逆seo 仕組み。 逆SEO対策とは何か?ネガティブサイトの検索順位降下の手法解説

検索エンジンとは?その役割と仕組み

逆seo 仕組み

「逆SEO」という言葉を聞いたことがありますか?Webサイトの検索順位を上げるためのSEOは知っていても、「リバースSEO」や「ネガティブSEO」とも呼ばれる逆SEOについてはあまり知識のない人もいらっしゃるかもしれません。 これは、 Webサイトの検索順位を下げるための対策のことです。 なぜ検索順位を下げる必要があるのでしょうか?どんなときに活用されるのでしょうか? 今回は、Webコンサルタントの筆者が逆SEOについてご紹介します。 この記事を読み終わる頃には、いざという時に役立つ逆SEOの知識が身についていることでしょう! 逆SEOとは? SEOとは、Webサイトやページを検索エンジンに上位表示させるための施策のことです。 そして逆SEOとは、特定サイトの検索順位を下落させることです。 「 なぜそんなことをする必要があるのか?」「 どんなときに逆SEO対策をするのか?」と疑問に思った方もいるのではないでしょうか? 答えは、自社製品やサービス、企業の方針についてのネガティブな情報を公表しているサイトが、特定のキーワードで検索上位に表示されてしまうときに、そのサイトの順位を下落させ、検索エンジンに表示されないようにするためです。 悪質なクレームや事実とは異なるネガティブ情報など、企業がいわれなき風評被害を受けている場合に有効な手段となります。 ただし、逆SEOを悪用して健全な運用をしているWebサイトの順位を故意に下落させることは、検索エンジンのガイドラインに反することであり、スパム行為としてペナルティの対象になりかねません。 これからお伝えする逆SEOの知識は、悪用することなくマナーを守って活用するようにしましょう。 逆SEOが効果的な事例 逆SEO対策が有効となる事例は何パターンかありますが、ここでは典型的な3つをご紹介します。 企業への悪質な誹謗中傷対策 世の中には、ごく一部ですが、意味もなく企業を批判する「クレーマー」のような人が残念ながら存在しています。 多くの人がインターネットから情報を得ているこの時代、自社の商品やサービスに関するネガティブな情報が検索上位に表示されることは、企業イメージを著しく低下させ、存続の危機に陥る原因にもなり得ます。 悪質な誹謗中傷への対策としては、逆SEOが効果的です。 対象のサイトを検索圏外に追放することにより、事実無根なネガティブ情報をユーザーの目から遠ざけることができます。 検索で表示されるネガティブなキーワード・情報の排除 検索エンジンに単語を入力すると、自動的に後ろに別の単語が表示されます。 検索エンジンの予測変換機能です。 これは、特定のワードを検索するユーザーが、そのワードと一緒に打ち込むワードの中から頻度の高いものを検索エンジンが記憶し、自動変換機能として表示させる仕組みになっています。 万が一自社の名前を打ち込んだときに、ネガティブなワードが予測変換表示されてしまう場合、もともと企業に対して良いイメージを持っていた人の信頼を失ってしまう可能性があります。 このように 予測変換で一緒に表示されてしまうネガティブなワードを排除したいケースで、逆SEO対策が効果的です。 