ベスト エフォート 方式。 ベストエフォート方式という契約について。

ベストエフォート型とは

ベスト エフォート 方式

ベストエフォートとは「最大限努力するが、保証はしない」という意味! 光回線やモバイルWi-Fiなどの回線サービスにおける ベストエフォートとは、「最大の結果をだせるよう努力するが、品質の保証はしない」という意味で、主に 「通信速度を保証しない」という意味合いで使われる事が多い です。 例えば最大1Gbpsの光回線で10Mbpsしか通信速度が出なかったとしても、ユーザー側はそれに納得して使うしかないんです…。 ちょっとユーザーには不利な提供方式だと思うかもしれませんが… 通信速度は同時接続人数やユーザー側の環境など、色々な要因で変動します。 そのため、事業者側も最低値を保証するのは難しいのです。 個人向けで提供している回線サービスは全て「ベストエフォート型」です。 今後どうなるかは分かりませんが、2019年の現状ではベストエフォートに納得して使うしかないでしょう。 ただ、ベストエフォートとはいっても、評判の良い回線サービスを選べば十分快適な速度で使えます!私が実際に使っている各回線サービスの最大値&実測値を紹介していきますので、こちらも参考にしてみてくださいね。 ベストエフォート型で提供している回線の最大速度と実測値はどれくらい違う?実際に試してみた! 最大値 実測値 1Gbps 約320Mbps 867Mbps 約40Mbps 150Mbps 約20Mbps ベストエフォート型で提供している光回線(enひかり)、WiMAX(W06)、どんなときもWiFiの実測値を10回以上計測し、平均値を出しました。 表記されている最大速度がでることはありませんでしたが、十分実用範囲内でした。 快適な回線が欲しい方は参考にしてみてくださいね。 ベストエフォートで提供されている「enひかり」です!v6プラスというオプションに加入しています。 enひかりの最大通信速度は1Gbpsですが、計測中に出た 最高値は500Mbps程でした。 最低値は150Mbps程でしたが、だいたい300Mbps~400Mbps程で安定しています。 理論値の半分ぐらいの数値ですが、 これだけ速度が出ればかなり快適です…!4K画質の動画も楽勝で再生できますし、約30GB程あるファイルも15分ぐらいでダウンロードできちゃいます。 「ベストエフォート型の回線は最低値を保証しない」という文言に不安な方も多いかと思いますが、光回線は大丈夫な事が多いです。 確実に速い回線が欲しい方は光回線一択でしょう…! なお、今回の計測は「enひかり」という光回線を利用しましたが、もっと速い「NURO光」だと900Mbpsほど速度が出るようです。 が欲しい方はNURO光もチェックしてみてくださいね。 契約事業者は「Broad WiMAX」で、機種は「W06」です。 WiMAXは利用する機種によって最大通信速度が異なりますが、最速の「W06」は867Mbpsとなっています。 実測値は80Mbps程が最高値でした。 最低値は8Mbps程で、混雑している時間帯は遅くなる事が多かったです。 平均値は約40Mbps程となりました。 モバイルWi-Fiは無線で通信するため、光回線よりは速度が遅いですし、安定性も劣ります。 その代わりに、外に持ち出して使えますし、工事が不要というメリットがあります。 WiMAXはモバイルWi-Fiの中では通信速度が速い方です。 最大速度は150Mbpsですが、 実測値の最高値は50Mbps程、 最低値は5Mbps程でした。 また、WiMAXと比べて上り速度がちょっと速いです。 どんなときもWiFiも持ち運びをメインとする「モバイルWi-Fi」です。 スマホのWi-Fi接続がメインとなるので、十分な速度でしょう。 また、こちらは 通信量に制限がない点もメリットです。 モバイルWi-Fiは3日で10GBや月間7GBなどの制限がある場合が多いのですが、どんなときもWiFiは完全に無制限で使い放題です! 通信速度を気にして回線を選ぶ時は最大値だけでなく以下の3つのポイントも抑えておこう! Twitterで評判を調査する時のテクニック• exclude:retweets・・・検索結果からリツイートを除外• -filter:links・・・検索結果からリンクを含むツイートを除外• -source:twittbot. net・・・botを使って投稿したツイートを除外• net」です。 ただ、例外もあり「NURO光」や「auひかり」のような独自回線を利用していて混雑の影響が少ない光回線は気にしなくても大丈夫です! 