石垣 島 天気 予報 2 週間。 沖縄の天気予報が当たらない理由!

【石垣島の天気】週間予報を見るぐらいならココを見ろ!

石垣 島 天気 予報 2 週間

沖縄の天気が変わりやすい理由 こんな事聞いたことないですか? 「山の天気は変わりやすい」という言葉、とても有名ですね。 これは高度差による気温の変化や、地形のよって起こる上昇気流などが要因で、高い山ほど平地とは異なった天気の状況を作ります。 沖縄の天気が安定しない理由も、地形的な要因がかなり大きいのです。 島国の沖縄本島や石垣島がなどの天気が当たらない理由として、 1つ目に、沖縄本島を含めその他の離島も、すべてが海に囲まれている島のため、元々雲を作りやすい環境にあるということ。 2つ目に、気温や水温が高いため水蒸気が発生しやすく、沖縄が持つ亜熱帯の気候が、さらに雨雲を作る要因になっている。 3つ目に、気象庁のレーダーでは予測範囲が広いのと、山のレーダーの近くが映らない。 雲が発生しやすいということは、急な雨が発生しやすいということです。 そのことから、晴れ予報の日に雨が降ることも起こりえます。 雨は降るけどすぐに止む(スコール) これまでの話しでは、沖縄では雨が多いように伝わってしまうかもしれませんが、沖縄はどちらかと言えば晴れている時間の方が長く、雨が降る日が多いだけなのです。 海外の南の島のスコールと同じく、強い雨がザっと降っては15分前後ですぐに止むため雨の回数が多くても降っている時間が短いのでさほど気になりません。 梅雨の時期や北風が強い冬場は一日中雨が降る場合も増えます。 本州付近の雨とは性質が異なるため、沖縄では折り畳み傘などを携帯している人は、とても少ないです。 雨風が強い時に傘を差していると、壊れてしまい危ないので、無理に傘を差して移動するのは控えた方が良いでしょう。 最近、問題になっているゲリラ豪雨とスコールは同じような現象です。 また、極地的に強い雨が降ることがあり、同じ島の中でも雨が降る場所と降らない場所が、ハッキリと別れることが良くあります。 雨が降っている様子は、離れたところからも簡単に見て取れるので、移動中の場合は進行方向を調整して雨を避けることが可能な場合もあります。 沖縄の梅雨 お天気が気になる方にとって、気になる沖縄の梅雨時期ですが、本州付近より1ヶ月早いサイクルで始まり、明けていきます。 大体は5月のゴールデンウィーク明けの5月上旬~中旬に梅雨入りし、6月中旬~下旬に梅雨明けすることが多いですが空梅雨と言われる、降らない事が多々あります。 天気を一年通して見ていると冬場の方が雨が増えます。 しかし、梅雨時期の雨の降り方も本州付近とは異なり、スコールの回数が増えるようなイメージで、1日中降り続く日はほとんどありません。 八重山地方ではほとんど梅雨と言われていても空梅雨のような雨がほとんど降らない年も多いです。 なのに、 5月後半から6月初め辺りは梅雨の時期とずっと言い続けている。 これに関しては沖縄の気象庁や雑誌も不思議なのです。 旅行プランによっては、梅雨時期だからと言って支障をきたすことも少ないと思います。 沖縄の台風 沖縄旅行を計画した際に、台風の心配をされる方も多くいらっしゃいます。 どんな人にも、スーパーコンピューターでも何ヶ月も先の台風を完璧に予想することは今の所出来ません。 しかし、台風の性質を知ることで予想を立てることができるようになります。 台風は海水温が28度以上あると、勢力を増します。 沖縄の海水温は、年間の温度幅は20~29度、28度以上になる期間は7月下旬~10月上旬、水温は沖縄本島と離島では、やや温度差があります。 海水温から分かるように、沖縄の台風シーズンは7月下旬~10月上旬ということが分かります。 6回という調査結果が出ています。 このことから、7月下旬~10月上旬を避けることで、台風を避けて旅行することができます。 6月も11月も沖縄は暖かいので、海遊びも快適でしょう。 しかし、1ヶ月の内に台風が接近する可能性は、ほんの2日だけなので、その為だけにベストシーズンを避けるのはもったいないという考え方もあります。 お天気との付き合い方と注意 観光に関しては、天気予報が晴れでも雨でも、あまり気にせずやりたい事を優先した方が良いでしょう。 雨が降っても15分前後で止むので、その時だけ雨宿りすれば大丈夫です。 注意したいのは洗濯物などの「乾かしたいもの」です。 長期滞在でない限り洗濯物を干す方は少ないかもしれませんが、水着やダイビング器材など帰るまでに乾いてほしいものもあります。 出かける時に晴れているから、天気予報が晴れだからと言って、屋根の無い日当たりの良い場所に干しっぱなしにするのは避けましょう。 一日のほとんどの時間が晴れでも、一度強く雨が降るだけで、ビショビショに濡れてしまうこともありえます。 必ず屋根がある場所に干し、風の吹込みが心配な場合は室内に干した方が安心です。 また、台風が心配な時期に旅行をする方にオススメしたいのは、荒天の場合の代替え案を考えておくことです。 海に行くのが第一希望だけど、無理だったら 「インドアの体験」 「ショッピング」「やちむん」「琉球ガラス」作りなど、荒天時のための予定を考えておくことで、お天気に左右されることなく旅行を楽しむことができます。 なんくるないさ~の精神で、天気に左右されない素敵な思い出を作ってくださいね。

