夜桜たま 脱退理由。 どっとLIVE「夜桜たま、猫乃木もち契約解除」へ。

夜桜たまと猫乃木もちが契約解除!本当の理由は?引退する?

夜桜たま 脱退理由

太田裕美の乳がんステージや病状は? 今回の件について、オリコンニュースなどは以下のように報じています。 歌手の太田裕美(64)が18日、自身のブログを更新し、乳がんで治療を受けていることを公表した。 7月のコンサート後に手術し、8月から抗がん剤治療を行っている。 「大切な報告」と題したエントリーで、「突然で驚かれると思い、なかなか公表出来ませんでした。 乳癌に罹患しました」と発表。 「休養をとっての治療の選択もありましたが、来春までのスケジュールが決まっていましたし、11月にはデビュー45周年の大きなイベントも控えてましたので、あえて、治療しながら歌っていく、ということを選択しました」と明かした。 出典: 報道によれば、太田裕美さんは2019年7月に行われたコンサートの後に手術を行い、8月から抗癌剤治療をスタートさせたとのこと。 ただ、乳がんの発見時期やどのような経緯で乳がんであることが発覚したのか?については明かされていません。 そのため、ネットなどでは『病状やステージが気になる』という声が多く上がりました。 現在は抗癌剤治療を行いながら活動をしており、2019年末のコンサートにも出演する予定だということから、病状は改善の方向に向かっているものと思われます。 しかし、発見時期が早期でなかった場合には手術後も余談を許しません。 今後はブログを通して病状や近況を報告していくものと思われますので、注視したいところです。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 女性芸能人の乳がん公表が増えていると思う、けっして他人事ではない、早期発見の為にも定期検診は必要。 昔に比べ乳ガンの発見率が良くなっていることもあり、最近乳ガンを公表される機会が増えたような気がします。 早期発見できるケースが増えているので、早く良くなってこれからも素敵な歌声を聞かせてほしい。 いまや進行が軽ければ普通に治る病気 女優さんは発信力もあるんだから乳がん闘病をオープンにしてがん検診などの啓蒙にも力を貸してはほしいです とりあえずは切らない方向みたいですが焦らず頑張ってください.

