ボタニスト ドラッグストア。 【楽天市場】【BOTANIST ボタニカル フェイスウォッシュ】ボタニスト スキンケア 洗顔フォーム 石けん 洗顔料 洗顔石鹸 毛穴 洗顔石けん 泡:アンド ハビット

【ボタニストダメージケアシャンプーを成分解析】美容師評価と口コミ紹介

ボタニスト ドラッグストア

元美容師Mです。 今回は市販シャンプーでも、かなりかなり!かなり!クオリティの高いボタニストシャンプーシリーズの違いを300種以上のシャンプーは使ってきた私が全力で解説します! 「同じボタニストならそんなに変わらないでしょ~」っと思う人もいるかもですが、同じシリーズでもぜんっっぜん中身と使用感は違うんです。 つまり!いくら評判が良いボタニストであろうと、あなたに合ったボタニストを選ばなければ、紙がパッサパサになる事もあるし、逆にべとつきが気になる可能性もヒジョーに高いっ! っというわけでそれぞれのボタニストに「どんな成分が入っているのか?!」「あなたにあったボタニストはどれなのか?!」解説してきますね。 成分解析 水、 ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ラウリルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウロイルアスパラギン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、デシルグルコシド、ポリクオタニウム-10、コカミドMEA、PEG-30フィトステロール、ローズマリー葉水、サトウキビエキス、グリチルリチン酸2K、リンゴ酸、ジステアリン酸PEG-150、エタノール、BG、DPG、EDTA-2Na、塩化Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料 ボタニストの中で洗浄力がかなり強めなのがこのシャンプー。 笑 メインの洗浄成分が『ラウレス-4カルボン酸Na』という酸性石鹸の洗浄成分なので、刺激性は低めながらしっかり洗浄力があるというのが特徴。 2番めに多く配合されている成分も『ココイルメチルタウリン』というサロンのヘアケアシャンプーに配合されるような刺激が低い成分になっていますね。 ボタニストの中では間違いなく洗浄力が強いのですが、あなたが「洗浄力が優しいシャンプーを使うと、髪がべとついてしまう」っと言うならアリ!な配合成分。 その辺の安物シャンプーのようにとにかく刺激が強い『オレフィンスルホン酸』や『ラウレス硫酸』は配合されていませんので、頭皮に優しいかつ、洗浄力が強めのシャンプーが使いたい人向きですね。 その他の成分には消炎作用が期待される『グリチルリチン酸2K』という成分が配合。 特に珍しい成分でも無いですが、これも刺激が低く頭皮のかゆみ等を抑えるのに期待できる成分ですね。 その他の成分は正直「コレはっ!」っと思えるような成分は無いんですが、余計なものを付けたくない人で、しっかりめの洗浄力が欲しい人にベストな成分だと思いますよ。 【使用後レビュー】 で、実際に使用してみました。 他のボタニストは殆ど100円のトライアルセットがあるんですが、スカルプだけぜんっっぜん見つからないんですよね・・・ 仕方ないので、詰替え用を購入。 洗浄力が高いのもあって泡立ち感はかなり良しっ! 実際の洗い上がりですが、ゴワゴワまではいきませんが私のようにカラーやパーマを繰り返しているミドルダメージ毛だと、流石にちょっときしみはありますね。 元々、ダメージヘア向けのシャンプーじゃないので、何も文句はありませんがあなたがハイダメージ毛だったり、乾燥毛の場合は後述するボタニストを使うべきかと。 逆に整髪料を多めにつける、優しいシャンプーだけだとべとついてしまう。 