アジサイ 剪定。 アジサイの剪定

アジサイの剪定は年2回!正しい方法で毎年綺麗な花を咲かせましょ♪|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

アジサイ 剪定

アジサイとは 梅雨の風物詩であるアジサイは、玄関まわりがよく似合います。 別名「七変化」とも言われるアジサイですが、花の色は薄い青紫を中心として、土壌の酸性が強ければ青系に、アルカリ性が強ければ赤系に傾くとされています。 花の色が移ろうことから、かつては主人の浮気を心配してアジサイを敬遠する家もあったそうです。 アジサイの仲間では、ガクアジサイが有名ですが、本来はガクアジサイの方が原種です。 また、最近よく目にするカシワバアジサイは、セイヨウアジサイを改良したもので、セイヨウアジサイ自体は、ガクアジサイがイギリスなどで品種改良されて逆輸入されたものです。 花の美しさばかりが話題になるアジサイですが、地方によっては葉や花を薬用とします。 一般家庭のスペースでは手に負えなくなりますので定期的な剪定が必須です。 マメな手入れができない方には、セイヨウアジサイやアマチャがお勧めです。 アジサイの剪定時期 花が終わった直後(6月頃)か、落葉期(冬期)が適期です。 剪定のイメージ 自然樹形は半円(お椀型)ですので、これに準じます。 アジサイの剪定方法 アジサイは剪定のタイミングが難しい庭木です。 アジサイも他の多くの花木同様、今年伸びた枝の先端に翌年の花芽をつけますが、その時期は9月頃と遅めです。 よって花の終わった7月以降から開花までは原則として枝先を切ってはいけません。 しかし、これを堅く守っていると、あっという間に株が巨大化し、庭をアジサイに占拠されることとなりますので、ケース別に二つの方法を説明します。 3年以上花を咲かせたような古い枝は、今後の開花が期待できませんので、若い枝に更新します。 太くて長いものから順番に間引き、ほどよい樹形になったら切るのを止めます。 あまりにも邪魔な場合、すべての枝を元で切っても再生可能です。 アジサイの花が咲かないとき アジサイは水好きで、乾燥を嫌います。 根元に強い西日があたらないよう、土を追加したり、落ち葉を敷き詰めるなどして湿度を高めれば、調子が戻ります。 アジサイの葉の色が悪いとき アジサイの葉が黄色くなるのは多くの場合、水のやり過ぎです。 鉄分やマンガンなど微量要素と呼ばれるものが欠乏しています。 地植えの場合は植え付け前に堆肥や腐葉土を入れておけば問題ありません。 鉢植えの場合は即効性のある液肥を使用して栄養状態を改善する必要があります。 また、ハダニの仕業で葉が黄色くなることもあります。 葉の裏に赤くて小さな虫がいればハダニです。 薬剤を使用して除去します。 葉が黄色ではなく、焼けたようになる場合は、日照時間に問題があります。 西日の強いところや一日中陽が当たるような場所はアジサイの居場所としては不向きですので植え替えをしましょう。

