日蓮 正宗 と は。 日蓮正宗寺院一覧

[mixi]日蓮正宗大石寺の「日蓮の御肉牙」は真っ赤

日蓮 正宗 と は

日蓮正宗とは? 日蓮正宗とは、日蓮聖人を末法の本仏、静岡県富士宮市の大石寺を総本山とした、仏教の一派です。 日蓮聖人入滅後、建長5年に弟子の一人である日興により開創されました。 750年以上の歴史のある仏教の一宗派になります。 日蓮系宗派は、宗祖である日蓮聖人が大切にした妙法蓮華経の教えを信仰する宗派です。 日蓮聖人が最も尊いお経であるとした妙法蓮華経を日々の務めとして唱えることで、困難な時代から救われ、今世での成仏ができるとされています。 また、日蓮正宗では、日蓮大聖人を宗祖・本仏として仰ぎ、毎日のお勤めとして御本尊に向かって「妙法蓮華経」を唱えることでこの世での成仏が叶うとしています。 日蓮正宗の本山と主な寺院 前述したように、日蓮正宗の総本山は静岡県富士宮市の大石寺です。 正応3年(1290)10月、日興によって開創されました。 山号は多宝富士大日蓮華山とし、寺号の大石寺は地名の大石ヶ原に由来します。 本門戒壇の大御本尊が安置され、五重塔は国の重要文化財に指定されています。 また、この総本山大石寺の他、海外を含めた全国各地に700を越える寺院等があります。 例えば、東京には品川区にある妙光寺、世田谷区の善福寺など30以上の寺院が存在し、さらにアメリカや台湾を中心に海外にも多数の寺院を構えています。 日蓮宗と日蓮正宗の違い もともと、日蓮宗と日蓮正宗は、同じ『日蓮宗』でしたが、日蓮聖人入滅後、弟子たちの思想の違いから分派しました。 5人の弟子が日蓮聖人の少々行き過ぎた思想を緩和させ立ち上げた宗派は、それぞれ独自の発展を遂げました。 それらが近世の動きの中で統合され、現在の日蓮宗となったのです。 このように日蓮宗は様々な宗派を統合したもののため、日蓮宗内では本尊や儀式なども統一されておらず、様々な様式が許容されています。 その一方で、日興という弟子は日蓮聖人の教えを第一に考え、5人とは違う思想を持ち続け、日蓮正宗を立ち上げました。 日蓮宗と日蓮正宗の違いについて簡単に比較はできませんが、大きな違いとしては「本仏」が何を指すのか、といった考え方が挙げられます。 本仏とは、寺院などで本尊としてまつられる仏像、根本の仏のことを指しますが、日蓮宗では教義の一つとして『日蓮聖人が末法の本仏』とされています。 片や、日蓮正宗では、日蓮聖人を釈迦の力が弱まり悟りのなくなった末法の時代に現れた本仏と考えています。 つまり、日蓮聖人を仏やイエスキリストのように、崇拝の対象と考えているのです。 そのため、日蓮正宗では「日蓮聖人」ではなく「日蓮大聖人」と呼び、それが日蓮宗と日蓮正宗の大きな違いだと言えます。 日蓮宗と創価学会との関係 日蓮正宗と創価学会は、似たような妙法蓮華経を唱え、同じ様な御本尊様を祀っています。 というのも、創価学会の前身団体「創価教育学会」が重要視したのが、日蓮聖人の仏法精神です。 1937年、創価教育学会は日蓮正宗の関連団体の1つとして位置付けられました。 しかし、平成3年11月に創価学会が日蓮正宗の教義から逸脱した独自思想を持ち込み、日蓮正宗の信条に従わないとし、創価学会を破門としました。 こういった背景から現在は創価学会を破門とした日蓮正宗ですが、創価学会員に対しては大石寺に登山し改心するように、という姿勢で参拝の拒否はしていないようです。 日蓮正宗の結婚式の特徴 日蓮正宗の結婚式は、寺院御宝前において執行することを基本とします。 