佐賀 地方 気象台。 気象庁 Japan Meteorological agency

佐賀地方気象台/技術課・天気予報の天気(3時間毎)

佐賀 地方 気象台

管区気象台 気象庁の地方支分部局の1つ。 全国に5か所置かれている。 主に気象情報の発表や地震・火山の観測などの業務を担当。 各管区気象台とも、管内の地方気象台および測候所を監理している。 地方支部部局とは、、内閣府設置法第43条及び第57条、国家行政組織法第9条に規定されている、国の行政機関(省庁など)の所掌事務を分掌する地方出先機関の総称。 管区気象台は日本国内で、札幌管区、仙台管区、東京管区、大阪管区、福岡管区の5カ所。 これに、沖縄気象台を管区気象台と当分の間は同等としている(国土交通省設置法第48条第2項)。 北海道に6か所、沖縄県に3か所、そのほか管区気象台がない府県にそれぞれ1か所ずつ置かれている。 北海道や管区気象台がない一部の府県では、測候所を監理する。 沖縄県は熱帯低気圧や台風の接近が多いこと、また、薩摩諸島以西の南西諸島にみられるように島嶼数が非常に多く、3カ所の地方気象台を置いている。 札幌管区気象台 北海道地方予報中枢官署 函館地方気象台、釧路地方気象台、旭川地方気象台、網走地方気象台、室蘭地方気象台、稚内地方気象台 仙台管区気象台 東北地方予報中枢官署 青森地方気象台、盛岡地方気象台、秋田地方気象台、山形地方気象台、福島地方気象台 東京管区気象台 関東地方予報中枢官署 水戸地方気象台、宇都宮地方気象台、前橋地方気象台、熊谷地方気象台、銚子地方気象台、横浜地方気象台、甲府地方気象台、長野地方気象台、富山地方気象台、金沢地方気象台、岐阜地方気象台、静岡地方気象台、津地方気象台 ・新潟地方気象台 北陸地方予報中枢官署 ・名古屋地方気象台 東海地方予報中枢官署 大阪管区気象台 近畿地方予報中枢官署 神戸地方気象台、彦根地方気象台、京都地方気象台、奈良地方気象台、和歌山地方気象台、鳥取地方気象台、松江地方気象台、岡山地方気象台、徳島地方気象台、松山地方気象台、高知地方気象台 ・広島地方気象台 中国地方予報中枢官署 ・高松地方気象台 四国地方予報中枢官署 福岡管区気象台 九州北部(山口含む)地方予報中枢官署 長崎地方気象台、下関地方気象台、佐賀地方気象台、熊本地方気象台、大分地方気象台、宮崎地方気象台 ・鹿児島地方気象台 九州南部地方予報中枢官署 沖縄気象台 沖縄地方予報中枢官署 宮古島地方気象台、南大東島地方気象台、石垣島地方気象台 測候所 分担気象官署として、気象庁予報警報規程第10条及び第12条に基づき、府県予報区担当官署以外に波浪予報、気象の注意報・警報の発表を行うことができる。 機械による測定機能の向上、人員の削減により、2010年10月までに帯広測候所(北海道)・名瀬測候所(鹿児島県)を除いて廃止(機械化、無人化)され、特別地域気象観測所へ移行した。 総務庁 当時 に「要員が必要な測候所を除いて整理を」と指摘され96年度に開始。 06年6月、公務員の削減を求める閣議決定で「測候所は10年度までに原則廃止」とされた。 廃止後は「特別地域気象観測所」として自動で天気、気温、降水量、風向などを観測する。 ただ、見通せる距離は測れても、黄砂や霧など原因の判別はできないという。 活火山が近くにある阿蘇山 熊本 、軽井沢 長野 、大島 東京 、三宅島 同 の4測候所については、気象庁の職員が地元自治体に常駐する「火山防災連絡事務所」をすでに設置している。

