子供 爪 剥がれる 原因。 爪甲剥離症について

爪甲剥離症について

子供 爪 剥がれる 原因

自爪によくある悩みの1つに、 「二枚爪」があります。 別名では、爪甲層状 そうこうそうじょう 分裂症と呼ばれます。 自爪の層の間に空気が入ってめくれるのが二枚爪 まず、二枚爪のメカニズムについて、簡単に説明しておきます。 爪は1枚でできているのではなく、3層構造になっており、爪の表面から、• トッププレート 背爪• ミドルプレート 中爪• アンダープレート 腹爪 というように分かれています。 爪の断面から、先述した 3つの層の間に空気が入り込んでしまい、空気が入ったところから爪の層がめくれあがってしまうことが、二枚爪と呼ばれる状態です。 二枚爪の主な3つの原因 二枚爪の原因として、主に下の3つの原因が考えられます。 外的衝撃• 栄養不足• 乾燥 水分不足 1,外的衝撃 または故意に爪を薄くめくってしまう 二枚爪の原因として結構多いのは、外的な衝撃によるものです。 爪の先をどこかにぶつけてしまうことで、爪の層がはがれて二枚爪になってしまいます。 オフィスワークやピアノの先生など、 日常的に爪の先を酷使する人は、二枚爪になりやすいです。 また、わずかなひび割れや、爪切り後の断面のガタついたところから、クセでついつい薄く爪をめくってしまう人もいます。 自分のクセをなかなか治せない子どものうちは、二枚爪になっていることも多いです。 2,栄養不足 爪は、皮膚が角質化したもので、タンパク質 ケラチン が不足していると、どんどん弱ってしまいます。 栄養が偏っていると、肌荒れを起こしてしまいますが、それと同じような原理です。 爪がもろくなることで、1つ1つの層がはがれやすくなり、ちょっとした衝撃でもめくれてしまうことがあります。 タンパク質の不足以外にも、鉄分の不足、ビタミンの不足、ミネラルの不足なども、二枚爪の原因として考えられます。 3,乾燥 水分不足 爪の乾燥も、二枚爪になりやすい原因の1つです。 例えば除光液を使いすぎたり、水仕事を毎日行っていたりすると、爪の水分を保つはたらきを持つ脂質が減り 脱脂 、爪が乾燥してしまいます。 爪が乾燥すると、ヒビ割れが起きやすくなり、そのヒビ割れた部分から、爪の層がめくれて二枚爪の状態になってしまいます。 二枚爪になりにくい爪を作るための6つの方法 二枚爪の原因の1つに、外的衝撃があるかぎり、二枚爪を完全に予防する方法はありません。 しかし、 衝撃に耐えやすくなる爪 層がはがれにくくなる爪 を作ることなら、可能です。 二枚爪になりにくい爪を作るために必要なことは、次の6つです。 1,ストレングスナーで自爪の補強をはじめる• 2,脱脂・水分不足を防ぐための保湿ケアをはじめる• 3,爪切りでバチバチ爪を切らない• 4,取れかけのジェルネイルを無理やり剥がさない• 5,除光液を使いすぎない• 6,タンパク質、ミネラル、亜鉛、ビタミンを摂る 1,ストレングスナーで自爪の補強をはじめる 各メーカーから、という自爪を補強するためのアイテムが販売されています。 成分は各メーカーによりますが、自爪をいたわるトリートメント的な成分が含まれていることが特長で、爪が割れやすい人や二枚爪になりやすい人に適したアイテムです。 軽い衝撃から爪の表面を守り、脱脂や水分不足を抑え、 爪がめくれてペラペラに薄くなってしまうことを抑える効果があります。 2,脱脂・水分不足を防ぐための保湿ケアをはじめる 爪の表面からの脱脂・水分不足を防ぐためには、保湿ケアを行うことが有効です。 として販売されているものを、使うといいでしょう。 特に、ポリッシュやジェルネイルをオフしたあとは乾燥しがちですので、次のネイルをすぐにしないときは、しばらく集中的にケアを行うと二枚爪の予防に効果的です。 3,爪切りでバチバチ爪を切らない 自爪を伸ばしすぎないように切ることは、自爪が折れることを防ぐために必要なことですが、爪切りでバチバチと切ってしまうと、爪の断面がガタつきめくれやすいです。 特に、幅の広い爪 足の親指の爪など を、爪切りでバチンと切ると、爪の両端にストレスがかかり、ヒビが入りやすいです。 そのストレスポイントから、爪がはがれてしまうことが多いので、 爪切りの後は断面をで整え、なめらかにする工夫を行いましょう。 4,取れかけのジェルネイルを無理やり剥がさない ジェルネイルのオフの仕方で、自爪の傷み方は変わってきます。 ネイルサロンで雑にジェルネイルをオフされることはないかと思いますが、セルフでジェルネイルのオフを行う場合、急いでいると雑になってしまうこともあるかもしれません。 特に、オフ途中のジェルネイルが取れそうだからといって、 力任せにはがしてしまうのは、爪がめくれる大きな原因となります。 ジェルネイルのオフを丁寧に行う事が、自爪を傷めないカギとなります。 セルフでジェルネイルをオフする方法についてまとめた記事もありますので、詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。 1週間に1回程度ならそこまで影響はないかと思いますが、「毎日ポリッシュの色を塗り替える! 」というような除光液の使いすぎはNGです。 自分の爪を見て、「何となく薄くなってきたかな? 」「縦にスジが見えてきたかな? 」と思ったら、少しネイルアートをお休みし、自爪をケアする期間を作った方がいいかもしれません。 また、自爪へのダメージが気になる方は、を選ぶことがオススメです。 6,タンパク質、ミネラル、亜鉛、ビタミンを摂る 層と層の間がはがれにくい、強い爪を作るためには、 タンパク質・ミネラル・亜鉛・ビタミンを意識的に摂ることが大切です。 どんな食べ物を食べると効果的なのかなど、詳しいことは別の記事に記載しておりますので、気になる方は合わせてご覧ください。 本来ジェルネイルやポリッシュのやりすぎは、爪を傷める原因になりますが、ガタガタの爪をペラッとめくってしまうクセがある人は、ネイルアートをすることで、爪をめくってしまうクセをおさえることができます。 これは、爪を噛んでしまうクセがある人にも有効な手段です。 はこちらから!

