ごぼう 豚肉。 ごぼう|レシピ|ゆとりの空間

ごぼうと豚肉の豆板醤炒め

ごぼう 豚肉

に追加しました• 豚肉こま切れ 100g• にんじん 3cm• ごま油 小さじ2• 豆板醤 適量• おろしにんにく 適量• 酒 大さじ1• しょうゆ 適量• 塩 適量• 刻みねぎ 適量 作り方• 豚肉こま切れは大きければ一口大に切り、しょうゆ小さじ1で下味をつける。 ごぼうはマッチ棒くらいの太さに、にんじんは細めの短冊切りにする。 フライパンにごま油小さじ1を熱し、豚肉を炒めていったん取り出す。 同じフライパンにごま油小さじ1を熱し、ごぼうとにんじんを炒める。 ごぼうがしんなりしてきたら、2)の豚肉を加え、豆板醤、おろしにんにく、酒、しょうゆ、塩を加えて炒める。 器に盛りつけ、刻みねぎを散らす。 ごぼうは歯応えを楽しめるように、少し太めに切ってください。 豆板醤は好みで加減してください。 ALL RIGHTS RESERVED. 25分• 318kcal• 1314• 1764 厚揚げ しょうが にら 豚ひき肉 ごま油 豆板醤 【A】 オイスターソース しょうゆ 酒 水溶き片栗粉• 20分• 412kcal• 2032• 2751 チンゲン菜 かにかま 卵 塩 こしょう ごま油 サラダ油 水 【A】 水 鶏ガラスープの素 しょうゆ 塩 片栗粉• 20分• 332kcal• 2040• 2595 春キャベツ 韓国のり 【A】 おろしにんにく 塩 しょうゆ ごま油• 15分• 60kcal• 2047• 2429 白菜 しょうが 豚バラ肉 塩 こしょう ごま油 豆板醤 しょうゆ オイスターソース• 15分• 406kcal• 4128• 5532 せり 乾燥わかめ おろしにんにく 塩 ごま油• 10分• 20kcal• 3107• 4309.

次の

牛ごぼう(牛肉とごぼうの甘辛煮)のレシピ/作り方:白ごはん.com

ごぼう 豚肉

簡易レシピ:豚肉ごぼうネギ炒め 食材と調味料(2~3人前) (食材)• ごぼう・・・半分(太い方)• ネギ・・・・1本• ニンジン・・半分(中サイズ)• 豚肉・・・・150gぐらい(肉は何でもOK)• ニンニク・・1かけ• (調味料)• 水 ・・・・50ml• しょうゆ・・大さじ1• 酒・・・・・大さじ2• 各材料を食べやすい大きさに切る• ごま油を敷いたフライパンにみじん切りしたニンニクを入れ、豚肉を炒める• 豚肉を一旦取り出し、残りの材料を炒め、しんなりしてきたら豚肉を戻す• ごぼう・・・半分(太い方)• ネギ・・・・1本• ニンジン・・半分(中サイズ)• 豚肉・・・・150gぐらい(肉は何でもOK)• ニンニク・・1かけ (調味料)• 水 ・・・・50ml• しょうゆ・・大さじ1• 酒・・・・・大さじ2• みりん・・・大さじ2 お肉は豚バラ、豚こま等、何でも構いません。 お皿に盛りつけた後、好みに応じて、いりごま、黒コショウなどを振りかけてみてください。 後であわてないように、調味料はあらかじめ混ぜておくと良いです。 酒を入れるのは風味を付けるためで、液体の出汁というイメージです。 砂糖だと甘味が強く出るので、やわらかな甘さを出すためにみりんを使っています。 1.材料を切る あく抜きをする時間を取るので、先にごぼうから始めてください。 ごぼうは皮を剥きますが、皮付近にごぼう独特の香りや栄養素が詰まっているため、あまりごっそりと取らないようにします。 ただ、皮を残し過ぎると土臭さが残ったり、食感が硬めになるので、この辺は好みにあった皮の剥き方で構いません。 皮を極力残したいなら包丁の背で軽くこすってみてください。 もうちょっと皮を取りたいなら、ピーラー(皮むき器)があれば、ピーラーをごぼうに軽く押し当てて持ち手の方向へ引かずに、反対方向へ撫でるように動かしてみてください。 今回は、ピーラーで軽くこすって皮を剥いています。 切り方は、どんな切り方でも構いませんが、鉛筆をナイフで削れるなら、まな板やボールの上で、ごぼうを削っていってください。 この切り方はささがきという切り方で、薄く不揃いな感じになって、調味料も染み込みやすくなります。 ごぼうを切り終わったらアク抜きをするため、ボールに入れて水につけます。 他の材料を切り終わる数分間程度で良いです。 あまり長時間つけ過ぎるとごぼうから栄養が流れ出てしまうので注意してください。 ニンジンも出来るならささがきで構いません。 ネギは食感を残すため、斜めに切りに。 2.ニンニクをみじん切りにする ニンニクはチューブでも構いませんが、すりおろしたニンニクはニンニク臭が強く出ます。 マイルドなニンニク風味にするならみじん切りがおすすめです。 ニンニクをみじん切りする場合、たまねぎをみじん切りするように縦横に包丁で切れ目を入れてからザクザク切っていく方法もありますが、初心者がこの方法でやると手を切る恐れがあるので、こんなやり方をしてみてください。 まな板に置いたニンニクに包丁の側面をあて、体重をかけて上から押しつぶします。 これを適当にザクザク切って粗みじん切りにします。 3.豚肉を焼く フライパンに大さじ1のごま油と先程のニンニクを入れ、油を全体に馴染ませます。 ニンニクはチリチリ音を出し始めたら豚肉を入れて、赤みが取れる程度に焼きます。 焼いたら一旦取り出しておいてください。 4.残りの具材を焼いて肉と調味料を合わせる 同じフライパンを使って、残りの具材を全て炒めます。 ごぼうがしんなりしてきたら豚肉を戻し、調味料を入れて汁気がなくなるまで炒めたら完成です。 お皿に盛りつけた後、好みに応じていりごまや黒コショウなどを振ってみてください。 まとめ この料理のポイントはネギで、ネギのピリ辛と甘さ加減がアクセントになっているので、出来るだけネギを使って調理してみてください。