夕方になると前髪がアブラっぽくなってしまう! っという人はこのシャンプーを選ぶのもアリ!私の場合は1シャン目用のシャンプーに使っています。 1シャン目にこのシャンプーで本当にかるぅ~く、整髪料を流して2シャン目でダメージヘア向きのシャンプーを使うという感じ。 成分解析 水、 ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルサルコシンNa 、 コカミドプロピルベタイン 、 ラウレス-4カルボン酸Na 、セラミド2、加水分解ヒアルロン酸、PEG-30フィトステロール、サトウキビエキス、グリチルリチン酸2K、加水分解ケラチン(羊毛)、デシルグルコシド、コカミドMEA、ジステアリン酸PEG-150、リンゴ酸、PEG-400、ポリクオタニウム-10、BG、DPG、PPG-4セテス-20、EDTA-2Na、 塩化Na、エタノール、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料 ボタニストのヘアケア向きシャンプーの中では、最も洗浄力が高いのがコレ。 メインの成分が『ヒドロキシアルキル(C12-14 』というアミノ酸系の成分ながら、洗浄力が強い成分がベース。 コレもスカルプと同様、洗浄力は強いながら刺激性は低めなので、やはり安物シャンプーよりクオリティが高いです。 その他の成分も『ココイルメチルタウリン』という洗浄力&刺激性がマイルドな成分も配合されていますね。 セラミド2というサロントリートメントに配合されるような保湿成分だったり、『加水分解ケラチン』という鉄板的な補修成分も配合されています。 どっちかと言うと、洗浄力重視でほんのちょぴぃっと髪のダメージも気になるぅ~という人向きかなぁ。 【使用後レビュー】 スムースも実際に使ってみました。 コレは100円のお試し用セットがドラッグストアなんかで売っているので、試しやすいですね。 やはりコレも洗浄力がそこそこ強いのもあって、泡立ち感はかなりGOOD! 実際の洗い上がりですが、、、正直1回の使用だとスカルプとそんなに違いは感じませんね 汗 ミドルダメージな私だとややキシミっぽいものは感じます。 市販シャンプーみたいにゴワッゴワまではいきませんが・・・ 1ヶ月、2ヶ月と長期的に使っていけば、スカルプと差が出てくると思われますが、1回や2回くらいだったらそんなに差は無いです。 とは言え、コッチのスムースもべとつき易い!という人や、割としっかりめに洗いたい!というならアリ!ですね。 あと、香りがマイルドなので個人的にはコッチの方が使いやすいかも。 次点で多く配合されているのはやっぱり『ココイルメチルタウリン』という良質な成分。 そして、その次に配合される成分も『ラウロイルメチルアラニン』というアミノ酸系のマイルドな成分になっていますね。 もう、洗浄成分の時点で前述したスカルプとスムースとはぜんっっぜん性質が違います。 笑 しかも!それだけじゃなく、洗浄成分よりも多く『グリセリン』という保湿成分が配合されています・・・ 一体どれだけ保湿するんだよ!って感じですが、逆に言うとべとつき易いとも言えますね 汗 他にも『加水分解コラーゲン』や『セラミド』なんかの保湿&補修成分も配合されていますが、特にスゴイ!っと思えるような成分は見受けられないです。 【使用後レビュー】 見た目はスカルプやスムースと全く一緒。 なんか泡立ち感がイマイチでした・・・いや、泡立つんだけどなんか水っぽい泡なんですよね。 これだけ優しい成分が配合されていて、グリセリンが多く配合されているなら、メチャ優しいんだろう!? っと思ったんですが、洗ってみると意外に「ギュッギュ」っと髪が引き締まった感じ。 