次の

【脱退】夜桜たま&猫乃木もちの引退理由は?契約解除でファン悲痛

夜桜たま 脱退理由

まずは、本当に皆様に沢山のご心配をおかけしてしまっていることを、申し訳なく思っています。 本当にごめんなさい。 ちょっと私自身もですね、色々と思うところもあったりとかして。 うまくお伝えできるかわからないので、ゆっくりとお話ししていこうと思います。 今起きているアイドル部での件を、皆さんにご心配おかけしていること、 こうした形で、曲がりなりにもエンターテイメントの裏側をお見せしてしまうことになって、本当に申し訳ございません。 この配信では、今の私の想いだったり、どうしてこうなってしまったのか。 あと、どうしても皆様に私から伝えたいことをきちんとお話しさせていただくために、配信をします。 アーカイブについて、ここはツリーに別途記載 お手数なんですが、皆様にですね、お話をする前に、前提としてご承知置きいただきたい点があります。 皆様の中には、何故このような話をですね、私がするのかという疑問を抱く方もいらっしゃるかと思うのですが、これはですね、本当にわかっていただきたいのですけど、私の立場でないとお話できないことがあるからです。 これからするお話は、あくまでも私がカルロピノ個人として発信するものです。 ここは、どうかお忘れないようにお願いしたいです。 これは私個人の言える範囲のことを、私個人の考えで発信するものです。 もちろんこのことはですね、お姉ちゃん方に相談はしています。 運営さんに反対はされたんですけど、この配信をすることはきちんとお伝えしています。 なんですけど、お伝えはしていますが発言までは縛られていません。 縛られていたとしても、従うつもりはありません。 なのでご心配や無用な推測・考察は要りません。 まぁ要は、あの時と同じ状況ということです。 よろしくお願い致します。 現在、様々な憶測がまわっていて、本当に、皆様にご心配をおかけしているのですが、それとはですね、ほとんど違うお話になるかなと思います。 なので、皆様が今、感じていらっしゃることは様々かなと思うのですが、一度冷静に聴いていただけると嬉しいです。 これについて思ったことは、私個人の感情になってしまうので、後述します。 彼女の言っていた通り、運営さんにも至らなかった点があったり、おばかさんなところがあるのはわかります。 でもですね、運営さんは悪意を持って接する方々では、ないんです。 それは、これまで一緒に活動してきた中で、本当にわかることですし、ここでですね、運営さんの連絡体制について、皆様にお話できたらと思います。 事情があったり、相当難しいものでない限りはですね、自身のやりたいことをですね、制限したり対応してくれないということは本当に、ないです。 むしろ、普通ならダメだよって言われることも、「どうしても、どうしてもやりたいんです!」っていうお願いだったら、できる限り、叶えてくれようとしてくれるんですね。 もう本当に、この配信とかそうなんですけど。 それでも、難しいよって場合は、本当にしがらみであったりとか、お仕事をする上で今後何か大変なことになってしまうから、というものだったりする場合があるのですが、できる限りは叶えてくれようとする方々です。 なのでもしかしたら皆様の中にはそれとは反対のイメージを持っている方もいるかもしれないのですが、もう本当に、全然そんなことはないです。 これは断言します。 私たちの意見や、それだけでなくて文句でさえも、しっかりと聴いてくださいます。 私も結構言っている面があったりするのですが、もう本当に、真摯に聴いてくださるんですよね。 ただ、その対応が、まぁ追いついていない、と感じる方がいるのかもしれないのですが、私たちの意見は聴き入れてくれる方々です。 まぁでも、そういった対応が追いついていないと感じる点とかもですね、何度も私たちの方からお話をしてきて、私たちのサポートをしてくださる方々を慎重に増やしてくださったり、最近になって、ちょっとずつ、改善の下地が出来始めていた段階だったんですね。 そうですね、そもそもまぁ私自身、確かに連絡や共有が遅れたり、まぁそういったことを感じたことはあったんですが、あったんですが、それはですね、本当にお仕事や諸々の事情で、致し方ない場合であることがほとんどなんですよね。 また、内部からの情報漏洩の可能性があるために、常に伝えていただける情報の内容やタイミングは、限りなく制限されていました。 それはですね、意地悪とかそういったものではなく、私をですね、あらぬ疑いから守るためであり、コラボの打ち合わせなどの際も、常に. LIVEさんが見守ってくださる状況だったんですね。 なんですけど、というか、運営さんの目の届かないところで勝手をしてしまったせいで、実際にまぁ、そういうことになっていますし、親の心子知らずだったわけですよ。 まぁなんですけど、それももう必要なくなると思います。 運営さんに対する、色々な憶測があるようなんですが、勘違いされている方がいるようでしたので、これだけは否定させていただけたらと思います。 決して、私たちがですね、何かを制限されて自由を無くすようなことをしたり、私たちや皆様のことを蔑ろにするような方々では、本当にないです。 もしそうであれば、私は、今、この時まで存在することはなかったです。 それは、断言します。 じゃあ、なんで、ここまで、皆様に正式にご報告ができないのかということを言うと、これについては、複雑ですね。 皆様には言うべきではない色々な、様々な事情があります。 そもそも、私たちとは責任が違います。 運営さんは。 なので、不確かなことをお話することはできません。 でも、ちゃんと対処にあたって下さっています。 この件については、近いうち皆様にご報告があるので、あると教えていただいているので、お待ちいただけたらと思います。 これが、皆様にどうしてもお伝えしたかったことです。 これ以下はですね、別のお話として切り離して、私個人のただの気持ちになるのですが、正直とても困惑しました。 そうして少しづつ、みんなで要望を伝えて、改善に向かっていき、いろんなことが控えている中で、ファンの方々をこういう形で巻き込んでしまったことを、本当に悲しく思いました。 その後、ちえりお姉ちゃんが、見える場所であのように触れてしまったことは、失態だと思っているのですが、あのツイートで綴られたことは、ちえりお姉ちゃんだけの気持ちではありません。 私も同じです。 表に出して欲しくないと思うのはいけないことですか?相談できる場所はありました。 何も動いていないわけでも、なかったんです。 皆様の中に、「よく声を上げた!」という方がいるのはわかるのですが、目に見える敵を目の前に出されたら、自分の信じる方に力を貸したくなる気持ちも理解できるのですが、私は少し違いました。 聴いたお話と、目で見てきたお話が違ったからです。 今までも、メンバーの間での不安を煽るようなお話をすることや、ずっと前から外部の方にお話が漏れていることなど、色々考えました。 その上で、みんなこの場所を守るために、行動しています。 皆様が不安なく過ごせるように、これからも頑張っていきます。 皆様のことをこうして巻き込んでしまって本当にごめんなさい。 本当はこんなこと言いたくなかったんですが、一度表に出てしまって、大きな誤解や、間違った情報などで、たくさんの方々を不安にさせている現状に向き合って、私なりに絶対に考えをお伝えしなくてはいけないと思いました。 本当に、ごめんなさい。 これは本当に私自身で、決めたことなので、そこだけはわかってくださると嬉しいです。 言葉が足らずに、本当に申し訳ないのですが、今お話しできることは全てお話したかなと思います。 これからも、皆様がきちんと笑顔になれる場所を作れるように、頑張っていきますので、どうぞよろしくお願い致します。 おさわがせして、本当にごめんなさい。 私からお話したいことは以上です。

