木村 さつき 役。 木村さつきをオレンジジュースで殺害した犯人は誰で加藤みきお(木村みきお)

松尾紀子が見た真犯人とは?隠したい木村さつきの謎テセウスの船5話

木村 さつき 役

テセウスの船第5話が放送されました。 父・佐野文吾の無実を証明するために証言すると言ってくれた 「松尾」という謎の人物。 この「松尾」という人物、恐らく偽名だと推測します。 正体は、アノ人。。。 第4話では、現代に帰ってきた田村心でしたが、以前いた世界とは変わってしまっていました。 逮捕され老いた父・佐野文吾と姉の鈴に会った心でしたが、鈴は整形し、名前も替えて「木村みきお」と暮らしていました。 木村みきおの母親は「木村さつき」。 木村親子は音臼小事件の被害者であり、犯人である佐野文吾を憎んでいました。 岸田由紀の支援を得て、文吾の無実を証明しようとする心でしたが、それを阻止しようとする木村さつき。 いったい、なぜ? 第5話をネタバレしていきます。 タイムスリップした平成元年から再び現代へ戻った田村心(竹内涼真)は、歴史が変わってしまうまでは妻だった記者の岸田由紀(上野樹里)の協力を得て、父・文吾(鈴木亮平)の無実を証明できるという証言者の松尾から連絡を受ける。 それは心にとって、父の冤罪を晴らす唯一の希望の光だった。 その頃、木村さつき(麻生祐未)に「正体を知っている」と脅されていた村田藍(貫地谷しほり)。 文吾の娘だと夫の木村みきお(安藤政信)に隠し続けてきた藍は、さつきのある謀略に協力させられる。 果たして、さつきの魂胆とは何なのか? そして、心は突然、松尾から証言はできないと連絡を受ける。 父を救う唯一の希望を失いたくないと、心は由紀に励まされながら必死で松尾に証言を願うが…。 代わりに岸田由紀が被害者の会で壇上に立ち、真実を語って欲しいと訴えます。 その訴えが功を奏し、後日真実を証言してくれるという「松尾」という人物が出てきます。 この「松尾」という人物は、「佐々木紀子」と思われます。 佐々木紀子は、音臼村で木村さつきの父親が経営するメッキ工場に勤めていた女性です。 工場から青酸カリを盗み出し、長谷川翼にそれを渡していた人物です。 長谷川翼は、この青酸カリで服毒自殺しました。 追記します! 「松尾」さんは、やはり「佐々木紀子」でした。 結婚して「松尾」というせいになっていたんですね。 松尾紀子は、刑務所に、佐野文吾に会いにきました。 そして、娘から反対され、証言が出来ないことを詫びたのでした。 そんな松尾紀子に、 「あなたはもう十分に苦しんだお顔をされている。 これからは自分を大切にして、幸せになってください。 」と優しい言葉をかける文吾。 自宅に帰る途中、そんな文吾の言葉を思い出しながら、松尾紀子は やはり証言しようと思い直したのでした。 木村さつきは、村田藍が「佐野鈴」であることも知っています。 それをネタに村田藍を自分が考えた陰謀に巻き込んでいきます。 木村さつきの魂胆は何なのか? やはり、木村さつきが真犯人なのか? それとも、真犯人をかばうために、画策しているのか? 追記します! 「松尾」さんが、佐々木紀子であることを突き止めた木村さつき。 松尾紀子が証言しないよう、村田藍を使って証言を止めさせようとします。 松尾紀子の証言を聞くために田村心は自宅を訪ねますが、そこに急に村田藍も現れ、一緒に話を聞くと言います。 村田藍は木村さつきに指示を受け、松尾紀子が核心の話をしようとしたとき、木村さつきに渡されていた錠剤を飲み、倒れてしまいます。 救急搬送される村田藍。 心も付き添って病院へ。 そんな騒ぎの合間に、松尾紀子の家に木村さつきがやってきました。 そこで木村さつきは、松尾紀子が証言しようと考えていることを確認し、紙袋を渡します。 その紙袋に入っていたものとは..... 松尾紀子の証言: 松尾紀子は、事件当時、長谷川翼と一緒に暮らしており、ある日長谷川翼から青酸カリを盗んでくるように命令されます。 紀子はメッキ工場に勤めており、青酸カリを取り扱える立場にいました。 紀子は長谷川翼からの暴力を恐れて、盗んだ青酸カリを長谷川翼に渡します。 その行為が、明音ちゃん誘拐事件に繋がり、長谷川翼の服毒自殺事件につながってしまった。 その事に心を痛めた紀子は、自殺をしようと森の中へ。 そこで紀子は目撃したのです。 事件を捜査していた金丸刑事が何者かに崖から突き落とされて殺されたのを。 突き落とした犯人は、未来のことが書かれているノートを持っていると言っていました。 姿は見えませんでしたが、その声の主には心当たりがありました。 その声の主とは.... 声の主について話そうとしたところで、村田藍は木村さつきに渡させた錠剤を飲み倒れてしまい、証言の話しどころではなくなってしまったのです。 すべては、木村さつきの計算通り。 村田藍が救急搬送された後に、松尾紀子に会いに来た木村さつきは、松尾紀子が証言しようと考えていることを確認し、紙袋を渡します。 ほどなく、田村心は松尾紀子の家に戻ってきますが、家の前には救急車が。 そして、岸田由紀から松尾紀子が亡くなったことを聞かされます。 救急車に載せられているのは木村さつき。 <ネタバレ注意!> 松尾紀子は、木村さつきから差し出された紙袋の中の「いもようかん」を食べたものと思われます。 「いもようかん」には毒物(青酸カリ)が仕込まれていたと思われ、木村さつき自身も死なない程度に一緒に食べ、薬物中毒で救急搬送されたのです。 そこまでして、真犯人を隠し、佐野文吾を死刑にしたい理由は何なのか? 次回、第6話に続きます。

