妊婦 お寿司。 【医師監修】妊娠中は寿司や刺身を食べても大丈夫? 生魚のリスク・注意点とは

妊婦さんがいくらを食べるときの注意は?【看護師が解説】

妊婦 お寿司

神奈川県立保健福祉大学卒業後、予防医学に興味を持ちドラッグストアへ就職。 その後独立し、現在はフリーランスの管理栄養士として特定保健指導、ダイエット指導、コラムの執筆、企業様での研修などを中心に活動。 「妊婦さんは刺身や寿司を食べない方がいい」という話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 妊娠したら、お腹の中の赤ちゃんに影響がある食べ物について、しっかりと知っておきたいですよね。 今回は、妊娠中に刺身や寿司を食べてもいいのか、妊婦が生魚を控えたほうがいい理由、刺身や寿司を食べるときの注意点についてご紹介します。 妊婦は刺身や寿司を食べてもいいの? 結論からいうと、妊娠中に刺身や寿司を食べることは禁止されていません。 魚は、たんぱく質やDHA、カルシウムを豊富に含んでいるので、妊娠中の食事に欠かせない食材のひとつです。 ただし、妊娠中に刺身や寿司を食べるときは、魚の種類や鮮度に気をつけなくてはいけません。 生魚を食べる量や頻度にも注意が必要なので、刺身や寿司は妊娠前よりは控えたほうがいいでしょう。 妊娠中に刺身や寿司を控えたほうがいい理由は? 妊娠中に刺身や寿司を控えたほうがいい理由は、下記の2つです。 妊娠中は免疫力が低下していることから、普段であれば問題のない食材でも、食中毒にかかるリスクが高くなります。 妊娠中に刺身や寿司を食べて食中毒になった場合、飲める薬が限られてしまうのも難点の一つですが、嘔吐や下痢などの症状がひどいと、胎児の発育に影響が出てしまう可能性もあります。 もし、妊娠中に生の魚介類や寿司を食べるのであれば、信頼できるお店で鮮度が良いものを選び、食べすぎないようにしましょう。 自宅に刺身や寿司を持ち帰って食べるときは、保冷剤を添えてもらい、帰宅後はすぐに冷蔵庫で保存して早めに食べ切ってください。 関連記事 妊娠中は生魚を1週間にどれくらい食べられるの? 妊娠中に刺身や寿司といった生魚を食べるときは、食べる量に注意しましょう。 胎児に影響を与える水銀量を考慮して、厚生労働省が注意喚起している1週間の摂取上限量を守ってください。 妊娠中に水銀を含む魚を食べて胎児に悪影響を及ぼすのは、摂取上限量を超えて食べ続けた場合です。 1週間に1回、1人前のマグロや金目鯛を食べるくらいであれば問題はありません。 水銀の影響がないといわれている魚でも、妊娠中に刺身や寿司など生で食べるときは、食中毒の危険性を考えて、新鮮なものを少量食べるようにしましょう。 関連記事 妊娠初期は刺身や寿司を食べてはいけないの? 妊娠初期は流産のリスクが高いため、食べたものによって、流産のリスクが高まったり、胎児に影響を及ぼしたりするのでは…と心配になりますよね。 しかし、妊娠初期の流産は、ほとんどが胎児側の染色体異常が原因で起こるとされています。 刺身や寿司を妊娠初期に食べたからといって、流産の確率が上がるわけではありません。 ただし、刺身や寿司を食べて食中毒になると、前述の通り、胎盤や胎児へ感染して流産につながる可能性もあります。 また、つわりの症状で辛いときに寿司や刺身を食べて食中毒になると、余計に体力が消耗されてしまいます。 妊娠初期に刺身や寿司を食べるときは、特に鮮度や量に気をつけるようにしましょう。 妊娠中に生魚を食べるときの注意点は?おすすめの調理法は? 妊娠中に刺身や寿司を食べるときは、鮮度が良いものを選び、食べすぎないことが大切です。 確実に食中毒や感染症を防ぐためには、しっかり火を通して食べるようにしましょう。 特に、夏場は温度や湿度が高く、食べ物が傷みやすいので、生ものは避けたほうが無難です。 定番の焼き魚やムニエルは調理が簡単で、しっかり火が通るのでおすすめの調理法です。 新鮮な魚であれば、蒸してさっぱり食べるのもおいしいですね。 少々手間がかかりますが、梅干しや生姜と一緒に煮た魚は、つわりによる吐き気を和らげる効果や、体を温めてくれる作用が期待できますよ。

