協会けんぽ 減免 コロナ。 コロナで収入が減ったら忘れずに行うべき国民健康保険料の減免申請

国民健康保険料の軽減・減免|板橋区公式ホームページ

協会けんぽ 減免 コロナ

早川幸子 [フリーライター] 1968年、千葉県生まれ。 明治大学文学部卒業。 編集プロダクション勤務後、99年に独立し、以後フリーランスのライターとして女性週刊誌やマネー誌に、医療、民間保険、社会保障、節約などの記事を寄稿。 現在、ダイヤモンドオンライン「知らないと損する! 医療費の裏ワザと落とし穴」、医薬経済社「ウラから見た医療経済」などのウェブサイトに連載中。 13年4月から朝日新聞土曜版be on Saturday 青be の「お金のミカタ」を執筆。 「日本の医療を守る市民の会」発起人。 知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴 国民の健康を支えている公的医療保険(健康保険)。 ふだんはそのありがたみを感じることは少ないが、病気やケガをしたとき、健康保険の保障内容を知らないと損することが多い。 民間の医療保険に入る前に知っておきたい健康保険の優れた保障内容を紹介する。 Photo:PIXTA 新型コロナウイルスの猛威が、世界を席巻している。 世界全体の感染者数は200万人を突破し、死亡者も13万人を超えた。 日本国内の感染者数も増加の一途をたどっており、4月16日11時の時点で、8582人の感染が確認されている。 そして、そのうち136人が亡くなっている〔厚生労働省発表より〕。 爆発的な感染拡大を防ぐために、4月7日、安倍晋三首相は、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法による緊急事態宣言を発令。 対象地域は、感染が拡大している東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡の7都府県、期間は5月6日までの約1カ月間だ。 これを受けて、対象地域の知事は、住民に外出自粛を求め、事業者に対して施設の利用制限を要請。 東京都は11日から、その他の府県も週明けから、事業者に対して休業要請を行うこととなった。 さらに、ウイルス感染は人が移動することで拡大するため、16日には緊急事態宣言の対象地域が全都道府県へと広げられた。 緊急経済対策で打ち出された 国民健康保険料の減免措置 今回の措置は、未知のウイルスの爆発的感染を阻止し、市民の命を守るためのものではあるが、人の動きを制限すると同時に経済も回らなくなる。 とくに、運転資金の少ない中小企業や自営業者、ギリギリの生活を送っている低所得層の人々にとって、休業は死活問題だろう。 そのため、国は緊急事態宣言発令と同時に、雇用と生活を守るための大規模な経済対策も打ち出しており、その内容は、各種税金や保険料の支払い猶予や減免、運転資金の貸し付け、返済不要の現金給付など多岐にわたっている。 「政府の対策は、スピード感がない」「利用基準がわかりにくい」といった批判も多いが、現状を乗り切るためには、自分が使える制度を探して、余さずに申請することが大切だ。 そのひとつが、自営業者や非正規雇用の人が加入している国民健康保険料(税)の減免措置だ。 国民健康保険法の第77条では、「保険者は、条例又は規約の定めるところにより、特別の理由がある者に対し、保険料を減免し、又はその徴収を猶予することができる」と、保険料の減免について定めている。 今回は、4月7日に閣議決定された「『新型コロナウイルス感染症緊急経済対策』について」で、生活に困っている世帯や個人への支援のひとつとして「感染症の影響により一定程度収入が下がった方々等に対して、国民健康保険、国民年金等の保険料の免除等」が盛り込まれた。 この閣議決定を実行するため、令和2年度の補正予算でも、国民健康保険料、介護保険料等の減免を行った市町村等に対する財政支援として365億円が計上され、財政的な裏付けもできたため、保険料の減額、または免除を受けられることになった。 どんな人が国民健康保険料の減免を受けられるのか。 具体的に見てみよう。

次の

国民健康保険料の軽減・減免|板橋区公式ホームページ

協会けんぽ 減免 コロナ

健康保険について質問です。 父がコロナ解雇される事になりました。 68歳。 2ヶ所で給与を貰い、片方で社会保険料を払っていたそうです。 同じ系列会 社で両方同時期に解雇です もし任意継続にする場合、払っていなかった方の給与も関係してきますか?それとも単純に今まで払ってきた保険料の約2倍ということでしょうか。 世帯主は父。 母の保険は現在父のけんぽの扶養です。 国保はコロナ解雇だと減免される可能性があるようですが、私は今まで通り収入があるので減免出来ないなどありますか?両親は今後年金収入のみになります。 よろしくお願いします。 補足皆さんありがとうございます。 社会保険については分かりました。 解雇だと書きましたが、その後届いた書類に退職勧奨とありました。 本人に働く意欲はもう無いようなので辞める事には納得しています。 この場合国保では減免されない可能性もありますか? とりあえず社会保険の継続の方向で考えています。

