ヘアカラー 40代 アッシュ。 この夏はひし形ショートで決まり!!30代40代50代の大人ヘアカタログ☆(2020年6月12日)|ウーマンエキサイト(1/3)

40代が選ぶべき髪色♪伸びても白髪が目立たないカラーは?

ヘアカラー 40代 アッシュ

30代女性がヘアカラーを選ぶ際に重要なこととは? 年齢ごとにヘアカラーに求めることに違いがあります。 そこで、30代女性におすすめのヘアカラーをご紹介する前に、30代女性がヘアカラーに求めることは何かという部分から見ていきましょう。 落ち着き 30代女性がヘアカラーをする時、気になることの1つに落ち着き感があります。 20代の時とは違い、改まった席に出向く機会も多いですし、30代になると違った見方をされることも。 そのため、ヘアカラーをする時は、落ち着いて見えることが重要なのです。 同じへアカラーでも、ツヤや透明感がなく、パサついた印象よりも、ツヤと透明感を感じる色の方が断然いいですよね。 そんなツヤ感や透明感を表現するためには、ヘアケアだけでなく、色選びも重要なのです。 似合わせ ヘアカラーをする時に最も重要なのは、自分に似合っているかどうかです。 自分のお肌に合わない色を施すと、顔色や雰囲気に影響が出ます。 反対に、自分に似合う色を施していれば明るく魅力的に見えますよ。 30代女性必見!似合うヘアカラーの選び方 次は、30代女性必見の自分を魅力的に見せてくれるヘアカラーの選び方をご紹介します。 ヘアカラーを選ぶ際には、ぜひ、参考にしながら選んでみましょう。 肌色に合わせて選ぶ 30代女性におすすめのヘアカラーを選ぶ時のポイントは、肌色に合わせて選ぶことです。 人の肌色は、黄みがかった「イエローベース」とピンクみがかった「ブルーベース」に分けられます。 イエローベースの方は、暖色系が似合いますし、ブルーベースは寒色系が似合う特徴があります。 以下の表を参考にしながら、自分の肌タイプを見極めましょう。 イエローベース ブルーベース 瞳の色 茶系 黒系 白目の色 黄みがかっている 青みがかっている 髪の色 茶色 黒色 血管 緑色に浮き出る 青色に浮き出る アクセサリー ゴールド系 シルバー系 髪色や明るさを選ぶ 30代女性におすすめのヘアカラーの選び方には、髪色と明るさを選ぶことです。 髪色には、アッシュやピンク、ブラウン、マットなどが主流ですし、最近人気の色味に、グレーやベージュがあります。 4〜5が黒に近い明るさ、6〜10がスタンダードな明るさ、11〜15は、カラーで出せる最大の明るさ、16〜20はブリーチが必要な明るさです。 黒に近い明るさ 茶色〜明るめの茶色 最も明る目の茶色 レベル 4レベル〜6レベル 7レベル〜10レベル 11レベル〜15レベル 30代女性におすすめの明るさは、6〜10の明るさですし、11〜12も比較的人気です。 長持ちするカラーを選ぶ 30代女性におすすめのヘアカラーに、長持ちするようなヘアカラーを選ぶことが大切です。 時間が経つと根元が伸びてきて、根元と毛先の色に差が出ます。 それが長くなると、あまりきれいなものではありません。 長持ちするカラーには、グラデーションやハイライトなどがあげられます。 こちらも取り入れながら30代女性にピッタリのヘアカラーを探してみましょう。 【定番人気】30代女性におすすめのアッシュカラー 続いては、30代女性におすすめのヘアカラーを色味別にご紹介していきます。 1つ1つの色をピックアップして、チェックしていきましょう。 まずは、大人気のアッシュカラーからです。 アッシュカラーとは? アッシュカラーとは、言語だけみると灰色を示しています。 しかし、髪に入れると少し青みを感じるブラウンになりますし、カラー剤だけ見ると青紫色をしているのです。 アッシュを入れることで、オレンジみや赤みが打ち消されてくすみ感が生まれます。 くすみ感のある人気カラー「アッシュ」 30代女性におすすめの理由は、トーンを抑えた色合いと輝くような光沢感です。 比較的濃い色のグレーを足すことで、いつものヘアカラーが表情を変えます。 【可愛さ重視なら】30代女性におすすめのピンクカラー 次は、アッシュカラーと同じくらい大人気のピンク系のカラーです。 アッシュが寒色系なのに対して、ピンクは暖色系にヘアカラー。 そんな30代女性におすすめのピンク系のへアカラーをご紹介しましょう。 ピンクカラーとは? ピンクカラーは、アッシュと並んで人気のカラーです。 赤系なので、日本人が元々持っているメラニン色素と相性がよく、髪の毛に合う色になっています。 さらに可愛くて女性らしい雰囲気が出ますよ。 