確定 申告 提出。 確定申告の期限が過ぎて遅れた場合はどうなるのか?青色申告も影響!

確定申告の提出先はどこ?郵送もできる?提出方法や提出期限について解説|スモビバ!

確定 申告 提出

確定申告を税務署ではなく、市役所で行う前に知っておくべきことを紹介しておきますので、ポイントをおさえておきましょう。 サラリーマンでも、 ・『控除を受けるため』 ・『副業収入の所得を申告するため』 などの理由で、会社で年末調整をしていても確定申告が必要になることがあります。 また、自営業や個人で仕事をされている方は、もちろん税務署などでの確定申告が必要になります。 場合によっては、収入が低く、所得税の申告が必要ない場合もありますが、その場合でも住民税の申告が必要になるため、市役所などに問い合わせてみるとよいでしょう。 確定申告をする前に住民税も忘れずに申告しておく 確定申告というと所得税が思い浮かぶ人も多いと思いますが、住民税の申告も忘れてはいけません。 これがきちんと申告できていないと、次年度の国民健康保険料の算定などに支障が出ます。 後で市役所への申告を求められることになるので、確定申告の時期に行ってしまうのがベストでしょう。 税務署でなく市役所でも確定申告ができるけど注意点もある 確定申告は税務署や指定された申告会場に出向いて行う方が多いですが、一時期に集中するため混雑が激しいもの。 そこで、税務署以外で活用したいのが、市役所での確定申告です。 市役所でも確定申告ができるのです。 市民しか利用しないので対象者が少なく、比較的空いているためスムーズに申告を終えることが出来るでしょう。 その確定申告が市役所で受け付けられるものかどうかをチェック 待ち時間が少ないのが市役所での確定申告のメリットです。 しかし、市役所では対応できず、税務署に行く必要がある場合もあるので注意しましょう。 複雑な事案などは、やはり税務署に行くのをすすめられることが多いです。 市役所での申告を利用する場合は早めに出向き、もしも受けられなければ、税務署に改めて赴くことが出来るようなスケジュールを考えておくとよいでしょう。 市役所で確定申告に必要な書類や質問をまとめておく&サイトをチェック 申告書などは市役所の確定申告会場にも備えてあることも多いので、前もって用意しておかなくても対応できます。 必要なのは自分の収入を証明するもの、経費を証明するものなどの資料です。 また、印鑑も忘れずに持参しましょう。 不明点があれば、状況と聞くべきポイントをメモしておくと質問しやすくなります。 市役所での確定申告については広報やサイトをチェック 市役所での確定申告についての情報などは、市の広報に掲載されていることが多いです。 確定申告の時期が近くなったら広報をチェックしてみましょう。 ウェブサイトなどもチェックしてみてください。 そういった情報が入手できない場合は、市役所に直接問い合わせをするのも良いです。 確定申告は税務署だけでなく市役所でもできるので広報などでチェックしよう 確定申告というと税務署で行うものをイメージしがちですが、実際には申告や相談を市役所で行っていることも多いものです。 税務署での待ち時間などを考えると、身近な市役所で確定申告が済ませられるという事は大きなメリットです。 申告会場や詳細は広報などに掲載されていることが多いので、申告時期が近くなったらぜひチェックして、税務署ではなく市役所での確定申告を視野に入れましょう。 こちらもあわせて読みたい!.

