ロング コート チワワ。 ロングコートチワワの平均・最高寿命は?長生きのコツや飼い方を紹介

ロングコートチワワってどんな犬? ロングコートチワワの魅力と育て方

ロング コート チワワ

は、近年人気犬種ランキングのベスト5には必ず入っている圧倒的な人気を誇っています。 チワワの中でもロングコートチワワ、ぬいぐるみのようにふわふわの被毛が愛らしく、思わず抱きしめてしまいたくなりますよね。 ロングコートチワワは、スムースチワワをベースにパピヨンとポメラニアンの特徴をプラスさせた種類です。 今回は、そんな愛らしいロングコートチワワの性格や特徴、育て方についてまとめました。 チワワの謎めいた生い立ち はメキシコのチワワ州で発見された犬種でそのまま地名が名前となったとされています。 歴史はさかのぼること9世紀、チワワの祖先テチチは、トルテカ族の中で宗教的な生き物として扱われていて、神に捧げられていた、また神の使いとして崇め大切にされていたと語り継がれています。 しかし、その事実は定かではありません。 チワワの起源は謎に包まれていることが多く、中国が起源であるという説や、ヨーロッパが起源であるという説まであります。 チワワは何とも謎めいた神秘的なルーツを持っている犬種なのです。 ロングコートチワワとスムースチワワ、どちらがお好み? には被毛のタイプから2種類に分けられます。 1つは光沢のある柔らかい短毛でスッキリとした印象のスムースチワワ。 もう1つは、柔らかいまっすぐかウェーブのかかった長毛で、耳の縁に飾り毛がある優雅な印象のロングコートチワワです。 ロングコートチワワとスムースチワワ、どちらが好きかというのはチワワ好きの中でも意見が別れるところ。 現在の日本ではロングコートチワワの人気が高く、アメリカなど海外ではスムースチワワの人気が高いと言われています。 ロングコートチワワの特徴 1.ロングコートチワワの外見 ロングコートは体高より体長がわずかに長い、立ち耳の超小型犬です。 成犬で体高15~23cm、胴体はしっかりしていますが手足は細く、理想体重は1. 5~3kgの間とされています。 ロングコートチワワは、床に引きずらない程度の長さのしなやかな長毛で覆われ、手触りがやわらかく、耳にフリンジ、腕や頭部、頸にふさ毛を付け、しっぽに飾り毛があります。 2.ロングコートチワワの毛色 ロングコートの毛色は、ピュアレッド、ホワイト、ブラック、フォーン、ブラウン&ホワイト、ブラウン&イエローなどさまざまな毛色がいます。 また、マール、マール&ホワイトなどの毛色は、聴覚障害など遺伝性疾患の確率が高くなるため公認されていません。 3.ロングコートチワワの性格 ロングコートは活発で好奇心旺盛。 気まぐれな一面もありマイペースです。 仲間や家族に対してはとても愛情深く、無邪気で甘ったれ。 その反面、大きな犬の前でも堂々と自分を主張することもあるなど、見かけによらず気が強くとても勇敢です。 家族と他人をはっきりと区別して接するところもあり、保守的な性格です。 ロングコートチワワは見知らぬ人に対しては非常に警戒心が強く、侵入者や他の犬に対しては攻撃的な態度を示します。 なお、ロングコートチワワとスムースチワワで性格の違いはないと言われています。 4.ロングコートチワワの体質 ロングコートはロングコートがあっても寒さは苦手。 夏場はクーラー、冬場は暖房を入れて、室内温度を保ってあげましょう。 寒い日は洋服を着させてあげても良いかもしれません。 ロングコートチワワをまとめると、スムースチワワよりも…• 被毛がふんわり柔らかくて抱き心地が良い• スムースよりも大人っぽく優雅な印象• 長毛のため、暑さに敏感• トリミングやカットが楽しめる• 抜け毛が目立ちにくい• ロングコートチワワの毛は細くて絡まりやすいため、週2~3回はブラッシングをしてあげましょう。 また換毛期を迎える犬種なので、特に春と秋はアンダーコート除去ブラシを使ってブラッシングすると良いです。 また、夏はトリミングでスムースチワワのように短く毛を刈ってしまう人がいますが、特に高齢チワワになると毛の再生サイクルが低下し、なかなか生えてこなくなったりするため注意が必要です。 トイプードルの垂れ耳犬のように蒸れる心配はありませんが、シャンプーの後などはガーゼとイヤークリーナーを使って耳掃除をしてあげましょう。 