次の

子供の爪が剥がれる原因と対策!

子供 爪 剥がれる 原因

まとめ 1:なぜ爪が割れるのか? 「爪が割れる」のには爪自体が弱ってしまっている場合と季節的な要因が関係する場合の2つの理由が考えられます。 まずは爪が割れる原因についてご紹介します。 1-1. 爪自体が弱っている? 爪が薄くなったり、割れやすくなっている場合の原因は「タンパク質」不足が考えられます。 「爪はカルシウムでできている」と聞いたことはありませんか?実はこれは間違いで、爪は皮膚と同じで主に「タンパク質」からできています。 タンパク質の他にも、ビタミンEやビタミンB群、亜鉛、鉄分なども爪の成分には含まれています。 タンパク質が不足することで爪も栄養が不足している状態に陥り、爪自体が脆くなってしまうのです。 1-2. 季節的な要因って? 爪は乾燥していても割れやすい原因となります。 夏は問題ないのに、冬は爪が割れやすいという方はいませんか?それは爪の水分不足、乾燥が原因だと考えられます。 冬場は肌の乾燥を感じたり、風邪をひきやすくなりますよね。 原因は空気中の水分が少なくなり、空気が乾燥しているからです。 それにより肌と同じように爪も乾燥して、割れやすくなってしまいます。 また食器用洗剤を頻繁に使うと、爪の油分が失われ乾燥を引き起こします。 ハンドクリームを爪の根元に塗り込むだけでも保湿されます。 乾燥しているなと感じたら保湿を心がけましょう。 ハンドクリームがない場合はリップクリームでも代用可能です。 2:割れにくい爪にするために 爪が割れてしまうのにはきちんと理由がありました。 しかし、きちんと対策をすることで爪が割れるのを防ぐことができます。 ここでは今日から始められる対策をご紹介します。 2-1. あなたの爪の切り方は間違っているかも? 爪を切るときに爪切りでパチンと切っておしまい!にしていませんか? 爪は一度に一気に切ってしまうのではなく、負担をかけないためにも少しずつ切っていくのが正解です。 爪は3層構造になっているため、爪切りで勢いよく切ると目に見えないヒビが入り、そこから割れやすくなってしまいます。 正しい切り方を意識して爪を切りましょう。 角を残し、まっすぐ一直線に切る 2. 角の部分はヤスリなどで丸める 爪切りに付属しているヤスリの部分で構いません 角部分も爪切りで切ってしまうと、角がひっかかりやすくそこから割れやすくなったり、また巻き爪の原因にもなります。 足の爪は手の爪よりも巻き爪になりやすいので、特に気を付けましょう。 ちなみに爪が乾燥している時に切ると、さらに爪に負担がかかりやすくなるためお風呂上がりで爪が柔らかくなっている時に切るのがおすすめです。 2-2. 食生活で爪改善 爪の主成分であるタンパク質は食事から摂ることが基本です。 そのため、健康的な爪にはバランスのいい食事が大きく関係してきます。 タンパク質は「動物性」と「植物性」で含まれる栄養素が違うため、「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」をバランスよく摂るのが理想的です。 動物性タンパク質は豚肉・卵・牛乳・アジ・鮭など、植物性タンパク質は大豆・大豆製品 豆腐・納豆など ・とうもろこし・枝豆などが代表的です。 同時に、 ビタミンE 植物油・アーモンド やビタミンB群 レバー・大豆製品 、亜鉛 カキ・ほたて 、鉄分 レバー・あさり・小松菜 が含まれている食材を組み合わせることで、爪に含まれる成分をバランスよく摂取できます。 普段から食生活などに気を付けていれば、爪にきちんと栄養が行き届きます。 そうすれば見た目にもつやのある健康的な爪になり、割れにくく丈夫になります。 バランスの良い食事を摂るのが面倒、時間がないという人は マルチビタミンのサプリメントで効率良く摂る という手もあります。