ゴワつくとか引っかかるとかじゃないんですが、想像よりはモイスト、モイストしていませんでした 汗 あと、香りが甘ったるい系なので個人的にはかなり苦手。 成分解析 水、 ココイルメチルタウリンNa、ラウリルベタイン、コカミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸Na、ラウレス-4カルボン酸Na、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ソルビトール、トレハロース、乳酸桿菌/豆乳発酵液、ユズ果実エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、グルタミン酸、センブリエキス、ローズマリー葉水、マンダリンオレンジ果皮エキス、シャクヤク根エキス、シラカバ樹液、サボンソウ葉エキス、サピンヅストリホリアツス果実エキス、リンゴ酸、デシルグルコシド、BG、ポリクオタニウム-10、コカミドMEA、ジステアリン酸PEG-150、セテアレス-60ミリスチルグリコール、エタノール、塩化Na、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、安息香酸Na、香料 ボリュームアップやハリコシ感アップ重視のボタニストがコレ。 ここから一気にクオリティがあがります。 笑 メインの成分は『ココイルメチルタウリン』で刺激も洗浄力もマイルド。 ただ、『ラウレスー4カルボン酸』というスカルプにも配合されていた、酸性石鹸系の洗浄力が強い成分も+されているので、そこそこ洗浄力はある感じ。 そして!なんと言ってもその他の補修成分やら、ハリ・コシ感アップ成分が豪華。 ハリ・コシ感アップが最も期待できる成分が『グリコシルトレハロース』という成分。 これは、グリコシルトレハロースと加水分解水添デンプン混合物でコーティングされた影響であると考えられた。 出典: ブリーチ毛にこの成分を塗布したところ、健康毛と毛髪のダメージが変わらなかったという結果も出ていますね。 あくまでも実験の環境下なので。 シャンプーに配合して全く同じ効果が期待できるわけじゃないですが、補修成分としては優秀なのは間違いないかと。 その他の成分は『センブリエキス』等の頭皮ケア成分がメインなので、どっちかと言うと頭皮ケア&ボリューム感が欲しい!って人向きのシャンプーかなぁ。 【使用後レビュー】 っというわけで早速使用レビュー。 泡立てた時の画像を撮り忘れたのですが、泡立ちはちょい悪めでした。 シャンプーするのに困るっ!ってほどじゃないんですが、スカルプとかスムースよりは明らかに泡立ちは悪い感じ。 シャンプー後の指通り感は流石にスカルプやスムースと比べると、きしみは感じません。 こっちは、本当にボリューム感が欲しい!って人向きですね。 大抵の市販シャンプーってダメージケアと称しながら、成分見ると全然ダメージケア成分が配合されていないものが殆どです。 が!このボタニストは他の市販シャンプーとは次元が違います。 笑 洗浄成分はタウリン系&ラウロイルメチルアラニンというアミノ酸系がベースで刺激や洗浄力はメチャマイルド。 これだけなら、他の市販シャンプーにもあるんですがやばいのはその他の保湿&補修成分です。 バウンシーボリュームと同じく『ペリセア』という補修成分が配合。 更にこれだけじゃなく『ゼイン』というカラーの色持ちアップと毛髪補修が期待できる成分。 ゼイン液にて処理したダメージ毛は、ブリーチ+紫外線処理のみのコントロールに比べてキューティクルが整っており、また毛髪に乗せた水滴が弾かれている状態が観察されました。 ゼイン液はカラーリングした毛髪に処理することにより、【 色持ちをよくさせ 】、染毛直後の状態を長時間保存することが期待されます。 『セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク』という毛髪の表面を補修する成分なんかも配合。 その他の保湿成分には『ホホバオイル』やら、洗い流さないトリートメントにも配合される『アルガニアスピノサ核油』なども配合。 あぁ・・・なんて豪華な成分なんだ・・・ 「なんで君市販シャンプーなの?間違えてドラッグストアに迷い込んだの?」って問いたくなるくらい成分が豪華です。 笑 正直、変な海外ブランドのサロンシャンプーを買うよりも、よっぽどコチラの方がクオリティ高いと断言できます。 変な海外ブランドサロンシャンプーを売っていた私が言うのだから間違いない。 笑 【使用後レビュー】 っということで使用レビュー。 見た目は他のボタニストと見た目は全く同じ。 泡立ち感はかなり良好。 洗浄力が優しめなので、泡立たないかなぁ?っと思ったんですがモクモク泡立ちました。 そして、肝心のシャンプー後の指通り感ですが・・・ カラーやパーマを繰り返している私のようなダメージ毛でも、まっったくきしみやゴワつき無しッ! ノンシリコンのシャンプーなので、シリコン配合シャンプーのように人工的なヌルっと感が無いので、あなたがシリコンに慣れてるとイマイチに感じる可能性はあります。 が!ノンシリコンでココまで手触り感が良いなら、私は何も文句は言えません。 だってコレ、市販シャンプーですぜ?! もしツルッと感が物足りないなら、トリートメントで髪にシリコンを塗布すればいいだけですし、私が使ってきた市販シャンプーでは間違いなくトップクラスの使用感と言えます。 香りに関しても、フルーティなベリー系の香りで一番好みかも。 もし、あなたが市販シャンプーでなんかいいシャンプー無いかなぁ?っと探し彷徨っているなら、1度は使ってみて欲しいです。 ちなみに市販シャンプーって普通、ネットで購入すると送料かかったり割高ですよね? なんですがボタニストって送料が無料でクーポン配っていたりするので、変にドラッグストアで買うより易い事もあります。 ボタニストは全てのシャンプーが『ラウレス硫酸』やら『オレフィンスルホン酸』等の刺激や洗浄力がとにかく強い洗浄成分が配合されてません。 この時点で、他のシャンプーよりクオリティ高い!と言えます。 初めて見た時は「おいおい!シャンプー業界ぶっ壊す気か?!」っとビビりましたもん。 私と娘(6歳)で、ボタニストダメージケアのシャンプーとリンスを使っています。 娘は発達の関係か、感覚過敏な所があり、シャンプーが嫌い(と言うより顔に水がかかるのが苦手です)で、 シャンプーしてすすぎ、またリンスをつけてすすぐと言う事が難しくて、 シャンプーとリンスを混ぜてつけ、すすぎの回数を減らさないといけない状況です。 でも、それではリンスの効果がないのか、朝起きて髪の毛の絡まりやハネがきついです。 どこかのサイトで見たのですが、 シャンプーしてすすぎ、最後一回は洗面器にリンスを垂らして混ぜて流すだけでもいいのでしょうか? それとも、リンスインシャンプーに変えた方がいいのでしょうか? (もしその場合はオススメを教えていただけるとありがたいです) よろしくお願いします。 参考にしていただきありがとうございます! 洗面器にリンスやトリートメントを垂らすのはアリです。 私も美容学生の時は首のマネキンにこの方法でリンスやトリートメント付けてましたが、結構サラサラになります。 あとは、100均で買えるようなスプレーの中に少量のトリートメント&お湯を混ぜて、お風呂場で髪の毛に振りかけるのもオススメです。 ただ、付ける時はなるべく背中や頭皮などに付かないように注意してくださいね。 カチオン系の刺激が強めな成分が入っているので、かゆみを感じる可能性がありますので。