可愛さと大人っぽさが魅力のカラー「ピンクブラウン」 30代女性の大人っぽさを醸し出してくれる30代女性におすすめのヘアカラーです。 写真を見てもそのツヤ感と透明感のある色合いがわかりますね。 【色っぽくなりたいなら】30代女性におすすめのバイオレットカラー 30代女性におすすめのヘアカラーの中に、バイオレットがあります。 セクシーさや大人度をアップしてくれる人気のカラーの1つです。 おしゃれでなおかつセクシーに見せたい方におすすめ。 バイオレットカラーとは? バイオレットカラーは、色でいうと「紫」のことを指します。 カラーの中で一番濃く、深みのある色で30代、40代の女性に人気のカラーです。 ふんわりとした紫のオーラが印象的なカラー「バイオレットブラウン」 黒ではなく、グレーではなく独特の魅力を持ったバイオレットは、30代女性におすすめのカラーです。 光を浴びるたびに紫に輝く色みは、大人の雰囲気を醸し出してくれる魅力的な色と言えます。 【おしゃれ度重視なら】30代女性におすすめのグレーカラー グレーカラーは、アッシュやピンクの定番のカラーに加えて、人気が出てきたおすすめのヘアカラーです。 色々なヘアカラーと相性がいいので、おすすめカラーの1つ。 早速、グレーカラーをご紹介しましょう。 グレーカラーとは? グレーカラーは、灰色というより、チャコールグレーのような濃い色が魅力のヘアカラーです。 20代や30代女性の間で人気急増中、アッシュよりもくすみ感が出るので、おしゃれでかっこいいおすすめのカラーとなっています。 透明感のあるくすみが魅力のカラー「グレー」 30代女性を可愛く見せてくれる色みがピンクベージュです。 名前だけ聞くと可愛すぎるイメージですが、施してみると気持ちも明るくなれるおすすめのヘアカラーになっています。 30代女性におすすめの暗髪カラーとハイトーンカラー ヘアカラーは、明るさを変えることで、雰囲気が変わります。 最近では暗髪やハイトーンなどの明度差をつけたヘアカラーが人気。 その時に気分によって、ヘアカラーを明るくしたくなるし、暗くしたくなるものですよね。 暗髪カラー 暗髪とは、明度を低くして暗い色のことを指します。 黒と言うわけではなく、色みの濃いカラーを入れて明度を落とすのです。 髪の毛にツヤ感も生まれますし、落ち着いた大人の雰囲気になります。 ハイトーンカラー ハイトーンカラーとは、暗髪カラーと正反対のブリーチを使って髪の毛を明るくした後に、色みを入れてできあがるカラーのことです。 透明感があり、色自体をキレイに見せてくれる特徴があります。 ヘアカラーを明るくするだけで、気持ちも明るくなってイメチェンに繋がるのでおすすめですよ。 時間がない30代女性におすすめのヘアカラー ヘアカラーをすると気になることが1つだけあります。 それは、 時間が経って伸びてきた時のカラーした部分と根元部分の色の違いです。 忙しくて美容院に行けないという30代女性も多いのではないでしょうか。 そこでおすすめしたいカラーが2つあります。 ハイライトカラー ハイライトカラーとは、ベースの色よりも明るい色や暗い色の筋を入れて立体感を出すカラーのこと。 筋の細さや明るさによって、雰囲気が変わります。 ハイライトを入れることで、根元部分が気になりにくいですし、30代になると出始める白髪のカバーにも繋がりますよ。 さらに明度差のある筋を入れることで、カラーに立体感が生まれておしゃれです。 グラデーションカラー もう1つは、グラデーションカラーです。 このカラーは、根元から毛先にかけて明るくなっていくカラーのこと。 根元の方を暗めにするので、根元が伸びてきてもキレイに馴染んでくれるのでおすすめです。 カラーを長持ちさせるコツ 最後にご紹介するのは、30代女性におすすめのカラーを長持ちさせるコツをお届けします。 お気に入りのへアカラーを保つための方法をチェックしていきましょう。 当日はシャンプーしない 30代女性におすすめのヘアカラーを長持ちさせるコツは、当日シャンプーをしないということがあげられます。 ヘアカラーをしてすぐは、キューティクルが開いている状態です。 そのため、シャンプーをしてしまうとカラーが抜けてしまう可能性があるので、当日はシャンプーをせず、トリートメントだけにしましょう。 専用シャンプーを使う ヘアカラー後は、ヘアカラー専用のシャンプーを使うことがおすすめです。 専用のシャンプーは、ヘアカラーの色を保ってくれる効果や傷んだ髪の毛を補修してくれる効果などがあります。 毎日使うシャンプーとトリートメントを変えるだけで、ヘアカラーの持ちが変わるのでおすすめですよ。

