木下ゆうか 国籍。 【炎上】YouTuber木下ゆうか「日本以外の国旗はかっこいい。日本は…(苦笑)日の丸…(苦笑)」

木下ゆうかとは

木下ゆうか 国籍

スポンサーリンク この「鳳華」という名前は 木下ほうかさんの祖父がつけたそうですが、 名前の漢字から「在日韓国人なのでは?」と噂されるようになりました。 木下ほうかさんの本名の漢字「鳳華」の「鳳」は、最近ではそこまで珍しくなく、女優の土屋太鳳さんなども使用していますよね。 しかし実は、 人名用漢字として採用されたのは1990年と割と歴史が浅いものなんです。 木下ほうかさんは1964年生まれなので、当時「鳳」は人名として届けられない漢字でした。 そういったことから、木下ほうかさんの 本名は1990年以降に日本に帰化する際につけられた?といわれています。 さらに名字の「木下」は、「朴(パク)」姓の在日韓国人が通名として使用している漢字です。 そして『龍が如く 極2』の新作発表会において、共演者の寺島進さんが「 ステージに上がっている中に数人朝鮮人がいる」と発言して問題となりましたが、その中に木下ほうかさんが入っていたようです。 寺島進さんの発言的には人種差別のように聞こえますが、出演者の木下ほうかさんの在日韓国人疑惑がよりいっそう深まることになりました。 さらに名前だけでなく、その 見た目も韓国人に近いといわれているようです。 木下ほうかさんの顔立ちとして、エラが張っていて韓国人の特徴がある顔立ちだとか。 しかし、日本人でもエラの張っている人はかなり多くいますよね。 見た目的としては純日本人なので、これは理由にならないでしょう。 木下ほうかの芸名の由来 スポンサーリンク 木下ほうかさんは 大阪府大東市出身で、在日韓国人だったとすると二世、三世に当たることになります。 木下ほうかさんの父親は一級建築士をしていたそうで、 かなりのお金持ちでした。 実家は小高い丘の上にあり、プールもあるほどの豪邸だったそうで、幼少期からお金持ちの子供としてプライドが高かったそうです。 小学生になった木下ほうかさんは 美少年として有名で、通学中女子中学生に声をかけられたり、バレンタインデーに大量のチョコをもらうこともあったとか。 かなりモテモテだった木下ほうかさんでしたが、大阪府立野崎高校に進学するとヤンキーファッションに目覚めます。 世間はツッパリブームが到来していたこともあり、剃り込みをいれてリーゼントにしたりヤンキーファッションをしていましたが、流行りに乗っただけで不良ではありませんでした。 木下ほうかさんは自主制作映画『17歳』を撮っていますが、当時歳をとりたくないと思っていたので全力で青春を謳歌するべく高校2年生の頃に彼女もつくっていました。 ずっとモテモテだったので 将来アイドルになりたいと考えていましたが、現実はうまくいかず 下積み時代は大変長かったようです。 1980年、16歳の時に映画『ガキ帝国』のオーディションに合格し、俳優デビューを果たします。 その後大阪芸術大学に進学し、卒業後は吉本興業大阪本社に入社し 吉本新喜劇デビューをしています。 しかし、思うように結果を残せないまま3年で退団しました。 その後上京し、本格的に俳優を目指すことになります。 吉本時代からの友人だった島田紳助さんの助言から、上京後しばらくは島田紳助さんにお世話になっていたようです。 それから映画監督の井筒和幸さんと知り合い、マツ・カンパニーからキャストパワーに事務所をうつります。 Vシネマを中心に出演していましたが、25歳から7年間は仕事がもらえず、水道配管のアルバイトをしていました。 そこから 長い下積み生活を送っていた木下ほうかさんは、2014年7月に放送されたドラマ『昼顔』にてヒロインの夫役を演じ、そこでみせた強烈な嫌われキャラが注目されます。 木下ほうかさんは、 下積み時代から地道な売込みをしていました。 業界関係者に好かれるために、業界関係者やプロデューサーが参加する飲み会に積極的に参加します。 良い人そうに見えながらも本質は粘着質で嫌味な役をうまく演じていて、視聴者をイラっとさせることも多々(笑) 木下ほうかさんが 吉本新喜劇時代に学んだ「笑いの基本」があるからこそ、シリアスな演技からノリツッコミまでできてしまうのでしょう。 「木下」の名字の全国順位&人数 「木下」という名字は 全国順位95位で、人数にするとおよそ 188,000人です。 たしかによく聞く名前ですもんね! 「木下」の由来 「木下」という名字は伊勢地方に多く見られるようです。 香椎神宮が縁の木下姓もあります。

