マイ 大阪 ガス。 電気料金について

電気がある暮らしを可能にしたファラデーの発見「電磁誘導の法則」

マイ 大阪 ガス

「マイ大阪ガス」の登録方法や登録に必要な情報 ここでは、「マイ大阪ガス」の登録方法や会員の種類(ライト会員、本会員)ごとに、 登録に必要な情報が異なるので、紹介したいと思います。 「マイ大阪ガス」への登録には、 ライト会員に登録後、続けて本会員に登録するか、ライト会員のみの登録にするかという手順で登録を行います。 まずは、 、マイ大阪ガスの登録を行うことができます。 そして、それぞれの会員である、ライト会員、本会員に登録するために、必要な情報は以下のようになります。 特に、 本会員での登録を考えているかたは、必要な情報を事前に準備をした上で、登録することをおすすめします。 ライト会員の登録に必要な情報• 過去3か月のガス、電気のご請求詳細(契約メニュー、料金の内訳、検針日等)• 過去2年間のガス、電気の料金及び使用量の推移• 過去2年間の月別における、ガス、電気の料金及び使用量• 過去2年間の日別における、 ガス、電気の概算料金及び使用量及び、天気(最高気温・最低気温)• 過去2年間の日別における、 ガス、電気の時間帯別の使用量• 過去2年間の月別における、ガス、電気の料金及び使用量のデータダウンロード(csv形式) ほとんどの情報がPCサイトおよびアプリでも確認できますが、 以下の三つの情報に関しては、PCサイトでしか確認できないため、PCサイトから確認する必要があります。 PCサイトでしか確認できないガス・電気の情報• 過去2年間の日別における、ガスの概算料金及び使用量及び、天気(最高気温・最低気温)• 過去2年間の日別における、ガスの時間帯別の使用量• 過去2年間の月別における、ガス、電気の料金及び使用量のデータダウンロード(csv形式) 各家庭の光熱費もこれだけの情報があれば、そこから 使用傾向を掴み、節電・節ガスに活かすことができるのではないでしょうか。 「マイ大阪ガス」アプリを使ったポイント の貯め方と使用方法 「マイ大阪ガス」では、 毎月のガス・電気 の料金や使用量を確認したり、楽しいゲームやエネルギー・省エネ情報を見て、 「さすガっス!ポイント」をためることができます。 また、その貯めたポイントを• プレゼント応募• マンスリープレゼント応募( ポイント必要なし)• NPO団体の支援 「さすガっス!ポイント」、 必ずプレゼントが貰えたり、ガスや電気代の支払いに利用などはできないため、その点では、魅力にかけると思います。 しかし、その分、 ポイントも貯まりやすく、毎月、応募できるプレゼントも10種類近くあり、ポイントさえ貯まれば、すべて応募することができます。 「マイ大阪ガス」まとめ いかがだったでしょうか。 以前は、 ガスや電気の光熱費を確認したり、前年度と比較する場合、毎月の請求書を保管しておいて、 過去の請求書と比較したり、自分でexcelなどを使って、まとめておく必要がありました。 その点、この 「マイ大阪ガス」でガスや電気の料金・使用料を確認すれば、そういった手間を省くことができ、 手軽に、節ガス・節電をするための情報を得ることができので、ぜひ、活用して頂きたいと思います。 また、「さすガっス!ポイント」に関しても、手軽に貯めることができるので、ぜひ、貯めたポイントでプレゼント応募して、賞品を当てちゃいましょう!.

次の

【マイ大阪ガス】アプリでのポイントの使い方やガス・電気の確認方法

マイ 大阪 ガス

大阪ガスの利用者はかなりいると思いますが、マイ大阪ガスに加入している方はどれだけいるでしょうか? 確かに以前ほどのメリットはなくなりましたが(以前はマイ大阪ガスのポイントが楽天スーパーポイントに交換出来たりしたので)、それでも入っていて損の無いものです。 より 光熱費の毎月の使用料のチェックは重要 お金がたまる人の特徴として、光熱費の毎月のチェックをしている事と書いてある本がありましたが、確かに毎月出て行くお金のチェックをする事はとても重要です。 マイ大阪ガスでは2年間に渡って、使用量や料金を確認する事が出来ます。 なぜこの月だけこんなに多いんだろう?なぜこの月だけこんなに少ないんだろう?という発見が出来てガス代を節約するポイントを発見出来るかもしれません。 もし、自動引落し等で、自分の使っているガス代を知らないという人は少し危険だと言えます。 自分の使っているお金で概算でもいくらなのか知っていないとお金はあまり貯まっていきません。 また極端にガス使用量が多い場合、ガス漏れやガスメーターの故障の可能性もあるので、早期発見にも繋がります。 大阪ガスはクレジットカードで支払い可能 なお、大阪ガスはクレジットカードでも支払いが可能です。 銀行口座等の自動引落しにも対応していますが、大阪ガスの場合銀行引落しによる割引はありませんので、クレジットカードで支払った方がクレジットカードのポイント分、お得になると言えます。 マイ大阪ガスに登録する場合、ガス代の支払い方法は関係ないので、まだマイ大阪ガスに登録していないのなら、マイ大阪ガスの申し込みと一緒にクレジットカードでの支払いを登録される事をお薦めします。 ガス代は、クレジットカード支払いがお得?それとも銀行引き落としがお得? - お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話 マイ大阪ガスのポイントはお得? 以前はマイ大阪ガスのポイントって物凄くお得だったんですよね。 楽天スーパーポイントにも交換出来たりして。 でも今は特にお得という訳ではありません。 キャンペーンに応募出来る事くらい。 でも、貯まったポイントでキャンペーンに応募して当選したら嬉しい事も確か。 何もしなければキャンペーンにも応募出来ませんからね。 ただいま入会キャンペーン中のマイ大阪ガス 今、マイ大阪ガスに登録すると抽選で500名にJCBギフトカードがあたるキャンペーンが行われています。 キャンペーン実施中なので、まだマイ大阪ガスに登録されていない大阪ガスの利用者の方は応募してみて下さい。 以上、大阪ガスの利用者なら入っていないと損な マイ大阪ガスについてでした。 この記事を読まれた方におすすめの記事• suzukidesu23.

