アグレッシブ 対義語。 アグレッシブの意味とは?類語/対義語、英語、アクティブとの違い

アグレッシブの反対語(1/2)

アグレッシブ 対義語

「アグレッシブ」とは、行動や言葉が積極的なさまを表す言葉です。 アグレッシブはたまに使われる言葉なので、何となくわかったつもりで使ってしまっている方も多いのではないでしょうか。 意味を分かったうえで使っているとお考えの方も多いかもしれません。 しかし、あなたの使い方や使う状況によっては間違っている可能性があります。 正しい意味でボキャブラリーを高めていきたいとあなたも考えているはず。 そこで今回は、 アグレッシブの本来の意味や定義を解説するとともに、例文や使い方についてわかりやすく解説していきます。 また、類語・言い換え語との違い、対義語の意味についても触れていきます。 「アグレッシブの意味、ちょっとあやふやだな」という方はぜひ参考にしてください。 INDEX• アグレッシブの意味とは? アグレッシブ(英:aggressive)とは、行動や言葉が積極的なさまを表す言葉です。 「あの人の生き方はアグレッシブだ」「アグレッシブな性格をしている」というふうに使います。 アグレッシブ(aggressive)[形動] 1 言動の積極的なさま。 精力的なさま。 「アグレッシブな生き方」 2 攻撃的なさま。 「アグレッシブにシュートを狙う」 引用: 積極的であるとは、活発で行動力のある人という意味です。 あなたの周りにも、いつも元気な人や、チャレンジ精神が旺盛な人がいるはず。 そういう人を「アグレッシブな人」と表現します。 また、同時に「攻撃的なさま」という意味もあります。 ここでいう攻撃的とは、暴力的なことを指すのではなく、守りではなく攻めの姿勢やリスクを取って行動していく姿勢のことを指します。 そのため、批判的な人や暴力的な人をアグレッシブというわけではないことに注意しましょう。 アグレッシブは基本的に良い意味で使われます。 活発な人や実践家な人、リスクを取ってチャレンジする人は、信頼感があって頼もしい存在です。 しかし、アグレッシブな人はいつも行動にすぐ移すため、他の人を巻き込みやすいですし、ネガティブな人や受け身な姿勢の人から見ると、「敬遠してしまう存在」であることも確かです。 そのため、ネガティブな意味で「アグレッシブ」という表現が使われることがあります。 アグレッシブとアクティブの違い アグレッシブと意味が似ている言葉には「アクティブ(active)」があります。 アグレッシブよりも、一般的に使いますよね。 アグレッシブには否定的でネガティブな表現と見られがちなのですが、アクティブは「活動的な」という意味があり、肯定的な表現になります。 「アグレッシブ」と似たような使い方をする言葉に「ポジティブ=positive」「アクティブ=active」がありますが、それぞれ意味合いが異なります。 「ポジティブ」は主に気持ちの上で前向きな姿勢、また「アクティブ」は行動が活動的といったニュアンスで使われます。 アグレッシブとは異なり、どちらもほとんどのケースで良い意味で用いられるのが特徴です。 これらの違いを見極めて、上手にカタカナ語表現を使いこなしてみて下さい。 アグレッシブのビジネスにおける意味 「アグレッシブな人」「アグレッシブな姿勢で臨む」などなど、ビジネスシーンでも仕事の進め方や姿勢を指してアグレッシブという表現をすることがあります。 アグレッシブな姿勢を取っていると、必ずその姿勢を批判したり、嫌味を言われたりすることがあります。 ときには、悪い意味で「アグレッシブな人だ」と言われることもあるでしょう。 しかし、積極的な姿勢はリスクがあるものの、何事も受け身でやる人に比べて、成長のレベルも経験できる物事の量も圧倒的に異なります。 もしあなたが受け身な姿勢だな…と自分自身のことを振り返って感じるのであれば、まずあなたの身の回りにいるアグレッシブだなと感じる人と話してみることをおすすめします。 アグレッシブで活発な人の話を聞いていると、その人がどのような考え方で積極的に行動することができているのかが分かるでしょう。 会議ではアグレッシブな発言を控えてしまうのが人情というものです。 アグレッシブな言動を繰り返すと周囲からの目が批判的になる。 消極的な人には、アグレッシブに接するのは避けたほうが良いそうです。 アグレッシブな言葉は、ときとして頼もしい発言にも聞こえる。 アグレッシブな姿勢で今期の目標達成を目指していく。 お互いが同じ目的を持ってアグレッシブな議論をすることが重要である。 あの選手はアグレッシブなプレースタイルを貫いている。 アグレッシブな人生ほど、刺激に満ちた生き方はないだろう。 基本的には、個人に対して使う言葉ですが、組織やチームなどにもアグレッシブという言葉を使うことができます。 目標に向けて方針や姿勢を伝えたいときにも使いやすい表現ですね。 攻撃的• 侵略的• 根強い• 高姿勢• 押しが強い• 戦闘的 特に、「強引な」「攻撃的な」という表現が使いやすいです。 ちなみに、「批判的な」はクリティカル(英:critical)と言います。 こちらもビジネスシーンで使う言葉なので覚えておくと便利です。 特に類語として活用できる用語に関しては、下記で詳しくまとめています。 類語1|押しが強い 「押しが強い」とは、「厚かましい」という意味を含む言葉で、積極性が過ぎてしまい、威圧的であるさまを表現します。 類語2|好戦的 「好戦的な人物だ」という場合、どういうタイプをイメージするでしょうか。 好戦的という場合、特に相手や他人と戦いや争いをしようと行動する性格であることを表しています。 アグレッシブには攻撃的であるニュアンス、意味も含まれているため、類語としては押しが強いよりも近い言葉といえます。 類語3|意気盛ん(いきさかん) 意気盛んとは、「血気盛ん」と同じ意味を持ちます。 「意気盛んな人物」「血気盛んな人物」という場合、やや攻撃的な性格を出して行動している人物やそのさまを表しています。 類語4|果敢 「果敢な行動をとる」「果敢な人物」と評される場合、決断力があり行動力があるように思える言動や、そういった言動をとる人物を表します。 ただし、果敢には「大胆」という意味もあるため、やや攻撃的な場合にはアグレッシブと似たような意味として使われることもあります。 アグレッシブの対義語・反対語 アグレッシブは「攻撃的な」「積極的な」という意味があります。 そのため、反対語・対義語といってもそれぞれ異なります。 「攻撃的な」の対義語は「防衛的な(英:defensive)」です。 一方、「積極的な」の対義語は「消極的(英:passive)」になります。 それぞれ、使う際のニュアンスやタイミングが異なるので、使うべき状況を見極めましょう。 対義語1|ネガティブ(negative) ネガティブとは、「消極的な」「否定的な」という意味を持つ言葉で、一般的にポジティブの反対語として使用されています。 アグレッシブには積極的という意味があるため、その対義語になります。 対義語2|防衛的 防衛的とは、「防ぐ・守る様子」を指す言葉です。 アグレッシブには「攻撃的」という意味があるため、その対義語となります。 「攻/守」に対応する言葉です。 対義語3|引っ込み思案(ひっこみじあん) 用心深かったり、恥ずかしがりだったりする様を表す言葉が「引っ込み思案」です。 アグレッシブには「積極的」という意味合いがありますが、その対義語として、ネガティブ同様該当します。 対義語4|消極的(しょうきょくてき) 自分から進んで行動しようとしないさまを「消極的」といいます。 アグレッシブ(積極的)の対義語になります。 また、受動的という言葉とも同じ意味です。 対義語5|弱気(よわき)・内気(うちき) 引っ込み思案と同じニュアンスを持つ言葉で、「気が弱いさまや性格」を弱気、内側にこもってしまいがちなさまや性格」を内気と表現します。 アグレッシブな性格や行動をとる人物とは対照的であり、対義語となります。 