王様 ランキング 7 話。 王様ランキング【第77話・78話ネタバレ】健闘するヒリング兵。しかし、それは一瞬で…!

王様ランキング 7 (ビームコミックス)

王様 ランキング 7 話

王様ランキング 第77話ネタバレ 一時は優勢に見られたドルーシ達でしたが、一人の兵が、魔物に取り囲まれてしまいます。 そして、1番の兜を被った精鋭が、ヒリングに「この場から逃れる心構え」をする様に言い…! 一方、ドルーシも、多くの魔物に取り囲まれていました。 3匹を一瞬で倒したドルーシに対し、まだ0匹と苦戦する精鋭達。 しかし、精鋭達は「経験」を武器に、その魔物を徐々に退治していくのでした。 そして、どかされた魔物はヒリングを襲う様に指示されて…! それを阻止したのは、もちろんドルーシ! また、 隊長格の精鋭も、殺し屋2人は「充分勝てる相手」だと、他の精鋭に指示を出します。 王様ランキング 第78話ネタバレ ギガンは、その怪力で、兵3人を一蹴…! 壁に打ち付けられた兵は動かなくなったのでした…。 それを見たドルーシは、 ヒリングを乗せた馬に逃げる様『ピ~~ッ』と指笛を吹いたのです…! 魔物たちは、突然のことに戸惑うヒリングを追おうとしますが、そこに立ちはだかるのはドルーシと、隊長格の兵ことアン。 ヒリングは無事に城の外へと逃げ…たかと思われましたが! オウケン強襲 そこに突如現れたのはオウケン。 オウケンは、 ヒリングに剣を振るうと、ヒリングの腕から血が噴き出します…! 血と悲鳴をあげるヒリングを見て、恍惚の表情を浮かべるオウケン…! ヒリングが、治癒の力で傷を治すと、それに驚いたオウケンは、その隙にアンの短剣の投擲で、オウケンの仮面の隙間である、目と口をえぐられたのでした! 仮面から血が滲み出るオウケンでしたが、『グバァッ』と突如起き上がります! そして、アンの首を切ったのでした…! 噴き出す血…! それを見たヒリングは『ホーリーライト(ただの光)』を放ちます! ただの光であるその呪文でしたが、オウケンは何かトラウマを刺激された様で「ヒイイイッ」と逃げていってしまいます。 オウケンが去ると、アンの兜を剥ぎ取り治癒を始めるヒリング。 その力を使ったことで、朦朧としてしまいますが、ヒリングは鎧の中に、大量のマジックポーションを仕込んでいたのです! ひとまずは事なきを得ますが、そのヒリングの周りには魔物が集まってきて…! >> 王様ランキング第77話・78話の考察・感想 意外にそんな強くなかった脱獄囚6人の内数人! 笑 まあ、キングボに関しては、オウケンが異常なだけな気もしますが、殺し屋2人に関しては、まともに戦うとそうでもなかったっぽいですね。 ヒリングの兵が普通に強い可能性もありますが、ギガンには瞬殺でしたし…。 そして、ギガンとオウケンが出てきた事によって、一気に大ピンチに陥るヒリング達。 ドルーシの実力なら、ギガンにせよ魔物にせよどうにかしちゃえる感じはありますが、多勢に無勢状態ですよね…。 もはや、ヒリングを守る兵もいなくなっちゃいましたし…! あと、ヒリングは鎧の中に、水筒的に大量に腰にマジックポーションをぶら下げそれをストローで吸うというアイデアグッズを準備! 「いや、それありなんだ!? 」的なことやってくれますね 笑 確かに思いつきます、ゲームとかやってれば思いつきます! それを絵にしちゃう十日草輔先生の大胆さ! シリアス回でしたが、ちょっと笑っちゃいました 笑 今後鍵になりそうな、オウケンの弱点もチラついた今回! 次回、絶体絶命のヒリングがどうなるのか…気になりますね!.