次の

確定申告の提出方法と郵送で行った際の控えのもらい方

確定 申告 提出

確定申告を税務署ではなく、市役所で行う前に知っておくべきことを紹介しておきますので、ポイントをおさえておきましょう。 サラリーマンでも、 ・『控除を受けるため』 ・『副業収入の所得を申告するため』 などの理由で、会社で年末調整をしていても確定申告が必要になることがあります。 また、自営業や個人で仕事をされている方は、もちろん税務署などでの確定申告が必要になります。 場合によっては、収入が低く、所得税の申告が必要ない場合もありますが、その場合でも住民税の申告が必要になるため、市役所などに問い合わせてみるとよいでしょう。 確定申告をする前に住民税も忘れずに申告しておく 確定申告というと所得税が思い浮かぶ人も多いと思いますが、住民税の申告も忘れてはいけません。 これがきちんと申告できていないと、次年度の国民健康保険料の算定などに支障が出ます。 後で市役所への申告を求められることになるので、確定申告の時期に行ってしまうのがベストでしょう。 税務署でなく市役所でも確定申告ができるけど注意点もある 確定申告は税務署や指定された申告会場に出向いて行う方が多いですが、一時期に集中するため混雑が激しいもの。 そこで、税務署以外で活用したいのが、市役所での確定申告です。 市役所でも確定申告ができるのです。 市民しか利用しないので対象者が少なく、比較的空いているためスムーズに申告を終えることが出来るでしょう。 その確定申告が市役所で受け付けられるものかどうかをチェック 待ち時間が少ないのが市役所での確定申告のメリットです。 しかし、市役所では対応できず、税務署に行く必要がある場合もあるので注意しましょう。 複雑な事案などは、やはり税務署に行くのをすすめられることが多いです。 市役所での申告を利用する場合は早めに出向き、もしも受けられなければ、税務署に改めて赴くことが出来るようなスケジュールを考えておくとよいでしょう。 市役所で確定申告に必要な書類や質問をまとめておく&サイトをチェック 申告書などは市役所の確定申告会場にも備えてあることも多いので、前もって用意しておかなくても対応できます。 必要なのは自分の収入を証明するもの、経費を証明するものなどの資料です。 また、印鑑も忘れずに持参しましょう。 不明点があれば、状況と聞くべきポイントをメモしておくと質問しやすくなります。 市役所での確定申告については広報やサイトをチェック 市役所での確定申告についての情報などは、市の広報に掲載されていることが多いです。 確定申告の時期が近くなったら広報をチェックしてみましょう。 ウェブサイトなどもチェックしてみてください。 そういった情報が入手できない場合は、市役所に直接問い合わせをするのも良いです。 確定申告は税務署だけでなく市役所でもできるので広報などでチェックしよう 確定申告というと税務署で行うものをイメージしがちですが、実際には申告や相談を市役所で行っていることも多いものです。 税務署での待ち時間などを考えると、身近な市役所で確定申告が済ませられるという事は大きなメリットです。 申告会場や詳細は広報などに掲載されていることが多いので、申告時期が近くなったらぜひチェックして、税務署ではなく市役所での確定申告を視野に入れましょう。 こちらもあわせて読みたい!.

次の

確定申告の期限が過ぎて遅れた場合はどうなるのか?青色申告も影響!

