ギルガルド 育成論 特殊。 ギルガルドの育成論・調整・対策【ポケモンUSUM】

【ポケモン剣盾】ギルガルドの育成論と弱点・対策まとめ【弱点保険特殊アタッカー型】

ギルガルド 育成論 特殊

基本データ No. 681 分類 おうけん 英語名 Aegislash タイプ はがねゴースト H60 A50 B140 C50 D140 S60 シールドフォルム 、H60 A140 B50 C140 D50 S60 ブレードフォルム 高さ 1. 7m 重さ 53. また、メインウエポンの等倍範囲が広く、半減受けしにくい。 そのうえ、特性で擬似的に高火力と高耐久を両立している。 サイクル戦に強い要素をことごとく兼ね備えている。 補完性能 はタイプが優秀。 しかもタイプ補完のみに収まらず、相手次第で後出しから等倍同士の撃ち合いにも勝てるほどの遂行力、受け相手を後続の圏内に入れたい場合に充分な火力なども兼ね備えている。 後続の抜きエースの負担を単騎で補いやすいため汎用性が高く、様々なパーに組み込める。 構成意図 性格 れいせいで確定。 特性の仕様上、後攻を取るのが望ましい。 ガルドミラーを考えるならSは0。 の存在を考えるとSは24or25 S20振りアロガラ抜き くらいまで伸ばしてもよい。 総合耐久意識かつメインウエポンの火力重視のHC252、ダウンロード対策のD4。 HもCも仮想敵への乱数がギリギリなので下げる選択肢は基本無い。 持ち物考察 ダメージレースの制圧 に一致打点を持たないは、サブウエポンに何らかの打点を仕込むことが多い。 反面、ガルドの霊技は等倍範囲こそ広いものの、弱点をつける相手は少ない。 対弱点の打ち合いではダメージレースで不利を取る場合が多い。 対弱点の際にこちらの火力も2倍となる弱点保険を持たせることで、数値の高さを活かし、ダメージレースで優位に立ち続けることが出来る。 対面性能の向上 裏の抜きエースの負担を考えると、不利対面でもガルドを引かせることは望ましくない。 特にガルドが本来苦手な・ガルーラ・等、崩しの手段が豊富で後続ごと崩し得る相手に対して居座る択を取りやすくしたい。 そこで、弱点保険を持たせる。 めざ氷のようなピンポ技を採用して範囲を狭めたり、拘ることで柔軟な動きを制限されたりすることがないため、汎用性を落とさないままこれらに対する対面性能を確保出来る。 役割が対面のみに絞られず、技構成自体も汎用性が高いため、弱点保険が発動出来ない場合の立ち回りも幅広い。 採用技 確定技 安定したダメージソースとなる。 威嚇・鬼火の妨害を受けない、単純に技の威力が高い、技だと役割対象のゴツメクレセに月の光を連打されると勝てなくなるため。 H28D4テテフ:100. 無振りコケコ:73. H252D4盾ガルド:69. D4:51. H4:49. H164D4ダ:47. H252メガ:47. 5% かげうち 鈍足を補う先制技。 襷対策と、シャドボでは危うい乱数の相手との対面に勝つために確定。 保険発動後の火力もなかなかエグい。 H252刃:65. 無振り:59. H252:46. H252盾:28. 無振りカプ・コケコ:25. 無振り:24. H4:14. 交代すればダメージレースで1ターン分の不利を負い、後続にも負担がかかるので弱点保険の採用理由を満たせない。 選択技 メガガル対面に強くなれる。 霊耐性のあるノーマル・悪に刺さるため相性補完が良い。 無振り:91. H4:79. 無振り:74. 無振り:63. 最近のフェアリーのほとんどは鋼等倍なこともあり、具体的な仮想敵が環境上位陣にはブルルくらいしかいないため優先度は低い。 H252:98. 無振り:55. H84:43. 特化のサイキネZ:51. 特化の:43. シールド は高い耐久力と特性バトルスイッチを持つ。 一致技であるは屈指の一貫性を誇るため適正がある。 耐久力と優秀な耐性、さらに持ち物食べ残しで回復ソースを補填することによって、安定した受け出す。 耐久崩し 耐久を毒で崩す。 毒が無効かつ耐久が搭載しがちな氷技やパー技に耐性を持つ為、耐久との戦闘で崩されにくいです。 ただし身代わりなどには注意。 特定へのメタ や免疫を聖剣で倒す。 技主体のに対しキングシールドを展開して妨害。 フィールドと組み合わせる。 メインウェポン• 1-84. 5-155. 2-120. 1-111. 4 免疫、、、に有利。 との相性補完。 7-79. 0-42. 3-86. 5-77. 1-45. 5 どくどく 耐久へ入れる。 流し際に撃って相手を疲弊させる キングシールド 体力回復。 毒ダメージ蓄積。 技の抑制。 相手の攻撃力低下。 