プルームテックプラス 紫 点滅。 「PloomTECH+」「Ploom S」の仕様を詳しく解説! 発売日の1月29日までに本当に必要かを考えてみる!

【プルームテックプラスの取扱説明書】使い方を写真付きで紹介するよ

プルームテックプラス 紫 点滅

プルームテックプラスの点滅の色別の意味 青色の点滅の意味• 電池の残りが21%以上のサイン 「バッテリー残量あります~」って意味。 ずっと青点滅してるなら、カプセル交換のサイン プルームテックプラス使ってる人居ませんか?今日買ったばかりなのに 青点滅 どうしたらいいんですか?買った時に付属ので充電済み 三回吸っただけで青点滅です 故障品かな? — ひでき フェニックス A35Nw プルームテックプラス。 青点滅しまくるから壊れたかと思ったら…お知らせ機能解除が必要なのかwww — やたろー milkbottle777 基本、青色ランプ危険信号でないので、安心してください。 たばこカプセル1本で50回まで吸うことができます。 そのため、• カプセルの交換タイミングになったら、40回の青点滅でお知らせ してくれるんですね。 チカチカうるさいって思ったら、長押しで解除 3秒以上の長押しで、青点滅を消すことができます。 青点滅が長いな~と思ったら、• 長押しで、カプセル交換のお知らせ機能を解除する って覚えておきたいですね。 赤色の点滅の意味• バッテリーがないって意味 電池がなくなったら、赤く3回点滅ってルールがあります。 そのため、 チカチカ赤く光ったら、すぐ充電するようにしたいですね。 3回以上の赤点滅は、バッテリーの寿命 バッテリーがないサインは、3回しか点滅しません。 そのため、 「ずっと赤点滅してるんだけど」 って場合は、バッテリーの寿命です。 買ったばかりの場合は、何かしら不具合を起こしている可能性が高いです。 具体的には• 本体の故障• 初期不良 など。 再度、充電をしても直らない場合は、買い替えが必要になります。 紫色の点滅の意味• プルームテックプラスが赤青に点滅 したら、かなりの危険信号 って覚えておきたいですね。 また、チカチカ光る点滅ではなくて、 ずっと光ってる場合の点灯になると、意味が違うケースも。 プルームテックプラスが点灯した時の意味 青色の点灯の意味• 充電完了のサイン 「点滅でなくて、ずっと青く光ってるけど?」って場合は、• 充電が終わってるから、もうお腹いっぱい ってことですね。 5分後に消えるので、充電中は見逃さないようにしたいですね。 1秒だけの青点灯は、電源オンの合図 1秒だけ青く点灯したら、• バッテリーが21%以上ある中で、電源オン されたって意味。 赤色の点灯の意味• もうバッテリーがないって合図 電池の残量が0%ってことですね。 赤点滅と同じように、バッテリーが不足してるサイン。 もし、充電をしてもずっと赤く点灯してるなら、故障も疑ってみましょう。 紫色の点灯の意味• 電源オンの合図 「バッテリーが20%以下の状態で、電源オン」の意味。 電源オンした後の光り方が、• 青点灯だと、バッテリーが21%以上• 紫点灯だと、バッテリーが20%以下 になり、プルームテックプラス本体の電池残量が確認できます。 ずれてないか• 外れてないか をチェックしてみましょう。 それでも、解決しないなら、電話したほうがいいですね。 Ploom専用カスタマーサービス TEL:0120-108-513 9:00〜22:00 時間をかけたくないなら、買い替えしちゃうって選択もアリ。

