第 三 次 世界 大戦。 首相、コロナ拡大は「第3次世界大戦」 田原総一朗氏に [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

第二次世界大戦|日本大百科全書(ニッポニカ)|小学館

第 三 次 世界 大戦

に対する返答。 元ネタはの将軍のである。 第三次大戦とはつまり第三次世界大戦のことと思われ、将軍はこれからメイトリクスが起こすであろう戦いを予想しており、その激しさを世界大戦に匹敵すると考えての台詞と考えられる。 この前にも 「奴が生きていればまだ死体は増えるはずだ」といった同じような考えで発言したと思われる台詞が存在する 事実として、この後メイトリクスは孤島に構えていた、、その配下の大勢の兵士たちを たった一人で残らず皆殺しにしている。 関連リンク 関連記事 親記事 pixivision• 2020-08-13 18:00:00• 2020-08-13 17:00:00• 2020-08-12 19:00:00• 2020-08-12 18:00:00• 2020-08-12 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-08-14 12:43:28• 2020-08-14 12:42:34• 2020-08-14 12:42:20• 2020-08-14 12:42:20• 2020-08-14 12:42:14 新しく作成された記事• 2020-08-14 12:09:08• 2020-08-14 12:41:41• 2020-08-14 12:10:26• 2020-08-14 11:53:37• 2020-08-14 11:29:18•

次の

第一次世界大戦(ダイイチジセカイタイセン)とは

第 三 次 世界 大戦

この項目「 第一次世界大戦」は翻訳されたばかりのものです。 不自然あるいは曖昧な表現などが含まれる可能性があり、このままでは読みづらいかもしれません。 (原文:、) 修正、加筆に協力し、現在の表現をより原文に近づけて下さる方を求めています。 やも参照してください。 ( 2018年5月) 第一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、: World War I、略称: WWI)は、からにかけて、対のにより繰り広げられたである。 第一次世界大戦 上段:の戦場 中段左:ドイツ軍の複葉機 中段右:イギリス軍の 下段左:でのと英兵 下段右:で沈む英国戦艦 戦争:第一次世界大戦 年月日: - 場所:、、、、 結果:連合国(協商国)の勝利。。 交戦勢力 ほか共同参戦国あり 指導者・指揮官 () () 戦力 目次• 概要 [ ] 7千万以上の(うちヨーロッパ人は6千万)が動員され、史上最大の戦争の一つとなった。 による技術革新とによるの膠着で死亡率が大幅に上昇し、の犠牲者を含めた900万人以上と700万人以上が。 ()の一つであり、この戦争は多くの参戦国においてやの解体といった政治変革を引き起こした。 終戦後()も参戦国の間に対立関係が残り、その結果わずか21年後の1939年にはが勃発した。 戦争は世界全てのを巻き込み 、それらを(、、のに基づく)と(主にと)の両陣営に二分した。 はドイツおよびオーストリア=ハンガリーとを締結していたが、オーストリア=ハンガリーが同盟の規定に違反して防衛ではなく侵略に出たため、イタリアは中央同盟国に加入しなかった。 諸国が参戦するにつれて両陣営の同盟関係は拡大されていき、例えばとは連合国側に、とは中央同盟国側について参戦した。 参戦国や戦争に巻き込まれた地域は、2018年時点のに当てはめると約50カ国に達する。 略史 [ ] 戦争の引き金となったのは1914年6月28日、 ()の青年が、への視察に訪れていたオーストリア=ハンガリー帝国の帝位継承者を暗殺した事件()だった。 これにより、オーストリア=ハンガリーはにを発するというが起こった。 各国政府および君主は開戦を避けるため力を尽くしたが、戦争計画の連鎖的発動を止めることができず、瞬く間に世界大戦へと発展したとされる。 そして、それまでの数十年間に構築されていた欧州各国間の網が一気に発動された結果、数週間で主要な欧州が全て参戦することとなった。 まず7月24日から25日にはロシアが一部を行い、28日にオーストリア=ハンガリーがセルビアにすると、ロシアは30日に総動員を命じた。 ドイツはロシアに最後通牒を突き付けて動員を解除するよう要求、それが断られると8月1日にロシアに宣戦布告した。 で人数的に不利だったロシアは三国協商を通じて、同盟関係にあるフランスに西部で第二の戦線を開くよう要請した。 1870年のの復讐に燃えていたフランスはロシアの要請を受け入れて、8月1日に総動員を開始、3日にはドイツがフランスに宣戦布告した。 独仏国境は両側とも化されていたため、ドイツはに基づきとに侵攻、続いて南下してフランスに進軍した。 しかしその結果ドイツがベルギーのを侵害したため、8月4日にはイギリスがドイツに宣戦布告した。 イギリスとを結んでいた日本も8月23日にドイツに宣戦布告した。 ドイツ陸軍の進軍が1914年9月ので食い止められると、このはの様相を呈し、1917年までがほとんど動かない状況となった。 ではロシアがオーストリア=ハンガリーに勝利したが、ドイツはとで ()を食い止めた。 1914年11月にオスマン帝国が中央同盟国に加入すると、と(や)の戦線が開かれた。 1915年にはイタリアが連合国に、ブルガリアが中央同盟国に加入した。 とアメリカはそれぞれ1916年と1917年に連合国に加入した。 ロシアでは1917年3月にによって帝政が崩壊し、代わって成立したもで打倒され、軍事上でも敗北が続くと、ロシアは中央同盟国とを締結して大戦から離脱した。 1918年春にはドイツが西部戦線でを仕掛けたが、連合国軍は ()でドイツ軍を押し返した。 1918年11月4日、オーストリア=ハンガリーはを締結。 ドイツもが起こったためを締結し、戦争は連合国の勝利となった。 戦争終結前後にはドイツ帝国、ロシア帝国、オーストリア=ハンガリー帝国、オスマン帝国などのいくつかの帝国が消滅した。 線が引き直され、独立国として9つの国家が建国されるかあるいは復活した。 また、は戦勝国の間で分割された。 1919年のにおいては「」(イギリス、フランス、日本、アメリカ、イタリア)が会議を主導し、一連の講和条約を敗戦国に押し付け、敗戦国の領土を分割した。 大戦後には、再び世界大戦が起こらないことを願ってが設立されたが、この取り組みは失敗した。 、の復活、後継国家の弱体化、敗戦国側(特にドイツ)の屈辱感は、やがてを引き起こすこととなった。 軍事的には列強が人員や経済力、工業技術を大規模に動員するであった。 航空機や()、、といった新兵器が大規模または史上初めて使われた (も参照)。 名称 [ ] 第一次世界大戦は、が勃発するまで、単に 世界戦争 World War または 大戦争 Great War と呼ぶのが一般であった。 あるいは、 欧州大戦 War in Europe 、 the war to end wars という表現もあった。 第二次世界大戦以降は、主に 第一次世界戦争( First World Warまたは World War I)と呼ばれるようになった。 このうち「世界戦争」(: Weltkrieg)という用語が初めて使われたのはであり、この名称が使われた背景にはドイツの帝国主義政策「 ()」 Weltpolitik の存在などがあったという。 1917年のアメリカ合衆国参戦後、合衆国国内でも「世界戦争」という名称が従来の「ヨーロッパ戦争」に取って代わった。 「第一次世界戦争」 First World War という語が初めて使われたのは、1914年9月、ドイツの生物学者、哲学者であるが「恐れられた『ヨーロッパ戦争』は疑いもなく(中略)完全な意味での初の世界戦争 the first world war となるだろう」と述べた時だった。 1939年に第二次世界大戦が勃発した後「第一次世界戦争」という用語が主流になったが、イギリスとの歴史家は First World Warを、アメリカの歴史家は World War Iを多用した。 一方、「大戦争」(: Great War、: la Grande Guerre)という語は、主に大戦中のイギリス・フランス両国で用いられた。 カナダでも1914年10月号の ()が「大戦争」 Great War とした。 1930年代以降、英仏両国でも「世界戦争」が第一次世界大戦の名称として使われるようになるが、2014年においても第一次世界大戦を指して「大戦争」と呼ぶ用法は両国内で広く用いられているという。 歴史家のガレス・グロヴァー Gareth Glover は著書の『100の物が語る』 Waterloo in 100 Objects で、「この前置きは大戦争という名称が常に1914年から1918年までの第一次世界戦争を意味する環境で育った人にとっては当惑するものかもしれない。 しかし、1918年以前を生きた人々にとって、大戦争という称号はイギリスが1793年から1815年までの22年間、フランスと戦ったとを意味した」と述べた。 例えば、歴史家のは1911年に『と大戦争』 William Pitt and the Great War という著作を出版したが、題名の「大戦争」はフランス革命戦争とナポレオン戦争を指している。 によれば、日本で定着した名称「 世界大戦」は、「世界戦争」と「大戦争」のいずれでもなく両者を組み合わせたものであり、他国には見られない珍しい名称であるという。 背景 [ ] 1914年時点で2つの陣営に分けられたヨーロッパ。 緑はで茶色はである。 正式な同盟は三国同盟だけで、残りは非公式な支援関係である。 政治と軍事同盟 [ ] 19世紀の間、ヨーロッパ列強はを維持しようとして様々な手を使い、1900年までに複雑な政治と軍事同盟網を築き上げた。 その端緒となったのは1815年に、ロシア帝国、の間で締結されたであった。 1871年にを成し遂げると、プロイセン王国はドイツ帝国の一部となった。 直後の1873年10月、ドイツは、ロシア、ドイツの間のを交渉したが、オーストリア=ハンガリーとロシアが政策をめぐって対立したため、ドイツは1879年にオーストリア=ハンガリーと単独でを締結した。 これはオスマン帝国が ()を続ける中、ロシアがバルカン半島での影響力を増大させるのに対し両国が対抗するためだった。 1882年にはが加入してになった。 ビスマルクはフランスおよびロシアとのを防ぐべく、ロシアをドイツ側に引き込もうとした。 しかし、がに即位すると、ビスマルクは引退を余儀なくされ、彼の同盟網は重要性が薄れていった。 例えば、ヴィルヘルム2世は1890年にロシアとのの更新を拒否した。 その2年後にはロシアが三国同盟への対抗としてフランスとが締結した。 イギリスも1904年にを、1907年にを締結した。 これらの協定はイギリスとフランス、ロシア間の正式な同盟ではなかったが、フランスとロシアが関与する戦争にイギリスが参戦する可能性が出て、これらの二国間協定は後にと呼ばれた。 軍備拡張競争 [ ] ドイツがイギリスのへの対抗として建造した。 後の1871年にが成し遂げられ、ドイツ帝国が成立すると、ドイツの政治と経済力が大きく成長した。 1890年代中期以降、ヴィルヘルム2世率いるドイツ政府はそれを基盤として莫大な資源を投入、提督率いるを設立して、海軍の優越をめぐってと競争した。 その結果、両国はの建造でお互いを追い越そうとした。 1906年にイギリスのが竣工、イギリス海軍の優勢を拡大させた。 英独間のは全ヨーロッパを巻き込み、列強の全員が自国の工業基盤を軍備拡張に投入し、汎ヨーロッパ戦争に必要な装備と武器を準備した。 1908年から1913年まで、ヨーロッパ列強の軍事支出は50パーセント上昇した。 バルカン半島の紛争 [ ] 1908年の宣言を読むの住民、1908年10月。 オーストリアは、1878年にオスマン帝国領だったボスニア・ヘルツェゴヴィナを ()が、1908年にそれをして、1908年から1909年にかけてのを引き起こした。 これはとその後援国でを支持していたロシア帝国を激怒させた。 バルカンでの平和合意は既に揺らいでおり、さらにロシアの政治活動もあってバルカンは「ヨーロッパの」と呼ばれるに至った。 1912年から1913年にかけて、と徐々に解体していったオスマン帝国の間でが勃発。 その講和条約であるではが独立した一方、、セルビア王国、、は領土を拡大した。 1913年6月16日にブルガリアがセルビアとギリシャを攻撃してが起き、この33日間の戦争ではブルガリアが大敗。 の大半をセルビアとギリシャに、 ()をに割譲せざるをえず、バルカンが更に不安定になった。 列強はこの時は紛争をバルカン半島内に抑えることに成功したが、次の紛争はヨーロッパ全体に飛び火し、戦火はやがて全世界を巻き込んだ。 開戦 [ ] サラエボ事件 [ ] この写真は一般的にはが逮捕される瞬間とされているが、一部の文献 では見物人の1人であるフェルディナント・ベール( Ferdinand Behr)としている。 1914年6月28日、オーストリアのは ()の首都を訪問した。 ()組織 ()からの暗殺者6人( ()、、 ()、 ()、、 ())はセルビアの物資提供を受けて、大公を暗殺すべく大公の車列が通る街道で集まった。 チャブリノヴィッチはを車に投げつけたが外れ、近くにいた人々が負傷しただけに留まった。 大公の車列はそのまま進み、チャブリノヴィッチ以外の暗殺者が動けないのを尻目に無事通過した。 フェルディナントは、爆発で怪我した者の見舞いにサラエボ病院に行ったが、約1時間後の帰りでは車が道を誤って方向転換、ちょうどプリンツィプのいた道に入った。 プリンツィプはで大公と大公の妻を射殺した。 オーストリア人の間では反応が薄く、ほぼ無関心に近い状態だった。 歴史家の ()は後に「事件は人々に印象を残すことにほとんど失敗した。 日曜日と月曜日(6月28日と29日)、ウィーンの大衆はまるで何も起こらなかったように音楽を聴いたりワインを飲んだりした」。 一方、帝位継承者の暗殺という事件は政治に重大な影響を与え、21世紀の文献では「」と形容するものもある。 また、大公夫婦とは個人的には親密ではなかったが、皇帝は衝撃を受けて、うろたえた。 ボスニア・ヘルツェゴヴィナの騒動 [ ] オーストリア=ハンガリー当局は、 ()を煽動した。 その結果、サラエボでは ()2人が ()とにより殺害され、またセルビア人が所有する多くの建物が損害を受けた。 セルビア人に対する暴力はサラエボ以外でも組織され、オーストリア=ハンガリー領ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、、などで起こった。 ボスニア・ヘルツェゴヴィナのオーストリア=ハンガリー当局は目立ったセルビア人約5,500人を逮捕、送還したが、うち700から2,200人が監獄で死亡した。 ほかにはセルビア人460人が死刑に処された。 主にボシュニャク人で構成された「」も設立され、セルビア人を迫害した。 七月危機 [ ] 1910年時点のオーストリア=ハンガリー、色分けは民族と母語による。 ボスニア・ヘルツェゴヴィナは1908年に併合された領地である。 暗殺事件により、と呼ばれる、1か月間にわたるオーストリア=ハンガリー、ドイツ、ロシア、フランス、イギリス間の外交交渉が行われた。 セルビア当局、特に黒手組関連が大公暗殺の陰謀に加わっていると考え(後に事実であると判明)、セルビア人のボスニアにおける影響力を消滅させようとした オーストリア=ハンガリーは7月23日にセルビアに対し最後通牒を発し、セルビアとの戦争を引き起こすべく10点の要求を突き付けた。 