冤罪などで拡散された事実に反するネガティブ情報の排除 企業だけではなく、個人が逆SEO対策を行う場合もあります。 一度世に出回ってしまった特定の個人に関する情報は、たとえ事実に反するものであってもその人のイメージを左右します。 冤罪の被害に遭った人は、「犯罪者」というレッテルを貼られてしまうため、日常生活に支障をきたします。 そうしたネガティブな情報を排除させるときに、逆SEO対策が有効です。 逆SEOの4つの手法 SEO対策では、検索エンジンに「ユーザーの役に立つ良質なサイト」だと認識してもらう必要があります。 反対に逆SEO対策では「役に立たない悪質なサイト」だと認識してもらえば良いのです。 ここで、逆SEOに効果的な5つの手法をご紹介します。 ペナルティの対象となるリンクを送る Googleは、以前は多くのリンクが貼られているサイトを評価していましたが、現在はアップデートにより、不正なリンクをペナルティの対象としています。 そのアルゴリズムを利用し、対象となるサイトにペナルティ対象となるリンクを送れば良いのです。 具体的には、被リンクの数を増やすためだけに作成した自作自演のWebサイトからのリンクや、アンカーテキストをすべて同じにしたリンクを大量に送ります。 検索エンジンはこのようなサイトを低品質のサイトと見なしペナルティを科すので、自動的に検索順位が下落します。 ターゲット以外のライバルサイトに良質なリンクを送る 自社の悪評が書かれたサイトが上位表示されていても、別のサイトをさらに上のランクに表示させることで、受ける被害を小さくすることができます。 ターゲットとなるサイト以外の複数のライバルサイトに、良質なリンクを送ります。 具体的には、コンテンツの質が優良評価されているサイトから、適切なリンクを貼ります。 こうすることでターゲットのライバルサイトがどんどん上位表示されるようになり、その結果ライバルサイトの順位は下落します。 ターゲットのサイトのコピーコンテンツを作る Googleはコピーコンテンツを低評価します。 内容が重複したコンテンツがある場合、一方のサイトの検索順位を下げ、同じページに同時に表示させないような対策をします。 Googleはコピーコンテンツをすぐに見抜くので、ターゲットのサイトと同じようなサイトを作成し、Googleに悪質サイトのほうをコピーコンテンツだと判断させることができれば、ターゲットの検索順位は自動的に下落します。 ただしこの場合、コピーサイトのほうはSEO対策を徹底的に実施し、Googleから良質なサイトだと評価される必要があります。 Googleにターゲットサイトを「不正なサイト」として申請 ターゲットのサイトを不正なサイトとして排除申請することができます。 これは必ずしも有効な手法とは限らず、排除してくれない場合もあります。 また、こちらの氏名も開示されるというリスクがあります。 逆SEOの知識は悪用しないように! 逆SEOの知識を持っていると、誹謗中傷の被害に遭ったときだけでなく、自社サイトが逆SEOのターゲットにされてしまった場合の対策としても有効です。 なかには検索上位のライバルサイトを妬み、非のない健全なサイトの順位を故意に下落させようと逆SEO対策する人たちも一部存在します。 万が一のときのため、逆SEOの知識を覚えておきましょう。 逆SEOはWEBパトにお任せください!!.