確定 申告 提出

ネット上で作成した確定申告の申告書を、押印するのを忘れて投函してしまったことに気付きました…。 ちなみに還付ではなく支払わなくてはいけない方で、すでに金融機関にて納付は済ませています。 自業自得でお恥ずかしい限りなのですが、もう税務署に確認している時間もなく…どなたかお詳しい方、もしくは同じ理由で再提出をされたことのある方、ご教示頂ければ幸いです。 宜しくお願いいたします。 小生の経験談。 e-Taxで申告し、添付書類は3月初めに税務署の受付BOXに投函しました。 3月10日ごろ、税務署から封筒が来て、「添付書類を送って下さい」という趣旨の文書が出てきました。 (少し頭にきて)すぐ電話しましたら、「こちらのの間違いのようです。 」と言われました。 対応者の名前を聞いて切りました。 と言う事で; 一つは、「提出書類に問題があれば、あちらから連絡がある」ということと、お役所も間違いをすることもある位だから、「悪意のないミスなら問題ない」と思います。 心配なら、直接電話で訊いてもいいと思います。 概して最近のお役所の対応は良くなっていますが、税務署の差、個人の差があるかも知れません。 その場合はご容赦下さい。 Q 大変慌てております。 16日までに提出の確定申告の書類を郵送で提出したあと、源泉徴収書を同封(添付)するのを忘れていたことに気がつきました。 週末なので問い合わせる先がありません。 期限が月曜日なので、それまで待って税務署に問い合わせることもできますが、それでは心配です。 自分でもネット(教えてgoo以外のウェブ上でも)で調べていますが、この場合(源泉を添付し忘れた、提出し忘れた場合)どうなるのか回答がみつけられません。 どなたかご存知のかたがおられましたらご回答ください。 又はこの件を問い合わせる先をご存知でしたら教えてください。 間抜けな質問ですが、大変困っております。 どうか宜しくお願い致します。 A ベストアンサー 申告書を郵送したなどで、申告書控えに税務署収受日付印が押されていない場合は、税務署の開庁時間内に窓口まで控えを持っていけば、捺印してもらえると思います。 この場合、申告書控えの文字が複写 申告書の一枚目をペン等で書くと控えが青文字で複写される の状態である事が必須です。 それが拒否された場合は、窓口で、納税証明書を発行して貰いましょう。 ) 奨学金の申請には、親の収入が幾らであるかが判れば十分なので、納税証明書 その2 で、該当年度の所得金額が証明されます。 申告書の控えと納税証明書を一緒に提出し、両方の所得金額が一致すれば、問題ないとは思いますが、ただ念の為に、大学の窓口で、納税証明書が代用できるかどうか確認してください。 nta. htm 申請には、免許書等の本人確認できるもの、印鑑、手数料400円および、納税証明書申請書類が必要です。 代理人の場合は、委任状も。 nta. htm 申告書を郵送したなどで、申告書控えに税務署収受日付印が押されていない場合は、税務署の開庁時間内に窓口まで控えを持っていけば、捺印してもらえると思います。 この場合、申告書控えの文字が複写 申告書の一枚目をペン等で書くと控えが青文字で複写される の状態である事が必須です。 それが拒否された場合は、窓口で、納税証明書を発行して貰いましょう。 ) 奨学金の申請には、親の収入... A ベストアンサー #2の方の言うように「べたべた」貼ってもいいのですが、どちらかというと#1の方のような「各書類の上部だけのり付けして、ずらしながら重ねて貼っていく」がベストです。 何故かといえば、税務署では、台帳に編綴する際に貼り替えるからです。 審査後にずーと貼っておく必要がないものをはがして別途保管するためです。 全部の書類がついたままでは、台帳に綴じ込めないのです。 また#2の方の指摘にありますが、書類の紛失・はがれのトラブルはありますので、手元にコピーを置くことはいいことです。 (原本は提出しなければなりません) 大量にある場合は、別紙を用意して種類ごとに貼ることは大変いいことです。 源泉徴収票が多い方は、所得の内訳を取り寄せてください。 徴収票は、この裏に張るのがベストです。 保険関係の控除証明書は、払ったものをすべて出しても意味ないのは止めたほうがいいですね。 つまり、生命保険料控除も一般用で支払額10万円超ならあとはいりません。 個人年金分も同様です。 損害保険料控除も同様に控除額まで用意したら、あとはいりません。 医療費は、別の専用封筒に入れることがベストです。 税務署にあるものを使ってもいいし、そうでなくてもいいのですが、これには、医療費領収書以外のものを入れては絶対にいけません。 トラブルの元です。 なぜかと言えば、税務署では、医療費の領収書を申告書と分離して別途保管するからです。 このなかに源泉票などをいれてトラブルになることが非常に多いのです。 あと、申告書の綴じ込みようの穴を書類等でふさがないように貼ってください。 用意していただく別紙ですが、なるべくA4がいいですね。 では、頑張ってください。 #2の方の言うように「べたべた」貼ってもいいのですが、どちらかというと#1の方のような「各書類の上部だけのり付けして、ずらしながら重ねて貼っていく」がベストです。 何故かといえば、税務署では、台帳に編綴する際に貼り替えるからです。 審査後にずーと貼っておく必要がないものをはがして別途保管するためです。 全部の書類がついたままでは、台帳に綴じ込めないのです。 また#2の方の指摘にありますが、書類の紛失・はがれのトラブルはありますので、手元にコピーを置くことはいいことです。 (原本は... Q 過去の所得税還付申告の後、住民税は戻りますか? お世話になります。 いくつかの質問を見たのですが、自分とちょうど当てはまるようなものを見つけることができず、質問させていただきます。 会社勤めではなく個人で仕事をしています。 年収は200万程度です。 ずっと確定申告で所得税を還付してもらっていたのですが、訳あって過去6年ほど確定申告をしていませんでした。 この度過去に溯って(5年分しかダメと言われたので全部ではありませんが)確定申告をし、それまでの所得税が還付されました。 確定申告をしていなかった期間は当然収入=所得と見なされ、私にとっては莫大な住民税を支払っていました。 年によってばらつきはありますが、毎年おおよそ16~17万です。 確定申告をしていた時は確か年額2~3万でした。 平成17年くらいに税制が変わり、住民税が高くなったと思いますが、やはり確定申告をしていなかったせいで高かったのですよね。 そこで質問なのですが、今回所得税の還付申告をしたことにより、過去の住民税も戻ってくる可能性はあるのでしょうか? あるとしたら、何か別の手続きが必要なのでしょうか。 毎年一回行う確定申告では、同時に住民税に関する手続きは必要なかったと思いますが、それは申告した所得によって「これから払う住民税額」を決めていたと思うので、今回のように過去5年分まとめて確定申告した場合「すでに払ってしまった住民税」が減額されたり、返ってきたりすることがあるのかどうか、教えていただければ幸いです。 同じように国民健康保険料も高かったですが・・・こちらは税務署ではないですし、還付されることはないのだろうな・・と訳もなく思っています。 長くなってしまって申し訳ありません。 どうぞよろしくお願いいたします。 過去の所得税還付申告の後、住民税は戻りますか? お世話になります。 いくつかの質問を見たのですが、自分とちょうど当てはまるようなものを見つけることができず、質問させていただきます。 会社勤めではなく個人で仕事をしています。 年収は200万程度です。 ずっと確定申告で所得税を還付してもらっていたのですが、訳あって過去6年ほど確定申告をしていませんでした。 この度過去に溯って(5年分しかダメと言われたので全部ではありませんが)確定申告をし、それまでの所得税が還付されました。

次の