次の

どっとLIVE炎上!?夜桜たま「ファンを軽視している」

夜桜たま 脱退理由

実際何が有ったのかはわかりません。 なので全て推測でしか話せません。 猫乃木もちさんは歌や演技の面でもっと活発に活動したかったけれど、アイドル部のhPaの様に歌を制限し特別感を持たせるプロデュース方針のため活発に活動できず、契約が枷になっていたのだと思います。 仲が良かった八重沢なとりさんは学力テストでの「おいそこの猫」や配信の中での話から、リアルでの交流も深かった様ですし、自分のやりたい事を契約の枷なしにもっと活発にやって行ける様に、限られた若い時間をもっと全力で生きるために、前向きな意味で契約解消に至ったと一定の理解をしているのではないかと思います。 夜桜たまさんはもっと長時間配信をしたい、もっと頻繁に配信したいと言っていた事があります。 また、どうも半年程前からダンスレッスンやボイトレが多くなっていた様ですし、たまさんはどちらも苦手で心身にも時間的にも負担だったのではとも思えます。 北上双葉さんは動く姿を見せたい見せられそうと喜んでる面がありましたし、メンバー達がやりたい事とたまさんがやりたい事がどんどん乖離して行く負担が一因だったのかもしれません。 連日の様に2~6時間麻雀を中心にTRUE REMENBRANCEの続きの朗読配信などをする様になるのではないかと思います。 限られた人生を生きる上で、アイドル部のプロデュース方針に納得しているメンバー達と、本当に本人がやりたい事の乖離が大きい子が契約解消したのではないかと私は思えます。 1年半は若い子達にはとても大切で長い時間です。 大部分の男性視聴者層とは時間の感覚が全く違うのかもしれません。 私個人は、本人達が自分のやりたい事にもっと全力になれる様にという、前向きな契約解消なのではないかと思います。 そう思いたいと思います。 牛巻りこさんの活動休止は入院沙汰や点滴沙汰など過労は前々から有ったと思います。 ただ勤務先からVR機材を借りて使ってみたり、事務所も光学センサーが整ったり、配信で色々なプログラムを使ったり、自身のモデルを回転~移動で飛んで見せたり、この界隈でいずれ進むVRLive配信を最初にやっていた先輩の事務所に居る事は、やりたい事をやれる将来性を感じていると思います。 ただ牛巻りこさんが本気でやれる技術の限りの配信をしてしまうと、アイドル部のイメージが壊れる様な事をしてしまったり、他の子にも同じ事をやって欲しいという要望が来ると不平不満の元になってしまう恐れがあって、現状自由に全力で配信に技術を利用する事が制限されているのではないかとも思います。 夜桜たまさんはアイドル部の事を大切にしていました。 だからずっとやりたい事と違う負担が有っても我慢し続け、そこに更に負担が増え限界になった所で、希望 ソロライブ を与えられ失望を与えられた事で、心が折れたのではないかと思います。 そういう流れだったのではないかと。 行き過ぎた献身は自分を幸せにはしません。 たまさんは家庭の境遇的にも一番無理な献身をしやすいと思います。 たまさんは残されるメンバー達にも先輩にも可能な限り前向きな説明をしていたのではないかと思います。 もちさんとなとりさんの表に見えない親しい距離感があったりする様に、たまさんとちえりさんや双葉さんとの間にも表に見えないそれが有ったのだと思います。 ピノさんが2日に言った様に、運営はこれまでも親馬鹿に色々な事を叶えて来ました。 しかし12人も居れば多数決の意思決定は少数派に無理を強いるのが常です。 活動開始時にした契約を解消する事で2人を自由に活動できる様にする事は、子供を思い通りにしようと縛り脅す親に比べれば、自由に羽ばたかせる親馬鹿な気持ちもある様に思えます。 また卒業という言葉を使わせなかったのは、私はたまさんじゃないかと思います。 仲の良かった双葉さんやちえりさんは卒業せず在籍するのに自分達だけ卒業というのは皆で守って来た世界観の形を壊す事になるから、メンテちゃんなどのワードの様にあくまで現実的なメタ部分として契約解消という言葉を使って下さいと強く強く強いたのはたまさんなのではないかと。 私個人の見て来た範囲での推測による質問への回答は以上となります。 あと少しだけ返信で追記するつもりです。 運営は2014年頃にかなり開発が進んでいたと思われるスマホゲームのメインキャラから、2017年6月にVTuberデビューさせ、サブキャラから2018年4月にアイドル部をデビューさせました。 もし、1年後にたまさんが新たにVTuberとして活動し始めたなら、ちえりさん、双葉さん、牛巻とはコラボ配信を幾度か組む可能性はあると思います。 可能ならもちさんとなとりさんも。 説明を誤るとマルチアカウントで荒らしている人達が騒ぐので説明不足がどんどん積み重なっている様に思えます。 若さへの注目、若さを失っても続く人生と将来と生活費と報酬と現実と説明不可な点も多々有るでしょう。 今後も十分な説明がされるか不明ですが、私はこの運営ならば別の形の「続き」がいつかあってもおかしくはないと思っています。

次の