ますだ 楽天市場支店

【楽天市場】グローブライド ダイワ DAIWA ライトトランクα GU3200 ブルー

ライト トランク α

5 31. 5 Sゴールド 42,300 SU 2400 24 4. 5 31. 5 Iブルー 25,600 GU 2400 24 4. 5 31. 5 レッド 17,600 GU 2400 24 4. 5 31. 5 ブルー 17,600 S 2400 24 4. 5 31. 5 レッド 14,300 S 2400 24 4. 5 31. 5 ブルー 14,300 ZSS 3200 32 6. 5 31. 5 31. 5 31. 5 31. 5 31. 5 31. 5cm、24L:内寸46. 5cm) ・ダイワクーラー最軽量を実現(24L:4. 0kg、32L:4. 6kg) ・軽いのに座れる頑丈ボディ ・開閉便利なワンハンドオープン、フリークローズ ・取り外し可能でお手入れ簡単な両開き上フタ ・90度まわすだけで開閉簡単な水栓付き ・用途に合わせて選べる断熱仕様(6面真空、1面真空、ウレタン、スチロール) ・真空モデルは断熱層の隙間にウレタンを隅々まで充填 コダワリの詰まった箇所をご紹介! で、実際どう使いやすいのか 「 」シリーズのポイントに注目!.

次の

釣具のダイシンヤフー店

ライト トランク α

サイズは32リットルと24リットルの2種類が発売されます。 大型サイズの魚を狙いに行く場合はタチウオ・鯛・根魚を狙いに行く場合など対象魚に合わせて使い分けができそうです。 5 31. 5 S 3200 32 4. 5 31. 5㎝あるため、大きな魚も丸々と折り曲げることなく入れれますし、 それ以上の魚でも尻尾・頭を落として入れることができるため重宝しそうなサイズです。 蓋が取れる 出典: もはやクーラーボックスでは定番となっている両方から開封ができ、上蓋を取ることができます。 クーラーボックスを洗うときに非常に便利ですし、外で蓋を取ってその上に魚を載せて写真をとることもでき便利ですね。 断熱材がスチロールが一番安く、真空パネルが多くなれば高価になっていきます。 スチロールでも全然1日持ちますし、2日以上の釣行になるようでしたら真空パネルを検討する程度で問題ないと思います。 カラーで選ぶのも全然ありだと思いますが欲しい色のグレードが無いのがライトトランクの欠点です。 前作は20リットルモデルには確か水栓が無かったので選ぶのに躊躇しましたがここでもデメリットが解消されました。 きっとユーザーの声が多かったのではないでしょうか。 氷や釣った魚を入れると以外にクーラーボックスは重くなりがちなためクーラーボックスの自重は最重視したいところです。 また、両開きで取り外しが可能な蓋であり水栓も付いているため釣行後のメンテナンスのしやすさも抜群です。