次の

気象庁

佐賀 地方 気象台

北九州、筑豊地方では、30日昼過ぎまで土砂災害に注意してください。 福岡県では、29日夕方から30日昼前まで竜巻などの激しい突風や落雷に注意してください。 福岡県は、梅雨前線の影響により曇りや雨となっています。 29日は、梅雨前線の影響により雨となり、夜遅くは雷を伴い激しく降る所があるでしょう。 また、高温が予想されるため、熱中症など健康管理に注意してください。 30日は、梅雨前線の影響により、はじめ雨となり雷を伴い非常に激しく降る所がありますが、午後は曇りとなるでしょう。 <天気変化等の留意点> 筑後北部では、29日12時から30日12時までに予想される降水量は、多い所で1時間に50ミリ、24時間に150ミリの見込みです。 十島村では、30日にかけて急な強い雨や落雷に注意してください。 九州南部・奄美地方は、曇りや晴れで雨が降っている所があります。 九州南部は、29日から30日は梅雨前線や湿った空気の影響を受けるでしょう。 奄美地方は、29日から30日は湿った空気の影響を受ける見込みです。 九州南部では、29日は、曇りで次第に雨となり夜遅くは雷を伴い激しく降る所があるでしょう。 30日は雨で雷を伴い非常に激しく降る所がある見込みです。 奄美地方では、29日は晴れで夜は曇りとなり雷雨となる所があるでしょう。 30日は曇りで昼前から雨となり雷雨となる所がある見込みです。 奄美地方では、29日は高温が予想されるため、熱中症など健康管理に注意してください。 海上では、29日は波がやや高い所があるでしょう。 30日はしける所がある見込みです。 桜島上空およそ1500mの風 29日09時 南の風3m 29日21時の予想 南西の風12m<天気変化等の留意点> 屋久島町では、29日は曇りや雨となり雷を伴うでしょう。 30日は雨や曇りとなり昼過ぎから雷を伴い非常に激しく降る見込みです。 屋久島町では、29日は土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。

次の

指定河川洪水予報=武雄河川事務所 佐賀地方気象台 共同発表|全国のニュース|佐賀新聞LiVE

佐賀 地方 気象台

管区気象台 気象庁の地方支分部局の1つ。 全国に5か所置かれている。 主に気象情報の発表や地震・火山の観測などの業務を担当。 各管区気象台とも、管内の地方気象台および測候所を監理している。 地方支部部局とは、、内閣府設置法第43条及び第57条、国家行政組織法第9条に規定されている、国の行政機関(省庁など)の所掌事務を分掌する地方出先機関の総称。 管区気象台は日本国内で、札幌管区、仙台管区、東京管区、大阪管区、福岡管区の5カ所。 これに、沖縄気象台を管区気象台と当分の間は同等としている(国土交通省設置法第48条第2項)。 北海道に6か所、沖縄県に3か所、そのほか管区気象台がない府県にそれぞれ1か所ずつ置かれている。 北海道や管区気象台がない一部の府県では、測候所を監理する。 沖縄県は熱帯低気圧や台風の接近が多いこと、また、薩摩諸島以西の南西諸島にみられるように島嶼数が非常に多く、3カ所の地方気象台を置いている。 札幌管区気象台 北海道地方予報中枢官署 函館地方気象台、釧路地方気象台、旭川地方気象台、網走地方気象台、室蘭地方気象台、稚内地方気象台 仙台管区気象台 東北地方予報中枢官署 青森地方気象台、盛岡地方気象台、秋田地方気象台、山形地方気象台、福島地方気象台 東京管区気象台 関東地方予報中枢官署 水戸地方気象台、宇都宮地方気象台、前橋地方気象台、熊谷地方気象台、銚子地方気象台、横浜地方気象台、甲府地方気象台、長野地方気象台、富山地方気象台、金沢地方気象台、岐阜地方気象台、静岡地方気象台、津地方気象台 ・新潟地方気象台 北陸地方予報中枢官署 ・名古屋地方気象台 東海地方予報中枢官署 大阪管区気象台 近畿地方予報中枢官署 神戸地方気象台、彦根地方気象台、京都地方気象台、奈良地方気象台、和歌山地方気象台、鳥取地方気象台、松江地方気象台、岡山地方気象台、徳島地方気象台、松山地方気象台、高知地方気象台 ・広島地方気象台 中国地方予報中枢官署 ・高松地方気象台 四国地方予報中枢官署 福岡管区気象台 九州北部(山口含む)地方予報中枢官署 長崎地方気象台、下関地方気象台、佐賀地方気象台、熊本地方気象台、大分地方気象台、宮崎地方気象台 ・鹿児島地方気象台 九州南部地方予報中枢官署 沖縄気象台 沖縄地方予報中枢官署 宮古島地方気象台、南大東島地方気象台、石垣島地方気象台 測候所 分担気象官署として、気象庁予報警報規程第10条及び第12条に基づき、府県予報区担当官署以外に波浪予報、気象の注意報・警報の発表を行うことができる。 機械による測定機能の向上、人員の削減により、2010年10月までに帯広測候所(北海道)・名瀬測候所(鹿児島県)を除いて廃止(機械化、無人化)され、特別地域気象観測所へ移行した。 総務庁 当時 に「要員が必要な測候所を除いて整理を」と指摘され96年度に開始。 06年6月、公務員の削減を求める閣議決定で「測候所は10年度までに原則廃止」とされた。 廃止後は「特別地域気象観測所」として自動で天気、気温、降水量、風向などを観測する。 ただ、見通せる距離は測れても、黄砂や霧など原因の判別はできないという。 活火山が近くにある阿蘇山 熊本 、軽井沢 長野 、大島 東京 、三宅島 同 の4測候所については、気象庁の職員が地元自治体に常駐する「火山防災連絡事務所」をすでに設置している。

次の