その際は、綿棒は傷付けてしまう可能性が高いので使わないようにしましょう。 爪の中に赤い部分がないところまでを切ってください。 赤い部分は血管や神経が通っているので気をつけてください。 爪が長いと肉球を傷めたりしてしまうため、定期的にチェックしてあげてください。 歯磨きは一日一回は行いましょう。 犬用の歯ブラシのを使っても良いですが、指にガーゼを巻いて歯を丁寧に拭いてあげる方法もおすすめです。 歯石・歯周病予防のほか、歯茎マッサージにも効果的です。 そのため、白やクリーム系の薄い色のチワワの場合、目の周りが涙やけで黄色く変色してしまうため、こまめに拭き取ってあげましょう。 またロングコートチワワは目が大きく少し出ているので、毛やほこり、ゴミが入りやすくなっています。 そんな時はホウ酸水などで目を優しく洗ってあげましょう。 シャンプーの頻度は月に1~2回が目安。 優しくマッサージするように洗ってあげましょう。 シャンプーをしないと皮膚病などの感染病を起こす可能性がありますが、洗いすぎても厳禁。 皮膚を保護するのに必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥によるフケや炎症を起こしてしまうことがあります。 ロングコートチワワの肛門の両脇には、肛門腺という分泌液をためる匂い袋のようなものがあります。 犬はあいさつの意味や相手を識別するのにこの匂い袋を嗅ぐと言われています。 ロングコートチワワは肛門腺に炎症を起こしやすく、放っておきうと膿が溜まってしまいます。 慣れないうちは、獣医師やトリマーにお願いするのも良いでしょう。 ロングコートチワワの散歩 ロングコートは小さな体なので運動量は少なめで構いません。 室内を自由に動き回れるようにしておくと、あちこちを歩き回ったり走り回ったりするだけでも十分な運動だと言われています。 しかし、ロングコートチワワは家族だけと接していると人見知りや他の犬に会った時になじめなくなったりするので、外へ散歩に連れて行くことも大切。 ロングコートチワワの気分転換にもなり、ストレス解消や健康維持のために10~20分程度の散歩は効果的です。 ロングコートチワワの注意したいケガや病気 ロングコートは小さいからといって特別弱い犬種ではありません。 しかし、体が小さいゆえ、骨折などのケガには十分な注意が必要です。 また、ロングコートチワワは成犬になっても頭蓋骨がきちんと融合しない傾向にあるため、頭部への衝撃から守ってあげてください。 ロングコートチワワに多い病気は、膝蓋骨脱臼や水頭症、口蓋裂、気管虚脱、眼疾患、停留睾丸、鼠径ヘルニアなどがあります。 毎日のオシッコやウンチの変化を観察するだけでも、病気の予防や早期発見に繋がることがあります。 ロングコートチワワの健康を守るためには子犬の頃からの予防接種は欠かせません。 病気の症状やチワワの体質や環境で接種する混合ワクチンも違ってきます。 獣医師にきちんと相談しましょう。 ロングコートチワワのしつけ ロングコートはとても愛くるしいため、ついつい甘やかしてしまいがちですが、ただ甘やかしてしまってはわがままし放題に育ってしまいます。 チワワがリーダーであると認識してしまい、飼い主の言うことを聞かず反抗的になってしまいます。 しっかりと主従関係を教え、主導権は必ず飼い主が握るようにしましょう。 ロングコートチワワは、飼い主の表情やジェスチャーをきちんと理解することができます。 ロングコートチワワへの上手な褒め方と叱り方のポイントは次の3点です。 しつけがうまくいったら大袈裟なくらいに誉めてあげましょう。 叱るのはしつけのときのみ。 タイミングを逃し、後々叱ってもチワワは理解しません。 言ったり言わなかったり、時によって言葉が違ったりはチワワが混乱します。 一貫性のあるしつけを行ないましょう。 ロングコートは、散歩や食事の量も少なくて済むため、高齢な人や初めて犬を飼う初心者にも向いている犬種と言えます。 普段のお手入れの中で、たくさんスキンシップを取って愛情をいっぱい注いであげましょう。 甘えん坊のロングコートチワワは、ご主人がとても大好きです。 ロングコートチワワと唯一無二の幸せな時間を過ごしてください。

