ホーラン ドロップ イヤー。 ホーランドロップイヤーの飼い方や性格は?【特徴をご紹介!】

【紹介】ホーランドロップイヤー:丸顔に丸い鼻、垂れ耳がトレードマーク

ホーラン ドロップ イヤー

【目次】ホーランドロップの特徴・大きさ・値段・寿命・飼育時の注意点!適切なケージのサイズも紹介 ホーランドロップの歴史 ホーランドロップの特徴や性格を知る上で、まずは歴史について簡単に確認しておきましょう。 「ホーランド・ロップ(英語名:Holland Lop)」は、ウサギ目ウサギ科アナウサギ属。 ホーランド(=オランダ)の垂れ耳種という意味を持ちます。 原産国はオランダで、ペット用に交配され、20世紀の半ばに誕生しました。 オランダのうさぎブリーダー「アドリアン・ド・コック」氏が、垂れ耳のミニウサギを作りたいという願いのもと、大型の垂れ耳うさぎである「フレンチロップ」と小型の「 」を掛け合わせ、そこから生まれた子を交配させていくことで生まれたと言われています。 その後、1980年代に「アメリカンラビットブリーダーズ協会(ARBA)」に公認されました。 なお、ホーランドロップは垂れ耳うさぎ(ロップ種)の中で最も小さいことから「ミニ・ロップ (英語名:Mini Lop)」とも呼ばれます。 ホーランドロップの体の特徴とは ホーランドロップの見た目のトレードマークと言えば、やはり愛らしい垂れた耳ですよね。 耳は、他のロップ種と比べると厚みがあり短いのも特徴です。 また、頭頂部に「クラウン」と呼ばれる、二つのコブのようにも見える太めの帯状の毛が生えています。 足が太く短く、がっしりとした筋肉質な体格で、顔も体型も丸っこいのが印象的です。 ホーランドロップの体のサイズ・大きさは? ロップイヤー系の中で最小と言われる、ホーランドロップ。 オス・メスともに、体長は30~35cm、体高は10~14cmほどです。 ホーランドロップの平均・標準体重 平均的なホーランドロップの体重は、1. 5〜2. 0kg程度です。 個体によっては1. 3kg程度と小柄であったり、2. 3kg以上とやや大きめだったりすることもあります。 8〜2. 0kgになる子も多いですが、「1. 8kg以上は肥満」という説もあるため、太り気味になっていないか、健康状態が悪くないか不安な場合には、獣医師さんに確認してもらうと安心でしょう。 ホーランドロップの性格 ホーランドロップは、ペット用と生み出された品種なこともあり、うさぎの中でも比較的飼いやすいと言われます。 ネザーランドドワーフと比べると警戒心が強くはなく、撫でてもらうことが好きな子も多く、飼い主に懐いて後ろをついて来るなどの傾向もあります。 欧米では「アニマルセラピー」に使用されることもあるほど人慣れしており、優しい性格であまり攻撃的ではないことでも知られています。 うさぎとたくさんコミュニケーションをとりたい・抱っこして遊びたい方には、適した品種と言えるでしょう。 ただ、もちろん個体差はあるため、おとなしい性格の子もいれば、好奇心旺盛でわんぱくな子、自分から飼い主にどんどん甘えてくる子など多種多様です。 ホーランドロップの値段・販売価格 ホーランドロップをお迎えする際の個体の値段は、ペットショップか、専門店・ブリーダー経営店かによって相場が異なります。 ペットショップの場合 ペットショップでの販売価格は、およそ2~4万円ほどです。 人気の品種であることから、たいていの場合うさぎを扱うペットショップでは出会うことができるでしょう。 うさぎ専門店・ブリーダー直営店の場合 うさぎ専門店・うさぎのブリーダーさんから購入する場合には、約5〜11万円で販売されていることが多いです。 安いショップや、成長してきた個体であれば、1〜4万円で譲ってくれることもあります。 血統書や健康診断書などを発行してくれる場合も多く、親うさぎの健康状態の記録も残っている可能性が高いため、今後の健康対策もしやすいと考えられます。 ただし、条件は非常に細かく、またきちんと良好な環境で飼育できているか報告の義務が発生する場合もあるため、ご自身がしっかりとした里親になれるかどうか熟慮した方がよいでしょう。 日本では、特に人気があるのは明るい毛色の子で、オレンジの子が非常に多いようです。 また、ブロークンオレンジ(白ベースに、まだらのオレンジ柄がある)や、 のような濃いグレーの子も店頭でよく見られます。 なお、成長中にやや明るくなるなど、毛色が変化することもあります。 ホーランドロップの飼い方・飼育の注意点 ホーランドロップは、毛玉や耳の病気にならないよう注意してあげることが肝心です。 また、うさぎ全般に言えることですが、かじる習慣や温度についても配慮してあげましょう。 病気にならないよう、ブラッシング・耳掃除が大切 ホーランドロップは短毛種ではあるものの、毛皮が分厚いという特徴があります。 さらに、年に4回ほど大きな換毛期もあります。 毛玉を飲み込むと「毛球症」になってしまう恐れがあります。 週に1度を目安にブラッシングを行い、毛を手入れしてあげてください。 抱っこが好きな子も多いので、グルーミングはしやすいでしょう。 また、耳が垂れているこから、通気性が悪くなりがちな耳が病気にかかりやすい傾向があります。 そのため、耳掃除もこまめに行ってあげましょう。 「かじること」がお仕事!イタズラ対策や牧草補充を忘れずに ホーランドロップに限らず、うさぎは本能的に物をかじる癖があります。 家の壁紙・柱・木製ドアなどに気をつけることはもちろんのこと、ケーブル・電気コードなどをかじると関電の恐れがあるため、部屋の中で散歩をさせる際には、くれぐれも注意してあげてください。 うさぎの歯は一生伸び続けるものです。 繊維質をたくさん含む牧草・チモシーを常に食べ放題の状態にしてあげましょう。 咀嚼することによって歯が適度に削られていくため、歯の伸び過ぎなどの病気を防止できます。 暑さ対策・気温の管理も重要 うさぎは気温差(特に夏の暑さ)が苦手のため、一年中エアコンで温度調節を行うことも大切です。 ホーランドロップの飼育ケージのサイズ.