セルビアは25日に総動員したが、暗殺事件の調査にオーストリア代表をセルビアに招き入れるという第6条を除いて最後通牒の要求を受諾した。 その後、オーストリアはセルビアとの外交関係を断絶、翌日に一部動員を命じた。 そして、1914年7月28日、オーストリア=ハンガリーはセルビアに宣戦布告した。 7月29日、ロシアはセルビアを支持してオーストリア=ハンガリーに対する一部動員を行ったが 、翌30日には総動員に切り替えた。 ヴィルヘルム2世はにあたるロシア皇帝にロシアの総動員を取りやめるよう求め、ドイツ首相は31日まで回答を待った。 ロシアがヴィルヘルム2世の要請を断ると、ドイツはロシアに最後通牒を発し、動員を停止することと、セルビアを支援しない確約を要求した。 またフランスにも最後通牒を発して、セルビアの守備に関連する場合、ロシアを支持しないよう要求した。 8月1日、ロシアが回答した後、ドイツは動員してロシアに宣戦布告した。 これにより、オーストリア=ハンガリーでも8月4日に総動員が行われた。 シュリーフェン・プランによるドイツ軍の進行路 ドイツがフランスに中立に留まるよう要求したのは、兵力展開の計画を選ばなければならなかったためであった。 当時、ドイツでは戦争計画がいくつか立てられており、どれを選んだとしても兵力の展開中に計画を変更することは困難だった。 1905年に立案され、後に修正されたドイツのでは軍の8割を西に配置するアウフマーシュ・II・ヴェスト( Aufmarsch II West)と軍の6割を西に、4割を東に配置するアウフマーシュ・I・オスト( Aufmarsch I Ost)とアウフマーシュ・II・オスト( Aufmarsch II Ost)があった。 東に配置する軍が最大でも4割留まりだったのは、のの輸送率の上限であったからだった。 フランスは回答しなかったが、自軍を国境から10km後退させて偶発的衝突を防ぎつつ予備軍を動員するという、立場が不明瞭な行動をした。 ドイツはその対処として予備軍を動員、アウフマーシュ・II・ヴェストを実施すると決定した。 8月1日、ヴィルヘルム2世はフランスが攻撃されない限りイギリスが中立に留まるという誤報を受けて、に「全軍を東に進めよ」と命じた。 小モルトケは兵士100万人の再配置は不可能であり、しかもフランスにドイツを「背後から」攻撃する機会を与えるのは災難的な結果を引き起こす可能性があるとヴィルヘルム2世を説得した。 しかしヴィルヘルム2世はドイツ軍がに進軍しないことを堅持、いとこのイギリス国王からの電報で先の情報が誤報であることを判明してようやく小モルトケに「今やあなたは何をしてもいい」と述べた。 ドイツは8月2日にルクセンブルクを攻撃、3日にフランスに宣戦布告した。 4日、ベルギーがドイツ軍に対し、フランスへ進軍するためにベルギーを通過することを拒否すると、ドイツはベルギーにも宣戦布告した。 イギリスはドイツに最後通牒を発し、ベルギーは必ず中立に留まらなければならないと要求したが、「不十分な回答」を得た後、8月4日の午後7時にドイツに宣戦布告した(午後11時に発効)。 1914年の戦闘 [ ] 中央同盟国の緒戦での混乱 [ ] セルビアから脱出した難民、1914年のにて。 セルビアにおけるオーストリア=ハンガリーの第一次攻勢はセルビアの一般市民に対する攻撃とともに行われた。 民衆数千人が殺害され、集落は略奪、放火された。 オーストリア=ハンガリー軍部は一般市民に対する攻撃を暗に認め、「系統的でない徴発」や「無意味な報復」などと形容した。 セルビア軍は善戦したが、12月までにその力を使い切った。 さらにセルビアで疫病が流行した。 12月5日から17日、オーストリア=ハンガリー軍はロシア軍のへの進軍を阻止し、その後は長大な前線にわたって塹壕戦に突入した。 また1914年12月から1915年4月にかけて ()が行われ、中央同盟国軍がロシア軍に対し善戦した。 西部戦線における戦争計画の失敗と塹壕戦への移行 [ ] による「ドイツ人民へ!」( An das deutsche Volk! )の宣言、1914年8月6日。 第一次世界大戦において、一般市民への攻撃が初めて行われたのは8月2日、リエージュ近くの、 ()、 ()で起きたことだった。 その後の数週間、ドイツ軍はベルギーとフランスの一般市民にしばしば暴力をふるったが、その理由は ()によるドイツ軍への攻撃だった。 ドイツ軍が初めてベルギーの民衆を大量処刑したのは8月5日のことで、最も重いについては ()、 ()、 ()、で起きた。 このような報復攻撃により、1914年8月から10月までの間に民間人6,500人が犠牲者になり 、また ()でドイツは国際世論の非難を受けた。 これらのはイギリスので真偽まじりで宣伝され、「 ()」という語が生まれた。 前進するドイツ軍、1914年8月7日 ドイツ軍がシュリーフェン・プランを実施するために迂回している中、フランス側では ()を準備していた。 プラン17ではドイツの計画と違い、での中央突破を戦略としていた。 実際の大規模攻撃の前、への攻撃も予定していた。 フランス軍の指揮官はドイツ軍を南部で釘付けにすることと、フランス国民の戦意高揚を目的として、普仏戦争でドイツ領となっていたの奪還を掲げた。 フランス軍は住民の一部に歓迎される中、8月7日にアルザスの工業地帯で2番目の大都市であるミュルーズを占領して、一時的に戦意高揚に成功したが、9日にはドイツ軍に奪還された。 その後、ドイツ軍は8月24日までに ()沿岸との一部を除いて奪還、以降、終戦まで維持した。 フランス軍の攻撃を指揮した ()はジョフルに解任された。 ジョフルは当初プラン17の遂行に集中して、フランス兵170万を5個軍に編成、ドイツによるベルギー攻撃を顧みなかった。 だがドイツ軍の行軍を完全に無視することはさすがにできなかったため、 ()率いる ()を北西部に派遣した。 ちょうどフランスに上陸した、率いるはの北でフランス軍と合流した。 フランスの攻勢は8月14日に始まり、 ()率いる ()と ()率いる ()は国境を越えてに進軍、率いるドイツ ()と ()は戦闘を回避した。 ()の情勢、1914年8月3日から26日まで。 この時点でフランスの ()の失敗が明らかになった。 8月16日にリエージュが陥落した後、ドイツ軍右翼は18日に本命となる攻勢を開始し連合国軍を包囲するよう進撃した。 ドイツ軍が早くもとに押し寄せると、ベルギー軍の大半はの要塞に退却、そこから2か月間にわたる ()が始まった。 20日、フランス軍は本命となると地域への侵攻を開始したが、同時にドイツの反攻も始まった。 こうして、、、 ()、、とマース川の間、 ()という長大な前線で ()と呼ばれる戦闘が起き、両軍とも大損害を被った。 フランス軍は8月20日から23日までの間に4万人の戦死者を出し、うち22日だけで2万7千人の損害を出した。 死傷者は主にによる損害だった。 フランスの第1、2、3、4軍はドイツの第4、5、6、7軍に敗れ、左翼のフランス第5軍とイギリス海外派遣軍も敗北した。 しかし、フランス軍は紀律を保ち、ロレーヌではの後ろ、周辺の要塞群に退却。 フランス北部でもの後ろにある要塞を保持したため、大部隊がドイツに包囲されて失われるのを防いだ。 ループレヒト・フォン・バイエルンはシュリーフェン・プランを破って成功を推し進めるように求め、許可を得たが、8月25日から9月7日まで続いたループレヒトの攻勢は戦局を打開するには至らなかった。 マルヌ戦でフランス兵を輸送したタクシー(写真は模型) 迂回して進軍していたドイツ第1から第5軍は進軍の速度を保ちながら南西と南に方向転換した。 そのうち、率いる第1軍は8月20日にを占領した後、フランス軍とイギリス海外派遣軍を追撃した。 前線が拡大するにつれて、ドイツの攻勢の性が失われ、ドイツ軍右翼が伸び切ったためその数的優位も失われた。 ドイツ軍が進軍するにつれて、ドイツ軍の連絡線が伸び、フランス軍の連絡線が縮んだのだった。 8月末にはドイツ軍の歪んだ前線が崩壊直前にまでなり、右翼も反撃を受けて南と南東に向けて方向転換した。 そして、パリの包囲計画は8月30日に放棄され、その報せは9月3日にジョフルに届けられた。 当時にいたドイツ軍最高司令部には前線の情報がなく、特に脅かされていた右翼との電話連絡がなかった。 無線を使用した通信も技術が整っておらず、飛行隊からの報告はしばしば無視された。 ()32万人は強行軍してイギリス海外派遣軍を封じ込もうとしたが、その過程で自軍の西側の守備を無視してしまった。 東部戦線に2個軍団を割いたこと、 ()や ()に軍を割いたこと、行軍と戦闘による損害、補給の不足により第1軍は停滞、しかも既に500kmも行軍していたため疲れ切っていた。 9月6日、フランス軍によるドイツ軍への側面攻撃が始まった()。 ドイツ第1軍は命令に違反して9月5日にの南側に進軍、パリ周辺の ()、 ()、まで進んだが、2日間にわたって撤退せざるを得なかった。 その理由はドイツ第1軍と第2軍の間に40kmの隙間が生じ、英仏軍が9月8日の正午近くにそこに雪崩れ込んだためであった。 ドイツ前線の連絡はおぼつかず、ドイツ軍が500km以上を行軍したため疲れ切っており、しかも包囲殲滅されるという脅威が増大したため、第1軍と第2軍の指揮を命じられた ()中佐は撤退を決定した。 撤退の必要性、特に第1軍の撤退 は後に疑問視されたが、通説では ()が述べたように、「撤退は作戦上は正しく必須だったが、その心理的影響は致命的だった」。 シュリーフェン・プランは失敗に終わり、アルザス=ロレーヌでフランス軍を圧迫することも失敗した。 9月9月、小モルトケは手紙でこう綴った: これは良くない。 ]希望に満ちた開戦が真逆に変わった。 ]わずか数週間前の見事な戦役とはどんなに違うだろう。 ]私は、人民が勝利を渇望したがためにこの不幸に耐えられないことを恐れている。 モルトケはを来たし、が後任のとなった。 ドイツ第1軍と第2軍は撤退を余儀なくされ、残りの軍勢もそれに続いた。 ドイツ軍がの後ろに撤退したことで9月13日に ()が生起したが、この戦闘は塹壕戦への移行のきっかけとなった。 ドイツ軍はエーヌ川の後ろに撤退した後、塹壕を掘って守備を整え、態勢を回復した。 9月17日にはフランス軍が反撃したが、戦況が膠着した。 ドイツ軍の撤退はフランスでは「マルヌの奇跡」と呼ばれたが、ドイツでは批判を受けた。 ファルケンハインはに対し、シュリーフェン・プランが失敗した後の軍事情勢をドイツ国民に説明するよう提案したが、ベートマン・ホルヴェークは拒否した。 占領中のドイツ兵士、1914年。 ファルケンハインはそれまでの方針に従い、まず西部戦線に決着をつけようとした。 9月13日から10月19日までの ()において、両軍とも側面攻撃を仕掛けようとしたが、前線がエーヌ川から沿岸のまで広がっただけに終わった。 10月初に両軍が行軍の戦術を再開、ドイツ軍は多大な損失を出しながら、、、を占領したが、戦況を打開するには至らなかった。 その後、戦場はさらに北のに移り、に面するとを経由するイギリスからの増援は中断された。 、イギリスの代表的作家53人が首都において声明『』を出した。 、ドイツ大学人による『 文化的世界へ訴える)』が出された。 にはドイツの大学と工科大学53校の講師、教授ほぼ全員にあたる合計3千人が連名で『』を出して大戦を「ドイツ文化の防衛戦」として正当化した。 イギリスなどの学者は10月21日に米紙『』上でを出した。 を着用しに隠れる兵。 、1917年。 10月20日から11月18日まで、で激しい戦闘が起こり( ())、大急ぎで投入されたドイツの予備部隊は ()とイーペルで大損害を受けた。 訓練も経験も不足していた予備軍の士官が若い兵士(15歳の兵士もいたほどだった)を率いたが、数万人の損害を出して何もなさなかった。 壊滅的な結果にもかかわらず、 ()が作られ、軍事上の敗北を道徳上の勝利として解釈する、第一次世界大戦における初の事例となった。 同盟軍はイギリスの補給港であると、および鉄道の中心地であるをドイツ軍から守ることに成功した。 行軍の競争は第一次イーペル会戦とともに終結した。 ドイツ軍は西部戦線で強固な線を掘り、戦闘はに移行した。 塹壕突破の試みは1914年時点では全て失敗に終わり、北海から国境( ()も参照)まで長さ約700kmにわたる前線は塹壕戦への移行により固定化し、両軍の塹壕の間には約50mの距離が開いた。 ファルケンハインは11月18日にベートマン・ホルヴェーク宰相に対し、との戦争は勝ち目がなくなったと通告して、外交を通じた終戦を求めた。 彼はイギリスとの講和は不可能と考え、それ以外の交戦国と単独講和するよう求めたが、ベートマン・ホルヴェークは拒否した。 ベートマン・ホルヴェークが拒否したのは占領地を手放したくないとの政治的な考えがあってのことだった。 もも敵を全滅させるという立場を崩さず、勝利の平和を可能であると判断した。 結局、首相と軍部は世間からマルヌ会戦とイーペル会戦の敗北を隠蔽して戦闘を継続したため、政治と軍事情勢が政治と経済のエリート層の戦争目標への望みと乖離していき、戦中と戦後の社会闘争につながった。 11月、は北海全域を交戦地帯と定め、を敷いた()。 の旗を掲げる船舶でもイギリスに警告なしで攻撃される可能性が出たが、イギリス海軍のこの行動は1856年のに反するものだった。 12月24日から26日にかけて、西部戦線の一部でと呼ばれる非公式なが行われた。 この休戦に参加したイギリスとドイツ兵士は合計で10万人以上とされる。 1914年の東部戦線 [ ] ロシアの2個軍はの仮定と違って、開戦から2週間でへの侵攻を開始したため、の情勢はドイツにとって厳しいものだった。 ドイツはシュリーフェン・プランにより西部戦線に集中したため、東部戦線では守備態勢をとった。 そのため、ドイツはロシア領との国境地帯にあるいくつかの町を占領したに留まり、1914年8月の ()がその一環となった。 8月20日の ()の後、東プロイセンを守備する ()は撤退、東プロイセンの一部がロシアに占領された。 その結果、東部戦線のドイツ軍は増援され、その指揮官も少将と大将に交代した。 2人は8月末のに勝利、率いる ()をほぼ全滅させて東プロイセンを確保した。 続く9月のでも率いる ()が敗北したため、ロシア軍は東プロイセンの大半から撤退した。 8月24日から9月11日までの ()の後、ロシア軍はオーストリア=ハンガリー領を占領した。 オーストリア=ハンガリー軍はガリツィアの首都を攻撃した後、ロシア軍が人数で圧倒的に優位にあったため撤退を余儀なくされた( ()、8月26日 - 9月1日)。 ロシアによるは9月24日から10月11日まで続いた後、一旦解かれた。 オーストリア=ハンガリー軍を救うべく、新しく編成された ()は ()を開始したが失敗した。 11月1日、ヒンデンブルクがドイツ軍総指揮官に任命された。 11月9日、第二次プシェムィシル包囲が開始、オーストリア=ハンガリーの駐留軍は1915年3月22日まで耐えた末に降伏した。 ドイツの ()は11月11日に開始、12月5日まで続き、その後はロシア軍が守備に入った。 オスマン帝国の参戦 [ ] 1914年11月14日、「オスマン帝国の敵」に対するを宣言したの ()。 ()との建設により、オスマン帝国はドイツに接近した。 さらに、オスマン帝国はイギリスにとを注文しており、代金も支払っていたが、イギリスは開戦直後の1914年8月1日に両艦を強制接収した。 それでもオスマン帝国政府は「武装中立」を維持しようとしたが、政権を握っていたには列強のどこかに依存しなければ軍事的に維持できないことが明らかだった。 