次の

【楽天市場】ダイワ ライトトランクα SU 3200 Iブルー / クーラーボックス (セール対象商品):釣人館ますだ 楽天市場支店

ライト トランク α

以下ではその中で主だった特徴をあげます。 ダイワのトランク型クーラーの中で最軽量となっています。 一番軽いタイプの重量は4. 0kg。 「軽い分、保冷力が低いんじゃない?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。 それは他製品と比較すると明らか。 1kg プロバイザーHD ZSS2700EX KEEP120 27L 6. KEEP126は、その状況で126時間氷がもつことを表します。 よく見かける普通のクーラーボックスに比べ、この製品はやや横長に作られているため、 イナダなど長さのある大きな魚を自然な形で入れることができます。 また 高さも500mlペットボトルが縦に入るちょうどよい形になっています。 両開き蓋かつワンハンドオープン 出典: 私が 釣り用クーラーボックスで必須の機能だと思っているのが、蓋が両開き可能でワンハンドオープンであること。 これが非常に便利な機能なのですが、実際に使ってみないとなかなか伝わらないのが悔しい。 船上で、堤防や磯で、家のキッチンで…開閉する際にクーラーボックスのポジションを前後ろひっくり返したり、両手を使うか片手を使うかのほんの些細な一手間の話なんですが、これがじわじわ効いてくるんですよね。 また、両開き蓋は両方同時に開くことで取り外しが可能。 出典: こうすることで、お手入れも簡単に行うことができます。 水栓付きで便利 出典: 水栓が付いていることも大きなポイント。 なくても支障がないように思えて、実はあると非常に便利です。 釣り用クーラーボックスならではのシチュエーションですが、例えば中に海水を入れすぎてしまった際、蓋を開けると冷気が逃げてしまいますが、水栓をひねるだけで冷気を保ったまま水だけ抜くことができます。 また、家に持ち帰った後、キッチンに運ぶのに重くて運びにくい場合に水を抜いてから持ち運んだり、お手入れの際も水栓を開けた方が格段に洗いやすいです。 品番 保冷力 KEEP 自重 (kg) 内寸(cm) 外寸(cm) カラー メーカー希望 本体価格(円) ZSS 2400 98 5. 5 31. 5 Sゴールド 42,300 SU 2400 88 4. 5 31. 5 Iブルー 25,600 GU 2400 82 4. 5 31. 5 レッド 17,600 GU 2400 82 4. 5 31. 5 ブルー 17,600 S 2400 66 4. 5 31. 5 レッド 14,300 S 2400 66 4. 5 31. 5 ブルー 14,300 ZSS 3200 126 6. 5 31. 5 31. 5 31. 5 31. 5 31. 5 31. このように容量24Lの2400シリーズと、容量32Lの3200シリーズ。 それぞれに「ZSS」「SU」「GU」「S」の4グレードがある計12のラインナップです。 最上級グレード「ZSS」 出典: シリーズ最高グレードの「zss」。 高性能のクーラーボックスをお探しの方はこちらでしょう。 断熱材に6面の真空パネルを採用し、断熱層の隙間にもウレタンを充填することで、 ダイワのクーラーボックスで最高レベルの保冷力を誇ります。 高保冷力の「SU」 出典: ZSSに次いで高い保冷力を持つ「SU」。 キレイなアイスブルーの配色で、デザインは私の一番の好みです。 断熱材には真空パネル底一面とウレタンを採用し、保冷力は3200シリーズでKEEP101。 約4日間氷が残ると言うことですから、 保冷力は十分と言えるでしょう。 基本的に価格と保冷力は比例しますが、3200シリーズの1グレード上のZSSとの保冷力の差はKEEP25で価格差は約14,000円。 対して、1グレード下のGUとの保冷力の差はKEEP5で価格差は約11,000円。 私なら保冷力たった5時間差なら、11,000円安く買えるGUを購入します。 コスパ最強の「GU」 出典: シリーズ屈指のコストパフォーマンスを誇るグレードが「GU」。 そのコスパの高さは上記「SU」の紹介の際にご説明しましたが、理由は断熱材の使い方によるものだと考えられます。 数字が物語っています。 リーズナブルで最軽量の「S」 出典: シリーズ中で最も軽く、最も安いグレードが「S」です。 断熱材はスチロールなので保冷力は月並みですが、とにかく軽いです。 グレード「S」の売りは、安い!軽い!丈夫!の三拍子が揃っている点でしょう。 3200シリーズの価格はメーカー販売価格で15,600円。 そして4. 6kgと子供や女性でも楽に持ち上げられる重さ。 まず基本構造について、新モデルの容量は24Lと32Lの2シリーズ。 これに対し旧モデルは20Lと30L。 リニューアルにより一回り大きくなっています。 次に機能の違いをあげると、旧モデルは20Lタイプには水栓は付いていませんでしたが、 新モデルでは全シリーズに水栓が付きました。 また保冷力については、 新旧各モデルの断熱構造に基本的に差がないため、保冷力が劇的に上がったということは考えにくいです。 なお、私が今まで愛用していたクーラーボックスがこちら。 「ライトトランクSU-2000R」で10年程前の製品ですが、この頃から既に断熱材に真空パネルが採用されていたようです。 このように10年間同じ断熱構造が採用されていることからも、 保冷技術が成熟しきっており、今後も保冷力が大きく向上する可能性は少ないないであろうと伺えます。 新旧で性能にそれほど差がないのであれば、モデルチェンジ直後に旧モデルを見つけることができたらお得に購入できるかなと思います。 新旧対照表は以下の通り。 私のクーラーボックスは20Lですが、男でも非力な方なので、大漁に釣れた時は重くて運ぶのに大変苦労します。 更に重たくなるならキャスターが必要だと感じます。 よって私のオススメとしては• 30L以上の大きめのクーラーボックスが良いなら「プロバイザートランクHD」 と使い分けると良いと思います。 このように用途によって選択していただければと思います。 まとめると、• ダイワ製クーラーボックスで最軽量• 「両開き蓋」「水栓」など釣りで必要な機能を完備• 最高レベルの保冷力を持つグレード、コスパの高いグレード、軽さを追及したグレードで構成された計12の多彩なラインナップ• 旧モデルとの性能差はさほど大きくない• 以上、皆さんのクーラーボックス選びの参考になれば幸いです。

次の