年賀状 やめる 挨拶。 年賀状をやめる際のマナー|廃止したい理由は?挨拶の文例は?

年賀状をやめるタイミングはいつ?やめる方法ややめる時の文例も解説|終活ねっと

年賀状 やめる 挨拶

スポンサーリンク 年賀状をやめる方法は? 携帯電話などない時代は普段会えない人に年始の挨拶をする手段に年賀状はかかせないものでしたが、今では携帯電話やメールなどで手軽に挨拶できるようになっています。 そのため年賀状を出さなくなってきている人も増えています。 やめるならどのような方法でやめる人が多いのでしょうか。 こちらから出さないことで自然消滅していく。 返事を書いていると相手が気づくと自然消滅していく。 この先会うこともない方ならこちらから出さないというのでもいいかもしれませんが、会う可能性があるなら失礼な気もします。 同じ方法でも相手によって受け取り方がちがってくるのでどの方法でやめるのかは難しいものです。 年賀状をやめるのはマナーに反する? 年賀状をやめたくてもやめられないのは、マナーに反するのではないかと思ってしまうからではないでしょうか。 年賀状を出すのをやめるのはマナーに反することではありません。 スポンサーリンク 出すのも出さないもその人の自由なのです。 ですが、できるだけ相手が気分を悪くされないようにしたいものです。 今後もお付き合いは不要な相手ならこちらから出さない、もらったら返事を出すでもいいかもしれませんが、お付き合いをしていきたい相手ならやめることを伝えた方がいいのではないでしょうか。 急に出さなくなってしまうと、何かあったのではないかと相手を心配させてしまうかもしれません。 やめることを伝える方法はどうすればいいでしょうか。 年賀状で伝えてしまうと新年の始まりに淋しい気持ちになってしまう方もいるので、できれば事前に「来年からは年始のご挨拶を失礼させていただきます」というような内容で伝えることをおすすめします。 年賀状をやめる場合の挨拶 年賀状をやめるときの挨拶は相手に不快な思いをさせないよう心掛けましょう。 「年末年始は多忙のため年賀状でのあいさつを失礼させてください」というような理由がいいでしょう。 上記のことを伝えるようにして、今後もお付き合いしたい相手にはメールアドレスなどを書いておくのもいいかもしれませんね。 おわりに 昔からの習慣で年賀状は出さなくては失礼、出さなければいけないものと思い込んでいますが出さないのはマナーに反しているわけではありません。 年賀状をやめたいと思いながら書いている人が多いので相手にもいいきっかけになるかもしれませんね。

