欅って書けない ひらがな 出演回。 『欅って、書けない?』がつまらない理由はMCやメンバーに問題!?“1けやかけ”の意味は【欅坂46】

欅って、書けない?

欅って書けない ひらがな 出演回

欅って、書けない? 2015年10月5日からテレビ東京で放送されている欅坂46初の冠番組です。 番組の愛称は 「けやかけ」です。 MCは土田晃之さん、ハライチの澤部佑さんです。 タイトル・放送内容(名場面・おすすめ) 「欅って、書けない?」の第001~100回の放送回・放送日・タイトル・放送内容(名場面・おすすめ)をまとめました。 以下を知りたい人に役立ちます。 ・あの名場面はどの放送回か? ・あのメンバーの活躍はどの放送回か? ・あの名言が生まれたのはどの放送回か? ・あのネタが生まれたのはどの放送回か? ・あのあだ名がついたのはどの放送回か? ・過去の放送回のタイトルの一覧はないか? (注)スマホ画面で「放送内容(名場面・おすすめ)」が読みづらい方は、画面を横向きにして表示すると、見た目が変わって読みやすくなります。 のちに「 アオコ」として、たびたび登場。 ブハブハで後々までいじられることになる。 ・最近怒られたことを菅井友香さん説明「 御注意を受けたんですけど」。 スタッフも「ヤバイ!ヤバイ!ヤバイ!」。 澤部さんから尾関梨香さんの走り方を「 尾関スタイル」と命名される。 結成から3か月で新メンバー加入! 長濱ねる初登場! このままだと最終オーディションを受けないまま入ることになるので、 新グループ「けやき坂46(ひらがなけやき)」を結成し、そこで活動開始。 長濱ねるさん1人しかいないのでメンバーを追加募集することを発表。 土田さんから「来週から「 ケヤキ坂46(カタカナケヤキ)」大丈夫ですか?」。 土田さんから ケヤキ坂46(カタカナケヤキ)の新メンバーとして紹介される。 澤部さん「どうですか、このメンバー見て、リアクション楽しみだなという・・・」 土田さん「リアクションが濃いめの子もいれば、あの子たちはリアクションするのか。 僕から見て右側の子たちですよね。 」 澤部さん「不安要素のね。 」 土田さん「 「ザ・クール」の2人ですよね。 」(テロップ:コンビ名決定) ・初めてのリアクションチェック「絶叫マシーン」で富士急ハイランドの「FUJIYAMA」に挑戦。 尾関梨香さんがアイドルらしからぬ顔を見せ、さらに 大量のよだれをたらす。 織田奈那さんは乗る前から精神崩壊気味。 ジェットコースターが上昇しだすと、「さいあく もうや~だ~ あ~ やだ あ~」となぜかオネエ口調になる。 織田奈那さん・守屋茜さんペアで進んでいくうちに、織田奈那さんがジェットコースター同様にオネエ口調になる。 理由は「 20歳なのにキティちゃんがプリントされているパンツを穿いていた」。 菅井友香さん「昔から穿いているヤツって安心感あるじゃないですか」。 中学生くらいからずっと愛用しているとのこと。 そして、GO!皆川さんのうんちょこちょこちょこぴーを初披露。 よく喋るしギャグセンが高い。 」とタレコミされる。 メンバーからセット裏のスタッフまで拍手喝采(テロップ:待ちわびた覚醒)。 平手友梨奈さんがセンターに選ばれる。 選抜メンバーは欅坂46(かんじけやきざか)の20名。 長濱ねるはけやき坂46(ひらがなけやき)で活動するとのこと。 センター平手友梨奈の意気込みとして「不安しかないんですけど 一生懸命 頑張ります」とのこと。 「 チョコマン」というあだ名をつけられていたことが判明。 