次の

テセウスの船のさつきは妊娠していた?絵は鈴じゃなくて自分!【考察】

木村 さつき 役

未来の木村さつき 時間軸Bの未来の木村さつきはみきおを養子としており、みきおの母となっています。 また、みきおは文吾の娘の鈴と結婚しています。 鈴は整形をしたと言っており、心ははじめは鈴には気が付かなかったようです。 未来の木村さつきをみていると木村さつきの思考が見えてきます。 未来の木村さつきの目的 未来の木村さつきはおそらく文吾を死刑にすることであると思います。 あの憎き文吾は処刑されるべきであるといったことを口にしていました。 ではなぜ木村さつきは文吾を処刑にしたいのか?ということですが、それはおそらく、みきおに毒を飲ませてみきおの体を不自由にしたことが原因ではないと考えられます。 ではなにが原因か? それは、最終回予想に基づくのですが、文吾が木村さつきの婚約者を冤罪で逮捕したからだとみています。 木村さつきの婚約者は校長の息子であり、しかもそれは田中正志であると。 田中正志といっていますが、田中正志は本当の田中正志ではなく、校長の息子であると考えられます。 田中正志は1977年の音臼村祭でキノコ汁に毒キノコが混入していた事件の犯人として冤罪で逮捕されます。 毒キノコ事件では、徳本の母が毒キノコが混入したキノコ汁を食べ亡くなっているようです。 毒キノコ事件ですが、本当は毒キノコではなく、普通の食べられるキノコが混入されていたのだと考えました。 キノコですが、食べられるとされるキノコでも健康状態が悪い人が食べると食中毒を起こしてしまうことがあるのです。 ですので、キノコ汁を食べてなくなったのは徳本の母一人だけということだと思います。 なお、木村さつきが田中正志は自分の婚約者であったことを悟るのは、みきおを養子にもらってからのことであると考えられます。 さらにそこで、田中正志が自分は冤罪で逮捕されたということを語るので、それで木村さつきは文吾を憎むようになるのではないかと考えております。 木村さつきと田中正志とみきお みきおは木村さつきの本当の子であり、田中正志は父であると考えました。 よって、木村さつきと田中正志とみきおは本当の家族ということになります。 だから未来のみきおは田中正志ともつながっていました。 木村さつきがみきおを養子に出した理由ですが、それは音臼村で田中正志の子を産むと、犯罪者の息子といわれることになるから。 音臼村祭の後は、田中正志は刑務所へ、木村さつきは出産するも養子に出して、自分は結婚することもなくといったことになりました。 このように家族で暮らせなくなったのは文吾の冤罪逮捕によるものと木村さつきは未来では考えているようです。 ですが、どうやら過去の木村さつきは文吾を憎んでいるようでもないので、しばらく時間が経ってから田中正志の逮捕は冤罪であったということを知った可能性もあります。 そして話のオチですが、文吾が冤罪で逮捕することになったのは馬渕の指示であったのではないかなとも考えております。 文吾が馬渕とはうまくいかなかったとも言っています。 過去の木村さつき 過去の木村さつきは時間軸Bの未来の木村さつきの様相とは全くことなり、穏やかで品のある感じです。 おそらく、過去の木村さつきはみきおの企みは把握していないのだと考えられます。 過去の木村さつきの目的 過去の木村さつきの目的はやはりみきおを養子にもらうことであり、それは上述のとおり、みきおは実の子どもであるからだとかんがえています。 それどころか、第9話でみきおが毒殺されかけるのを見て心を犯人であると疑っているようでした。 やはり過去の木村さつきはみきおの企みや田中正志の企みのことは把握できていないのではないでしょうか。 みきおを養子にもらった後に、みきおが田中正志と協力していたこと等を木村さつきが悟るのかもしれません。