次の

年賀状をやめるタイミングはいつ?やめる方法ややめる時の文例も解説|終活ねっと

年賀状 やめる 挨拶

年末年始にはやることがたくさんありますが、中でも年賀状は時間や手間がかかります。 付き合いのある人が多ければ多いほど、作成する年賀状の数も比例して増えていくため、面倒におもっている人も多いことでしょう。 必要だからと続けてきたけれど、次第に考え方が変化していき、最終的には年賀状をやめることにしたという人も増えてきました。 しかし、年賀状をどうやってらやめることができるのか、その方法がわからないと悩んでいませんか? 「いきなり年賀状をやめても大丈夫なのか」「年賀状のやめ時がわからない」などの、疑問はたくさんあると思います。 今回の「終活ねっと」では、 年賀状をやめることについて、以下のことを中心に解説していきます。 年賀状をやめると決めたとき、一番気になることと言えば今まで年賀状を送ってきた人たちのことだと思います。 いきなり年賀状をやめたら、人間関係の問題が増えてしまうのではないかと心配してしまうのも無理はありません。 確かに年賀状をやめるのにも手順を踏まなければなりませんが、相手によっては必要のないものです。 相手に何も言わずにやめる 年賀状をやめる際、相手には何も言わずにやめてもいい場合があります。 それは相手がご自身とあまり 親しい間柄ではない場合です。 年賀状はそれなりに交流のある相手と送り合うものですが、知り合い未満の方や途中から交流が少なくなったという方もいます。 積極的に年賀状を送りたい相手ではないのなら、無理して送る必要はありません。 予告なしに年賀状をやめても問題は起きないでしょう。 ただし、これは自分の実生活に相手が全く関与していない場合に限られます。 親しい相手ではなくても、顔を合わせる機会があるならお互いに気まずい思いをする可能性があるため、年賀状のみのお付き合いになっている相手だけにしてください。 相手に知らせてやめる 年賀状をやめる際、いきなりやめては相手を心配させたり、不愉快な気持ちにさせてしまう恐れがあります。 そのため、今まで年賀状を送ってきた相手に対し、もう送らないということをお知らせしなければなりません。 全員に年賀状を送るのをやめたことを伝える 予告なしに年賀状をやめるのは、実生活に関わりのない方々だけと先述いたしました。 つまり、親戚やご友人など普段から顔を合わせる機会の多い方々には、 あらかじめ年賀状を送らないという宣言をしておく必要があります。 そうしておくことで、人間関係がこじれるのを防ぐことができます。 注意点を挙げるなら「全員」に対して「早め」に、年賀状をやめたことを伝えるという点です。 早めに伝えなければ相手がすでに記入済の年賀状を用意している可能性があります。 また、全員に知らせなければ「自分にだけ年賀状を送らないということか」と相手を不快な気分にさせてしまうためです。 年賀状をやめることを伝える文例・文面 年賀状をやめることを伝える方法は、直接会った際に伝えるか、もしくは 寒中見舞いに書くことです。 最後の年賀状を送る際に、書くという方法もありますが「明けましておめでとうございます」という挨拶の後に添える話題としてあまり良いものではないでしょう。 そのため、会う機会の多い相手には口頭で伝え、なかなか会えない相手には寒中見舞いを出して知らせます。 以後相手と付き合うつもりがない場合の挨拶文 寒中お見舞い申し上げます このたびはご丁寧な年賀状をいただきありがとうございました 誠に勝手ながら 本年をもちまして年賀状による年始のご挨拶をどなた様に対しても控えさせていただくこととなりました 何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い致します 皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈りしております 年賀状を送る相手の中には、 付き合いを続ける気のない相手もいることでしょう。 そういった相手には上記のような例文を寒中見舞いに添えてください。 最初は寒中見舞いの挨拶から始まります。 寒中見舞いは1月~2月にかけて送るため、相手から年賀状を受け取っている可能性が高いです。 そのため、年賀状をいただいたことに関する感謝を述べます。 そしてもう年賀状を送らないこと、相手にもそれを了承してほしいことを丁寧にお願いします。 最後は相手の健康を気遣う文章で締めくくってください。 相手との付き合いを続けたい場合の挨拶文 寒中お見舞い申し上げます このたびはご丁寧な年賀状をいただきありがとうございました 誠に勝手ながら 本年をもちまして年賀状による年始のご挨拶をどなた様に対しても控えさせていただくこととなりました 何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い致します そして今後とも変わらぬお付き合いをいただけると幸いです 皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈りしております 反対にこれからも 付き合いを続けていきたいと願っている相手に送る場合、上記のような挨拶文をおすすめします。 一見、先述した挨拶文と変わらないように見えますが、こちらには「変わらぬお付き合いをしてほしい」という新しい一文が加わっています。 付き合いを続ける気がない方への挨拶文では、内容が用件と相手に対する気遣いだけという素っ気ないものでした。 しかしこれまでの良好な関係を維持したいという気持ちを伝えるには、さらに言葉を添える必要があります。 そのため、年賀状を送らなくなっても付き合いは続けていきたいという意思を示す言葉を入れておくのが良いでしょう。 年賀状を出すのをやめる理由 年賀状をやめる方法について先述いたしました。 しかし、そもそも年賀状をやめたいと思った理由は何でしょうか。 理由は人によってさまざまですが、ここでは4つに絞ってご紹介します。 手間がかかる 年賀状を記入する際、一番面倒に感じる部分として挙げられるのは 手間がかかるという点です。 年賀状を出す相手に応じて名前と住所、さらに自分の名前と住所を記入、そして裏面にはイラストや写真などを入れて挨拶文も書き添えます。 これらを毎年人数分、作らなければならないのです。 今日では手書きだけでなく、パソコンソフトなどもありますので、以前より作業工程は少なくすることができます。 しかし、手間がかかることに違いはありません。 また、ご家族や専門のお店などに代筆してもらうという方法もあります。 