ちょっとアレンジが加わっていることを指摘され、渡辺梨加さん「ジャンピング」。 1ポイントを獲得した。 「 新潟の白川さん?」紹介。 菅井友香さん「「け」がすぐでてこないんです」 「チーズフォンデュ」も言えないことが分かり、 菅井友香さんの滑舌問題が公になる。 渡辺梨加さん「ダメだよ これは・・・」というも、全員で大丈夫と後押し。 やってみるも不発。 次に悪魔な感じで「渡辺梨加だ」をやることになる。 志田愛佳さん「おはよう」 渡辺梨加さん「 おはよう」 志田愛佳さん「渡辺梨加だ」 渡辺梨加さん「 渡辺梨加だ」 志田愛佳さん「今日も1日」 渡辺梨加さん「 今日も1日」 志田愛佳さん「頑張ろう」 渡辺梨加さん「 頑張ろう」 さらに、「 ん~カメラ怖い~」もやる。 平手友梨奈さんがセンターに選ばれる。 セカンドシングルを歌う欅坂46(かんじけやき)のメンバーは21名。 欅坂46の20名とけやき坂46の長濱ねるさんの計21名とのこと。 長濱ねるさんは欅坂46とけやき坂46の兼任となることが発表される。 スタジオに戦慄が走る。 挑戦する料理は虎ノ門にある本格四川料理「味覚」の頂天石焼麻婆豆腐。 注文客が逃げ出す程の刺激。 近づいて匂いを嗅ぐ澤部さんがせきこむぐらい。 スタート直後、守屋茜さんが特攻作戦で一気食いして、1位になり、早々に決勝進出を決める。 その後、守屋茜さんは深刻なダメージを受け、おかしくなり、「からい・・・」と泣き出す。 渡辺梨加さんが水に触れずにキャーキャーするも、 ウナギをつかんだ瞬間、2メートル先のおけに投げ飛ばしていれるミラクルをおこす。 ・おバカちゃんチームと対決を行う条件として、渡邉理佐さんにタラちゃんのモノマネを要求。 渡邉理佐さん「 タラちゃんです~」。 ツンデレなお姉さん気質を発揮する。 ・織田奈那さんが鏡をよく見る話で、どうしてもかわいくならないとのこと。 ) ・鈴本美愉さん「 完璧ちゃんでーす」「 完璧ちゃんでーす」と連呼したあと、「 バカは帰りまーす」と言って帰る。 ・菅井友香さんの質問「バラエティのお約束「ちょっと待った〜」の正しいやり方を教えてください。 」 せっかくなので菅井友香さん実践。 澤部さん「最後の問題なんですけど、最後の問題得点1兆点です。 平手友梨奈さんがセンターに選ばれる。 オープニングが今泉佑唯さんの「 さて~」で始まる。 キャプテン守屋茜さんのチーム名は「 チームガチ」。 ・菅井友香さんだけジャージの ワッペンが「菅井様」。 キャプテン菅井友香さんのチーム名は「わりと平和主義」。 ・50m走の長濱ねるさんVS今泉佑唯さんで今泉佑唯さんが負ける。 今泉佑唯さん「もうみんなの顔見れない」 土田さん「すぐ後ろ見てごらん」 振り向くと守屋茜さんで、テロップ: 振り向けば鬼軍曹(軍曹初登場?)。 菅井友香さんVS渡邉理佐さんで菅井友香さん勝利。 渡邉理佐さん「葵(原田葵さん)と比べ物にならない」 澤部さん「ウマとやっているみたいなもん?」(テロップ:ウマ並みの腕筋) ・菅井友香さんVS志田愛佳さん。 澤部さん「志田なんか言ってやれよ」 志田愛佳さん「 ゼッテー潰してやっかんな!」 土田さん「何かを潰されるの?」 結果、志田愛佳さんが勝ち、テロップ:ウマ将軍敗退。 ・最終種目までにチームわりと平和主義95P、チームガチ140P。 最終種目は全員リレーで、勝利チームは50Pもらえることになる。 守屋茜さん「 これまでの命はどうするんですか?」と抗議。 結果は守屋茜さん率いるチームが負け、守屋茜さん大号泣。 