次の

妊婦はお寿司を食べてもいいの?気を付けるポイントは?

妊婦 お寿司

もくじ• 妊娠する前には、気にせずに食べていたものでも、妊娠すると食べても大丈夫かなと気になってしまいますね。 魚の卵であるいくらも食べても大丈夫かどうか、気になる人は多いでしょう。 ここでは、妊娠中にいくらを食べても大丈夫かどうか、どんなリスクがあるのか、安全な食事をするにはどんなことに気をつければよいのかなどについてお話します。 いくらとはどういう食べ物か? いくらとは、サケの卵です。 一般的には加熱せず、塩漬けや醤油漬けにして食べることが多いですね。 いくらには、次の栄養素が豊富に含まれています。 カロリー パックに入っているお寿司のいくらは、約10gで。 カロリーは、約27kcalです。 いくら丼のいくらは、約50gです。 ビタミンB12 葉酸と共に赤血球の形成のサポートする働きがあります。 ビタミンD カルシウムやリンの吸収を良くして、丈夫な骨や歯を作ります。 毛的中のカルシウム濃度を一定に保つ働きがあります。 ビタミンE 抗酸化作用があり、細胞の健康を助ける働きがあります。 ビタミンA(レチノール) 皮膚や鼻、のどなどの粘膜を正常に保つ働きがあります。 妊娠中はいつでも避けたほうがいい? 妊娠中は、全期間を通していくらを食べるのは、控えておいたほうが良いでしょう。 理由は、一般的に加熱されていないからです。 どんな影響があるのか、次にお話しましょう。 妊娠中にいくらを避けたほうがいい理由 妊娠中に、いくらを避けた方が良い理由を説明します。 食中毒 妊娠中に、加熱されていないいくらを食べると、リステリアやアニサキスなどの食中毒を起こす可能性があります。 妊娠中は、免疫力が低下しているため、食中毒になりやすい状態です。 塩分の摂り過ぎ いくらには、塩漬けや醤油漬けされたものが多く、食べ過ぎると塩分の摂り過ぎにつながる可能性がありますので、注意が必要です。 塩分を摂り過ぎると、血圧が高くなったり、むくみがひどくなったりすることもあります。 いくらの危険性 妊娠中にいくらを食べる危険性が指摘されていますので、お話しましょう。 リステリア 妊娠中は、免疫力が弱まっているため、少量のリステリア菌でもリステリア症になることがあります。 リステリアの原因、症状、治療などについて説明しましょう。 【原因】 リステリア菌は、普段私達が生活している中にも広く存在する菌です。 リステリア症は、リステリア・モノサイトゲネスが原因で発症します。 生肉やナチュラルチーズなど、加熱されていない食物から感染します。 【潜伏期間】 24時間未満〜3日以上、1ヶ月以上の場合もあります。 【症状】 一般的には、リステリアをたくさん摂取しなければ発症しません。 発症したとしても、軽症で自然に治癒することが多いのです。 リステリア菌に感染した時の症状には個人差があり、発熱、悪寒、筋肉痛などの症状が出ます。 他の感染症との区別がつきにくく、敗血症や髄膜炎、中枢神経症状などを引き起こすこと(リステリア症)があります。 妊婦さんが感染すると、流産や早産、新生児にも影響を及ぼす可能性があります。 (参考文献1) 妊婦さんは発症した場合の主な症状は、発熱、悪寒、背部痛などで、赤ちゃんが生まれた後に数日で死亡するとされています。 【治療】 ペニシリン系などの抗生物質の投与がなされます。 セフェム系の抗生物質は無効とされています。 (参考文献2) アニサキス アニサキスとは、寄生虫の一種です。 アニサキスの幼虫は、長さ2-3cm、幅は0. 5-1mmほどです。 見た目は、白い太めの糸のように見えます。 サバ、アジ、カツオ、イカなどの魚介類に寄生する寄生虫です。 【潜伏期間と症状】 急性胃アニサキス症は、食べたあと数時間から数十時間で発症します。 急性腸アニサキス症は、食べたあと数十時間後から数日後に、激しい下腹部痛や腹膜炎症状が出ます。 多いのは、急性胃アニサキス症です。 【治療】 胃アニサキス症では、胃内視鏡でアニサキスを摘出します。 腸アニサキスでは、症状に応じた治療を行い、必要があれば手術します。 アニサキスに効果的な駆虫剤は開発されていません。 (参考文献2) また、新鮮なうちに内臓を除去することも良い方法です。 アニサキスは、寄生する魚介類が死ぬと、内臓から出てきて筋肉へ移動することがわかっているからです。 なお、わさびや酢がアニサキスの予防に有効ではないかという節がありましたが、食べるときの量や時間では効果がないことがわかっています。 (参考文献2) 妊娠高血圧症候群 妊娠高血圧症候群は、昔は妊娠中毒症と呼ばれていた病気です。 妊娠中に、何らかの原因で高血圧が起こり、母体の血管障害や臓器障害が起こる全身性の症候群のことを言います。 【症状】 妊娠20週以降から分娩後12週までの期間に、高血圧、または高血圧に尿蛋白を伴い、かつこれらの症状が単なる偶発的な合併症によるものではない場合、妊娠高血圧症候群といいます(参考文献1)。 これ以上になると、重症です。 【治療】 安静と食事療法、降圧剤の使用などで治療します。 重症で、赤ちゃんが充分成熟している場合は分娩させます。 ビタミンA過剰摂取 動物性食品に含まれるビタミンAをレチノールといいます。 これを摂り過ぎると、下記のような症状があります。 【症状】 急性の症状は、悪心、嘔吐、腹痛、めまい、過敏症などの症状が出た全身の皮膚が剥がれてくる症状が現れます。 慢性の症状は、全身の関節や骨の痛み、皮膚の乾燥、脱毛などが現れます。 これらは、連日25000I. U(I. Uは国際単位で、25000I. 【治療】 ビタミンAの摂取を中止します。 特にサプリメントの服用をやめると、症状は改善します。 【赤ちゃんへの影響】 レチノールは、胎盤から赤ちゃんに運ばれます。 妊娠初期にレチノールを多く摂ると、胎盤を通じて赤ちゃんの耳の形態異常などの奇形が起こる可能性が示唆されています。 【予防】 サプリメントからの過剰摂取のケースが報告されています。 ビタミンAが含まれているサプリメントを複数飲まないようにすることが重要です。 入っている量を確認しましょう。 妊婦さんにとって安全な食事を心がける 安全な食事を心がけることは、妊娠していなくても普段から大切なことですね。 ここでは、妊娠中は特に気をつけてほしいポイントを説明します。 どの食品が安全か確認する 妊娠中に食べてもいいもの、食べない方が良いもの、量など注意が必要なものがあります。 食べない方が良いのもの、どんな注意が必要なのかをあらかじめ確認しておきましょう。 基本的に、火が十分に通ったものを食べましょう。 新鮮なものを選ぶ 新鮮な食材を選ぶようにして、よく火が通されているかどうかを確認しましょう。 妊娠中は、免疫力が弱まっていますので食中毒になりやすい状態であると考えましょう。 よく火を通す よく火が通されているかどうかを確認しましょう。 妊娠中は、免疫力が落ちていますので、火が通っているものを食べたとしても、食中毒になったり体調が悪くなりやすい状態です。 料理したら早く食べる 料理したら、できるだけ早く食べましょう。 料理して時間がたつと、細菌の繁殖が心配です。 「買ったらできるかぎり早く料理する」「料理したものはできるかぎり早く食べる」ことを心がけましょう。 時間がたったものは処分する 料理して時間がたってしまったものは、思い切って処分しましょう。 特に梅雨の時期や夏には、温度や湿度が上がるため、冷蔵庫に入れていても細菌の繁殖が心配です。 冷蔵庫を過信しない リステリア菌など、冷蔵庫に保存していても繁殖する菌もありますので、注意が必要です。 「冷蔵庫で保存していたから大丈夫」と思わず、早めに料理して食べてくださいね。 調理器具の清潔を保つ 料理に使用する器具や、料理する人の手指を清潔に保ちましょう。 手洗いはもちろんのこと、「肉や魚などを調理するまな板は、生野菜に使用するものとは別にする」「鍋や調理器具、ふきんなどを清潔に保つ」ことも心がけると良いですね。 熱湯消毒もおすすめです。 保冷剤と保冷バッグを利用する 買った食品は、保冷剤や保冷バッグに入れて、新鮮さを保てるようにできるだけ冷やして持って帰り、できるだけ早く冷蔵庫へ入れるようにしましょう。 まとめ 妊娠中にいくらを食べても良いかどうか、どんなリスクがあるのか、安全な食事をするにはどんなことに気をつければよいのかなどについてお話しました。 妊娠中に、いくらのお寿司を一つ食べただけでは、塩分もビタミンAも摂り過ぎにはなりません。 妊娠中には抵抗力が低下していること、いくらは加熱処理されていないことで、食中毒を起こす可能性がありますので、注意しましょう。 妊娠中は、制限されることが多いのですが、赤ちゃんのために乗り越えられるといいですね。 参考文献• 医療情報科研究所編集(2009)『病気が見える』vol. 10 産科(第2版)メディックメディア(P92).