ですが代わりにご家族に手間をとらせたり、余分なお金がかかったりするため、これも良い方法とは言えません。 印刷やはがきの費用が高い 印刷や ハガキにかかる費用が高いところも年賀状をやめたくなる理由の1つです。 年賀状を作る際、多くの人はパソコンを使用して住所やイラストなどを載せて作っています。 その場合、必ず行うのが年賀状にその情報を印刷するという工程です。 自宅にあるプリンターで印刷するとしても、電気代やインク代がかかります。 そして当然ながらハガキ代もかかるため、送る相手が多いほどに毎年費用はかさむことでしょう。 さらに印刷は裏表両方やる必要があるため、片面が成功しても残りの片面で印刷ミスをしてしまうと新しいハガキを用意しなければなりません。 手書きの場合、印刷は必要ないですがそれでも費用はかかります。 義務感で出すのがしんどい 年賀状を送る相手と自分の関係性によっては、ほとんど義務感だけで送っている相手もいます。 そういった 義務感だけで出すのが精神的にしんどいというのも、年賀状をやめる理由になります。 これは自分が望んでいない行動を無理にやっていることから、精神的な辛さが増しているのでしょう。 しかも義務で年賀状を送り続ける理由がそれほど大したものではないなら、なおさらです。 これが友達相手なら直接年賀状をやめると言えば済む話ですが、年に数回会う機会があるだけの親戚などの場合は言い出しづらいことでしょう。 SNSやメールでも送れる 年賀状を出す上で生まれるデメリットから、年賀状自体をやめたくなる理由に関しては上記に挙げた通りです。 しかし、年賀状そのものが SNSやメールで代用できるため、わざわざ手間をかけて作る必要がないという理由もあります。 年賀状は出すのにも届けるのにも時間がかかりますが、SNSやメールを使えば一瞬で自分の考えたメッセージを相手に伝えることが簡単にできるのです。 さらに近年では年賀状用の画像をネット上でダウンロードし、メッセージを打ち込み、SNSで相手に送るということもできます。 これで相手も同じ方法で年賀状を送ることができるため、相手の負担を減らせるというメリットもあります。 以下の記事では年賀状の減少について詳しく紹介しています。 こちらもあわせてご覧ください。 以前から年賀状をやめたいと思ってはいても、決断するにはきっかけやタイミングが重要になってきます。 年賀状をやめるタイミングとは、どんな時でしょうか。 喪中はがきを出した翌年 年賀状をやめるタイミングとしては、 喪中はがきを出した翌年が適切です。 喪中はがきは不幸があった時に、年賀状を送ることができないと伝えるためのものです。 ここでポイントになるのは、喪中はがきに「今後年賀状を出すのをやめること」を書かないという点でしょう。 喪中はがきはあくまでも用件を伝えるだけに留めます。 故人の喪が明けて今後のことを考える余裕が出てきた翌年に送った方が丁度良いタイミングと言えます。 年齢的に厳しくなってきた時 年齢が上がるにつれて、 年賀状を続けていくのが難しいと感じた時もやめ時と言えるでしょう。 年賀状は先述したように、手間暇や時間のかかる作業をこなさなければなりません。 還暦や古希を迎えた高齢の方には、そのための体力や気力があまりないという方も多いのです。 また、高齢になると病気を患っている方も多くなってきます。 そして長らく年賀状を送り合っている相手も高齢ならば、かかっている負担は同じでしょう。 わざわざご自身の身体の不調に耐えてまで、年賀状を無理に作成する必要はありません。 引っ越した時 何らかの理由により、 引越しをすることになった時もやめるタイミングになります。 これをきっかけに、家の中にある余分なものと一緒に年賀状の断捨離もしてしまいましょう。 何もない時にやめるのは抵抗があっても、引越しやそれに伴う断捨離という大義名分があれば、年賀状もやめやすくなります。 今までとっておいた年賀状は撮影し、写真としてとっておけば捨てても問題ありません。 引っ越しをする際、お世話になったご近所さんへ、また引っ越し先の新居のご近所さんへ挨拶をします。 以下の記事では、そんな引越しの際の挨拶のマナーと挨拶状の文例をご紹介しています。 気になる方は是非ご覧ください。 年賀状をなんとなく続けているという方は、やめることで得られるメリットをご存知でしょうか。 そのメリットが大きければ、年賀状を続ける理由もなくなります。 年末年始のストレスがなくなる 年末年始はお客さんのおもてなしの準備や飾りなど、やることが沢山あります。 そこに加えて「年賀状を書かなければいけない」という気持ちで年賀状の作成をしなければいけません。 しかし、もう年賀状を出す必要がないとなれば、単純に作業量が減るのです。 少なくとも年賀状のことで、精神的な負担を感じることはもうありません。 ストレスも減るため、今までよりも楽な気分で年末年始を迎えられます。 自由な時間が取れる 繰り返しになりますが、年賀状の作成には とにかく時間がかかるものです。 好き勝手に書くことができる手紙と違い、マナーに気をつけなければいけませんし、送られてきた年賀状には返事を出す必要があります。 しかし、年賀状をやめたなら、はがきを買ったり、年賀状の印刷をしたりするなどの時間を捻出しなくてもいいのです。 今まで年賀状作成に使っていた時間をこれからは好きに使うことができます。 年賀状をやめることについてまとめ• 自分の実生活に相手が全く関わっていない場合に限り、何も言わずにやめていい。 相手に知らせてからやめる場合は全員に対し、早めに伝える• 口頭もしくは寒中見舞いで伝え、後者なら関係を維持したい相手には「これからも付き合いを続けたい」という意思表示が必要• やめる理由は手間暇や費用がかかる、義務感で出すことが精神的負担となっている、SNSやメールの方が簡単に送れるなどがある• やめるタイミングは年齢による体調の変化や引越しなどの大きな変化があった時 やめるメリットはストレスが減り、自由な時間を増やせること 年賀状をやめることで得られるメリットの方が大きいことがわかりました。 SNSなどの便利なサービスが普及してきた現代では、そこまで年賀状にこだわる必要はなさそうです。 しかし、良いお付き合いを続けていきたい相手に対しては、失礼にならない年賀状のやめ方を心がけておきましょう。 「終活ねっと」では、他にも年賀状について詳しく解説した記事を数多く掲載しております。 ご興味があれば、そちらも合わせてぜひご覧ください。 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