御本尊への読経・唱題のもと、三三九度・親子固めの杯を行ない、夫婦が末長く契りを結ぶことを、御本尊に誓います。 この作法には、その信心を基盤として健全な家庭を築き、日蓮聖人の慈悲に報いるため、教えを全うするとともに精進し、教えを子から孫へと信心を伝え、受け継いでいくという深い意義と目的が込められているのです。 また、日蓮聖人は、夫婦はお互いを補い合いながら和合することが大切であると示しているため、信徒は、これらの意義を弁え、神社やキリスト教会などで婚儀を行うことは慎むべきとしています。 日蓮正宗の葬儀の特徴 葬儀の内容や流れは宗教や宗派によって異なります。 日蓮正宗の葬儀の流れは、基本的には他の日蓮系宗派とあまり変わりはありませんが、他の宗派と比べて厳密にルールが決められていたり、厳格な作法が求められたりする場合があります。 日蓮正宗では、お葬式を「日蓮聖人に故人をお迎えに来ていただき、無事に三途の川を渡るための儀式」としており、正しい作法で執り行われなければ、故人が成仏できない重要なものと考えられています。 日蓮聖人以来の伝統法義に基づきお葬式を行うことで、故人は必ず即身成仏し、次に受ける生では今世の悩みから解放され、清らかに過ごすことができるとされているのです。 【合わせて読みたい】 葬儀の流れ ここでは日蓮正宗の葬儀の流れを説明していきます。 大まかな流れは他の宗派の葬儀と同じです。 着席:喪主や親族等が着席します。 僧侶出仕:僧侶が葬儀の場に出てきます。 題目三唱:他の日蓮系宗派と同様に、全員で題目「南無妙法蓮華経」を三唱します。 読経:声を出してお経を読みます。 妙法蓮華経の28品(章)の中から『方便品』と『寿量品』を読み上げます。 焼香:寿量品に入ったら、中心となって式を執り行う僧侶である導師に引き続き、喪主・親族などの順で焼香をあげていきます。 弔辞・弔電:故人の霊前で故人に捧げる弔いの言葉、弔辞を読みます。 読経・題目:再び読経をします。 先ほどと同じ「法華経」二十八品中の第十六如来寿量品 寿量品 です。 観念文・題目三唱:恩恵に対する恩返しとして読むのが観念文です。 観念文の後に法蓮華経の題目を唱和します。 僧侶退出:最後の題目を唱え終わると僧侶が退出します。 そして、その後に喪主謝辞を行い、最後に閉式の辞で終了です。 費用相場 御供養金額には決まりや目安、相場といったものは決まっていません。 日蓮正宗ではお布施のことを御本尊への御供えとして「御供養」と呼びます。 この御供養の相場が気になり寺院に質問する人も多いそうですが、御供養はあくまで御本尊への御供えであり、僧侶が金額をつけることはできないため相場がないようです。 また、宗派によっては住職へのお礼を渡す場合もありますが、日蓮正宗では必要ありません。 なお、以下の費用は寺院によって金額が決まっています。 寺院に問い合わせると教えてくれるそうです。 塔婆代 卒塔婆の料金• 永代回向料 ご遺骨の管理費• 納骨冥加料 納骨料金• 過去帳冥加料 故人の戒名や享年などの記録を記す料金 日蓮正宗の葬儀のマナー 日蓮正宗の葬儀の流れを理解したところで、葬儀のマナーを説明します。 お経 日蓮正宗では法華経の教えを基礎とするため、葬儀の読経でも「妙法蓮華経」を唱えます。 また、題目三唱の部分では参列者全員で「南無妙法蓮華経」を三唱します。 この三唱とは、三回連続して唱えるのではなく、二回続けて唱えてから、一拍置いてもう一度「南無妙法蓮華経」を唱えます。 