次の

ロングコートチワワの性格と平均寿命・カットの仕方まとめ

ロング コート チワワ

選択をクリア• すべてのトイプードル• トイプードル• タイニープードル• ティーカッププードル• すべてのチワワ• チワワ• ロングコートチワワ• スムースコートチワワ• すべてのミックス犬• ミックス犬• マルプー• ポメチワ• チワプー• チワマル• ポメプー• チワックス• パピコー• ヨープー• マルックス• ヨーチー• キャバプー• ポメマル• マルシーズー• フレンチブルドッグ• ポメラニアン• ヨークシャーテリア• すべての柴犬• マルチーズ• ミニチュアシュナウザー• シーズー• すべてのカニンヘンダックスフンド• カニンヘンダックスフンド• ロングコートカニンヘンダックス• スムースコートカニンヘンダックス• ワイヤーカニンヘンダックス• ジャックラッセルテリア• すべてのミニチュアダックスフンド• ミニチュアダックスフンド• ロングコートミニチュアダックスフンド• スムースコートミニチュアダックスフンド• ワイヤーミニチュアダックスフンド• キャバリアキングチャールズスパニエル• パピヨン• ビションフリーゼ• ペキニーズ• ボストンテリア• ゴールデンレトリーバー• ウェルシュコーギーペンブローク 選択をクリア ア行• アイリッシュウルフハウンド• アイリッシュセッター• アイリッシュテリア• 秋田犬• アフガンハウンド• アメリカンコッカースパニエル• アメリカンスタッフォードシャーテリア• アメリカンピットブルテリア• アメリカンブリー• アラスカンマラミュート• アーフェンピンシャー• イタリアングレーハウンド• イングリッシュコッカースパニエル• イングリッシュスプリンガースパニエル• イングリッシュセッター• イングリッシュポインター• ウィペット• ウェルシュコーギーカーディガン• ウェルシュコーギーペンブローク• ウェルシュテリア• ウエストハイランドホワイトテリア• エアデールテリア• オーストラリアンキャトルドッグ• オーストラリアンシェパード• オールドイングリッシュシープドッグ カ行• 甲斐犬• カニンヘンダックスフンド• 紀州犬• キャバプー• キャバリアキングチャールズスパニエル• キースホンド ジャーマンウルフスピッツ• クランバースパニエル• グレートデン• グレートピレニーズ• ケアーンテリア• ケリーブルーテリア• コーイケルホンディエ• ゴールデンレトリーバー サ行• サモエド• サルーキ• シェットランドシープドッグ• 四国犬• シベリアンハスキー• シャーペイ• シーズー• シーリハムテリア• ジャイアントシュナウザー• ジャックラッセルテリア• ジャーマンシェパードドッグ• ジャーマンピンシャー• ジャーマンポインター• スキッパーキ• スコティッシュテリア• スタッフォードシャーブルテリア• スタンダードシュナウザー• スタンダードダックスフンド• スタンダードプードル• スムースコートカニンヘンダックス• スムースコートチワワ• スムースコートミニチュアダックスフンド• セントバーナード タ行• タイニープードル• ダルメシアン• ダンディディンモントテリア• チェサピークベイレトリバー• チベタンスパニエル• チベタンテリア• チャイニーズクレステッドドッグ• チャウチャウ• チワックス• チワプー• チワマル• チワワ• 狆 チン• ティーカッププードル• トイプードル• トイマンチェスターテリア• 土佐犬• ドーベルマン ナ行• ナポリタンマスティフ• 日本スピッツ• 日本テリア• ニューファンドランド• ノーフォークテリア• ノーリッチテリア ハ行• バセットハウンド• バセンジー• バーニーズマウンテンドッグ• パピコー• パピヨン• ビアデッドコリー• ビションフリーゼ• ビーグル• ファラオハウンド• フラットコーテッドレトリーバー• フレンチブルドッグ• ブリタニースパニエル• ブリュッセルグリフォン• ブルテリア• ブルドッグ• ブルマスティフ• ブービエデフランダース• プチバセットグリフォンバンデーン• プーリー• ベドリントンテリア• ベルジアングリフォン• ベルジアンシェパードドッグ• ペキニーズ• 北海道犬• ホワイトシェパード• ホワイトスイスシェパードドッグ• ボクサー• ボストンテリア• ボルゾイ• ボルドーマスティフ• ボロニーズ• ボーダーコリー• ポメチワ• ポメプー• ポメマル• ポメラニアン• ポリッシュローランドシープドッグ マ行• マスティフ• マルシーズー• マルチーズ• マルックス• マルプー• ミックス犬• ミディアムプードル• ミニチュアシュナウザー• ミニチュアダックスフンド• ミニチュアピンシャー• ミニチュアブルテリア• ミニチュアプードル ヤ行• ヨークシャーテリア• ヨーチー• ヨープー ラ行• ラサアプソ• ラフコリー• ラブラドールレトリーバー• レオンベルガー• レークランドテリア• ロシアントイテリア• ロットワイラー• ロングコートカニンヘンダックス• ロングコートチワワ• ロングコートミニチュアダックスフンド ワ行• ワイアーフォックステリア• ワイマラナー• ワイヤーカニンヘンダックス• ワイヤーミニチュアダックスフンド• その他の犬種 選択をクリア• アプリコット• イエロー• イザベラ• イザベラタン• ウィートン• ウルフ• ウルフセーブル• オレンジ• オレンジセーブル• オレンジベルトン• カフェオレ• クリーム• クリームセーブル• クリーム系• クリーム&ホワイト• グリズル• グレー• グレー&ホワイト• ゴールド• ゴールド系• ゴールド&ホワイト• シェーデッドイエロー• シェーデッドクリーム• シャンパン• シルバー• シルバーグレー• シルバーダップル• シルバー系• シルバー&ホワイト• シール• シール&ホワイト• スチールブルー&タン• セーブル• セーブル系• セーブル&ホワイト• ソルト&ペッパー• タン&ホワイト 茶白• ダップル• ダーク・スチールブルー&タン• チョコタン• チョコタンパイボールド• チョコダップル• チョコレート• チョコレート系• チョコ&クリーム• チョコ&フォーン• チョコ&ホワイト• トライカラー• トライカラー ブラック&タン&ホワイト• ハウンドカラー• ハルクィン• バイブラック• パイド• パイボールド• パーティー• フォーン• フォーン系• フォーン&ブラックセーブル• フォーン&ホワイト• ブラウン• ブラウン&ホワイト• ブラック• ブラックイエロー• ブラッククリーム• ブラックソリッド• ブラックタン• ブラックタンパイボールド• ブラックタンホワイト• ブラックパイボールド• ブラックラスト&ホワイト• ブラック系• ブラック&シルバー• ブラック&タン&ホワイト• ブラック&ホワイト• ブリンドル• ブリンドル&ホワイト• ブルー• ブルータンホワイト• ブルーピンク• ブルーフォーン&ホワイト• ブルーベルトン• ブルーマール• ブルーマールタン• ブルーマール&ホワイト• ブルーローン• ブルー系• ブルー&タン• ブルー&フォーン• ブルー&ホワイト• ブレンハイム• ホワイト• ホワイト系• ホワイト&オレンジ• ホワイト&クリーム• ホワイト&グレーマーキング• ホワイト&ゴールド• ホワイト&セーブル• ホワイト&タン 白茶• ホワイト&ブラウン• ホワイト&ブラック• ホワイト&ブラックタン• ホワイト&ブリンドル• ホワイト&レッド• ホワイト&レッドセーブル• ホワイト&レバー• ボストンカラー• マント マントル• マール• ルビー• レッド• レッドセーブル• レッドマール• レッド系• レッド&ホワイト• レバー• レバー&タン• レモンカラー• レモン&ホワイト• ワイルドボア• 中虎毛• 白黒茶 トライカラー• 胡麻毛• 胡麻色• 赤虎毛• 黒虎毛.