次の

妊娠中でも食べていい寿司ネタ!刺身や生魚でもこれならOKネタ厳選10個

妊婦 お寿司

お寿司好きの妊婦さん必見の情報です!!! 食中毒の危険性【妊婦がお寿司を食べるリスク】 刺身 さしみ やお寿司に使用する生の魚介類には、 食中毒を引き起こす細菌や寄生虫が生息しています。 妊娠していない大人の場合だと 感染しても気づかない程度の症状でも 妊婦は免疫力が低下していることもあり、 食中毒の感染リスクが20倍も高まります。 特になどの食中毒は 胎盤や胎児への感染や、流産など 赤ちゃんへのリスクが大きいです。 妊婦、高齢者や免疫機能が低下している方(抗がん剤治療中やHIVエイズの方など)は、少量のリステリアでも発症し、敗血症や髄膜炎など重篤な状態(リステリア症)になることがあり、海外では死亡例も確認されています。 特に、妊婦が感染すると、リステリアが胎盤や胎児へ感染し、流産や生まれた新生児に影響がでることがあります。 (平成22年、アメリカでカンタロープ(メロンの一種)を原因食品とするリステリア食中毒が発生し、33名の方が亡くなられました。 また、患者の多くは60歳以上でしたが、1名の女性患者は流産したと報告されています。 ) 出典: 厚生労働省 妊婦さんを危険にさらす細菌や 寄生虫は以下のものが有名です。 腸炎ビブリオ• モノサイトゲネス• 妊娠中の女性がトキソプラズマに初感染した場合、トキソプラズマが胎盤を通過して胎児に垂直感染する可能性がある。 胎児への感染率は妊娠末期になるほど上がるが、胎内感染が起こった場合の重症度は妊娠初期ほど高い。 引用: 国立感染症研究所 関連記事: これらの食中毒の危険性が 妊娠中にお寿司を食べる時に 必ず気を付けたいリスクの1つです。 関連資料: 水銀を含む魚が多い【妊婦がお寿司を食べるリスク】 妊婦さんがお寿司を食べるときに危険な もう一つのリスクは、寿司で使われる魚が 水銀を含んでいる魚であることが多い点です。 一部の魚は水銀を含むので、厚生労働省は 妊娠中に水銀をたくさん摂取しないように で妊婦さんへ注意喚起をしています。 出典: 厚生労働省 妊娠中に安全な食事をするためには 水銀が含まれる食品を理解して 食べ過ぎないように意識することが とても重要な安全対策の1つとなります。 キンメダイやまぐろなど、 お寿司のネタで使用される食品の中には 水銀を含む食品が複数あるので危険なのです。 