最終的にはにより ()、およびオーストリア=ハンガリーとの同盟が締結されたが、この同盟は内閣でも賛否両論だった。 ()率いる、ドイツの ()のとがイギリスのによる追跡を振り切り、8月16日にオスマン帝国の首都に逃げ込んだ()。 両艦はそのままオスマン帝国に買い上げられ、スション以下ドイツ人乗員は両艦が10月29日に出撃して沿岸のロシア都市を襲撃した( ())以降も両艦に残った。 9月27日、が正式に封鎖され、国際船舶の航行が禁止された。 11月初、イギリス、フランス、ロシアがオスマン帝国に宣戦布告した。 11月14日朝、の ()はのによるに従い、コンスタンティノープルの ()の前で敵対国に対するを宣言した。 しかし、宣言に呼応したのはイギリスの部隊の一部だけ(1915年2月15日のシンガプール反乱( Singapur))であった。 アフガニスタン首長国でのイギリスに対する反感にも影響したが、それは1919年の ()以降のことだった。 宣戦布告直後の11月6日、イギリスとインド軍は ()の利権を守ろうとしてでを敢行、これにより ()が開始された。 イギリス軍はオスマン軍を蹴散らした後( ())、11月23日にを占領した。 ()ではロシア軍が11月に ()を開始した。 ロシア軍の攻勢を撃退すると、 ()は反撃に転じたが、真冬の中で行われた ()で大敗した。 義勇軍がロシア側で戦ったため、オスマン帝国に残っていたアルメニア人に対する目が冷たくなったが、アルメニア人の大半はオスマン側についたままだった。 ロシア軍は長らく占領していたペルシア北東部から進撃した( ())。 一方、 ()は1914年時点では大きな戦役はなかった。 北欧の中立宣言 [ ] 北欧諸国は大戦中一貫してを貫いた。 1914年12月18日国王は、・の両国王をに招いて三国国王会議を開き、北欧諸国の中立維持を発表した。 これらの国はどちらの陣営に対しても強い利害関係が存在しなかった。 スウェーデンにおいては親ドイツの雰囲気を持っていたが、これも伝統的政策に則って中立を宣言した。 ただし後のにおいて、スウェーデン政府はフィンランドへの派遣を黙認している。 アジア・太平洋戦役 [ ] で青島要塞を砲撃する日本陸軍 第一次世界大戦で、イギリスは本土だけでなく各地から兵を動員した。 1914年8月30日、は ()を ()した。 9月11日、 ()がのに上陸した。 10月28日、ドイツのが ()でロシアのを撃沈した。 1914年11月7日にとの連合軍は、の根拠地だったのであるとの要塞を攻略した(、1914年10月31日 - 11月7日)。 オーストリア=ハンガリーの防護巡洋艦 ()が青島からの退去を拒否したため、日本はドイツだけでなくオーストリア=ハンガリーにも宣戦布告した。 カイゼリン・エリザベートは青島を守備した後、1914年11月に自沈した。 ドイツ領を占領するかについては日本国内でも結論が定まっていなかった。 参戦を主導した外相も、南洋群島占領はイギリス植民地政府とアメリカを刺激するとして消極的であった。 ところが、9月に入り巡洋艦による東岸での英艦撃沈、エムデンによるなどドイツ東洋艦隊の活動が活発化したことで、イギリス植民地政府の対日世論は沈静化した。 アメリカにおいても、一時はハースト系のイエロー・ペーパーを中心として目立った対日警戒論も落ち着いてきた。 このような情勢を受け南洋諸島の占領が決定された。 10月3日から14日にかけて、第一、第二南遣支隊に属する「」「」「」「」「」「」によって南洋諸島のうち以北の島々(、、)が占領された。 これら島々の領有権は戦後に決定するという合意があり、日本の国民感情的には期待があった。 開戦前に南洋諸島に派遣されていたドイツ東洋艦隊は逃亡し、付近でからの支援を受けた後に、南アメリカ大陸最南端の廻り(経由)で本国へ帰還するため東太平洋へ向かった。 連合国軍は数か月内に太平洋におけるドイツ領を全て奪取、単独の通商破壊艦やニューギニアで粘った拠点のいくつかだけが残った。 本国帰還を目指したドイツ艦隊は英艦隊の追跡・迎撃を受け、東太平洋における(11月1日)では勝利したものの、南大西洋の(12月8日 )に敗れて壊滅した。 アフリカ戦役 [ ] 詳細は「 ()」を参照 1915年2月4日、ドイツは2月18日以降に商船に対する ()を開始すると正式に発表した。 ドイツは中立国の抗議をはねつけてイギリスと周辺の海域を交戦地帯と定めたが、イギリスを海上封鎖するには()が足りなかった。 潜水艦を対商船作戦に使用したことで、ドイツは軍事上でも国際法上でも「新しい道」を歩み出した。 イギリスの商船が武装を強化したため、Uボート は安全が脅かされ、 ()に関するを完全に順守することができなかった。 さらに、潜水艦の指揮官への指示が不明確で、海軍は中立国船舶の航行を妨げるために無警告で攻撃するであると仮定した。 しかし、ドイツの発表に中立国が抗議したため、 ()は中立国の船舶を攻撃しないよう限定された。 5月7日、ドイツの潜水艦 ()がイギリスの客船を ()、国際世論による抗議の波を引き起こした。 ドイツ駐大使館は新聞に警告文を掲載したが、ルシタニア号が5月1日にを出港した時にはアメリカ人200人以上が乗船していた。 「戦争物資と弾薬を載せた」というルシタニア号 が5月7日に撃沈されると、子供100人近くとアメリカ人127人を含む合計1,198人が死亡した。 アメリカの世論は憤慨した。 米独間で覚書が交換され、ヴィルヘルム2世は6月1日と6日に ()の支持を得た首相の要請を受け、潜水艦が中立国の船舶と大型旅客船を撃沈しないことを約束した。 しかし、この決定を聞くと、と ()が辞表を出した(2人の辞任は拒否された)。 ()が客船のを撃沈、再びアメリカ人の死者を出してしまうと、ドイツ駐アメリカ大使 ()がアメリカ政府にヴィルヘルム2世の決定を通知した(アラビックの誓約、 Arabic pledge)。 8月末、ヴィルヘルム2世の決定が ()や ()などドイツの新聞編集長に告知された。 彼らは軍部の指示を受けてと反米のキャンペーンを直ちに停止した。 東部戦線決着への試み [ ] において、ドイツ軍は新しく到着した ()の助力で2月7日から22日までのに勝利、ロシア軍をようやく東プロイセンから撤退させた。 ロシア軍との前線、1915年5月時点(青線)と9月時点(青破線)。 1914年11月にパウル・フォン・ヒンデンブルクとエーリッヒ・フォン・ルーデンドルフが東部戦線のドイツ軍総指揮官に任命された以降、2人は東部戦線の決着を目指した。 ドイツの目的はロシアを弱らせることによって、連合国の同盟の解体を準備しようとした。 当時の東部戦線はロシアがガリツィア全体を占領している状態であり、単独講和できる状態にないため、軍事上の圧力をかけることによってロシアへの圧力を増すことと、中立国、特にバルカン諸国に良い印象を与えることができると考えられた。 さらに、イタリアが参戦してくる恐れがあったためオーストリア=ハンガリーは戦略的危機に陥っていた。 ロシア軍は ()を有利に進めており、イタリアが参戦するとオーストリア=ハンガリー軍はとの間で挟み撃ちにされる形になり、オーストリア=ハンガリー帝国の終焉を意味するほどの危機となる。 そこで考えられるのが、西ガリツィアから方面へ突破して、ロシア軍にカルパティア山脈からの撤退を迫る(撤退しなければドイツとオーストリア=ハンガリーの挟み撃ちを受ける)ことだった。 この戦略を実行に移すため、1915年春に率いる ()が西部戦線から東部戦線に転配された。 5月1日から10日まで、の東でが行われた。 この攻勢において、ドイツと ()は予想外に善戦してロシアの陣地に深く侵入、5月中旬にはサン川までたどり着いた。 この戦闘は東部戦線の変わり目だったが、オーストリア=ハンガリーは開戦から1915年3月まで約200万人の損害を出しており、ドイツの援助に段々と依存するようになった。 6月、中央同盟国はゴルリッツ=タルヌフ攻勢に続いて ()を開始した。 6月4日にを、22日にを再占領した後、ロシア領ポーランドに ()を作ることが可能のように見えた。 南と北とで共同して攻撃を仕掛けることで、ロシア軍を包囲するという計画が ()(実際に計画を立てたのはルーデンドルフだった)から示されたが、ファルケンハインとマッケンゼンはマルヌ会戦の惨状を見て、ルーデンドルフの計画を野心的すぎるとしてそれを縮小させた。 6月29日から9月30日までのブク攻勢と7月13日から8月24日までの ()はロシアの大部隊を包囲するには至らなかったが、ロシア軍にポーランド、、そしての大半からのを強いることができた。 大撤退の結果、ロシア軍の前線が1,600kmから1,000kmに短縮された。 中央同盟国は9月までに(8月4日)、、など重要な都市を続々と占領した。 ロシア領ポーランドではを首都とするオーストリアの ()とワルシャワを首都とするドイツの ()が成立、中でもドイツの ()では経済的搾取を行う占領政策がとられた。 9月末、ルーデンドルフ率いる ()がに、オーストリア=ハンガリー軍がに進軍しようとしたが失敗した。 損害ではロシア軍の方が上だったが、1915年9月に大撤退が終結した後でも数的優位を維持したため、ドイツ軍の大半を西部戦線に移すという計画は実施できなかった。 1915年の西部戦線 [ ] 1915年の連合国軍はリールとヴェルダンの間にあるドイツ軍の突起部を攻撃しようとした。 西部戦線においては連合国軍がドイツ軍の両翼に圧力をかけてとの間にある大きい突起部を切り離し、あわよくば補給用の鉄道を断つという伝統的な戦略をとった。 この戦略の一環として、1914年末から1915年3月まで ()でが行われた。 すなわち、敵軍の士気低下を目的とする箱型を放った後、大規模な歩兵攻撃を行ったのであったが、ドイツ軍は反撃で応じ、また塹壕戦では堅固な守備、弾幕と機関銃の使用などで防御側が有利だったため、ドイツ軍は連合国軍の攻撃を撃退した。 東部戦線のガス攻撃。 右側は後続攻撃を準備している歩兵。 ()の初日である4月22日にが使われたことは「戦争の歴史の新しい章」「現代の大量殺戮兵器の誕生」とされている。 ()の使用は連合国軍がを使う前例があったが、4月22日に使われたのは致死性のあるガスであり、に違反した行動であった。 そのため、この行動はプロパガンダの宣伝に使われた。 ドイツの化学者が計画した毒ガス作戦は風向に影響されており、ガスボンベは3月に近くの最前線にある塹壕に設置されたが、西フランドルで東風が吹くことは少ないため、攻撃は数度延期された。 4月22日は安定した北風が吹いたため、イーペル近くにある連合国軍の前線の北部でガスが放たれた。 効果は予想以上であった。 フランスの第87師団と第45師団が恐慌を起こして逃亡、連合国軍の前線に長さ6kmの割れ目を開いた。 ガス攻撃による死者は当時では5千人と報じられ、現代では死者約1,200人、負傷者約3千人とされている。 ドイツ軍はこれほどの効果を予想せず、進軍に必要な予備軍を送り込めなかった。 さらに、ドイツ軍もガスの影響を受けた。 結局、連合国軍はイギリス軍と新しく到着したカナダ師団で持ちこたえ、第二次イーペル会戦では大した前進にはならなかった。 ガスの使用により、 ()ではまれである守備側の損害が攻撃側よりも遥かに大きい(7万対3万5千)という現象がおこった。 秋季の戦闘で破壊された。 5月9日、英仏は ()で突破を試みた。 会戦の結果は連合国軍が111,000人、ドイツ軍が75,000人の損害を出したが、連合国軍は限定的な成功しかできず、攻勢は6月中旬に中止された。 ドイツ側では塹壕戦における守備側の有利をさらに拡大するために戦術を変更した。 守備側は伝統的には兵士を見晴らしが最もよく、射界が最も広い最前線に集中して配置したが、連合国軍が物質上で優位にあったため、ドイツ軍は守備を塹壕の2列目に集中した。 これにより、連合国軍が塹壕を突破する間にドイツ軍が予備軍を投入することができる一方、連合国軍のは視界の問題によりドイツの陣地を消滅させられるだけの射撃の正確さを失った。 1915年の西部戦線における最後の戦闘は9月から11月にかけて、連合国軍が仕掛けた ()と ()だった。 シャンパーニュ会戦と ()はともに失敗して大損害を出し、大量の物資を費やしながら結果が伴わなかった。 「協商国の部隊は最小限の前進のために25万人までの損害を受けなければならなかった」。 ガリポリの戦い [ ] 詳細は「」を参照 一方、英仏両軍はオスマン帝国に対しては本土侵攻を企図した。 2月19日、連合国軍の作戦が始まり、英仏艦隊がダーダネルス海峡の沿岸要塞(オスマン帝国領)をした。 連合国軍の目的は首都を脅かすことによってオスマン帝国を戦争から脱落させ、を経由するロシアの補給路を回復することだった。 3月18日、イギリスの ()提督率いる艦隊が突破を試みたが、戦艦3隻を喪失、ほか損傷した戦艦もあった。 その結果、連合国は上陸作戦でダーダネルス海峡を開かせることを決定した。 イギリスは既にに上陸してオスマン帝国の南部地域を中枢のから切り離すことを計画していた。 連合国軍はの中立を侵犯して、のをオスマン帝国攻撃の拠点として占領していた。 そして、4月25日にはリムノス島から出撃して連合国軍はとアジア側の対岸にある ()に上陸した。 戦艦11隻が援護についた船200隻がイギリスの ()78,000人とフランスの ()17,000人を運んだ。 イギリスの遠征軍には(ANZAC)も含まれ、この戦闘がANZACの初戦となった。 結局攻撃は失敗したが、その理由はオスマン軍の予想以上の抵抗であり、率いる ()が活躍した。 中でも率いる ()が頭角を現し、ムスタファ・ケマルが国民的英雄としての名声を得るきっかけの1つとなった。 連合国軍50万人以上が投入されたこの戦役は1916年1月9日に連合国軍が撤退したことで終結、死者は両軍の合計で11万人となっている。 イタリア王国の参戦 [ ] 1915年から1917年までのイタリア戦線。 青はイタリア軍の占領地。 5月23日、イタリア王国がオーストリア=ハンガリーに宣戦布告した。 1月以降、ドイツはオーストリア=ハンガリーに要請して、などの割譲に同意してイタリアを少なくとも中立に留まらせようとした。 5月4月に三国同盟が解消された後もイタリアへの提案は段々とグレードアップし、10日にはトレンティーノ、沿岸の割譲、における自由行動権などが提案された。 一方、イタリアは連合国と交渉して4月26日にを締結した。 条約ではイタリアが連合国側で参戦した場合、の獲得を約束した。 イタリア首相 ()と外相 ()は数か月かけて国王の同意を取り付け、対オーストリア宣戦を決定した。 宣戦を支持したのは国民の間でも議会でも多数派ではなかったが、対オーストリア主戦派が遥かに活動的だったため、あらゆる政治路線の世論主導者を団結させることができ、宣戦の決定はこの世論に押された結果だった。 政治面でのイッレデンティズモ(失地回復主義あるいは未回収地回復運動)は、例えば、 ()が支持していた。 作家で後にの先駆者となったは首都で戦争を支持するデモやイベントなどを組織。 当時は者ジャーナリストだったも1914年10月以降参戦を訴えて、から除名処分を受けていた。 ムッソリーニは(おそらくフランスからの資金を受けて)新聞の『 ()』を創刊して、連合国側で参戦することを求めた。 主戦派はらの支持も受けた。 宣戦直前のイタリア議会は多数派の長で元首相のの中立路線を支持した(ダンヌンツィオがジョリッティの暗殺予告を出したほどであった)が、実際に政治上の決定を下したのは議会ではなかった。 5月20日に議会が戦争借款を審議したとき、借款に反対したのは社会主義者だけだった。 ジョリッティ派や教会などは戦争に反対したが、愛国的であると証明しようとして借款を受け入れた。 