お腹 すき すぎ て お腹 痛い。 お腹が痛い!腹痛の原因となる病気 確認すべき5つのポイント

お腹が痛い!腹痛の原因となる病気 確認すべき5つのポイント

お腹 すき すぎ て お腹 痛い

もくじ• 空腹は腹痛の原因になる! あなたは食べなければ、体の調子がよくなると勘違いしていませんか・・・? 最近の健康法では、断食をして体のリフレッシュさせるダイエット方法が流行っていますよね。 たしかに、適度な空腹はエネルギーを高めるので集中力が高くなり、仕事もやる気アップにつながります。 サラリーマンの生産性は確かに向上します。 しかし勘違いしてはいけないことがあります。 それは、 何も食べないのは体を疲れさせてしまう ということです。 人間には1日活動するための、エネルギーが必要です。 これはカロリーという意味ではなく、糖質なども含まれています。 その他にもビタミンなど。 胃腸の中が空っぽになっている状態だと、活動するためのエネルギーがない状態です。 食事を食べなきゃ栄養素が体に不足するのです。 とすぐにお腹を壊してしまう人の多くは、胃に胃酸が溜まりすぎて下痢になったり、のです。 胃痛に悩まされたり、長い時間食事をたべずにいると、パンを1つ食べただけで吐き気や下痢などの症状に襲われてしまうのです。 これではダイエットどころか、健康的な生活すら送れません。 空腹は2時間までに抑えておく 昔、笑っていいともで司会のタモリさんが、「 人間、空腹であればあるほど、健康になる 」 といった発言をして物議をかもしました。 これは、言っていることは確かに正解なのですが、過度な空腹はNGです。 胃が弱い人、疲れやすい女性や虚弱体質の老人には、体調リズムを狂わしてしまう原因です。 お腹が弱い人が真似をすると、絶対に腹痛や食欲減退などのデメリットがおこります。 芸能人の発言力と信頼性は高いですが、健康法などは安易に真似したり、信じて大切な人に教えないほうがいいですよ。 自分で調べるか、お医者さんに聞いたほうがよほど安心できるはずです! 食事は1日に何回食べるべき? は、食事は1日に1〜2回程度しっかり食べることが大切です。 食べなければ痩せる! というのは 真っ赤なウソ です。 食べなければ痩せ続けるのは本当です。 1週間とか2週間とか人間食べなければ、びっくりするほど痩せこけます。 でも、また食べると元通りです。 しかも、急に栄養素が与えられたので、これまで失われた分を身体が吸収しようとするので、断食をスタートするまえよりも太りやすくなります。 食べないと代謝が上がらないですし、なによりも肌も荒れます。 痩せているけど、肌の血色が悪く、カサカサになっているおばさんとかいますよね・・・ 健康的に痩せるためには、筋トレしかありません。 アメリカではダイエット=筋トレとなるほど、筋肉を軽くつけて代謝をあげて自然に痩せるのが一般的です。 これが健康的にも効率がよく理想のダイエットです。 女性が本気になって筋トレをしても、筋肉は全然、肥大するほど追い込めていないので身体が大きくなることはありませんよ! 冷たい食事は絶対に食べない 夏も冬も、冷たい食事はなるべく食べないようにしてください。 空腹の状態でいきなり冷たい食事をとると、胃腸が冷やされてしまい、余計なエネルギーを消費します。 これが便秘や胃もたれにつながっているのです。 夏はざるそば・そうめんなどが家庭料理として出てきますが、あまりおすすめではありません。 になると、言われていても体内を冷やせば、余計に胃腸は疲れるので夏バテの原因だと思ったほうが早いです。 空腹に冷たい飲み物もNGなので、覚えておいてくださいね!.