盾フォルムへの復帰。 被ダメージ計算 物理• A252 197 じしん 48. 4-58. A特化 237 70. 3-84. A252 188 92. 1-109. A特化 194 じしん 60. 6-72. A特化 156 シャドークロー 40. 0-48. A無振 130 じしん 32. 7-38. C特化 200 PF下 21. 8-26. C252 179 43. 6-52. C252 147 カプ・コケコEF下 32. 7-38. C252 155 激流Z 76. 3-89. C252 172 41. 2-49. C特化 222 ブレード 59. 3-70. また、炎・ゴーストと弱点が特殊ATに搭載されがち。 通常のと比べると特殊耐久は 1. 65倍。 高火力一致抜群以外の特殊相手であれば、読み合いのリスクを緩和できる。 やむを得ず突っ張らないといけない場合も安定行動を取りやすくなる。 また、霊技で などに交換されても、居座る選択肢が増加。 対面性能の向上 ブレードフォルムでも耐える耐久を得た事、そしてシールドでの超耐久により、居座れる範囲が広まる。 相手のプレミを誘いやすい チョッキ持ちの シールド は使用率が低く、常にランキング圏外。 ダメージ量以外やおみとおし以外では中々バレないため、相手のプレミを誘いやすい。 フルアタの技範囲と耐久を両立できる 本来キンシで埋まる技範囲を4つまで広げた事で対応範囲が広まる。 技範囲は弱保や拘りなど、キンシを採用せずとも可能だが、こちらはブレードでも耐える耐久と技範囲を両立可能。 その他の利点・特徴• 等倍であれば強引な数値受けも可能• 高耐久・中火力・先制技によりブレード状態の物理耐久に目を瞑ればフルアタでもある程度機能する デメリット 1. 火力不足 火力補強がない、毒毒や剣の舞を使えない事でサイクル崩し性能が低下。 だが、フルアタにより技範囲が拡大でき、耐性受けがしにくくなる。 ブレードフォルムから戻れない 2ターン以上居座りが求められる場合耐久が低下。 ブレードでも並以上の耐久、相手のプレミを誘いやすい点で多少は補えるものの、ラス1対面の弱さや物理には弱い。 起用の目安• PT全体が特殊耐久不足で シールド の役割対象に繰り出せる枠が少ない• 重いにPT単位で厚くしたい• 4つ技範囲を広げないと見れない並びがある 他の鋼との差別化• 先制技影撃ち• 霊技の一貫性• H60 BD150の高耐久による安定性• 気合い玉で役割破壊されない• 4倍弱点を持たない 他のの型との比較 食べ残し 長期的な居座りをする際はこちらが延命性能が高くなる場合もあるが、瞬発的耐久に欠ける。 オボンのみ 1. 2倍の特殊耐久の差、発動しないで倒される可能性。 半分回復実 オボン以上に発動しにくい。 襷 対面性能はチョッキと互角以上だが、1. 5倍の特殊耐久の差があり繰り出し性能は月とすっぽん。 調整意図 性格は冷静で確定。 特性の関係で下を取った方が良い場面が多い。 火力が低いため、耐久を発揮できた方が好ましい場面が多い。 シールド とのミラーにも強くなる。 技構成 確定技 一貫性が高く安定した火力を出せる一致技、外す理由はない。 H252 : 97. H4カプ・コケコ: 66. 4~78. H4: 90. H4 霊獣 : 60. 終盤の抜きにも役立つ。 これで役割対象の安定性やタイマン性能が大幅に変化。 選択肢 H148までのを確定にでき、 や、Bに振らないハピラキにはこちらが有効。 ただし技範囲がシャドボと被る。 一致の割に使用機会が少ない。 H4: 112. H4: 124. HB特ピクシー: 56. H252:49. H252: 56. H4: 72. D4: 96. H4: 98. H252 霊獣 :93. H252 :108. H4 霊獣 : 69. 特化の舞:86. 特化 シールド のかげうち:35. 252の:52. 特化のからやぶ氷柱:38. C252悪波Z: 61. C252球熱湯: 19. 特化眼鏡サイキネ:24. 特化眼鏡シャドボ:39. 特化10万ボルト:23. 10万ボルトZ:45. C252シャドボ: 43. C252悪巧み大文字: 63. C0サンダー10万16. 特化大文字Z: 91. 特化2舞炎の舞: 80. C252カプ・コケコ10万ボルト…52. C252Z:80. 特化眼鏡サイキネ: 52. 特化眼鏡シャドボ83. 特化10万:50. C252シャドボ: 93. C252大文字:68. 特化炎の舞:87. C0サンダー熱風47. C0サンダー10万34. お読みいただきありがとうございました。 KOKUBANLEMON.