次の

【完全版】プルームテックプラスをレビュー!使い方、特徴、感想まとめ|いまいちど.ログ

プルームテックプラス 紫 点滅

今回販売される「PloomTECH +」も臭い、有害物質の少なさはプルームテックと同様になりますので、車内や人が集まった自宅など、臭いを出したく場面で活躍しそうです。 その反面「タバコの満足感が低い」というデメリットもあります。 加熱された蒸気をタバコ葉に通過させるという仕組みなので仕方ないといえば仕方ないのですが、今回販売される「PloomTECH +」は、タバコの満足感がどれだけ改善できているかが注目になります。 IQOSを超えられるか? 高温加熱式タバコは味とタバコの満足感、臭いの少なさに期待 「高温加熱式タバコ」となるPloom S プルーム エス はタバコを直接加熱します。 したがって味やタバコの満足感は高いですが、低温加熱式タバコに比べると臭いがでます。 といっても紙巻たばこに火をつけたレベルではないですが、人間それに慣れれば文句がでるんですよね。 私の嫁さんも、紙巻きからアイコスに切り替えた時は「臭いが少なくていいね」なんて言っていたのに、最近では「アイコス臭いから自分の部屋で吸って」と言われます。 「Ploom S」に期待することは、味やタバコ感はもちろんのこと、どれだけ臭いがするのか、またどういった種類の臭いかが大切になります。 充電時間や使用回数など、基本的には従来のプルームテックと変わらないですね。 ただ、 充電がマイクロUSBでできるようになったのは助かります。 これであの専用充電器を持ち歩かなくて済みますね。 それとプルームテックではなかった、オン・オフ・交換通知解除用のボタンが搭載されました。 吸う時は「自動通電」なのでボタン操作は必要ありませんが、このボタンはバッテリー残量の確認にも使用できます。 プルームテックは確認できなかったので突然電池がなくなったりしましたが、これでその心配もなくなりますね。 仕組みは本体にカートリッジを装着して、先端にたばこカプセルを挿し込んで使用します。 これも基本的には今までのプルームテックとほとんど変わりません。 簡単にいえば 「使用本数など使い勝手は変わらず、サイズが少し大きくなりタバコの満足感が上がったプルームテック」という感じでしょうか。 現在プルームテックを使っていて物足りなさを感じている方にはとても良さそうな製品だと思います。 カートリッジに市販のリキッドを添加できるかわかりませんが、それができれば色々と幅が広がりそうでもあります。 そのあたりは入手してから検証したいと思います。 プラスの専用タバコは4種類! プラスの専用タバコは4種類あります。 銘柄はすべてメビウスで、レギュラー2種、メンソール2種になります。 価格は5個のたばこカプセルと1つのカートリッジ入っていて、各500円になります。 発表会ではレギュラーが「メビウスの味がしておいしい」と評判のようです。 これは楽しみですね。 使い方や加熱の待ち時間、さらにはクリーニング方法などほぼgloと同じです。 大手タバコメーカーでは最後に販売された高温加熱式タバコなので、今までにないデバイスを期待していた私としてはこれは少々残念ですね。 しかし問題は味とタバコの満足感です。 gloと同じような製品でも、吸いごたえや満足感が上ならこれはこれでアリだと思います。 他に気になる点としては、喫煙本数でしょうか。 画像でみた感じではgloより大きいのですが、1回の充電で 10本しか吸えないんですよね。 JTは「Ploom S」と、「PloomTECH +」もしくは「PloomTECH」の2台持ちの前提でこの喫煙本数にしているんですかね。 これではメインで使うには心許ないので、モバイルバッテリーは必須になるかと思います。 「Ploom S」はもちろん現在の加熱式市場に向けて投入されているので、ライバルはアイコスとgloということになります。 仮に味が良くてもこの10本という喫煙本数はネックになるかも知れませんね。 「Ploom S」はメリットは、何と言っても人気のタバコ「メビウス」を吸うことができます。 レビューでは評判も上々でしたので、なかなか期待できそうな感じはありますよ。 後は臭いがどれくらい出るかですよね。 無臭はありえないですが、アイコスのように不快ではなければ、それだけで切り替える意味はあるかも知れません。 Ploom Sの専用タバコは3種類 Ploom Sの専用タバコは3種類販売されます。 レギュラー1種、メンソール2種になります。 まだ種類は少ないですが、このあたりはすぐに新しいフレーバーが追加されると思います。 価格は20本入りで各480円。 スポンサードリンク まとめ:プラスは良さそうだが、エスは様子見か あくまで私の考えですが、私はどちらかというとプラスの方が試してみたいです。 私の現状で考えれば、メインはアイコスを使い、臭いを出したくない場所やサブとして「プラス」を使うのが理想ですね。 プラスはプルームテックの強化版なので味や煙量の予想がつきます。 さらにほぼ無臭なのでこれは使い勝手が良いと思いますよ。 「Ploom S」に関しては、今アイコスで満足している方はちょっと様子をみてもよいかも知れませんね。 味はもちろん、臭いに関してももう少し情報が揃ってから買うのが無難なように思います。 専用タバコに関してはいつ全国のコンビニで販売されるのかまだわかりません。 おそらくデバイスの発売と同時に販売されると思いますが、そのあたりはわかり次第情報を共有させていただきます。 いつでも好きな時にタバコが買えないと不便ですので、それがはっきりしてからでも遅くないかも知れませんね。 まだ入手していない今の段階での私の考えはこのような感じですかね。 いずれにしてもすぐに2つとも購入してレビューを書かせていただきますので、その時は購入の参考にしていただけたらと思います。 スポンサードリンク.

