ギャラリー ビュー zoom。 Zoomミーティング【参加者をギャラリービュー表示させる方法】

ZOOMでの会議・通話中に スピーカービューとギャラリービューの違いと切り替えの方法!パソコン・IOS

ギャラリー ビュー zoom

1つ目は 「スピーカービュー」、もう一方は 「ギャラリービュー」と言います。 これら2つの機能には、それぞれ特徴があるので状況に分けて使い分ける必要があります。 この記事ではZoom画面の見え方である 「スピーカービュー」と「ギャラリービュー」の機能と活用シーン について解説していきます。 スピーカービュー スピーカービューとは 「話している人の画面が中央に大きく表示される」モードをいいます。 以下の画像をご覧ください。 スピーカービューでは、画面中央に話している人が大きく写っていて それ以外の参加者は画面上にズラーッと並んでいます。 話し手の顔やスライドを大きな画面で見たい時には、スピーカービューがオススメです。 ギャラリービュー ギャラリービューとは 「参加しているメンバー全員の画面が同じ大きさで見える」モードをいいます。 以下の画像をご覧ください。 この画面では、誰が話しているかに関わらず参加者の顔が同じ大きさのパネルに表示されています。 画面を切り替える方法 ここからはスピーカービューとギャラリービューを切り替える方法を解説していきます。 方法はとってもカンタンなのでサクッと紹介していきましょう! スピーカービューからギャラリービューへ まずは「スピーカービュー」から「ギャラリービュー」に切り替える方法です。 以下の画像をご覧ください。 画面右上にある 「ギャラリービュー」をクリックします。 たったこれだけで画面をギャラリービューに切り替えることができました。 画面右上にある 「スピーカービュー」をクリックします。 すると以下のような画面になります。 先ほどと同様にこちらもたったワンクリックで画面をスピーカービューに切り替えられました。 スピーカービューの活用シーン スピーカービューは以下のシーンで活用するのがオススメです。 ・スピーカービューは「発言者の顔が大きく表示される」 ・ギャラリービューは「参加者全員が同じ大きさで表示される」 ・スピーカービューは「1対1の会議やオンラインセミナーで使用」 ・ギャラリービューは「参加者が多い会議やWeb飲み会で使用」 これらの機能を知っているだけでZoomの使い心地は大きく変わります。 記事の中では「一般的な活用シーン」を紹介していますが 状況と目的に合わせて画面表示を切り替えながら 自分にあった表示方法を選択していくと良いでしょう。 Zoomについてさらに深く学びたい方は 「Zoomレッスン」をご利用ください。 管理人のわたしが実際にZoomを使ってレクチャーしております。

次の

ZOOM 画面共有しながらギャラリービューを使う

ギャラリー ビュー zoom

今日はZoomの画面表示「ギャラリービュー」と「スピーカービュー」の違いについてお話していきます。 ギャラリービューとスピーカービューの違いとは? Zoomの画面表示方法には、 ギャラリービューと スピーカービューの2種類あります。 画面表示方法は、参加者側で変更できるため、ホスト側で参加者側がどちらの画面表示方法を選択しているかを意識する必要があります。 たとえば、「ここはスピーカービュー」でホスト側の話に集中して聞いて欲しい場合は、「スピーカービュー」にして下さい。 参加者全体の反応がわかるようにしたい場合は「ギャラリービューにして下さい」と、ホスト側から参加者側へ誘導できるようにすることが、大事なポイントです。 また、特に画面表示方式の指定が必要ない場合は、参加者側の判断で画面表示方式を選択していただきましょう。 ホスト側が話しているのを間近で聞きたい場合はスピーカービューにするといいでしょう。 他の参加者の様子も見たい場合は、ギャラリービューにするといいでしょう。 画面表示形式の切り替えは、画面の上方にあるボタンで切り替えることができます。 現在の画面表示形式と逆のものが表示されます。

次の

ZOOMを利用する前に準備しておいた方が良い内容

ギャラリー ビュー zoom

1つ目は 「スピーカービュー」、もう一方は 「ギャラリービュー」と言います。 これら2つの機能には、それぞれ特徴があるので状況に分けて使い分ける必要があります。 この記事ではZoom画面の見え方である 「スピーカービュー」と「ギャラリービュー」の機能と活用シーン について解説していきます。 スピーカービュー スピーカービューとは 「話している人の画面が中央に大きく表示される」モードをいいます。 以下の画像をご覧ください。 スピーカービューでは、画面中央に話している人が大きく写っていて それ以外の参加者は画面上にズラーッと並んでいます。 話し手の顔やスライドを大きな画面で見たい時には、スピーカービューがオススメです。 ギャラリービュー ギャラリービューとは 「参加しているメンバー全員の画面が同じ大きさで見える」モードをいいます。 以下の画像をご覧ください。 この画面では、誰が話しているかに関わらず参加者の顔が同じ大きさのパネルに表示されています。 画面を切り替える方法 ここからはスピーカービューとギャラリービューを切り替える方法を解説していきます。 方法はとってもカンタンなのでサクッと紹介していきましょう! スピーカービューからギャラリービューへ まずは「スピーカービュー」から「ギャラリービュー」に切り替える方法です。 以下の画像をご覧ください。 画面右上にある 「ギャラリービュー」をクリックします。 たったこれだけで画面をギャラリービューに切り替えることができました。 画面右上にある 「スピーカービュー」をクリックします。 すると以下のような画面になります。 先ほどと同様にこちらもたったワンクリックで画面をスピーカービューに切り替えられました。 スピーカービューの活用シーン スピーカービューは以下のシーンで活用するのがオススメです。 ・スピーカービューは「発言者の顔が大きく表示される」 ・ギャラリービューは「参加者全員が同じ大きさで表示される」 ・スピーカービューは「1対1の会議やオンラインセミナーで使用」 ・ギャラリービューは「参加者が多い会議やWeb飲み会で使用」 これらの機能を知っているだけでZoomの使い心地は大きく変わります。 記事の中では「一般的な活用シーン」を紹介していますが 状況と目的に合わせて画面表示を切り替えながら 自分にあった表示方法を選択していくと良いでしょう。 Zoomについてさらに深く学びたい方は 「Zoomレッスン」をご利用ください。 管理人のわたしが実際にZoomを使ってレクチャーしております。

次の