次の

【石垣島の天気】週間予報を見るぐらいならココを見ろ!

石垣 島 天気 予報 2 週間

沖縄の天気が変わりやすい理由 こんな事聞いたことないですか? 「山の天気は変わりやすい」という言葉、とても有名ですね。 これは高度差による気温の変化や、地形のよって起こる上昇気流などが要因で、高い山ほど平地とは異なった天気の状況を作ります。 沖縄の天気が安定しない理由も、地形的な要因がかなり大きいのです。 島国の沖縄本島や石垣島がなどの天気が当たらない理由として、 1つ目に、沖縄本島を含めその他の離島も、すべてが海に囲まれている島のため、元々雲を作りやすい環境にあるということ。 2つ目に、気温や水温が高いため水蒸気が発生しやすく、沖縄が持つ亜熱帯の気候が、さらに雨雲を作る要因になっている。 3つ目に、気象庁のレーダーでは予測範囲が広いのと、山のレーダーの近くが映らない。 雲が発生しやすいということは、急な雨が発生しやすいということです。 そのことから、晴れ予報の日に雨が降ることも起こりえます。 雨は降るけどすぐに止む(スコール) これまでの話しでは、沖縄では雨が多いように伝わってしまうかもしれませんが、沖縄はどちらかと言えば晴れている時間の方が長く、雨が降る日が多いだけなのです。 海外の南の島のスコールと同じく、強い雨がザっと降っては15分前後ですぐに止むため雨の回数が多くても降っている時間が短いのでさほど気になりません。 梅雨の時期や北風が強い冬場は一日中雨が降る場合も増えます。 本州付近の雨とは性質が異なるため、沖縄では折り畳み傘などを携帯している人は、とても少ないです。 雨風が強い時に傘を差していると、壊れてしまい危ないので、無理に傘を差して移動するのは控えた方が良いでしょう。 最近、問題になっているゲリラ豪雨とスコールは同じような現象です。 また、極地的に強い雨が降ることがあり、同じ島の中でも雨が降る場所と降らない場所が、ハッキリと別れることが良くあります。 雨が降っている様子は、離れたところからも簡単に見て取れるので、移動中の場合は進行方向を調整して雨を避けることが可能な場合もあります。 沖縄の梅雨 お天気が気になる方にとって、気になる沖縄の梅雨時期ですが、本州付近より1ヶ月早いサイクルで始まり、明けていきます。 大体は5月のゴールデンウィーク明けの5月上旬~中旬に梅雨入りし、6月中旬~下旬に梅雨明けすることが多いですが空梅雨と言われる、降らない事が多々あります。 天気を一年通して見ていると冬場の方が雨が増えます。 しかし、梅雨時期の雨の降り方も本州付近とは異なり、スコールの回数が増えるようなイメージで、1日中降り続く日はほとんどありません。 八重山地方ではほとんど梅雨と言われていても空梅雨のような雨がほとんど降らない年も多いです。 なのに、 5月後半から6月初め辺りは梅雨の時期とずっと言い続けている。 これに関しては沖縄の気象庁や雑誌も不思議なのです。 旅行プランによっては、梅雨時期だからと言って支障をきたすことも少ないと思います。 沖縄の台風 沖縄旅行を計画した際に、台風の心配をされる方も多くいらっしゃいます。 どんな人にも、スーパーコンピューターでも何ヶ月も先の台風を完璧に予想することは今の所出来ません。 