次の

昨日飲みすぎてお腹が痛い!お酒による腹痛の対処法と予防法とは

お腹 すき すぎ て お腹 痛い

食べ過ぎで腹痛になる理由 消化不良 食べ過ぎによってお腹が痛くなるほとんどのケースが胃で消化を十分に行うことができないことにあります。 口にした食べ物は胃に入って消化されていきますが、胃の消化機能以上のボリュームの食べ物を摂取してしまうと、消化が間に合わずに胃痛がしてしまうのです。 また、腹痛だけでなく下痢や吐き気といった症状もあらわれやすいので注意しなければなりません。 胃液の過剰分泌 これは特に普段から精神的な影響を受けやすかったり、ストレスを溜め込みやすい人に当てはまります。 胃に食べ物が入ると、それを消化しように胃液が分泌されますが、ストレスを溜め込んでいると必要以上に胃液が分泌されてしまい、胃自身の粘膜を傷つけてしまうのです。 これは、急性胃炎や胃潰瘍の初期症状であるともとらえることができます。 胃腸の機能低下 体調が悪かったり、風邪をひいていたり、あるいは加齢によって胃腸の機能は低下してしまいます。 つまり、消化できる食べ物の量が普段よりも少なくなってしまっているのです。 このような状態のときに食べ物を多く食べてしまうと、胃の過剰活動につながり腹痛につながってしまうのです。 食べ過ぎで腹痛になったときの対処法 安静にする 食事後や食べすぎた後に腹痛がした場合は、まずは椅子やソファに座り安静にすることが大切です。 詳しくは後述しますが、このとき横になってしまうと腹痛が悪化してしまうおそれがあるので、体の上半身は垂直に保ち重力に逆らわないようにするようにしましょう。 腹八分目の食事や体の不調を感じない場合は食事後に激しい運動をしなければ問題ありません。 しかし、食べすぎたと感じた場合や腹痛がする場合は少なくとも 30分〜1時間程度は活動せずに安静にしているようにしましょう。 深呼吸をする 満腹感や腹痛によって呼吸が乱れて酸素を体内に十分に取り込むことができずに、さらに痛みを助長してしまうおそれがあります。 なので、意識的に呼吸を十分に行ったり、深呼吸を行うことはとても大切です。 また、深呼吸をすることで精神的にもリラックスでき、胃痛を和らげることができます。 お腹を温める 体を温めることは、血液の流れを促進し胃の消化活動も助けることができます。 普段から体温が低い方、冷え性の方、体(特にお腹)が冷えていると感じている方は体を温めるようにしましょう。 室内にいる場合は暖房をつけたり、重ね着をしたり、毛布を体にかけたりすることで対処することができます。 また、ホッカイロやホットタオル(蒸しタオル)で腹部を重点的に温める方法でもいいでしょう。 特に腹痛の他にも下痢などの症状がある場合はお腹を温めるようにしましょう。 参考: ホットミルクを飲む 前述したように、食べ過ぎによる腹痛ではお腹を温めることで痛みを和らげることができます。 なので、温かい飲み物を飲むことも効果的です。 特に、ホットミルクはおすすめです。 牛乳は胃の粘膜を保護してくれる働きがあるので腹痛を和らげることができます。 ただし満腹感であまり飲み物を飲む気がしない場合は無理して飲む必要はありません。 お腹の締め付けを緩める 食べ物をたくさん食べるとその分、胃にたくさんの消化物が溜まりお腹が普段よりも膨れることになります。 そうすると、ベルトなどのお腹の周り締め付けがきつく感じ、腹部を圧迫してしまう状態になります。 このように、腹部を圧迫してしまうと腹痛の原因になり、胃の正常な消化活動も妨げてしまうため、お腹の締め付けは緩めるような対処が必要となります。 胃腸薬を服用する 腹痛がするときは、胃腸を保護したり消化を促す胃腸薬を服用するのも手です。 例えば、 ハイウルソ顆粒や 第一三共胃腸薬プラス細粒は胃腸での消化を助けてくれる作用があるので、食べ過ぎによる腹痛や胃もたれには最適です。 総合胃腸薬は飲み合わせに問題ないようにさまざまな症状を考慮して配合されているのが特徴です。 食べすぎた後に控えるべきこと 横になる 食べ過ぎで満腹感を感じると、ソファなどで寝そべりたくなる気持ちになりますが、食事後は原則、横にならない方がいいです。 特に食べ過ぎた後は、胃が活発に活動しているときなので、横になりお腹を圧迫してしまうと腹痛を助長してしまうおそれがあるのです。 ただし、体の右側を下にして横になる場合は胃の形状を考慮すると、消化を助けることができ適しているとよく言われています。 しかし、実はここには落とし穴があり、日本人の約3割は「曝状胃」という変わった胃の形状をしているのです。 この曝状胃の場合は胃の入り口が低い位置にあるので、体の右側を下にして横になる(右向きに寝る)と消化に時間がかかってしまったり、逆流性食道炎を起こしやすくなったりするので注意しなければなりません。 つまり、曝状胃ではない約7割の人は右向きに横になるべきで、曝状胃である約3割の人は左向きに横になるべきなのです。 ただしこのときの問題点は自分自身が曝状胃なのか、曝状胃ではないのか分からないことです。 自分自身が曝状胃なのか分かっている場合は、それに合わせて横になれば消化活動を促進させることができますが、多くの人はその判断をすることができません。 なので、そこでリスクを取って横になるよりも、上半身は垂直にしてソファや椅子に座り安静にすることが食べ過ぎによる腹痛を和らげるために適した対処法となるのです。 運動をする 常識的ですが食事後、特に満腹感を感じている場合は運動をすることは控えるようにしましょう。 特に食べ過ぎた後は、重い荷物を運んだり、ランニングをしたりすると腹痛が起こる可能性が高いので注意しなければなりません。 ただし、ウォーキングなどの軽い運動であれば胃の消化活動を促進させるため、行っても問題ありません。 食べ過ぎによる腹痛を予防しよう 食べ過ぎによる腹痛のさまざまな対処法についてお伝えしましたが、何よりも大切なのは食べ過ぎによって腹痛を起こさないようにしっかりとあらかじめ予防しておくことです。 例えば、 食事をするときは腹八分目になるように加減して食べる、脂っこいものや揚げ物など消化に悪い食べ物は食べ過ぎないようにする、といったようにあらかじめ対処しておくことで食べ過ぎによる腹痛は多くの場合で予防することができます。 万が一、お腹が痛くなってしまったら今回お伝えしたような対処法や控えるべき行動を参考にしてください。 また、ヨーグルトなどの特定の食品を多く食べ過ぎることによっても腹痛や下痢になってしまうことも多いので注意しましょう。 参考:.

