プリン 作り方 簡単。 子供と作れる簡単プリンの作り方

世界で1番簡単なプリンの作り方

プリン 作り方 簡単

子供も大人も大好きなプリン。 実はイギリス発祥のスイーツなんです。 日本では、牛乳、砂糖、卵を混ぜ合わせて、カラメルソースの上に入れて蒸した、カスタードプリンが一般的ですよね。 自分で作るのは難しそうと思っている方も多いと思いますが、実は作り方のポイントさえ押さえれば、驚くほど簡単にお店のようなプリンが作れちゃいます。 この記事では、プリンの基礎知識に加え、基本のプリン、なめらかプリン、牛乳プリン、豆乳プリン、かぼちゃプリン、チョコレートプリン、プリンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 プリンの歴史について プリンの語源にあたる「プディング」は、イギリスの船乗り達が、航海中に食料を無駄にしないよう考案した、肉や野菜の切れ端を卵液で蒸して固めた茶碗蒸しのような料理がルーツ。 徐々に地上でも作られるようになったプディングは、パンやフルーツ、ナッツなど様々な具材が入れられるように。 その後、具材を入れない卵液だけのものが作られ、18世紀にはフランスで現在のカスタードプリンが誕生したのです。 日本には、江戸時代後期から明治時代初期に伝わり、1872年には初めて文献でも紹介。 その後、レストランなどで提供されるようになり、1964年頃には一般家庭にも普及しました。 現在、日本のプリン人気は不動のものとなり、今では味やかたさなど思考を凝らした様々な種類のプリンが作られています。 プリンのコツについて 実はポイントを押さえれば簡単に作れるプリン。 ここでは、大まかな作り方と成功のコツをご紹介します。 まずはカラメルソース。 水と砂糖を小鍋で好みの苦さまでしっかり煮詰めたら、数秒鍋底を水につけて温度を下げてから熱湯を加えます。 再び弱火にかけ、焦らずゆっくり混ぜてください。 適度な濃度になったら型に流し、卵液と混ざるのを防ぐためによく冷やしておきます。 続いて、卵と砂糖をしっかり混ぜたらレンジで温めた牛乳を少しずつ加えて混ぜ、茶こしでこしてから先程の型に流し入れます。 蒸し器は、布巾を敷いてその上に型を並べ、蓋にスプーンをかませることで、温度の上がり過ぎや、蒸気が強く当たることを防ぎます。 余熱でも火が通るので蒸しすぎないように注意しましょう。 あとは、冷やして竹串で周りを1周してから皿に当て、強く振り下ろすとキレイに抜けますよ。 材料は牛乳、卵、砂糖だけ。 蒸し器も使わずに簡単に作れるプリンです。 材料をボウルに入れたらよく混ぜてこします。 砂糖を完全に溶かすためにも2~3度こすのがポイント。 丁寧に耐熱容器に流し込みます。 容器いっぱいの量を入れると、加熱時に膨張して溢れるので、分量にも注意しましょう。 あとは容器が半分くらい浸かる程度のお湯を鍋で沸かし、そっと入れたら弱火で10分。 冷やしたら完成です。

次の

世界で1番簡単なプリンの作り方

プリン 作り方 簡単

こんにちは!あお()です。 今回は プリンのレシピをご紹介します。 作り方は 超簡単!しかも 材料たったの4つ!生クリーム不使用なのに、とろとろでなめらか食感の美味しいプリンです。 慣れてくれば 調理時間10分もかからず作れちゃいますよ~。 通常プリンを手作りする時は、カップの底にカラメルソースを流した後プリン液を流しますが、熱いうちにやらないとカラメルが固まってしまった!なんて事も・・・。 お好みでソースの量も調整出来るから、カラメルソースたっぷりのプリンも出来ちゃいます。 プリン液をオーブンでじっくり蒸し上げるから、失敗なしでとろとろに仕上がります。 牛乳ビンがあれば、さらに美味しそうなフォトジェニックなプリンになりますよ。 POINT 焼き時間は目安です。 流し込む容器の容量などで変わってきますので、調整して下さいね。 すぐに氷水をはったバットで冷やし、粗熱が取れたら、しっかり冷蔵庫で冷やします。 この時砂糖がグツグツしてきても、一切 木べら等を使用せず加熱して下さい。 端がやや焦げてきたら、混ぜるようにフライパンを揺り動かしながら、加熱し続けます。 写真の様になるまで(かなり煙が少し立ち始めた位)砂糖を焦がします。 お湯大さじ2を加えます。 底に飴の様に固まってしまうので、再び弱火にかけ溶かしていきます。 この時少しだけ煮詰めて下さい。 溶けたら出来上がりです。 熱いうちはシャバシャバしていますが、冷やすとトロミが付きます。

次の

子供と作れる簡単プリンの作り方

プリン 作り方 簡単

蒸しプリンの卵液の作り方 白ごはん. comのプリンはシンプルながらも、コクを出して口当たりをよくするため、卵臭さを感じさせないために 『卵黄4個+全卵1個』という卵の使い方になっています。 別ページに卵液のレシピ詳細をのせていますので を参考に準備してください。 また、プリンを蒸す鍋は 底が平らで蓋ができるものを準備し、後から注ぎ入れるお湯もたっぷり別鍋に沸かしておきましょう(鍋の中で蒸らして火を通すので、蓋付きのものが必須となります)。 器に入れる前に泡のかたまりをお玉で除き、器に卵液をそっと注ぎ入れるのですが、 容器いっぱいに注がず、すべての卵液の高さを同じくらいにしておくとよいです。 鍋で作る蒸しプリンの蒸し方 下の写真では鍋底に布巾を敷いています。 プリンの器を鍋にセットし、お湯が入らないように注意しながら、鍋肌からお湯を注ぎ入れます。 そのまま鍋に蓋をして火にかけるのですが、蒸らすときに蓋から水滴が落ちるので、 『写真のように蓋に布巾やてぬぐいをまきつけておく』とよいです。 時間がきたら、容器を動かしてみて、プリンの表面が固まっていれば蒸し上がりです。 あとは鍋から取り出して粗熱を取り、冷めたら冷蔵庫に入れて冷やします。

次の