考え あぐね る 意味。 「提言」「意見」「提案」「進言」の意味の違いと使い分け

「考えております」の使い方と例文・敬語の種類・別の敬語表現

考え あぐね る 意味

「考える」の意味と敬語 英語の「考える」が「think」だけでなく、「guess」「suppose」などシチュエーションによって使い分けられることからもわかるように、日本人は「考える」という言葉をさまざまな意図で使っています。 敬語はおもに「考えられる・お考えになる・考える」などですが、場合によっては「考える」よりも別の類語に置きかえたほうが相手に伝わりやすいことがあります。 まずは自分がどのような意図で「考える」を使いたいのかを判断し、適切な敬語に変換しましょう。 「考える」と「思う」の違い 「考える」のもっとも一般的な意味は、「自分の知識や経験をもとに、筋道立てて頭を働かせること」です。 「思う」が心の働きを表す言葉であるのに対して「考える」は主に知的に分析することを表すときに用いられることが多いですが、そうでない場合もあります。 日本語の「考える」がややこしい理由は、その由来を見れば分かります。 やまと言葉の「向かう」に由来する 「考える」の古語である「かんがふ(考ふ・勘ふ)」は、語源のやまと言葉「かむがふ(かうがふ)」が変化したものです。 のちに大陸から漢字が入って「考」の文字が当てられ、意味も漢字に寄せられるようになりましたが、本来の日本語である「かむがふ」を漢字で表すと「か向ふ」となります。 最初の「か」は「か細い・か弱い」と同じであまり意味のない発語(接頭語)ですが、「彼・処」を当てるという説もあります。 日本人の「考える」は「向き合う」こと 「向かう」の意味は「顔を向ける・近づく」が筆頭で、「考える」は「ふたつの物事の間で思いを巡らせると」と解釈することができます。 明治時代に活躍したある文芸評論家によれば、日本語本来の「考える」は「知識をもとにあれこれ思い巡らす」ことではなく、「(自分が)ある事柄と向き合うこと」であり、向き合うとは「心を通わせる」という意味になるそうです。 やや哲学的ですがシンプルで、妙に納得のいく解釈ではないでしょうか。 「考える」を敬語に変換する方法 改めて「考える」を敬語に変換してみましょう。 それぞれのシーンによって、「謙譲語(自分が考える)」と「尊敬語(相手が考える)」を使い分けるのが敬語の基本ルールです。 尊敬語は「お考えになる」「考えていらっしゃる」 相手が考える場合は「お(ご)~になる」「いらっしゃる」などのパターンを使って、「お考えになる」「考えていらっしゃる」といいます。 「お考えになられる」は二重敬語で間違いです。 考えてほしいときは「お考え(になって)ください」「ご検討ください」ですが、目上の人に向かって敬語で「判断してください」と指示する機会はそれほど多くないので、こちらの依頼や提案に対して良い返事が欲しいようなときは「お考え」ではなく「ご検討(良く調べ考えること)」を使います。 謙譲語は「考えております」「存じる」など 自分が「考えている」ことを意見として述べたいときは、「いる」を謙譲語の「おる」に変え、「~と考えております」といいます。 