アグレッシブの意味や定義、使い方と例文について解説してきました。 ここまで読んできた方は、アグレッシブの本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上に知ることができたと感じるのではないでしょうか。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。 「失業リスクがある」• 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「転職すると給料が下がる」• 「新しい環境に慣れるのが大変そう」 しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。 転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。 1 転職活動に失業リスクはない! 転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、 「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。 一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。 大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。 20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。 30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。 4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。 引用: 20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。 つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」 人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。 2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18. 引用: つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に 活発に採用活動が行われていることを示しています。 理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」 転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。 しかし、その点についても心配いりません。 今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。 たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。 求人を探す• 履歴書・職務経歴書を作成する• 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する• 面接を1次〜3次まで突破する• 給与条件や入社日を人事側と調整する• 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。 でも今は、 「転職エージェント」を活用することができます。 転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。 そのため、 転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。 また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。 … 以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。 転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。 おすすめ記事: 2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる 転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、 「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。 特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。 これまで得てきた経験を活かすには、 「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。 「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、 「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。 あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。 もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。 業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。 業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、TOPページで掲載しています。 3 転職しても給料は下がらない 「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか? それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。 今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、 自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。 それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。 特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。 年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。 おすすめ記事: 4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる 転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは 「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。 「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。 しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。 それはなぜかといいますと、 転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。 あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか? 実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。 おすすめ記事:.