次の

【ホーランドロップイヤー】性格・寿命・価格・飼育方法

ホーラン ドロップ イヤー

ホーランドロップの飼育するために用意するものと飼育方法について紹介しましょう。 ケージの選び方 ホーランドロップの祖先はヨーロッパアナウサギなので、狭いところを好みます。 また、縄張り意識がかなり強いのでケージやうさぎ小屋が大きすぎると落ち着かずかえってストレスになってしまいます。 ケージのサイズは、うさぎが大きくなったときを考えて少し狭いかなと思うくらいの大きさにしましょう。 子うさぎの場合は、親うさぎの大きさを聞いておくと良いですね。 えさ入れ、水飲みなど ケージの中には、えさ入れ、給水器、牧草、トイレを入れておきます。 また冬には保温用ヒーター、夏はアルミマットを用意すると良いでしょう。 水は水道水でかまいませんが、いつも新鮮な水を入れておきましょう。 えさは? 主食は牧草になります。 捕食として高カロリーのペレットフードを与えます。 ウサギは、前歯で牧草を潰しながら食べることで前歯の長さを調節しています。 そのため牧草は重要な主食となります。 子うさぎの頃は、栄養価が高いアルファルファを与えましょう。 大人になってからはチモシーを与えると良いでしょう。 スポンサーリンク ペレットやウサギ用のフードは栄養価が高いので肥満になる可能性があります。 うさぎに与えるときはおやつ感覚で与えると良いですね。 運動は? ホーランドロップは、とても遊ぶことが好きなのでスキンシップが容易にできます。 毎日30分から1時間は、ケージから出して遊んであげましょう。 ただしホーランドロップが、ケージから出てこないときは無理に出して遊ばせる必要はないのでそっとしておきましょう。 ケージから出すときは窓やドアが開いていないかを確認し、コードなどかじられて困るものは片付けておくと良いですね。 ホーランドロップを飼うときに注意すること 1. ホーランドロップは寒さ暑さに弱い動物です ホーランドロップは暑さ寒さにとても敏感で弱い動物です。 ケージは直射日光の当たらない温度ができるだけ一定の場所を選ぶと良いですね。 またエアコンを使用するときは、直接エアコンの風が当たらない場所にケージを置きましょう。 ブラッシングは欠かさずしてあげましょう ホーランドロップは、1年に春と秋の2回換毛期があります。 毎日ブラッシングするようにしつければ、換毛期でも抜け毛の対策ができますね。 また、身繕いのとき被毛を舐めて胃の中に被毛が貯まってしまうので、このブラッシングはとても大切になります。 ウサギは、飲み込んだ被毛を犬のようにはき出すことができないので、胃の中に被毛が貯まってしまい毛球症という病気になってしまうことがあるので注意しましょう。 1羽(頭)1ケージで飼育しましょう 縄張り意識の強いうさぎは、喧嘩やケガにリスクを避けるために1羽につき1ケージで飼育しましょう。 獣医師を見つけておきましょう 突然の病気などで困らないように近くにかかりつけの病院を探しておきましょう。 病院へ行くときは、必ずキャリーバックを使いましょう。 キャリーバックは、うさぎが落ち着けるように小さめのものが良いですね。 また、移動するときは布などで覆ってあげると落ち着くことができます。 まとめ ホーランドロップは、とても人になつきやすいのでおやつを利用して上手にスキンシップをとると良いですね。 また、穏やかな性格と小さな体は、初めてうさぎを家族に迎える人にとっても飼いやすいといえるでしょう。