水銀を含む食品一覧【厚生労働省の資料参考】• 金目鯛• キダイ• クロムツ• ユメカサゴ• バンドウイルカ• コビレゴンドウ• マッコウクジラ• ツチクジラ• イシイルカ• ヨシキリザメ• クロ 本 マグロ• メバチマグロ• ミナミ インド マグロ• クロカジキ• メカジキ• マカジキ 出典: 厚生労働省 こういった水銀が含まれているお魚は、 生で食べても加熱しても変わりません! また厚生労働省では、水銀について 「特には注意が必要でないもの」も まとめて記載しているので紹介します。 キハダ• ビンナガ• メジマグロ• ツナ缶• イワシ• サンマ• カツオ など 出典: 厚生労働省 妊娠中は食べ過ぎないように注意しましょう。 【危険】妊婦さんが寿司を食べる時の注意点 妊娠中でも食べられる寿司ネタについて 上記で紹介しましたが、注意点があります。 妊娠中でも食べることができる お寿司のネタ一覧はこちらです。 たまご焼き• 蒸し海老• 蒸しタコ• 納豆巻• いなり寿司• かっぱ巻き• かんぴょう• コーンマヨネーズ• ツナマヨネーズ• 煮穴子• 茹でカニ• 茹でイカ 例えば、先程例を挙げた寿司ネタの中で エビやイカ、タコ、カニなどについては 中までしっかりと火が通っていることを 確認して食べる意識を常にもたないと危険です。 また煮穴子は、が豊富なので 妊婦さんは食べ過ぎには注意しましょう。 寿司料理などではよく「炙り」がありますが、 炙り あぶり は表面だけに火を通しているので 妊婦さんは食中毒を引き起こす可能性があります。 リステリアは冷蔵庫内でも増えるので、冷蔵庫を過信せず、食品は期限内に(開封後は速やかに)食べるよう心がけましょう。 リステリアは加熱により死滅するので、加熱して食べることも、予防対策の一つです。 生野菜や果物などは食べる前によく洗う。 期限内に食べるようにする。 開封後は、期限に関わらず速やかに消費する。 冷蔵庫を過信しない。 冷凍庫で保存する。 加熱してから食べる。 出典: 厚生労働省 最後に 妊婦さんはお寿司を食べても大丈夫なのか、 その結論や根拠などを簡単に解説してみました。 そして妊娠中でも食べられる寿司ネタ一覧を なるべく分かりやすく解説していきました🍣 重要なことなので繰り返しますが たとえ妊娠中だったとしても 基本的に魚類の寿司ネタに関しては 中まで火が通っていれば食べてOK。 逆に、火の通っていない生魚を使用した 一般的なお寿司はNGなので注意しましょう。 わさびやショウガなどによる薬味で お寿司の殺菌効果を期待している 妊婦さんもいるかもしれません。 しかし、これらの食品だけでは 殺菌できない食中毒菌もあります。 妊娠中にお寿司を食べる際は 十分に加熱されたものを選んだ方が安心です。 あなたのマタニティライフに少しでも役立てば嬉しいです!.

次の