次の

【掲載数No.1】アッシュ系カラー40選。レベル別必ず見つかる似合う色アッシュばかりのヘアカタログ【最新版】

ヘアカラー 40代 アッシュ

なぜ黒はオススメではないかというと、 黒は白の反対色なので、真っ黒に染めると白髪が浮いて見え、目立ちやすいためです。 また黒は顔が暗く見え、老けてみえやすいのもお勧めできない理由のひとつ。 せっかく若々しく見せたいなら黒ではなく明るめの茶色がいいでしょう。 例えば「チョコレートブラウン」「ミルクティーブラウン」「アッシュブラウン」などです。 白髪染めをして時間がたつと色があせてきて赤っぽくなることがあります。 光に反射してそこだけが浮いて見えてしまいますね。 落ち着きも兼ね備えた上品なブラウンなら、赤茶色に色ウキ始めた白髪にもよくなじみ、目立ちにくくします。 白髪が目立たないように寒色系のカラーを選ぶこと 染めたばかりの髪の白髪が目立つ場所と言えば「生え際」。 ブローで髪をふわっと立たせ、動きをつけるようにしましょう。 ショートボブは分け目が目立ちにくく、大人っぽさと可愛さのバランスがとれた、人気の髪型です。 今まではとにかく黒く染めればいいという考えが主流でしたが、最近は白髪が浮いて目立つことや色ムラがでることを前提に、そうなっても目立たないカラーを選ぶのが常識となりつつあります。

次の

脱オバ見え!40代のヘアカラーは何色が正解?