「南無妙法蓮華経」には「法華経の教えに帰依するという」という意味があり、「南無妙法蓮華経」と唱えることで加護を祈り、これを受持することこそが成仏の道であると説いています。 また、「南無妙法蓮華経」の読み方は、宗派によって違いがあるのですが、日蓮正宗の厳密な読み方は「なんみょうほうれんげきょう」となります。 焼香の作法 日蓮正宗では、焼香の作法と回数が厳密に定められています。 回数にこれといった決まりがない宗派もありますが、日蓮正宗の焼香は以下の方法が正しいとされています。 はじめに、遺族と祭壇に一礼をします。 その後、額に押しいただきながら焼香を3回行い合掌し、最後にもう一度、遺影に向かって一礼をします。 このように焼香が3回と決まっている点が特徴です。 また、合掌する際、数珠は掛け房が下に来るように左手で持ち、手を合わせるようにしましょう。 【合わせて読みたい】 お供え 定番は、しきみと果物、お線香とされています。 生花は避け、しきみを供えましょう。 しきみは常緑樹で、いつか枯れてしまう生花よりも強い生命力があると言われます。 また、枝や葉から独特の香りを出すので、邪気を払い、自分の周りを清め、来世で長く生きられるよう願うという意味があります。 日蓮正宗の仏壇やお墓 仏壇の特徴 日蓮正宗専用の仏壇を用意するのが良いとされ、日蓮正宗用仏壇の専門店もあります。 日蓮正宗専用の仏壇は仏壇の内部に厨子がついているものが正式です。 この厨子の中に御本尊を祀ります。 ですが、最近では、内部に厨子をつける代わりに扉を厨子型にしたものが広く出回っていて、その扉の形体から、いわゆる家具調仏壇を選ぶ人もたくさんいます。 お墓の特徴 墓石は、基本的に仏教の他の宗派と大きな違いはありませんが、所属寺院の住職がしたためたひげ文字の「妙法蓮華経」の下に家名を入れることが多いです。 墓石が完成したら、僧侶の導師のもとで供養を行います。 なお、墓参りの際も、生花ではなくしきみをお供えするようにしましょう。 まとめ 日蓮正宗では厳格に教義を守り、正しく冠婚葬祭を行うことが重要とされています。 ただし、地域により作法の多少の違いがありますので、わからないことがある場合は所属している寺院に相談し、誤りなく行うのが良いでしょう。 また、参列する予定のある人は、日蓮正宗における葬儀・結婚式のマナーあらかじめ知っておき、いざと言う時に慌てずに済むようにしましょう。 特に、葬儀・告別式に参列する時には、日蓮正宗に限らず宗教や宗派によって覚えておきたいマナーやしきたりがたくさんあります。 突然の不幸にも慌てずに参列できるよう、基本的なマナーとしきたりは覚えておきたいものですが、何よりも大切なことは故人の冥福を祈り、ご遺族の気持ちを大切にすることです。

次の

日蓮正宗(法華講)に入信している「芸能人」一覧【まとめ】。

日蓮 正宗 と は

日蓮正宗とは? 日蓮正宗とは、日蓮聖人を末法の本仏、静岡県富士宮市の大石寺を総本山とした、仏教の一派です。 日蓮聖人入滅後、建長5年に弟子の一人である日興により開創されました。 750年以上の歴史のある仏教の一宗派になります。 日蓮系宗派は、宗祖である日蓮聖人が大切にした妙法蓮華経の教えを信仰する宗派です。 日蓮聖人が最も尊いお経であるとした妙法蓮華経を日々の務めとして唱えることで、困難な時代から救われ、今世での成仏ができるとされています。 また、日蓮正宗では、日蓮大聖人を宗祖・本仏として仰ぎ、毎日のお勤めとして御本尊に向かって「妙法蓮華経」を唱えることでこの世での成仏が叶うとしています。 日蓮正宗の本山と主な寺院 前述したように、日蓮正宗の総本山は静岡県富士宮市の大石寺です。 