シュレッダー初登場。 ・織田パパラッチのスクープ写真。 メイク室で渡辺梨加さんが冷気を浴びたくてクーラーに近づくため、イスの上に乗って手をかざす。 土田さん「宇宙から何かのパワーをもらっているかと思った」) ・齋藤パパラッチ企画のスクープ映像。 恋愛運ランキングの最下位は守屋茜さんになる。 守屋茜さんから涙ながらに「破っていいですか」(テロップ「軍曹の悔し涙」)。 テロップ「焦る大人たち」。 究極の負けず嫌いに土田さん「国生さゆりか、おニャン子時代の」。 スーパーボールを地面でワンバンさせ、コップでキャッチさせればクリア。 後の定番チャレンジになる。 ご褒美は松葉屋の噂の生どら。 もう1回挑戦。 天の声「3、2、1、GO」・・・ ビリビリが来ないので、渡辺梨加さん「 ん?」 もう1回ノックするとビリビリが来て、渡辺梨加さん「 あっ」 全部声を出して土田さんから「スゲーな!」と賞賛。 平手友梨奈さんがセンターに選ばれる。 メンバーが彼氏役で、守屋茜さんが彼女役で乙女になっているブログ。 澤部さんが守屋茜さんになりきって心をこめて読む。 」 「抱きしめ……ラレター!!!! 」 でメンバー大爆笑!! ・織田奈那さんの小林由依さんに対する ぽんかんさつの紹介。 ・小林由依さんのブログの冒頭のあいさつを紹介。 土田さんから「姉さんたちだってカメラ向けたら普通にやるからね 志田&理佐、見せてやれよ」と言われ、ザ・クールの見せ場が来る。 志田愛佳さんと渡邉理佐さんがその場で騒いで、最後に「すん」とする。 土田さん「確かに、志田&理佐はここで終わりですがはっきりしている」 志田愛佳さん「 やっぱりその・・・着地点?」 澤部さん「やかましいわ!やかましいわ!そんな大層なもんじゃないわ!」(テロップ:「お調子者。 」) ・佐々木久美さんのアイドル界の常識をぶち破る変顔に対して、アイドルの変顔の代表を菅井友香さんがやることに。 突然の指名に驚くも、 思った以上の出来の変顔をする。 佐々木久美さんの変顔は常識をぶち破りすぎて自主規制が入る。 1決定戦 ・根性あるキャラNo. 1を決めるにあたり、土田さんから「守屋でよくないですか」と提案があり、コーナー終了になりそうになる。 対決内容は「誰が一番長く 足を氷水に入れてられるか?」。 土田さん「本当に20秒も入れてらんないですよ。 」 守屋茜さん「 私、いつも冷たい水浴びてるから」(テロップ「 軍曹の朝練?」)、 土田さん「お前 何してるの普段!?」 軍曹に歯向かう人間として、柿崎芽実さんが立候補。 次に志田愛佳さんが立候補、土田さん「あいつ、根性あると1度も思ったことないけど」とツッコまれる。 スタート前に自信は?と聞かれ、 守屋茜さん「私も負けたくないですけど、 天に昇る気持ちで頑張ります。 最終的にギリギリ守屋茜さんが勝つ。 澤部さんに「つらかった?」と聞かれ、「 人生で一番ツラかったかと言われると別にツラくない。 」と次元が違う回答をする。 ・おバカキャラNo. 1決定戦で早押しクイズ。 ) ・グループ内恋愛事情を把握するため、キャプテン菅井友香さんに内部調査を依頼した企画。 加藤史帆さんがなーこちゃん(長沢菜々香さん)をリスクペクトしているので、長沢菜々香さんと同様に1人でジェットコースターに乗って自分の殻を破りたいとのこと。 なーこのあだ名を呪文のように連呼することになる。 ・初めてのリアクションチェック「お化け屋敷」で富士急ハイランドの「絶凶・戦慄迷宮」に挑戦。 