次の

コロナウィルスの影響で失業したら公的支援を使い倒そう

協会けんぽ 減免 コロナ

新型コロナウイルスによる職場の業績悪化で収入が減り年金保険料や健康保険料などが支払えなくなってしまった人も多いでしょう。 支払いが苦しくなった場合にはどうしたらいいかについて解説をします。 新型コロナ感染拡大で社員からパートになってしまった人や失業した人のケース新型コロナウイルスの感染拡大で様々な職業に影響がでています。 給与収入が減ってしまい年金保険料が支払えなくなるケースとはどのようなものでしょうか? 例えば、会社が業績悪化で従業員の社会保険料(会社負担分)を支払えない状態になり、社員にパートへの変更を打診してきたとします。 その社員は整理解雇よりはマシなので、仕方なくパートに契約を変更。 労働時間が週20時間未満になったので、厚生年金・健康保険からは外れ、国民年金にして健保を任意継続にしたら、自分で支払う保険料が高いことに驚いた、というケースです。 この人が給与月額18万円なら、厚生年金保険料は月額約1万6500円、健康保険料は月額約8800円(40歳未満の場合)(令和2年度・東京都協会けんぽ保険料額表より)です。 もし労働時間が減って会社の社会保険から外れて給与が月10万円に下がっても、社会保険料は国民年金保険料だけで月額1万6540円、健保任意継続は倍額の月額1万200円も引かれてしまうのです。 失業してしまった場合も同じことで、失業等手当は給与の約6割ですが、会社員時代より社会保険料がたくさんかかってしまうので、手取りが減り生活が苦しくなります。 国民年金・健康保険、イザという時に、どちらも欠かせないものです給与が下がった、失業中などお財布が大変な時でも健康保険は重要です。 万一、新型コロナに感染して有休を使い切ってしまった場合は、加入している健康保険に傷病手当金を請求することができるからです。 コロナが心配なこのご時世には、健康保険証は手放せません。 年金保険料についても、年金受給ができるのは、年を取ったときばかりとは限りません。 万が一のときに役立つ遺族年金や障害年金を受けることができます。 年金保険料を未納(滞納)のままにしておくと受給できなくなるので、免除制度や猶予制度を活用してみましょう。 保険料免除制度とは、所得が少なく本人・世帯主・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合や失業した場合など、国民年金保険料を支払うことが経済的に難しい場合、申請により、支払いが全額免除または 一部免除(4分の1、半額、4分の3免除)される制度です。 保険料納付猶予制度とは、50歳未満の方(学生特例納付猶予がある学生を除く)で、本人、配偶者(別世帯の配偶者を含む)それぞれの前年等の所得が一定額以下(全額免除の所得基準と同じ)の場合に、申請により保険料の納付が猶予される制度です。 免除や納付猶予で基準となる一定額とは以下の通りです。 日本年金機構HPの申請書を取り寄せ郵送で手続きすることも可能です。 会社にとっても大変な社会保険料の支払い、どんな対策がある?会社にとっても、従業員の社会保険の会社負担分は、荷が重いものです。 新型コロナ感染拡大を怖れて客足が遠のき、売り上げが下がっているご時世では、社会保険料の支払いによる倒産も考えられるでしょう。 会社が厚生年金保険料等を支払うことにより、事業の継続等が難しくなる場合、厚生年金保険料等を分割納付できる制度が「換価の猶予」です。 会社は、厚生年金保険料等の納期限から6カ月以内なら「換価の猶予」の申請ができ、認められた場合、厚生年金保険料等を一定の期間(猶予期間)内に分割して支払うことができます。 「納付の猶予」とは、災害、病気、事業の休廃業などによって厚生年金保険料等を支払えないと認められる場合や、本来の法定納期限から1年以上過ぎた厚生年金保険料等を支払えないと認められる場合に、申請により支払いが猶予される制度です。 新型コロナ感染拡大の影響で厚生年金保険料等を支払うことが難しい場合、「換価の猶予」「納付の猶予」ともに申請するときに「会社の財産状況」「今後の収支状況」などを確認するための必要書類は、準備が困難な場合、「年金事務所で聞き取りを行う」「担保は不要にする」などの柔軟な対応をしているとのことです。 原則的に1年間支払いを猶予されるとのことなので、社会保険の支払いが厳しい会社担当者の方は、ぜひ年金事務所でご相談くださいね。

次の