正応3年(1290)10月、日興によって開創されました。 山号は多宝富士大日蓮華山とし、寺号の大石寺は地名の大石ヶ原に由来します。 本門戒壇の大御本尊が安置され、五重塔は国の重要文化財に指定されています。 また、この総本山大石寺の他、海外を含めた全国各地に700を越える寺院等があります。 例えば、東京には品川区にある妙光寺、世田谷区の善福寺など30以上の寺院が存在し、さらにアメリカや台湾を中心に海外にも多数の寺院を構えています。 日蓮宗と日蓮正宗の違い もともと、日蓮宗と日蓮正宗は、同じ『日蓮宗』でしたが、日蓮聖人入滅後、弟子たちの思想の違いから分派しました。 5人の弟子が日蓮聖人の少々行き過ぎた思想を緩和させ立ち上げた宗派は、それぞれ独自の発展を遂げました。 それらが近世の動きの中で統合され、現在の日蓮宗となったのです。 このように日蓮宗は様々な宗派を統合したもののため、日蓮宗内では本尊や儀式なども統一されておらず、様々な様式が許容されています。 その一方で、日興という弟子は日蓮聖人の教えを第一に考え、5人とは違う思想を持ち続け、日蓮正宗を立ち上げました。 日蓮宗と日蓮正宗の違いについて簡単に比較はできませんが、大きな違いとしては「本仏」が何を指すのか、といった考え方が挙げられます。 本仏とは、寺院などで本尊としてまつられる仏像、根本の仏のことを指しますが、日蓮宗では教義の一つとして『日蓮聖人が末法の本仏』とされています。 片や、日蓮正宗では、日蓮聖人を釈迦の力が弱まり悟りのなくなった末法の時代に現れた本仏と考えています。 つまり、日蓮聖人を仏やイエスキリストのように、崇拝の対象と考えているのです。 そのため、日蓮正宗では「日蓮聖人」ではなく「日蓮大聖人」と呼び、それが日蓮宗と日蓮正宗の大きな違いだと言えます。 日蓮宗と創価学会との関係 日蓮正宗と創価学会は、似たような妙法蓮華経を唱え、同じ様な御本尊様を祀っています。 というのも、創価学会の前身団体「創価教育学会」が重要視したのが、日蓮聖人の仏法精神です。 1937年、創価教育学会は日蓮正宗の関連団体の1つとして位置付けられました。 しかし、平成3年11月に創価学会が日蓮正宗の教義から逸脱した独自思想を持ち込み、日蓮正宗の信条に従わないとし、創価学会を破門としました。 こういった背景から現在は創価学会を破門とした日蓮正宗ですが、創価学会員に対しては大石寺に登山し改心するように、という姿勢で参拝の拒否はしていないようです。 日蓮正宗の結婚式の特徴 日蓮正宗の結婚式は、寺院御宝前において執行することを基本とします。 御本尊への読経・唱題のもと、三三九度・親子固めの杯を行ない、夫婦が末長く契りを結ぶことを、御本尊に誓います。 この作法には、その信心を基盤として健全な家庭を築き、日蓮聖人の慈悲に報いるため、教えを全うするとともに精進し、教えを子から孫へと信心を伝え、受け継いでいくという深い意義と目的が込められているのです。 また、日蓮聖人は、夫婦はお互いを補い合いながら和合することが大切であると示しているため、信徒は、これらの意義を弁え、神社やキリスト教会などで婚儀を行うことは慎むべきとしています。 日蓮正宗の葬儀の特徴 葬儀の内容や流れは宗教や宗派によって異なります。 日蓮正宗の葬儀の流れは、基本的には他の日蓮系宗派とあまり変わりはありませんが、他の宗派と比べて厳密にルールが決められていたり、厳格な作法が求められたりする場合があります。 