齊藤京子さん・東村芽依さん・佐々木久美さんさんがチャレンジ。 齊藤京子さん「 始まってんの?始まってんの?」を連呼する。 渡辺梨加さんがケーキのプラスチックのフォークを燃えるごみにポンしたという話を受け、MCに渡辺梨加さんが問い詰められるも無言。 土田さんが渡辺梨加さんのアテレコをして、 梨加アテレコ誕生。 「 あたらっぷ」を連呼する。 4種類のベースの中で高そうなベースが選ばれそうになり、澤部さんが渡辺梨加さんに「これは違うよね、リカ」と振るも無言。 土田さんが梨加アテレコを始め、渡辺梨加さんはアテレコに合わせて演技をする(テロップ:「アテレコ」が上達。 長濱ねるさんがニコニコして感情ダダ漏れ。 長濱ねるさんも齋藤冬優花さんを指名し、カップル成立。 「菅井友香と土生瑞穂の1泊2日キャンプ生活」。 「志田愛佳と渡邉理佐の2人の休日」。 ・志田愛佳さんは最初渡辺梨加さんが怖かったという話の流れで澤部さんが渡辺梨加さんに話を振るも徐々に無言になる。 土田さんが梨加アテレコを始め、渡辺梨加さんはアテレコに合わせて演技をするも、やりすぎて照れる。 澤部さん「寄せすぎて照れるんじゃないよ!」。 ・志田愛佳さんと渡邉理佐さんは八景島シーパラダイスにロケに出かけた。 3人のパリピっぷりがすごい。 オンエアの時に渡辺梨加さんの声をのせるための苦肉の策。 そして、ピンマイクを付けたら音を発さなくなる。 前の人より高いテンションで順番に「 モッツァレラチーズ」と言っていくゲーム。 ここで澤部さんが圧倒的な芸の引き出しの多さを見せつける。 ・富田鈴花さんがラップ調でキャッチコピーを言う。

次の

『欅って、書けない?』がつまらない理由はMCやメンバーに問題!?“1けやかけ”の意味は【欅坂46】

欅って書けない ひらがな 出演回

Contents• 秋の大運動会 2017年の頃はテレビ東京系で放送されている「欅って、書けない」で欅坂46とけやき坂46が一緒に番組に出演していました。 今回は、秋の大運動会の中での50m走の様子です。 勝利チームへのご褒美 勝利チームへのご褒美は番組1回分をチームで自由に使える権利 ロケに行けるかもと言うことで遊園地に行きたいと夢が膨らみます。 1回戦ペア対決50m走 ルールはペアで出場して50m走を行い、1位に10P、ビリに-10P与えられます。 第一レース長濱ねる・長沢菜々香vs高瀬愛奈・金村美玖 第一レースの走者は長濱ねるさん・長沢菜々香さんvs高瀬愛奈さん・金村美玖ちゃん 「最近老いが」とねるちゃんが言うと「最近階段がきつい」という長沢さん 一方「15歳です! 」と若さをアピールする金村美玖ちゃん 金村美玖ちゃんが1位、長沢菜々香さんが4位 金村美玖ちゃんに追いつけず途中で心折れたねるちゃん 部活は何部と聞かれ「吹奏楽部」と答える金村美玖ちゃん 結果欅坂46チーム-10P 第2レース石森虹花・小池美波vs柿崎芽実・富田鈴花 第2レースの出走者は石森虹花さん・小池美波さんvs柿崎芽実ちゃん・富田鈴花ちゃん 勝つ自信があると答える芽実ちゃん 部活を聞かれ「美術部」と答える芽実ちゃん 同じく部活を聞かれ「帰宅部」と答えパリピだからと納得されている富田鈴花ちゃん 1位は柿崎芽実ちゃん、4位は小池美波さん なお、石森選手はゴールと同時に負傷の模様 小池さんは靴が脱げてしまい石森さんは負傷したため捨て身のギャグとからかわれる漢字チーム MCに早いねと言われ「私ですか」と答え「違う!」