次の

【紹介】ホーランドロップイヤー:丸顔に丸い鼻、垂れ耳がトレードマーク

ホーラン ドロップ イヤー

ホーランドロップとは、ネザーランドドワーフとフレンチロップを掛け合わせて誕生したうさぎです。 原産国はオランダで、ホーランドロップの「ホーランド」もオランダの俗称であり、 オランダの垂れ耳という意味の名前です。 アンドリアン・デ・コック氏により交配して創られた種が原型と言われており、その後子供たちが品種改良され、今の姿ができあがりました。 後にアメリカへと渡り、1980年にARBAの公認種として認定されたのです。 ホーランドロップの特徴!なぜ垂れ耳? ホーランドロップは、耳垂れうさぎの人気種のフレンチロップと、小型うさぎ最大人気種であるネザーランドドワーフの「 耳垂れ 」「小型」という特徴をあわせもったうさぎをつくりたいという気持ちでつくられました。 特徴として、垂れ耳で小型なことが重要ポイントだったのです。 頭頂部に「クラウン」とよばれる太めの帯状の毛が生えていること、短く垂れた耳も特徴です。 ほかのロップイヤー種と比べて、耳が短くて厚みがあります。 色による違い ホーランドロップの体色はカラーバラエティふたつと、カラーグループ8つに分類されます。 日本で人気なカラーは ブロークンオレンジです。 カラーバラエティ セルフ(1色の体色) ブラック ブルー チョコレート ライラック ルビーアイドホワイト ブルーアイドホワイト アグチ(1本の毛に3色が混じり、リングカラーをもつ) チェスナット(ブラック・チョコレート) オパール リンクス スクワーレル チンチラ(ブラック・チョコレート) シェイデッド(体色の表面にグラデーションとポイントマークをもつ) セーブルポイント サイアミーズセーブル スモークパール シール トート(ブラック・ブルー・チョコレート・ライラック) ブロークン(白の体色にスタンダードカラーの斑をもつ) ブロークン(白地にスタンダードカラー全て…ブラック・ブルー・チェスナット・トート・スモークパール・オター……etc) トライカラー ポインテッドホワイト(白の体色にポイントマークをもつ) ポインテッドホワイト(ブラック・ブルー・チョコレート・ライラック) ティックド(体色に色の違う毛が混じる) スティール(ブラック・ブルー・チョコレート・ライラック) ワイドハンド(そのほか) オレンジ レッド フォン クリーム……etc 出典:うさぎ専門店 うさぎ舎 ホーランドロップの体重や大きさは? ホーランドロップの体重は、大人で 1. 5 ~ 2. 1 ㎏、 30 ~ 35 ㎝程度です。 しかし、これはあくまでも目安なのでこれよりも大きくなる子もいますし、小さい子もいます。 生後6ヶ月を過ぎると大人の仲間入りとよべる年齢になりますので、これをひとつの目安と考えてください。 うさぎの中でもとくに小さいですが、頑丈で筋肉質な体格をしています。 顔・体型ともに丸みを帯びており、1. 5㎏前後の個体もいますが 多くが 2 ㎏あたりまで大きくなります。 ホーランドロップはニオイがある? ホーランドロップはとくにニオイはありません。 ニオイを発しているときは体調を崩している、または下痢をしているときです。 そのような場合は様子をみて大丈夫ではないと判断した場合は動物病院でみてもらいましょう。 犬や猫には特有の獣のニオイがありますが、うさぎにはニオイがありませんので部屋が臭くなるということはまずないです。 ただ どうしてもトイレからはニオイが発せられてしまうので、毎日掃除を欠かさずにおこないましょう。 ホーランドロップの販売価格 ホーランドロップの販売価格は50000円~88000円が主流です。 里親さんも募集されていますが、ある程度大きくなったホーランドロップが多くみられたので、小さな赤ちゃんの頃から飼いたい場合には向きません。 バニーファミリー横浜 うさぎのしっぽ うさぎ舎 60000円 リンクス、オス 37800円 ブラウン系、オス 88000円 ブロークンブラック、メス ブリーダー直営店では50000円~88000円 里親さんは愛知、福岡、京都、大阪などで、みられました。 