の前線はスイス国境のから、 ()、、そして岸まで続く。 オーストリア=ハンガリーは三正面作戦(セルビア、ロシア、イタリア)を強いられ、中央同盟国の情勢がさらに厳しくなった。 しかも、イタリアが参戦した直後、オーストリアは十分な兵力でイタリアとの前線を守備することができなかった。 一部地域では、 ()、 ()3万人を含む ()などに頼っていた。 イゾンツォ川沿いの戦闘は宣戦布告直後に行われ、は6月23日に開始した(7月7日まで)。 イタリアは人数で大きく優勢で、広大な領土を占領したにもかかわらず、第一次イゾンツォの戦いもも(7月17日 - 8月3日)大きな突破にはならなかった。 (10月18日 - 11月3日)と(11月10日 - 12月2日)は人命と資源が大量に失われたが、大局は全く変わらなかった。 ()(7月5日 - 8月4日)はの戦役の始まりとなったが、上でも画期であった。 すなわち、標高の高い山上で長期間戦闘が行われる初例となったのであった( ()の標高は約3,900mだった)。 アルメニア人虐殺 [ ] ()の家畜車に押し込まれてされるアルメニア人。 家畜車1台には90人が押し込まれた。 ()以降、オスマン帝国の政権はによるサボタージュを疑った。 ロシア軍が4月中旬にに接近すると、オスマン帝国は現地のアルメニア人首領を5人処刑した。 4月24日、でアルメニア人知識層が多数逮捕された。 ロシア外相 ()は5月24日に(4月27日に準備された)抗議文を発表、アルメニア人の100集落以上でアルメニア人がオスマン政府によって系統的に虐殺されたと主張した。 翌日(5月25日)、オスマン内相はアルメニア人を戦域からシリアとに強制移送すると発表した。 27日と30日にはオスマン政府が強制移送法を発表、系統的なと ()が始まった。 ドイツ大使 ()は6月にドイツ首相に報告を行い、「世界大戦を利用して内部の敵、すなわちを外国の外交介入なしに廃除する」というタラート・パシャの考えを伝えた。 にいたドイツ駐オスマン帝国副領事も7月末に「アルメニア人に対する行動の最終的な目的はトルコにおける絶滅である」と報告した。 ヴァンゲンハイムの後任 ()は1915年12月にアルメニア人側で介入しようとし、ドイツ政府にアルメニア人の強制移送と虐殺を発表するよう提案したが、ベートマン・ホルヴェークは「戦争の最中、公的に同盟者と対決することは前代未聞だ。 私たちの唯一の目的は、アルメニア人が滅ぶか滅ばないかにかかわらず、終戦までトルコを味方につけ続けることだ。 」と拒否した。 もオスマン帝国スルタンのに手紙を書いたが、時既に遅しであった。 アルメニア人虐殺により終戦までに約100万人が死亡、同時代では1894年から1896年までの ()や1909年の ()と比べて ()と呼ばれた。 ブルガリア王国の参戦、1915年のセルビア戦役 [ ] ブルガリア人兵士、1916年。 1915年10月14日にが中央同盟国側で参戦した。 その背景にはブルガリアがで「の国」を建国するための領土拡張に失敗したことがあった。 ブルガリアがで勝ち得た領土は1913年の ()でほぼ全て返還されることとなり、またブルガリアは一連の戦争で弱体化した。 1914年8月1日、ブルガリア首相 ()率いるブルガリア政府は厳正中立を宣言したが、中央同盟国も連合国もどちらもブルガリアに働きかけて各々の陣営に引き込んで参戦させようとした。 交渉が開始された時点では中央同盟国の方が有利であった。 というのも、ブルガリアの領土要求はセルビア、そして(連合国側での参戦が予想される)との領土を割譲させることによって容易に達成できるからであった。 結果的には中央同盟国がブルガリアに、、の獲得を約束。 また1915年秋には情勢が中央同盟国にやや有利だったため、ブルガリアは中央同盟国に味方した。 セルビアを攻撃することで、オスマン帝国と陸路での連絡を成立させたかった中央同盟国に対し、ブルガリアは9月6日に協力に同意した。 ブルガリアの参戦は賛否両論だったが、政府が参戦を決意すると、反対派は社会民主主義者の一部を除いて戦争遂行に協力した。 10月6日、元帥率いる ()が始まり、10月14日にはブルガリアがセルビアに宣戦布告した。 これにより、セルビアは数的には劣勢になり、連合国がの北で部隊を上陸させた後でも劣勢が覆らなかった。 ギリシャは1913年6月1日にセルビアと相互援助条約を締結したが( ())、連合国軍の支援が不足しているとして参戦を拒否した。 が10月9日に、が11月5日に陥落すると、率いるセルビア軍(開戦時には36万人いたが、この時点では15万しか残っていない)は捕虜約2万人を連れてやの山岳地帯に撤退した。 セルビア軍はで再編された後、 ()に投入された。 ()はオーストリア=ハンガリーとブルガリアの間で分割された。 その他の戦線 [ ] ()の ()は1915年1月5日にオスマン帝国の大敗に終わった。 ()では ()率いるオスマン軍が1月末にに向けて攻勢に出たが失敗した( ())。 1915年7月にはの植民地守備隊 が降伏し、 ()が終結した。 ()ではイギリス軍の進軍が11月22日から25日までの ()で(実質的には率いる)オスマン軍に阻止された。 また、の海外派遣部隊が12月7日にで。 1915年の社会と政治 [ ] ロシア支援にあたる日本陸軍。 シベリア、1915年 12月にフランス軍の総指揮官に就任したは12月6日から8日まで連合国間の ()を開催した。 中央同盟国の ()を有利に利用すべく、1916年中に全ての前線で共同して攻勢に出ることが計画された。 イギリスではの失敗により、内閣は5月に改造してそれまで野党であったの入閣に同意せざるを得なかった。 この ()では1915年春の ()に対応するために ()が新設された。 10月と11月にはドイツでの、配給所や () に対する食料制限の引き締めにより、まず暴動が起き、続いて主に女性によるデモが行われた。 11月30日、女性58人が首都のでデモを行った時に逮捕されたが、この逮捕には報道管制が敷かれた。 また1914年11月には既に穀物、パン、バター、の値段が大幅に上昇し、農民も都市部には供給したくなかった。 供給問題の原因は当局が戦争の長期化を予想せず全く準備しなかったこともあったが、戦争により食料品と(の生産に必要)の輸入が止まり、戦争に馬と兵士が動員され、農業をする人手が足りなくなったことにもよる。 1914年末、 ()がパン、ポテト、砂糖の最高価格を定め、1915年1月にはほかの基本食料品にも同じ措置がとられたため、ドイツの農民はで取引するようになった。 1915年末には「が脅威になってきた。 より厳しい食料制限が始まり、最近数週間の雰囲気が変わってきた。 特に女性の間で『食料をくれ!それから、私の夫も!』という怒りの叫びをするようになった。 」という観察もあったという。 の隆盛により、ドイツではイギリスの海上封鎖のみが食料不足の原因であるとする政府のプロパガンダを信じる者が減少した。 食料供給の政策に失敗した結果、1915年末までに「市民は国から疎遠になり、国の『非正当化』が始まるほど」となった。 の国会議員と党首は11月27日に国会でベートマン・ホルヴェーク宰相に対し、いつ、どのような条件で講和交渉をするかを質疑することを決定した。 ベートマン・ホルヴェークは質疑を取り下げさせることに失敗し、12月9日には国会で喚問された。 彼はの質問に対し、東部と西部の「安全」(併合)が平和に不可欠であるとしたが、外国では「の演説」として扱われた。 その結果、国会では12月21日に社会民主党の代表20名が戦争借款の更新を拒否。 ベートマン・ホルヴェークを「併合の主導者」としてこき下ろした声明を出した。 1916年の戦闘 [ ] 詳細は「 ()」および「 ()」を参照 1月4日、オーストリア軍がに侵攻。 23日にはモンテネグロ王が降伏し、フランスへ逃亡した( ())。 も約3分の2の領土をオーストリア=ハンガリー軍に占領された。 これを受け、当時モンテネグロとアルバニアに撤退していたセルビア軍の大半は更に撤退した。 まずイタリアの遠征軍が1915年12月に上陸し、占領していた(アルバニア中部)へ向かった。 続いて1916年3月にイタリアがドゥラスから約26万人を撤退させた時、セルビア軍約14万人も撤退した。 セルビア兵士は当時フランスに占領されていた(元はギリシャ領)に逃れ、再編成を受けた(6月にはフランスの ()とともにに移った)。 ()率いるセルビアの亡命政府もケルキラ島で成立した。 ドゥラスから撤退した人のうち、オーストリア軍約2万4千人も含まれたが、この捕虜たちは北西部のに移送され、うち約5千人が死亡した。 イタリア軍はアルバニアの港湾都市を維持することに成功したため、アルバニア南部での勢力を維持、拡張することができた。 降伏したモンテネグロでは1916年2月26日から1917年7月10日まで ()が軍政府を率いた。 一方、アルバニアはオーストリア=ハンガリーと積極的に戦わなかったため、オーストリア=ハンガリーの外交官 ()の指導下ではあるものの文民による統治委員会の成立が許された。 オーストリア=ハンガリーはの統治への参加を許し、学校とを建設したことでアルバニア人の支持を得ようとした。 ヴェルダンの戦い [ ] 1914年時点の西部戦線。 ヴェルダンが突起部になっている。 西部戦線では2月21日、が始まった。 作戦の発案者ファルケンハインが1920年に出版した著述によると 、後世に残った印象と違い、ヴェルダンの戦いは無目的にフランス軍に「出血」を強いるものではなかったという。 彼はその著述で攻撃の失敗を弁護し、「血の水車」という伝説に反論しようとした。 ヴェルダン攻撃を着想したのはの指揮官で、参謀 ()がその任務を受け持った。 ヴェルダンの要塞はフランス国内で最も堅固な要塞だったが、1915年にはその武装が一部解除されており、ドイツ軍部はヴェルダンを攻撃することで西部戦線に活気をもたらそうとした。 また、ドイツ軍から見るとヴェルダンは東の ()と西のに挟まれたフランス軍の突起部であり、ドイツ軍の前線を側面から脅かしていた。 ヴェルダンの占領自体が戦闘の主要な目的ではなく、東岸の台地を占領することで大砲をヴェルダンを見下ろせる位置に配置することができ、ヴェルダンを守備不能にすることが目的だった。 ファルケンハインは、フランスが国威を維持するために(普通ならば受け入れられない損害を出してでも)ヴェルダンを死守すると考えていた。 しかし、ドイツ軍の計画が成功した場合、フランスがヴェルダンを維持するためにはドイツ砲兵の占領した高台を奪回しなければならず、1915年の戦闘の経験からは不可能だと思われた。 ()にある爆発の跡、1916年。 ヴェルダンの戦いの第一段階において、ドイツ軍第5軍の8個師団は大砲1,500門で8時間にわたって箱型弾幕を放った。 この砲撃はヴェルダンの北にある ()(現代では)で長さ13kmの前線にわたって行われた。 ドイツ軍の予想と違い、フランス軍が激しく抵抗したため当初はほとんど前進できなかった。 ドイツ軍は2月25日に ()を占領したが、要塞が東向きだったため戦術的にはあまり重要ではなかった。 しかし、ドゥオモン要塞を失ったフランスは何としてもヴェルダン要塞を死守しなければならないと決定、ヴェルダンの守備に将軍を任命した。 フランスはとヴェルダンを繋ぐ唯一の道路( ()と呼ばれた)で、兵士を交替させる補給システムを築いた(このシステムは ()と呼ばれた)。 ヴェルダンの戦いの第一段階はフランス砲兵がマース川西岸の台地から砲撃してドイツ軍の進軍を停止させたことで3月4日に終結した。 第二段階ではファルケンハインがドイツ第5軍からの圧力で、これらの台地への攻撃を許可した。 台地のうち、ドイツ軍は ()(「死人」の意)という台地を何度か奪取したが、すぐに奪い返された。 第三段階ではドイツ軍が再びヴェルダンの占領に集中、6月2日に ()への強襲を開始した。 23日には兵士7万8千で ()への攻撃を開始したが、戦況は膠着した。 直後の第四段階ではドゥオモンのすぐ南にある ()をめぐって激しい戦闘が行われた。 そして、ドイツの攻勢はヴェルダンから北東約5kmの ()で行き詰まった。 7月11日、ファルケンハインは攻勢が行き詰まったことと、7月1日に連合国軍が攻勢に出てが開始したことを理由に攻勢の停止を命じた。 ティルピッツの辞任とユトランド沖海戦 [ ] 1916年初、ドイツの首脳部は再び対英潜水艦作戦の増強について討議した。 セルビアが敗れたことで、ファルケンハインはヴェルダン攻勢のほかにも(アメリカを敵に回してでも)イギリスに対しより積極的に行動する時期が来たと考えた。 () ()も1年以内にイギリスを屈服させられることを保証した。 ベートマン・ホルヴェークは交渉の末ヴィルヘルム2世に決定を先延ばしにさせることに成功、当面は潜水艦作戦の増強(警告なしで武装した商船を撃沈することを許可、ただしは不可)を決定した。 3月初、 ()がマスコミで無制限潜水艦作戦を支持する宣伝攻勢を始め、ヴィルヘルム2世を激怒させたためティルピッツは3月15日に海軍大臣を辞任せざるを得なかった。 ドイツ潜水艦による客船攻撃がアメリカとの間で問題となり、ドイツは5月に ()を出して潜水艦作戦の増強を取りやめることとなった。 5月31日から6月1日にかけて、両軍艦船合わせて排水量180万トンにもなる「世界史上最大の海戦」という予想外のが行われ、両軍合計で8,600人が死亡した(その中には作家の ()もいた)。 ドイツのは規模で上回るイギリス艦隊に対し幸運にも逃走に成功。 またイギリス艦隊の損害はドイツ艦隊のそれを上回ったが、戦略的には何も変わらず、イギリスはのを保った。 ブルシーロフ攻勢とソンムの戦い [ ] ()での決定に基づき、連合国軍は1916年中に3つの攻勢を計画した。 すなわち、、、次のの戦いの3つだった。 7月1日のソンム会戦は元はフランス主導の作戦だったが、ヴェルダンの戦いによる消耗があったためイギリス軍が大半を占めるに至った。 イタリア戦線では2月のヴェルダンの戦いにより連合国はイタリアに要請して3月11日に攻撃を開始()、オーストリアも5月15日からを開始(6月18日に終結)したためロシアのブルシーロフ攻勢が6月4日に始まった。 その後はイタリアによるが8月4日に始まった 6月4日、ブルシーロフ攻勢が始まり、この時点の連合国にとって最大の勝利となった。 3月にロシア南部軍の総指揮官に就任したはそれまでの失敗から戦術を反省した。 まず、攻勢が最短距離400kmという長い前線で行われ、敵軍に一点突破を許さなかった。 そして、ロシア軍は秘密裏にオーストリア軍の防衛線に忍び寄り、50m程度の距離まで近づいた(それまでの攻勢では両軍間のが1,600mもあったため、大きな損害が出てしまう)。 ブルシーロフの数的優勢は少なかった(一般的な攻勢に必要な数的優勢に及ばなかった)が、 ()は6月8日にで ()をほぼ全滅させ、 ()も南部のとの間で ()を撃破、や ()など重要な都市(いずれも現領)を占領した。 オーストリア=ハンガリーの損害は624,000人だった。 ブルシーロフはルーマニア国境近くで最も多く前進(約120km)、が連合国側で参戦する決定的な要因となった。 しかし、補給の問題でさらなる進軍ができず、前線のごく一部にあたる ()やで試みられた攻撃も交通の要衝占領の試みも失敗した( ())。 ヴェルダンの戦いによりフランス軍の派遣軍が40個師団から11個師団に減ったため、率いるが代わってを主導した。 連合国軍は8日間にわたって大砲1500門以上でドイツ軍の陣地を砲撃した後(合計で砲弾約150万発が発射された)、1916年7月1日に沿岸でドイツ軍の陣地を攻撃した。 大規模な砲撃の直後にもかかわらず、ドイツ軍の塹壕は無事に残っており、ドイツ兵士は機関銃の砲火でイギリス軍に対抗した。 ()だけでイギリス軍は19,240人の死者を出し、うち8千人は攻撃が開始した直後の30分内に死亡した。 夥しい損害にもかかわらず、ヘイグは攻勢の継続を命じた。 9月15日にはイギリス軍が軍事史上初めての実戦投入を行った()。 11月25日まで続いた戦闘において、連合国軍は長さ30km攻撃線において8から10km前進したが、英仏軍の損害は少なくとも624,000人で、ドイツ軍も42万人の損害を出した。 ドイツ軍の損害は文献によって違い、ドイツ側では335,688人としたが、イギリス側では軽傷者の数が多いとして最大で65万人とした。 いずれにしても、ソンムの戦いは第一次世界大戦で損害の最も大きい戦闘であった。 ソンムの戦いが開始した7月1日はイギリスで記念されており、イギリスの歴史家 ()は1998年に「イギリスにとって、ソンムの戦いは20世紀最大の軍事悲劇であり、その歴史全体においてもそうである。 (中略)ソンムの戦いは命をなげうって戦うことを楽観的に見る時代の終結を意味した。 そして、イギリスはその時代には二度と戻らなかった。 」と述べた。 1916年末にソンムの戦いでの損害が公表されたことで、12月にイギリス首相がからに交代した。 南チロル攻勢とイゾンツォの戦い [ ] 5月から6月、地域のオーストリア=ハンガリー軍はイタリア軍の陣地に対しに出たが、成果が限定的だったうえに東部戦線でロシアがを開始したため、すぐに攻撃を中止した。 イタリア軍も3月から11月にかけてイゾンツォ川沿岸で大規模な攻勢をしばしば行い(、、、、イゾンツォの戦い)、市やを占領したが、それ以上の成果に欠いた。 オーストリア=ハンガリーの要請を受け、ドイツは1915年5月から11月にかけて ()(Alpenkorps)を南チロル戦線の支援に投入した。 その後、イタリアは1916年8月28日にドイツに宣戦布告した。 の山岳戦の最中の12月13日、イタリアとオーストリア=ハンガリー軍数千人がにより死亡した( ())。 ルーマニア王国の参戦と敗北 [ ] 詳細は「」および「」を参照 1916年8月27日、ルーマニア王国がオーストリア=ハンガリーに宣戦布告した(実際には数日前にを開いた)。 ルーマニアは1883年にに加入したが、開戦時点では条約の逐語解釈に基づき中立に留まった。 国内でも首相 ()率いる自由派は連合国への接近を主張、保守派の大半は中立に留まろうとした。 中央同盟国側で参戦することを主張した政治家の1人は国王だった。 ロシアは1914年10月1日にルーマニアによるへの請求を認めることで合意していた。 ルーマニアが後の ()でブルガリアとオスマン帝国から ()を獲得しており、またブルガリアが中央同盟国側で参戦したこともルーマニアが連合国側で参戦する一因となった。 ルーマニアがオーストリア領トランシルヴァニアの領土、、を獲得する「大ルーマニア協定」という連合国との対オーストリア=ハンガリー軍事同盟が締結された。 連合国はこの協定を完全に履行するつもりはなかったが、ルーマニアは連合国による8月17日のの成功もあって正式に連合国に加入した。 数的には大きな優勢を有りつつも装備の劣るはトランシルヴァニアからハンガリーに深く侵入したが、ファルケンハイン率いる ()は9月26日から29日にかけての ()でルーマニア軍を撃破した。 ほかにもにおいて第一次世界大戦では珍しい大規模なが10月8日まで行われ、オーストリア=ハンガリーがクロンシュタットを占領した。 中央同盟国は挟み撃ちでルーマニアに攻撃した。 11月23日、ブルガリア、オスマン、ドイツの ()が南西からを渡河した。 そして、のLZ81、LZ97、LZ101とも加わり、首都が12月6日に陥落した()。 ルーマニアの参戦に乗じて、中央同盟国は1916年中にのやルーマニアの穀倉地帯を占領することができ、同年に始まったドイツにおける供給の不足を補った。 ルーマニアはロシアの助力を借りて北東部を辛うじて保持するだけであり、国王は政府とともにに脱出した。 ファルケンハインの更迭とヒンデンブルクの任命 [ ] 1916年夏に連合国軍が全戦線で攻勢に出てドイツ軍が危機に陥ると、ヴィルヘルム2世にを解任させる圧力が日に日に高まっていった。 ルーマニアが8月27日に参戦したことが解任のきっかけになり、29日に新しく就任したはとともにヴェルダン攻勢を中止。 即座に経済動員を強化してを準備した。 その経済動員の強化とは8月31日にプロイセン戦争省が提出した要求で後に ()と呼ばれたものであった。 しかし、ヒンデンブルクとルーデンドルフの任命は実質的には軍事独裁への転向でもあった。 「その威光により実質的には解任できないヒンデンブルクとルーデンドルフを任命したことによって、皇帝はさらに目立たなくなっただけでなく、政治的にも ()に動かされるようになった。 (中略)解任できない2人の将軍には(中略)軍事上の権力をはるかに超えて政治に介入、人事任免という帝国の権力中心にも皇帝に圧力をかけることで決定的な影響を及ぼす用意があった」。 ヴェルダンの反攻とジョフルの辞任 [ ] フランス軍は秋にヴェルダンで反撃に転じた。 10月24日、フランス軍はドゥオモン要塞とティオモン要塞を占領した。 その後、フランス軍が更に攻勢に出たため、ドイツ軍は12月2日にヴォー要塞から撤退した後にそれを爆破した。 結局、ドイツ軍が春に占領した陣地は12月16日までに全てフランス軍に奪回された。 ヴェルダンの戦いにおいて、ドイツ軍は337,000人の損害(うち死者143,000人)を出し、フランス軍は377,000人の損害(うち死者162,000人)を出した。 少なくとも3,600万発の砲弾が約30km x 10kmの戦場で投下された。 フランス軍最高司令官はドイツ軍がヴェルダンに攻撃した目的の判断を誤り、さらに ()やで大損害を出したにもかかわらず全く前進できなかったことで批判を浴び、12月3日に将軍に最高司令官の座を譲った。 ニヴェルはヴェルダンでの反攻を率いて勝利しており、翌年の連合国軍春季攻勢を率いる指揮官として抜擢されたのであった。 当時、もヴェルダンでの守備に成功して「ヴェルダンの英雄」と呼ばれたが、守備を主導したこともあって受け身すぎると考えられたのだった。 ポーランド摂政王国と中央同盟国の講和案 [ ] 1916年11月5日、中央同盟国によりロシア領ポーランドはとして建国した( ()も参照)。 しかし、中央同盟国が予想したポーランドからの軍事支援は実現せず、少数の ()(7月までが率いた)が中央同盟国側で戦ったのみである。 ポーランド軍団は翌年に ()になった。 ほかにもポーランド人数十万人が(独立ポーランドの国民ではなく)ドイツ、オーストリア=ハンガリー、ロシア国民として各々の軍に従軍した。 中央同盟国はルーマニアに勝利した後、12月12日に ()を提出したが、30日に拒絶された。 1917年の戦闘 [ ] 潜水艦作戦の増強とアメリカ合衆国の参戦 [ ] 1917年春、でイギリスの貨物船に砲撃するドイツの潜水艦 ()。 U-35は少なくとも船226隻を撃沈しており、史上最も「成功」した軍艦とされている。 1916年1月よりヴィルヘルム2世を説得していたドイツ最高司令部は1917年1月8日から9日にヴィルヘルム2世の許可を得て、2月1日に無制限潜水艦作戦を再開することを決定した。 決定の背景には1916年12月の平和案とその拒否があった。 1916年12月18日にアメリカ大統領が連合国に対し秘密裏に仲介を打診していたが(仲介は後に断られた)、それが1月12日に明るみに出るとドイツ国内が無制限潜水艦作戦に対する協力ムードになった。 ウィルソンは仲介の打診にあたって、連合国に戦争目標の開示を求めた。 ()の編集長 ()は1月12日と13日に下記のように記述した:「連合国のウィルソンに対する返答文が公表された。 それは連合国の戦争目標を告知していた。 ドイツがそれまで征服した領土のドイツからの分離、に基づくオーストリア=ハンガリーの完全解体、(オスマン帝国)をヨーロッパから追い出すなど。 影響は巨大であった。 ()などの連中が大喜びした。 連合国が ()を欲しくなく、交渉に前向きとは誰も言えなくなった。 (中略)連合国の返答により、皇帝は人民に訴えた。 誰もが無制限潜水艦作戦を準備した。 中央同盟国はウィルソンが提案した国民投票を拒否。 2月3日にはドイツの無制限潜水艦作戦再開によりアメリカがドイツと断交した。 ウィルソンはで「平和を愛する」民主主義者の世界中の「軍事侵略的な」独裁主義者に対するに参加するよう呼びかけた。 その4日後の1917年4月6日、アメリカがドイツに宣戦布告した。 両院とも圧倒的多数で参戦を決議した。 参戦の裏には様々な理由があった。 アメリカとドイツの戦後に対する構想はお互い相容れないものであり、ドイツが大陸ヨーロッパの覇権を握ろうとしたことと全世界においても野心を前面に出したことでアメリカの利益に適うことができなくなった。 戦争以前でもの ()が長期的にはにおけるアメリカの利益に反すると信じられており、また20世紀初頭のアメリカの政治家や学者はドイツの文化が優越しているとの主張やドイツ人のという思想に不信感を持っていた。 開戦以降、アメリカと連合国の経済関係が緊密になり、 ()などでドイツの陰謀が報告され、さらにが撃沈されると反独感情が高まった。 しかし、第一次世界大戦の開戦後にアメリカが軍備拡張を行ったのは参戦のためではなく、終戦後に起こりそうな対独戦争に備えるためだった。 (11月7日)の選挙運動においても、ウィルソンはアメリカの中立を強調したが、彼が当選した後もドイツの態度が強硬のままだったことは参戦を煽動するのに有利だった。 そして、決定的となったのはウィルソンの講和仲介に対するドイツの返答だった。 極秘で行われたドイツの講和条件についての返答は実質的には仲介を拒否する返事であり、ドイツの無制限潜水艦作戦再開宣言とほぼ同時になされた。 これを聞いたウィルソンははじめはそれを信じられず、その後は深く失望した。 や ()などウィルソンの顧問は参戦を推進したが、ウィルソンは2月3日にドイツと断交しただけに留まり、ドイツの脅しが現実になるかを見極めようとした。 3月1日、『』がを公表した。 電報の内容はドイツがに資金援助を与えて、、、の領土を約束する代償としてメキシコがドイツと同盟を結ぶ、という提案だった。 電報が公表されると、アメリカが戦争に参戦することに疑義を挟む人はいなくなり、また3月にはドイツの潜水艦攻撃で再びアメリカ人が死亡した。 アメリカはドイツに宣戦布告した後、12月にはオーストリア=ハンガリーにも宣戦布告した。 日本海軍艦隊の欧州派遣 [ ] イギリスの兵員輸送船「」から救出された乗員であふれるの「」(1917年5月4日撮影) このようにドイツ海軍による無制限潜水艦作戦を再開すると、イギリスをはじめとする連合国から日本に対して、護衛作戦に参加するよう再三の要請が行われた。 1917年1月から3月にかけて日本とイギリス、フランス、ロシア政府は、日本がヨーロッパ戦線に参戦することを条件に、および赤道以北のドイツ領南洋諸島におけるドイツ権益を日本が引き継ぐことを承認する秘密条約を結んだ。 これを受けて大日本帝国海軍は、にを派遣し、イギリスやフランスのアジアやオセアニアにおけるからヨーロッパへ向かう輸送船団の護衛を受け持った。 1917年2月に、巡洋艦「」および計8隻からなるをインド洋経由でに派遣した。 さらになどを増派し、艦隊は合計18隻となった。 第二特務艦隊は、派遣した艦艇数こそ他の連合国諸国に比べて少なかったものの、他の国に比べて高い稼働率を見せて、1917年後半から開始したからへ艦船により兵員を輸送する「大輸送作戦」の護衛任務を成功させ、連合国軍の兵員70万人を輸送するとともに、ドイツ海軍のUボートの攻撃を受けた連合国の艦船から7000人以上を救出。 連合国側のでの劣勢を覆すことに大きく貢献し、連合国諸国から高い評価を受けた。 一方、合計35回のUボートとの戦闘が発生し、多くの犠牲者も出した。 カブラの冬 [ ] の民衆デモによりが勃発した。 工業力が重点になったこの戦争は当時農業が主であったロシア帝国の力を大きく超え、既に厳しい社会問題をさらに悪化させた。 さらに、とが海上封鎖を受けたことで、戦前には7割の輸入がバルト海経由で3割が経由だったロシアは大きく疲弊した。 と同じく、労働者たちはを結成、デモ参加者の要求を代弁してそれを政治的に実施しようとした。 ソビエトの執行委員会は主にとで構成された。 で代表を持つは率いるを成立させ、2日後にを説得して退位させた。 これによりロシア臨時政府とソビエトという「 ()」が成立した。 ロシア民衆の大半が望んだのと違い、臨時政府は戦争継続を決定、当時のソビエトも継戦の決定を支持した。 連合国はロシア帝国が民主主義に反対したためプロパガンダに問題が生じていたと考え、ロシアで革命が起きる事態をむしろ歓迎した。 の一部であったボリシェヴィキ(「多数派」の意)は1905年革命以降、その指導層の大半が亡命していた。 開戦からロシア政府の戦争政策に反対しており、「現在の帝国主義の戦争を内戦に」 転化しようとしたが、戦争初期では失敗した。 ドイツ政府はを仲介人にして当時スイスに住んでいたレーニンと接触。 続いて大量の資金(数百万とされる)をロシアの革命家に提供してロシアを不安定にしようとした。 革命の進展についての見解を述べるとともに戦争の即時終結を要求、厭戦気分に満ちた民衆の支持を受けた。 その結果、ソビエトの中道左派が臨時政府に入閣した。 両軍の兵士、1917年。 彼は「敗北なしの平和」を達成すべく、 ()、、を目標とした、後にと呼ばれた攻勢を命じた。 攻勢は6月29日に始まり、まずに対して、東部戦線でそれまでになかった激しさの砲火を浴びせた後、ロシア軍は7月11日に ()まで進軍したが、直後に敗走。 他の前線でも敗れた。 その結果、多くの兵士が脱走、ロシア軍が解体し始めた。 ケレンスキーは7月25日に攻勢を中止した。 中央同盟国は反撃に出て、8月3日までにやまで進軍、東ガリツィアとを奪回した。 ロシアでもボリシェヴィキがを起こしたが鎮圧された。 レーニンはに逃亡した。 9月、ドイツ軍はを占領()。 10月にはでバルト海の、、を占領し、ロシア軍はほぼ完全に崩壊した。 9月末、ロシアの将軍がを企図して失敗すると( ())、ケレンスキーは革命を守るためにボリシェヴィキに頼らなければならず、ボリシェヴィキは名実ともに名誉回復した。 そのさらに翌日にはボリシェヴィキがを発し、中央同盟国を東部戦線から解放する結果となった。 12月5日、中央同盟国とロシアの間で10日間の停戦協定が締結された。 その後、停戦は数度延長され、12月22日にはで講和交渉が開始した。 最終的には1918年3月3日にが締結された。 ドイツ、西部戦線で守勢に [ ] 爆撃を受けた森、付近、1917年。 3月、ドイツ軍は西部戦線で ()を発動して、16日から19日にかけてから ()に撤退した。 1916年のヴェルダンとソンム会戦でドイツ軍が疲弊したことが撤退の理由だった。 撤退は ()が発案、ルーデンドルフの反対を押し切って実施した。 ヒンデンブルク線の建築は第一次世界大戦最大の建築工事であり、主に捕虜とに駆り出された労働者によって行われた。 ドイツ軍はを行って撤退直前に陣地を系統的に破壊して、住民を追放。 一部地域ではやも設置した。 ()などの地域が完全に破壊され、の住民4万人など合計15万人が追放された。 作戦自体はドイツ軍の前線を縮めて、守備の整ったヒンデンブルク線に撤退したことで一定の成功を収め、連合国軍が1917年春に計画した攻撃は無駄に終わった。 しかし、作戦の「影響を受けた地域の民衆の生活を完全に破壊、歴史的な風景を荒れ地に変えた」ことで、国外の世論がドイツに不利になった。 