と否定されてる鈴花ちゃん 第3レース織田奈那・鈴本美愉vs河田陽菜・丹生明里 第3レースの出走者は織田奈那さん・鈴本美愉さんvs河田陽菜ちゃん・丹生明里ちゃん メッシュいれたなと弄られる美愉さん 部活を聞かれ「情報処理部」と答えて「先生がエッチな画像とか見てないか調べるんだよね」と弄られる河田陽菜ちゃん 1位河田陽菜ちゃん、4位織田奈那さん 「最近お尻の下が痛い」と言い訳する織田奈那さん 2競技目でコールドもあるねと土田さん 第4レース尾関梨香・米谷奈々未vs潮沙理菜・宮田愛萌 第4レースの出走者は尾関梨香さん・米谷奈々未さんvs潮沙理菜さん・宮田愛萌ちゃん 1位は潮沙理菜さん、4位は尾関梨香さん 短距離を走るのが好きと語る潮さんに部活を訪ねると「帰宅部」 尾関さんは50m10秒丁度 第5レース志田愛華・渡辺梨加vs佐々木久美・高本彩花 第5レースの出走者は志田愛華さん・渡辺梨加さんvs佐々木久美さん・高本彩花さん 本気出してるのという問いかけに「買い物行く感じ」と菅井様にディスられてる梨加様 「その分志田が」振られて「私ももう歳なので」と答え スナックも忙しいからと突っ込まれてる志田さん 1位は志田愛華さん、4位は渡辺梨加さん 1位は写真判定で志田さん 結局このレースプラスマイナス0P 途中経過 第6レース小林由依・佐藤詩織vs井口眞緒・渡邉美穂 第6レースの出走者は小林由依さん・佐藤詩織さんvs井口眞緒さん・渡邉美穂ちゃん 渡邉美穂ちゃんはバスケットやってたから走るよなと澤部さん 小林さんも早いと土田さん 「小林で負けたら今日勝てない」 1位渡邉美穂ちゃん、4位井口眞緒さん え?何秒だったと確認する守屋さん 第7レース上村莉菜・渡邉理佐vs佐々木美玲・東村芽依 第7レース出走者は上村莉菜さん・渡邉理佐さん・vs佐々木美玲さん・東村芽依さん?? みーぱんの年齢が違ってる!? 1位東村芽依さん、4位上村莉菜さん 最近の「ひらがな推し」の時とは違う表情の東村芽依さん 上村莉菜さんは尾関梨香さんの10秒を下回る成績 「渡辺梨加より遅いよ」 第8レース土生瑞穂・齊藤冬優花・平手友梨奈vs松田好花・小坂菜緒・濱岸ひより 第8レース出走者は土生瑞穂さん・齋藤冬優花さん・平手友梨奈さんvs松田好花ちゃん・小坂菜緒ちゃん・濱岸ひよりちゃん 「初々しさ・若々しさが全然違う」とフレッシュ感はじけるひらがなチーム 一方漢字チームは「父兄ですよね。 授業参観?PTAの?」と言われてひどい! ひどい! と抗議 さらに弄られる漢字チーム そして「土生は遅いイメージだけどと振られて」「気持ちは10代なので」と返すとすかさず「ばばぁが言うやつ」と突っ込まれる 1位小坂菜緒ちゃん、ビリは齋藤冬優花さん しかも、漢字チームが4位、5位、6位に ひらがな10P、漢字-10Pだが 4位てちもPTAなのか?と突っ込まれる 第9レース守屋茜・原田葵vs加藤史帆・齊藤京子 第9レース出走者は守屋茜さん・原田葵さんvs加藤史帆さん・齊藤京子さん 「今までの展開観てると自信がなくなってきた」と弱気の守屋さんに、「そんな守屋は見たくない」とMC二人 加藤史帆さんは早いだろうという一方で 「私なんでここにいるんですかね」という齊藤京子さん 予想通り1位は加藤史帆さん、4位は齋藤京子さん 途中心が折れた守屋さん 50m7秒62はメンバー最速だったが 齋藤京子さんがビリでプラマイ0 ということで第1競技の50m走は欅坂46チーム-60P、けやき坂46チームは60Pでした!! その差は12P 果たして勝負の行方は!? 【漢字vsひらがな 秋の大運動会 関連記事】.