しかし、日本語には「考える」という行為を表す謙譲語が存在しないため、たとえば「良いアイデアをこれから考える」と敬語で言いたいときは、丁寧語の「です・ます」を使って「考えます(考えません)」のような表現になります。 判断が付かず返答ができない場合は「考えさせてください」と依頼形に言い換えることもできます。 「考える」の類語を敬語に使う 日ごろ無意識に使っているためにあまり深く考えることはありませんが、「考える」の意味はひとつではありません。 しかし、意味を振り分けてみるとで類語も明確になり、あとは敬語のルールを類語に適用するだけで敬意を表現することができるため「考えておきます」の敬語は?」と悩む必要もなくなるでしょう。 「考える」には主に次のような類語があります。 判断する・結論を出す・保留にする(解決法を考える・よく考えてからものを言え・考えておく、など)• 予測・想像する(常識では考えられない・考えていたとおりの展開だ、など)• 意図する・決心する(そろそろ独立を考えている・少しは先のことも考えろ・見返してやろうと考えた、など)• 思いを巡らせる・気遣う(クヨクヨ考えても始まらない・周りの迷惑も考えろ、など)• アイデアを出す・工夫する(新しいダイエット法を考えてみた・有効な活用法を考える、など) 「考える」に代わる熟語 「考える」は意味によって「検討・判断・考慮・高配・高察・拝察」などの熟語に置きかえることができます。 尊敬語では「お(ご)~になる」や「~くださる」が一般的で、「れる・られる」はビジネス敬語としては難があり、たとえば「ご検討になられる」「お考えになられる」のような二重敬語になりやすいので避けたいところです。 「拝察(はいさつ)」はポピュラーな書き言葉で、人の心中を察するときの謙譲語です。 「ご拝察」とは言わないので注意してください。 反対に、相手が察する場合は「ご高察」となります。 敬語の「考える」を使った例文 「考える」を口頭(話し言葉)で伝える• 日本の「裁判員制度」について、どのようなお考えをお持ちですか?• ときにはご家族やご自分のこともお考えになってください。 今回の事故はそれほど深刻なものではないと考えております。 ご迷惑は重々承知しておりますが、もう一度ご検討いただけないでしょうか。 「考える」をメール(書き言葉)で伝える• 皆さまのご意見から拝察できるだけ早い問題の解決が必要であるとの結論に達しました。 ご両親におかれましてはお喜びもひとしおと拝察し、心よりお祝い申し上げます。 お客さまが仰せの件につきましては、ご高察のとおりかと存じます。 まとめ 「考える」は言葉自体がシンプルなので日常会話で使用するには便利ですが、いろいろな解釈ができるといった意味では粗さが目立ちやすい言葉だといえるため、敬語として使うには難易度が高いと感じるかもしれません。 特に「考えておきます」などは使い方を間違えてしまうと礼を欠くどころか、尊大で幼稚な印象を与えてしまう恐れもあります。 ビジネス敬語では無理をせず、類語を使って確実に思いを伝えるのもひとつの方法です。