次の

ギルガルドの育成論・調整・対策【ポケモンUSUM】

ギルガルド 育成論 特殊

こんにちは、ポケモット()です。 ギャラドスは特殊攻撃の種族値が非常に低いですが、特殊技の覚える範囲は非常に広く、多くの相手のポケモンに対して効果抜群で打つことができます。 かみなり• れいとうビーム• だいもんじ• ハイドロポンプ• ぼうふう• はかいこうせん などなど非常に広い技範囲を持っています。 そんな特殊技の技範囲の広さを活かした、特殊アタッカーとしてのギャラドスの育成論です。 先に具体的な「調整」だけ知りたい人は、目次のリンクから飛んでみてください。 記事後半では、ギャラドスを逆に相手に使われた時の対策と弱点についても解説しています。 高い攻撃種族値に、ギリギリ高速アタッカーとして使える素早さ種族値。 そして「じしんかじょう」「いかく」 のどちらも優秀な特性で古くからギャラドスはずっと使われています。 今回のギャラドスは特殊アタッカーのため、「いかく」で採用しています。 素の特攻種族値は低いですが、広い技範囲と、高火力技で相手の効果抜群を突き、倒していきます。 ラムの実、こだわりメガネなども持ち物候補。 また個体値については補足説明が書いてない限り、個体値最高として扱います。 C=元々の特攻種族値が60と非常に低いため、性格補正も努力値も特攻に最大限振ります。 S=可能な限り先制を取りたいためS努力値最大振り 正直なところ、最速トゲキッスを意識するとギャラドスも最速にすることで相手のトゲキッスより早く動く様にしたいところでした。 しかし、ギャラドスの特攻種族値が低いため、少しでも火力を上げるために準速で採用しました。 「ぼうふう」を覚えさせているので、ダイマックスさせることで自力でSを上げることも可能なため、最低限の素早さは確保しています。 また、命中不安定技ばかりですが、特攻種族値が低いため、多少命中不安が付き纏っても火力重視の技構成です。 雨下では「ぼうふう」は必中になり相性がよく、ハイドロポンプの威力も上がるためシナジーがあります。 ギャラドスの特殊攻撃範囲の広さの良さ びっくりするくらい幅広い技範囲です。 かみなり• れいとうビーム• だいもんじ• ハイドロポンプ• ぼうふう• はかいこうせん 相手のポケモンに対して高確率で弱点の攻撃をすることが可能です。 命中不安の技が多いのが気になる点ですが、ダイマックスすることでそのデメリットがカバーすることが可能です。 今回のギャラドスの立ち回り・役割 今回のギャラドスは相手の認識の裏をかく、特殊アタッカーのギャラドスです。 そのため、初手に出してネタバラしをすることは避けた方が良いでしょう。 HBカバルドンを初手に読むなら、相手に合わせて初手に出しても良いかもしれませんが、 基本的に裏から出した方が良いかと思います。 6%~147. 2%~140. 1%~66. 9%~121. 2%~142. 8%~51. 3%~56. 1%)乱数2発 相手にギャラドスを使われた時の対策としては、以下のことで対処可能です。 ギャラドスより早いポケモンで「でんき技」を打つ。 ギャラドスの攻撃を耐えて、「あくび」で流す。 今回の特殊ギャラドスは変態型なので、通常の型のギャラドスを相手に使用された時の対策についてお話しします。 また、ギャラドスは物理型であったとしても技範囲が広く、持ち物によっては対策が無になることもあるため、事前に完璧に対策することは非常に難しいポケモンです。 眠らせて対策しようと思ったら「ラムの実」を持っていたり、耐久調整をしていたのに「いのちのたま」を持っていたりと持ち物によって変わってきます。 ギャラドスは「最速の場合」Sが1段階上昇したら、最速142族よりも早くなります。 そのため死に出しからギャラドスよりも先に行動することは非常に難しいです。 なので、ギャラドスの攻撃に耐えて、「あくび」で相手を眠らせてしまうのがオススメです。 また、こだわりスカーフを持たせたウォッシュロトムであれば、10万ボルトでSが1段階上昇したギャラドスよりも早く動くことが可能です。 ダイマックスしたギャラドスがダメージを負っていない無傷の場合は倒し切ることができませんが、その場合はウォッシュロトムもダイマックスすることでダイマックスギャラドスを確定1発で倒すことが可能です。 今回のギャラドスと同じパーティに入れると相性の良いポケモン カバルドン(ステルスロック) 今回のギャラドスは特殊アタッカーのため、自身の低い特攻種族値が気になるところです。 そのため、少しでも火力の底上げをできる様に事前に「ステルスロック」を撒いてあげると良いでしょう。 ツボツボ(ネバネバネット) ギャラドスは素早さが高いとは決して言えないポケモンのため、相手の素早さを下げることでギャラドスが先に攻撃することができる可能性が上がります。 特にツボツボは「ネバネバネット」だけでなく「ステルスロック」も撒くことができるので、両方共撒くことができれば、非常に強力な布陣になります。