ヘアカラー 40代 アッシュ

40代、50代になり、白髪が増えてきてヘアカラーで染めることになったら、まず白髪を目立たなくするために「黒く」染めるものだと考えていませんか?しかしべったりと「黒く」染めてしまうと、いかにも白髪染めしましたという印象になり、かえって白髪染めしたことが目立ってしまうこともあるのです。 それは、一般的な日本人の「自然な黒髪」が、ダークブラウンだからです。 ダークブラウンでは地毛より明るくなってしまうという方が、ブラックをご利用されることをおすすめします。 若い世代にアッシュカラーが流行中ですが、実は「若見え」したい40代・50代には避けておきたい色です。 アッシュ(灰色)系が顔周りにあると、顔に影をつくってしまい 老けた印象をもたらしてしまいます。 アッシュ(灰色)のような寒色系は、顔色をくすんで見せてしまう効果があるためです。 お顔の色がくすんで見えてしまうのは、若々しく見られたい40代・50代にはマイナスポイント。 ホームカラーで白髪を染めるのであれば、お顔がきれいに写る、「赤みブラウン」系などで似合うお色をあわせるのがおすすめです。 また、髪に艶感があったほうが若く見えるといわれています。 とあるアンチエイジングに関するアンケートでは、肌や顔立ちよりも髪から年齢を感じ取るという方が多いという結果が出ていました。 髪のツヤはとても大切。 だからこそ、40代からの ヘアカラーは流行を追った色にするだけではなく、 若々しいツヤを保ちながら、自分に似合った色をお選びいただくのがポイントです。 おしゃれ上手な「自分色」診断 一言でブラウンといっても今の白髪染め・カラートリートメントには色のバリエーションが増えています。 その中で どんなブラウンが似合うのか分からない・・・そんな方も多いのではないでしょうか。 好きな色と似合う色は違うこともあるので、似合う色を知っておくことも大人のおしゃれ上手のヒケツです。 似合う色=あなたが一番きれいに見える色を知っておくと、カラーリングだけでなく、コスメや洋服選びにも役に立ち、その魅力を何倍にもアップさせることが出来るはず。 春・夏・秋・冬の4タイプに分けて、あなたに似合うカラーを診断してみましょう。 自分色診断スタート! 引用元 「春タイプ」のあなたには 春タイプは年齢より若く見られることが多く、いくつになっても可愛らしい雰囲気が特徴。 どのパーツも黄色がベー スとなっているのでオレンジやマロンブラウンなど、強めの黄色が肌や髪の艶をいっそう輝かせます。 なら… 、 がおすすめ 「夏タイプ」のあなたには ブルーをベースとした、柔らかなパステルが似合う夏タイプは、穏やかな気品と聡明な印象を与える人。 青みの強いローズピンクやラベンダー、ネイビーブルーを選ぶと繊細で女性らしい雰囲気がアップ。 なら… 、がオススメ 「秋タイプ」のあなたには 温かみと洗練、ふたつの印象を持つ秋タイプの色。 ややダークな黄色をベースとしており、カーキやオリーブ、ブラウンの着こなしが得意。 地味になりがちなのでサーモンピンクやターコイズブルーをアクセントに。 なら… がオススメ 「冬タイプ」のあなたには クールで都会的、濁りのないパキッとしたブルーをベースとした冬タイプ。 白・黒・ワインレッドなどくすみのない強い色も、シャープかつダイナミックな雰囲気でピタリと着こなします。 人が集まる場所では一目おかれる存在。 なら… がオススメ 3Dカラー効果を出すならカラートリートメントがオススメ 髪の根元は暗い色、髪の表面はメッシュ状に明るい色を入れて染め分けると、髪にボリュームが出たようにふんわり 感を演出できます。 髪のハリ・コシが減ってぺしゃんこになってしまいがちな40代の髪にはこの3D効果はうれしいもの。 実際の染め分けは美容室でカラーリングしてもらうしかないのですが、ご自宅でおこなうカラートリートメントなら、それに近いイメージでカラーリング出来るのです。 カラートリートメントは、白髪に着色するタイプの白髪染め。 黒い地毛には薄くニュアンスがつく程度の染まり具合 です。 つまり、表面にぽつぽつと白髪が出始めた40代の髪なら、3Dカラー効果がトリートメントで作り出すことが出来ます。 白髪になってしまった髪を生かしながら、美しい髪色とボリュームを演出できるのです。 3Dカラー効果を出すには、地毛よりも明るい色を選び髪の表面にある白髪に塗布します。 髪の根元や、分け目の奥にある髪にはダークブラウンなど地毛に近い色をお選びください。 メッシュ風に色づきます。 しかもカラートリートメントですので、傷みを補修し、美しいツヤと髪にハリコシがでます。 上級者向けのテクニックですが、セルフで行なうホームカラーならではの楽しみ方です。 色を混ぜて使うことも出来るレフィーネヘッドスパトリートメントカラー。 ご自分がどのタイプが診断して似合うカラーを見つけてくださいね。 \今、開催中の特集・キャンペーンはこちらから/ 白髪染めとヘアケア、スキンケアのことなら 各種モールでもお買い物できます•

次の