フランス軍大本営があるで行われた連合国の第二次会議(1916年11月)では再び合同攻勢が決定された。 ソンム会戦で敗れた連合国軍は1915年の戦術に立ち返り、とヴェルダンの間にあるドイツの突起部を両側から攻撃して他のドイツ部隊からの切断を図る、という戦術を再び採用した。 攻勢のはフランス北部のを攻撃の始点に選び、イギリス軍(カナダとニュージーランド部隊含む)が4月9日に攻撃を開始した( ())。 直後にはフランス軍もとで攻勢に出て( ()と ())、 ()の占領を狙った。 ()将軍(後に罷免された)の部隊はアラスでの攻撃で奇襲を受け、兵士2万4千が出撃しなかったままとなったため、ドイツ軍は兵士への再教育を行った。 連合国軍の攻勢に使われた物資は前年のソンム会戦よりも多かった。 カナダ師団は ()に勝利して戦略要地であるヴィミ・リッジを占領したが、その後は進軍できず、戦線が膠着した。 フランス軍はヴィミ・リッジから130km南のところで攻撃を仕掛け、前線を押し出したがシェマン・ド・ダームの占領には失敗した。 結局、連合国軍は大損害を出して5月には攻勢を中止した。 ()が戦術を編み出した後、ドイツ軍の防御の配置がより深く複雑になった。 英仏軍の戦車(合計170台)は技術上の問題があり、しかも数が足りなかったため戦局に大きな影響を及ぼさなかった。 また両軍とも毒ガスを使用した。 シェマン・ド・ダームへの攻勢が失敗した結果、フランス軍の68個師団でがおきた(フランス軍200万のうち約4万が反乱)。 イギリスがアラスの戦いで勝利したことで期待が高くなったことも一因であった。 反乱に最も影響された5個師団はとの間、シェマン・ド・ダームへの攻勢が行われた地域の南に配置されており、同地に配置された ()も同じような問題に遭った。 反乱は前線では起きず、後方で休息をとっていて前線に戻る予定の兵士の間でおきた。 兵士の要求は休暇を増やすこと、栄養状態を改善すること、兵士の家族の待遇を改善すること、「殺戮」の中止(戦略への反対を意味する)、そして「不正義」( ()に関して)の中止、「平和」だった。 「反乱した兵士の大半は戦争自体に異議を唱えたのではなく、無用の犠牲になることに反対しただけだった」。 4月29日、ニヴェルは更迭され、ヴェルダンの守備を指揮した将軍が後任になった。 攻勢から守備に切り替えることで、ペタンはフランス軍の不安を和らげた。 ペタンはドイツ軍の縦深防御と似たような戦術を編み出した。 8月の ()と10月の ()で限定的ながら成功を収めた(ドイツ軍が ()の後ろまで押された)ほか、フランス軍は1917年6月から1918年7月までの間、攻勢に出なかった。 ペタンは更に兵士の給食と休暇を改善した。 反乱兵士の約1割が起訴され、うち3,427人が有罪判決を受けた。 軍法会議により554人が死刑判決を受け、うち49人の死刑が執行された。 兵士の反乱が頂点となった5月から6月にかけて、連合国軍に大きな動きがなかったが、ドイツ軍はその連合国軍が不活発な理由が分からなかったことと、他の前線に手間取っていることから、大きな動きに出なかった。 5月21日から6月7日までの ()において、イギリス軍はイーペルの南にある戦略的に重要なを占領した。 イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドは1年半をかけてドイツ軍の陣地の下に巨大な21個を敷設して爆破。 戦争史におけるで「最も効果を上げた」結果となった(死者10,000人)。 尾根を占領したことで連合国軍は右翼が安定し、イギリス軍が主導する(7月31日 - 11月6日)での攻勢に出ることができた。 攻勢の目標はドイツの潜水艦基地と ()だった。 しかし、いくらかの成功を収めた後、攻勢は10月9日に ()で膠着に陥り、戦力要地であるヘルフェルト高原( Geluveld)への攻撃も失敗した。 ()でカナダ部隊が11月6日に廃墟と化していたパッシェンデールを占領した後、戦闘は自然と停止した。 パッシェンデールでドイツ軍を押し返した連合国軍は前線を最大で8km前進したが、両軍の損害は合計で約585,000人だった。 11月20日から12月6日までので初めての大規模なが行われた。 短期間の予備砲撃の後、 ()の戦車約320両は飛行機400機、6個歩兵師団、3個騎兵師団の援護を受けて、 ()上の ()地域で15kmにわたる前線を突破、7km前進した。 それまでは塹壕戦によりまず長期間の砲撃が行われることが予想されたため、連合国軍の攻勢は奇襲となったが、鉄道の中心地であったカンブレーまでの突破は失敗。 戦車の3分の1が破壊された。 さらに、ドイツ軍は11月30日に反攻に転じて、占領された地域の大半を奪還した。 防衛の成功によりドイツ軍の首脳部は機甲部隊の重要性を誤認し、その整備を後回してしまうというミスを犯した。 その他の戦線 [ ] ガリツィア戦線の ()に参加したオスマン軍を視察するヴィルヘルム2世。 1917年初、イギリス軍は ()を再開してへの進軍を試み、2月23日にはに到着した( ())。 さらに雨季がはじまる前の3月11日にバグダードを占領( ())、オスマン軍はに撤退した。 バグダードが陥落したことで東方における計画(など)が危うくなり、オスマン帝国ら中央同盟国は打撃を受けた。 その結果、ドイツ軍はファルケンハインを任命して、とともにジルデリム( Jilderim)をコードネームとするバグダード再占領計画を準備した。 1917年6月29日、が連合国側で参戦した。 連合国軍が1915年末にギリシャに上陸した以降、ギリシャ政界は分裂して、連合国を支持するの暫定革命政府と、ドイツを支持する国王の両派に分けた。 英仏の介入が日に高まったことにより、ヴェニゼロス側が優勢になり、さらに首都を含むギリシャ国内の全ての戦略要地が連合国軍に占領され、フランスの ()から最後通牒が突き付けられるにあたって、コンスタンティノス1世は1917年6月に退位、亡命した。 ヴェニゼロスはからアテネに帰還、1915年に選出された国会を召集、政府を組織してすぐに中央同盟国に宣戦布告した。 コンスタンティノス1世の息子が国王に即位した。 イタリア戦線では8月17日から9月12日までが起き、オーストリア=ハンガリー軍が間一髪で大敗を回避した。 オーストリア=ハンガリー皇帝はイタリアの次の攻勢に耐えられないことを危惧して、オーストリア軍最高司令部とともにドイツに支援を要請した。 ドイツは ()( ()(Alpenkorps)含む)を再編成してオーストリア=ハンガリーに派遣した。 こうして、中央同盟国は先制攻撃を仕掛け、10月24日にで攻勢に出た。 中央同盟国は突破に成功して11日間で130km進み、まで後30kmのところまで進軍した。 イタリア軍は305,000人以上を失い(うち265,000人は捕虜)、中央同盟国は7万人の損害を出した。 中央同盟国の成功は主にドイツの、そしての功労だった。 イタリア軍の戦線がようやく安定したのはとまで撤退したときであり、連合国からもイギリス軍5個師団とフランス軍6個師団が援軍として派遣されてきた。 イタリアではストライキや兵士の大量脱走などがおきたが、「侵略戦争が防衛戦争に変わった」ことで革命前夜のような情勢は解消された。 カポレットの敗北により連合国は11月7日にで ()を開き、またイタリアでは総指揮官のが更迭され、が任命された。 Parlano di pace e nascondono il pugnale! (「彼らは平和を言い、短剣を隠す!」)、1918年のイタリアのプロパガンダ。 4月7日、ヴィルヘルム2世は ()で、戦後に民主化改革を行うと曖昧な約束をした。 11日、とドイツの ()によりが政策を引き締めたため、でが社会民主党から分裂した。 1週間後の4月19日、社会民主党( ()と呼ばれるようになった)は平等な公民権利、への移行を要求。 ペトログラード・ソビエトが3月末に宣言した「無併合、無、民族自決」の要求を支持した。 宰相ベートマン・ホルヴェークはそれまで戦争目的の見直しと政治改革に無関心な態度をとったが、多数派社会民主党の要求により最高司令部は彼が「社会民主党を支配下に置くことができなくなった」と考えた。 ヒンデンブルクとルーデンドルフはヴィルヘルム2世にベートマン・ホルヴェークの解任を要求したが、ヴィルヘルム2世は拒否した。 4月23日、ベートマン・ホルヴェークは ()で軍部に押されて議事録に署名した。 ()によると、その議事録は併合について「まったく貪欲な」文書であったという 1917年初頭からオーストリアでも、カール1世がフランスとの単独講和交渉を極秘裏に行っていたが、これは失敗に終わっている。 1917年春にもロシアとの講和交渉が試みられたが、ロシアがドイツの要求を受け入れられないとして、それをはねつけた。 7月6日、のが国会で演説を行った。 エルツベルガーは保守派の政治家であり、「勝利の平和」を支持したが、軍部が潜水艦作戦の有効性を偽ったとして、領土併合を諦める平和交渉を主張した。 同日、多数派社会民主党、中央党、自由派のが ()で主要会派の調整を行うことに同意した。 これはドイツの議会化の第一歩とされ、保守派からは「革命の始まり」とされた。 エルツベルガーの演説の後、ヒンデンブルクとルーデンドルフはヴィルヘルム2世に宰相の更迭を迫ったが、再び拒否された。 ベートマン・ホルヴェークは7月10日にヴィルヘルム2世に謁見、戦後にプロイセンでを行う保証を受けた(プロイセンではそれまで選挙が ()に分けられて行われた)。 この保証は12日に公表されたが、同日の夜にはヒンデンブルクとルーデンドルフが再びヴィルヘルム2世に迫り、宰相を解任しなければ2人が辞任すると脅した。 ヴィルヘルム2世は要求を受け入れ、ベートマン・ホルヴェークは翌朝にそれを知ると自ら辞表を提出した。 後任の宰相は無名なだった。 7月19日、 ()が議会を通過したが、外交には大きな影響はなかった。 しかし、内政では9月2日に併合主義、民族主義の ()が結成されるなどの影響があった。 8月1日、は ()という ()を出して、無併合無賠償の講和、の自由通航、に基づく紛争解決を訴えた。 この時は効果がなかったが、この勧告、カトリック教会の人道主義活動(負傷捕虜交換の提案、行方不明者の捜索事業など)、そして戦争を「無用な流血」だとして繰り返し批判したことは教皇の現代外交政策の始まりとなった。 ゲオルク・ミヒャエリスが軍部の言いなりなのは明らかだったため、議会の多数派は10月末より彼の追い落としに成功した。 後任は11月1日に就任しただった。 12月3日、ロシアと中央同盟国の単独講和交渉が開始。 6日にはがロシアからの独立を。 1918年の戦闘 [ ] ゼネストとウィルソンの十四か条の平和原則 [ ] アメリカの大統領は1月8日にへの基調講演でを提示した。 ウィルソンは自由主義の政治原則を世界中に適用しようとし、そのうちを最重要事項とした。 例えば、十四か条の平和原則にはベルギー、セルビア、モンテネグロからの撤退と独立の回復、の撤退と放棄、ポーランドの再独立、公海の自由、軍備制限、オーストリア=ハンガリー国民による「自主発展」(民族自決)が盛り込まれた。 ドイツとオーストリア=ハンガリーは1月24日に十四か条の平和原則を拒絶した。 1月14日、オーストリア=ハンガリーのとその近くの兵器工場で ()が始まり、広まりを見せると1月23日に軍事鎮圧された。 ドイツでは1月28日から2月2日までの間、など産業の中枢でデモやストライキが行われ、100万人以上の労働者が参加したが( ()) 、それ以前のストライキと違って主に政治に訴え、「万国平和」( allgemeinen Frieden)や「併合と貢献」( Annexionen und Kontributionen)などのスローガンを打ち出した。 これらのスローガンはにおける ()の拡張主義の態度に対するものであった。 ()は、、をストライキの行動委員会に派遣して「行動の秩序を保つ」ことを試みたが、ドイツの一月ストライキはオーストリアのそれと同じく、軍事鎮圧でしか抑えられなかった。 1月31日、ベルリン当局はストライキ委員会の委員を逮捕、ストライキに参加した労働者のうち5万人を前線に派遣した。 その結果、2月3日までに大半の労働者がストライキを辞めて働くようになった。 ロシアとの講和とドイツの春季攻勢 [ ] 1918年3月までに喪失したロシアの領土。 での講和交渉において、ドイツは1月19日に最終要求としてロシアにポーランド、リトアニア、西ラトビアを放棄するよう求め、ロシア代表は講和交渉の一時中断を求めた。 で交渉の遅滞を提案したトロツキーに対し、政府とは西欧のプロレタリアート蜂起を期待して提案を受け入れた。 1月25日、非ボルシェヴィキのはウクライナの独立を宣言、2月9日には中央同盟国がと単独講和した( ())。 中央同盟国はウクライナ西部の領土について大幅に譲歩する代償としてウクライナからの穀物を大量に要求した。 また同時にロシアに平和条件を受け入れるよう最後通牒を発したが、トロツキーはドイツでの革命に期待して、条約には署名せず一方的に動員解除を宣言した。 その結果、ドイツは2月18日にを発動、数週間でロシアのバルト海岸西部国境、ウクライナ西部、、との工業地帯を占領した。 ドイツは講和条件をきつく変更したが、ロシア代表は交渉せずに条件を飲まなければならず、3月3日にを締結した。 中央同盟国はを除く占領地から撤退したが、ロシアはポーランド、リトアニア、クールラントを放棄、さらにオスマン帝国が請求したカフカース地方の領土を放棄しなければならなかった。 ドイツは3月にドイツと緊密な関係を保ったままリトアニアをとして独立させることに同意(自体は2月16日に発された)。 また6月28日にはペトログラードに進軍しないことと、ブレスト=リトフスク条約を承認せずにに介入した諸国と違って(イデオロギー対立はあったが)ボルシェビズムを撲滅しないことを決定した。 8月27日にはロシアとの追加条約が締結され、ロシアはリヴォニアを放棄し、とウクライナの独立を承認した。 ロシアはブレスト=リトフスク条約で人口の3分の1を放棄、工業と資源の大半を失う結果となった。 しかし、ブレスト=リトフスク条約で中央同盟国が占領した領土が小さかったなら、ドイツ軍はより多くの兵力を西部戦線へ投入でき、戦争の結末も違っていたかも知れない、とする説もある。 東部戦線の終戦が見えてきたことで、ドイツ軍部は1917年11月11日にで西部戦線での攻勢を計画、米軍が到着する前に戦況を逆転させようとした。 いくつかの計画が立てられ、ヒンデンブルクとルーデンドルフは1918年1月21日にそのうちの一つ、 ()を選んだ。 ミヒャエル作戦ではドイツ軍が沿岸の地域での攻勢を行い、その後に北西に転向してイギリス軍の包囲を試み、英軍に運河港口への撤退を強いることが計画された。 東部戦線の講和が成立したことで、西部戦線のドイツ軍は147個師団から191個師団に増強、一方連合国軍は178個師団しかなかった。 ドイツ軍は1914年以降の西部戦線で初めて数的優位を奪回したが、それでもわずかな優勢でしかなかった。 3月10日、ヒンデンブルクは21日に攻勢を開始するよう命じた。 1918年3月21日の早朝、ドイツのが始まった。 今度は前回より短い(がそれでも5時間に渡った)砲撃の後、ドイツのがを行い、イギリスとの前線で大きく前進した。 しかし、ドイツ最高司令部はその後の数日間、攻撃の重点や方向を度々変更した。 さらに、ルーデンドルフが「一点の強力な一撃という戦略を放棄して三点攻撃を選び、いずれも突破に至るほどの強さにはならなかった」。 その結果、攻勢が弱まり、ルーデンドルフが参謀本部で批判された:「1914年にパリに進軍したとき、ドイツ軍はどうやって事態の発展に応じて抵抗の最も少ない戦線を追撃、戦闘の常道に従わなかったのか」。 