次の

【ポケモン ソード&シールド】ギルガルドの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ギルガルド 育成論 特殊

両刀とは 物理と特殊技を両方使うポケモンのことをポケモン対戦の界隈において、『両刀』、『両刀型』、『両刀ポケモン』などと呼ぶ。 両刀であるメリット 両刀ポケモンに育成する最大のメリットは 防御の高いポケモンに対しては特殊技を、特防の高いポケモンに対して物理技を当てることでより大きなダメージを与えれる点が最大のメリットと言える。 ゲッコウガを例にすると、ヤドランなどの物理耐久が高いポケモンに対しては特殊技の悪の波動を、ラッキーなどの特殊耐久が高いポケモンに対してはけたぐりをあてることで本来技の通りづらいポケモンに対してもある程度削りを入れたり、一般的な型では突破不可能なポケモンを突破することも可能になる。 また、両刀ポケモンの2つ目のメリットは 相手から行動を読まれづらく、意表をついた戦術組み立てれる点にある。 物理技が来ると予測し、物理受けのポケモンを投げたら特殊技で返り討ちにされてしまった。 っと言ったように物理受けと特殊受けで補完の取れた並びもたった一匹で崩してしまうことが可能となるのだ。 両刀であるデメリット 両刀ポケモンは優れた崩し性能を持っているが万能ではない。 ポケモン育成において、割り振れる努力値は『510』で各能力に『252』までしか割り振っても能力が上がらないため、両刀にする場合攻撃と、特殊攻撃に努力値を割かなければならない。 つまり素早さ、HP、防御、特防に努力値を割り振れる量が必然的に少なくなるため、一般的な物理or特殊一本の型より、 素早さか耐久どちらかの能力が低くなってしまうのだ。 素早さを落としたくないポケモンの場合は必然的に物理と特殊2点に努力値を分散して振らなければいけないため、一般的な物理or特殊一本の型より 火力が落ちる点はデメリットと言える。 【重要】ポケモン1匹に割り振れる努力値は510まで 性格による下降補正をかけるべき能力 ポケモン育成において、性格補正をのせる場合必ず下降補正もかかってしまう。 両刀ポケモンは物理も上げ、特殊も上げる型のため、他のどの能力を切り捨てて下降補正をかけるべきか選択しなくてはならない。 基本的に両刀ポケモンに下降補正をかける場合は 『特防』か『素早さ』に下降補正をかけるのが一般的とされている。 初心者の方は恐らく何故防御ではなく特防なのか、また素早さに下降補正をかけるべきポケモンの条件を理解できないと思うので順に解説していこう。 素早さや特防に下降補正をかける理由 両刀ポケモンは基本的に持ち前の攻撃と特攻種族値の高さを活かしたポケモンが多いため、アタッカーとして運用することが一般的である。 そのため特防ではなく素早さに下降補正をかけるべきだと言える。 仮に特防に下降補正をかけた場合本来受けきれた技が受けられなくなるため鈍足アタッカーのポケモンは特に理由が無い限り 素早さに下降補正をかけるのが一般的である。 そのため耐久に下降補正をかけよう。 ここで『防御』と『特防』どちらかの能力を下げなければならない2択になるが防御ではなく 『特防』に下降補正をかけることを推奨する。 理由として、 いくら素早さが早い高速アタッカーと言えど先制技をくらう場面は多々存在する。 現環境の先制技は物理が多いため、高速アタッカーに防御の下降補正をかけてしまうと先制攻撃で致命傷になりかねない。 現環境の主な先制技は下記の通りである。 