ユイ の 研究 室。 ユイの研究室の中の人(正体)は誰?素顔や年齢は?生声がかわいいと話題に!

想像もつかない、ハチドリに見える自然の色の世界 最新研究

ユイ の 研究 室

スポンサーリンク 今回はYouTubeで活動している「ユイの研究室」についてまとめていこうと思います。 考察系VTuberとして、アニメや漫画の考察を分かりやすく動画を通して私達に伝えてくれます。 兎にも角にも、考察が素晴らしく、特にワンピースファンにとってはたまらないチャンネルになっています。 そんなYouTubeチャンネル「ユイの研究室」の研究室長ユイの中の人 正体 は誰なのか、また素顔や年齢は公表しているのか、気になったことを調べてみようと思います。 また、YouTubeチャンネル「ユイの研究室」のユイの声は元は合成音声で動画を挙げていました。 しかし、ある理由から生声で動画をアップするようになりました。 その生声がYouTubeのコメント欄ではかわいいと話題になっています。 ということで今回は「ユイの研究室の中の人 正体 は誰?素顔や年齢は?生声がかわいいと話題に!」と題してまとめていきたいと思います。 ユイの研究室の中の人 正体 は誰? 「ユイの研究室」のユイは 考察系VTuberとして活動しています。 一体、中の人の正体について出ている情報はあるのでしょうか。 調べてみましたが、中の人の正体は誰なのか 現在分かっていませんでした。 現在分かっているのが、性別についてです。 チャンネルを開設したときは合成音声を用いて動画をアップしており、中の人は男性ではないか?との噂も出ていました。 VTuberは「バ美肉」されている方が多いため、そう疑われても仕方がないと思います。 しかし、後に詳しく説明しますが、動画で生声を披露したのですが、実は中の人の正体は 女性であることが判明しました。 マシュマロで質問に対しての答えもツイッターで載せてありましたので、一部抜粋して紹介していきます。 ・好きな食べ物 パスタ ・身長160センチ ・好きな漫画 ワンピース、七つの大罪、進撃の巨人、ヒロアカ、キングダム、orange、ピアノの森、ちはやふる、思い、思われ、ふり、ふられ ・「ユイの研究室」の編集は妹にも手伝ってもらっている 妹の名前はルイ 情報が入り次第更新していきます。 ユイの研究室の素顔や年齢は? 「ユイの研究室」の素顔や年齢を調べてみます。 素顔や年齢は明らかにはされていませんでした。 しかし、ツイッターには素顔とまではいきませんが、中の人のプラベートが見られるツイートがありました。 少しですが、以下のツイートに ネイルも見られるので女性ということで間違えないですね。 右のコントローラー完成! — ユイの研究室📕8. 大学生ということであれば、 19歳〜22歳ということになりますね。 年齢は21歳とのことです!情報を更新し忘れてしまい、申し訳ありませんでした。 ユイの研究室の生声がかわいいと話題に! YouTubeチャンネル「ユイの研究室」のユイですが、生声がかわいいと話題になっているんです。 チャンネル開設当初は合成音声で動画をアップしていました。 YouTubeから広告配信が停止されてしまったことをきっかけに今後地声で動画をアップしていくことになりました。 最近、合成音声を使用しているコンテンツは広告をつけるのに値しないようになっており、「ユイの研究室」も広告の配信が停止されてしまったらしいです。 しかし、ネットユーザーからは地声に対して「かわいい」「こっちの方が聞きやすい」などの声が多く挙げられています。 中の人の正体については明らかにされていませんでした。 唯一、性別が女性ということが分かりました。 それにしても、ワンピース考察動画は見ていて素直に納得してしまうほど、考えられて作られていますね。 一度見だすと、最後まで見ちゃいます。 笑 地声の生声も聞きやすくて可愛いですよね!.