次の

木下ゆうかのプロフィール

木下ゆうか 国籍

2017年3月20日に、ライブ配信サービスのツイキャスを中心に活動するみずにゃんが、2016年10月からファンの女性と交際していたが、はじめしゃちょーとの浮気が原因で今年2月に別れたという内容の告発動画をYouTube上に投稿した。 さらに、みずにゃんのツイキャス上で、大食いYouTuberのが、「私もはじめくんと付き合ってたんですよ……」と涙ながらに告白した。 みずにゃんの交際相手と、木下ゆうかの交際期間が被っていたことから、ネット上では、はじめしゃちょーに批判が集中した。 この騒動を受け、はじめしゃちょーはYouTubeチャンネルに約7分半の謝罪動画を投稿した。 はじめしゃちょーは浮気を否定しながらも、二股交際については認めて「このたびは、大勢の方に大変なご心配をおかけしてしまい、たいへん申し訳ございませんでした」と謝罪した。 好きなタイプ 木下ゆうかは、自身の好きな男性のタイプを「人を楽しませる事を作れる人が好き」と言っていたことがある。 そのため、Youtuberを本業としているようなクリエイティブな人が好きなタイプであると考えられる。 木下ゆうか自身がこの発言をした当時は、はじめしゃちょーとの交際が噂されている時期であったため、はじめしゃちょーへの思いを表した言葉であると推測される。 その後は、HIKAKINと交際しているのではないかという噂も浮上しているが、本人の新しい発言は聞かれていない。 性格 ネット上で「木下ゆうか」と調べると、「メンヘラ」などの単語が出てくる。 この理由としては、はじめしゃちょー関連の女性問題が原因だと考えられる。 はじめしゃちょーが、他のYoutuberに二股を暴露され、炎上した際に木下ゆうかも動画で「私も彼女です。 」ととの交際時期が被っていることを公表した。 さらに、二股を暴露した人物との通話がネット上で公開されると、通話の中で号泣していたことが、「あざとい」と話題になり、さらに追い打ちをかけることになった。 これにより、木下ゆうかの性格は「メンヘラ」であると叩かれるようになったが、そもそも本件ははじめしゃちょーが二股をかけたことが原因であり、木下がメンヘラだという見方ははじめしゃちょーのファンなどによる一方的な見方であると言える。 趣味 趣味は特に明かしていないが、大食いが好き。 特技 特技は大食いとイラスト。 高校卒業後に、友人とバイキングに行った時、友人のみんなが30分でギブアップし食べ終わっていた中、木下ゆうかだけ2時間食べ続けたという経験をし、「自分は人と違う」と気づき、大食いに目覚めたという。 また「普段はお腹いっぱいになるまで食べていない」と話しており、ビッグマックを1時間でどれだけ食べれるか?というギネスに挑戦した経験もある。 デビュー前の経歴 木下ゆうかには、幼少時代から大食いの前兆があった。 兄二人の3人兄弟であったが、自宅でご飯を食べても、満腹になるった経験がなく、炊飯器の米がなくなれば食事は終了と決められており、毎度の食事で炊飯器のお米がなくなっていたという。 また高校卒業後に、友人とバイキングに行った時、友人のみんなが30分でギブアップし食べ終わっていた中、木下ゆうかだけ2時間食べ続けたという経験をし、「自分は人と違う」と気づき、大食いに目覚めた。 その後、目立った活動はせず、セブンイレブンで働くために山口県に移住していた。 ちょうどその頃、大食い番組として人気を集めていた「元祖!大食い王設定戦」の広島予選があるということで、軽い気持ちで出演してみたという。 そして2009年に「元祖!大食い王決定戦」夏の新人戦広島地区代表決定戦に出場し、準優勝でデビューする。 その後2013年の番組出演以降はフリーランス(無所属)タレントとして活動していたようであるが、2014年からYouTuberとして活動を開始している。 出身・家族・学歴.