次の

王様ランキング 7 (ビームコミックス)

王様 ランキング 7 話

王様ランキング第7話のネタバレ! ベッドの下に隠れているカゲは、ボッジの部屋にヒリング王妃が入ってきた事に気付いた。 ダイダの母親だと気付いたカゲハ、何をしに来やがったとヒリングを見ます。 ヒリング王妃はドーマスを睨み、ボッジを見ると、ドーマスは王妃にすぐ報告しようと思っていた言い訳をする。 ヒリングはその場にいた者たちを自分の部屋に戻るように告げて睨むので、ドーマスたちは慌てて部屋を出ていきました。 ヒリング王妃の癒しの力 王妃は冠を頭から外し、髪を解き、胸下のボタンを外した。 カゲが何をする気だ…と思っていると王妃はフーッと息を吐き、 あなたに王は向いていないと言いました。 のんびりと静かな場所で草木に囲まれて暮らしのがあっているのだと寝ているボッジに語りかける。 王妃はスッとボッジの顔に手をかざした。 カゲはヒリング王妃の異様な行動に武器を持って警戒していると、鼻息荒くして、王妃は手から温かな光を出し始める。 すると、今まで腫れていたボッジの目はみるみるうちに腫れが引いた。 王妃は顔を真っ赤にし、苦しそうぬ「ぶはーっ」と声を上げた。 ビンに入ったマジックポーションをゴキュゴキュと飲み、あまりの不味さに叫んだ。 王妃はこれをボッジの体が癒えるまで何度も続けた。 カゲは王妃を経験上、めちゃくちゃ良い奴だと感じた。 王妃ヒリングとボッジの出会い ボッジは今よりも少し小さい頃、王妃は城内の庭園にいた。 ボッジ王子はいつも一人でぼーっとしていて、王妃と出会った日も一人で草花をみていた。 ボッジの背後にフッと現れた王妃。 ヒリングは自分の名前を伝え、 今日からあなたのママよ!と自己紹介するとボッジは黙って、たたたっと歩いて行ってしまった。 近くにいた使用人はボッジが全王妃以外に心を開いておらず、あれが普通だと王妃に語り、王妃は顎に手をあてながら、何かを考えている様子。 それから毎日、王妃はボッジにスキンシップを試みた。 しかし、ことごとく失敗に終わってしまう。 庭園のベンチに座り、王妃ははぁ…とため息をつく。 小さな子にどう接すればいいか分からなかった。 元僧侶である王妃は気まぐれに枯れた草花を、 特殊な力で生き返らせた。 それをじ〜っとボッジは見ていたのだ。 王妃はパアアアアッと他の花を生き返らせると、ボッジはキャッキャと喜ぶ。 ボッジは花壇にある枯れた草花を全て生き返らせる様に頼んだ。 癒しの力は大変、体力を使うものだったがボッジのために王妃は頑張った。 その内、ボッジは王妃にべったりと懐くようになり、大きくなったお腹をさすって「お兄ちゃんになるのよ」と伝えると、ボッジは嬉しそうに王妃のお腹の手を置いた。 それは二人にとって幸せなひと時だった。 ダイダが生まれ、ボッジも可愛がった。 しかし、そのうちに王妃はダイダに掛かりっきりになり、以前のようにボッジと王妃が過ごすことはなくなってしまったのです。 ・・・・・ 目を覚ましたボッジは手をニギニギと動かし、体が回復していることに気がついた。 ボッジは寝ている王妃に近づき、 おでこにチュッとキスをする。 非力なボッジ ボッジは一人で部屋を出て、別の部屋へと移動した。 「それは王の剣ではない」「卑怯者!」 試合中にダイダやドーマスたちに言われた言葉を思い出ししていた。 ボッジは部屋にあったショートソードを持ち、構えてみた。 しかし、ドンと剣を落としてしまう。 ボッジは自分の非力な腕や手を殴り、うずくまって一人で大泣きをしていた。 カゲはボッジが気づく様に小さな石を投げる。 ボッジは振り向き、カゲがいることに驚き、カーッと顔が真っ赤になるのでした。 簡単登録無料• 別途料金は発生しません• 割引クーポンが豊富 リンク先: 初回登録で半額クーポン! 『王様ランキング』を無料で読む方法として、FODの登録して1300ポイントもらえる方法を利用すれば、漫画を無料で読むことも可能です。 サービス一覧 U-NEXT FOD music. 王様ランキング第7話の感想・考察 ドーマスは優しい仮面を被っている悪い奴かも知れないですね。 まるで城内を探っているスパイの様です。 それともダイダの手下なのでしょうか。 王の座を争うというのはとても醜いですね。 そして、王妃ヒリングは冷酷で非情な人ではなかった! 本当はとっても優しくて慈悲深い人だったのですね。 誤解してました…。 ヒリングは今もボッジへの愛情が消えていなかったことに安心しました。 この先も優しくボッジを見守って欲しいです。 次回、カゲはやっとボッジに『味方』だと伝えられそうですね。 カゲは本当に良い奴で、ボッジが唯一の本音を言える相手でもあります。 だから、これからボッジの相棒になってくれたら嬉しいです。 これから先、良き相棒としてボッジの傍にいて欲しいです。 以上、『王様ランキング』第7話のネタバレ感想でした。