「ドコモ光」や「ソフトバンク光」など、フレッツ光の回線を使用している「光コラボ」は、IPv6 IPoEに対応しているかどうかが非常に重要となります。 IPv6 IPoEは、回線によって名称が異なるのですが「v6プラス」や「IPv6 IPoE 」、「IPv4 over IPv6」と呼ばれることが多いです。 2019年現在はほとんどの回線でIPv6 IPoEに対応していますが、一応チェックしておいてくださいね! 帯域保証されている「ギャランティ型」というサービスもある! 最低保証 月額料金 スタンダート 10Mbps 18,850円 NURO Biz プレミアム 50Mbps 150,000円 フレッツ光 ネクストプライオ 10Mbs 41,100円 + プロバイダ料 最低通信速度を保証した「ギャランティ型」という回線サービスも存在します。 ギャランティという言葉はあまり使われておらず、「帯域保証」と記載されていることが多いです。 法人向けに提供されており、契約者専用の回線設備を用意するなどして最低速度を保証します。 コストがかかるため料金が非常に高くなります。 個人向けの帯域保証サービスは見つかりませんでした…。 個人で帯域保証に近いサービスを利用したい場合、 複数の回線を同時契約するのがおすすめですね!帯域保証される訳ではありませんが、遅くなった時や接続障害が発生したときにすぐに切り替えれます。 気になる点はチェックしてみてください! Q1.ベストエフォートって企業側の言い訳じゃないの…? A.正直、言い訳みたいなものだと思いますね…。 ベストエフォートは「最大限努力するが保証しない」という意味ですが、本当に最大限努力しているの…?と疑わしい対応をされる事もあります…。 個人向けの回線サービスはすべてベストエフォート型なのでどうしようもないですが、評判を調査するなどして、なるべくいい回線を探してみてください。 Q2.最大1Gbpsといいつつ10Mbpsしか出ないのは詐欺になりませんか?裁判の判例はないの? A.詐欺にはなりませんし、裁判の判例もないようです。 こういった時の逃げ道として「ベストエフォート型」という表記が使われています。 「最大通信速度は1Gbpsだけど実際の速度は様々な要因で遅くなる場合がある」という説明が契約時にあったり、ホームページ内に記載があるかと思いますが、これがないと優良誤認となるようです。 そのため、企業側もしっかりと説明してきます。 納得して契約するしかないのが現状です。 Q3.NTTのフレッツ光もベストエフォート型なの? A.フレッツ光もベストエフォート型での提供となっています。 フレッツ光含め、個人向けの回線サービスはほぼ全てベストエフォート型での提供です。 法人向けのフレッツ光では帯域保証されたサービスも用意されています。 Q4.ベストエフォートの対義語はあるの? A.ベストエフォートの対義語は「ギャランティ」です。 主に法人向けの帯域保証サービスとして、ギャランティ型の回線が提供されています。 Q5.なぜ個人向けの回線ほぼ全てがベストエフォート型なの? A.設備コストを軽減し、格安で回線を提供するためです。 個人向けの回線サービスはひとつの回線設備を複数のユーザーで分け合って利用しています。 混雑の影響を受けて遅くなったりはしますが、その分通信料金も安くして提供できるのです。 法人向けで用意されている、回線を占有するプランは月額100,000円から、1,000,000円を超えるものまであります。 個人で帯域保証サービスを受けるのは諦めましょう。 まとめ ベストエフォートまとめ• 「最大限努力するが、保証はしない」という意味• 個人向けの回線はほぼ全てベストエフォート型での提供• 最大通信速度と実測値はかなり差がある• ベストエフォートでも良い回線は多いので、契約前にしっかりと調査しよう! この記事では、ベストエフォートについて解説しました。 個人向けの回線はほぼ全てベストエフォートなので、最低速度が保証された回線は利用できないのが現状です…。 それでも、探せば良い回線サービスもあります。 私が使っている「enひかり」は常時200Mbps以上出ていますし、一番低い数値で見たことあるのは150Mbpsぐらいです。 NURO光だともっと良い数値が出るでしょう。 固定回線ならベストエフォート型でもあまり心配はいらないかと思います。 2019年の現状ではベストエフォート型で契約するしかないので、通信速度が気になる方は契約前にしっかりと調査してくださいね!.