次の

あなたの考えを述べよ←本文に即して書くという意味・書き方の例

考え あぐね る 意味

目次からササッとチェック• 男女の考え方の違い そもそも、当たり前の事ですが人にはそれぞれ異なる考え方があり、 男性同士、女性同士だからといって一概に考え方が同じとは限りません。 男性同士でも十人十色の考え方があり、女性同士でも十人十色の考え方があります。 また、 男性と女性での考え方や心理も異なります。 ここでは、 「女は子宮で考える」「男は頭で考える」の基本的意味や情報について紹介していきます。 女は子宮で考える?の意味 そもそも 「女は子宮で考える」ってどんな意味?と思っている方も多いのではないでしょうか? なにかの話のキッカケで「女は子宮で考える」と言われたことのある男性もいると思います。 正直、そこまで日常会話でいう事でもありませんが・・・。 この言葉の意味は人によって見解が異なるようですが、だいたいは近しい意味合いで表しているので、それらをまとめてみました。 男は頭で考える?の意味 「男は頭で考える」というのは、そのままの意味だと思います。 理性で物事を考えて、冷静に判断しているとも言われていますが、先ほどの「女は子宮で考える」と比べると、やはりどこか 差別感があるような気もしますよね? これが、例えば 「男は睾丸で考える」とかであれば、割に合う?ような印象もありますが、なぜ、男は頭で考えると言われているのか、なかなか真相は難しいところです。 確かに、男性の方が数学や物理などが得意なイメージが強いというのもありますよね。 いずれにせよ、 男女で物事に対する考え方は異なりますので、一概にコレといった答えはありませんし、そこまで気にする必要性もないのでは?と思います。 少なくとも男性から女性に対して 「女は子宮で考える」とは言わないほうが良いという事だけは確実です。 人によっては男の方が本能的に動いて、女性の方が頭で考えているという場合ありますしね。 女性の考え方の特徴 女性と男性の違いとして一番わかりやすい例えが恋愛です。 恋愛の仕方は人によってバラバラですが、特に 女性の場合は、異性を内面で判断する事が多く、また、直感や分析能力に優れています。 仕事においては女性の方が細かくて 正確性が高い印象があります。 仕事内容によっては男女で業務内容に違いがあるのは、これらも関係している事でしょう。 処理能力が高いのも女性の特徴の1つです。 男性の考え方の特徴 恋愛においては、男性の場合はほとんどが 見た目 ルックス から入ります。 男性が異性を好きになる際に、内面を重視しているという意見はあまり聞きません! もちろん、 中には内面を重視しているという方もいますが、大前提として自分が許せる範囲のルックスを求めているはずです。 また、仕事においては、期待されている事を好む男性が多い傾向にあります。 女性の場合、仕事をたくさん任せられると他の女性と比べて 「自分だけ仕事の量が増えていないか?」などを気にするタイプが多いですが、男性の場合には 「自分への期待値が高い」というように感じる事も多く、仕事に対する価値観や考え方も異なると言えるでしょう。 男女が完全に分かり合う事は可能? 結論から申しますと、 すべてを分かり合うのは不可能だと思います。 このように、 人にはそれぞれ違った考え方や、感情があります。 ただし、そんな中でも互いを思いやって仲の良い関係を築き上げる事は出来ます。 もちろん、互いへの配慮や気配りなども重要となります。 人の感情とはなかなかに難しいものですので、相手との関係を良好に保つためには、 「まずは相手の立場になって物事を考える」事を意識してみてはいかがでしょうか? 自分がされて嫌なことはしない!というのは良く聞く言葉ですが、まさにその通りだと思います。 【~男性編~】 ・心の中では自分を立ててほしいと思っている。 ・尊敬や憧れを抱かれると嬉しくなる。 ・自分だけのものにしたいという独占欲が強い。 ・自分の視線やアプローチに気が付いてほしい。 ・友達的な感覚で仲良くしたい。 女性への理解を深める方法 さて、ここまで 「女は子宮で考える」の意味や 「男は頭で考える」の意味などを含め、恋愛心理や男女の考え方や特徴について紹介させて頂きました。 簡単に言うならば女性の子宮で考えるという意味は、 本能的・直感的な部分で物事を捉えるという意味合いが強いと思います。 また、それに対して男性の場合には、物事を頭で考えて冷静に判断するという印象がありましたね。 という事で、結果論を申しますと、 どちらが良いというのは特にありません!そもそも良し悪しを付ける必要もないと思います。 結局のところ、男性・女性だからといって区切りをつける必要はありませんし、人によって物事に対する考え方も異なります。 女性よりの男性もいますし、男性よりの女性もいます。 特に割り切って決めてしまうのではなく、 互いの気持ちを尊重して考えるというのが、一番理解を深めるのには必要な事ではないかと思います。

次の

「思いあぐねる」と「考えあぐねる」の意味と違いは何でしょうか?また、例文も...