これに加えて、ソンム地域が酷く破壊されたため、補給が追い付かず、ドイツ軍はイギリスの兵站を略奪しなければならなかった。 また、連合国軍の物的優位は奇襲により補われたものの、それは一時的にすぎなかった。 ドイツ軍の戦闘による損害は主にによる損害だったが、これは軍事史上初の出来事だった。 4月3日、事態の急変により連合国はを連合国軍総司令官に任命した。 ドイツ軍は80kmにわたる前線(サン=カンタンから西のまで)で60km前進したが、多大な損害を出して大きな突起部を作り出しただけに終わり、戦略的には何もなさなかった。 オーストラリア軍が近くで反撃すると、ミヒャエル作戦は4月5日に終了した。 同盟国の植民地・占領地域 参謀本部で戦略ミスを指摘されたルーデンドルフはミヒャエル作戦の代案を採用した。 代案とはゲオルク作戦( Operation Georg)のことであり、フランドルので30kmの前線にわたって攻撃を行い、の西にある水道を目標とした( ())。 既にミヒャエル作戦による消耗があったため、ゲオルク作戦は縮小を余儀なくされ、「ゲオルゲッテ」( Georgette)と呼ばれた。 4月25日に戦略要地の ()を占領するなど初期では成功を収めたが、やがて膠着に陥った。 攻勢の一環として史上初の大規模な戦車戦が行われたが( ())、最も有名な出来事はの死であった。 さらに、4月中旬頃より、疲れ切って失望していた部隊の命令不服従が増えてきた。 ドイツ最高司令部は自軍の戦意低下に気づかず、直後の5月27日に新しい攻勢( ())を開始した。 この攻勢では大砲6千門を用いた4時間にわたる砲撃が行われ、砲弾200万発が発射された。 ドイツ軍は5月29日にマルヌ川まで進軍、6月3日には ()まで前進した。 この時点ではパリまで道路で90km、直線距離で62kmしか離れておらず、パリがの射程圏内に入った。 イギリス内閣はイギリス海外派遣軍の引き揚げを討議したが、6月5日にそれを却下した。 続く ()ではが参戦した。 9日、ルーデンドルフは ()に対する攻撃を開始したが(グナイゼナウ作戦、 Operation Gneisenau)、フランス軍とアメリカ軍の反撃により14日に中止した。 直後にはイタリア戦線でオーストリア=ハンガリーが最後の攻勢を仕掛けた(6月15日から22日までの)が失敗した。 西部戦線の本当の転機は ()だった。 ドイツ軍は7月15日に攻撃を開始、初期には成功を収めたが、18日にフランス軍とアメリカ軍が小型軽量のを大量に投入して反撃に転じた。 既に疲れ果てて装備も不足していたドイツ軍は不意を突かれて、3日前に渡ったばかりのマルヌ川を再び渡って撤退した。 ()は後方との連絡を脅かされ、またドイツ軍は5月と6月に占領した地域のほぼ全てから撤退した。 7月18日は同時代の歴史文献で「戦争の転機となる瞬間」とされ、連合国軍はドイツ軍の進軍を停止させ、以降終戦までドイツ軍を押した。 百日攻勢 [ ] 廃墟と化した ()の航空写真、1918年。 「百日攻勢」として知られている連合国軍の反攻は1918年8月8日の ()で始まった。 この戦闘では戦車400台以上とイギリス軍、イギリス軍、フランス軍合計12万人以上が参加、その1日目の終わりにはドイツ軍の戦線に長さ24kmの間隙が開かれた。 ドイツ軍の士気は大きく低下して、に「ドイツ陸軍暗黒の日」と言わしめた。 連合国軍が23kmほど前進したのち、ドイツ軍の抵抗が強くなり、アミアンの戦いは8月12日には終結した。 それまでの戦闘では初期の成功をさらに推し進めることが常だったが、連合国軍はアミアンの戦いで勝利した後、そのまま攻撃を続けず、他の戦場に移った。 連合国の首脳部は敵軍の抵抗が強化された後でも攻撃を続けるのはただ兵士を浪費するだけであり、敵の戦線を押し潰すよりも側面に回り込むほうが有利であると気づいた。 そのため、連合国軍は側面への素早い攻撃を行って、攻撃の勢いが低減するとすぐに攻撃をやめる、という戦術を繰り返し行った。 1918年9月の ()にて前進していた ()部隊。 イギリスとイギリス自治領軍は8月21日の ()で戦役の次の段階に進んだ。 その後の数日間、英仏軍は攻撃を拡大した。 8月末には連合国軍の長さ110kmにわたる前線への圧力が重く、ドイツ側の記録では「毎日が強襲の止まない敵軍との血なまぐさい戦いに費やされ、新しい前線への撤退で夜は眠れないまま過ぎた。 」としている。 これらの敗退により、ドイツの ()は9月2日に南の ()への撤退を命じ、4月に奪取した ()を抵抗もなく放棄した形となった。 ルーデンドルフによると、「前線全体を ()から ()に後退することは簡単に決定できるものではなかったが、(中略)いくらかの犠牲を払っても利益のある決定である」という。 9月には連合国軍がヒンデンブルク線の北部と中央部に進軍した。 ドイツ軍後衛は活発に戦い、失われた陣地への反攻もしたが、成功したものは少なく、成功した攻撃でも一時的な奪還にしかならなかった。 ヒンデンブルク線の偵察陣地や哨戒地の町村、山、塹壕などは続々と連合国軍に占領され、は9月最後の1週間だけで30,441人を捕虜にした。 9月24日には英仏が突撃してから3kmのところまで近づいた。 ドイツ軍はヒンデンブルク線上とその後ろの陣地に撤退した。 前線近くでに乗っているアメリカ軍の少佐、1918年。 8月8日から4週間の間、ドイツ軍10万人以上が捕虜になった。 「ドイツ陸軍暗黒の日」の時点でドイツ軍部は戦争全体がもはや負け戦であると気づき、ドイツにとって満足のいく終戦を模索した。 暗黒の日の翌日、ルーデンドルフは「我らは戦争に勝てなくなった。 しかし負けるわけにもいかない」と述べた。 11日には辞表を出したが、ヴィルヘルム2世は「我らは妥協しなければならない。 我らの抵抗の力は限界にきていた。 戦争は終わらなければならない。 」と返答、ルーデンドルフの辞任を拒否した。 13日、ルーデンドルフ、ドイツ首相、参謀総長、外相 ()はで討議し、軍事力で戦争を終結させることが不可能であるという結論を出した。 翌日にはドイツ皇帝諮問委員会が戦場での勝利はほぼ不可能であると結論を出した。 オーストリア=ハンガリーは12月までしか戦争を続けられないと警告、ルーデンドルフは講和交渉を即刻始めることを勧めた。 はに「軍事情勢が悪化しすぎて、私は冬の間持ちこたえられることが信じられなくなった。 災難はそれよりも早く訪れるかもしれません。 」と警告した。 9月10日、ヒンデンブルクはオーストリア皇帝に平和に向けた動きを迫り、ドイツはオランダに仲介を求めた。 9月14日、オーストリアは全交戦国と中立国に覚書を送り、中立国での平和会議を提案した。 15日、ドイツはベルギーに講和を申し入れた。 しかし、いずれも拒絶され、9月24日にはドイツ軍部がベルリン政府に停戦交渉が不可避であると通告した。 ヒンデンブルク線に対する最後の攻撃は9月26日にフランスとアメリカ軍によるで始まった。 その後の1週間、フランスとアメリカ軍は ()でから突破、ドイツ軍はブラン・モンの山から撤退してフランス・ベルギー国境に向けて撤退せざるを得なかった。 10月8日、ドイツ軍の防御線は ()でイギリスとイギリス自治領の軍に突破された。 ドイツ軍は前線を短縮させて、オランダ国境を利用して後衛への攻撃を防ぎつつドイツに撤退した。 ブルガリアが9月29日に単独で停戦協定を結ぶと、既に数か月間巨大な圧力に苦しんでいたルーデンドルフは神経衰弱のような症状を来した。 ドイツが守備に成功することはもはや不可能であった。 1918年11月11日、停戦を祝うアメリカ第64連隊の兵士。 ドイツの敗北が近いことはドイツ軍に知れ渡り、兵士反乱の脅威が広まった。 海軍大将とルーデンドルフはドイツ海軍の「勇気」を回復するための最後の賭けに出た。 率いるドイツ政府が反対することは明らかだったため、ルーデンドルフは行動をマクシミリアンに報告しないことにした。 しかし、攻撃の計画がの水兵の耳に入ってしまった。 その多くが攻撃計画を自殺行為と考え、攻撃に参加したくなかったため反乱を起こして逮捕された。 ルーデンドルフは責任を負って10月26日にヴィルヘルム2世に罷免された。 バルカン戦線の崩壊はドイツが石油と食料の主な輸入先を失うことを意味した。 さらに、アメリカ兵が平均して日1万人が到着する中、ドイツは既に予備軍を使い果たしていた。 アメリカは連合国軍の石油を8割以上提供しており、しかも不足はなかった。 ドイツ軍が弱まっており、ヴィルヘルム2世も自信を失ったため、ドイツはへと移った。 マクシミリアン・フォン・バーデンはドイツ首相として新しい政府を率いて連合国と交渉した。 交渉条件がイギリスとフランスよりも寛大とされるから、で開かれていたドイツ軍の大本営は9月28日にアメリカのウィルソン大統領への講和交渉要請を決定した。 ウィルソンはドイツ軍部が議会の統制を受けることと、の施行を要求した。 のが共和国樹立を宣言した時、抵抗を受けなかった。 ヴィルヘルム2世、ドイツ諸邦の国王などの世襲君主は全て権力の位を追われ、ヴィルヘルム2世はオランダに逃亡した。 ドイツ帝国は滅亡して、代わりにが成立した。 停戦と降伏 [ ] で休戦協定に署名した(右から2番目)。 この時に締結場所となった列車()は1940年6月にがと休戦協定を結んだ際、再び使用された。 中央同盟国の崩壊はすぐに訪れた。 まず停戦協定を締結したのは1918年9月29日に ()を締結したブルガリアだった。 10月30日、オスマン帝国はを締結して降伏した。 10月24日、イタリアは反攻を開始し、で失われた領土を素早く回復した。 その頂点がであり、オーストリア=ハンガリー軍はこの戦闘で崩壊してほとんど戦力にならなくなった。 この戦闘はオーストリア=ハンガリー帝国解体の起爆剤にもなり、10月末には、、で独立宣言が出された。 10月29日、オーストリア=ハンガリー帝国はイタリアに停戦を求めたが、イタリア軍は進軍を続け、、、に進んだ。 11月3日、オーストリア=ハンガリー帝国はを送り、休戦協定の締結に同意した。 休戦協定はイタリアが電報でパリの連合国当局と交渉した後、オーストリア軍部に通告して受諾された。 このは近くの ()で締結された。 が転覆されたため、オーストリアとハンガリーは別々で休戦協定を締結した。 その後、イタリア軍は兵士2万から22,000人でと全を占領した。 そして、1918年11月11日午前5時、のにてが締結され、同日午前11時に発効した。 締結から発効までの6時間、西部戦線の軍はそれぞれ陣地からの撤退を開始したが、指揮官ができるだけ多くの領土を占領しようとしたため、多くの地域で戦闘が継続した。 停戦の後、アメリカ、イギリス、フランス、ベルギー軍が ()した。 1918年11月時点の連合国軍はドイツに侵攻するための兵士と資源をふんだんに有していたが、停戦時点でドイツとの国境を越えた連合国軍はいなかった。 西部戦線はまだベルリンから720kmの距離があり、ドイツ陸軍は撤退の時、規律を維持することができた。 そのため、ヒンデンブルクなどドイツの首脳部はドイツ軍が本当は敗北していなかったという噂を流すことができた。 この噂はやがてという伝説に発展した。 この伝説によると、ドイツの敗北は戦闘継続が不可能になったわけではなく(1918年にが全世界に流行、100万人に上るドイツ人兵士が患って戦闘不能だったにもかかわらず)、大衆が「愛国へのよびかけ」に応じなかったことと、、社会主義者、によるサボタージュによるものだったとされた。 連合国が戦争に投入できる資金は中央同盟国のそれよりもはるかに多かった。 1913年時点の米ドルに基づく試算では連合国が580億ドルを、中央同盟国が250億ドルを投入したとして、うちイギリスは210億、アメリカは170億、ドイツは200億投入した。 余波 [ ] ()のフランス軍人墓地。 ここには身元不明の兵士が13万人以上埋葬されている。 戦争の結果、ドイツ、オーストリア=ハンガリー、オスマン、ロシアの4帝国が崩壊し、、、 、がそれぞれ君主の座を追われた。 4つの帝国が滅亡解体された結果、9つの国が建国された。 1914年の開戦時にはフランス、、スイス、の4か国しかなかったヨーロッパの共和制国家が、ドイツ、オーストリア、チェコスロバキア、フィンランド、ポーランド、リトアニア、ラトビア、、アルバニアと増加した(加えてオスマン帝国が廃されが建国された)。 またロシアは1917年のロシア革命によって帝政が打倒され、1922年に史上初の社会主義国家、が建国されることになる。 戦場となったベルギーとフランスは多大な損害を受けたほか、フランスでは死者だけで140万人もいた。 ドイツとロシアも同程度の損害を受けた。 正式な終戦 [ ] 戦争状態は正式には休戦協定が締結された後も7か月続き、ドイツが1919年6月28日にに署名するまで続いた。 大衆が支持したにもかかわらず、は条約を批准せず 、1921年7月2日に大統領が ()に署名したことで、アメリカはようやく戦争から手を引いた。 イギリスとその植民地については1918年の ()の条項に基づき、1920年1月10日にドイツとの戦争状態を 、7月16日にオーストリアとの戦争状態を 、8月9日にブルガリアとの戦争状態を 、1921年7月26日にハンガリーとの戦争状態を 、1924年8月6日にトルコとの戦争状態を 終結させた。 ヴェルサイユ条約が締結された後、オーストリア、ハンガリー、ブルガリア、オスマン帝国との講和条約が締結された。 しかし、オスマン帝国との講和交渉をめぐって紛争が起き、1923年7月24日のでようやく終結を見た。 の一部は、終戦の日をヴェルサイユ条約が締結された日と定めた。 この日は外国に派遣された多くの兵士がようやく本国に復員した日であったが、多くの戦争記念施設は終戦の日を休戦協定が締結された1918年11月11日とした。 法的な戦争状態は最後の講和条約であるローザンヌ条約が締結されるまで続いた。 同条約に基づき、連合国軍は1923年8月23日にから撤退した。 講和条約 [ ] パリ講和会議にて。 左から、、、 戦闘が終結した後、は中央同盟国に講和条約の締結を強いて、戦争を正式に終結させた。 のヴェルサイユ条約ではドイツとの講和のみが処理され、同年の締結により、アメリカ合衆国大統領提唱の『』は、翌の「」創設の実現をもって実質化した。 しかし、国家元首かつ政府の長が提唱者であった肝心のアメリカ合衆国は連邦議会の否決により、設立当初から不参加となり、結局最後まで参加することはなかった。 中央同盟国は「連合国、その政府と国民が」中央同盟国の侵略に「強いられた戦争の結果としての損失」の責任を負わなければならなかった。 ヴェルサイユ条約では ()がそれであり、後に「戦争責任条項」として知られるようになった。 ドイツでは国民の多くがこの条項に屈辱を感じ、報復を考えた。 ドイツ人は「ヴェルサイユの [](絶対的命令)」に不当に扱われたと感じ、ドイツの歴史家ハーゲン・シュールゼ( Hagen Shulze)は条約によりドイツは「法的制裁を課され、軍事力を奪われ、経済的に破滅、政治的に侮辱された」と述べた。 ベルギーの歴史家ローラン・ヴァン・イーペルセル( Laurence Van Ypersele)は「とのドイツ政治において戦争とヴェルサイユ条約の記憶が中心的な役割を果たした」と述べた: ドイツが積極的に戦争責任を否定したことと、賠償と連合国の占領継続への不満により、戦争の記憶と戦争の意味したことを大幅に書き換えることが問題になっていた。 「」の伝説、「ヴェルサイユのディクタット」を改正する願望、そして諸国がドイツ国を消滅させたがっているという信念はドイツの政治の中心であり続けた。 のような平和の男でもドイツの罪を公的に否定した。 