次の

10分で学ぶシンジケート・ローン ~意味・組成手続・標準契約書

ベスト エフォート 方式

回線選びには専門用語がいっぱい? あなたは 「ベストエフォート型」、という言葉の意味を知っていますか?この言葉は、光回線などの通信サービスにおいて注意事項のところなどにひっそりと書かれています。 そしてその傍には 「ネットワークの混雑時などに、通信の伝送帯域・速度を保証しない」とも。 つまりトップページなどに大々的に書かれている、「最大〇〇Gbps」という数値はそのまま鵜呑みにできない、ということなのです。 本当にこのような言葉の意味を知らないまま契約をしてもよいのでしょうか?使い始めてから「思っていたのと違った」といっても、光回線の利用契約はクーリングオフ制度の適用外となっているので、違約金が発生するケースが多々あります。 そこでここでは、「ベストエフォート型とは?」、「掲示されている通信速度と実際の通信速度の実態」、「利用タイプ別にみる必要通信速度」、「その他に知っておきたい専門用語」、「契約前の注意点」について詳しく解説します。 「インターネットを使いたいけどよく分からない」といった人は必見ですよ。 ベストエフォート型とは? まずは「ベストエフォート型とは何か?」からです。 ベストエフォート(best effort)は、直訳すると 「最善の(best)努力をします(effort)」。 何について「最大限の努力」をするかというと、それは「通信速度」です。 つまり「通信速度が掲示しているものに近づくよう、最大限努力します」ということなのですが、要は 「最大限努力はしますが保証はできません」ということなのです。 もしかしたら「結果を保証しないなんて無責任だ!」なんていう人もいるかもしれません。 しかしこれも一つの契約の形なのです。 ベストエフォート型の反対語に「ギャランティ型」というものがあります。 ギャランティ(guarantee)は直訳すると「保証」。 つまり「ギャランティ型」とは、「一定の通信速度を保証する」契約形態なのです。 通信速度を保証するものと保証しないものがあったのなら、誰でも保証されているものを選ぶでしょう。 しかし現在、契約形態として一般的なのは「ベストエフォート型」です。 それはなぜでしょうか?結論から言うと、「ベストエフォート型」の方が「ギャランティ型」よりも格段に 「利用料が安い」からです。 「ギャランティ型」は通信速度を保証するために、専用回線を利用したり、障害発生時用に予備の中継路を確保したりといったことをします。 そのため「共有回線」、「障害発生時の中継路確保なし」の「ベストエフォート型」の方が費用が掛からず、結果利用料金も安くなるのです。 現在フレッツ光やauひかりなどの一般ユーザーが利用する通信サービスは、そのほとんどが「ベストエフォート型」です。 ホームページなどに「最大〇Gbps」と掲示されていても、 「これは理想の状態での場合であって、保証されているスピードではない」と理解するようにしましょう。 そうですね。 インターネットの通信速度を考えるとき、「ベストエフォート型」とは何か?を知っておくことがまず基本です。 しっかりと覚えておきましょう。 掲示されている通信速度と実際の通信速度の実態 では次に、なぜ「掲示されている通信速度」と「実際の通信速度」に差が出てしまうのか?を見てみましょう。 例えばフレッツ光やauひかりは、公式ホームページなどで「通信速度は最大1Gbps」と謳っています。 しかし実際にインターネットを使っていて、この速度がでることはありません。 なぜなら「掲示されている通信速度は理論値」だからです。 そもそも通信速度に影響を及ぼす要因は様々あり、それは次の通りです。 それは、 これらの能力が低いとデータの送受信に伴う処理が間に合わないためです。 例えば「Core i7 860 2. 8GHz」と「Core 2 Duo 1. 2GHz」では、下りの通信速度が倍程度違う、というデータもあります。 例えばLANケーブルは、性能や特徴によって「カテゴリ」という規格で区分されています。 それは「CAT5」、「CAT6」などとケーブルに印字されており、「CAT5」の通信速度は100Mbps、「CAT6」の通信速度は1Gbpsとなっています。 またハブも、特に古い物などは100Mbpsの能力しかないものもあります。 いくら光回線が1Gbpsで通信可能と謳っていても、 通信経路となるLANケーブルや中継地点のハブの能力が低ければ、通信速度は遅くなってしまいます。 つまり、 限りある帯域を皆で使う形なので利用者が多い場合には遅くなり、夜間帯にインターネットが遅くなる傾向にあるのはこのためです。 つまり、 プロバイダの設備の能力にも左右される、ということで、ここにも夜遅くなる原因があります。 つまり、パソコンの能力は高く、負荷の掛かるアプリも利用していない。 そしてネットワーク回線・機器も能力が高く、ネットワークは混雑しておらず、プロバイダの設備能力も高い状況、ということです。 しかし現実にはこの状況はあり得ません。 実際にはこれらのいずれか、または何個かが理論値算出の条件に比べて劣ってしまうのです。 