次の

フェルミ研究所、MONSTERsJOHN TV、ユイの研究室#……漫画系&考察系YouTuberが台頭!|日刊サイゾー

ユイ の 研究 室

[画像のクリックで拡大表示] オスのハチドリは、ただ木の枝にとまっているだけで、そのカラフルな虹色の羽毛でわたしたちの目を楽しませてくれる。 ただ人間には、ハチドリのようには、その羽毛の美しさを完全には堪能できていないだろう。 というのも、新たな研究で、ハチドリには人間には感知できない色を見る能力があることが判明したからだ。 以前から、鳥はヒトよりもすぐれた色覚を持っていると研究者は考えてきた。 多くの霊長類と同様、ヒトの色覚は3色型だ。 これは、「青」「緑」「赤」の3つの色覚受容体(これを錐体=すいたいと呼ぶ)を持つことを意味している。 一方で、ハチドリを含めた鳥類は、4種類の錐体がある。 つまり4色型色覚なのだ。 ヒトはこのほかに、「非スペクトル色」(虹に含まれない色)の一つである赤紫(パープル)も認識できる。 ちなみにパープルは、赤と青を認識する錐体が同時に刺激されて見える色だ。 一方、鳥の4種類の錐体は、理論的には紫外スペクトルを含む、より広い範囲の色を識別することができると考えられてきた。 ただ、実際に鳥たちがどんな色を見分けられるかに関する詳しい実地調査は、これまでほとんどなかった。 米プリンストン大学の進化生物学者メアリー・ストッダード氏らは、コロラド州のロッキーマウンテン生物学研究所周辺で、フトオハチドリ(Selasphorus platycercus)を使った野外実験を行った。 その結果、ハチドリはスペクトル色の給餌器と、非スペクトル色の給餌器とを識別できることが分かった。 「ハチドリが給餌器を見分ける様子を実際に目の前で見るのは、本当にエキサイティングな体験でした」。 こう語るのは6月15日付けで学術誌『米国科学アカデミー紀要』に論文を発表したストッダード氏だ。 シカゴ大学の進化生物学者トレバー・プライス氏は、「この研究は『大きな前進』であり、鳥が色を見分けている方法について詳細に提示している」と述べている。 「動物の色覚に関する理解は、ようやく進み始めた段階です」 過去にない大胆な実験 ストッダード氏のチームが行った実験はこんな具合だ。 研究室の近くに、LED機器を備えた円筒形の給餌器を数個設置する。 それぞれの給餌器には、砂糖水と水が入っている。 入っている水の種類に応じて、LED機器の照射で給餌器表面の色を変える。 (参考記事: ).

次の

ユイの研究室#の最新動画|YouTubeランキング

ユイ の 研究 室

[画像のクリックで拡大表示] 「先の九州での研究は、コホート研究としては結果を出せなかったんですが、1歳半のときの自閉症スクリーニング(選別)の精度がどうかは示せました。 私たちは実際の健診に来た人を1歳半でスクリーニングして、6歳まで追いかけて、実際に自閉症を発症したか、そうではなかったか見ていって、スクリーニングの性能として感度や特異度という指標を割り出しました。 それで、陽性反応的中度は、それまでの報告よりも少し低いことも分かりましたし、長期追跡した研究はおそらく世界で初めてだったので、研究室だけで実施した結果と、実際に地域で実施した結果は異なるということも示せました」 検査にまつわる指標はとても大事なことで、感度(病気の人を取りこぼしなく陽性に判定する割合)や特異度(健康な人を間違いなく健康と判断する割合)といった検査そのものが持つ固有の特性値に加えて、検査をする集団の中でその病気や障害の頻度によっても陽性反応的中度(陽性だった人が本当に陽性である割合)が変わってくる。 自閉症のスクリーニングがどの程度の性能で(感度と特異度)、リアルワールドでどれだけの精度が出るか(陽性反応的中度など)を知ることは、自らもっている道具の基本性能として知っておかなければならない情報だ。 新しい分野の疫学調査をするためには、まず道具を整える必要があるのはよくある話で、神尾さんはこの時点でまさに道具の整備を行っていたことになる。 「でも、国内では全然、評価されなかったんですよ。 『だから何なんだ』みたいな感じだったんですけど(笑)。 でも、結局、私たちがそこですごく自信がついたのは、こういったテストが、ある程度、客観的な尺度になると分かったことです。 そして、スコアが高く自閉症傾向が強い人から、スコアが低く定型的な発達をしている人まで、切れ目なくつながっているようだというのも分かりました。 それをどれくらいのところで切っているかによって、診断される数も変わりますよね」 この頃、自閉症と診断される人が増えていることが話題になっていた。 結論としては、診断基準が変わり、見かけ上、増えたというのが確からしいのだが、予防接種のワクチンが原因になっているなど、今では明確に否定されている薬害説も取り沙汰され、自閉症をめぐる社会状況が騒然としていた時代でもあった。 しかし、「なぜ増えたか」についてはすでに決着がついた感があり、本稿では蒸し返さない。 それよりも、むしろこの時点でも見て取れる「連続性」に注目したい(よりきちんとした研究については後に触れる)。 「スコアが高く自閉症傾向が強い人から、スコアが低く定型的な発達をしている人まで、切れ目なくつながっている」というのは、そのクリニックの中にいてすでに困った状態で訪ねてくる人たちを見るだけでは、決して見えてこないことだ。 きちんとした尺度を作った上で健康診断の場で網羅的に見たからこそ分かったことなのである。

次の