次の

【マイ大阪ガス】アプリでのポイントの使い方やガス・電気の確認方法

マイ 大阪 ガス

マイケル・ファラデーは、ロンドンの貧しい鍛冶屋の家庭に生まれました。 13歳になると新聞配達夫兼製本職人として早くも働きはじめます。 その仕事ぶりが真面目で有能だったことから、雇い主はファラデーを信頼して職場で製本された書籍を自由に閲覧することを許しました。 読み書きこそできるものの、小学校を中退していたファラデーは、この時期に多くの書物に触れることでみるみるうちに知識を吸収。 とりわけ科学の分野に心をひかれるようになりました。 ある日ファラデーは書店の客の一人から、イギリス王立研究所の科学者であるハンフリー・デービーの特別講演会を聴講できるチケットをもらい受けます。 当時最も有名な科学者のデービーから、最先端の科学の話を聞く絶好のチャンスでした。 ファラデーは一言一句も漏らすまいとメモを取りつつ、自分の進むべき道をデービーに重ね合わせます。 その後、ファラデーは自分の熱意を伝えるべく自作の講演レポートや手紙を、デービー本人に何度も送ります。 ファラデーが22歳のときにその熱意が伝わり、王立研究所でデービーの雑用係として採用されました。 これを足がかりに、科学の世界へ飛び込んでいったのでした。 ある日、ファラデーはハンス・クリスティアン・エルステッドが発表した、導線に電流が流れると磁気が発生し、近くに置いた方位磁石が振れるという「電流の磁気作用」についての論文を読み、「電気と磁気の関係」を知りました。 それをきっかけに、さまざまな研究をはじめます。 そして、電気と磁気によって動力が得られるのではないかと考えたファラデーは、それを証明するために1821年に「電磁回転装置」をつくり上げました。 それは、電流によって生じた磁場(磁気の力が作用する範囲のこと)と磁石の磁場が反発することで針金と磁石がくるくる回るというもの。 これによって、電気エネルギー(電力)を機械エネルギー(動力)に変換できる「世界ではじめての電動機」をつくりました。 その後ファラデーは、電気を流すことで磁気を発生させられるのなら、逆に磁気を発生させることで電気を生むことができるのではないかと考えて、1831年にある法則を見つけます。 それが「ファラデーの電磁誘導の法則」。 この法則を導くにあたって、まず鉄の輪にコイルを巻きつけたものを用意し、鉄の輪に磁気を発生させることで、コイルに電気が流れることを確認。 磁気から電気を発生させることができるという大発見となりました。 しかし、この実験では瞬間的に電気はつくれても、継続的に電気をつくるのはまだ難しいものがありました。 継続的に電気をつくるため、ファラデーの研究は続きます。 試行錯誤の末、U字型磁石のN極とS極の間で円盤を回転させる装置をつくりました。 円盤に磁気の影響を継続的に加えることで、電流が流れることがわかり、実験は成功。 この装置は動力から電力を生み出し、継続的に電気を供給できる「発電機」の原形が誕生した瞬間でもありました。 ファラデーはほかにも、「電気分解の法則」やベンゼンの発見、光が磁場によって偏光されることを実験で証明するなど、電磁気学や物理学の分野で大いに貢献しました。 同時に、その過程で得られた知識や成果、科学の可能性などを一般の市民や子どもたちに伝えることにも力を入れていました。 毎週金曜の夜に自身の研究室を開放して講義やディスカッションを行う「金曜講話」や、子どもたちが科学に触れる機会をつくる「クリスマス・レクチャー」がそうです。 このクリスマス・レクチャーで取り上げられた、ロウソクが燃える現象についての講義(ロウソクの科学)は、書籍としてまとめられ今でも多くの人に愛読されています。 1867年、75歳でファラデーは息を引き取りましたが、一般市民向けに科学の楽しさを伝え続けた人徳がいまだに慕われて、現在でも多くの人がファラデーの眠る地に足を運んでいます。

次の