次の

SEOとは?効果が出る10個のSEO対策ポイントを徹底解説

逆seo 仕組み

別名、 オートコンプリート・検索補助機能とも呼ばれています。 Googleがサジェストを表示させる目的は、ユーザーが探している情報を効率的に見つける手助けを行い、ユーザーの利便性を高めることです。 大体の目安として、 2週間〜4週間程度でGoogleはサジェストの更新を行なっており、その更新タイミングでキーワードが入れ替わるようになっています。 もちろんGoogleアルゴリズムの更新となるため、更新タイミングでキーワードが入れ替わらないこともあります。 Googleサジェストの仕組み Googleサジェストが表示される仕組みは様々ありますので、1つずつ解説していきます。 検索回数の多いキーワード Googleサジェストは、Googleアルゴリズムによって自動で生成され、入力したキーワードに付随したキーワードが表示されます。 そのためGoogleがサジェストキーワードを表示させる目的を考えれば、 検索ユーザーが多く検索するキーワードが表示されるようになっています。 例えば「結婚祝い」と検索窓口に入力した場合、 上記のサジェストキーワードが表示されます。 Web上の情報量 Googleは、ユーザーが効率的に求めている情報に辿り着けるためにサジェストキーワードを表示させます。 そのため検索回数と同じぐらいに Web上の情報量が必要になってきます。 どれだけ検索回数の多いキーワードであってもWeb上に情報が存在しなければ、検索エンジンの利便性が低いことに繋がるため、Web上の情報量もサジェストキーワードが表示される大切な要素となっています。 地域や言語 Googleサジェストは、 検索ユーザーが検索する地域や言語によっても変わります。 上記は「脱毛」について東京都杉並区と沖縄県那覇市のIPアドレスで検索したサジェストキーワードです。 このような機能をパーソナライズといいますが、地域や言語に合わせた適切なサジェストキーワードを表示させることにより、Googleは検索行動の利便性を高めています。 話題性のあるキーワード また、ニュース性・トレンド性のあるキーワードが主な対象となりますが、1日の中で変化する人気キーワードもサジェストに影響します。 ニュースサイトに取り上げられ、一時的に検索回数が多くなったり、関連ページが増えることが要因と考えられます。 Google関連ワードもGoogleサジェストと同様で、ユーザーが効率的に探している情報を見つけるための手助けをしています。 Googleサジェストと大きく違う部分は、更新期間がGoogleサジェストよりも長い点です。 最近では1ヶ月に1回程度の更新がありますが、少し前までは1年半ほど更新されない期間が続いたこともありました。 Google関連ワードの仕組みとは Google関連ワードもGoogleサジェスト同様に仕組みが様々ありますので、1つずつ解説していきます。 検索回数の多いキーワード Googleサジェスト同様、Google関連ワードも 検索回数の多いキーワードを表示されやすい仕組みになっています。 Web上の情報量 Googleサジェスト同様、Google関連ワードも Web上に関連する情報が多いキーワードが表示されやすい仕組みになっています。 地域や言語 Googleサジェスト同様、Google関連ワードも 検索される地域や言語によって表示されるキーワードが変わる仕組みとなっています。 そのため、PCでは表示されているけどスマホでは表示されていないなどのケースも出てきますので、各デバイスを確認するようにしてください。 ネット風評被害で気を付けたいGoogleサジェスト・関連ワードのこと Googleサジェスト・関連ワードは、ポジティブなキーワードが表示されればブランディングに繋がりますが、 逆にネガティブなキーワードが表示されてしまうとマイナスブランディングに繋がってしまいます。 視認性が高いからこそネガティブなキーワードが表示されていないかをチェックする必要があります。 Googleサジェスト・関連ワードが表示される危険性 Googleサジェスト・関連ワードが表示される要因は、 検索回数が多いキーワードや関連情報がWeb上に多いキーワードです。 つまり、 Googleサジェスト・関連ワードにネガティブな情報が表示されているということは、そのネガティブワードの検索回数が多いことや関連する情報がWeb上に多いということに繋がります。 そのため、Googleサジェスト・関連ワードにネガティブキーワードが表示された場合、サジェスト・関連ワードに影響を与えるような情報がWeb上に存在しないかを確認する必要があります。 ネガティブ情報が存在する場合は、それぞれのWebサイトに合わせた対応を行なっていく必要があります。 