これによって「掲示されている通信速度」と「実際の通信速度」に差が生じるのです。 ですが、ギャランティ型だと利用料が高いですよ。 結局「こういうものなんだ」と思って利用するしかないですね。 利用タイプ別にみる必要通信速度 通信速度は速い方がもちろんいいです。 しかし実際には、1Gbpsも必要ない使い方をしているケースがほとんどだということをご存知でしょうか?ここでは「利用タイプ別にみる必要通信速度」を確認してみます。 利用用途 必要通信速度 電子メール 1Mbps サイト閲覧 1~5Mbps 動画閲覧(フルHDまで) 3~6Mbps 動画閲覧(4K) 25Mbps オンラインゲーム・株等のネット取引 2~3Mbps 上の表は、インターネットの主な利用用途と用途別の必要通信速度をまとめたものです。 必要通信速度については、人によって見解が異なりますが、 「これだけあればスムーズに利用できる」といったところで設定しています。 なお、用途によって必要通信速度に幅がありますが、「サイト閲覧」は「画像がたくさんある」、「ダイナミック形式である」など、サイトの作りによってかかる負荷が異なります。 また、「動画閲覧(フルHDまで)」は画質によって異なり、「オンラインゲーム・株等のネット取引」は、特にオンラインゲームの場合にその仕様によって負荷が異なります。 こうしてみると 1Gbps(=1,000Mbps)も必要な用途はほとんどないということが分かります。 そうなると、利用時の快適さはどこでもそんなに変わらない?いえ、違います。 実際に速度を図ってみると、利用時間帯・プロバイダによっては、光回線でも1Mbpsに満たないケースがあるのです。 「ネットワークの混雑状況」について言えば、例えば同じ時間帯で「フレッツ光が混んでいる」が「NURO光は混んでいない」ということは、物理的に回線が違うので当然あります。 また、同じ「フレッツ光」でもプロバイダA社は遅くてB社は速い、ということも、各プロバイダ会社の設備能力が同じではないので当然あるのです。 その他に知っておきたい専門用語 その他、契約前に知っておきたい専門用語についても確認しておきましょう。 まずインターネットを使う人ならだれでも関係する 「下り」から説明します。 「下り」とは、サイトや動画を閲覧する、アプリやファイルをダウンロードするなど、 「データを受け取る時の速度」を指します。 つまり、一般的にインターネットを利用するほとんどの用途ではこの「下り」の通信速度が関係し、 これが遅いか速いかでネット利用の快適さに大きな影響を及ぼします。 次に 「上り」とは、メールを送る、ブログを更新する、ファイルや動画をアップロードするなど、 「データを送る時の速度」を指します。 メールを送ることは多くの人が行いますが、ブログの更新や動画のアップロードなどは、全体からみた時の利用者は決して多くはありません。 そのため 「下り」に比べると重要度は幾分落ちます。 つまり、 通信速度を見る時により重要なのは「下り」ということです。 フレッツ光やauひかりの公式ホームページなどに、「下り最大〇Gbps」などと書かれているのはこのためです。 「ゴールデンタイム」とは、 「インターネット回線の利用者が多い時間帯」のことを指し、一般的に20~24時位の時間帯をいいます。 利用者が多いということは、前述したように通信速度が遅くなるということで、この時間帯においてどの程度快適に使えるかが、通信速度に対する印象を大きく左右します。 例えばUSENのスピードテストでは、複数サイズのデータをダウンロードさせ、かかった時間から回線速度を計算しています。 サイトによって測定方法は異なるので結果も違ってきますが、快適に使える環境かどうかの一つの目安になりますので活用してみましょう。 (参考URL:) 自分の今の状況を抑えておくことは、より快適にインターネットを利用するために必要なことです。 時間帯によって測定してみて、特にゴールデンタイムでどのくらいの数値ができるのかを押さえておきましょう。 契約前の注意点 それでは最後に、「契約前の注意点」についてお話しします。 前述した通り、通信速度には主に5つの要素が関係します。 その内「パソコンの性能」、「アプリ利用などによる負荷状況」、「ネットワーク回線・機器の能力」の3つは自分で何とかできるものですが、残り2つの 「ネットワークの混雑状況」と「プロバイダの設備能力」は、回線やプロバイダの契約先によって大きく変わります。 つまりインターネットの契約には、 「ネットワークが混雑しない」、そして「プロバイダの設備能力が高い」所を選ぶことが大切なのです。 では、具体的にどのように契約先を選定すればよいでしょうか?それは、検討している契約先について 「自分が主に利用する時間帯に利用者が多い回線か?」、「プロバイダの設備能力は十分と推定できるか?」を把握するのがポイントで、この点を確認するのに最も効果的なのが「クチコミ・評判の確認」です。 Twitterを始めとしたSNSで、現在検討している回線・プロバイダがどのような評価を受けているか、何時くらいの時間帯でどのくらいの速度を出せているかを確認すれば、どの業者を使った時に快適に利用できそうか、推定するのに役に立つのです。