日蓮正宗では、お葬式を「日蓮聖人に故人をお迎えに来ていただき、無事に三途の川を渡るための儀式」としており、正しい作法で執り行われなければ、故人が成仏できない重要なものと考えられています。 日蓮聖人以来の伝統法義に基づきお葬式を行うことで、故人は必ず即身成仏し、次に受ける生では今世の悩みから解放され、清らかに過ごすことができるとされているのです。 【合わせて読みたい】 葬儀の流れ ここでは日蓮正宗の葬儀の流れを説明していきます。 大まかな流れは他の宗派の葬儀と同じです。 着席:喪主や親族等が着席します。 僧侶出仕:僧侶が葬儀の場に出てきます。 題目三唱:他の日蓮系宗派と同様に、全員で題目「南無妙法蓮華経」を三唱します。 読経:声を出してお経を読みます。 妙法蓮華経の28品(章)の中から『方便品』と『寿量品』を読み上げます。 焼香:寿量品に入ったら、中心となって式を執り行う僧侶である導師に引き続き、喪主・親族などの順で焼香をあげていきます。 弔辞・弔電:故人の霊前で故人に捧げる弔いの言葉、弔辞を読みます。 読経・題目:再び読経をします。 先ほどと同じ「法華経」二十八品中の第十六如来寿量品 寿量品 です。 観念文・題目三唱:恩恵に対する恩返しとして読むのが観念文です。 観念文の後に法蓮華経の題目を唱和します。 僧侶退出:最後の題目を唱え終わると僧侶が退出します。 そして、その後に喪主謝辞を行い、最後に閉式の辞で終了です。 費用相場 御供養金額には決まりや目安、相場といったものは決まっていません。 日蓮正宗ではお布施のことを御本尊への御供えとして「御供養」と呼びます。 この御供養の相場が気になり寺院に質問する人も多いそうですが、御供養はあくまで御本尊への御供えであり、僧侶が金額をつけることはできないため相場がないようです。 また、宗派によっては住職へのお礼を渡す場合もありますが、日蓮正宗では必要ありません。 なお、以下の費用は寺院によって金額が決まっています。 寺院に問い合わせると教えてくれるそうです。 塔婆代 卒塔婆の料金• 永代回向料 ご遺骨の管理費• 納骨冥加料 納骨料金• 過去帳冥加料 故人の戒名や享年などの記録を記す料金 日蓮正宗の葬儀のマナー 日蓮正宗の葬儀の流れを理解したところで、葬儀のマナーを説明します。 お経 日蓮正宗では法華経の教えを基礎とするため、葬儀の読経でも「妙法蓮華経」を唱えます。 また、題目三唱の部分では参列者全員で「南無妙法蓮華経」を三唱します。 この三唱とは、三回連続して唱えるのではなく、二回続けて唱えてから、一拍置いてもう一度「南無妙法蓮華経」を唱えます。 「南無妙法蓮華経」には「法華経の教えに帰依するという」という意味があり、「南無妙法蓮華経」と唱えることで加護を祈り、これを受持することこそが成仏の道であると説いています。 また、「南無妙法蓮華経」の読み方は、宗派によって違いがあるのですが、日蓮正宗の厳密な読み方は「なんみょうほうれんげきょう」となります。 焼香の作法 日蓮正宗では、焼香の作法と回数が厳密に定められています。 回数にこれといった決まりがない宗派もありますが、日蓮正宗の焼香は以下の方法が正しいとされています。 はじめに、遺族と祭壇に一礼をします。 その後、額に押しいただきながら焼香を3回行い合掌し、最後にもう一度、遺影に向かって一礼をします。 このように焼香が3回と決まっている点が特徴です。 また、合掌する際、数珠は掛け房が下に来るように左手で持ち、手を合わせるようにしましょう。 【合わせて読みたい】 お供え 定番は、しきみと果物、お線香とされています。 生花は避け、しきみを供えましょう。 