次の

『欅って、書けない?』がつまらない理由はMCやメンバーに問題!?“1けやかけ”の意味は【欅坂46】

欅って書けない ひらがな 出演回

秋元康総合プロデュース。 乃木坂46に続く「坂道シリーズ」第2弾グループとして、応募者2万2509名のオーディションを経て2015年8月に誕生。 2016年4月6日、1stシングル「サイレントマジョリティー」でデビュー。 女性アーティストオリコン初週売上の歴代1位を獲得。 同年8月10日に2ndシングル「世界には愛しかない」、11月30日には3rdシングル「二人セゾン」をリリース。 同年末には有明コロシアムにて初ワンマンを開催、2日間3公演で2万7000人を動員。 デビュー8か月にして第67回紅白歌合戦に初出場を果たした。 2017年4月5日には4thシングル「不協和音」をリリース、翌日にはデビュー1周年のアニバーサリーライブを代々木第一体育館で開催、1万人を動員。 デビューから4作連続でオリコンチャート1位を獲得、7月19日には1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」をリリース。 2年連続で紅白歌合戦にも出場。 2018年7月20日~22日で野外ワンマンライブ「欅共和国2018」を開催。 3日間で4万5000人を動員。 8月11日から全国ツアーをスタートする。 秋元康総合プロデュース。 2015年8月21日、乃木坂46に続く坂道シリーズ第2弾として、欅坂46(けやきざかふぉーてぃーしっくす)が誕生。 その最終審査への切符を手に入れた通過者のひとり、長濱ねるは、審査当日の朝、アイドル活動に難色を示していた母親に地元・長崎へと連れ戻されてしまう。 最終オーディションは長濱のNo. 「17番」を空席のまま審査を実施した。 その夜、泣き続ける娘を見た父親が運営に連絡、運営は父親の想いを汲み、ご家族を翌日の乃木坂46全国ツアー福岡公演にご招待する。 その日の乃木坂46のライブは母親も含めて大絶賛、長濱ねるのアイドルへの想いは強くなり、奇妙な運命をたどりながら、欅坂46への追加加入が検討され始める。 一方、欅坂46は、10月から早くもレギュラー番組「欅って、書けない?」が開始される。 結成から3ヶ月が経った11月30日の放送にて、メンバーの追加加入が発表、長濱ねるが初登場する。 その番組内で、漢字の「欅坂」ではない、ひらがなの「けやき坂」が新設され、まずは「けやき坂46」として活動を始める事が発表された。 長濱1人メンバーによる「けやき坂46(以下、ひらがなけやき)」が結成された瞬間である。 そして「新しく長濱ねるの仲間を集めよう」とメンバー募集が開始。 2016年5月8日にオーディションにより選ばれた11名の合格者と長濱ねるの12名で、ひらがなけやきの活動は始まった。 6月26日の「欅って、書けない?」にて、2ndシングル「世界には愛しかない」の選抜発表で、長濱ねるが選抜入り、漢字欅とひらがなけやきの兼任メンバーとなる。 ひらがなけやきは、このシングルのカップリング曲として「ひらがなけやき」が初めての楽曲として収録された。 以降、各シングルのカップリング曲として楽曲が収録されるもまだまだ認知されず、人気急上昇中の漢字欅に比べて後塵を拝する日々が続いた。 10月28日、初の単独イベント「ひらがなおもてなし会」を赤坂BLITZにて開催、少しずつ個性がみえるようになると徐々に人気も定着し始める。 2017年に入ると欅坂46より先に全国ツアーの開催が決定、3月22日のZepp Tokyoを皮切りに、「ひらがな全国ツアー2017」と銘打ち全国ツアーが決定。 4月6日、欅坂46デビュー1周年のアニバーサリーライブが代々木第一体育館にて開催、そこで「ひらがなけやきパワーアップ計画」と題して、メンバーの追加募集が発表された。 6月からメンバーが募集され、8月13日に合格者9名を選出。 ひらがなけやき二期生としてレッスンを開始した。 ひらがなけやきの活動がさかんになるにつれ、漢字欅と兼任である長濱のスケジュールは多忙を極め、ツアー初日のZepp Tokyoは当日までリハーサルが出来ない状態であった。 