物理先制技 影打ち、神速、バレットパンチ、猫騙し、不意打ち、アクアジェット、電光石火、マッハパンチ、氷の礫、出会い頭、アクセルロック、等 特殊先制技 真空波、水手裏剣 上記のように圧倒的に先制技には物理が多いため、両刀高速アタッカーを育成する場合は、防御ではなく 『特防』に下降補正をかけることを推奨する。 主な両刀鈍足アタッカー ギルガルド 攻撃、特殊が高く聖なる剣、アイアンヘッドのなどの物理技やシャドーボール、ラスターカノンのような特殊技も覚えるため、両刀鈍足アタッカーの代表格と言える。 耐久が高く素早さが遅いため、両刀を育成する場合は素早さに下降補正をかけた 『冷静』が採用されやすい。 テッカグヤ 攻撃、特殊、防御、特防が平均的に高いポケモン。 地震、ヘビーボンバーなどの物理技や大文字、めざめるパワーのような特殊技も覚えるため両刀を採用する場合は素早さに下降補正をかけた 『冷静』や 『勇敢』が採用されやすい。 メガフシギバナ 攻撃、特殊、が平均的で防御、特防が非常に高いポケモン。 地震、パワーウィップなどの物理技やギガドレイン、ヘドロ爆弾のような特殊技も覚えるため両刀を採用する場合は素早さに下降補正をかけた 『冷静』や 『勇敢』を推奨する。 メガユキノオー 防御、特防、が平均的で攻撃、特殊が非常に高いポケモン。 地震、ウッドハンマーなどの物理技やふぶき、ギガドレインのような特殊技も覚えるため両刀を採用する場合は素早さに下降補正をかけた 『冷静』や 『勇敢』が採用されやすい。 主な両刀高速アタッカー ゲッコウガ 素早さ、特攻が高く、攻撃も平均程度ある。 加えて特性『変幻自在』であらゆるタイプの技がタイプ一致補正1. 5倍の威力で打てるため数値以上の火力が出せる。 また、岩石封じ、けたぐりなどの物理技やハイドロポンプ、草結びのような特殊技も覚えるため、両刀で採用する場合は特防に下降補正をかけた 『無邪気』が採用されやすい。 ゴウカザル 攻撃、特攻、素早さが平均的に高い。 ダストシュート、インファイトなどの物理技や大文字、草結びのような特殊技も覚えるため、両刀で採用する場合は特防に下降補正をかけた 『無邪気』が採用されやすい。 同じ御三家で炎・格闘のバシャーモと比較されやすいがダストシュートや命中安定で高火力の格闘技インファイトはゴウカザルの持ち味と言える。 バシャーモ 攻撃、特攻が高く素早さは並み程度と言えど特性『加速』によって実際の素早さは数値以上の速さを発揮させることが可能。 フレアドライブ、飛び膝蹴りなどの物理技や大文字、めざめるパワーのような特殊技も覚えるため、両刀で採用する場合は特防に下降補正をかけた 『無邪気』が採用されやすい。 メガルカリオ 攻撃、特攻、素早さが非常に高く、特性『適応力』によってタイプ一致補正が2倍になるため両刀型と言えばこのポケモン。 バレットパンチ、インファイトなどの物理技やラスターカノン、真空波のような特殊技も覚えるため、両刀で採用する場合は特防に下降補正をかけた 『無邪気』が採用されやすい。 メガボーマンダ 攻撃、防御、特攻、特防、素早さどの能力も隙がなく非常に高い。 地震、捨て身タックルなどの物理技や大文字、ハイパーボイスのような特殊技も覚えるため、両刀で採用する場合は特防に下降補正をかけた 『無邪気』が採用されやすい。 採用率は低いがハイドロポンプも習得可能。 以上となります。 まとめ ・両刀ポケモンは崩し性能に長けているが火力が低くなりがち。 ・両刀ポケモンを育成する際素早さか特防を下げる必要がある。 ・高速か鈍足かで素早さまたは特防の下降補正を決める。

次の