次の

カシワバアジサイの剪定方法

アジサイ 剪定

鉢植えの植え替えは花後に• 株元の乾燥に気をつける• その下の昨年伸びた枝の葉の付け根に花芽を付けます。 要するに、今年伸びた枝に花芽が付くとしたら翌年の秋、そして花が咲くのは翌々年ということになります。 こういう昨年の枝に花芽がつくものを「2年枝に花が付く」といいます。 高温時期は花芽ではなく葉芽が出ます。 剪定(せんてい) 剪定する前に アジサイの剪定は「来年も花を咲かせるため」「元気に育てるため」に必ず必要なことではありません。 毎年花を楽しみたければ、理屈だけでいうと剪定しないのがいちばんです。 ただ、年々大きくなってスペースをとり、花の咲く位置も高くなるので、株の大きさを一定に維持するために剪定を行います。 慎重に行う二段階の剪定 剪定にも色々な方法がありますが、来年も花を楽しむために失敗が少ないのは2段階の剪定です。 まず1度目の剪定は花後すぐで、花が咲き終わった後、花から2~4枚の葉の位置で枝を切り詰めます。 小さくまとめたい場合は、もう短く切り詰めてもかまいません。 二度目の剪定は秋の初めです。 1度目の剪定の後、切ったすぐ下の芽が伸びて、新しい枝になります。 ちょうどそのひとつ下の葉の付け根に翌年咲く花芽ができるので、その上で切り詰めます。 一気に決める、一段階の剪定 2度も剪定するのが面倒な場合、花後すぐに花の咲いていた枝を、花が咲かなかった枝との分岐点で切り落とします。 単純に言うと、「花の咲いた枝は切って、今年花の咲かなかった枝を残す」ということです。 その他 全体を小さく仕立て直したい場合は、すべての枝を株元近くで切り戻すようにします。 一部の枝だけ短く切り戻してもそこから芽が出てこないことがあり、かえって樹形がおかしくなることがあるからです。 大胆に仕立て直しをした場合、翌年は花を付けないこともあります。 注意点 翌年咲く花芽は10月頃に完成しており、準備万端で冬に備えています。 後は翌春に芽を吹いて花を咲かせるだけです。 ですから、9月中旬以降に、枝が邪魔になったからとばっさり切り戻すと、翌年の花ごと枝を切り落とすことになります。 どうしても切りたい場合は、葉の付け根にふっくらとした花芽が確認できるようになってから行います。 日当たり・置き場所 日当たり~半日陰の場所でよく育ちます。 ただし、西日の当たる場所では乾燥して葉が焼け傷んでしまうことがあります。 また、紅色に発色するガクアジサイなどは日照不足になると色が付かずに白っぽい花になってしまいます。 耐寒性は十分ありますが、乾いた寒風に当たると枝や芽が傷んでしまうので気をつけましょう。 もともと水を好みますが、これは土壌だけでなく空気中の湿度も当てはまります。 あまり空気が乾燥する場所ではよく育たないです。 水やりと肥料 水やり 水を好む植物で、乾燥すると生育がてきめんに悪くなります。 地植えで適湿地に植えている場合、真夏に日照りが続く場合を除き、ほぼ自然の雨だけで生長します。 日当たりがよく乾きやすい場所では、株のまわりに敷きワラなどマルチングをおこなう方がよいでしょう。 適湿と同じくらい、水はけのよいことも大切です。 じめじめした水はけの悪い場所は適していません。 鉢植えは地植えに比べると乾きやすいので、土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えるようにします。 夏は特に乾燥に気をつけないと株が枯れてしまうことがあります。 肥料 肥料は冬と夏~初秋に行います。 冬の間に与える肥料は、春に新しい葉を広げて花を咲かせるまでをしっかりと支えるためで、穏やかに長く効くタイプの物が適しています。 夏~初秋の肥料は新芽を大きく育てるためです。 秋に花芽ができるまでのやや短期間で生長させなければいけないので、速効性のものが適しています。 具体的には冬は油かすと骨粉を混ぜた物を株元に与えます。 夏~初秋は速効性の化成肥料を与えるか、10日に1回程度液体肥料を施します。 適した土 水はけのよい土を好みます。 赤玉土6:鹿沼土3:ピートモス1の割合で混ぜた土を用います。 本来は弱酸性の土質を好み、本来の花色は青や青紫色ですが、アルカリ性の土質ではピンク色や紅色になります。 植え替え・植え付け 庭植えでは植え替えの必要はありません。 鉢植えの場合は、根がきちきちに張って根づまりを引き起こすので1年に1回、花が終わった7月下旬頃におこないます。 苗の植え付けは厳しい寒さが過ぎる3月中旬以降か、梅雨に入る6月頃が適しています。 落葉樹は冬に植えることが多いですが、アジサイは枝が軟らかくて寒さで傷みやすいため、厳寒期は避けた方が安全です。 ふやし方 挿し木でふやすことができます。 適期は6月上旬頃で、花の付いていない枝の先端を15cmくらいに切り取り、砂を入れた鉢などに挿します。 1ヶ月くらいで根がでてきますがそれまでは直射日光はできるだけ避け、半日陰の場所に置くようにしましょう。 まだ花をの付いていない枝を2~3節ごとに切ります 2. 土にさす部分の葉をとりのぞき土に挿します かかりやすい病害虫 害虫:ダニ類 アブラムシ 病気:腐敗病 関連する植物•

次の

アジサイの育て方|ヤサシイエンゲイ

アジサイ 剪定

アジサイ、どんどん大きくなります! アジサイは庭植えにしているとどんどん大きくなります。 大きく育ったアジサイは見ごたえがあります。 しかし、栽培スペースが限られている場合には、 アジサイが大きくなりすぎることが悩みのタネになります。 剪定でコンパクトに保つ アジサイは、剪定を行って樹形を保ち、花付きをよくします。 花後の剪定は、翌年にきれいな花を楽しむためには欠かせない作業です。 装飾花が裏返ったら、花から2節目を切り取ります。 切り取ったところから新梢が生え、花芽が付きます。 冬が近づき葉が落ちたら、 花芽が付いていない細い枝や古い枝を根元から切り取ります。 毎年剪定を行っていると、ある程度は株を小さく保つことができます。 強剪定をする 毎年花後の剪定を行っていても、アジサイは大きくなってしまいます。 栽培スペースが限られている場合は、 時には強めの剪定が必要になります。 強めの剪定を行うときは、全ての枝を根元で切り落とします。 強剪定を行った翌年は花が咲きませんが、かなり小さくなります。 剪定して枯れるなど不安なときは、挿し木で苗を確保しておきます 3. 植え替え時期に根鉢を崩す 鉢植えで育てているときは、2年に一度は鉢を植え替える必要があります。 この時に、通常はひと回り大きな鉢に植え替えます。 しかし、株を小さく保ちたいときは、根鉢を崩して小さくします。 根詰まりを防ぐことができ、株も小さく保つことができます。 同じ鉢を使うことができますが、土は新しいものに取り換えます。 株立ちの本数を制限する 株自体が大きくなっていても、株立ちする枝を制限することで、 株がすっきりとしてコンパクトになります。 横に張り出している枝を根元で切り取り、 株の中心部の枝を残すようにします。 ヤマアジサイは、小型のものが多いです 5. 小型のアジサイを選ぶ 栽培スペースに限りがある時は、 あらかじめ小さい種類のアジサイを選ぶのも一つの方法です。 ヤマアジサイには小型の種類が多く、花の形も多彩なので、 スペースに合わせた好みの種類を見つけて育てることができます。 親株は別の場所に移動したり、好きなかたに差し上げましょう。

次の