しきみは常緑樹で、いつか枯れてしまう生花よりも強い生命力があると言われます。 また、枝や葉から独特の香りを出すので、邪気を払い、自分の周りを清め、来世で長く生きられるよう願うという意味があります。 日蓮正宗の仏壇やお墓 仏壇の特徴 日蓮正宗専用の仏壇を用意するのが良いとされ、日蓮正宗用仏壇の専門店もあります。 日蓮正宗専用の仏壇は仏壇の内部に厨子がついているものが正式です。 この厨子の中に御本尊を祀ります。 ですが、最近では、内部に厨子をつける代わりに扉を厨子型にしたものが広く出回っていて、その扉の形体から、いわゆる家具調仏壇を選ぶ人もたくさんいます。 お墓の特徴 墓石は、基本的に仏教の他の宗派と大きな違いはありませんが、所属寺院の住職がしたためたひげ文字の「妙法蓮華経」の下に家名を入れることが多いです。 墓石が完成したら、僧侶の導師のもとで供養を行います。 なお、墓参りの際も、生花ではなくしきみをお供えするようにしましょう。 まとめ 日蓮正宗では厳格に教義を守り、正しく冠婚葬祭を行うことが重要とされています。 ただし、地域により作法の多少の違いがありますので、わからないことがある場合は所属している寺院に相談し、誤りなく行うのが良いでしょう。 また、参列する予定のある人は、日蓮正宗における葬儀・結婚式のマナーあらかじめ知っておき、いざと言う時に慌てずに済むようにしましょう。 特に、葬儀・告別式に参列する時には、日蓮正宗に限らず宗教や宗派によって覚えておきたいマナーやしきたりがたくさんあります。 突然の不幸にも慌てずに参列できるよう、基本的なマナーとしきたりは覚えておきたいものですが、何よりも大切なことは故人の冥福を祈り、ご遺族の気持ちを大切にすることです。

次の

日蓮正宗公式サイト|総本山大石寺

日蓮 正宗 と は

西 紀 年 号 月 日 事 蹟(敬称略) 1928 昭和3年 6月頃 牧口常三郎(後の創価学会初代会長)・戸田城聖(2代会長) 法華講信徒三谷素啓により折伏され日蓮正宗に入信 1930 昭和5年 11月18日 牧口常三郎 創価教育学会を創立 1943 昭和18年 7月 6日 牧口常三郎・戸田城聖 治安維持法違反・不敬罪等の罪状により拘引 1944 昭和19年 11月18日 牧口常三郎 獄中にて逝去 1946 昭和21年 3月頃 戸田城聖 創価教育学会を「創価学会」と改称し再建 1947 昭和22年 8月24日 池田大作 日蓮正宗に入信(現・東京昭倫寺にて) 1951 昭和26年 5月 3日 戸田城聖 創価学会第2代会長に就任 (東京常泉寺にて就任式を挙行) 12月18日 戸田城聖 宗務院の命により登山し、創価学会の宗教法人設立に際して3ヶ条遵守を約束 1)折伏した人は信徒として各寺院に所属させること 2)当山(日蓮正宗)の教義を守ること 3)三宝(仏・法・僧)を守ること 1952 昭和27年 4月24〜28日 宗旨建立七百年慶祝記念大法要奉修 8月27日 創価学会 東京都知事より宗教法人の認証をうける 1956 昭和31年 1月29日 戸田城聖 日昇上人御隠退表明を拝して『信者の大精神に立て』との談話を発表 「先代牧口先生当時から学会は猊座の事には一切関知せぬ大精神で通して来たし、今後もこの精神で一貫する。 