次の

【随時更新】王様ランキングを最新刊までネタバレ!最終回の結末までまとめ!

王様 ランキング 7 話

王様ランキングとは 詳しく書くとネタバレになってしまうので、ざっとあらすじを説明すると。 この漫画の世界には王様ランキングという制度があり、街の発展度や国民の数、王様の強さなどで国ごとにランキング付けされます。 これはそんな世界のとある国で生まれた 主人公「ボッジ」が多くの人と出会い成長していく物語です。 主人公は次世代の王様 主人公は耳が聞こえないのでうまく話せない ちなみに主人公は現在の王様ランキング7位である「ボッス」の息子です。 だから「ボッジ」は 次世代の王様になる人物なんですね。 でもそんな「ボッジ」は生まれつき耳が聞こえず、めちゃくちゃ貧弱です。 そしてなぜか初登場では裸で街を歩いている姿が見受けられます。 そしてこのドヤ顔である。 また「ボッジ」には弟である「ダイダ」が存在します。 もちろん「ダイダ」も次世代の王様候補となっています。 まず物語は「ボッジ」と「ダイダ」のどちらが次の王子にふさわしいかという場面から始まるんですね。 友情に感動 こんなん泣いてまうやろ…。 王様ランキングの見所の一つとして、 友情の魅せ方が非常にうまい所が挙げられます。 詳しいことはネタバレになるので言えませんが、とりあえず友情に泣きます。 (めっちゃ言いたい。 ) とりあえずここで第一の泣きポイントが入ります。 あの場面では、 「良かった…。 ほんとに良かった…。 」 って泣くこと間違いなしです。 登場キャラ一人一人が魅力的 ドーマスはめちゃ強いぞ!! 四天王の一人であり謎多き人物「ベビン」 伝説の影の一族の生き残りである「カゲ」 四天王の一人でソードマスターと呼ばれている「ドーマス」 ヒステリックボインババアである王妃「ヒリング」 王様ランキング2位である「デスハー」 などなど、様々な人物が登場するのですが、その一人一人がとても魅力的なんですね。 もう文字だけじゃ伝わらないと思うので、読んだらわかります。 登場人物一人一人にファンがいてもおかしくないです。 きちんと伏線も張られている ニヤニヤニヤ… 本当に面白い漫画は伏線のはりかたが上手いと誰かが言っていましたが、その通りだと思います。 こんな場面でそんなことになる??あ!そういうことね! って思ったり。 あー、あの時のあれはあれだったのねあれあれ。 って思ったり。 あー、あれがここにつながるのかぁ って思ったり。 主人公の冒険は見ていて飽きません。 二転三転する物語をぜひ楽しんでほしいです。 とりあえずヒリング様が可愛い はい。 お美しい。 まぁとりあえず僕の推しはヒリング様で間違い無いです。 きっと読み始めた頃は、え?なんでヒリング様が好きなんこいつ。 って思うかもしれませんが、きっとあなたもわかります。 現にTwitterで「ヒリング」で検索してみてください。 (ネタバレ注意ですが) ものすごい数の絵師さんがヒリング様を描いていることがわかります。 何話まで出ているの? はよ… 次の話はよ… 現在総話数は64話。 とにかく次の更新が楽しみでしょうがないです。 気づけば惹きこまれていること間違いなし 頑張れボッジ…! 弱いながらも必死に前を向いて成長していく主人公を見ていると、不思議と応援したくなります。 そしてとにかくこの世界観は暖かくて優しいんです。 作者の描く絵柄もあいまって、とにかく読んでいて優しい気持ちになります。 また、友情努力勝利の三原則が詰まっている漫画なので、ジャンプでの連載もOKですほんと。 ってか単行本買いたいです早く。 この漫画に出会えたこと。 感謝です。

次の