モニター ヘッドフォン。 【宅録・レコーディング用】おすすめモニターヘッドホンの比較&選び方

個人用途のDTMに最適!おすすめのモニターヘッドホンを紹介!

モニター ヘッドフォン

【モニターヘッドフォン】 味付けがほとんどなく、 フラットな音になっている。 1つ1つの音の分解能力が高いので 音を聴き分けやすい。 さらに詳しい違いについては、下記の記事で紹介していますので、必要な方はご覧ください。 構造の違い ヘッドフォンについては、もう1つ構造の違いも簡単に紹介しておきます。 ヘッドフォンは構造の違いで、次の2つがあります。 「密閉型(クローズ型)」と 「開放型(オープンエア型)」です。 そのため、 周囲の環境音が聞こえづらくなり、集中しやすくなります。 もしも住宅などで、となりの部屋の物音がうるさい場合には、こちらの密閉型がおススメです。 開放型(オープンエア型) 「開放型」は開放されているわけですが、その分、ヌケのよい 自然な音が聴けます。 比較的、 音楽鑑賞にも向いているタイプです。 あくまで傾向です。 モニターヘッドフォンでオススメのモデル それでは、ここから モニターヘッドフォンのオススメのモデルを紹介します。 初めて買うのに向いたものを選んでいます。 そのため、ヘッドフォンは商品名に「国内正規品」などと、付け足されているものがあります。 SONY ステレオヘッドホン 「MDR-CD900ST」 同じく、SONYの ステレオヘッドホン 「MDR-7506」。 こちらも 定番のモニターヘッドフォンです。 見た目的には先ほどの「900ST」と似ているのですが、「900ST」は 赤色のワンポイントに対し、こちらの「7506」は 青色です。 音の特徴としては、こちらは「900ST」に比べて、少し 柔らかい印象です。 低音の出も良くなっており、全体のバランスとして聴きやすくなっています。 リスニング用途にも向いたヘッドフォンです。 他の違いとして、こちらはケーブルがカールコードです。 また、折り畳みができるので、よく持ち運びをする方には「7506」は便利でしょう。 価格は「900ST」よりも「7506」のほうが少し安めです。 でも下位モデルというわけでもなく、用途や好みになるかと思います。 audio-technica プロフェッショナルモニターヘッドホン「ATH-M20x」 audio-technica(オーディオテクニカ)の 「ATH-M20x」です。 オーディオテクニカも、国内で定番のメーカーです。 このオーディオテクニカの「ATH」シリーズは、細かくラインナップが分かれています。 上記は最下位モデルの「M20x」で、他に「M30x」「M40x」・・・と上位のモデルが続きます。 この「M20x」の特徴は、なんといっても 安い。 入門機として「予算をできるだけ押さえて買いたい!」という方にオススメです。 もちろん、安いとは言ってもモニターヘッドフォンですので作曲に使えます。 音の特徴としては クセの無いフラットな音です。 Amazonでは大体、ランキングの上位で見かける人気のモデルです。 気軽に買える価格なのでありがたいですね。 audio-technica スタジオモニター・ステレオヘッドフォン 「ATH-SX1a」 最後にRolandの 「RH-300」です。 モニターヘッドフォンらしく、メリハリのある音。 最初に紹介したSONYの「900ST」よりも、少し味付けされた音で 聴きやすくなっています。 オールラウンドでバランスが良く、用途を選びません。 音楽鑑賞など、普段使いにも向いたモデルです。 まとめ 初めて買うならコレ!というおすすめのモニターヘッドホンを紹介しました。 正直なところ、モニターヘッドフォンは、この他にもいろいろあるんです。 ですがキリがないので、苦渋の決断でこれだけに絞りました。 とはいっても、 主要なモデルばかりです。 紹介した機種を中心に探してもらえば、選ぶのに遠回りしなくて済むと思います。 ですが、音が味気ない部分はあります。 リスニングでも使いたい!ということであれば、他のリスニングにも適した機種を買われても良いと思います。 まあ、とは言っても、「900ST」でリスニングしてる人も大勢いるんですけどね。 「予算を抑えたい!」ということであれば、オーディオテクニカの 「ATH-M20x」が有力候補になります。