これを破る者はたとえ大幹部といえども即座に除名する」(聖教新聞) 8月10日 戸田城聖 日淳上人に対し奉り「将来、もし学会が大きくなって、宗門に圧力をかけたり、あるいは内政干渉をするようなことがあったら、いつでも解散をお命じ下さい」と申し上げる(岡山妙霑寺落慶入仏式) 1958 昭和33年 3月30日 戸田城聖 法華講総講頭に任ぜられる 4月 2日 戸田城聖 逝去 1960 昭和35年 5月 3日 池田大作 創価学会第3代会長に就任(東京日大講堂) 1964 昭和39年 4月 1日 池田大作 法華講総講頭に任ぜられる 1972 昭和47年 10月11日 正本堂落成慶讃大法要(〜17日) 1974 昭和49年 4月12日 創価学会 宗門支配を画策 (山崎・八尋報告書「本山の件」) 5月10日 創価学会 宗門からの分離独立を画策 (北条報告書「本山の件」) 6月18日 創価学会 宗門からの分離独立を画策 (北条報告書「宗門の件」) 1977 昭和52年 1月15日 池田大作 第9回教学部大会で「仏教史観」を語る これより創価学会昭和52年教義逸脱路線が表面化 【52年路線の主なもの】 1)戸田会長の悟達が創価仏法の原点 2)大聖人直結、血脈・途中の人師論師不要 3)「人間革命」は現代の御書 4)会長に帰命、久遠の師、本門弘通の大導師、 主師親三徳 5)寺院・会館混同(寺院軽視) 6)謗法容認 7)在家でも供養を受けられる 8)学会僧宝論 1978 昭和53年 2月 9日 日達上人 創価学会の歴史的経過の上から教義逸脱路線の根源を指摘 2月22日 日達上人 2月12・14日の池田大作の御目通りの内容を公表 1)池田大作「手を切るのだけはやめてほしい」と懇願 2)日達上人「池田会長に日蓮正宗信徒の基本を徹底するよう」指南 6月29日 日蓮正宗 教師指導会で創価学会からの教義逸脱是正文書を公表 6月30日 創価学会 「教学上の基本問題について」(教義逸脱を是正)を発表(通 称「6. 30」) 9月28日 創価学会 模刻本尊7体を総本山に納める 11月 7日 創価学会 創立48周年記念登山代表幹部会において、池田大作 52年逸脱路線について謝罪(通称「お詫び登山」) 1979 昭和54年 4月24日 池田大作 学会問題の責任を取り会長を辞任し名誉会長となる 北條 浩 創価学会第4代会長に就任 4月26日 池田大作 学会問題の責任を取り法華講総講頭を辞任し名誉総講頭となる 5月 3日 日達上人 創価学会第40回本部総会において、池田名誉会長他首脳がそれまでの過ちを正直に反省したことを大前提として52年逸脱路線問題を収束される(創価大学体育館) 7月22日 日達上人 御遷化 日顕上人 第67世御法主に登座 12月 1日 北条 浩 『北条報告書』の件につき聖教新聞でお詫び 1980 昭和55年 4月 2日 池田大作 所感「恩師の23回忌に思う」で、52年路線は全て自分の指導に原因があると反省懺悔 (聖教新聞) 11月26日 日顕上人 創価学会創立50周年記念幹部登山において、52年路線の誤りを再度指摘し、下記について御指南 1)僧俗及び2つの法人の関係に対する認識 2)指導者中心のあり方 3)教学研鑽の基本姿勢(特に「学会にも指導者にも誤りは無かったという発言は許されない」と強調) 1981 昭和56年 7月18日 北條 浩 逝去 秋谷栄之助 創価学会第5代会長に就任 10月10〜16日 宗祖日蓮大聖人第七百遠忌奉修 1984 昭和59年 1月 2日 池田大作 法華講総講頭に再任される 1990 平成2年 7月17日 創価学会 宗門との連絡会議の席上、法主上人・宗門を一方的に批判し席を立つ(東京常泉寺) 10月6〜7日 12〜13日 大石寺開創七百年慶讃大法要(初会)奉修 大石寺開創七百年慶讃大法要(本会)奉修 11月16日 