次の

プルームテックプラス(新型)をレビュー!味の感想や使い方等を紹介

プルームテックプラス 紫 点滅

今話題のプルームテックプラスの味を知りたい。 「たばこカプセルにはどんなフレーバーの味があるのか知りたい… どうせならタバコカプセル全種類の味を詳しく教えてほしい」 そんな疑問に答えます。 はじめに、 プルームテックプラスの味を決めるの「メビウスのはたばこカプセル」のフレーバーの種類で、レギュラータイプの味が3種、メンソールタイプの味が3種、フレーバーラインの味が2種類あり、2019年10月15日時点ではたばこカプセルは全部で8種類の味がある。 この記事を読むことで、 プルームテックプラスの味を決める、たばこカプセル全8種類の味を知ることができる。 新発売されたプルームテックプラスたばこカプセルの新味4種類 これが 2019年10月15日にプルームテックプラスのたばこカプセルに追加された新味4種類だ。 こっちが MEVIUS for Ploom TECH としてプルームテックプラス発売開始時に販売された プルームテックプラス専用たばこカプセル4種類だ。 これで プルームテックプラスの味(フレーバー)は全部で8種類になった。 種類が増えたが味を選ぶ時のポイントは「メンソール好きなのか?」「レギュラー好きなのか?」で選べば選択肢が狭まり好みの味を見つけやすいので、タイプ別にこの記事を読んでもらうとあなたの好みの味を見つけやすいと思う。 プルームテックプラスたばこカプセルの味全種類• 【レギュラー】メビウス ロースト・ブレンド フォー プルーム・テック・プラス• 【レギュラー】メビウス マイルド・ブレンド プルーム・テック・プラス• 【レギュラー】メビウス・ゴールド・ロースト NEW• 【メンソール】メビウス コールド・ミント フォー プルーム・テック・プラス• 【メンソール】メビウス クリア・ミント フォー プルーム・テック・プラス• 【メンソール】メビウス・ゴールド・クリア・ミント NEW• 【フレーバーライン】メビウス・レッド・ミント NEW• プルームテックプラスの 新フレーバーは従来の味と変わらず価格は500円(税込)で、専用カートリッジ・たばこカプセル(5本)という内容だ。 それでは プルームテックプラスの味を決めるたばこカプセルをタイプ別に詳しく紹介していこう。 新味レギュラータイプフレーバー:メビウス・ゴールド・ロースト これがレギュラータイプの新味「メビウス・ゴールド・ロースト」だ。 箱を開けると従来のたばこカプセルと大きな違いはなく、付属カートリッジにも見た目の変化はみられない。 肝心のたばこカプセルの味はと言うと、香ばしいたばこの味わいに、ゴールド・リーフの濃厚なコクが広がる余韻が特徴のレギュラータイプと公式では書かれているが、 実際に吸ってみた味はと言うと正直大きな違いが感じられなかったのが僕の感想だ。 レギュラータイプフレーバー:メビウス ロースト・ブレンド フォー プルーム・テック・プラス これがプルームテックプラス専用たばこカプセル「メビウス・ロースト・ブレンド」で、レギュラータイプで香ばしさと奥深いコクが味わいのたばこカプセルだ。 メビウス ロースト・ブレンドはレギュラータイプの専用タバコカプセルで、メンソールとは違い タバコ本来のガツンとくる香ばしさと味わい深さが特長で、4種類の中で1番タバコの味が感じれた。 