次の

ドラマ「テセウスの船」6話、松尾の証言で木村さつきが狙われる?病室へ向かった男は真犯人?│Kisei

木村 さつき 役

スポンサーリンク テセウスの船の木村さつきは妊娠していた?公式HPの写真に注目!【考察】 突然ですが30年前の 1989年のさつきは妊娠していたのではないでしょうか? そしてあることがきっかけで流産してしまった。 そう考えるといろんなことに辻褄があってくるような気がします。 佐野の場合だと、不倫して妊娠させて知らんぷりって事でさつきに恨まれて犯人にされたとかいい感じに考察できるんですが、佐野はそんな事する人ではないと信じていますw しかも雪崩を予言した心に対して 「私の未来がどうなるかとか見えたりするんですか?」 と聞いたさつきに佐野は 「私の白馬の王子様ってどんな男かしら~でしょ?」 と茶化していたので。。。 自分が不倫している相手だったらそんな事言えませんよね 笑 で、金丸はというと。 これも公式HPの写真にヒントがあると思うんです。 妊娠している佐野鈴と旦那の木村みきお 妊娠している佐野和子と旦那の佐野文吾 ということは。 妊娠している木村さつきと父親の金丸茂雄 って可能性があるのかな、と。 3話で心が学校に寝泊まりしたとき、金丸が学校まで送って行きましたよね。 そのあと車から降りて「よう」と話した相手がさつきなのかな? とりあえずさつきのお腹の子供の父親は金丸と予想! テセウスの船で妊娠した絵は自分を書いたさつき!佐野家を恨んでる? 4話の2020年の現代に戻ってきたら突然性格が変わったように怪しくなっていた木村さつき(麻生祐未さん)ですが。 1989年でキーポイントとなるあの絵と同じような絵を描いているようでした。 でも似てるけど違うよね。 B軸では、心が持ち出してしまったから証拠隠滅が出来なくなり放火しなかった。 妊娠していたのに音臼小事件によって流産してしまった。 そして子供の父親である金丸も佐野や心に深く関わった為に亡くなってしまった。 なのに佐野家は幸せに暮らしている。 逆恨み的な感じでさつきは佐野や心を恨んでいるのではないでしょうか? それなら鈴を監視して憎んで?いるのも佐野が冤罪になってしまうのを止めるのも納得です。 そして 養子にした木村みきおを溺愛しているのも亡くなった子供を重ねているのかも? まぁ、それだけではあそこまで狂気にはならないでしょうからまだなにかあるとは思いますが。 とにかく、音臼小事件をとても憎んでいるので 犯人ではないのかなって思ってます。 4話時点であやしすぎるから犯人でないという理由も同意ですが、もう少し踏み込んでロジカルに犯人かどうか検証しましょう。 さつき先生の怪しさに目がいって、何か見落としてそうです。 と仮説するとミキオを引き取ったのは親切心からではないのでは?そもそも子供好きなら鈴に危害を加えるような事はしない、例え鈴が憎くても子は大切にするはず。 五話の予告がかなり色々ショックだけど、さつきが佐野鈴 ってやっぱり前から知ってた? に渡した薬は毒薬で、自分と同じ目に合わせる事が目的で渡した?自分が子供を産めない身体になったからミキオを養子に迎えた?実子だと思ってたけど養子の可能性が高まった。 でも結果音臼小事件の犯人ではなくても犯罪を犯してしまう予感。 (盗撮がすでに犯罪?w).

次の