考え あぐね る 意味

「考える・考えている」の正しい敬語変換について紹介していきます。 こういった敬語変換は以外に思うかもビジネスシーンでも間違えて使われていることが多いようです。 間違えないためにも「考える・考えている」の尊敬語変換をマスターしましょう。 考える行為を「お考えになる」、考えて察する行為を「ご高察になる」と使い分けます。 その他応用の使い方と常套句としての使い方も確認してみましょう。 「考える」を相手の方に使う場合の尊敬語は… 「考える」を相手の方に使う場合の尊敬語に変換すると、 「お考えになる」 「ご高察くださる」になります。 この機会に「考える」の尊敬語の正しい変換を覚えておきましょう。 なお、「考えてください」というのは命令形なので、目上の方に「考えてください」と使うのは失礼にあたりますので、考えてくださいの尊敬語はありません。 考えてくださいのかわりに「ご検討くださいませ」といった言葉を使いましょう。 「考える」を尊敬語にした際の例文 「お考えになる」を使わずに目上の方の考えをうかがう場合の別の表現例。 教えを乞う気持ちを言葉に表すのがポイント。 「考え」に「お」をつけて丁寧語に。 「もらう」も尊敬表現に変えますのでここがポイントです。 」 「ご高察」はお断りの常套句としても 使われる丁寧な言い方です。 次は、「考える・考えている」を謙譲語へ変換してみましょう 上記では、「考える・考えている」の尊敬語でしたが、次は「考える・思う」の謙譲語になります。 この謙譲語は自分をヘリくだして、相手を持ち上げる言い方になりますので、そのポイントを知っておきましょう。 「考える」の謙譲語変換を確認してみましょう。 普段あまり口にする事がない「拝察する」の使い方や、自分が思うという意味の場合の「存ずる」についてもあわせて確認してみましょう。 「考える」の謙譲語は… 自分が考えるという意味の「考える」の 謙譲語として、 「考える」 「拝察する」 「愚考する」 というのが、「考える」の謙譲語になりますので、しっかりと変換した言葉をおさえておきましょう。 また、相手の状態を推察する場合と、相手の気持ちを思い遣る場合の2種類があります。 後者の場合は、お悔やみ状の中でよく用いられる変換なのでおさえておきましょう。 「考える」を謙譲語にした際の例文 ここで、「考える」を謙譲語にした際の例文をみていきましょう。 「拝察」「愚行」は手紙などで使うことがある程度です。 」 「思う」と「考える」を同じ意味合いで使う場合 さらに、「考える」を「思う」の意味で使う場合、「存じます」も使えるでしょう。 「存じます」は、「思う・思います」という意味の敬語表現で、「思う」の謙譲語「存じる」に丁寧語の「ます」が付いた形ですが、「存じます」は、目上の人やお客様など敬意を払うべき人に対して「思う」ときにも使います。 例えば… 「私もそのように存じます。 」 「お食事をお出ししたいと存じますが、よろしゅうございますか。 」なども違和感なく使えるでしょう。 「考える」を「思う」という意味合いで使う場合は「存じます」と使う、と覚えておきましょう。 二重敬語となる誤用例や少し変わった変換の例 よく使ってしまう誤用例「お考えになられる」を挙げてみました。 又、2つの言葉を使って謙譲語として使う場合の変換例もまとめてみました。 尊敬語「お考えになる」の誤用例とは… 尊敬語「お考えになる」の誤用例です。 「この問題について、どうお考えになられますか?」は間違いです。 ここでは、尊敬語の「~られる」が加わり 二重敬語のようになっていますので正しい敬語とは言えません。 例えば… 「この問題について、どのようにお考えに なりますか?」や、もっとシンプルに丁寧語を使って「この問題について、どのようにお考え ですか?」「この問題について、どのようにお考えでしょうか?」といった表現にしましょう。 尊敬語よりも丁寧語のほうがよい場合もあるのです。 少し変わった変換をした言い方とは… 「考える」の尊敬語・謙譲語には「考える」+に「いる」の謙譲語「おる」を加えて「考えておる」とする使い方もあります。 例えば 「お考えになる」 「ご高察なさる」 「考えておる」 「拝察する」などもありますので、こういった使い方も覚えておきましょう。 ビジネスシーンでよく使われる「考える・思う」の敬語表現はしっかり覚えておこう! 今回は、考えるという言葉を敬語 尊敬語・謙譲語・丁寧語 に変換する正しい方法と、「思う」についての敬語表現についてもみてきました。 「考えている」「考えてください」などよく使う言葉の敬語のマナーは、ビジネスシーンにおいてとても重要ですが、難しいマナーでもなります。 「考える」の敬語変換での、二重敬語など間違って使っている社会人もいますので、そういった正しい言葉遣いができるだけでも、好印象になる時代とも言えます。 この際にしっかりと敬語 尊敬語・謙譲語・丁寧語 などの正しい言葉遣いを身につけておきましょう。

次の