次の

チワワの性格はオスとメスで違う?飼育に向いている飼い主はどんな人?

ロング コート チワワ

順位 犬種 平均寿命 1位 イタリアングレーハウンド 15. 1歳 2位 ミニチュアダックスフンド、 トイプードル 14. 7歳 4位 柴犬 14. 5歳 5位 パピヨン 14. 4歳 6位 ジャックラッセルテリア、 MIX犬 10kg未満 14. 3歳 8位 ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア 14. 2歳 9位 カニンヘンダックスフンド 14. 0歳 10位 MIX犬 10kg~20kg 13. 9歳 11位 ヨークシャーテリア 13. 8歳 12位 チワワ 13. 7歳 13位 シーズー、 ミニチュアピンシャー 13. 6歳 15位 ポメラニアン 13. 4歳 上記の表を見て分かるように、ランクインしている犬種のほとんどが小型犬です。 平均寿命ランキングにおいてチワワは12位です。 12位という結果を見てわかる通り、とても 長生きな犬種だということがわかります。 ロングコートチワワは 突然死が多い犬種と言われているようですが、 そういった根拠はありません。 体が小さく異変に気付きにくかったり、日本では飼育されている頭数が多いことからそういうイメージがついてしまったようです。 しかし、突然死が全くないということではないため、どの仔にもそのリスクはあります。 体が小さいため急変することも多く、何気ないことで体調が変化しやすいのも事実です。 日頃から体調面に気を配り、 軽い嘔吐や下痢でも早めに動物病院に受診することを心がけることで突然死のリスクをグンと下げることができます。 特にしんどそうにしていたり、呼吸が荒い場合は心臓病などの重い病気が隠れていることがあるので、普段と違う症状の場合は気をつけましょう。

次の