出典:バニーファミリー横浜、うさぎのしっぽ、うさぎ舎、シーズラビトリー、ジモティー ホーランドロップの性格 ホーランドロップはペットとして飼うために生み出された品種であり、個体差はありますが 非常に飼いやすい性格のうさぎです。 ひとなつっこくておだやかな性格をしておりスキンシップに向いています。 おだやかで飼い主に対してもとっても友好的で攻撃的な面をみせることはまずないです。 警戒心をもちがちなうさぎですが、ホーランドロップはそういった面もなく、ひょいっと簡単に抱っこさせてくれます。 飼い主だけでなく、ほかの人にもなつきやすいことも。 小さい身体におだやかな気質で、とても人気のうさぎとなっています。 ホーランドロップの飼いかたや注意点 耳が垂れているために地面に触れてこすれたり耳の中が蒸れやすかったりと、湿気から 耳垢がたまりやすく、耳の病気になりやすいので、定期的な耳掃除が必要になります。 中には垂れ耳を手で持ち上げて自ら耳掃除をおこなう子もいます。 そんな場合はときどき耳を持ち上げて耳の中をチェックしてあげる程度で大丈夫です。 耳掃除は、耳の外側にフケのような汚れがついている場合は清潔なガーゼなどでやさしくふきとってあげます。 耳の中が汚れている場合は、自分でやらずに動物病院へ任せましょう。 自分で掃除をして、誤ると血管を傷つけてしまう恐れが。 耳も敏感に音を察知するので、テレビの近くなどといった騒がしい場所の側にケージを設置するのは避けます。 毛を飲み込んでしまうことのないよう、1~2週間に1回程度ブラッシングが必要です。 爪が伸びすぎている場合は爪切り、目ヤニが出ていたら目の洗浄液を使ってグルーミングしてあげましょう。 へやんぽの際もかじってはいけない場所を保護することや、感電防止のために電気コードを保護する必要もあります。 まとめ ホーランドロップはオランダで垂れ耳かつ小型のペットとして飼いやすい性質のうさぎをつくろう! と品種が改良されてきた種類のうさぎということがわかりました。 ほかのロップイヤー種と比べて、耳が短くて厚みがある姿もとっても愛らしいです。 ホーランドロップの体色が分類されているのはカラーバラエティふたつと、8つのカラーグループです。 日本で人気なカラーはブロークンオレンジですが、ホーランドロップにはさまざまなカラーバリエーションが存在します。 いずれのカラーのホーランドロップも、とてもかわいいのでずっと眺めていたくなります。 ホーランドロップの体重は、大人で 1. 5 ~ 2. 1 ㎏、 30 ~ 35 ㎝程度です。 小さめサイズの垂れ耳姿に惹かれるうさぎ好きさんもたくさんいるのではないでしょうか。 また、ホーランドロップには特有のニオイはありません。 ただしトイレだけはどうしても臭ってしまうので、こまめな清掃が必要。 ホーランドロップを飼いたい! という場合、売価格は50000円~88000円が主流です。 里親さんも募集されていますが、2歳~などが多くみられ、子うさぎの頃から飼いたいならばショップやブリーダーさんからおむかえしましょう。 性格の面においてホーランドロップは、ペットとして飼うために生み出された品種であり、非常に飼いやすいうさぎです。 小さい身体におだやかな気質で、とても人気のうさぎとなっています。 ホーランドロップを飼う際に注意しておきたい点はその垂れ耳についてです。 地面に触れており、湿気がたまりやすいので耳垢などがたまりやすいのです。 こまめにチェックして、汚れがたまっているようであれば動物病院にて耳の掃除をしてもらいましょう。 ひとなつっこく可愛らしいホーランドロップを、ぜひ準備万端でおむかえしてあげてください。 味の素、キッコーマン、アサヒビール、日本赤十字社など、500社以上の企業に導入されている消臭剤。 強力消臭・強力除菌だけど、ペットの目や口に入っても安全!!• ニオイの成分を分解して、無臭化します!• 毎日使っても1カ月使用可能で、今なら初めての方限定で詰替え用を1本無料で30日間返金保証付き• くわしい効果や臨床データはこちら>> 新型コロナの影響で注文が急増中。 お届けまで最長1週間ほど時間がかかる場合があるようです。

次の