次の

Error 403 (Forbidden)|「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ベスト エフォート 方式

帯域確保型VPNは、契約速度を確保するギャランティタイプのアクセス回線を利用したVPNサービスで、高い品質と信頼性が特長です。 Arcstar Universal Oneではプレミアムプラン、ギャランティプラン、バーストプランで使用しています。 ベストエフォート型VPNは、「フレッツ」に代表されるベストエフォートタイプのアクセス回線を利用したVPNサービスで、低価格が特長です。 ベストエフォート型VPNは、構成設備が閉域となっているArcstar Universal Oneベストエフォートプランのような「閉域VPN」、インターネットを経由するOCN VPNのような「インターネットVPN」の2種類に大別されます。 NTT東日本・西日本のフレッツをメインアクセスとした、コストメリットのあるプランです。 帯域の一部を確保し、データ量が増加した場合には、確保帯域の最大10倍まで利用可能な、品質とコストのバランスをとったプランです。 メイン回線に100%帯域を確保したギャランティアクセス、バックアップ回線はワイヤレスアクセス レイヤー3 、またはベストエフォートアクセス レイヤー2 で提供するプランです。 稼働率99. 999%以上の高い信頼性を確保しています。 メイン回線・バックアップ回線ともに100%帯域を確保したギャランティアクセスで提供するプランです。 稼働率99. 9999%以上の圧倒的な信頼性を確保しています。 詳しくはをご覧ください。

次の