次の

ボタニストの種類と選び方!どれがいいか比較してみた

ボタニスト ドラッグストア

ボタニストダメージケアの洗浄成分は赤線で引いています。 なぜ、大事かというと シャンプーは洗浄成分と水だけで9割できているから。 シャンプーの中身はこんな感じ つまり、他のシャンプーと区別できない水を除いて次点で配合量の多い洗浄成分の質がシャンプーの質を左右するんです。 ボタニストダメージケアシャンプーの洗浄成分は同価格帯と比べてもやっぱり優秀でした。 ボタニストダメージケアシャンプーの洗浄成分 低刺激性で適度に洗浄力もしっかりとある良質な組み合わせ。 ココイルメチルタウリンNa 配合量が一番多いのがが ココイルメチルタウリンNaという洗浄成分。 高い洗浄力を持っていますがタウリン系の洗浄成分は肌や髪の毛に優しいという特徴があります。 ラウロイルメチルアラニンNa 次いで ラウロイルメチルアラニンNaはサロンシャンプーなどの高価格帯のシャンプーによく見られるアミノ酸洗浄成分です。 アミノ酸洗浄成分のなかでは洗浄力は適度にあり、優しく洗うことができてダメージヘアの人にも使用できます。 コカミドプロピルベタイン コカミドプロピルベタインは様々なシャンプーに含まれており安価な成分ではありますが、お肌や髪の毛にも優しく洗うことのできる優しい成分。 PEG-40水添ヒマシ油 シリコーンや皮脂など油性汚れを落とすクレンジング成分。 ラウレス-4カルボン酸Na ラウレス-4カルボン酸Naは刺激性が抑えられているのに洗浄力あるといういわゆる酸性石鹸。 総合してみると 髪や頭皮に低刺激ながら洗浄効果もしっかりと発揮できる市販では珍しい構成。 ボタニストダメージケアの保湿・補修成分 ボタニストダメージケアシャンプーの口コミについてご紹介します。 ボタニストの新商品。 近所のドラッグストアにて購入。 ダメージケアに特化したシャンプー&コンディショナーです。 洗い上がりに感動! ヘアカラーで傷みまくった私の髪もツヤツヤサラサラに生まれ変わりました。 香りもとても良く、長く愛用していきたい商品です。 BOTANISTシリーズを初めて使ってみました。 市販のシャンプーではかなり良いと思います。 きちんと泡だてながらよく洗うことで、さらさらの指通りです。 また、アッシュカラーは色落ちしやすくて管理が難しいのですが、このシャンプーであれば色もちします。 ストレートも同じです。 ただ、本当によく泡だてて時間をかけて洗い、 またよくすすがないと痒みは出やすいです。 口コミは短期的な使用感として見よう 口コミでもボタニストダメージケアシャンプーの効果を実感している声が多かったです。

次の

【元美容師の口コミ】ボタニスト(ダメージケア)シャンプーを使った5つの本音とは?

ボタニスト ドラッグストア

角質層の柔軟化・水分量増加の保湿効果のあるグリセリンをベースに、低刺激で柔軟性があり洗浄効果のあるコカミドプロピルベタイン、泡立ちがきめ細かく脱脂力も適度にありツッパリ感の少ないココイルメチルタウリンNa、弱酸性でアミノ酸系界面活性剤のラウロイルメチルアラニンNa、低刺激でマイルドな洗浄力を持ちながら起泡力の高いラウラミドプロピルベタイン… と、成分構成だけ見ると中々品質が高いアイテムになっています。 とにかく女性や頭皮が敏感な方にはおすすできるシャンプーです。 が、ノンシリコン感はゼロで期待すると少し裏切られる内容かも。 さらにトリートメントでは、最も代表的なシリコン油でもあるジメチコンをベースに、高い吸湿性と保水性のある保湿剤でもあるセテアリルアルコール、水分量増加の保湿効果のあるグリセリン、帯電防止効果・柔軟効果のあるベヘントリモニウムクロリド、名前の通りしっとりさせるマカデミアナッツ油…と髪をがっつりと保湿するトリートメント。 バランスの良い使用感と使いやすさは、市販シャンプーの中では群を抜いています。 とにかく使いやすいアイテムです! というか市販シャンプーのレベルではないかもしれませんね。 「時代は変わったんだなぁ〜」としみじみ感じます。 泡立ち加減や、シャンプーなどの使用感、シャンプーやトリートメントの使った後の仕上がりなど、かなりレベルが高すぎて値段からのコスパを考えると品質は高過ぎると言っても良いでしょう。 ボタニストはシャンプー&トリートメントは2800円で1ml当たり2. 9円となっています。 価格だけ見ると他にも安いシャンプーはたくさんありますが、成分内容も見た上で判断するとかなりコスパは良いです。 とくに、今回使用したモイストはかなりしっとりもしてくれるので髪質が合えばかなりおすすめのシャンプーとなるはずでしょう。 ヘアカラー後なんかにも髪にもおすすめ ヘアカラー後の専用シャンプーでないはずなので、色落ち防止効果などはないはずですが、頭皮に優しい肌の皮脂と同じような脂肪酸でできた石鹸成分や、天然植物由来の保湿成分を多く配合しているシャンプーは、おすすめできます。 ボタニストのトリートメントには、カラー褪色防止成分を配合しておりますので、ヘアカラー後の髪におすすめです。

次の