次の

「アグレッシブ」の意味と使い方は?類語とアクティブとの違い

アグレッシブ 対義語

つまらないどころか、非常に興味深い質問です。 hosinoさんがよく会話で耳にするというのは、日本語の会話の中でですか。 それとも英語の aggressiveという言葉ですか。 それによって答も異なります。 また、この言葉を人の性格に使うのか、ビジネスのプランなどに使うのかによっても、若干異なります。 Aggressive という英語は、元来、「侵略的」「攻撃的」、「強引な」という意味です。 ところがアメリカ人が会話でこの言葉を使うときは総じて良い意味で使われます。 積極的、主体的、行動的、押しの強い、という感じです。 したがって、この意味の反対語といえば、消極的、受動的、引っ込み思案、弱気な、といった、否定的な言葉になります。 英語で反対語をひくと(Merriam-Webster Collegiate Thesaurus)、 passive, unassertive; meek, submissive, yielding などがあります。 受け身、自己主張しない、おとなしい、従順な、言いなりの、といった意味になります。 イギリス人、ニュージーランド人や、ヨーロッパ系の人達は、必ずしも上記のようないいニュアンスで aggressive という言葉を使いません。 言葉は文化ですね。 そう言っていただるなんて・・・・。 恐縮です。 嬉しいです。 日本語の会話の中で、何故かこの「アグレッシブ」が引っかかって、「アグレッシブ」はよく聞くけど、じゃあ、この反対意味の単語は、そう言えば、会話の中にあんまりというか、ほとんど出てこないよな・・・という、ごくごく、些細な疑問が頭から離れなくなり、こちらにおすがりした次第でして。 mirokuさんのお答えも、本当にわかりやすく、大変参考になりました。 ありがとうございました。 言葉は文化ですね。 面白い・・・。 奥が深いです・・・。 本当にありがとうございました。 マナー違反でしたら移動してください。 synonym 同義語・類義語 antonym 対義語・反意語・対語 同義語と類義語は厳密には違うのですが、英語では区別しないようです。 また国語学の世界では対義語というのが普通で、反意語という言葉は英語の本で初めて知りました。 (参考URL) 他にも、 堀井令以知編「語源大辞典」東京堂出版 武光誠「日常語の由来語辞典」東京堂出版 山口佳紀編「暮らしのことば 語源辞典」講談社 北嶋広敏「語源の辞典」日本実業出版社 等、いろいろな本が出ていますね。 単に初出例が知りたいだけなら、「日本国語大辞典」(小学館)だけでもある程度の用は足ります。 「ルンペン」を引けば、徳田秋声や林芙美子あたりが使ったのが最初か、ということくらいはわかります。 参考URL: Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。 こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。 結論を言うと、「Can you celebrate? 」は微妙なところだと思います。 「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。 でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。 聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。 賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。 慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という... A ベストアンサー こんにちは。 kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。 >>> ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? なんか、日本語が変ですね。 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 ということですか? ・・・であるとして、回答します。 40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。 重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。 しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。 98」でいいのでしょうか? いえ。 1kgf = 9.8N ですね。 力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。 そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。 こんにちは。 kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。 >>> ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? なんか、日本語が変ですね。 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 ということですか? ・・・であるとして、回答します。 40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg... A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

次の

アグレッシブとはどんな意味?英語・類語・対義語は?お笑いやサッカーにおける使い方も解説

アグレッシブ 対義語

つまらないどころか、非常に興味深い質問です。 hosinoさんがよく会話で耳にするというのは、日本語の会話の中でですか。 それとも英語の aggressiveという言葉ですか。 それによって答も異なります。 また、この言葉を人の性格に使うのか、ビジネスのプランなどに使うのかによっても、若干異なります。 Aggressive という英語は、元来、「侵略的」「攻撃的」、「強引な」という意味です。 ところがアメリカ人が会話でこの言葉を使うときは総じて良い意味で使われます。 積極的、主体的、行動的、押しの強い、という感じです。 したがって、この意味の反対語といえば、消極的、受動的、引っ込み思案、弱気な、といった、否定的な言葉になります。 英語で反対語をひくと(Merriam-Webster Collegiate Thesaurus)、 passive, unassertive; meek, submissive, yielding などがあります。 受け身、自己主張しない、おとなしい、従順な、言いなりの、といった意味になります。 イギリス人、ニュージーランド人や、ヨーロッパ系の人達は、必ずしも上記のようないいニュアンスで aggressive という言葉を使いません。 言葉は文化ですね。 そう言っていただるなんて・・・・。 恐縮です。 嬉しいです。 日本語の会話の中で、何故かこの「アグレッシブ」が引っかかって、「アグレッシブ」はよく聞くけど、じゃあ、この反対意味の単語は、そう言えば、会話の中にあんまりというか、ほとんど出てこないよな・・・という、ごくごく、些細な疑問が頭から離れなくなり、こちらにおすがりした次第でして。 mirokuさんのお答えも、本当にわかりやすく、大変参考になりました。 ありがとうございました。 言葉は文化ですね。 面白い・・・。 奥が深いです・・・。 本当にありがとうございました。 マナー違反でしたら移動してください。 synonym 同義語・類義語 antonym 対義語・反意語・対語 同義語と類義語は厳密には違うのですが、英語では区別しないようです。 また国語学の世界では対義語というのが普通で、反意語という言葉は英語の本で初めて知りました。 (参考URL) 他にも、 堀井令以知編「語源大辞典」東京堂出版 武光誠「日常語の由来語辞典」東京堂出版 山口佳紀編「暮らしのことば 語源辞典」講談社 北嶋広敏「語源の辞典」日本実業出版社 等、いろいろな本が出ていますね。 単に初出例が知りたいだけなら、「日本国語大辞典」(小学館)だけでもある程度の用は足ります。 「ルンペン」を引けば、徳田秋声や林芙美子あたりが使ったのが最初か、ということくらいはわかります。

次の