中国 生物 兵器。 中国がカナダから盗み出した「生物兵器コロナウイルス」|NOGI|note

(2ページ目)「新型コロナは全人類抹殺のため中国が作った生物兵器」日本人医師が断言! 治療法なし、ウイルスは体内に永遠に残る!

中国 生物 兵器

Photo By Shutterstock 文:岩井聡史 世界的に猛威をふるう新型コロナウイルスは、誰もが他人事でいられない状況になった。 さらに、この恐怖を煽るかのように「新型コロナウイルスは中国の生物兵器が流出したものだ」という陰謀論がまことしやかに囁かれている。 現在では確固とした根拠のない情報でもすぐに拡散されるが、そのような情報社会の風潮に待ったをかけた科学者が現れた。 新型コロナは中国が秘密裏に研究所で作った細菌兵器か? 米国ワシントン州シアトルにあるフレッド・ハッチソンがん研究センターのトレバー・ベッドフォード博士は、この陰謀論を否定する声明をに出した。 しかし、なぜそのような声明が出されるに至ったのか。 新型コロナウイルスは現在、世界的に大流行している。 それに伴い、ネット上では新型コロナが中国で作られた細菌兵器であり、偶然漏れだしたものだという噂が出回りだしたのだ。 確かに災害時やパンデミックの際は、このような恐怖を煽る都市伝説が出回ることがある。 しかし、この噂が広まったことには、いくつか理由がある。 一つ目は、新型コロナが初めて見つかった中国・武漢に、ウイルス研究所があることだ。 この事実が噂に真実味を持たせた。 中国は政治体制のこともあって、積極的な情報開示を行わない。 これも噂に拍車をかけているのだ。 またインドの学者が、新型コロナはHIVに似た構造だと論文で発表をした。 のちに論文は撤回されることになったが、この論文が新型コロナが人為的なものだとする噂の引き金とも言われている。 憶測を呼ぶ断片的な情報が噂となり、インターネットを通じて世界に拡散されたのだ。 「新型コロナの突然変異は、自然の進化と一致している」 現在、新型コロナウイルスは中国が作り出した細菌兵器だと信じ込む人も少なくない。 しかし、ベッドフォード博士は「新型コロナウイルスに遺伝子操作された痕跡はない。 この突然変異は、自然の進化と一致している」と述べている。 ベッドフォード博士はシアトルで開催された米国科学振興協会 AAAS の会議でも、新型コロナが細菌兵器でないと断言した。 現在、世界中の科学者が新型コロナの研究を行っているが、人為的に遺伝子が操作された痕跡は見つかっていない。 確かに新型コロナウイルスはパンデミックを引き起こし、いまだ収まる気配を見せていない。 日々のニュースから人々が強い警戒心を抱くのもうなずける。 しかし断片的な情報だけで判断することは危険だ。 現に何の罪もなく、健康な中国人がこの噂によって差別されることもある。 新型コロナウイルスを過度に恐れないためにも、情報の正誤を見極める必要があるだろう。

次の

(2ページ目)「新型コロナは全人類抹殺のため中国が作った生物兵器」日本人医師が断言! 治療法なし、ウイルスは体内に永遠に残る!