池田大作 創価学会第35回本部幹部会において、猊下、宗門、僧侶の蔑視・軽視発言 (52年逸脱路線無反省を露呈) 12月13日 日蓮正宗 創価学会との連絡会議の席上、池田大作の11月16日のスピーチについての『お尋ね』文書を学会に提出する 創価学会 「出所不明のテープを元にした文書は受け取れない」と受け取りを拒絶(東京常泉寺) 12月16日 日蓮正宗 創価学会へ『お尋ね』文書を発送 12月24日 日蓮正宗 創価学会からの12月23日付『お伺い』なる9項目にわたる事実無根・捏造の宗門批判文書を受信 12月27日 第130臨時宗会開催 宗規一部改正を議決 改正にともない総講頭・大講頭の資格喪失 1991 平成3年 1月 4日 創価学会 聖教新聞紙上で宗門批判キャンペーン開始 2月頃 創価学会 宗門の化儀を無視した『学会葬』始める 9月17日 秋谷栄之助 第46回本部幹部会で「宗門は天魔と化して、信者ドロボウに狂奔し」と発言 10月頃 創価学会・SGI 日顕上人退座要求署名運動を開始 10月21日 日蓮正宗 創価学会へ『通告文』を発送 学会葬などの化儀破壊行為を改めるよう通告 11月 7日 日蓮正宗 創価学会へ『解散勧告』 11月28日 日蓮正宗 創価学会及びSGIを『破門』(無関係の団体となる) 1992 平成4年 3月28日 日蓮正宗 創価学会が宗教法人の適格性を欠くため、東京都知事(当時鈴木俊一氏)に対し『意見書』を提出 8月11日 日蓮正宗 池田大作を信徒除名処分 1993 平成5年 9月 7日 創価学会 『ニセ本尊』作製発表 10月 1日 創価学会 『ニセ本尊』販売開始 1996 平成8年 11月18日 日蓮正宗 創価学会が宗教法人の適格性を欠くため、文部大臣(当時小杉隆氏)に対し『意見書』を提出 1997 平成9年 12月 1日 日蓮正宗 宗務行政措置を実施 この措置により、創価学会個人の日蓮正宗檀信徒資格が喪失した。 2002 平成14年 3月28日 創価学会 「創価学会会則」を改変(3月29日付「聖教新聞」) 2014 平成26年 11月 7日 創価学会 「創価学会会則」を改変し、大御本尊への信仰を放棄(11月8日付「聖教新聞」) 大御本尊への信仰を捨てた創価学会をただす —矛盾のスパイラルにおちいった創価学会—を発刊 今般、創価学会は会則を改変し、その説明として聖教新聞紙上に「弘安2年の御本尊は受持の対象にはいたしません」と発表しました。 これは、創価学会の前身である創価教育学会が昭和5 1930 年に設立されて以来、80数年にわたって会員が等しく信仰の対境として尊崇してきた宗祖日蓮大聖人弘安二年十月十二日所顕の本門戒壇の大御本尊を放棄することを意味します。 信仰の世界において、礼拝の対象となる本尊は最も重視されなければなりません。 今回、創価学会が行った本尊義の改変は、教団の存立基盤を揺るがし、80数年の歴史を覆す大事件です。 日蓮大聖人を御本仏と立てながら、大聖人出世の本懐たる大御本尊を放棄するという致命的な過ちを犯した創価学会は、それを繕うため、いくつかの異説を唱えざるをえない状態に至りました。 まさしく創価学会は、はてしない矛盾のスパイラル(らせん状の進行)におちいったと言えましょう。 本書は、創価学会首脳部に誑惑される学会員を目覚めさせるため、会則を改変したことに伴う創価学会の本尊義と、それを言い繕うための邪説を破折するものです。 本書によって、迷える学会員が一人でも多く、本門戒壇の大御本尊まします富士大石寺の正法に帰依することを祈ってやみません。

次の