その後も5月に大阪公演、7月には名古屋公演と続いたが、長濱の多忙はピークを迎え、9月25日、体調面を考慮して長濱の兼任を解除、欅坂46専任になる事が運営から発表された。 「ひらがな全国ツアー2017」Zepp Sapporo公演前日の出来事だった。 残された11人のメンバーは、失意の中、翌日の札幌公演に臨むが、思いもよらぬ暖かい声援に勇気をもらい、持ち味であるパワフルなステージングとピースフルなパフォーマンスでオーディエンスを魅了。 この札幌公演は、メンバーにとって忘れられない再出発の門出となった。 ここからひらがなけやきの快進撃が始まる。。。 10月クールから、けやき坂46初主演・主題歌のテレビ東京木ドラマ25「Re:Mind」がスタート。 初めて二期生を迎えた20人でのパフォーマンスは、ハッピーオーラ全開で大絶賛の中、ツアーは幕を閉じた。 2018年に入り、1月30日、31日、2月1日の3日間、欅坂46とけやき坂46で行う予定だった日本武道館公演が、諸事情によりひらがなの3days公演となる。 突然の大きな舞台に不安を抱えながらのリハーサルの中、なんとチケットが即完、「私たちにも待っててくれる人がいる」と不安を振り払い、単独3days公演を大成功で終える。 この日本武道館公演の最終日にサプライズとしてひらがなけやき単独アルバムのリリースが発表され、メンバー一同、涙のステージとなった。 2月12日、ひらがなけやき二期生9名による「おもてなし会」が幕張メッセイベントホールで開催され、欅坂46から始まった「おもてなし会」史上最多の7,000人を動員、二期生も本格的に活動し始める。 4月には待望のレギュラー番組「ひらがな推し」(毎週日曜日25:05~テレビ東京にてオンエア)がスタート、さらには「KEYABINGO! 4」にもひらがなけやき単独で出演、ゴールデンウィークにはAiiAシアターにてひらがなけやき全員出演による初の舞台「あゆみ」を行うなど精力的に活動する。 6月1日、メンバー影山優佳が学業のため一時活動休止が発表される、6月3日、SHOWROOMにて佐々木久美のキャプテン就任が発表され、20日には遂にデビューアルバム「走り出す瞬間」が発売、オリコンウィークリーチャート1位を獲得、アルバムレコ発ツアーとなる「走り出す瞬間ツアー2018」では、5ヶ所10公演、約5万人を動員するツアーとなった。 10月には日本武道館にて行われたHOTSTUFF40周年記念イベントできゃりーぱみゅぱみゅと共演、日本武道館をホームのように盛り上げた。 11月には大阪城ホールにて行われた関テレ「MUJACK」イベントに出演、さらにはTOKYO DOME CITY HALLにて行われた舞台「ザンビ」に、TEAM REDとして齊藤京子、小坂菜緒、TEAM BLUEとして柿崎芽実、加藤史帆が出演、坂道3グループが共演する初の舞台となった。 また、この夏に行なわれた「坂道合同オーディション」にて合格したメンバーの中から、11月29日にグループ配属が発表、ひらがなけやきには1名、三期生として上村ひなのが配属となる。 一期生、二期生メンバーは、伝説の「ドッキリ」で上村を迎え入れた。 12月10日には日本武道館にて、欅坂46二期生+けやき坂46三期生合同の「お見立て会」が開催され、上村にとって初のステージとなった。 翌11日、12日、13日の3日間は日本武道館にて「ひらがなくりすます2018」を開催、1年間で7日間日本武道館でパフォーマンスするという快挙を成し遂げ、2018年を締めくくった。 2月11日、「ひらがなからのおしらせ」としてSHOWROOM配信を実施、3月27日の単独デビューを発表。 その後、メンバーへのサプライズとしてグループ名の改名が発表され、けやき坂46は「日向坂46(ひなたざかふぉーてぃーしっくす)」として生まれ変わった。 遠回りをしながらも、少しずつ坂を上って、ようやくスタートに辿り着いた日向坂46。 シングルデビューに向けて、日向坂46は、新たな坂道を上り始める。

次の