ローストというだけあって炙った(あぶった)ような味わいがブレンドされた専用タバコカプセルだ。 メンソールが苦手な人に一番おすすめしたい味だ。 レギュラータイプフレーバー:メビウス マイルド・ブレンド フォー プルーム・テック・プラス これがメビウス マイルド・ブレンド フォー プルーム・テック・プラス(レギュラー)だ。 メビウス マイルド・ブレンドの味をレビューすると、香ばしさに優しさをプラスしたような味わいで少しお茶系(緑茶)の味するのが特長でフルーティーなフレーバーだ。 低温加熱 PloomTECH +専用たばこカプセルのメンソールとレギュラーの中間の味が味わえるというのが僕の感想です。 メンソールとレギュラー両方の感じが欲しい人には1番おすすめの味な気がする。 新味メンソールタイプフレーバー:メビウス・ゴールド・クリア・ミント これがメンソールタイプの新味「メビウス・ゴールド・クリア・ミント」だ。 新しくなったメビウス・ゴールド・クリア・ミントもリキッドの入ったカートリッジなどは一緒だがパッケージにゴールドカラー追加されて、メビウス クリア・ミント フォー プルーム・テック・プラスとの差別化が図られている。 気になる新味メビウス・ゴールド・クリア・ミントはと言うと、ペパーミントの爽快感に、ゴールド・リーフの強い刺激でシャープなキレが特徴のメンソールタイプで、メビウス クリア・ミント フォー プルーム・テック・プラスと比較すると、よりメンソール感の刺激とキック感が増していて僕はこれが一番美味しいと感じた。 メンソールタイプフレーバー:メビウス クリア・ミント フォー プルーム・テック・プラス これが低温加熱たばこのプルームテックプラス専用のタバコカプセルで、正規名称は「メビウス クリア・ミント フォー プルーム・テック・プラス」と言う。 全ての PloomTECH + のたばこカプセルにフォー プルーム・テック・プラスとつく。 プルームテックプラス専用のたばこカプセルの中で、1番美味しいと感じた味だったメビウス クリア・ミントはスタンダードなメンソールといった感じ。 メンソール感が控えめでとても吸いタバコ味のハッキリした味が特長的で、喉にもガツンとくるのでキック感も感じれて満足度の高いメンソールだ。 僕の周りでプルームテックプラスを使っている女性にもメビウス クリア・ミントはメンソールらしいミントの爽やかな味が人気だ。 プルームテックプラス専用フレーバーの味に迷ったらまずコレにしておけば間違いない! メンソールタイプフレーバー:メビウス コールド・ミント フォー プルーム・テック・プラス これが、メンソールタイプのメビウス コールド・ミントで清涼感たっぷりな味が特長だ。 メビウス コールド・ミントはメンソールタイプのたばこカプセルで、名前から味がイメージできる冷たいメンソールの味わいを堪能できるプルームテックプラス専用のタバコカプセルだ。 今までのプルームテックに近い吸い心地を味わうならメビウス コールド・ミント フォー プルーム・テック・プラスがおすすめだ。 新味フレーバーライン:メビウス・レッド・ミント これがプルームテックプラス初となるフレーバーラインのメビウス・レッド・ミントだ。 パッケージはメビウス・レッド・ミントという名称なだけに赤色が特長的。 カートリッジには何と書いてあるか見てみるとMINTの表記があったので、メンソールタイプと同じリキッドのなのかもしれない。 