次の

お腹痛いし気持ち悪いし寒気がする原因は?病気や疾患の可能性が

お腹 すき すぎ て お腹 痛い

Sponsored Link よく見られる左下腹部の痛み 1. 便秘 急にお腹の左下に痛みが出てきた場合、真っ先に考えられるのが便秘ですね。 腸の左下は元々便が溜まりやすい形になっているため、 普段から便秘がちな人は左下腹部に痛みが出ることが多いです。 ただ、 便秘とはいえ、ガスが溜まるとひどい痛みが出ることも少なくありません。 冷汗が出るほどひどい痛みで病院を受診したら、便秘でガスが溜まっているだけだったというのは、病院ではよくある話です。 もしあなたが 普段から便秘が多い、ここ最近便秘気味と言う場合には、まず便秘による左下腹部痛を疑ってみてください。 お腹の痛み自体は、詰まっている便やガスが出てしまえば解決することが多いです。 ただ、元々便秘気味なのであれば、便秘を根本的に解決しなければ繰り返す可能性は高いでしょう。 過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん) 左下腹部の痛みに合わせて、下痢や便秘が頻繁に起こる場合に多いのが、「過敏性腸症候群」という病気です。 過敏性腸症候群というのは、 簡単に言えばストレスによって起こる慢性的な下痢や便秘の症状のことですね。 普段から緊張で下痢が出たり、便秘がちでコロコロとしたうさぎの糞のような便が出ることが多い場合には、この病気の可能性があります。 その他の特徴としては、 ガスが溜まりやすい、朝に症状が現れやすいが昼には回復する、他に目立った症状はない、リラックスしている時には症状が出ないといったことが挙げられますね。 生真面目な人やストレスを溜め込みやすい20~30代の社会人に多く、慢性の便秘や下痢の大半は過敏性腸症候群によるものと考えられています。 ここまでの内容で思い当たる点が多い場合には、過敏性腸症候群の可能性は高いと言えるでしょう。 過敏性腸症候群は、ストレスが原因で自律神経が乱れて腸が過敏になっている状態ですので、ストレスを減らす、ストレスを解消する、早寝早起きなどの規則正しい生活リズムを作るといった対処法が効果的になります。 Sponsored Link 病気による左下腹部の痛み 3. 急性腸炎 急性腸炎というのは、何かしらの原因で腸に炎症を起こす病気の総称です。 病院では、原因がはっきりしない急に起こる下痢や腹痛を急性腸炎と呼ぶことが多いですね。 簡単に言ってしまえば、 急に下痢や腹痛を起こすものの病名がついていない病気を、まとめて急性腸炎と呼んでいると考えておけば良いでしょう。 急性腸炎は、お腹の風邪やアルコールの飲みすぎ、お腹の冷えなどによる体調不良、細菌やウイルスの感染などが原因となって発症します。 原因が幅広いため、「これが急性腸炎!」と言い切るのは少し難しいのですが、 急に下痢や腹痛が出た場合には急性腸炎の可能性があると言えるでしょう。 症状の程度は、ごく軽い症状から重症のものまで様々ですね。 軽い下痢と腹痛が1日以内に治まる場合もあれば、ひどい下痢や吐き気、嘔吐、高熱、体のだるさなどが3日以上続く場合もあります。 急性腸炎では原因次第で治療法や対処法が変わってきますので、自己判断は危険です。 特に症状が重い場合には、一度病院を受診するようにしてください。 潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん) 潰瘍性大腸炎というのは、 大腸の内側にえぐれた穴のような傷(潰瘍)が出来てしまう病気です。 よく「胃に穴があく」と言われますが、それと似たようなことが大腸で起こる病気ですね。 イメージ的には、口内炎のひどいものを想像してもらえると良いでしょう。 症状としては、 腹痛が出たり、ゼリー状の粘液が便に混じるのが特徴です。 下痢が出る、便に血が混じるといったことも少なくありません。 症状がひどくなると、発熱や関節の痛み、体重低下、貧血などが現れることもありますね。 症状の出方はさまざまで、急に激しい症状が出るケース、発症から何か月も症状が続くケース、良くなったり悪くなったりを繰り返すケースなどが見られます。 上に書いたような症状、 特に腹痛とねばねばとした血便がある場合には、潰瘍性大腸炎を疑うようにしましょう。 