また、サジェストや関連ワードはユーザーの目に付きやすく視認性が高いため、表示されたまま放置しておくと悪い印象を持つユーザーが増加し、根も葉もない情報が膨脹する危険性がありますので、早期に対策することをお勧めいたします。 Googleサジェスト・関連ワードの風評被害解決方法 ここまででGoogleサジェスト・関連ワードの仕組みやネガティブワードが表示された場合の危険性は理解して頂けたと思います。 ここからは実際にGoogleサジェスト・関連ワードにネガティブなキーワードが表示されてしまった際の解決方法を紹介します。 Googleに削除依頼を出す 下記のGoogleが定めるに違反するキーワードであれば、Googleに削除申請を依頼することが可能です。 Google で検索する際にオートコンプリート予測キーワードを使用すると、探している情報をよりすばやく見つけることができます。 検索候補が表示されない場合は、ポリシーに違反する可能性のあるコンテンツがアルゴリズムによって検出されたか、検索候補がオートコンプリート ポリシーに違反していると判断され、報告された可能性が考えられます。 Google では、不適切な検索候補が表示されないよう最善を尽くしていますが、常にそれが実現できているとは限りません。 表示された検索候補が以下のポリシーのいずれかに違反すると考えられる場合は、方法をご確認ください。 下記のポリシーは、オートコンプリート機能を利用するすべてのユーザーが、有用な情報を得られ、サービスを快適に利用できるようにするうえで重要なものです。 検索候補のコンテキストが、芸術、教育、歴史、記録、科学の内容に関連する場合、あるいは社会、政治、文化、経済などの時事問題の理解や参加に役立つ内容に関連する場合は、このポリシーの例外として認められることがあります。 コンテンツの削除リクエスト リクエストに沿って、適用される法律のもと、または裁判所命令に応じて、コンテンツを削除することがあります。 法的要請はから送信できます。 暴力的または残虐な内容の検索候補 見る人に衝撃を与えること、世間を騒がせること、または不当に不快感を与えることを主な目的とする、暴力的または残虐なコンテンツに関連した検索候補は認められません。 また、暴力行為や残虐行為を支持、賛美、矮小化したり、その被害者を侮辱したりする検索候補も許可されません。 露骨な性的表現、下品な表現、冒とく的な内容を含む検索候補 露骨な性表現、卑猥または下品な描写を含む検索候補は認められません。 人体の構造や性教育に関連する医学用語や学術用語の使用は認められます。 特定の集団に対して差別的な内容の検索候補 特定の集団に対する憎悪をあおる、容認する、または助長するような検索候補は認められません。 これには、人種、民族、宗教、障がい、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性自認など、制度的な差別や排斥に結び付く特性に基づいた分類が含まれますが、これに限定されません。 著名人に対する不適切かつ中傷的な検索候補 著名人に対して中傷的または不適切と考えられる検索候補は認められません。 これには、嫌がらせ、いじめ、脅迫、性的内容の不適切な表現に関連する検索候補、または嫌がらせ、身元詐称、金融詐欺の原因となるような方法で個人情報または機密情報を開示する検索候補が含まれます。 危険な検索候補 人や動物に直ちに深刻な危害をもたらす、またはそうした危害を助長するような商品、サービス、情報の宣伝に関連する検索候補は認められません。 逆にオートコンプリートポリシーに違反していないキーワードの場合、• 事実無根の関係ないキーワードが表示されている• 自社・自分に不都合なキーワードが表示されている と権利侵害を申請しても削除されないケースもあります。 実際に申請を行う場合は、オートコンプリートポリシーのどの部分に違反しているのか、法的部分で違反している部分などを詳細に伝える必要があります。 風評被害専門会社に依頼する Googleサジェスト・関連ワードは、表示される仕組みも単純ではなく、更新頻度も限られているため、簡単に削除できるものでもありません。 そのため、ノウハウのあるネット風評被害・誹謗中傷対策を行う専門会社に依頼するのも1つの手です。 Googleのブラックボックスになっている部分も多いのですが、専門スタッフが日々研究を重ねています。 Googleサジェスト・関連ワードの風評被害・誹謗中傷にお困りの方は、相談は無料ですので1度当社にご相談頂けますと幸いです。 まとめ Googleサジェスト・関連ワードの仕組みや風評被害リスク・対策方法までを解説してきましたがいかがでしたでしょうか。 Googleサジェスト・関連ワードは、ユーザーの検索回数やWeb上にある情報量によって表示されるキーワードが変わります。 仕組みや対策方法を理解していても中々対策が難しいのが厄介なところです。 Googleサジェスト・関連ワードにお悩みの方は、無料で相談頂ける風評被害対策の窓口にご相談ください。