ある意味本当の新味と言っても良いフレーバーラインの「メビウス・レッド・ミント」は爽やかなアップルフレーバーで、芳醇なフルーツフレーバーとキレのあるメンソールだ。 吸ってみた感想は、思った以上にアップルらしくないというか丁度良いアップルフレーバー感で、甘すぎず爽やかなメンソールの味が癖になる美味しさだ。 新味の中では2番目に旨い!と思ったのがメビウス・レッド・ミントだった。 新味フレーバーライン:メビウス・パープル・ミント これが同じくフレーバーラインの新味「メビウス・パープル・ミント」だ。 こちらも特長的な紫色のパッケージの中にはたばこカプセルと MINT と書かれたリキッドが入っている。 メビウス・パープル・ミントの味は、華やかなベリーフレーバーが特長的だ。 アップルフレーバーと違ってもう少しベリー感があると個人的には良かったと感じた。 甘めのフレーバーが苦手な人はメビウス・パープル・ミントの味が合うかもしれない。 【比較】プルームテックプラスのたばこカプセルの味(フレーバー)の感想 プルームテックプラスのたばこカプセルに新味が加わり全部で8種類の味になったので、選べる数が増えたのでどれを買おうか迷うこともあると思う。 プルームテックプラスたばこカプセルの全ての味を試した、 僕が実際に吸って美味しいと感じた味の一覧表(上から美味しかった順)を以下に載せておくので参考にしてみてほしい。 プルームテックプラス全味の比較表 メビウス・ゴールド・クリア・ミント よりメンソール感と刺激がプラスされて全8種類の味の中で断トツ1番の美味しさだった。 メビウス・レッド・ミント プルームテックプラス初のフレーバーラインでほのかに香るアップルの風味とメンソールが全8種類の中で2番目に美味しかった。 メビウス クリア・ミント プルームテックプラスのたばこカプセルに新味がでるまでは実質1番だったけど上位版のメビウス・ゴールド・クリア・ミントが発売したので第3位にランクダウン。 メビウス・ゴールド・ロースト 新味のメビウス・ゴールド・ローストだが正直従来のメビウス ロースト・ブレンドとの違いが分からず第4位。 メビウス ロースト・ブレンド メンソールが苦手な人は迷わずメビウス ロースト・ブレンドを選べば間違いなしの味で第5位。 4位とほぼ味の違いは感じなかった。 メビウス・パープル・ミント こちらもプルームテックプラス初のフレーバーライン「メビウス・パープル・ミント」はベリー感が少し物足りなかったが新味なので新鮮な風味が感じられるので第6位。 メビウス マイルド・ブレンド メンソールとレギュラーの中間で香ばしさに優しさをプラスしたような味わいで少しお茶系(緑茶)の味は第7位 メビウス コールド・ミント 清涼感たっぷりな味が特長だが逆に物足りなさがあるので第8位。 上記のフレーバーの味比較表に書いてあるとおり、僕がプルームテックプラス専用たばこカプセルのメンソールフレーバーの味で、1番吸いごたえもあって美味しいと感じたのは 新味のメビウス・ゴールド・クリア・ミントだ。 プルームテックプラス初のフレーバーラインでは、アップルの風味とメンソール感が癖になる メビウス・レッド・ミントで、レギュラーフレーバーの味では メビウス ロースト・ブレンドが、キック感もありプルームテックプラスらしい刺激も感じれたという結果だった。

次の