次の

ディスプレイからでる音をヘッドホンで聴きたい

モニター ヘッドフォン

「モニタリング・ヘッドフォン」と「リスニング・ヘッドフォン」はその用途と開発主眼が異なります。 ヘッドフォンの場合、音の諸変化や音質劣化の有無を監視する意。 鑑賞なので聴感として心地良ければ良いわけです。 一般 市販 のヘッドフォンはこちらが用途。 モニタリング・ヘッドフォンはレコーディングスタジオやテレビ収録スタジオ、また音に関連する教育機関・研究機関でも使用されます。 音色の傾向として一般的に言えることは、リスニング・ヘッドフォンは低音が強調される傾向があり、モニタリング・ヘッドフォンは輪郭のはっきりした音色で低音はすっきりしてると言えます。 換言するならば、周波数特性がフラットに近いということになります。 これは、日本のプロ向け録音スタジオ業界では事実として普及率100%と言っても過言でない、完全プロフェッショナル・モデルです。 聴感に関しては賛否両論あります。 ちなみに、以下のリンク Wikipedia も参照してみてください。 モニターヘッドフォンに期待することはありのままを聴ける事です。 変に誇張したり補色したりせずに良いものは良く悪い物は悪く聴けるのが正しい姿です。 現在は音響機器の高性能化でモニター用とリスニング用の違いが非常に薄れてきてはいます。 見た目も含めて特別な事はあまり無いですよ。 耐入力がちょっと高かったり壊れ難いという業務用特性は大事ですけどね。 スピーカーの話ですがモニターとしてダメな例はBOSEですね。 55Hz、110Hzにピークを持たせ独特なサウンドチューンングを施している為に何でもある程度気持ちよく聴こえてしまいます。 BOSEでMixして他にもっていくとスカスカなんてことになります。 それともう一つ大事な事は普及度なんです。 モニタースピーカーで有名なYamaha NS-10はどこに行っても置いてあるのでリファレンスになったのです。 その時代の民生機を代表する様な音で、ある程度安価で圧倒的な普及率を持っていたからこそ更に選ばれる事になりました。 自宅にも設置してNS-10で音を作ればスタジオに持ち込んだ時にもある程度の予想がつくので楽だったのが理由です。 ヘッドフォンは小型ですし自分のものを持ち運べますからそこまで普及率は大切ではないのですが、Sony、AKG、Sennheiserといったあたりがリファレンスになっています。 自分は数種類使い分けてそれぞれの個性のなかでも破綻しないようにバランスをとっていました。

次の

【宅録・レコーディング用】おすすめモニターヘッドホンの比較&選び方

モニター ヘッドフォン

*1 マイクロUSB端子のフタが完全に閉まっている状態にて、あらゆる方向からの噴流水に対して本体機能を保護するものです *2 マイクロUSB端子のフタが完全に閉まっている状態にて、あらゆる方向からの飛沫に対して本体機能を保護するものです *3 IPX5相当とは、あらゆる方向からの噴流水に対して本体機能を保護するものです。 JIS防水保護等級 IPX7相当とは、水深1mに静かに沈め、30分放置しても本体機能を保護するものです *4 長時間、水中に浸さないでください。 お風呂やサウナ、プールなどでは使わないでください。 海水にあてないでください。 勢いよく水で洗ったり、スポンジ、洗剤などは使わず、手洗いによるすすぎ洗いをしてください *5 ヘッドホン本体のみ対応。 あらゆる方向からの飛沫に対して本体機能を保護するものです(ヘッドホン音導管(音出口の筒部)は除く) *6 電源を入れた状態で、付属のヘッドホンケーブル接続時 *7 付属のヘッドホンケーブル接続時 *8 付属のUSB Type-C TM ケーブル接続時 *9 ヘッドホン本体のみ対応。 プールでご使用の場合、水深2mを超えた場所では使用しないでください。 ご使用になる前に、必ずこの防水/防じん性能の内容をご理解、ご確認ください。 3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12. お使いのソフトや環境により、対応しない場合がございます。 *15 iPhoneやスマートフォン、PCが4極ステレオミニプラグに対応している必要があります。 お使いのソフトや環境により、対応しない場合がございます。 (ヘッドホン音導管(音出口の筒部)を除く。 また、USB Type-C端子のフタが完全に閉まっている状態であること。

次の