次の

逆SEOの仕組み

逆seo 仕組み

被リンクってなに? 被リンクとは「他のサイトから自分のサイトを紹介してもらいリンクを貼ってもらうこと」を言います。 SEO施策では数年前まで必要不可欠な施策でした。 他のサイトから評価されているという認識を検索結果を管理しているGoogleの読み込ませることができる一番効果的な施策だったからです。 当然評価が上がるので検索結果の順位を上がっていきます。 しかし近年では検索結果の評価基準が変更されてしまい被リンクの効果は以前よりも低くなってしまいました。 逆SEO対策で被リンクは有効? それでは逆SEO対策で被リンク施策は有効的なのでしょうか。 結論から言うと「 無駄にはならない」です。 しかし数年前に比べると効果は低くなっています。 その理由は「Googleが記事の質を求めている」からです。 以前は他のサイトからの評価をもらえばもらうほど、Googleは「優良サイト」と認識していましたが、現在はより検索ユーザーが求めている記事を評価するロジックに変更されたことが原因です。 数年前までの仕組みは「被リンク>記事の質」だったのが、現在は「被リンク<記事の質」に変わったのです。 しかし完全に被リンクを無視するわけではなく、あくまで重視する項目に変更があっただけなので被リンクも「無駄にはならない」ということになります。 無駄じゃない被リンクとは? それでは無駄にならない被リンク施策とはどのようなことを言うのでしょうか。 主に以下の内容です。 自然に貼られた被リンク• 記事の内容がきちんと関連したページから被リンク• 強いサイトからの被リンク 簡単に言うと上記のような項目をクリアした被リンクは無駄になりません。 被リンクにも細かな注意事項と貼り方があります。 IP分散されている 同じIPのサイトから何本もリンクをもらっても評価はそんなに変わりません。 要するに同じ人からたくさんのリンクを受けているだけになるためです。 所有者が異なるサイトからより多くのリンクを受けることが無駄にならない法則です。 記事内容が関連したサイトからリンクをもらう 関連した記事のページからリンクを貼ってもらいましょう。 例えば上げたいサイトが「美容系」のサイトなのに「就職関係」のサイトからリンクを受けても何の関連性もありません。 ただ不自然なリンクだとGoogleに判断されてペナルティを受けてしまいます。 自然に増えていくリンク あくまで自然に増えていくことがリンク施策を成功させるコツです。 みなさんは良い記事や面白い記事を読んだときにはブックマークしたり、SNSだったら「いいね」をしますよね。 つまらない記事はどこにも紹介しないと思います。 被リンクも同じです。 あくまで関連した記事を面白いから読んで紹介する流れの繰り返しなのです。 その記事を読んだ次の人が自然にまた紹介する流れができるようにしないといけません。 アンカーテキストの重要性 アンカーテキストとは「リンクされている文字」のことを言います。 「詳細はこちら」というボタンがありクリック誘導させる仕組みのことを言います。 このアンカーテキストも関係ない文字だとリンクは意味がありません。 「美容系」なら「美容情報はこちら」というアンカーテキストでリンクを貼ることが被リンクのコツとなります。 被リンクの目的 被リンクを設置されるとどんなことがあるのか気になりますよね。 Googleにはクローラーと言ってサイトをチェックするロボットのような仕組みがあります。 このクローラーがサイトに訪れて「更新されているかどうか」「何か変な記事がないかどうか」を毎回チェックする仕組みになっています。 被リンクが多いと、被リンク元のサイトに訪れたクローラーが被リンクを受けている自社サイトを訪れてくれます。 つまりより多くの被リンクがあればるあるほど、クローラーの訪れる頻度も高まり評価が高くなるということです。 ペナルティリンクとは? 今までSEO施策を行う上で無敵の地位を築いていた被リンク施策ですが、現在は去年のペンギンアップデート以降は 作為的なリンク施策はペナルティの対象となってしまいました。 ペナルティとは言葉の通り「 不自然なリンク施策がされたページに警告を与えること」です。 先ほど上記で記載した「無駄じゃない被リンク」の逆をやってしまうとペナルティになる可能性が高まります。 同一IPからの大量リンク設置• アンカーテキストが全て同じ• リンクファームと呼ばれるサイトからのリンク提供(リンク集など) 上記の項目にあてはまるとペナルティになってしまうことがございますのでご注意ください。 逆SEO対策の被リンクで必要なこと 本記事では逆SEO対策で被リンク施策をするときの有効性を説明致します。 ここまでの内容をもとに結論をつけるとしたら、以下の点に注意しましょう。 新規ドメインで被リンク用サイトを作るならサーバーを分ける• コンテンツは独自性があり、関連性のある記事をしっかりと作る• アンカーテキストは記事毎に別のものにする• 検索ユーザーがその被リンク用サイトを閲覧する価値があるようにする 最低でも上記の項目はクリアした被リンクサイトではないと効果がないでしょう。 ただテキストを投入してリンクを貼るだけでは効果は望めません。 逆SEO対策のために「被リンクを月に何本設置します」だけしか説明できないようなら無駄になる可能性があるため注意が必要となります。 まとめ いかがでしょうか。 今回は逆SEO対策にフォーカスし被リンク施策の正しい考え方と設置の例を解説致しました。 現在被リンク施策を行っていて効果がないと思う方は、一度上記の記事を参考に確認してみましょう。 被リンクも手法は数多くございます。 当サイトの情報はもちろん経験豊富な業者に聞いてみることもお勧めいたします。

次の