次の

簡単!豚肉入りきんぴらごぼうのレシピ

ごぼう 豚肉

簡易レシピ:豚肉ごぼうネギ炒め 食材と調味料(2~3人前) (食材)• ごぼう・・・半分(太い方)• ネギ・・・・1本• ニンジン・・半分(中サイズ)• 豚肉・・・・150gぐらい(肉は何でもOK)• ニンニク・・1かけ• (調味料)• 水 ・・・・50ml• しょうゆ・・大さじ1• 酒・・・・・大さじ2• 各材料を食べやすい大きさに切る• ごま油を敷いたフライパンにみじん切りしたニンニクを入れ、豚肉を炒める• 豚肉を一旦取り出し、残りの材料を炒め、しんなりしてきたら豚肉を戻す• ごぼう・・・半分(太い方)• ネギ・・・・1本• ニンジン・・半分(中サイズ)• 豚肉・・・・150gぐらい(肉は何でもOK)• ニンニク・・1かけ (調味料)• 水 ・・・・50ml• しょうゆ・・大さじ1• 酒・・・・・大さじ2• みりん・・・大さじ2 お肉は豚バラ、豚こま等、何でも構いません。 お皿に盛りつけた後、好みに応じて、いりごま、黒コショウなどを振りかけてみてください。 後であわてないように、調味料はあらかじめ混ぜておくと良いです。 酒を入れるのは風味を付けるためで、液体の出汁というイメージです。 砂糖だと甘味が強く出るので、やわらかな甘さを出すためにみりんを使っています。 1.材料を切る あく抜きをする時間を取るので、先にごぼうから始めてください。 ごぼうは皮を剥きますが、皮付近にごぼう独特の香りや栄養素が詰まっているため、あまりごっそりと取らないようにします。 ただ、皮を残し過ぎると土臭さが残ったり、食感が硬めになるので、この辺は好みにあった皮の剥き方で構いません。 皮を極力残したいなら包丁の背で軽くこすってみてください。 もうちょっと皮を取りたいなら、ピーラー(皮むき器)があれば、ピーラーをごぼうに軽く押し当てて持ち手の方向へ引かずに、反対方向へ撫でるように動かしてみてください。 今回は、ピーラーで軽くこすって皮を剥いています。 切り方は、どんな切り方でも構いませんが、鉛筆をナイフで削れるなら、まな板やボールの上で、ごぼうを削っていってください。 この切り方はささがきという切り方で、薄く不揃いな感じになって、調味料も染み込みやすくなります。 ごぼうを切り終わったらアク抜きをするため、ボールに入れて水につけます。 他の材料を切り終わる数分間程度で良いです。 あまり長時間つけ過ぎるとごぼうから栄養が流れ出てしまうので注意してください。 ニンジンも出来るならささがきで構いません。 ネギは食感を残すため、斜めに切りに。 2.ニンニクをみじん切りにする ニンニクはチューブでも構いませんが、すりおろしたニンニクはニンニク臭が強く出ます。 マイルドなニンニク風味にするならみじん切りがおすすめです。 ニンニクをみじん切りする場合、たまねぎをみじん切りするように縦横に包丁で切れ目を入れてからザクザク切っていく方法もありますが、初心者がこの方法でやると手を切る恐れがあるので、こんなやり方をしてみてください。 まな板に置いたニンニクに包丁の側面をあて、体重をかけて上から押しつぶします。 これを適当にザクザク切って粗みじん切りにします。 3.豚肉を焼く フライパンに大さじ1のごま油と先程のニンニクを入れ、油を全体に馴染ませます。 ニンニクはチリチリ音を出し始めたら豚肉を入れて、赤みが取れる程度に焼きます。 焼いたら一旦取り出しておいてください。 4.残りの具材を焼いて肉と調味料を合わせる 同じフライパンを使って、残りの具材を全て炒めます。 ごぼうがしんなりしてきたら豚肉を戻し、調味料を入れて汁気がなくなるまで炒めたら完成です。 お皿に盛りつけた後、好みに応じていりごまや黒コショウなどを振ってみてください。 まとめ この料理のポイントはネギで、ネギのピリ辛と甘さ加減がアクセントになっているので、出来るだけネギを使って調理してみてください。

次の