しかし、台風の性質を知ることで予想を立てることができるようになります。 台風は海水温が28度以上あると、勢力を増します。 沖縄の海水温は、年間の温度幅は20~29度、28度以上になる期間は7月下旬~10月上旬、水温は沖縄本島と離島では、やや温度差があります。 海水温から分かるように、沖縄の台風シーズンは7月下旬~10月上旬ということが分かります。 6回という調査結果が出ています。 このことから、7月下旬~10月上旬を避けることで、台風を避けて旅行することができます。 6月も11月も沖縄は暖かいので、海遊びも快適でしょう。 しかし、1ヶ月の内に台風が接近する可能性は、ほんの2日だけなので、その為だけにベストシーズンを避けるのはもったいないという考え方もあります。 お天気との付き合い方と注意 観光に関しては、天気予報が晴れでも雨でも、あまり気にせずやりたい事を優先した方が良いでしょう。 雨が降っても15分前後で止むので、その時だけ雨宿りすれば大丈夫です。 注意したいのは洗濯物などの「乾かしたいもの」です。 長期滞在でない限り洗濯物を干す方は少ないかもしれませんが、水着やダイビング器材など帰るまでに乾いてほしいものもあります。 出かける時に晴れているから、天気予報が晴れだからと言って、屋根の無い日当たりの良い場所に干しっぱなしにするのは避けましょう。 一日のほとんどの時間が晴れでも、一度強く雨が降るだけで、ビショビショに濡れてしまうこともありえます。 必ず屋根がある場所に干し、風の吹込みが心配な場合は室内に干した方が安心です。 また、台風が心配な時期に旅行をする方にオススメしたいのは、荒天の場合の代替え案を考えておくことです。 海に行くのが第一希望だけど、無理だったら 「インドアの体験」 「ショッピング」「やちむん」「琉球ガラス」作りなど、荒天時のための予定を考えておくことで、お天気に左右されることなく旅行を楽しむことができます。 なんくるないさ~の精神で、天気に左右されない素敵な思い出を作ってくださいね。

次の

石垣島の天気を2週間先まで想像できるサイト『www.internetwondersezine.com』

石垣 島 天気 予報 2 週間

9 3 南 0 - 23時 28. 1 4 南 0 - 22時 28. 2 3 南 0 - 21時 28. 2 3 南 0 - 20時 28. 3 4 南 0 - 19時 28. 9 5 南 0 - 18時 30 6 南 0 - 17時 30. 6 8 南南東 0 - 16時 31. 1 8 南 0 - 15時 31. 4 7 南 0 - 14時 31. 2 8 南 0 - 13時 31. 2 7 南南東 0 - 12時 31. 3 9 南 0 - 11時 31. 1 8 南 0 - 10時 31 7 南 0 - 09時 29. 9 8 南 0 - 08時 29. 5 6 南 0 - 07時 28. 3 6 南 0 - 06時 27. 6 6 南 0 - 05時 27. 6 6 南南東 0 - 04時 27. 6 6 南南東 0 - 03時 27. 6 5 南南東 0 - 02時 27. 7 4 南 0 -.

次の