中国 生物 兵器

新型コロナウィルスで影響を受ける国 金融市場の中で、新型コロナウィルスによって一番影響を受けるとしたら為替であり、中国ではなく、韓国のウォンではないかとの見方がされています。 韓国経済こそが中国経済に依存し過ぎているのです。 新型コロナウィルスによって、中国経済が止まってしまうことになってしまったら、その影響はまともに韓国経済に現れてます。 そのため、もともと弱い韓国の通貨ウォンに影響が現れるのではないかということで、実際に韓国ウォンは下落しているようです。 韓国ウォンは要注意だと思います。 新型コロナウィルスは生物化学兵器 新型コロナウィルスは、中国の生物化学兵器だった可能性があるということをアメリカのワシントン・タイムズが1月26日付で報じています。 もしこれが真実であれば、大変なスクープということになってしまいます。 中国政府は当初、今回の新型コロナウィルスの発信源は、海鮮市場だったと報告しました。 ところが、そうではないようなのです。 その発信源は、中国科学院武漢病毒研究所だというのです。 これは何を意味するかというと、中国政府が極秘裏に生物化学兵器の開発を行っていたことになります。 このことをイスラエルの生物化学兵器の専門家が、この新聞で述べています。 生物化学兵器とは、核兵器と同じ大量破壊兵器です。 この大量破壊兵器の一つとして、この研究所では生物化学兵器を製造していたことになります。 SARSの研究所 この研究所は、SARSの研究をしていると言われているらしいのです。 「SARSを生物化学兵器として製造しているのではないか」と疑惑をかけられています。 SARSとはご存知のように、SARSは、2002年11月16日に中国広東省仏山市で発症した最初の症例の報告に始まりました。 その後、香港、北京などから世界中へ拡大して行ったのです。 このSARSはその後、中国政府が「軍事上の大量兵器として使える」ということで生物化学兵器の一つとして、この研究所で製造していたという疑いがあるそうなのです。 本当だったら大変なことになります。 そのSARSを研究していた研究所から、ウィルスが漏れたという可能性があるということなのです。 それは、何を意味するのでしょうか。 これは現在、広がっているのは新型のコロナウィルスではなく、SARSだということなのです。 「SARS を変形させたもので、それも化学兵器として変形させたものなのではないか」という疑いです。 当初、中国政府は新型コロナウィルスの発信源は、海鮮市場と述べていましたが、武漢の病毒研究所は、その海鮮市場から30キロも離れている場所にあるらしいのです。 生物化学兵器の専門家の意見 ワシントン・タイムズの記事の中で、イスラエルの生物化学兵器の専門家は、新型コロナウィルが、おそらく、SARSの変形したもので、それがこの研究所から、漏出してしまったのか、それともこの研究者から人へ感染してしまったのかのどちらかではないかと述べています。 証拠はありませんが、もしこれが本当ならば、中国政府が事実を隠蔽したことになります。 中国がこの生物化学兵器を製造しているということを中国政府はもちろん否定しています。 しかしながら昨年、アメリカの国務省は中国が極秘に生物化学兵器を開発していることを暴露しています。 軍隊が配備 現在この武漢では、軍隊が配備されています。 理由は武漢には1,100万人がいるので、ここから人が出ないように止めているのです。 国がチャーターした飛行機で出国でいるようですが、邦人の方々は早く出るべきです。 過去の歴史を見ても分かるように隠蔽するために何をして来たかが分かります。 この軍隊が配備された本当の理由が、生物化学兵器としての新型コロナウィルスが漏れてしまったことが背景にあるとしたら、大きな事件に発展しそうです。 もしそうであったとしても中国政府は、本当のことを発表しないでしょう。 ワシントン・タイムズの記事が明らかになるのは難しいと言われていますが、一つの報道があったことは事実です。

次の

武漢病毒研究所がコロナウイルスの感染源?米紙「生物兵器を漏らした」可能性を指摘

中国 生物 兵器

画像は「getty images」より 新型コロナウィルスは本当に生物兵器だったのか? 当初は単なる陰謀論の1つだと目されていたが、米中の政治家が互いにその責任を追及する状況を鑑みるに、噂以上の何かがここにはありそうだ。 そうした中、「すごうウィメンズクリニック」院長の産婦人科医・菅生紳一郎医師が、「新型コロナウィルスに関して」と題した驚くべき文章を公開した。 前置きには「新型コロナに関して、Web上には『~~かもしれない』という情報が多数流れていますが、以下が真実です」と書かれている。 以下、箇条書きで重要と思われる点を抜粋した。 人類を抹殺する目的で設計されたので、治療は存在しない。 ・最初の感染犠牲者は、同研究所の「黄」という女性。 既に死亡している。 新型コロナウィルスが「中国科学院武漢病毒研究所」から漏洩した可能性についてはトカナでも報じている。 元イスラエル軍諜報官のダニー・ショーハム氏も、同施設では秘密裏に生物兵器を開発しており、新型コロナウィルスが施設から漏れ出した可能性があると指摘していた。 また、科学誌「Nature」のニュース記事(2017年2月23日付)では、米ラトガース大学の分子生物学者リチャード・エブライト氏が、過去に北京の実験施設から何度もSARS(重症急性呼吸器症候群)ウィルスが漏洩していたと警鐘を鳴らしている。 菅生医師が言うように今回の新型コロナウィルスも「事故によって漏れた」可能性は十分あるだろう。 また感染から発病までの潜伏期間にバラツキがある理由は、新型コロナウィルスが2種類存在するからだと菅生医師は指摘している。 潜伏期間が短いものは戦場で敵兵を殺すのに使い、潜伏期間が長いものは戦争状態にない敵国を滅ぼすために使われるとのことだ。 病状が進んでからは効果なし。 新型コロナウィルスの特効薬として注目されているアビガン錠だが、菅生医師によると重症者には効かないという。 日本では重症者を中心に検査しているため、新型コロナウィルスの感染が判明してからの服用では間に合わないということだ。 また、菅生医師は「(新型コロナウィルスは)人類を抹殺する目的で設計されたので、治療は存在しない」と断言している。

次の