次の

爪の表面に出る横線は病気のサイン?原因と症状について :ネイリスト 北原千歳 [マイベストプロ愛知]

子供 爪 剥がれる 原因

爪が根元から割れる!子供の手足口病の後遺症 手足口病とは、主に5歳以下の乳幼児が感染し、口の中や手足などに水疱性の発疹が出るウイルス性の病気です。 主に夏に流行します。 この原因となるウイルスは数種類ありますが、その中のコクサッキーウイルスに感染しますと、症状がなくなってから1ヶ月以内に爪の根元から割れが生じ、爪が脱落するという後遺症がでる場合があります。 この爪の脱落を 爪甲脱落症(そうこうだつらくしょう)といいます。 特に痛みもなく自然にまた爪が生えてきますので、あまり心配はいらないようです。 そして、手足口病が治ってホッとしたような時に、突然爪が割れてきますので驚いてしまいますが、このような後遺症があると知っておけばそれほど慌てなくてすむかと思います。 それと、頻度は少ないのですが大人が感染する場合もあるようです。 その場合は重症化しやすいようですので、注意が必要です。 爪が根元から割れる! ヘルパンギーナの場合 あまり耳にしない病名ですが「ヘルパンギーナ」というのは急性のウイルス性の感染症で、発熱と口腔粘膜に水疱性の発疹がでかす。 乳幼児を中心に夏に流行し「夏かぜ」といわれている代表的なものです。 よく似た病気に「手足口病」というのがありますが、手足口病は名前の通り、手や足にも水疱ができますが、ヘルパンギーナは口の中にだけできるという点が異なります。 それとヘルパンギーナの原因となるウイルスも数種類ありますが、コクサッキーウイルスが感染したの場合は、手足口病と同じように爪が根元から割れる 爪甲脱落症(そうこうだつらくしょう)という後遺症が出る場合があります。 また、この病気も稀に大人が感染する場合もあるようですが重症化しやすいので注意が必要です。 参考ですが、ヘルパンギーナという名前ですが、ドイツ語のヘルペス(水疱)とアンギーナ(喉の炎症)からきているようです。 爪の先端から剝がれる? 爪甲剥離症 爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)とは、爪の先端部が爪床部から浮き上がり、白く見える状態のことをいいます。 女性に多い症状ですが、原因としては4種類ほどあるようです。 微生物感染によるもの:最も多いのがカンジダというカビの一種の感染があげられます。 外部からの刺激によるもの:外傷、接触皮膚炎など。 薬剤使用によるもの:テトラサイクリン系薬剤、マニキュア、除光液、洗剤など。 病気によるもの:甲状腺機能異常、循環障害、多汗症など。 特に、手の指の爪すべてに症状が見られる場合、甲状腺機能異常が疑われますので、医師の診察を受けてください。 治療としては、原因により対処方法が異なりますので、それぞれ別の治療方法になります。 予防としては、爪の手入れに気をつけることです。 具体的には、爪を伸ばしすぎない、手を保護する(水仕事の際にはゴム手袋を使う)などです。 子供の爪が根元から割れてしまった! お母さんの体験談 子供の右手親指がおかしいと気づきました。 親指の爪の根元が0. 5ミリくらい隙間が開いているのです。 本来爪のある場所が開いているので爪の下にある皮膚?が見えているのです。 しかも爪が浮いているようで少し白い部分があります。 直感的に爪が剝がれると感じました。 なぜ子供の爪が剝がれるの?剝がれたらどうなるの?爪って生えてくるの?といろいろな疑問が頭の中を駆け巡りました。 少し落ち着いてネットで「子供・爪・剝がれる」と検索すると、手足口病の後遺症の場合があるとのこと。 考えてみるとちょうど1ヶ月くらい前に、手足口病に罹っていたことを思い出しました。 念のために近所の小児科で診てもらったところ「これは手足口病の後遺症です。 親指の爪だから半年もすれば完全に生え変わりますよ」とのことでした。 これで一安心。 爪の根元が割れることのないように!その予防法は? 「爪は健康のバロメータ」といわれるほど、身体の健康状態がわかるとされています。 ですので、爪の手入れの際、おかしなところがあれば何らかの身体の異常がある可能性がありますので要注意です。 さて、爪の健康を保つためには、どのような点に注意すればよいのでしょうか? 爪というのは年齢や季節によって異なっていますが、1日に約0. 1ミリ伸びるといわれています。 ですので、2cmの爪でしたら200日かかって入れ替わることになります。 思っていたより長いお付き合いですので、爪の健康を日頃からしっかりと守ってあげてください。 爪の発育に必要な栄養分ですが、爪はケラチンという髪の毛と同じようなタンパク質からできていますので、まずアミノ酸。 ビタミンE、カルシウム、鉄、亜鉛、ビタミンA,ビタミンB2、コラーゲンなどです。 ですので、バランスのよい食事が健康な爪を作ります。 それと爪も皮膚組織ですので、肌や髪の毛のケアに共通するものが多くありますので、美肌、美髪に加えて美爪を目指しましょう。

次の