次の

木下ほうか

木下ゆうか 国籍

この記事の目次• 木下ゆうかのプロフィール 出典: 出身地:福岡県北九州市 生年月日:1985年2月4日生まれ 身長:157センチ 体重:非公開 1998年~2000年位まで、日本国内で『大食い選手権』としてテレビ番組で各社特集を組むなど、大食いが人気だった時代があります。 2005年4月11日、テレビ東京『元祖! 当時、大食い客に対して、バイキング形式をとる飲食店を中心に入店を断る店舗が目立っていた時期でもあります。 木下ゆうかの大食い歴を紹介 出典: 子供の頃は満腹になったことがなかったようで、ガマンという自覚もなかった木下ゆうかさん。 幼少期を振り返り、「普通に3人兄弟でお兄ちゃんも食べるんですけど、炊飯器のごはんがなくなったら終了。 毎回なくなってましたね」と語っています。 自分が人より食べるなと気づいたのは、バイトしたお金で初めてバイキングに行った18歳の時、2時間ぶっ続けで食べ続けたのがきっかけだったと本人が告白しています。 出典: 2009年、仕事の都合で山口県に住んでいた24歳の時、季節毎に放送されるテレビ東京系列のバラエティ番組『 元祖! 大食い王決定戦』に「私もまあまあ食べるし出てみようかな」と出場。 女性でしかも体型が細身であることから、視聴者に強い印象を与え、各種メディアがこぞって木下ゆうかさんを報じました。 その後、2010年の『元祖! 大食い王決定戦』春の女王戦の大阪第2代表決定戦で、3年連続で正司優子さんと競って勝ち上がり、大阪第2代表となりました。 メディアから「もっと出てほしい」と声がかかり、東京に出てちゃんと大食いタレントになろう、と思った木下ゆうかさん。 2012年、東京都渋谷区に本社を置く芸能プロダクション株式会社Claudiaに所属し、大食いタレントとして本格的に活動をスタートさせました。 2013年の『 元祖! 大食い王決定戦 爆食なでしこ頂上決戦』では、補欠出場ながら、優勝したアンジェラ佐藤さんと接戦を繰り広げ、残念ながら僅差で 準優勝となっています。 一時期、芸名を『木下 祐曄』と名乗っていましたが、『木下ゆうか』が本名です。 木下ゆうかは人気YouTuberに転身し成功している 出典: 大食いタレントとして活動していた木下ゆうかさんですが、大食いブームがすでに下火に。 その後の2013年、株式会社Claudiaを退職してフリーランスで活動をしていたものの、テレビの仕事も減っていきました。 そんな中、iPhoneで動画を撮って、アプリ「iMovie」で編集しながら、気軽に動画配信を始めた木下ゆうかさん。 これが、YouTuberになるきっかけでした。 「 テレビでは伝えきれない食を楽しむ様子を見て欲しい」との思いから、2014年5月にYouTubeチャンネルを開設し、現在はYouTuberとして活動しています。 動画の特徴としては、 非常にコンパクトに編集されており、倍速などを使用して大食いを披露しています。 また、イベントや収録に限定されず、普段から大食いで、たくさん食べるのが元々好きな様子が動画からよく分かります。 出典: 現在は丸亀製麺や吉野家、協同乳業、大江戸温泉物語など、 飲食企業を中心に多くの企業とタイアップ企画などを手掛けており、スポンサーもいるようです。 2016年12月には、 長崎県壱岐市のふるさと納税の呼びかけ役に起用され、壱岐牛の焼肉やタイの干物を完食する動画を投稿して、話題になっていました。 出典: 現在、動画チャンネル『 木下ゆうかのゆるちゃん! 』は登録者25万人、他にも複数のチャンネルを運営しており、全体では登録者は約529万人、総再生回数は約18億6300万回となります。 そして現在、 日本国内の単独の女性YouTuberとしては、最もチャンネル登録者が多いのが、木下ゆうかさんだと言われています。 また動画には、世界各国からのコメントが書き込まれ、2016年時点で中国国内のインターネット上では 渡辺直美さんと並ぶ人気を集めているんだとか。 木下ゆうか の国籍は韓国?韓国人説の真相 木下ゆうかに韓国人説が浮上した経緯と真相 出典: 木下ゆうかさんには、韓国人なのでは?との噂が囁かれています。 人気が特にアジアに集中し、中国や台湾など近隣諸国のユーザーも動画を視聴していると言われている木下ゆうかさん。 また、 タレントの木下優樹菜さんに韓国人説が浮上しており、名前が似ている木下ゆうかさんにも韓国人疑惑が出てきたようです。 関連記事 ・ 木下ゆうかさんの韓国人説はネットユーザーのこじつけによるもので、 実際は日本人であるそうです。 韓国語のコメントが多い理由は… 出典: ちなみに、木下ゆうかさんの動画チャンネルは 日本語以外の7カ国語の字幕がついているので、ハングルの字幕が出てくる場合があります。 しかし、同じUUUMに所属するヒカキンさんには、日本語の字幕もないため、ハングルで字幕が出る木下さんの動画は、韓国に需要があるのは当然といえば当然と言えるでしょう。 そして、韓国人のコメントが多いことから、一部ユーザーがデマを流布したのが真相です。 また、 韓国でも大食いは一部ブームで、韓国人ユーザーのために韓国料理を紹介して大食いするなど、傾向としては視聴者の動向を見ながら、動画内容を考えている様子がよく分かります。 木下ゆうかの家族・親とは? 出典: 木下ゆうかさんは、 5歳ずつ歳が離れた兄と妹、両親の5人家族です。 そして、兄も多少大食いであることは前述の通りです。 家族はみんな日本人です。 また、18歳から上京してテレビ出演等をしていることから、木下さんは高校卒業と同時に芸能活動という感じですから、最終学歴は高卒だと思われます。 2019年11月に木下さんはアパートからマンションに引っ越していますが、両親とは離れて都内に暮らしているようです。 もしかしたら、タワーマンションを購入したのかもしれませんね。 まとめ 木下ゆうかさんは毎日夕方に投稿し、しかも動画で食べる料理は自分で作ったりするのだそうです。 得意かどうかは別しても、料理自体は食べる以外に作るのも好きなようです。 今後も体に気を付けて頑張ってほしいですね。

次の