原因がはっきりしていない病気ですが、治療後の経過は良い方が多いので、まずは病院を受診してみるようにしてくださいね。 Sponsored Link 5. 虚血性大腸炎(きょけつせいだいちょうえん) 虚血性大腸炎というのは、 大腸に行くはずの血管が何かしらの理由で詰まってしまう病気です。 簡単に言えば、脳梗塞や心筋梗塞が大腸で起こっている状態と言えるでしょう。 ただ、大腸には脳や心臓と違って血管が豊富にあるので、1か所が詰まったからといって命に関わるようなことはありません。 大抵は適切な治療を行えば完治する病気です。 症状としては、 突然の激しい腹痛、下痢、下血(真っ赤な血が便と一緒に出てくる)が特徴的ですね。 「左下腹部が急に痛くなってトイレに駆け込んだら、血の混じった便が出た」というケースが多いです。 血管が詰まって起こる病気ということもあり、動脈硬化や不整脈の多い高齢者がかかりやすい病気と言えるでしょう。 便秘で血管が圧迫されるというケースも多いので、便秘がひどい人は特に注意が必要ですね。 虚血性大腸炎は、早めに治療を受ければ問題なく完治することの多い病気です。 症状も急な腹痛や下血といった分かりやすいものなので、このような症状があればすぐに病院を受診するようにしてくださいね。 大腸憩室炎(だいちょうけいしつえん) 憩室(けいしつ)というのは、大腸の壁の一部が外側に膨らんで、風船のような小部屋になった状態です。 専門的には「大腸憩室症」と呼ばれる状態で、便秘などで起こりやすいと考えられています。 そして、大腸憩室炎というのは、その 大腸憩室症で出来た憩室に、便が詰まったりして炎症を起こしてしまう病気ですね。 症状としては、 急な下腹部痛と下痢、お腹を押した時の圧痛などが一般的です。 圧痛は痛みのある部位を押した時に出る痛みで、左下の腹痛であれば「左下を押すと痛い」といった感じですね。 急な腹痛の後にも繰り返し腹痛を起こすのが特徴で、時間が経つと発熱や血の混じった便が出てくるようになります。 便秘が原因で憩室が出来ることが多いので、 普段から便秘がちな人で上に書いたような症状がある場合には、大腸憩室炎を疑うようにしてください。 大腸憩室炎は治療を受ければ良くなる病気ですが、放置して症状が悪化した場合、腸を貫通するほどの穴が開いてしまう場合もありますので、早めに病院を受診するようにしましょう。 Sponsored Link 7. 左尿管結石 尿管結石というのは、 腎臓で出来た石が腎臓と膀胱をつなぐ尿管という部分に入って詰まってしまう病気です。 尿管は腎臓と同じで右左にそれぞれ1本ずつあり、そのうちの左側が詰まった場合に左わき腹や左下腹部の痛みが現れることがあります。 尿管結石の特徴は、なんといっても想像を絶する痛みですね。 色々な病気の中でも屈指の痛みが出る病気として知られており、立っていられないほどの激痛が出ることも少なくありません。 石の大きさや詰まり方などで痛みの程度は変わってきますが、ひどい時には「大人が悶絶して救急車を呼ぶレベルの激痛」になることもあります。 症状としては、 下腹部やわき腹、腰、背中などに起こる突然の激痛と血尿が特徴的ですね。 その他にも、 尿をする時に痛みが出る、吐き気や嘔吐の症状が出るといったことも多いです。 もし 左下腹部の激痛に加えて、尿に血が混じる、尿をする時に痛みが出るという場合には、尿管結石を疑うようにしましょう。 まとめ 左下腹部に痛みが出た時に疑われる7つの原因をご紹介してきましたが、いかがでしたか? 最後にもう一度、原因になりやすい病気をまとめておくと、以下の通りですね。 急性腸炎• 潰瘍性大腸炎• 虚血性大腸炎• 大腸憩室炎• 左尿管結石 特に多いのが便秘と過敏性腸症候群ですね。 特に便秘は思い当たる方が多いと思いますので、普段から便秘気味でお腹が張ることも多い場合には注意をしておきましょう。 また、病気による左下腹部の痛みは急な腹痛や他の症状を伴うことが多いので、今回お伝えしたような症状が出てきた場合には、早めに病院を受診するようにしてくださいね。 その他、急な腹痛に対する基本的な対処法については、で詳しくご紹介していますので、合わせてチェックしておきましょう。 Sponsored Link•

次の