年賀状を出すのをやめるには?やめるタイミングや文例も解説!|終活ねっと

年賀状 やめる 挨拶

年賀状をやめるタイミング もしあなたが年賀状を出すことに意味を感じなくなったのならそれが一番のやめるタイミングです。 確かに新年の挨拶として、年賀状は、日本の文化として根付いてきました。 しかし、時代や文化は変化していくものでもあります。 近年では、SNSなどインターネットでの情報のやりとりが一般的になってきており、ペーパーレスとなり環境資源にも優しい方法が確立されています。 ・紙を使う意味があるのか? ・他の媒体で新年の挨拶ができるのに! ・費用も手間も時間も奪われる ・時代にマッチしていない などなど 年賀状に対して出す意味を感じなくなったり大きな手間に感じているのなら、それが一番の辞め時です! スポンサーリンク 年賀をやめるときの挨拶文 年賀をやめると決めたら、遅くとも12月初旬には相手に届くように挨拶文を書きましょう。 挨拶文を書くときのポイントは以下の5つです。 年賀をやめる意思をはっきり書く• 全ての人に対してやめると書く• 今後も変わらずお付き合いしたいと書く• やめる理由をさりげなく伝える• メールアドレスなど他のツールでの連絡方法を添える 例文 お久しぶりです。 寒さが厳しい季節になってまいりました。 皆様、お元気でお過ごしでしょうか。 誠に恐縮ではありますが 時代の移り変わり もあり 今後は どちら様にも来年より年賀状での 年始のご挨拶を控えさせて頂く事に致しました。 何卒御了承下さいますよう よろしくお願い申し上げます。 例文では以下の文言にしています。 年賀をやめる意思をはっきり書く 『年始のご挨拶を控えさせて頂くことにしました。 全ての人に対してやめると書く 『どちら様にも・・・』• 今後も変わらずお付き合いしたいと書く 『今後とも変わらぬお付き合いをさせて頂けると幸いです。 やめる理由をさりげなく伝える 『時代の移り変わりもあり・・・』• 大きく3つの分類に分けて考えてみたいと思います。 頻繁に会う友人や会社の同僚• 昔お世話になった友人や先輩、後輩• 親族関係 頻繁に会う友人や会社の同僚 普段から仲のいい友達や毎日顔をあわせる会社の同僚なら、挨拶文まで必要ないかもしれません。 直接、対面で自分の気持ちを伝えるのがいいでしょう。 また、対面する機会がなければ挨拶文をメールで送ることで理解してもらえるかもしれません。 気持ちを正直に伝えると そちらから言ってくれて良かったよ! これからはメールにしようねっ! という感じで逆に、感謝されることもあるかもしれません。 昔お世話になった友人や先輩、後輩 昔お世話になった友人など、めったに会うことがない友人に対しては、挨拶文を送るといいでしょう。 12月初旬には相手に届くように送ることで、こちらの意思をきちんと伝えることができます。 親族関係 親族関係は、自分だけの問題と1人で考えるのではなく、自分の気持ちを素直に親族に相談してみるのがいいでしょう。 特に毎年、家族や子供の写真を年賀状で送っているなら、こちらからの年賀状を楽しみにしてくれている人も多数います。 また年賀状文化の重要性を感じている人がいるかもしれません。 これらの親族に対して、いきなり『年賀状やめます』と挨拶文を送るよりは、相談できる親族に自分の考えを伝えて相談してみるといいでしょう。 そのほうが信頼関係が保たれると思います。 ひょっとしたら、大反発をくらうかもしれませんし、あっさり賛成してくれるかもしれません。 それは、相談してみないとわかりません。 こちらが素直な気持ちを伝えると反対意見をもっていたとしても、失礼にはあたらず信頼関係は保たれると信じています! 最後に さて、いかがだったでしょうか? 年に1度、挨拶をする。 年賀状は素晴らしい文化だと思います。 しかし もっと良い形に変わってもいいのでは? それが今なのでは! と感じています。 時代の移り変わりとともに年賀状だけでなく、全てものは変化します。 次の世代にスマートな形でバトンタッチできるように、新たな挨拶の方法や文化を私たちで創造してもよい時かもしれませんね。 年賀状を辞めるタイミングは人それぞれです! もしあなたが年賀を辞めるタイミングを迷っているのなら、その一助になれば幸いです。 それでは、世帯主でした!.

次の