党は国内の反逆と国際の陰謀を旗印として、ドイツ国中で復讐の心を刺激しようとした。 のイタリアと同じく、は戦争の記憶を自身の政策のために利用した。 一方、ドイツ帝国の統治から解放された新しい国々は、ヴェルサイユ条約を侵略的な隣国が小国に対して施した不当な行動を承認するものとしてみた。 パリ講和会議ではあくまで全ての敗戦国に非戦闘員への損害をすることを強いたが、敗戦国のうち経済が崩壊しなかったのはドイツだけだったため、賠償責任は主にドイツ(敗戦による帝政崩壊後、)に負わされた。 は、、、といった後継国家に分割された。 分割は主に(ただし、単にではなく)分布に沿って行われた。 トランシルヴァニアはハンガリーからに割譲された。 詳細はとで定められた。 トリアノン条約により、330万人が外国に統治された。 戦争以前のではハンガリー人が国民の54パーセントを占めたが、戦後に残された領土はその32パーセントだけだった。 から、ハンガリー人354,000人が、、に割譲された元領から逃亡した。 のの後に、単独講和を締結し戦争から脱落したは、、、、の成立により西部国境の多くを喪失し、にはルーマニアがを奪った。 第一次世界大戦戦後の領土変更(1923年時点) ポーランドはで消滅してから1世紀以上経った後、復活した。 は「協商国の小国」、人口比で最も多く損害を出した国として 、多民族国家である新生(後にユーゴスラヴィア王国に改名)の背骨になった。 チェコスロバキアはとの一部を併合して独立した。 ロシアはになったが、フィンランドと(エストニア、リトアニア、ラトビア)が独立した。 はトルコとのいくつかの国に取って代わられた。 イギリス帝国においては新しい国民意識が生まれた。 オーストラリアとニュージーランドではが「砲火の洗礼」として知られるようになった。 というのも、第一次世界大戦は両国の軍が初めて戦った大規模な戦争であり、オーストラリア軍がの臣下としてだけでなく、オーストラリア人としても戦った初の戦争であった。 この日はを記念するとして祝われている。 カナダ師団が初めて独立部隊として戦った ()の後、カナダ人はカナダを「火で鍛えられた」国と形容するようになった。 「母国」がつまずいた戦場で勝利したことで、カナダ軍は初めてその貢献を国際的に認められた。 カナダはイギリス帝国のとして参戦して、終戦まで同じ状態であったが、終戦の時点では独立性が高まった。 1914年にイギリスが参戦したとき、自治領は自動的に戦争状態に入ったが、終戦時にはカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカがそれぞれ独自にに署名した。 オスマン帝国は第一次世界大戦までの数百年間、中東である程度の平和と安定を維持していた。 しかし、オスマン政府が倒れたことで中東は ()になり、領土と建国に関する様々な矛盾した主張がなされた。 第一次世界大戦の戦勝国はすぐに国境線を策定したが、現地の住民には粗略な諮問しかしておらず、これらの国境は21世紀に入っても未解決のままである。 第一次世界大戦でオスマン帝国が解体したことで、など現代の中東の政治情勢が形作られたほか 、水などの天然資源をめぐる紛争も引き起こした。 また、1917年ロシア革命による社会不安と広範囲にわたる暴力、そしてその直後のにより、元ロシア帝国領(主に ())で2千以上のがおきた。 その結果、ユダヤ人6万から20万人が殺害された。 ギリシャは第一次世界大戦直後ので率いるトルコ国民軍と戦った後、に基づきを行った。 しかし、多くの文献によると 、この時期のにより数十万人のギリシャ人が死亡した。 疫病の問題 [ ] 大流行の最中の緊急 ()、1918年の ()にて。 スペインかぜにより、アメリカだけで675,000人が死亡した。 戦争は兵士の健康に大きく影響した。 1914年から1918年まで動員されたヨーロッパ諸国の将兵6千万人のうち、800万人が、700万人が永久的なになり、1,500万人が重傷を負った。 ドイツは男性労働人口の15. 1%を、オーストリア=ハンガリーは17. 1%、フランスは10. 5%を失った。 ドイツでは、一般市民の死亡者が平時よりも474,000人多かったが、主に食料の不足とによる餓死や病死が原因である。 レバノンでは終戦までに飢饉により約10万人が死亡した。 ()により500万から1,000万人が死亡した。 ロシアでは第一次世界大戦、ロシア内戦、そして飢饉により、1922年までに450万から700万人の子供がになった。 反ソ連のロシア人()の多くがロシアから逃亡、1930年代のでは10万人のロシア人が住んでいたという。 ほかにも数千人単位でフランス、イギリス、アメリカに逃亡している。 戦乱によって、さまざまな疫病も流行した。 によるで、1914年のセルビアだけでも20万人の死者(うち兵士は7万人)が出た。 1918年から1922年まで、ロシアでは2,500万人が発疹チフスに感染、300万人が死亡した。 1923年にはロシアで1,300万人がに感染、戦前よりはるかに大きい感染者数となった。 さらに、にはが、ヨーロッパでは少なくとも2,000万人が死亡した。 これにより徴兵対象となる成人男性の死者が急増し、補充兵力が無くなりかけたことが、同年の休戦の一因とも言われている。 によるロビー活動もあって、がアメリカにドイツ支援を促すことにイギリスが恐れた結果、イギリス政府は1917年にを発してパレスチナにおける ()の建国を支持した。 第一次世界大戦に参戦したユダヤ人兵士は合計1,172,000人以上であり、うち275,000人がオーストリア=ハンガリー軍、450,000人がロシア帝国軍に従軍した。 社会の傷跡 [ ] による、のための冊子(1919年) 第一次世界大戦は空前の戦死傷率を記録して、社会に大きな傷跡を残した。 第一次世界大戦が残した傷跡はしばしば議論される。 のは崩れ去り、戦争に参加した世代は「」と呼ばれた。 戦後長年にわたり、人々は死者、行方不明者を哀悼し続け、障害を負った者を悲しみ続けた。 多くの兵士は(とも。 の関連疾患)などの精神的外傷を負った。 大半の兵士はそのような障害もなく故郷に戻ることができたが、戦争について語ろうともせず、結果的には「兵士の大半が精神的外傷を負った」という伝説が広まることになった。 多くの兵士は戦闘に参加すらせず、または軍務をポジティブにとらえたが、苦しみとトラウマというイメージは根強く残った。 歴史家のダン・トッドマン( Dan Todman)、 ()、サミュエル・ヘインズ( Samuel Heyns)は1990年代以降、著作を出版してこのような見方が誤りであると指摘した。 ドイツでの不満 [ ] 第一次世界大戦後のとの広まりには、民族主義の復活と戦後の変革(民主化)に対する拒絶が含まれている。 同じように、伝説が支持を得た背景には、敗戦国たるドイツの心理状態、および戦争責任の拒絶があった。 この陰謀論は広く受け入れられ、ドイツ国民は自身を被害者とみなした。 また、同じ理由により、ヴァイマル共和政はその正統性が揺らいで政局は常に不安定化し、左右両翼の勃興を許した。 ヨーロッパの共産主義とファシズム運動はこの陰謀論を利用して人気を得、特に戦争の影響を深く受けた地域で顕著だった。 党首は、ヴェルサイユ条約に対するドイツの不満を利用して人気を博した。 そのため、第二次世界大戦は第一次世界大戦で解決されなかった権力闘争の継続という一面がある。 さらに、1930年代のドイツは、第一次世界大戦の戦勝国に不公平に扱われたことを理由として、侵略を正当化した。 アメリカの歴史家 ()は、「『全体主義の時代』は現代史上の悪名高いを全て含み、ユダヤ人に対するがその筆頭であったが、共産主義諸国による大量殺人と追放、ナチス・ドイツとその同盟者によるほかの大量殺戮、そして1915年のも含む。 ここで主張するのは、これらの殺戮の起因は全て同じであり、その起因とは第一次世界大戦によりエリート層の構造と中央、東、南ヨーロッパの政府の常態が崩壊したことであった。 それがなければ、共産主義もファシズムも無名の扇動者や変わり者の頭の中にしか存在しないものとなっていたであろう。 」と述べた。 経済への影響 [ ] 戦死者を葬るフランスのハイウッド墓地。 イギリスでは赤いが第一次世界大戦における犠牲の象徴とされている。 第一次世界大戦の最も劇的な影響の一つは、イギリス、フランス、アメリカ、そしてイギリス帝国の自治領政府がその権力と義務を拡大させたことだった。 ()を支援する新しい税が徴収され、法律が制定された。 その一部は現代まで続いた。 また、オーストリア=ハンガリーやドイツなどの大きく官僚的な政府はその能力を限界まで駆使した。 は連合国のうち4か国(イギリス、イタリア、日本、アメリカ)では上昇したが、フランスとロシアでは下がり、ほかには中立国のオランダと主要な中央同盟国3か国(ドイツ、オーストリア=ハンガリー、オスマン帝国)でも下がった。 中でも、オーストリア=ハンガリー、ロシア、フランス、オスマン帝国では30から40パーセントの下がり幅だった。 例えば、オーストリアでは豚の大半が屠殺されたため、終戦のときには食肉がほとんどなかった。 国内総生産のうち、政府が占める比率は全ての国で上昇、ドイツとフランスでは50%を越え、イギリスでも50%に近い比率だった。 アメリカからの物資購入代金を工面すべく、イギリスはそれまでのアメリカ鉄道に対する投資を現金化(売却)、続いてで大量に借り入れた。 1916年末にはウィルソン大統領が融資の打ち切りを決定する瀬戸際まできていたが、結局アメリカ政府から連合国への融資を大幅に増やした。 1919年以降、アメリカが融資の償還を要求すると、連合国はドイツからの賠償金で資金の一部を賄ったが、ドイツからの賠償金はアメリカからドイツへの融資だった。 このシステムはに崩壊、融資の一部は償還されなかった。 1934年時点のイギリスは、第一次世界大戦に関するアメリカからの債務を44億ドルも残しており、全ての償還が終わったのはだった。 第一次世界大戦はにもにも影響を与えた。 家族レベルでは男性の多くが従軍・戦死したため稼ぎ手を失い、多数の女性が働くことを余儀なくされた。 工場でも多くの労働者が従軍で失われ、運動()に弾みがついた。 工場で弾薬を作る労働者。 総力戦の体制では女性や子供も戦争に動員された。 オーストラリア首相は、イギリス首相に手紙を書き、「あなたはこれ以上良い条約を勝ち取ることができないと私たちに保証した。 しかし、私たちは今でも、イギリス帝国とその同盟者が払った多大な犠牲と釣り合う賠償を確保する何らかの方法が見つかると信じている。 」と述べた。 オーストラリアは5,571,720ポンドの戦時賠償を受け取ったが、戦争の直接支出だけでも376,993,052ポンドに上り、1930年代中期までに賠償年金、戦争の給与金、利子と減債積立金の合計が831,280,947ポンドと賠償金の100倍以上に上った。 参戦したオーストラリア軍416,000人のうち、約6万人が戦死、152,000人が負傷した。 第一次世界大戦は「 ()」の問題を悪化させた。

次の

第一次世界大戦|日本大百科全書・国史大辞典・世界大百科事典|ジャパンナレッジ

第 三 次 世界 大戦

アインシュタインが予言した第四次世界大戦 アインシュタインの第四次世界大戦の予言とされる言葉は、 「第二次世界大戦では原子爆弾が兵器として利用されましたが、第三次世界大戦が起こったら、どのような兵器が使われると思いますか? 」というインタビューに対して、 アインシュタインが 「第三次世界大戦についてはわかりませんが、第四次世界大戦ならわかります。 石と棍棒でしょう。 」と述べたというもの。 実際には、トルーマン大統領に宛てた書簡の中で述べられている一節という説があります。 第三次世界大戦の武器を聞かれて、 あえて明言せずに、第四次世界大戦における「石と棍棒」の比喩が使われることから、いかに悲痛な思いを抱えていたのか 推し量られます。 アインシュタインは第三次世界大戦をどう捉えて「石と棍棒」と言ったのか? では、 アインシュタインは具体的には、第三次世界大戦をどう捉えていたのか考えてみたいと思います。 アインシュタインは、第二次世界大戦をひどく悲しんでいました。 アインシュタインを天災足らしめた要因となったのは、1905年アインシュタイン26歳のときに3つの重要な論文を発表したことに遡ります。 この 1905年は「奇跡の年」とも呼ばれているほど素晴らしい年でありました。 ですが、アインシュタインは、亡くなる前年の1954年に、 「もしヒロシマとナガサキのことを予見していたなら、1905年に発見した公式は破棄していただろう」と語っています。 輝かしい成果が出た年であるにも関わらず、後悔にもつながる現実になってしまったことがいかに戦争が悲しいものであるかを物語っています。 それだけに、第三次世界大戦の兵器を聞かれたときには、敢えて口には出さずに、第四次世界大戦の石と棍棒を答えたのではないかと考えれます。 アインシュタインの第四次世界大戦の予言は、第三次世界大戦への警鐘を鳴らす人類が心に刻むべき 名言と言う方が正しいのかもしれませんね。 氷河期への懸念 世界大戦となってしまうと、爆発や広範囲の延焼(火災)によって巻き上げられた灰や煙などは、数年に渡って待機中を漂い、その結果、日光が遮られ気温が下がるというもの。 この現象は、1983年、大気学者のリチャード・ターコ博士や宇宙物理学者のカール・セーガン博士らの論文「TTAPS理論(TTAPS研究とも)」の中で提唱されたものです。 賛否両論があり、氷河期が訪れるようなことはないとされる説もありますが、実際にどうなるかは、幸いなことに戦争にはなっていないため、分かりません。 ただし、2019年のラトガース大学アラン・ロボック教授のシミュレーションによると、仮にインド・パキスタン 2国が原子力での全面戦争に突入しただけでも、地表温度が2~5度低下するなど異常気象が最大10年続き、世界的な食糧危機が訪れる という結果になったそうです。 もしも、第三次世界大戦が起こるのであれば、実際に氷河期が訪れるのかもしれません。 そして、人類が生まれるよりも前の氷河期からの再スタートとなるならば、第四次世界大戦が起こるときは、文明が生まれる前の石と棍棒の争いになるのかもしれないですね。 スポンサーリンク まとめ~アインシュタインと第二次世界大戦 アインシュタインは、日本好きだったとされています。 実際にアインシュタインは、1922年に日本に一ヶ月半に及び滞在して公演を行っていたこともあり、日本に対して、好意的なコメントも出しています。 なのに、アインシュタインは原爆投下に対して、承認をしています。 ここに矛盾も感じますが、一節によると、原爆の進言をすることによって、実際に投下しなくてもその驚異から戦争は終了するだろうと思ったと言われてます。 破壊力としてではなく、抑止力として考えており、実際に投下されるとは思っていなかったようです。 そのため、 アインシュタインはのちに原爆開発の進言に対して「大きな間違いをした」と、激しく後悔しており、この反省からか、晩年のアインシュタインは平和活動に尽力 しています。 日本に原爆が落とされたとの一報を受けたとき、「O weh! (ああ、何て事だ!)」と漏らしたと伝えられているほど、第二次世界大戦は辛い歴史となってしまっているそうです。 アインシュタインの予言(名言)とされる第三次世界大戦に対する警鐘をいまいちど噛み締めて平和な社会の持続を心より願いたいですね。 2020年冒頭より、イランとアメリカの情勢を受けて、「第三次世界大戦が起こるのか?」と世界トレンドになるほどざわついています。 実際に、 2020年に第三次世界大戦が起こるという予言が未来人によってされています。

次の